アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 30日

夫と私は別行動/ We Go Separate Ways Sometimes


e0310424_10191967.jpg


夫は、例のオーガニックファームに恋してしまったようで、またしても遊びに行ってしまいました。 今回の滞在中、2度目です。

上の写真は、前回私が上手く撮れなかったアバターの木を、違う角度から撮って来てくれました。

My husband seems to be in love with our friend's organic farm and he visited there again on his own. It was the second time on this trip.
The photo above is the tree filmed in "Avatar", the one I could not capture very well last time.










e0310424_10252462.jpg


こちらも前回書いただけに終わった「イムー」という鳥です。 ダチョウを小型にしたような鳥で、いかにも恐竜時代の名残って感じです。

This is the bird called "emu" which I also mentioned in my last blog but could not supply the photo of. Very similar to Ostrich but a little smaller.











e0310424_1345370.jpg


親子連れが草原のあちこちに居ます。 ちょっとしたジュラシック・パークですね。

There are many emu families on his farm. It has the feel of a mini Jurassic Park, doesn't it?












e0310424_10305023.jpg


この30年間、化学肥料や除虫剤などを一切使わずに保たれて来たファームは、どこを見渡しても美しく、輝くばかりです。 こんなファームをしたい、なぁんて言い出すんじゃないでしょうねェ〜。

This farm, which has been kept without any chemical fertilizers or pesticides for the last 30 years, looks pure and pristine everywhere you turn. It is nearly radiant to your eyes.









e0310424_105046.jpg


このファームには、世界各国から自然農業/牧畜を習いに来るウーファーと呼ばれる若者が、何人も住んでいます。 日本人女性も居ましたよ。

ファームで働くスタッフもウーファーもオーナーも、そしてうちの夫のような飛び入りも、皆でランチをシェアーします。

もちろん、畑から取りたての材料ばかり。

There are a whole bunch of wwoof-ers (World Wide Opportunities at Organic Farms) who are living and working at this farm. There was even a young Japanese lady from Tokyo.
The farm staff, the owners and the wwoof-ers all join in the lunch together. This day, my husband also.
The farm land provides all the food, of course.











e0310424_1112057.jpg


さて、私の方は、この日、所属しているスローフードのイベントで、フォレージング(自然採取)がテーマのランチに行って来ました。

As for myself, I went to a foraging lunch presented by the Slow Food organization at Waitakere which I belong to.










e0310424_117384.jpg


自然採取と言っても、ベリー類やマオリのハーブ類以外は畑で捕れたもの、もしくは購入したもののようでした。

一般の人達に、スローフードが提案する食生活を推進しよう、しいては入会してもらおうと言う目的だったようです。

The theme was "foraging" but it was more for promoting to the community the Slow Food motto of not wasting food, eating locally and enjoying slow life.











e0310424_11223295.jpg


やはり、ニュージーランドの人たちを惹き付けるのは「肉」なのかしら。 ポップダイニングのシェフ、ベンさんが前日からピザ釜でローストしたポークです。

The beautiful pork roast was prepared by Ben who is getting known in Auckland as a pop-dining chef.
He had been roasting this pork since the previous day in a stone pizza oven.










e0310424_11243637.jpg


ベンさんが切り分けます。 これ、すごく美味しかったんですよね。 今度、うちのピザオーブンで焼いてみたいです。

Ben is slicing the pork to divide. It was really delicious. I should try this in our pizza oven.










e0310424_11264352.jpg


こちらは、同じくピザ釜でアップルウッドの香りをつけて焼いたお魚。 タイの一種だと言うことでしたが、適度にしまった白身はジューシーで、とても美味しかったです。

鮮やかなソースは、黄色のキャプシカム(大型のピーマンのよう)をローストして作ったそうで、レモンとハーブの味が絶妙。 べビーのほうれん草との組み合わせが、また最高でした。

This fish was also prepared in a pizza oven. It has the nice aroma of the apple wood which was used in the oven. The vivid yellow sauce was made with yellow capsicum, lemon and herb, which was excellent. The sauteed baby spinach was a good accent as well.










e0310424_1154145.jpg


デザートは、素敵なクックブックを4冊も書いたアレッサンドラが担当しました。 ニュージーランドでは、彼女がスローフードの産みの親です。

エルダーベリーのケーキやメレンゲ、カワカワクリームのフルーツカクテルなど、びっくりする程美味しいデザートでした。

The dessert was prepared by my Italian friend, Alessandra Zecchini who wrote 4 wonderful cookbooks in New Zealand. She is the bearing mother of Slow Food Waitakere.
The elderberry meringue was beautiful. But her Kawakawa cream on fruit was especially good and my favorite.










e0310424_11593226.jpg


と云うことで、夫の今回のステイは、別行動あり、自由行動あり、合同訓練ありの3週間でした。

最後に、娘が野球好きの友人をよんで、4人で草野球を楽しみました。 野球のミットをはめたのは、弟とキャッチボールをしていた頃以来だから、○十年ぶり?

春の芝が香しくて、子供のようにボールを追うのが楽しかったです。

At the end of my husband's 3 weeks stay, we went to play baseball with our daughter and her friend (it is very rare to find a Kiwi girl who knows how to play baseball) at a park nearby.
It has been literally decades since I last slipped my hand in a baseball mitt. The feel came back quickly, though, since I used to play a catch quite a bit with my brother.
It was a lot of fun chasing a ball like a child on a wide lawn field.


B&Bパインバレー
http://www.pinevalley.net.nz/

Facebook
http://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2013-11-30 13:25 | ニュージーランドの生活 | Comments(43)
Commented by francana at 2013-11-30 17:19
こんにちは!
先日の記事とあわせて、オーガニック・ファームの規模の大きさに、ついため息をもらしましたよ。(食堂に折鶴が飾ってありますね~!)
オーガニックはNZでは少数派というのは意外でした。こちらでもビオは流行のように増えていますが、こんなファームのような形が本当は理想ですね・・・
スローフードランチのデザート、見た目もすてきですね。カワカワクリームとはなんでしょう?
Commented by tannune at 2013-11-30 20:07
BBpinevalleyさん こんばんは♫
きょうもめっちゃ楽しい 生きてる!!なぁ~と伝わってきます
オンタイムで その場を感じられる写真♫ 惹かれます

お魚が美味しそう

ただ お塩ふって焼くだけしかできないのでね こうやってソースをつくって
お店アレンジじぶんでもしてみたいなぁと願望です

Commented by renchiyan2 at 2013-12-01 05:24
おはようございます
1枚目のカットいいですね 一本の木がある光景私大好きです
Commented by BBpinevalley at 2013-12-01 07:35
francanaさん、
このファームで働いて居られる娘さんは、東京の美容サロンのお嬢さんで、農業とは何の関わりも無く今まで来られた方です。
あの折り鶴は、これまでも日本からのウーファーが居たってことでしょうか。
カワカワと言うのは、マオリ族のハーブで、デザートの写真の手前に飾られているのがそれです。
美味しいハーブティーにも出来て、色々な効用があるようです。
カワカワクリームは、たまごの黄身と生クリームとカワカワで作られたザバリヨーネのようなクリームでした。
Commented by BBpinevalley at 2013-12-01 07:38
tannuneさん、
そう言って頂けると、こちらまで「生きてる」って自覚できてウレシいです。(朝寝し過ぎて、生きてるんだかなんだか分からない状態)
おサカナ、美味しそうでしょ。
おサカナをソースの上に添えると言うのは、外国の感覚ですよね。
キャプシカムとレモンとオリーブオイルのミックスでした。
あの豪快なポークも美味しかった。
Commented by BBpinevalley at 2013-12-01 07:40
renchiyan2さん、
ちょっとコマーシャルに出て来そうな写真ですよね。
生命保険の会社かなんかの・・・・・
Commented by tamataro1111 at 2013-12-01 10:08
こんにちは。
風景が何か北海道をあたりを、思い浮かべてしまいそうです。
それだけのどかに観れます。いいですね。。。(^_^)v
それにしても凄い量の食事 ( 向こうの人は体躯がいいので ) ですね、私の3倍ほど食べるみたいですね。??
Commented by 貝ぬし at 2013-12-01 14:50 x
1・2枚目の写真が大好きです・・・とコメントしようと考えていたら、さらに心惹かれるSlow Foodのカタツムリも(笑)!
ローストポークはダイナミックでタイのお料理は色がとってもきれい!
デザートもあれもこれも食べてみたくなる楽しさで、素敵な暮らしぶりが伝わってきます♪
Commented by sikisaimonogata at 2013-12-01 21:41 x
BBpinevalleyさん、こんばんは。
ワイルドですね~
見ていて圧倒されます^^
イイネ、ありがとうございました。
Commented by bella8 at 2013-12-01 21:59
どのお料理も美味しそう!ボリューム満点ですね!
それにしても BBpinevalleyさんは物凄くactiveに日々をおくっていらっしゃるのに、
拝見する写真はゆったり仄仄していいですね~~♪
きっと、時間の使い方がお上手なんでしょうね。

私は1月に白内障の手術をするので、目が治ったらまた、いっぱい写真を撮りたいなぁ~と願っております♪(^^)
Commented by シンシア at 2013-12-01 23:53 x
こんにちわ~

アメリカにも大きな農場や牧場がありますが、ここのorganic farm
の様な概念はあるのしらね? なにしろ商業としてが基本だから・・・
あ! ハワイにもありますが・・・・・(^o^)
だけど健康を考える人も多くなってきましたが・・・・・。

本当の豊かさを感じさせてくれてる様・・・・・ご主人どっぷり浸かり
そう・・・(*^_^*)
まさにジュラシック・パークの世界だぁ~
Commented by BBpinevalley at 2013-12-02 06:23
tamataroさん、
確かにキーウィーはよく食べますが、取り分けられたお皿の分は、皆でシェアーする為のものです。(一人用ではナイ)
ニュージーランドの景色を見て、北海道に似ていると言う人がとても多いです。
と、言うことは、日本人は何もここまで来なくても、北海道ヘ行けば良いのかな。
Commented by BBpinevalley at 2013-12-02 06:26
貝ぬしさん、
確かに、スローフードのロゴは貝ぬしさんにピッタリですよね!
これは入会するしかないかも?
東京のスローフードもお盛んですよ。
美味しいものをたくさん食べて、良い空気をさんざん吸ってますから、やっぱりこれは素敵な暮らしぶりだと、感謝しなくちゃね〜。
Commented by BBpinevalley at 2013-12-02 06:30
sikisaimonogataさん、
繊細な日本と比べると、やはりワイルドですよね、こちらの景色は。
また、この農園がワイルドでした。
また、遊びに来て下さいね〜。
Commented by BBpinevalley at 2013-12-02 06:35
bella8さん、
私は至ってのんびり屋で、物忘れもひどく、ボーッとしていますが、夫が異常にハイパーな人で、ひとときもじっとして居りません。
そのせいで、私たちの生活は慌ただしく、娘などはこれが普通だと思っているようですが、とても尋常ではありません。
ブログ上では、私のパニック状態が見えなくてウレシいです。

目の手術、早いご回復をお祈りします。
Commented by BBpinevalley at 2013-12-02 06:38
シンシアさん、
アメリカには有るでしょうね。
ただ、アメリカは、少し有名になると大会社が買い取ってしまってメチャクチャにしてしまいます。
コカコーラやクラフトフーズなどは、自社のイメージアップの為に、一時オーガニックファームを買いまくって居りました。
ま、売る方も悪いんですけれどね。

うちも、いよいよ農業かな〜〜〜。
Commented by sunlightk at 2013-12-02 08:28
美味しいもの食べて娘さんたちと草野球!!
「なんて素敵な人生!!」って叫びたくなりました。
写真を見てるだけでこちらも新鮮な空気を感じることができますよ。ありがとうございます!

Commented by taruim1941 at 2013-12-02 12:24 x
emuは日本ではエミューと発音されていますが辞書にもimyuと書かれています

NZにもemuが居るとは知りませんでした
これってAustraliaが原産ですね

Kiwiの国で野球とは素敵ですね クリケットはよく見ましたが野球は殆ど見かけませんでしたね
Commented by taruim1941 at 2013-12-02 12:24 x
emuは日本ではエミューと発音されていますが辞書にもimyuと書かれています

NZにもemuが居るとは知りませんでした
これってAustraliaが原産ですね

Kiwiの国で野球とは素敵ですね クリケットはよく見ましたが野球は殆ど見かけませんでしたね
Commented by niji-no-iro at 2013-12-02 13:13
素敵〜♪
恋しちゃうのも分かるな〜。^^
私は一枚目の写真に恋しちゃいました(^^*)
Commented by アリス at 2013-12-02 14:51 x
こんにちは。
私は、食いしん坊なので、どうしてもボリュームたっぷりのお料理の方へ目がいってしまいます。
日本では考えられないようなワイルドなお料理ですね~♪
でも、かぶりつきたくなるような感じが・・・(笑)。
デザートの色のきれいなこと!
デザートを食べて、emuとのんびり散歩してみたいです(*^_^*)
Commented by june_an at 2013-12-02 19:17
アバターの木。素敵ですね。
このまわりの雰囲気からしてすでにジュラシックパークという感じ^^
お料理もおいしそう。お肉もいいけど、わたしはデザートに惹き付けられちゃいました^^
Commented by olivolivo at 2013-12-02 20:03
こんにちは。
広大な景色で素敵ですね。
お料理のほうもボリュームたっぷりで、興味深く拝見させてもらいました。
みなさんとわいわい食事するのも楽しそうですね。
Commented by Harvest--Moon at 2013-12-02 20:44
こんばんは!
別行動、ご夫婦共々、有意義に過ごされてますね~
そして大自然の光景、
その恵みをお料理に生かされる、
素晴らしいです!
Commented by blackfacesheep at 2013-12-02 21:25
日本だと夫婦別行動って、ごくごく普通のことだと思います。
私の相方も、同じ行動をすることが珍しいぐらいですねえ。
でも、それをアメリカ人の生徒に話すと、「大丈夫なの?」って聞かれます。^^;
だって、夫婦だから趣味趣向が完全に一致するわけではないんだし・・・あはは。^^;
オーガニックフード、私も興味津々です。
若いころはアブラギッシュなものばかり食べていた反動が出たのか、昨今は優しい味の食べ物にひかれます~♪
Commented by BBpinevalley at 2013-12-03 05:14
sunlightkさん、
確かに、幸せなことだとですよね。 感謝です。
ビートルズじゃないですが、All You Need is Love~~ てな感じでしょうか。(昨日、聴いて以来、耳にこびりついています)
でも、健康が肝心。
アイ+ヘルスですね、キーワードは。
Commented by BBpinevalley at 2013-12-03 05:19
taruimさま、
イミューでしたか、イムーではなくて。
私は、こんな生き物が居るなんて、知らなかったんですよ。まるでダチョウですね。
オークランド博物館に、ニュージーに棲息したと言われる巨大な鳥、モアの剥製が有りましたが、あれにもそっくりです。

ニュージーランドで野球を知っている人をみつけるのは、難しいです。
娘の友達は、相当変っているんだと思います。
Commented by BBpinevalley at 2013-12-03 05:25
niji-no-iroさん、
夫は、退屈すると酸欠で死にそうになるので、スゴイと思えるものにはまっしぐらにダッシュして行きます。
何を言ってもダメ。
でも、私も、こんなにチカラの入った自然農園を見るのは、初めてでした。
Commented by BBpinevalley at 2013-12-03 05:32
アリスさん、
エレガンスと言う言葉とは程遠くかけ離れたランチでしたが、お味の方は最高でした。
あとで聞いたら、ものすごく予算オーバーだったらしいので、なるほどと思いました。
ニュージーランドは英国直系ですので、食文化と云うことになると、相当な遅れを取っていますが(遅れと言うよりは、味覚欠如と言った方が・・・)、このスローフードのメンバーたちは、懸命に流れをさかのぼる人達です。
emuは近寄ってくれないので、お散歩は無理かもしれませんが、例の牛さんなら、喜んで歩いてくれるかも。
Commented by BBpinevalley at 2013-12-03 05:35
june-anさん、
アバターの木、人気です。
だから、映画ロケ陣にスポットされたんでしょうね。
危険の無いジュラシックパークでの、のんびりしたお昼ご飯は、とっても楽しそうですよね。
いろんな国の人が居るのも素敵。
Commented by BBpinevalley at 2013-12-03 05:39
olivolivoさん、
一度、ニュージーランドからイタリアへバケーションに行ったことがありますが、あまりの遠さにヘキエキしました。
お国柄も、その遠さに準じて、まったチガイマス。
まず、ニュージーランド人は味覚音痴。
でも、スローフードの連中は、そんな環境の中でがんばってオリマス。
Commented by BBpinevalley at 2013-12-03 05:46
Havest-Moonさん、
過去5年間、年に半分は離れて暮らしていたので、一緒に居る時にはくっついていることが多かったのですが・・・・
来年はアメリカに帰る予定で、だんだんニュージーも名残惜しくなって来ました。
一番良い時期に帰ることなかったかな・・・・
Commented by BBpinevalley at 2013-12-03 05:57
黒顔羊さん、
夫婦も古くなると、別行動で(の方が?)モンダイ無い感じですね。
アメリカ人は、やたらと配偶者を誉めたりさすったりしますけど、真剣に仲良く有りたい!と思ってるみたいなんですよね。
だから離婚が多いのかな?
オーガニックフードと言っても、ベジタリアンではないので、時々動物たちも生けにえにあげられます。
どうやって?と訊くと、22口径で後ろから、と云うことで絶句でした。(動物たちは自分が死んだことも知らない、と云うことで、少し胸を撫で下ろしましたが・・・・)
Commented by surgeon24hrs at 2013-12-05 00:53 x
おはようございます。

アメリカではファームを持つというのが夢、と言う方が多いですよね。でも怠けモノの私には絶対に出来ないことです。そちらでもファームはオ男性の憧れの目標なのでしょうか?

イミュ、動物園では1-2羽見たことがありますが、こんなに沢山外でというのはビックリです。すごい!
Commented by BBpinevalley at 2013-12-05 05:26
surgeonさん、
そうかも知れませんね、ある種の男性の夢なんでしょうね。
行きつくところは「自然」なんでしょうか・・・・・
夫は建築やアートの世界から、180度転換しようとしていますが、これまでのインテンスな会社経営から、息抜きしたいんですかね。
芝刈りだって、嬉々としてやってオリマス。
Commented by kero2y at 2013-12-05 18:42
こんな写真拝見していると、「人口密度が少ないっていいなぁ~」っとつくづく思います。
もっとも、この日本も人がいるのは都会ばかり、後の大半は「過疎地」という人口密度の少な~い田舎という所が大半ですけど・・・・
Commented by BBpinevalley at 2013-12-07 09:12
kero2yさん、
確かに、日本の田舎は過疎化が進むばかりですね。
これから、農業がとても大切になって行きますが、実際、大会社はどこも農業に目を向けて開発を進めていると云うことです。
ターニングポイントが来て、地方が活性化するといいなと思います。
でないと、日本も面白くない。
Commented by nageire-fushe at 2013-12-07 21:00
素敵ですね~~~
雄大な風景、広々として気持ちよさそうです。
そしてお料理の大胆でボリューミーな事
自然と仲良く暮らしている。
素敵ですね。
Commented by tootoo5555 at 2013-12-09 16:43
自然と共存してるなーってカンジが、日本では味合えない空気ですよね。
イムーみたいな大きな動物が福岡のくさっぱらにいたら大騒動ですね(笑)
てか、絶滅した鳥にイムーそっくりなのがいましたね。名前なんだっけな。
Commented by BBpinevalley at 2013-12-10 06:58
nageireさん、
とても繊細とは言いがたいお料理ですよね。
nageireさんのお花のセンシティビティーとは似ても似つきません。
でも、お味の方が最高でした。
Commented by BBpinevalley at 2013-12-10 07:01
tootoo555さん、
イムーの巨大なので絶滅したのは、モアだとおもいます。
オークランド博物館に、剥製ではありませんが再生したものが飾られていますが、巨大です。
でも、イムーやダチョウにそっくりですよね。
恐竜時代を垣間見る感じです。
Commented at 2013-12-25 07:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by BBpinevalley at 2013-12-29 20:32
鍵コメさん、
このファームの名前は、Shelly Beach Farm といって、。サウス・ヘッドと云うところにあります。
B&Bの方へのメールは届かなかったようなので、遅くなりましたが、こちらに返答させて頂きました。
いつも、ブログを読んでいて下さったそうで、ありがとうございます。
新天地と言うより、古巣に戻る感じですが、また違った目でアメリカを見られるかもしれません。
お友達の方が、このファームで働けるといいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 追悼、ネルソン・マンデラ/ F...      11月のニュージーランド/ N... >>