アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 11日

アラン・ギブスの彫刻ファーム/ Alan Gibbs' Sculpture Farm


e0310424_07013352.jpg

ニュージーランドへの出発を来週に控えて、雑用に追われ、気ばかり焦る毎日になっています。

記録したいような面白いイベントは皆無で、シンバの散歩時にホッと息を入れ、かろうじて正気を保っている現状。


Just a week left before my departure for New Zealand, I am swamped with stuff to do.
The only time to unwind is when I walk Simba around my neighborhood.












e0310424_07021777.jpg

で、雑用を書き連ねても仕方がないので、息抜きも兼ねて、ニュージーランドの素晴らしい野外彫刻ファームをご紹介することにします。

以前、Yahooブログの時にもアップしたことがあるのですが、リピートする価値のある驚くべきコレクション。

放し飼いの動物もたくさん居て、ちょっとした動物園のようでもあります。

No point to go over the list of my chores, I decided to write about the great sculpture garden in New Zealand.
I actually had upped it on my Yahoo blog some time ago, but it is worth the repeat.













e0310424_07044541.jpg

ニュージーランドでも有数の富豪、アラン・ギブスが所有するこの1000エーカーのファームは、オークランドから北、約60キロの西海岸沿いに位置。

カイパラ・ハーバーを臨んでいますから、私たちのシェリービーチ・ファームのご近所と言えます。

年に何度か公開されますが、招待客以外は、オンラインで申し込まなければなりません。

"Gibbs Farm" is owned by Alan Gibbs, one of the wealthiest New Zealander. Span of a thousand acres, about 60 kilometers north of Auckland.
It looks onto the Kaipara Harbor that our farm is rimming, so you could say that we are neighbors now.
Gibbs Farm is open for the public several times a year, but you have to apply for entry unless you are somehow invited.













e0310424_07045418.jpg

とにかく広くて、売店があるわけじゃなし、水を持っていかなかったのは大失敗でした。

これは、ニール・ドーソンの作品。

遠くから見ると、透き通っていながら立体感がありますが、実は平面で、反対側に抜けて遠ざかってから振り返ると、また立体的に見えるんです。

It is not exactly made for the public, meaning there are no tour buses, walk-ways, or shops. You are pretty much on your own to explore this vast green land to find and admire art work.
It was a big mistake that we did not bring trekking staff and water.
The above piece is by Neil Dawson. It looks three dimensional from afar but it is actually a flat piece.
When you go over the hill and look back, it again gives you the 3D feel only this time with the reverse image with a different background view.












e0310424_07052855.jpg

こちら、アニシュ・カプールというインド人の彫刻家による作品ですが、これまた巨大で、カメラに収めきれないほど。

This one is by an Indian sculptor called Anish Kapoor.
It is so huge that you need to back off so much to view the whole thing.












e0310424_07054452.jpg

素材は何なのか、ちょっと弾力性のあるラッパのような感じ……

It is made of a rubber-like material and looks a little like a trumpet.












e0310424_07055328.jpg

自然そのものの周りの風景と、異様なジャクスタボジションを見せていて、それがまた面白い。

人が一緒に視界に入ると、ガリバー旅行記の感覚です。

Juxtaposition of art and nature is powerful.
I felt so small as if being thrown into Gulliver's world.












e0310424_07061060.jpg

これも美しかったですね、丘の上にそびえていて。

This one on top of a hill was beautiful as well.













e0310424_07061716.jpg

この柵も、実はアートなのだそうです。

This fence is also a sculpture.













e0310424_07322808.jpg

そして、かのリチャード・セラの作品。

延々と続く鉄の壁です。

いったいどこで製作して、どうやって運んできたんでしょうね。思わず費用のことを考えてしまった……

Then, of course, the iron work by Richard Serra.
Unless you were in the sky, it was diffidult to take the photo of this endless wall in its entirety.
Where on earth had he created this and how was it carried over here?











e0310424_07323578.jpg

他にもたくさんの作品が有り、高いところからは場所も見えているのですが、そこまで歩く気力を失った私たちでした。

あ、でも、もう一つ。

There were many more interesting works to look at but we were simply exhausted to continue on.
Oh, but here is one more.
*
*
*









e0310424_07025942.jpg

さて、どちらが彫刻で、どちらが本物のキリンでしょう?

  Which one do you think is the real giraffe and which one is a sculpture?










[PR]

by BBpinevalley | 2014-12-11 11:52 | オークランドのご案内 | Comments(36)
Commented by fsnote2 at 2014-12-11 12:03
ほんとーーーーーーに!!素晴らしい野外彫刻ファームですね。
その広さとアートの素晴らしさとデカさ!に”おお~”の声が出ました。
こんなのがオークランドにあるとは!
楽しそうで気持ちよさそうで行ってみたいです。
本物のキリンさんは・・・・・わかりません;
Commented by さっちゃんNZ at 2014-12-11 12:54 x
ひょえ〜〜〜!こんなところがあるのおおおお???
野外アートギャラリーは、例のワイナリーしか知りませんでした。行ってみたい!!!
Commented by parisrue5cafe at 2014-12-11 13:05
この大自然の中だから…
生きて来る作品なんでしょうね。
大きさも、形も、小さなわくに収まらない…
ガリバーようですね、自分が小さな人間の様で…
歩いて、…歩いてみる美術館…この広大な広さは…
日本にはできないのでしょうね。
そして、作品をこんなに綺麗な映し出している写真を
みせていただいたら…
お水を持ってこの中を歩いてみたいなぁ〜と…思いました。

Commented by ei5184 at 2014-12-11 18:31
初めまして、ちょっとそこまでの ei です。イイネ!をありがとうございました。
凄い処ですね~! これ、個人の所有地なんですか?
スケールの違いに驚かされました!!
貴方のスケールも凄そうですね! 世界を股に駆けておられるような(笑)
Commented by BBpinevalley at 2014-12-12 05:21
fsnoteさん、
あまり知られていないようですが、知られても困るのかな、入場が限られているから。
アート愛好者の間では、よく会話に登ります。
私も、想像を超えるインパクトで、驚きました。
もう一度、水を携えて、ゆっくり行きたいですね。
手前が本物のキリンです。
Commented by BBpinevalley at 2014-12-12 05:23
さっちゃん、
まぁ、先輩、ご存知なかった?
例のワイナリーの100倍くらいの規模でしょうか。
呆れるばかりのヴィジュアル・インパクトです。
是非、行ってみて。
Commented by BBpinevalley at 2014-12-12 05:28
parisrue5cafeさん、
確かに、自然の中にあるから素晴らしいんだと思いますね。
リチャード・セラなど、どんなに大きな美術館で見ても、この感じは出ないです。
日本でも、阿蘇なんかだと可能ではないでしょうか?
北海道とかね。
ギブス・ファームでは、毎日24人の人が芝刈り機に乗って働いているそうです。
ご友人を泊めるのか、家が5〜6件、良い位置に建っていました。
Commented by BBpinevalley at 2014-12-12 05:43
ei5184さん、
ようこそ〜
アラン・ギブスさんという人の持ち物です。
本人は、だいたいはロンドンに住んでいるようですが、元々はニュージーランドの人です。
水陸両用の自動車を開発し、各国の軍などに卸しているようです。
私たちは、いまさら農民を目指している一市民。(笑)
Commented by imadate1914 at 2014-12-12 09:34
すごいですね!
超ダイナミック!
日本じゃありえないですね。
見て見たいです(^o^)
Commented by BBpinevalley at 2014-12-12 16:05
imadateさん、
観光客にはほとんど知られていないようですが、野外アートでは、これまで見た中で最高でした。
環境との対比が面白いですよね。
Commented by teamikiraku at 2014-12-12 16:23
彫刻、屋外なので雄大な感じがいいなー
↓の写真は、ほんとに素晴らしい!
Commented by tamataro1111 at 2014-12-13 09:57
こんにちは。
もうニュージーランドへ。。来週でしたか。! ?
のどかに自然公園です、?? スケールの大きさに
ただ感動しました。
↓ すばらしい写真とても良く撮れているので
感心しました。
Commented by p-bluepaper at 2014-12-13 13:43
スケールが大きくて、見ごたえありそう。
開放的になりたくなくても、気持ちが広がりそう…。
ちまちまウサギの寝床のニッポンじゃ考えにくいオブジェですね。
むこう(奥)がオブジェかな?!
NZ、楽しんできてください。
Commented by kimagure-dog at 2014-12-13 15:38
こんにちは
いつもイイネ、ありがとうございます。

凄い!
スケールの大きさにびっくりしました。
こんな広いところで、ゆっくり鑑賞できるのなら、ネットでも申し込みが多いでしょうね。
しっかり、お弁当や飲み物持って、行きたいですね。
Commented by tablemei2 at 2014-12-13 20:29
こんにちは〜♪
イイねをありがとうございました。
自然と一体化した素晴らしいアートですね!
近くで体感したいです(*^^*)
Commented by hanapepelife at 2014-12-13 21:26
こんばんは♪
お久し振りです。
今はまたニュージーへ帰られてるんですね。
広大な敷地にアートのオブジェがとても素敵ですね。

娘は今ニューリンに住んでいます。
来年の2月には私もオークランドへ娘に会いに行きます。
今から楽しみにしています。
Commented by janto at 2014-12-13 22:56
え~っと、手前がホンモノで、向こうが彫刻???
素晴らしいアートにも驚きですが、動物にも興味津々です^^
私の住んでいる地域の近くでも、「大地の芸術祭」というものがあり、自然の中にアート作品が飾られているのですが、スケールが違いますね。
全部見るためには、体力も必要ですね^^;
Commented by organvita at 2014-12-15 16:40
すごいーー!ここ行ってみたいです!
この近くにも似たようなコンセプトの草原があるんですが、っそちらはやっぱり全然規模が違いますね。作品も素敵☆
ニュージーランド出発ですね。よいクリスマスを!!
またニュージーランド便り楽しみにしています☆
Commented by pc-otasukeman at 2014-12-16 16:44
ブロ友パソコン相談室に「イイネ」を頂きありがとうございました。
こちらにお邪魔して素晴らしいブログに巡り会えて良かったです。
快適なパソコンライフをご一緒に楽しみましょう。
       パソコンお助けマン
Commented by kero2y at 2014-12-16 18:49
日本にも瀬戸内や新潟県の十日町を中心とした地域などで自然の中にアート作品を展示して、調和や融合を試みる芸術祭はありますが、箱庭的な日本の風景に置くのとはまた違ってこちらは展示物も風景もスケール感がありますね。
Commented by kys-g at 2014-12-21 21:39
今晩は
大きい!
広大な土地には大きなオブジェが映えますね
私はスカーフが風に揺れているように見える
のが好きです
雲の流れが模様みたいで飽きずに見ていられそうです 
(*^_^*)
Commented by BBpinevalley at 2014-12-22 17:03
teamikirakuさん、
そのニュージーランドに来ています。
下の写真を撮ったステイシーも、クリスマスはうちに泊まりに来ます。
褒めていただいたこと、伝えておきますね。
Commented by BBpinevalley at 2014-12-22 17:06
tamataroさん、
お返事が遅れてすみません。
ニュージーランドに着きました。
この野外彫刻ファームは、意外と知られていないのですが、ニュージーの誇れる場所だと思います。
写真はiPhoneです。
結構撮れるでしょ。
Commented by BBpinevalley at 2014-12-22 17:10
おかきさん、
こういうアートの楽しみ方もあるんだなと、感心させられる場所です。
なにも、有名建築家の作った建物の中だけが、アートの棲家ではないわけですね。
久しぶりのニュージー、気持ちの良い夏で、楽しいです。
Commented by BBpinevalley at 2014-12-22 18:31
kimagure-dogさん、
ようこそ〜
お返事も書けないまま、バタバタとニュージーランドにやってきました。
こちらは、日本より面積では狭い国ですが、人が少ないので、広々と感じます。
この彫刻ファームも、ニュージーならではですね。
次回行くときは、お水と食べ物を持っていきたいです。
Commented by BBpinevalley at 2014-12-22 18:38
tablemeiさん、
ようこそ〜
出発準備で忙しく、ブログもサボり、お返事も書けなくて、とうとうニュージーに着いてしまいました。
こちらは夏で、気持ちがいい気候です。
また、素敵なテーブルアイテムも見せていただきに上がりますね〜
Commented by BBpinevalley at 2014-12-22 18:42
hanapepeさん、
お返事遅くなって、すみませ〜ん。
このブログを書いたときは、まだサンフランシスコに居たのですが、その後バタバタと忙しく……
お嬢様はニューリンにいらっしゃるのですね。
昔、陶器で有名だったところです。
2月に行かれるとのこと、時期も良いし、楽しんできてくださいね。
Commented by BBpinevalley at 2014-12-22 18:46
jantoさん、
アッタリ〜
そうです、手前が本物。
このファームのオーナーは、アンフィビアンという水陸両用の車を開発するなど、事業面でも先端を行く人です。
動物は、ほとんどが放し飼いで、囲いの中にいるキリンなんかも、簡単に撫でたりできるようになっていました。
楽しいファームでした。
Commented by BBpinevalley at 2014-12-22 18:52
organvitaさん、
お返事も書けないまま、出発の準備にバタバタしながら、ついにニュージーに来てしまいました。
こちらは夏で、気持ちの良い気候です。
明日はブログが書けるかしら……(お客様が多くて大変)
そちらの本場のクリスマスも楽しみです。
Commented by BBpinevalley at 2014-12-22 18:54
パソコンお助けマンさん、
こちらこそ、パソコン緊急時に助けていただけそうなブログに巡り合えてうれしかったです。
今後とも、よろしくお願い致します。
Commented by BBpinevalley at 2014-12-22 19:00
kero2yさん、
自然の中に芸術作品を置くというのは、面白いアイデアですよね。
風雨にさらされるので、作品のタイプは限られますが、風雨にさらされることで変化していくのを見るのも面白いです。
広々とした周りの風景に溶け込んで、眺める方も気持ちがいいです。
Commented by BBpinevalley at 2014-12-22 19:03
kys−gさん
確かに、周りが広大だから、大きなものが眺めやすくて、すごく気持ちが良かったです。
自然も一緒に目に入ってくるから。
私も、あのスカーフみたいなの、結構好きでした。
どこから見ても面白い感じで……
Commented by surgeon24hrs at 2014-12-24 03:59 x
こんにちは。

ひょえー、こりゃまたスゴイ広さと大きさですね!
日本でも自然と彫刻の融合を謳った美術館はありますが、この規模には圧倒されます!

行って見たーい!!    : )
Commented by ♥ junjun at 2014-12-24 23:05 x
♪1000エーカーのファームって、凄いですね。
しかも個人所有。
青空に 芝生の緑 そして楽しい作品の数々。
この広々した場所で の~んびりするの サイコ―ですね。
きりんは 両方とも本物じゃ無いかな?
Commented by BBpinevalley at 2014-12-30 07:56
surgeon先生、
ここ、すごいでしょ。
今まで見た野外彫刻園の中でもダントツです。
広々とした自然の中で見るアート、こんなに雄大なものとは知りませんでした。
おいでくださ〜い!
Commented by BBpinevalley at 2014-12-30 07:58
junjunさん、
一般公開も、お金を取るわけじゃなし、全くの道楽だからすごいですよね。
毎日、24人の人が芝刈りしているそうです。
見せていただく方としては、ありがたい限りです。
キリン、手前が本物で〜す。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2014年、ニュージーランドで...      ステイシー、素晴らしい写真家に... >>