アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 02日

え、どなたかお客様?/ "Is Someone Home?"

e0310424_13410516.jpg


どなたか戸口にいらっしゃる〜

あのシルエットは確か……


Who's at the door?
He looks kind of familiar……
















e0310424_13412796.jpg


孔雀さんに訪問していただけるとは思いませんでした。

夏で長い尾っぽがすっかり抜けてしまって、ちょっと貧相な孔雀さんでしたけれど。

まだ大工さんが出入りしているので、あちこち開け放しているため、いろんなお客様がアリマス。


It was a peacock, of course. He lost all his beautiful tail feathers in the summer and looks a little like a fancy chicken....



















e0310424_13421271.jpg


こちら、ご存知、ダッチオーブンです。西部劇などで、オープンファイヤーにかけて、よく煮炊きしているアレです。

最近、アメリカはキャストアイロン(鉄鍋)ブームで、レストランや家庭でリバイバルしています。

Here is a Dutch Oven from the US. This was really handy when we just moved in and could not use the conventional oven.
It cooks virtually anything.
Cast iron cookwares have made a strong comeback in American homes and restaurants in the past 15 years.
















e0310424_13451736.jpg


アメリカでこのキャストアイロン鍋を独占的に製産しているのが、テネシー州のロッジという会社です。

ロッジは、もう鉄鍋の別名みたいなものです。

そのロッジが出した二冊目のクックブックを、訳すことになりました。


Lodge manufacturing Co. in Tennessee is the sole manufacturer of American cast iron cookware.
In 2013, they published their second cookbook called "Cast Iron Nation", which I am translating at the moment.
















e0310424_13453824.jpg


とにかく、キャストアイロンのフライパンとダッチオーブン鍋があれば、大抵のものはできてしまうんです。

だって、開拓時代のアメリカには、これしかなかったんですものね。

しかし、ページ数、多いな〜〜、なんだか逸話とかたくさん差し込んであるし、大変そう〜〜(涙)


Very useful recipe book. It would make a wonderful gift to any cook.
But it is quite hard to translate, with so many pages and anecdotal writing which often stem from everyday American life.


















e0310424_13460378.jpg


話はあちこちに飛びますが、さて、これはなんでしょう?

当たり〜、今年の干支の羊さんの成れの果てです。

ここに越してきたとき、ベランダにさりげなく置かれていました。

田舎に来たな〜、と思った次第。

I found this on the deck of our current house when we moved in.
It is the scull of a sheep.
I couldn't help shifting my gaze to the sheep in our paddock and feeling that we are really in the country.

















e0310424_13470751.jpg

今日も、田舎に来たな〜というシーンに出くわしました。

逆光をまぶしく感じながら運転していると、ややや、何か黒いものが道をふさいでいる。


This is a scene from this morning. I could not see very well in the beggining because the sun was in my eyes, but I had to stop for this obstacle on the road.


















e0310424_13472539.jpg


もちろん牛の群れでしたが、迫ってくるようで怖かった。

車を止めて唖然としていると、早く行けと怒られてしまった。

しっかりしなくちゃ、ワタシ。


They were cows moving across the road.
One of the cowboy yelled at me to drive on but it was a bit scary……
I better get used to this kind of stuff here.








[PR]

by BBpinevalley | 2015-04-02 15:15 | ニュージーランドの生活 | Comments(40)
Commented by misarin-1126 at 2015-04-02 16:02
雀さんに訪問に・・・羊さんのシャレコウベ^^:
牛さんの横断は普通お目にかかれませんよね(笑)

此方信州の田舎では、雉にリスたまに猿に出会います(笑)
ダッチオーブンでの料理美味しそうですね!
Commented by tamayam2 at 2015-04-02 16:40
♡ BBpinevalleyさん、
いつも楽しい話題をありがとう!
すてきなお客さまですね。
驚き、うれしさ、戸惑い・・・いろいろな
思いが伝わってきます。いいなぁ~こういう
自然。日本は、今花の見ごろを迎えて、あちらでも、こちらでも、
花見の話題で湧いておりますですよ。
春はいいなぁ~
Commented by tori-cham at 2015-04-02 16:58
日本にずっと住んでいる私にとってはあまりに「非日常」の
景色に驚くばかりです。と、ともに「世界は広いんだな~」と
感心しています。記事を拝見させていただいているとなんだかワクワクもします^^
Commented by stchild0122 at 2015-04-02 17:20
クジャクが普通に家の前に・・・
これは私ならかなりおののきます。
入ってこないでね~って祈るしかないな。
最近友人がストウブのお鍋がいいよ~ダッチオーブンみたいなのと言っていました。
あぁ欲しいの我慢してるのにまた欲しくなってきました。

Commented by p-bluepaper at 2015-04-02 17:37
テレビの中の世界です。
身を置いてみたいですが、この上州からは出られそうにも無く、憧れますぅ。
クジャクさん、スケールが違いますね。
悪戯はしないのかしら?懐いたりするのかしら??
Commented by kero2y at 2015-04-02 18:10
そそ、この前テレビでやってましたが
ニュージーランドの牧場、牛を飼ってる所が増えてるみたいです。
羊より儲かるらしくって。
日本のお隣の国の経済成長で牛肉の需要がどんどん見込める?のだそうです。
Commented by doronko-tonchan at 2015-04-02 20:13
孔雀の訪問など、普通は孔雀(99)%有り得ません!(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-04-02 20:57
こんばんは

その、↑「99」じゃなかった、孔雀さんは、勿論野生ではなくて、
ご近所の方が飼ってらっしゃるんでしょうね。
長い尾羽はなくとも、色はあざやかだし、華やかですね。

この写真を見てちょっと飼ってみたくなりました。
羽根を広げたら写真を撮るとか、音楽をかけたら踊るかどうかとか、なんか楽しめそうです。
Commented by ei5184 at 2015-04-02 21:32
ダッヂオーブン、しかもロッジ製とは懐かしい!
子どもが小さい頃カナディアンカヌーを車の屋根に載せて、
信州から四国四万十川まで川下りを!
テント泊やコテージに泊まり、ダッジオーブンで料理を楽しみました。
しかし、間違っても孔雀は料理していません(笑)
Commented by janto at 2015-04-02 23:15
こんばんは♪
なんだかワクワクするような光景が広がっていますね^^
でも、孔雀!
玄関にいたらどうしよう(笑)
以前、保育園で働いていた時、孔雀飼っていました。交代で餌当番が回ってくるんだけど、その孔雀、かなり気が強くて私たちを威嚇するんです^^;
恐くて、それ以来孔雀が嫌いになりました(笑)
お写真の孔雀さんは、おとなしそうだけど・・・?
Commented by surgeon24hrs at 2015-04-03 04:13 x
こんにちは。

わー、これは凄い光景ですね。こんなに豊かな自然に囲まれているなんて! これから先、どんなものが見れるのか、楽しみですね。  : )
Commented by chantake123 at 2015-04-03 05:54
コメント入れていただき、ありがとうございました!
それ以来ちょくちょく拝見していますが、
孔雀に牛にポニー↓に。
日本ではお目にかかれない日常を楽しませてもらっています。
ダッチオーブンで外で料理して食べたら、おいしいでしょうね♪
お気に入りにも登録させていただきました。
こちらは拙いブログですが、また見ていただければ幸いです。
これからも、宜しくお願いいたします。
Commented by BBpinevalley at 2015-04-03 06:42
misarinさん、
ニュージーランドで出くわす動物は、みんな優しい動物ばかりです。
アメリカでは、都市圏でもコヨーテやラクーン、ちょっと田舎に行けば、山猫やワニや蛇、下手するとクマ。
ちょっと怖いです。
お猿さんは日本だけかな〜
Commented by BBpinevalley at 2015-04-03 06:45
yamayamさん
私も、ブログで日本のお花見を楽しませていただいています。
どちらのページも花盛り。
もうすぐ東京へ向かうのですが、そのころには散っているでしょうね。
ザンネン。
田舎生活には驚きが多く、毎日楽しませてもらっています。
学ぶことも多いです。
Commented by BBpinevalley at 2015-04-03 06:47
tori-chamさん
おはようございます。
アメリカでは、都市圏でもいろんな動物に出くわしたのですが、ここではまた種類が違っていてオドロキです。
みんな凶暴性のない動物ばかりで、それが嬉しいです。
Commented by BBpinevalley at 2015-04-03 06:49
stchildさん
アメリカでも、街中で、いきなりクジャクに飛び出されたことがありましたが、たいていは飼われていたものが野生化したらしいです。
この子も、普段はファーム内に居るのですが、時々気晴らしにご近所を回っているみたい。
ダッチオーブン、鉄分も取れるし、最高ですよ〜
Commented by BBpinevalley at 2015-04-03 06:51
おかきさん、
孔雀はいたずらはしないですね。
でも、結構シャープな顔をしています。
秋も深まって羽が美しく揃えば、また記念写真を撮ってあげたい〜
もう一羽いたのですが、あの子はどうしたのでしょう……
Commented by BBpinevalley at 2015-04-03 06:53
kero2さん
そうなんです、よくご存知ですね。
でも、牛は水がとても必要で、普通の牧畜だとケミカルも大量に使うので、エコではありません。
うちは、その点、完全なバイオ農業だし、糞転がしが大活躍してくれるから大丈夫〜
Commented by BBpinevalley at 2015-04-03 06:55
doronko-tonchan
ハハハ、99%ない?
私も予想していませんでしたよ〜
Commented by BBpinevalley at 2015-04-03 06:58
tabi-to-ryokouさん
おはようございます。
一応、うちのスタッフが勝っているみたいですが、ご近所を回っているみたいなので、ほとんど野生化しています。
綺麗に羽が揃えば、また載せますね。
音楽に合わせて踊るほどの芸ごころはありませんが、長い尾を曳いて歩いているのは、とても優雅なものですよ。
飼われる方は、それが好きみたい。
Commented by debu8219 at 2015-04-03 07:00
surgeon24hrsさんのトコからお邪魔していますw
日本から出た事が無い中年おじさん魔王でございますw
以後宜しくお願いします。

ニュージーランド凄く良いとこですね。
自分もダッジオーブンとスキレッドを持っていますよ。日本ではキャンプに行くとこれを持って行って使いますw
まだキッチンとかでは使わないかも狭いしこの鍋自体が重たいので奥さんが嫌がりますので(苦笑)

これからもお邪魔させて貰いますので宜しくお願いしますm(_ _)m
Commented by BBpinevalley at 2015-04-03 07:00
ei5184さん
まぁ、アウトドア派でいらしたんですねー。
私も、昔はフライフィッシングに凝ったりしましたが、キャンプで食べるご飯は美味しいですよね。
四万十川というのは、とても綺麗なんでしょう。
カヌーで下れば最高らしいですね。
行ってみた〜い
Commented by BBpinevalley at 2015-04-03 07:03
jantoさん
孔雀、綺麗だけれど、確かにシャープな顔をしていますよね。
近ずくと羽を広げて怒る時もあるし。
それを見たさに、みんなが孔雀を怒らせるので、余計人嫌いになったのかも〜
この子は、人馴れしていて、パンをあげたらすごく喜んでいました。
Commented by BBpinevalley at 2015-04-03 07:05
surgeonさん
そちらに孔雀、居ません?
バークレーで大学の外を運転していたら、いきなり孔雀2羽が舞い降りてきて、びっくり仰天したことがあります。
飼われていたのが逃げて野生化したとか聞かされました。
Commented by BBpinevalley at 2015-04-03 07:18
chantake123さん
ようこそ〜
日本の自然のお写真も、ニュージーランド旅行の様子も、楽しんで拝見させていただきました。
書き込みましたように、まだ南島どころか、オークラン圏外には行ったことがないんですよ。
娘の休みには、いつもアメリカに帰ったりしていたので。
また、素敵なお写真を見せていただくのを楽しみにしています。
どうぞよろしく。
Commented by BBpinevalley at 2015-04-03 07:26
debu8219さん
ようこそ〜
surgeon先生のところでお目にかかって、ページを拝見しました。
桜のニュース、ありがとうございます。
こちらは、日本のような情緒はありませんが、自然だけはたくさん残っています。
日本より少し小さいですが、静岡県の人口しか住んでいません。
こちらこそ、どうぞよろしく〜
Commented by fsnote2 at 2015-04-03 15:08
凄い豪華なお客様っ!!
想像を絶する来客のある生活、楽しそうです♪
キャストアイロンのフライパンは持っていますが、
鍋は重いので;引っ越した後に買う予定です。
このCook Book,良さそうですね。
厚いですけど;翻訳、頑張ってください~
Commented by milknyan1 at 2015-04-03 15:45
先日はイイネ!をありがとうございました!
ミルクの母さんと申します。
ニュージーランド!一度行ってみたいです。
又お邪魔しますね。
Commented by sakata_kazu at 2015-04-04 10:38
訪問客が凄いですよ。
ブログ拝見してると、そちらに遊びに行きたい~~。
Commented by yohachi-nitta at 2015-04-05 03:27

>車を止めて唖然としていると、早く行けと怒られてしまった。

面白いですね、笑ってしまいました。
想像してしまいます。


Commented by kitaoni at 2015-04-06 23:34
ブログをやっていながら イイネ!のシステムと言うか、そう言うのが有ると知らなくて........
たまたま自分のブログを良く見ていたら イイネ! が有ったので何だろう? とクリックしてみましたら、こちらに辿り着きました。ありがとうございます。
素晴らしい暮らしをなさっているのを拝見させていただき感動しています。ニュージーランドは行ったことが無いのですが ハーコートさんと言う翻訳の仕事をしているニュージーランドの方が御近所に住んでいて時々わが家に遊びに来ますので、何だか親しみを感じています。
またブログにお邪魔させていただきたくこれからはもよろしくお願いします。。
Commented by BBpinevalley at 2015-04-07 06:19
fsnoteさん、
楽しいお客様でした〜
今までは、近寄っても逃げてしまうくらいだったのに、向こうから訪ねて来てくれるなんて光栄。
キャストアイロン鍋は、どれも重いのが難ですよね。
腱鞘炎になりそう。
でも、使い方を工夫すると、なかなかイケます。
頑張ります、翻訳。
Commented by BBpinevalley at 2015-04-07 06:30
milknyanさん
ようこそ〜
ニュージーランドは良いところですよ。
アメリカよりも、ほんの少しですが近いですし。
たま〜に安い飛行機が出ています。
また遊びに来てくださいねー。
Commented by BBpinevalley at 2015-04-07 06:32
sakata-kazuさん
大抵の訪問客では驚きません。
遊びに来られた際には、どうぞお立ち寄りクダサイ??
Commented by BBpinevalley at 2015-04-07 08:29
yohachi-nittaさん
まったく、自分でも笑ってしまいました。
まるでスペインの闘牛のように、あちらから迫ってこられると、怖いです。
でも、土地の人は、スイスイと横をすり抜けて通っていました。
Commented by BBpinevalley at 2015-04-07 08:31
kitaoniさん、
私も、ブログをやりながら、いまひとつシステムがわかっていないところがあります。
ご近所にニュージーランド人のお友達がおありなんですね。
昔のイギリス堅気の人が多くて、割と日本人とは相性がいいと思います。
どうぞまた遊びに来てください。
こちらこそ、どうぞよろしく。
Commented by mei-konuno at 2015-04-07 10:07
初めまして。メイと申します。
楽しいお話しと素敵なお写真で家にいながら旅をしている気分に浸らせていただいております。ありがとうございます。またお邪魔させていただきますね。
Commented by なな at 2015-04-07 14:37 x
2年ほど前に息子(4歳でした)と主人でパインバレーに宿泊したSです。(お嬢さんが幼少期に遊んでいた恐竜で遊ばせてもらった息子です)
孔雀が訪問!!!びっくりです。孔雀は人間が近づくと逃げましたか?
ダッチオーブン、いいですね。ダッチオーブンはキャンプの時に使うのかと思っていたけど、家でも活用できるんですね。ほしいー。
Commented by BBpinevalley at 2015-04-11 17:37
mei-konunoさん
ようこそ〜
手芸がとてもお上手ですね。
自分であんなことができればいいなぁと、羨ましく思います。
また遊びに来てくださいねー。
Commented by BBpinevalley at 2015-04-11 17:46
ななさん、
こんにちは〜。お元気そうで、何よりです。
孔雀は、逃げるどころか、家に入りたがって困りました。
ダッチオーブンは、キッチンでも便利に使えますよー。
オススメです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ホブソンヴィルのファーマーズマ...      ポニーのソフィーが到着しました... >>