アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 23日

3月、晴天の1週間でした/ On a Sunny and Beautiful Week in March

e0310424_7451823.jpg


雨はもう終わりでしょうか。 毎日快晴で、春も盛りに近づいて来た感じです。

公園で踊る人たち、本当に老いも若きも、色々な人種の男女が音楽に合わせて身体を動かせて、春を祝い合っているみたいですね。

Perhaps, the rain is over. It has been beautiful everyday.
These dancers in the park, young and old, men and women of all colors, twisting and hopping to the music, were all celebrating life and basking in the spring sun.












e0310424_7552257.jpg


桜も満開です。 

誰かが、新しく買って貰った自転車で、スイスイ。

The cherry blossoms are in full bloom, too.
Someone is passing swiftly on their newly acquired bicycle.












e0310424_75734100.jpg


あれ、日本ヘ来ちゃった? ・・・ 違うかな。 

ゴールデンゲート公園内にあるジャパニーズ・ティー・ガーデンです。

ちょっと国籍不明なところもありますが、まぁ、いいでしょう。

Oh, is she in Japan? No?
This is the Japanese Tea Garden in Golden Gate Park.












e0310424_883822.jpg


先週は、少し変な週でした。

10年以上も音沙汰が無かった友人から連絡を貰って、ああ嬉しい、と思ったのも束の間、もう一人の友人が亡くなったことを知らされました。

亡くなった友人の懐かしい声や、元気な笑顔が思い出されて、とても悲しくなってしまった。

もうお年だったから、仕方がないのですが、もう一度会いたかったなぁと思って・・・・・

Last week was not so good.
I received a phone call from my good old friend, which was great and I was really happy to hear from him, but then he informed me of the death of our good mutual friend.
She was elderly, had a long beautiful life, nonetheless, I wish I could've seen her one last time.....












e0310424_8223528.jpg


人間て、不思議ですね。

こうして、何かのご縁で友情や愛情を築いても、いつか別れを余儀なくされる。

Life is strange. You find friends for whatever reasons and grow love and friendship, then you must always somehow say good-bye.












e0310424_832125.jpg


もう一人、私の大好きな若い友人が、難しい病気にかかったとの知らせが、追って届きました。

なんとか治療が成功するよう、祈るばかり・・・・・ 祈るばかり・・・・・

I also received news of my favorite young friend who has fallen very ill. I hope and hope that he will recover... He has to.











e0310424_8411325.jpg


瞬時が連なって時間になって、その時間に乗って誰もが変遷を遂げていくのね、変らないものなんて何もなくて。

We are all changing nonstop, all the way to our end. You can call it growing, aging, or dying.... it doesn't matter.












e0310424_2481051.jpg


パインバレーからは、また新しいウェディングの写真が届きました。

どのウェディングにも個性が出ていて、こうして離れて見てみると、面白いなぁと思います。


そうね、喜びも悲しみも、みんな詰まっているのが「人生」という贈り物なのね。

I received a new photo of a wedding at Pine Valley. Because I am removed from the day-to-day management of it, the variety and the personality of each weddings are quite fun to see.

I suppose, life is a gift box filled with all, joy and grief.













e0310424_4524444.jpg


娘が、ヴァレンシア通りの古着屋回りをしたいと云うので、付き合いました。

この通りの脇道には、壁画に埋め尽くされた通りが有って、ちょっとした観光地にもなっています。

上は、娘のお気に入り。

以下2つは、私のお気に入りです。

My daughter wanted to go thrift shopping on Valencia Street, so I went along with her. Off Valencia, there is a small alley way filled with graffiti paintings. Some of them are so good that many tourists gather with cameras. The one above is my daughter's favorite. The following 2 are my favorites.

e0310424_9215227.jpg


e0310424_922245.jpg


「金持ちに税を課せ!」 と書いてありますが、いかにもサンフランシスコらしくていいじゃないですか。

レトロな花模様と云うところが、またキマッテますよね。

そう、与えられた時間を、パッションを持って生きようね。

This, "Tax the Rich" message covered with retro flowers is very San Francisco like, isn't it?
Yes, while you can, make a statement!


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2014-03-23 10:41 | アメリカ生活 | Comments(27)
Commented by mimo720 at 2014-03-23 13:56
はじめまして!
「イイネ」をありがとうございました。
ずいぶん昔に、サンフランシスコの近くのバークレーに
ホームステイしていたことがあり、
ちょっと懐かしくなって、コメントさせていただきました。
これからの季節いいですね~♪
またカリフォルニアに行きたいな~♪
ポチ☆
Commented by BBpinevalley at 2014-03-23 16:29
mimo720さん、
ようこそ〜。
バークレーに居られたのですか?!
私も、18年ほど、バークレーに居たんですよ。
サンフランシスコよりも、バークレーが故郷です、私には。
これから、カリフォルニアは長い長い晴天の日々が続きます。
また、素敵なお料理など、楽しみにしています。
Commented by BBpinevalley at 2014-03-23 16:32
カギコメYさん、
温かいコメント、ありがとうございます。
若い頃には感じなかったことを、ひしひしと感じるようになって、人間やはり年とともに成長するんだなと、自分で感心しています。
一度しかない舞台、ほんと、おっしゃる通りですね。
役柄、しっかり努めたいと思います!(笑)
Commented by アリス at 2014-03-23 19:02 x
こんばんは♪
私もこの三月に大切な友人を亡くしたばかりです(;_;)
今年のお彼岸は格別に思うところがありました!
「喜びも悲しみも一緒に詰まっているのが人生」
本当にそうですよね♪
なんかこの言葉で気が楽になれました(^-^)
限りある人生、前向きに生きていきたいと思います。
ありがとうございます♪
Commented by nagako1953 at 2014-03-23 20:44
限りある人生 今日を大切に生きて行きたいです。二枚目の壁画凄いですね プロ(?)が書かれたのですか・
Commented by シンシア at 2014-03-24 00:02 x
こんにちわ~    プチご無沙汰しちゃいました

出逢いと別れ、喜びと悲しみ・・・・・・誰でも経験しなければ
ならない感情ある動物、それが人間ですものね・・・・・・。
こちらでも早咲きのサクラは満開の所もあるそうです
まだまだ北の方は雪が降ってるそうですが、東京も今月
終わりころには満開に? 2週間ほど日本を離れていた
ので情報収集中・・・(*^_^*)
Commented by akdeniz_tk at 2014-03-24 01:54
こんばんは。
出会いがあるから、別れもある。分かっているけれど、
やっぱり寂しいですよね。
今を大切にしなくては・・・って思います。後悔しないように。

壁画すごいですね!!
観光地になるのも納得です。
Commented by renchiyan2 at 2014-03-24 05:14
おはようございます
出会いは別れの始まり 別れは出会いの始まりこれの繰り返し
面白いですね
Commented by BBpinevalley at 2014-03-24 10:29
アリスさん、
身近な人を亡くすのは、本当に辛いですね。
自分が生きている世界も変ってしまうから、いかに自分が愛する人たちに支えられて生きて来たかを、思い知らされます。
日本の仏教は、それほど信者ではない人にも、習慣的に供養の機会を与えてくれて、いいですね。
つい、毎日の目先のことに暑くなったりしますが、お彼岸などの機会に、心を遠くまで放したいですね。
Commented by BBpinevalley at 2014-03-24 10:47
nagakoさん、
そうですね、どう生きるかがテーマですね。
壁画は、たくさんのアーティストが、コラボで描いたようです。
こちらでは、アートに関しては、どこまでがプロなのか、はっきりしません。
Commented by さっちゃんNZ at 2014-03-24 11:23 x
会いたいなーと思ったら、すぐに会っとこう、とつくづく思います、昨今。行きたいなーと思ったら、行こう。いろんな言い訳を手放して、、、って思います。いつもながら、写真が素敵!翻訳進んでる?
Commented by BBpinevalley at 2014-03-24 12:48
シンシアさん、
おかえりなさ〜い。
旅の多いお仕事ですね。
こちらは、あちこちの桜が満開ですが、種類によっては、もう随分前に咲いてしまったのもあります。
昼間は暑いくらいなのに、夜はずいぶん冷える、例のベイエリア気候です。
Commented by BBpinevalley at 2014-03-24 12:51
akdenizさん、
今を大切に、と思うのですが、そんな簡単なことが、意外と難しかったりしてね。
壁画は、南米からの移民が多いミッション地区に、特に沢山あります。
メキシコとか中南米の人たちは、壁画が好きなんですよね。
大衆アート、って感じで、楽しいです。
Commented by BBpinevalley at 2014-03-24 12:53
renchiyan2さん、
何事も繰り返しですねー。
この世に生きている限り、毎日、朝が来て日が暮れる、それだけでも繰り返しですものね。
楽しまなくちゃね。
Commented by BBpinevalley at 2014-03-24 12:54
さっちゃ〜ん、
そうね、思い立ったら会いに行く、それですよ。
翻訳、やっと7章目。
先が長い。
Commented by kys-g at 2014-03-25 20:15
今晩は
散る桜残る桜も散る桜 ですね
生きてる限り パッション を持ち続けたいと思います
1日1日出来る限りの範囲で楽しく参りましょう  m(_)m
Commented by sacra-fragola at 2014-03-26 01:24
こんばんは。
初めまして・・・
我が稚拙なブログにお越し下さいましてありがとうございます。
海外生活をされていると言う事で・・・羨ましい限りです。
私の夢は、定年後にイタリアに住むことです。
今はまだ、夢の入り口にも辿り着いていませんが。
こちらのブログは、非常に楽しげな写真が多くて、見ていてこちらまで
明るい気分にさせてくれます。
これからも立ち寄らせてください。
リンクを頂いて帰ります。
Commented by parisrue5cafe at 2014-03-26 02:31
日本より随分早いのですね
さくらの花が満開で、日本では、今日明日という感じです。
人の事も自分のことも、わからないんですよね。
久しぶりの連絡が、そのようなお話だと
辛いですね。
最近は特にいろいろ思う事もありますが。
今を大切に行きて行くこと…と…
それが大切なんだなぁと…当たり前のことを、また感じたりしています。
Commented by BBpinevalley at 2014-03-26 04:14
kys−gさん、
そう云う歌が有るんですね。
なんとか、桜のようにパッと散りたいものです。
パッションを持つには、まず心身が健康でなければならないので、管理に励みたいです!
Commented by BBpinevalley at 2014-03-26 04:25
sacra-fragolaさん、
ようこそ〜。
素敵な写真を楽しませて頂きました。
私の方は、海外生活と言うか、日本の方が海外に見えている感じです。
私も、イタリアに住みたい。
先日、イタリア人が言っていましたが、仕事をしなければならなければ地獄、しなくても良ければ天国なんだそうです、イタリアは。
リタイヤー向きですね。
Commented by BBpinevalley at 2014-03-26 05:53
parisrue5cafeさん、
当たり前のことが、なかなか分からないのが人間なのかしら。
そんなことも知らなかったの?って、誰かに言われそう。
でも、年を取るに連れて、自分なりの感じ方が出来るようになって、ある意味で自由かな。
何か社会にお返し出来たら幸せだな、とも思います。
まずは体力づくりからと、ボチボチ運動しているこの頃です。
(ボケ防止?)


Commented by tamataro1111 at 2014-03-26 06:00
お早うございます。
びっくりしました。(^^) 日本に帰られたかと思いました。
こんな建物があるのですね。
もう初夏の装ういで、さっそうと走る自転車が気持ちよさそう。
Commented by Aqua_blueY at 2014-03-27 09:30
ここの日本庭園、本当になんちゃってと言う感じですよね。
あの高〜い橋渡りました??
もしサウスベイに来られる事があったら
サラトガにある箱根ガーデンおすすめですよ♪
Commented by BBpinevalley at 2014-03-28 11:59
tamataroさん、
そうですね、もう昼間は初夏のようです。
カリフォルニアの人たちは、日本の文化に馴染んでいまして、仏教のことなど、私より良くご存知の方が多いです。
Commented by BBpinevalley at 2014-03-28 12:03
aquaさん、
あの高い橋、可笑しいですよね。
サウスベイには、なかなか行く機会が無いのですが、覚えておきます。
サラトガの方には、昔からの日本のコミュニティーがあるのでしょう?
素敵な大きなお家が多いですよね。
Commented by sheri-sheri at 2014-03-31 08:35
与えられた時間をパッションを持って生きようね。。。。素晴らしい言葉ですね。明日からキルトの作品展を市のセンターでします。      
80歳、79歳、と高齢でもかっこいい人生の先輩方の作品や色々な年代でも生き生き生きている方々の作品展です。私の作品も少し。パッション心にとめて。・・・
Commented by BBpinevalley at 2014-04-02 04:23
sherisheriさん、
年齢や病気で、身体の衰えを感じた時、初めて人間て寿命を知りますね。
健康体では、なかなか実感出来ないことです。
でも、その時、初めて人生の重みと輝きが心を打って、新しい世界に足を踏み入れることが出来るんだと思います。
小説の主人公をやっていたのに、急に本から引っ張り出されて、本を書けと言われる感じで、ちょっと戸惑いますけれどね。
がんばりましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ワンちゃんビーチに行きました/...      大陽がいっぱい、カリフォルニア... >>