アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 24日

シンバをニュージーランドに返そうと思ったら……/ Trouble Brews with Simba's Trip to New Zealand

e0310424_09571481.jpg

誰かが石ころで作った迷路を、シンバと娘が歩いています。

ある日のドッグパークでの風景。

Someone made this maze with pebbles and Simba and my daughter are walking through it.
A scene from a dog park the other day.









e0310424_09553667.jpg


e0310424_09551336.jpg


そのシンバを、今回一緒にニュージーランドに連れて帰ろうとしたのですが、彼の入国許可が降りるのには、なんと6ヶ月もかかることが判明。

ニュージーランドは狂犬病フリーの国ですが、アメリカはそうじゃないんですって。(色々な野生動物が狂犬病を持っているそうです)

だから、狂犬病の予防注射をしてから完全に免疫ができるまで、ニュージーランドには入国できないのです。

We wanted to bring Simba with us back this time to New Zealand, but it turned out he has to wait 6 months to even enter the country.
Since America is not a rabies free country, he has to get a shot and wait for that long to prove that he is free of rabies.
Yes, New Zealand is rabies free.










e0310424_09562655.jpg


でも、私たちは、娘の学校があるから旅立たざるを得ない。

すったもんだの末、シンバはとりあえずシッターさんのところへ行き、2月末に夫が帰国してシアトルの友人の所まで連れて行くことになりました。

そこで7月の出発まで過ごすのです。

悲し〜

Neverthless, we have to leave because my daughter's school starts.
Simba has to stay at our friends house for a while.
We'll miss him so much……











e0310424_09564472.jpg


ある日の私の朝ごはん。

冷凍してあったパンケーキに、ブルーベリーソースをかけただけ。

毎日、出発の準備に明け暮れていて、ゆっくり食事したりすることがなくなりました。


So busy with packing and preparing for the trip to New Zealand, we can't sit and enjoy our meals together much.
I just defrosted my frozen pancakes and poured blueberry sauce over. 10 minute breakfast.









e0310424_09565109.jpg


出発まであと一週間ほどになり、なんとも落ち着かない。

今度は半年くらいアメリカに帰らない予定なので、準備も大変。


Now with only one week to the departure, I am feeling extremely restless.
This time we are not planning to come back till June, I have to think a lot about what to finish here and what to bring there.











e0310424_09565991.jpg


こういう忙しい時に限って、ふと亡き父母のことを思い出したりします。

古い家の雨戸を開け閉めしている音だとか、庭を掃いている音だとか、妙なサウンドトラックと一緒に思い出すから不思議です。


Whenever I am pressed and busy, somehow I think back to the times with my parents.
I think of them together with the most mundane scenes and sounds of shutting old windows or leaves being swept in the garden.










e0310424_09573899.jpg


改装中の建物を囲む板に絵を描いている人がいました。

「なぜ絵を描く?」「そこに板があるからだ」…… そんな感じですかね。


I saw a young man painting on a panel covering a building under construction.
Every wall and every panel is a canvas in this city.









[PR]

by BBpinevalley | 2015-01-24 17:58 | アメリカ生活 | Comments(22)
Commented by nagako1953 at 2015-01-24 20:18
こんばんは
動物の検疫は時間がかかって大変ですね
狂犬病はかかると大変なこわい病気だから厳しいのでしょうね
半年も税関に止められていたら鬱になってしまいそうで可哀想
Commented by fsnote2 at 2015-01-24 21:42
ペットの引っ越しはオーナーもペット自身も大変と聞いていますが
国によっての差もいろいろあって本当に大変なんですね。
暫くのお別れ、寂しいですね;
いや~、出発間近でお忙しそう!
無理をなさらぬ様、御身体ご自愛くださいね。
またNZからのUpを楽しみにしています。
Commented by kys-g at 2015-01-25 11:41
お早う御座います
国によって動物の扱いも随分と違うのですね

お忙しいと思いますがお食事は
栄養バランスにおきをつけて食べて♪♪ください(*^^*)
Commented by さっちゃんNZ at 2015-01-25 19:01 x
そっかあ〜シンバも大変だね〜。でもきっと大丈夫だね!
気をつけて帰って来てね〜
Commented by BBpinevalley at 2015-01-26 07:06
nagakoさん、
ニュージーランドは、日本と同じで狂犬病フリーの国だから、入獄が厳しいです。
半年間、税関に居なくてもよいのですが、アメリカ国内に留めておかなければなりません。
私たちは2月1日に出るので、お友達やシッターさんのところに行きます。
Commented by BBpinevalley at 2015-01-26 07:08
fsnoteさん、
もっと前から調べておけばよかったと思いました。
犬の寿命のうちの半年は、とても長い時間だから、その間離れるのは辛いです。
特に大型犬は長生きしないというし……
酵素を飲んで、手洗いをし、風邪をひかないように頑張っています。
また、ニュージーからね〜〜
Commented by BBpinevalley at 2015-01-26 07:10
kys−gさん、
そうですね、ちゃんと食べるものを食べないとね。
夫が居ると割とちゃんと作らざるを得ないのですが、娘と二人だと適当に……
イケマセンね。ご忠告ありがとうございます。
Commented by BBpinevalley at 2015-01-26 07:12
さっちゃん、
まったく私たちのような親にもらわれたばっかりに、シンバも大変だわ。
大丈夫なことを祈って、ニュージーでの再会を心待ちにしています。
Commented by tamataro1111 at 2015-01-26 08:27
お早うございます。
動物に対する考え方、国によってこんなに違いがあるのですね。まったく知りませんでした。。。??
↑ 一枚目の写真。。。まるでアンデス山中かと
思ってしまいました。。。( 笑 )
Commented by parisrue5cafe at 2015-01-26 13:31
家族なのに、連れて行けないのはショックですね。
私は今いぬと一緒の日常なので、どうしたら良いのか
途方にくれると思います。
お子さんの事、違う国、お仕事、そして、思う日本の両親のこと
心の中と、しなくては行けない行動で、大変だと思います、
お体には気をつけて頑張って下さい。
Commented by yarey at 2015-01-26 19:52
こんばんは(^○^)
本当にいい写真が多いですね。
さりげない日常なのに、絵になりますよね。
外人が見た日本って、どんな風景に興味があるんだろうって考えてしまいますね。

Commented by CarolineIngalls at 2015-01-27 19:51
またニュージーランドに戻られるんですね~。
わんちゃんは、飛行機の移動も大変そうですよね。
飼い主と一緒にいられるといいですけれど、そうもいかないでしょうし。
離れ離れの半年は、さぞ長く感じられることと思いますけれど、ご家族もシンバちゃんも元気に再会されますように。
ご両親のことが、ふっと日常の音やらで思い出されるとのこと、よくわかります。
私は、ふっと香る香りなんかでも、いろんな思い出が蘇ってきます。
最近よく思い出してる思い出が、古いアルバムをひっくり返して見たら、何と2歳のころのことだったとわかって、自分でもびっくり。
古い古い記憶だったのだなぁと。
さっき言われたことは、すっかり忘れちゃったりしてるのに・・(^_^;)
Commented by BBpinevalley at 2015-01-29 12:24
tamataroさん、
私も、ペットの渡航に関しては無知でした。
もっと早くから調べておけば良かったです。
ニュージーランドから出国させた時もややこしくて高いと思いましたが、入国はもっと難しくて、さらに高いことがわかりました。(痛)
Commented by BBpinevalley at 2015-01-29 12:31
parisrue5cafeさん、
シンバのことは、私もショックで寝込みそうでした。
でも、どうあがいても仕方がないことなので、なんとか解決法が見つけられて良かったです。
ストレスがかさむと抵抗力が落ちて病気になりやすいですよね。
とても気をつけて、なんとかニュージーランドに着くまで持つように、心がけています。
ありがとう。
Commented by BBpinevalley at 2015-01-29 12:36
yareyさん、
日常をiPhoneで撮る…これに徹しています。
そんな時間しか見つけられないので。
でも、良い記録になりますよね、ブログは。
外国人は、古い日本の姿に惹かれるみたいですね。京都みたいな。
Commented by BBpinevalley at 2015-01-29 12:45
CarolineIngallsさん、
生き物を飼うというのは大変なことですね。
ペットにもパスポート制度を適用すれば、渡航の際に焦らなくても良くていいかも。
シンバには6月末まで会えないと思うと、とても悲しいです。
Carolineさんも、よくご両親のことを思い起こされるのですね。
なんでもない日常が一番懐かしく思い出されます。
普通の日々が、本当に幸せな時だという証拠ですね。
香りなんかも、その日常の大切な備品だったんですね。
Commented by ごみ at 2015-01-29 14:28 x
シンバさん、早くNZで一緒に暮らせるとよいですね。私と娘も早くて9月、遅くとも来年の4月にはNZへ。我が家のフレンチブルドッグは14歳。無事渡航出来るかどうか…です。
Commented by kaguyawing at 2015-01-29 21:45
BBpinevalleyさん、こんばんは。
私の拙いBDを見てくださってありがとうございました。
シンバちゃんと一緒に過ごせるようになるまで長い時間が必要なのですね。
シンバちゃんも寂しいでしょうね。
私も留守をするときはシッターさんにお願いしていますが、シッターさんとは大の仲良しです。
お忙しいと思いますがお身体お気をつけくださいね。
Commented by ♥ junjun at 2015-01-29 22:14 x
♪ペットの移動って 大変なんですね~
6月まで会えないだなんて...シンバちゃん可愛そうな気が~、
早く一緒になれればいいね^^

建物を囲む 板塀に書かれてる絵は 時にビックリするくらい上手で
悪戯じゃ無く アートって感じがしますね、チェジュも多いですよ^^
Commented by BBpinevalley at 2015-01-30 10:50
ごみさん、
14歳ですか、長寿ですね。
先日、14歳のリッジバックを見たのですが、毛もかなり白くなっていたけれども元気に歩いていました。
初めて長寿のリッジバックを見て、なんだか嬉しかったです。
ニュージーでお目にかかれるの、楽しみにしています。
Commented by BBpinevalley at 2015-01-30 11:02
kaguyawingさん、
ようこそ〜
動物をファミリーの一員にするということは、大変なことですね。
国境を越えるのは、人間よりも大変だし。
今回は、離れ離れになるのが長いので、とても寂しいです。
また、遊びに来てくださいね。
Commented by BBpinevalley at 2015-01-30 11:10
junjunさん、
ほんと、ペットの移動の大変なのには閉口しました。
シンバは2月末から2週間ほど夫と一緒に過ごせるのですが、そのあとシアトルに6月末まで行きます。
私と娘は、この土曜日を最後に、6月末まで会えないわけです。
悲し〜〜〜
シンバを真似て、遠吠えしたくなります。

韓国にも壁画が多いんですってねー。いつか見に行きたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ストリートアートと火事/ St...      ガソリンの値段とタンゴ/ Ga... >>