アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 30日

置いて行かれたデーヴィッド/ David was Left Behind


e0310424_1671960.jpg


日曜日(カリフォルニアは、今日はまだ火曜です)、バイオリンのキャンプに金曜まで参加する娘を、カーメルまで送って行きました。

カーメルは、サンフランシスコから2時間半ほど南に下ったリゾート地です。

帰ってみると、娘がいつも一緒に寝ているぬいぐるみのデーヴィッドが、椅子にちょこんと座っていました。

一瞬、「大変、忘れたんだ!」と思ったものの、すぐに娘がわざと置いて行ったのだと気付きました。

ちゃんとはじめは鞄に入れていたのを見たのに、それが玄関近くの椅子に可愛く置かれていたから。

上級生のお姉さんたち三人と一緒の部屋なので、ひとりぬいぐるみを抱えて行くのが恥ずかしかったのでしょう。

当たり前ですよね、9月からハイスクールですものね。

でも、一晩も離したことのないデーヴィッドを置いて行くなんて・・・・・母親としては、大きくなったんだなぁとしみじみしてしまいました。

We drove to Pacific Grove to drop off our daughter to her summer violin camp on Sunday.
When I came back I noticed David, my daughter's beloved stuffy, sitting on a chair near the front door. I realized that she decided to leave him at the last minute, after learning that she will be sharing a room with older girls. This is really the first time she ever left him behind.








e0310424_16173319.jpg


ちょっと見えにくいのですけれど、娘の泊まる海沿いリゾートの庭で見つけた花です。

オリエンテーションが進行中、思わず踏みそうになった花に気付き、あまり可愛いので写真を撮りました。

砂地に生える植物のようで、あちこちにはびこっていました。

先生のお話も聴かないで、いけないお母さんですよねー

I found this sweet flower growing in sand at the hotel where the camp is taking place.
The camp orientation was going but obviously I was not paying attention....









e0310424_16274748.jpg


娘と分かれてキャンプを後にしてから、リゾート地らしい可愛い街で遅いランチを食べました。

おとぎ話に出て来そうな家が並んでいました。

We had late lunch in the town of Pacific Grove after we said good bye to our daughter. There were some ginger bread houses in this coastal town.









e0310424_1631814.jpg


帰りの車の中から、カリフォルニアの田舎を撮ろうと思ったのですが・・・

Ooops, I guess the car was going too fast.









e0310424_16331369.jpg


この辺り、イチゴやお花の畑が多かったです。とにかく平坦で広大で、はるか彼方に山並みがのぞめます。(クリック拡大するとよく見えます)

ガーリックで有名なギルロイという街を通過した時には、窓を閉め切っている車の中からも、ガーリックが匂いました。

There are many strawberry and flower farms down there. When we approached Gilroy, we could smell the garlic even if all the windows were shut.








e0310424_1637281.jpg


まったく、ニュージーランドから戻って以来、北へ南へドライヴばかりしているみたいです。

これは、西海岸を南北に結ぶハイウェイ101から見た夕空です。

広い5車線を走る車のテールランプが、アメリカだなという感じです。

We have been driving alot, going North and now South, after the return from New Zealand.
Now without our daughter till Friday, we can really sit back and take care of many unfinished bits of business.

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2014-07-30 17:27 | アメリカ生活 | Comments(25)
Commented by fsnote2 at 2014-07-30 18:42
可愛いDavid, 大切にされていた事を感じさせられます。
娘さん、決死の覚悟だったのかしら?それとも、そろそろ・・・・って?
でもきっとキャンプの間だけの我慢かしらね?
微笑ましいです。
I-5 の響きが懐かしいです。私はずっと北でしたが。
Commented by BBpinevalley at 2014-07-31 04:20
一度、ヒースローでデーヴィッドを落としてしまったことがあって、それはもう大泣き。
出発時間が迫るのに、あの広い空港を走り回って探したのですが、無くて・・・
泣きながら搭乗口に向ったら、イタリア人の案内係のおじさんがデーヴィッドを差し出して、、これだね、分かるよ、大切なものなんだよね、と言って渡してくれました。
娘には、神様みたいに見えたと思います、そのおじさん。
Commented by kanmyougam at 2014-07-31 08:45
おはようございます。あついです・・暑中お見舞い申し上げます。
僕のブログも忘れずにいてくださってくうれしいです。
ぬいぐるみやタオル・・ハンカチなど手放せないものですね。
意を決して留守番させたのは大成長ですね。
こんなことがあって大人の世界に入っていくのですね。ほほえましい。
お母さん行動半径が広いですね。
ブログ楽しませていただいています。
Commented by minto421 at 2014-07-31 11:55
こんにちは♪
娘さんの成長が、伺えますね・・・
いつも大事にしている宝物なんですね
お利口さんに、お留守番をして、娘さんの帰りを待ってるのでしょう^^

おとぎ話に出て来るようなお家が素敵ですね^^
憧れてしまいます。。
狭い街に住んでる私にとって
お写真を見ては、ゆったり気分を味わっています
ありがとうございます~(*^_^*)
Commented by shinka at 2014-07-31 14:16 x
成長の後。。嬉しいような寂しいような。。
娘が衣料品についているタグを探し回るのも後、数年ということかと
その日が待ち遠しいような気もしますが。。

デーヴィッドは娘さんが戻ったら抱きしめてもらえるんでしょうね^^/
Commented by BBpinevalley at 2014-08-01 05:57
fsnoteさん、
お返事は、fsnoteさんのコメントの下に入れてあります。
ごめんなさい、ちゃんとアドレスするのを忘れました。

Commented by BBpinevalley at 2014-08-01 06:02
kanmyougamさん、
こんにちは。
お暑いようですね。お見舞い申し上げます。
娘は、どうしたのか、人一倍ぬいぐるみや布切れなんかにしがみつく子なんです。
一人っ子だからなのか、ぬいぐるみを並べまくって寝ています。
暑そう。
お母さんの方の行動半径は、昔は広かったですけれど、最近は同じところに限られて来ています。
Commented by BBpinevalley at 2014-08-01 06:08
mintoさん、
ぬいぐるみも、ここまで大切にされると、タマシイが宿りそうな気がします。
でも、娘の成長は、喜ぶべきことなんででしょうね。

ワタシのまずい写真で、ゆったり感を味わって頂ければ嬉しいデス。
8月はどこへも行かないつもりでしたが、弟と従兄弟の子供たちが遊びに来るので、少し観光に連れて行こうと考えています。
また、広いアメリカの写真が撮れたら、載っけますねー。
Commented by BBpinevalley at 2014-08-01 06:12
shinkaさん、
本当ですねー、嬉しいような悲しいような・・・
一時は、可愛い娘が居なくなったような気がしましたが、今の彼女も同じ娘で、成長に応じて対応してやらなくてはと、気を取り直しました(笑)。
着せ替え人形が出来なくなって、まったくつまらないです。
今は、自分の着たい物しか着ないし、それがまた、ワタシの趣味からはほど遠い。
ま、父も、私の格好を見て、呆れていることもありましたからね。
仕方ないよね。
Commented by tannune at 2014-08-01 06:27
おはようございます。
デーヴィッドを置いていったのですね~娘さん
こういう瞬間がはっきりわかった時って・・成長を感じるね(*^_^*)
一瞬寂しかったり(笑)
私も、ありました。その瞬間が
Commented by tamataro1111 at 2014-08-01 07:31
 お早うございます。
そちらは暑いのでしょうか。? ! 風景だけ観ると
あまり暑く観れませんが。
お子さんの成長が、何にもまして楽しみですね。
小さな花。。。日本の高山で観れる、ハクサンコザクラに似ていますが。。。? ?
Commented by chikogenki52 at 2014-08-01 08:49
おはようございます♪

朝から 嬉しい贈り物
イイネ!と フォローありがとうございます♡
以前から 時々お邪魔してましたか 遠巻きに見ているだけで・・・・
なので 声をかけて頂いたみたいで とても嬉しかったです (^-^)
これから 仲良くしてくださいね♪ 

お留守番のデーヴィット君・・・
お嬢さんが戻られたら たくさん話を聞かせてもらえるんでしょうね
それも また楽し。
Commented by niji-no-iro at 2014-08-01 14:21
娘さんが置いて行ってデーヴィッドのお話。
キュンときました。
デーヴィッドもちょっと寂しそうだけど、でも、きっと娘さんの
成長を喜んでるでしょうね。^^
私も子供の頃、ぬいぐるみ大好きだったなぁ・・・とふと思い出しました。^^
Commented by BBpinevalley at 2014-08-01 16:54
tannuneさん
さすがお母さん。分かってくれますね〜
そういう瞬間て、節々にありますよね。
甘酸っぱい想いに駆られます。
そういう時、自分の親の気持ちがわかったりしてね。
親じゃないと分からない気持ちですね。
Commented by BBpinevalley at 2014-08-01 16:56
tamataroさん、
それが、こちらにしては暑いのですが、日本に比べれば暑くないはずです。
まず湿気が無いですから、少々暑くてもカラッとしています。
朝晩は冷えます。
あの可愛い花の名前を教えて下さって、ありがとう。
こういう時、ブログってすごいなと思います。
Commented by BBpinevalley at 2014-08-01 16:59
chikogenkiさん、
ようこそ〜〜
私のブログを見ていて下さったなんて、嬉しいです。
こちらこそ、どうぞよろしく。

デーヴィッドを置いて行った娘も、遂に明日帰って来ます。
どんなおみやげ話を聞かせてくれるか、デーヴィッドも私も楽しみにしています。
夕飯は、何を作ってやろうかなと思います。
Commented by BBpinevalley at 2014-08-01 17:06
nijinoiroさん、
なんだか、こういう時ねー、母親はドキッとします。
娘は、もうかなり前から、段々デーヴィッドからは卒業して来たんでしょうが・・・
子供って、一皮一皮脱いで、さなぎになったりして、遂に飛んで行く蝶蝶みたいですね。
私が抱いていたお人形も、父がとっておいてくれました。
Commented by 40ansparis at 2014-08-01 17:10
お嬢様、決死の覚悟だったのでしょうね。でも、自分で判断して自分で置いて行った、、、寂しい思いも我慢することも、成長の証、成長が頼もしくもあり、寂しくもある親心ですね。
広大な自然の織りなす景色が素晴らし過ぎて、しばし見入ってしまいます。本当に癒されています。
Commented by BBpinevalley at 2014-08-02 16:14
40ansparisさん、
大人になって、ぬいぐるみ持ってちゃ、可笑しいですものね。
もう大分卒業していたんだと思います。
でも、親としては、なんとなく淋しいような・・・・・
フランスも、かなり大きな国だから、素晴らしい自然があるでしょうね。
あまり田舎の方に行ったことがないので分かりませんが。
Commented by Harvest--Moon at 2014-08-05 09:06
おはようございます!
何と、偶然にも我が娘も弦中心の音楽祭から、
昨日帰ってきたばかりです。
まあ、うちはもう大きくすっかり大人のヴァイオリン弾きですが・・
それにしても置かれたぬいぐるみのかわいいこと、
お嬢様のお気持ちとともに、と思うと胸キュンです。
アメリカもガソリン、高いですか~
日本ではありえないことになっているうえ、
うちの四駆の燃費の悪さにほとほと嫌気がさしてます。
アメリカならではの車線の多さにも驚き~!
Commented by surgeon24hrs at 2014-08-06 08:03 x
こんばんは。

お嬢様、着々と成長されていられるようですね。   ; )

我が家では娘が今月の下旬に大学の寮へ新入生として引越しますが、大学から送られてきた引越し荷物リストの中に、必需品ではないがあったらよいモノの欄にぬいぐるみというのがあって、笑っちゃいました。  :D
Commented by sikisai02 at 2014-08-06 09:29
ぬいぐるみと言えども可愛がられると魂が宿るような気がします。
置いて行かれて寂しそうに椅子に座っている様子を見ると何だか可哀想・・・
これから娘さんも大人になるに従って連れてばかりも行けませんね。

でも置いてきぼりにされただけ帰ってからその分も可愛がってもらえるのでしょうね。
Commented by BBpinevalley at 2014-08-07 09:06
Harvest Moonさん、
お嬢さまも弦楽器をされているのですね。
夏休みですものね、夏期講習とか音楽キャンプなど、多いですよね。
アメリカのガソリンは、昔は日本の四分の一くらいでしたが、今は、半分弱くらいじゃないかな〜。
高くなりました。
四駆はガソリンを食いますよね。
私もボルボで懲りて(ガソリンを捨てながら走っているようなもの)、ニュージーではプリウスに乗っていました。
それでハイブリッドの味をしめ、ここではスバルのハイブリッドを買いました。
カイテキです。
Commented by BBpinevalley at 2014-08-07 09:10
surgeon先生、
可愛いですね〜〜、リストの中にぬいぐるみが入っているなんて。
でも、精神的に良いのかもしれませんね。
初めて父母の家を後にする時には、ぬいぐるみと言えども、心の頼りどころになって、バカには成らないのかも。
Commented by BBpinevalley at 2014-08-07 09:14
sikisai02さん、
私も、そう思いました。
見ていると、悲しいと訴えているように思えてしかたがなかった・・・・
帰って来たら、また抱え込んで寝ていますから、やっぱり大切なようです。
ちょっと洗ってやらないとねー。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 一週間、我が家は満員でした/ ...      サクラメントに寄ってから、戻り... >>