2016年 09月 22日

ワイン畑を作っています/ Setting Up the Vineyard


e0310424_19594526.jpg


ワイン畑の耕作が進んでいます。

皆さん、夕暮れまでお仕事。


We've been preparing the land and setting up the vineyard for a month.
It's finally getting ready for planting.

















e0310424_20000342.jpg


どれも逆光になってしまいましたが、支柱を立てているところです。

太陽の光を最大限に受ける角度でブドウの木が植わるように、秩序正しく区画されていきます。


The first wire is up and the supporting intermediate poles are going in.
The orientation of the row is determined for the vines to receive the maximum sunlight in a day.

















e0310424_20003000.jpg


これが、そのブドウの苗木。

マルベック種の赤ワインです。


These are the vine stock.
They are Malbec variety.

















e0310424_20004163.jpg


これを1本づつ植えていくわけです。

















e0310424_20005263.jpg


穴を開ける作業が大変だったみたいですが、午後から苗木植えがスタート。

私もついに駆り出されました。

今日はもう疲れたので、また進行具合をレポートしますね。


The hard part of the planting is digging.
We use a powered arbor.
Then we plant the vine stock one by one by hand.
More to come.















[PR]

# by BBpinevalley | 2016-09-22 20:31 | ニュージーランドの生活 | Trackback | Comments(23)
2016年 09月 18日

雨上がりのファーム、昼食会 / Walk after Rain, Lunch Gathering at Aotea Organics



e0310424_07183510.jpg


雨上がり、夕暮れのファームを夫と歩きました。


The rain that had been falling since morning finally stopped around sunset.
We fetched Simba and took a walk to our farm.


















e0310424_07175983.jpg


私たちのファームは、南半球では最大の自然港であるカイパラ湾に面しています。

湾の最も奥まったところなので、遠浅で静かな海です。

魚の宝庫でもあります。

ちょうど引き潮で、雨上がりの水面が夕日に輝いて、とても綺麗でした。


Aotea Organic Farm faces the bottom part of the Kaipara Harbour which is the largest natural harbour in the southern hemisphere.
It is a breeding ground for many different fish as well.
The tide was low and calm, with a beautiful light shimmering on the water surface.


















e0310424_07191572.jpg


菜園へ行ってみると、キャベツが一回り大きくなっていて、雨水を弾かせていました。

生命力ではちきれそうな感じ。

At the veggie garden, the cabbages looked double in size.
I could feel the packed vitality ready to burst.

















e0310424_07200523.jpg


夫は、もちろんこちらへ向かいます。

プロセスセンター、だいぶ出来上がってきました。

これは裏から見たところ。


The process center building is taking shape every day.
This is the backside.


















e0310424_07202917.jpg


ちょっとスケール的に判りにくいかと思いますが、現在のところ、建物の高さは4.5メートルほどでしょうか。

これから、2階を建設していきます。

うちの大工さんたち、たった二人でガンガン建てちゃうんですから、まったく脱帽です。


It is hard to show the scale in the photo but it is about 4.5 meters high at the moment after the first floor is structured.
Now they are moving on to work on the second floor.
It is amazing to watch our 2 men working nonstop to build this massive thing.

















e0310424_07210209.jpg


そのお二人です。

左のJさんは190センチを超える背高のっぽ、右のRさんがボス格です。

熱心に見ているのはM子さん。


Here are the 2 builders, Rob and Jason.
Our woofer Mayuko is watching intently as the pair slice the roast lamb my husband cooked.
















e0310424_07214821.jpg


ファームのキッチンで、夫が焼いたラム肉をスライスしてくださってます。

ウーファーのM子さんの旅立ちと、同じくウーファーのRさんのご両親のご訪問を祝って、ランチパーティーをしました。


The occasion was the departure of Mayuko and the visit of the parents of another Woofer, Ryo.

















e0310424_07223522.jpg




e0310424_07231027.jpg


こちら、ワタクシめが用意したアペタイザー。

白いおっぱいのように、二つ盛り上がっているのはリコッタチーズ。

刻んだくるみで囲んで、畑のお花を散りばめました〜


Above dish was my contribution.
The white breast-looking things are ricotta cheese, surrounded by walnut chips and edible flowers from the garden.












[PR]

# by BBpinevalley | 2016-09-18 08:35 | ニュージーランドの生活 | Trackback | Comments(26)
2016年 09月 13日

ファームのビーチでコーミング/ Beach Combing at Aotea Organic Farm


e0310424_15424401.jpg


三寒四温、ニュージーランドにもあるようです。

急に暖かくなったと思ったら寒波に襲われ、また暖かくなってきました。

娘と夫は、ウーファーさんたちを誘ってファームのビーチへ。

















e0310424_15434679.jpg




e0310424_15443795.jpg


シンバも連れて行ってもらいました。

花粉症で死んでいる私だけお留守番。

こんなお天気のいい日は特に、出る気がしません。

写真は、娘からのお土産です。

















e0310424_15401169.jpg




e0310424_18314222.jpg


でも、楽しそうだなぁ〜〜

いいなぁ〜















e0310424_15470186.png




e0310424_15473255.jpg


シンバも広い牧場を駆け回ったようです。

それ行け、シンバemoticon-0157-sun.gifemoticon-0177-toivo.gifemoticon-0155-flower.gif

















e0310424_15484243.jpg




e0310424_15482028.jpg


でも、おうちの中でも楽しいことはありました。

お友達のお誕生日を兼ねて、みんなでワイワイとランチしました。

Y子さん、おめでとう〜〜emoticon-0166-cake.gif

















e0310424_15490706.jpg


机の上のお花は、八重の水仙とフリージアです。

香りがムンムン、クラクラしそう〜











[PR]

# by BBpinevalley | 2016-09-13 19:01 | ニュージーランドの生活 | Trackback | Comments(28)
2016年 09月 09日

庭に羊が…/ Sheep in Our Yard



e0310424_11194025.jpg


ルバーブとオートミールがたくさん有るので、オンラインでレシピを探して作ってみました。

いざ作ろうとしてレシピを真剣に読むと、やけにバターとお砂糖が少ないなぁと…

まぁ、健康的でいいかなと思って作りましたが、やっぱりイマイチでしたね。

クッキーにはやっぱり、たっぷりのバターとお砂糖が要るのね。


I wanted to make something using oatmeal and rhubarb and found this cookie recipe.
The amount of butter and sugar listed was unusually small, but I went ahead making it thinking it will be a healthy one.
But the result was so so.
I guess sugar and butter is a must for tasty cookies.

















e0310424_09234218.jpg


昨日は、うちの庭に羊の大群が押し寄せました!

裏のパドックに入れていたのですが、草を食べつくしてしまったので、とりあえず庭へ入れたのです。


Yesterday, we moved our sheep temporarily into our garden as they ran out of good grass in our back paddock.
















e0310424_09242842.jpg


妙な感じですよね、デッキの周りに羊が居るのって。

夫は、これで草刈りをしなくてもいい、なんて喜んでいましたが。


It was nice but strange to have so many sheep on our yard.
My husband was happy because he doesn't have to mow the lawn.

















e0310424_09261714.jpg


先日ドッキングした羊のほとんどは、右の子のように尻尾を落としましたが、まだ左の子のように落ちないのも居る。


Most of the docked sheep lost their tails but some still have them on like the one on the left.

















e0310424_09253193.jpg


ボク、まだ子供だから疲れちゃった…


"I got tired already~~" says the young lamb.
















e0310424_09270852.jpg


ママのミルクの方がいい。


"I prefer Mamma's milk"

















e0310424_09275168.jpg


しばらくは興奮して食べまくっていた大人たちも、1時間もするとお腹いっぱい。満足のご様子。


After an hour or so, everyone got full and satisfied.

















e0310424_09265047.jpg


2〜3日入れておこうかなんて言っていたのですが、お花や新芽を食べちゃうので、今日はもうファームに移しました。

でも、動物がすぐ近くにいっぱい居るのって、なんだかいいものだなって思いました。


We were planning to keep them in the garden for a few days, but realizing they eat a lot of new shoots and flowers, we moved them to the farm today.
It was nice, though, to have them so close for a while.









[PR]

# by BBpinevalley | 2016-09-09 11:04 | ニュージーランドの生活 | Trackback | Comments(38)
2016年 09月 05日

NZでは父の日でした/ Father's Day on Sunday in New Zealand


e0310424_10001966.jpg




e0310424_09594761.jpg


ニュージーランドでは、昨日の日曜日が父の日でした。

北半球と違うのです。

最初は、え?って、びっくりしました。


In New Zealand, we celebrate Father's day on the first Sunday of September.
I suppose it is because the day fits better in spring time.

















e0310424_11194832.jpg

娘のパパへのプレゼントは、朝ごはんと…


My daughter's gift for her Dad was a warm breakfast and…

















e0310424_10192587.jpg


パパを描いた即席の油絵。

ちょっとアタマがでかくなっていますが、そこはご愛嬌。

パパの新しいパッション、アオテア・オーガニックファームが背景です。

娘は、とてもパパ思いで、気持ちの優しい子。


A painting of him standing at the farmland, his new passion.
She was taking hours painting this on Saturday, telling him it's her school project.
She is a real Daddy's girl.
















e0310424_09590382.jpg


午後からは、友人家族からご招待を受けて、バイオリンのプライベートコンサートに。

娘の先輩でもあるバイオリニストは、この秋から晴れてスタンフォード大学に入学するので渡米されます。

ご両親、友人への感謝を込めて、という趣旨のコンサートでした。

お父様へは、最高の「父の日」ギフトですね。


In the afternoon, we drove to the city for a private concert held by our friend's son.
He is 2 years senior to our daughter and they share the same violin teacher.
He is soon leaving for the US to attend Stanford, and this was the Thank you concert to his parents and friends .
He is a very good violinist and we enjoyed it immensely.
It was the greatest Father's day gift for his Dad, I'm sure.
















e0310424_09583321.jpg


初めてニュージーランドを訪れた年の写真を見つけました。

パパ、若い。

娘もチビ。

長い月日が流れてしまったんですね。

再来年には、娘も旅立ちのコンサートをするのかしら…

ちょっと淋しい、そう思うと。


I found a photo of my husband and my daughter taken in the year when we visited New Zealand for the first time.
He is so young and she is so little in it.
I feel the passing of time, in fact, quite a long time.
In a few years time, our daughter may hold a similar concert like today's.
The thought suddenly filled me with sweet sadness.










[PR]

# by BBpinevalley | 2016-09-05 12:42 | ニュージーランドの生活 | Trackback | Comments(38)
2016年 09月 03日

餃子、つくりました/ Making Chinese Dumplings


e0310424_20041658.jpg


綺麗なお花が咲くのはいいけれど、目がクシャクシャ、鼻がグシュグシュは辛い。

春が来たんですね〜


















e0310424_20063209.jpg


ハミルトンからステイシーが遊びに来ていて、ファームで餃子の講習会をしてくれました。

当たり前ですが、中国餃子です。

まずは皮から。

材料は粉と水だけです。

量も目分量と感触だけで。

















e0310424_20072381.jpg


こね上がった生地は、湿った布巾をかけて20分ほど置きます。

それから何本かの長い棒状に伸ばし、写真のように切り分ける。

さすがステイシーは手際がいい。

速い。

















e0310424_20080193.jpg


平たくした生地は、くるくる回しながら、円周の端から中央に向かって綿棒で伸ばします。

中央がやや肉厚気味の方がいいんだそうです。

メニモトマラヌハヤワザ。















e0310424_20084935.jpg


はい、じゃあ、皆さんも。

と言われても、ステイシーのようには行きません。

右・手前が具ですが、これも簡単でした。

まず、豚肉にかなりの水分を入れてぐるぐる混ぜるのです。

干しエビがあったので、刻んで水に浸け、その水を加えました。

こうすることによって、餃子の中身がジューシーに出来上がるのだそうです。

そして、刻み葱と刻み生姜、先ほどの干しエビを入れ、塩コショウ、ごま油、醤油少々で味付け。

















e0310424_20093694.jpg


ホームメードの皮だと、包む時に水も要らないんですね。

丸い生地の真ん中に、たっぷりな具を入れても、少し肉厚な中央部が伸びて、上手く包めます。

















e0310424_20103694.jpg


巾着型に包んだのは、焼いた最後に溶き卵を流し入れ、羽をつけました。

あとは茹で餃子と焼き餃子に。
















e0310424_20112782.jpg


いつものように食い気に走り、写真はこれしかナシ。

ファームのスタッフも、食べることに専心。
















e0310424_20110739.jpg


畑から採れたてのグリーンサラダ。

他にも、ヤーコンのきんぴらとかあったのですが、誰も写真を撮っていなかった。

ケーキもありましたが、それも撮り忘れた。

とにかく、すっごく美味しかったのです。
















e0310424_20142334.jpg


プラムの花も咲き始めました。

掛け合わされていない古代種のプラムです。

綺麗だな〜









[PR]

# by BBpinevalley | 2016-09-03 21:14 | ニュージーランドの生活 | Trackback | Comments(30)
2016年 08月 25日

羊の日/ Crutching, Removing the Dags and Docking



e0310424_09574197.jpg


一昨日は、羊さん大集合でした。

まずはお尻の毛を剃って清潔にし(クラッチング)、長い尻尾を落とす(ドッキング)日だったのです。


It was the day of crutching, removing the dags, and docking.

















e0310424_10001300.jpg


私もファームに来るまで知りませんでしたが、羊は元来、長い尻尾をつけて生まれてくるのです。

でも、体毛が伸びて尻尾もフサフサして来ると、お尻を清潔に保てないので、虫が湧く原因になります。

そこで、毎年一度はクラッチングとドッキングをして、清潔にしてやります。


Crutching means to trim around the sheep's bottoms, removing the poop, in the attempts to keep the sheep's hindquarters clean to minimize flies and maggots from finding homes.
"Removing the dags" means to remove the wool that is matted around the sheep's back end from dirt and feces by cutting it away.


















e0310424_10002601.jpg


ほら、今年生まれた子羊は、犬のような尻尾をしているでしょう。


Then, the lambs will get their tails docked.

















e0310424_10003854.jpg


この子のお母さんは、ずいぶんと美人ですねぇ。


This lamb has a beautiful mom.

















e0310424_10014306.jpg


まずは大人の羊から。

大きな羊を抱え込んでの作業ですから、かなりの力仕事ですが、この方は御齢70歳になられるんだそうです。

大きなファームを2件も持つお金持ちですが、この仕事がお好きなんだとか。


First, Crutching.
The shearer is a 70 year old veteran in this business.
He has 2 large farms near by and quite comfortable, but he still likes to shear sheep.

















e0310424_10035466.jpg


ずっとかがんでの大仕事。

腰は大丈夫でしょうか… 心配。


It is very a taxing job to hold the heavy animal and bending over the whole time.

















e0310424_10020982.jpg


まだ長い尻尾をしていた羊は、尻尾も綺麗に剃られて、とてもタイトなゴムバンドをはめられます。

そうすると、1週間余りで、ゴムの先の尻尾は腐り落ちてしまうわけです。


Some sheep who still had their long tail had it docked at the same time.

















e0310424_10023636.jpg


その間、子供たちは別の場所に集められます。


Meantime, the lambs are separated from the moms and await for their turn to be crutched and docked.

















e0310424_10030635.jpg




e0310424_10033228.jpg


お母さんと離されて、みんな右往左往。


They are all confused and crying for their moms.

















e0310424_10025383.jpg


この子はまだ生まれたばかりのようで、お母さんを探してひっきりなしに鳴いています。


This one is so tiny. It must have been just born. Too young to be docked.


















e0310424_10040627.jpg


あ、お顔がはさまっちゃった。

子供はなんでも無邪気でかわいい。


この後、仔羊たちもドッキングしてもらったようです。


I couldn't stay for the docking of the lambs but it all went well, I heard.
















e0310424_05593421.jpg


その夜は、尻尾に付けられたゴムバンドが痛かったのか、一晩中、仔羊たちの鳴き声が聞こえました。

かわいそうにね。


Many of the lambs were crying throughout that night, though.
The docking rubber-band must have been hurting.
Poor lambies.









[PR]

# by BBpinevalley | 2016-08-25 11:53 | ニュージーランドの生活 | Trackback | Comments(56)