アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 20日

ガラスアートの教室に参加しました/ We Attended a Glass Art Workshop



e0310424_6471553.jpg


何故か家に送られて来たこの本を、先日尋ねて来た歴史学者の前夫が見て、学者仲間で面白いと評判だというので、読んでみることにしました。

学者さんが書いたにしては、やけに面白い本です。

「醜いルネッサンス」というタイトルで、副題が「美の時代におけるセックス、強欲、暴力、腐敗」。

まるでハリウッド映画の予告コピーのようですよね。

こういう歴史の裏街道を書いた本、ワタシ大好きです。

My ex, who visited us the other day because he had a conference in Berkeley, said that this book was much talked about by his fellow scholars as a good read. Indeed, for a book written by a scholar, it is very interesting and reads well. Catchy and intriguing titles as well.










e0310424_6473048.jpg


昨日、このユダヤ寺院の家の地下室をアトリエとして借りてくれているガラスアーティストのレディが、初心者用のワークショップに建物の住人を招いてくれました。

参加者はドレスメーカーのブレンダおばさんと、ヒーラー兼仏教家のチャリティー姉さん、そしてワタシと娘。

カルロおじさんはご用があって参加出来ませんでした。

Yesterday, Reddy who is renting our basement room as her work studio invited all the residents of the Synagogue building to her beginners workshop. Brenda who is a fantastic dressmaker, Charity who is a healer and Buddhist, my daughter and myself attended the class.









e0310424_7322163.jpg



e0310424_732314.jpg


アトリエの中には、当然のことながら、レディの作品があちこちに置かれています。ワークショップ中に拝見するのもなかなか楽しい。

As I rarely come into Reddy's studio, it was fun looking around and viewing her works.











e0310424_6474745.jpg


まずは、ガラスの切り方から。

最初は、けがをしそうで怖い感じがしましたが、意外と簡単で安全な作業でした。

We started learning from how to cut glass. It was a little bit scary in the beginning but it was easier and safer than we imagined.










e0310424_6551454.jpg


私は青色の小皿を作ることにしました。

ブルーのガラスをまずデザインした形に切って、その上に乗せる透明のガラスを、同じ形に切り取ろうとしているところです。

I decided to make a small plate and I chose a pale blue glass. I cut it into my designed shape, then cut a piece of transparent glass into the same shape to set it on top of the blue one.









e0310424_7322996.jpg


うまくカット出来なかったところや、スムースにしたいところは、この研磨機にかけて修正します。

If the cut edge was not clean, you can buff it with this machine, a diamond file.










e0310424_6554046.jpg



e0310424_6555973.jpg


それから、いよいよデザインをベースとなるガラスに貼付けて行きます。この辺りに来ると、皆さん集中力のカタマリのように成っていました。

Then, finally, you set your design onto your base glass using color glass pieces and metal pieces. By this time, everyone was so concentrated into their work.









e0310424_65849.jpg


こちら、ワタクシ奴の作品。お腹が空いていたので、ご飯にかけるフリカケを想像して作ってみマシター。

Voila! Here is mine.









e0310424_658137.jpg


最後に、この釜に入れて長時間焼くのです。

私とチャリティーの作品はお皿なので、これが焼き上がったあと、お皿形の型に乗せて、再度焼くことによってカタチをつくるのだそうです。

さぁて、どうなりますことやら。とっても楽しみ。

レディ、ワークショップに誘ってくれてどうも有り難う。すごく楽しかった。

Now, everyone's works were set into the baker. We have to wait overnight for it to cook and cool them. We cannot wait to see the result.
Thank you, Reddy. It was a lot of fun.






サンフランシスコ ブログランキングへ



ニュージーランド旅行 ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2014-10-20 09:00 | アメリカ生活 | Comments(26)
Commented by june_an at 2014-10-20 10:16
すてきな作品♪
どんな感じにでき上がるか楽しみですね。

本は、てっきり絵画かと思いきや、歴史書なんですか。
難しい学者さんの諸説などと違い、このタイトル惹かれますね〜^^
そのまま映画になりそうな裏の歴史。わたしも好きです。
Commented by boris123 at 2014-10-20 13:14
ふりかけが、こんなに素敵になるなんて。笑
素敵な時間ですねー

どんなお皿になるのかな♪
Commented by eggplant-qt98 at 2014-10-20 16:23
こんにちは~^^
すごく素敵なお皿が出来そうですね♪
ふりかけがとろけて、不思議で素敵な色になるのでしょうね☆
窓辺に飾ってパステル色の影も美しいでしょうね♪
Commented by tatuotoko0406 at 2014-10-20 17:28
こんにちは。
こういう作品やワンちゃん、家並みを気軽にお撮りになるなら
ボクが使ってるから言う訳なんですけど、オリンパスのミラーレス一眼が良いんじゃないでしょうかΣd(-`ω´-〃)

ようこそ、オリンパス友の会?
Commented by yk-voyant54 at 2014-10-21 02:20
まぁ楽しそう。ガラスってちょっと怖い素材に感じますが、
綺麗なんですよね。この後、お皿型になるのね。
どうなるのでしょう?楽しみですね。
歴史学者さんだったんですね。素敵だこと!
そして何やら面白そうな本。こういう本を持ってくるって、
なかなかイイネ。(って中を読んでないのに言うのも変ですが)
うう〜ん、やっぱりそろそろまた、新しいパートナーを見つけて、
一緒に生きる人生を作って行こうかな。
Commented by tamataro1111 at 2014-10-21 05:23
 おはようございます。
ふりかけをイメージして。。。(^_^;) 
何かとても実感がこもっていますね。
皆さん真剣モード。。。! ! 展示会か何か開くののでしょうか。
Commented by akdeniz_tk at 2014-10-21 07:54
こんばんは。
仕上がりがとっても楽しみですね。
きっとみんなの個性が反映される作品が出来上がるコトでしょう。
日本に居るとき、かなりの期間、ステンドグラスを作っていましたが、
ガラスのカットとか研磨をしていると、無心になれました。
Commented by kys-g at 2014-10-21 09:41
お早う御座います
北海道は雪の便りも聞こえてきましたが
まだまだそちらのお国は暖かそうです

ふりかけ模様の完成が待ちどうしいですね
わたしも絵付けに使う電気炉でガラスは趣味程度なのですが
溶かして小さなアクセサリーとか作ります
写真拝見していてガラスを入れる電気炉が私の電気炉と
同じだわ~と
そんなところの偶然でテンションあがった私なのでした



Commented by miyabiflower at 2014-10-21 11:58
素敵なふりかけですね^^
色がとてもきれいです。
どんなふうに仕上がるのか 楽しみです♪
ガラスアート、一度やってみたいことのひとつです♪
Commented by sf2tokyo at 2014-10-21 14:55
こんにちは。
先日は私のブログのほうにコメントを残してくださってどうもありがとうございました。
遅くなってしまったけど、お返事はこちらに書かせていただきますね。
タイトルが「オークランドから、、、」だったのでOaklandかと思ったら、Aucklandだったんですね。
ニュージーランド、すごくいいところだとよく聞くので、いつか行ってみたいです。
ふりかけを想像してデザインしてみたってとこにクスッとしてしまいました(笑)
完成したら、おにぎり乗せて食べてみたいですね^^
ではまたお伺いしますね♪
Commented by シンシア at 2014-10-21 23:18 x
こんにちわ~

手作りで何かを作る・・・・・って何でも楽しいですね、まして
焼き物はちょっと時間がかかるから出来るまでの待つ楽しみ
もあったりして・・・・・・・
「歴史の裏街道」・・・・・・読み出したら止まらなくなりそう・・・・・
Commented by BBpinevalley at 2014-10-23 09:42
june-anさん、
ガラスは焼き上がりましたから、そのうちまたアップしますね。

本は、しょっぱなから面白い逸話が満載です。
これは、歴史人物のゴシップのようなもので、なかなか面白いです。
日本語に訳されるかしらね。
Commented by BBpinevalley at 2014-10-23 09:43
boris123さん、
お久しぶりです。
ガラスは、さっき焼きあがったのを見せてもらいました。
今度アップしますね。
またやりたくなりました。
Commented by BBpinevalley at 2014-10-23 09:54
eggplantさん、
出来上がりを見ると、おっしゃる通り、ふりかけがとろけていました。
適当に気泡も入っていて、良かったです。
娘のは、陽にかざすとラメがキラキラして綺麗でした。
Commented by BBpinevalley at 2014-10-23 09:56
オレさん、
オリンパス、私も昔使っていました。
もちろんフィルムの頃のことです。
レンズが良いんですよね、オリンパスって。違いましたっけ?
ノートに書き留めて、日本に帰ったら「ヨドバシカメラ」に行ってみます!
Commented by BBpinevalley at 2014-10-23 10:02
ボヤントさん、
前夫は、現在の夫君とは似ても似つかず、「アタマ」の中に住んでるタイプです。
インテリジェンスの塊ですけれど、電球一つ変えられないと思います。
(日本語も読んじゃうので、ブログアドレスは教えナイ)
ガラスは、平たく焼き上がりましたが、私のはお皿型に入れて、もう一度焼きます。
いい感じに仕上がりました。
ふりかけ、トロって感じ。
Commented by BBpinevalley at 2014-10-23 10:04
tamataroさん、
展示会だなんて、とんでもない。
娘以外、ガラスなんて切ったこともない者ばかりの集まりでした。
でも、とても楽しかったです。
またやりたいです。
Commented by BBpinevalley at 2014-10-23 10:05
akdenizさん
ステンドグラスをされていたんですね。
なんでも造ることは楽しいです。
私は、長く彫金をしていましたが、またやりたいと思いながら今日になっています。
ガラスは焼き上がりました。
またアップしますね。
Commented by BBpinevalley at 2014-10-23 10:08
kys−gさん、
え〜、釜が同じなんですね。
今日、下に行ってみてみると、ドイツ製だと思うといっていました。
クラフトって、楽しいですよね。
またしたい。
出来上がり、またアップしますね。
Commented by BBpinevalley at 2014-10-23 10:10
miyabiflowerさん、
トロッと溶けたようなふりかけに仕上がりました。(笑)
ガラスは大好きでも、造ることには興味がなかったのですが、なかなか楽しいものですね。
参加して大正解でした。
Commented by BBpinevalley at 2014-10-23 10:17
sftotokyoさん、
ようこそ〜
そうですね、オークランドと日本語で書くと、どこのオークランドかわからないですよね。
ニュージーランドは田舎ですが、良いところですよ。
若い方で、アウトドア系でもなければ、退屈かもしれませんが。
ふりかけガラスは焼きあがったので、またアップいたします。
Commented by BBpinevalley at 2014-10-23 10:19
シンシアさん、
ほんと、何かを手で作るのって楽しいですね。
最近、コンピューターにばかり向かっていて、こんな時間がなかったので、余計かな。
例の本は、歴史人物のゴシップ満載で、すごく面白い。
おすすめです。
Commented by fsnote2 at 2014-10-24 09:11
ガラスアート、素敵ですね!
私も危ないイメージを持っていたので驚きです。
作品の出来上がりが私も楽しみです。
Commented by BBpinevalley at 2014-10-25 03:45
fsnoteさん、
最初、ちょっと怖いかなって思うだけで、あとは平気でした。
また参加したいなと思います。
すぐ下なので、それも便利。
Commented by YuccaR at 2014-10-25 08:22
さすがアメリカで、ガラス作品が垢抜けていますね。
こういうガラス教室なら私も参加したいなあ。
すぐ近くで良い教室に出会えましたね! ご縁ですね。
Commented by BBpinevalley at 2014-10-25 11:20
みんな初心者でしたので、シロウトの大胆さというやつかな。
同じ建物の中にいるので、レッスンに通うのも簡単だから、やるしかないですよね。
次のセッションがたのしみ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< アップルストアーに通う/Fre...      春の便りを聞きながら、秋に浸っ... >>