アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 21日

パインバレー、そしてオークランド


e0310424_10144571.jpg


一度パーティーでご一緒したことのあるアメリカ人家族が、遠くオクラホマから我B&Bに滞在に来て下さいました。

で、ニュージーランドのラムをご馳走しようと云うことになり、例のピザ釜に入れてみました。

最初、キッチンのオーブンで仕掛けておいて、最後の焼き色をつけています。

大成功。

今まで食べたラムの中で一番美味しかった!とまで言ってもらった。

やっぱりラムはニュージーランドね。










e0310424_1017225.jpg

A子さんのご子息のI君も日本から来られていたので、親子でピザづくりも。

おっと、I君はラムを食べる方が先かな。

アウトドアキッチンでの料理は、とっても気持ちが良くて最高です。










e0310424_1021364.jpg

そのあと、I君は、娘にせがまれて「スピード」というトランプゲームに大活躍。

二人とも、目にも留まらぬ早業でした。

若いと、あれだけアタマの回転も速いのですね!










e0310424_10284145.jpg

夫もアメリカから来ていますから、この度初めての「シティーの家での3人暮らし」が始まりました。

なんだか不思議です、バスの音や車のクラクションの聴こえるところで、3人で生活しているのが。

ニュージーランドに来て以来、音と云えばシンバの吠え声か、鳥の鳴き声くらいだったので。










e0310424_103133.jpg

シティーと言えども、さすがにニュージーランドだから、朝夕の鳥の鳴き声はそれは素晴らしいんですよ。

写真に撮ろうと思ったけれど、鳥は動きが速すぎてダメでした。

そのうちがんばりますので、乞うご期待。










e0310424_13215015.jpg

これは、こちらで Naked Lady(裸の貴婦人)と呼ばれる花で、今、あちこちの家の庭を飾っています。

球根ですが、葉と花が全然ちがう時期に出てきて、枯れた球根から急にニョキッと花だけ飛び出すのでこんな名前がついたのでしょう。

パインバレーにも咲いていましたが、一足遅れて、シティーの家の庭にもニョキニョキ出てきました。











e0310424_15162290.jpg

とても良い香りがして、つぼみが開き始めてから徐々にピンクの色を濃くして行きます。

確かに、貴婦人の色香が有りますね。

真っ白なのもたまに有りますが、私はこのピンク種が好きです。





B&Bパインバレー
http://www.pinevalley.net.nz/

Facebook
http://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2013-03-21 12:03 | ニュージーランドの生活 | Comments(8)
Commented by jenajena at 2013-03-21 14:23
こんにちは~!
立派な窯ですねぇ。
こちらの石窯は手作りでしょうか。
我が家の石窯は最近出番があまりないので、ちょっと使ってみたく
なりました。
ラムを香草焼きを石窯で焼きたいと思っているのですが、日本で
購入できるラムは小さい上に高い!
そちらが羨ましいです♪
Commented by yk-voyant54 at 2013-03-21 16:11
アウトドアキッチンすてきね。これはお外に常設なんですか?
それとも・・・?前にも ちらっと写っていましたよね。
私は肉は嫌いで基本的に食べないのですが、
ラムだけは別なんですよ。何故か大好き。
ニュージーランドがいちばん美味しいのですね。
しかも、石窯で焼いたら香ばしくて美味しいでしょうね。

シティーってお嬢さんの学校のための、あの家のことね?
このお花を見て思い出したのが、リコリスというピンクのお花があるの。
ヒガンバナ科なので、花を咲かせる茎だけが、
いきなり地面から飛び出してくるのよ。で、また地中に戻ります。
ちょっと似ていると思ったら、花瓶が同じでした(笑)

Commented by ueo_muite_arukou at 2013-03-21 17:22
こんにちは
すごい立派な窯、そこにラムだなんていい香りが漂ってきそうです
外のキッチンでお料理、気持ちもいいしより美味しくなりますよね
トランプのスピード、子どもの頃やりました
いつも負けてたけど ^^;  懐かしいなぁ
裸の貴婦人、グラデーションがとってもすてき♪
どんどん濃くなっていくんですね
通りにも香りが流れてくるんでしょうねぇ
ピンクもきつくなく、優しい色がホントにきれいです
Commented by HARAGON at 2013-03-22 08:11 x
ピザ窯大活躍ですね。これからNZは冬に向かうのですね。それにしても、2月までは寒い、寒いといっていたのに、3月に入って、急に暖かくなりました。それに、1日の寒暖の差が大きい。そういうことも影響してか、梅や桜が、一斉に咲き始めています。花の便りを聞きながら、一歩ずつ春に近づく日本の春とは、ちょっと違った様相になっています。NZの干ばつといい、何かがおかしい。まあ、おかしいのが普通になってきていますが。
裸の貴婦人、とってもいいですね。ネーミングも気にいりました。yk-voyant54のコメントにもあるように、ヒガンバナもそうですよね。突然、にょきっと出てくる。
Commented by BBpinevalley at 2013-03-22 19:05
jenajenaさん、
このピザ釜、実は、庭から掘り出した粘土やリサイクルのビール瓶、新聞紙、木屑などを使って、みんなで作ったものなんですよ。
エコな方法でピザ釜を造る会、と云うのをやりまして(その模様は前のブログで: http://blogs.yahoo.co.jp/bandbauckland/24317348.html )みんなで2日間かけて作ったものなんですよ。
もちろん、専門の先生に来て頂いて、教えてもらったのですが。
土台を作ったりするのにはお金が掛かりましたが、ピザ釜自体はかなりお安くできました。
ラムはニュージーです。食べに来て下さい。
Commented by BBpinevalley at 2013-03-24 11:56
voyantさん、
アウトドアキッチンは、グラスハウスの一部みたいなものです。
でも、キャスター付きなので、パティオの上を移動できます。 とっても便利ですよ。
ラムは、悪い脂肪分もありませんし、ワインも赤でも白でも合うお肉ですよね。

裸の貴婦人という花は、アマリリス科だと聞きました。
可愛い花ですよね。
Commented by BBpinevalley at 2013-03-24 12:11
ariさん、
みんなで作った窯なんですよ〜、http://blogs.yahoo.co.jp/bandbauckland/24317348.html  を見て下さい。
庭の粘土を掘り起こしたり、リサイクルの瓶や新聞紙や木屑を使ったり、ものすごく大変でしたが、楽しかった。
買えば7〜8千ドルはすると思うけど、ずっと安くエコに作りました。

裸の貴婦人、私もあのグラデーションが好きです
Commented by BBpinevalley at 2013-03-24 12:18
Haragonさん、
まったく、このピザ釜は大活躍です。
簡単に火がつくし、そんなに薪も必要ないので経済的です。

金沢は、梅も桜も一緒に咲き出すだなんて、いよいよ順序が変ですねー。
地球が変化してきているんでしょうが、その変化のどこまでが人間のせいなんだろう?

彼岸花もニョキッと出て来るそうで、同じアマリリス科なのかもしれませんね。
でも彼岸花は、パァッと華やかで、派手で遊び好きの貴婦人という感じ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ローフード料理教室      干ばつでも果実は実る? >>