アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 22日

シェリービーチファームの共同生活空間/ The White House on Our Farm


e0310424_09152556.jpg


シェリービーチファームには、ホワイトハウスと呼ばれているスタッフの住居があります。

定住スタッフと、バイオダイナミック農業を学びに来る学生さんたちが同居し、犬や猫のスタッフも揃っています。


There is an old hand-made building called "White House" where the farm staff live together at Shelly Beach Farm.
The resident of the White House consists of a few regular staff and visiting students of biodynamic farming.
Plus some four legged friends.
















e0310424_09160571.jpg


雑然としているようで片付いている彼らのキッチン。

70年代のアメリカのヒッピーコミューンのようでもあり、ちょっとデジャブ〜な気分になる。

私が上陸した頃のバークレー、学生の住む共同住宅など、こんな雰囲気が漂っていました。

なつかし〜〜


Far from luxury, but totally functional, and quite warm and comfortable.
This communal house reminds me of the student housings in Berkeley in the late seventies.
I feel very reminiscent of that time whenever I come here.

















e0310424_09162161.jpg


早起きしてミルクを絞り、家畜に餌をやって、ファームで働く。

晴耕雨読で、新鮮そのものの食事をとり、贅沢はなくとも心豊かな生活です。

もう少し若ければ、私もここに住むんですが……


Getting up with the sunrise, they milk the cows and feed the animals before going out into the field.
The food cannot be fresher, air so pure, plenty of sun and exercises……It seems like a very healthy life style here.



















e0310424_09164538.jpg


ホワイトハウスの外に出てみると、

あら〜、先日うちに遊びに来られた方かしらぁ?


Outside, I ran into my old friend.


















e0310424_09165687.jpg


だいぶお召し物の具合が良くなってきましたね。

王様のケープのように、後ろの羽が伸びていっています。


The condition of his feather cape is much better now. He is changing into his winter wardrobe.














e0310424_09170894.jpg


のどかなファームの庭にも、落ち葉が目立つようになりました。

いよいよ、秋も深まってきました。


Fallen leaves everywhere now. Green but wet and chilly New Zealand winter is near.











[PR]

by BBpinevalley | 2015-05-22 10:38 | ニュージーランドの生活 | Comments(14)
Commented by ayayay0003 at 2015-05-22 10:53
ネコちゃん、スタッフですかあ~(^。^)y-.。o○
いいなあ・・・でも孔雀さんは、狙われたりしないのですか?
孔雀さんの羽は、広げてなくても美しいですね☆
人間にも慣れてるからこんなに近くで撮れるのですね!
秋が深まり・・・逆とわかっててもウ~ンです(笑)
Commented by ei5184 at 2015-05-22 12:12
クジャクが長閑に? 闊歩する景色!
何時もながら憧れて拝見しています。
私もあと10年若ければ(笑) なんてね~
深まる秋の気配に此れから梅雨に向かう日本を
暫し忘れさせていただいていますよ~
Commented by p-bluepaper at 2015-05-22 14:48
空の部屋ですが、みんなが帰ってくれば賑やかな様子が想像できます。
働いて飯食らって、飲んで歌って…、余計な事は抜きな感じが本当に贅沢だな。
時間つぶしのTVなんて必要無いのね。
綺麗なお客様は野生のクジャクなのでしょうか?
放し飼いのペットなのかしら…?

Commented by 11hiyo at 2015-05-22 21:12
こんばんは~
いつもありがとうございます。

こちらのクジャク(と言っても動物園の)は
羽が抜けるようになってきました。
伸びやかなファームの空をそれが飛ぶのは
どんなに美しい景色でしょうか。
Commented by Aqua_blueY at 2015-05-23 03:53
BBpinevalleyさん、こんにちは!サンフランシスコとはまた違った素敵な時間がながれていますね〜。自然も動物も美しい。仮住まいもとっても素敵で羨ましいなあ。干し柿美味しくできるといいですね〜!
Commented by なな at 2015-05-24 08:42 x
素敵なファームですね♪♪
私、若い頃にウーファーを日本でしたことがあるんですが、楽しかったです。兄とトマトの苗植えを太陽の下で作業したことを、今でも覚えています。いい思い出です。
今月に息子とトマトを種から植えて芽が出てきました。実がなるのが楽しみです。

乗馬クラブは沢山あるんですね。
規模も大きく、大会もあるんでしょうね。

乗馬用品を扱っているお店もありますか?
ショップとか見てみたいなぁ。。。。。
裸馬ですか!!!
なかなかヒヤヒヤドキドキです。
一度だけクライスデールに裸馬に乗ったことがあるんですが、ハミもつけずドキドキしながら乗ったことを思い出しました。
素敵な写真、ブログを楽しみにしています♪♪
Commented by BBpinevalley at 2015-05-24 16:02
アリスさん、
ワンちゃんの方は、家畜を追ったりして働いてくれますが、猫は好き勝手に暮らしています。
孔雀は、一応ペットです。
でも、これも好き勝手に、ご近所を徘徊しているようです。
南半球、みんな逆さまで〜す。
Commented by BBpinevalley at 2015-05-24 16:25
ei5184さん、
私も、eiさんのページで、春の京都に浸らせていただけて、シアワセです。
こちら、自然はふんだんですが、文化は……??ですから。
梅雨は、近づいているのでしょうか〜
Commented by BBpinevalley at 2015-05-24 16:28
おかきさん、
おっしゃる通り、余計なことは一切抜きのホワイトハウスです。
究極のおしゃれは、これかもしれませんね。
もう9時半には、みんな寝ちゃうんだそうです。
孔雀は一応ペットですが、そこら辺を勝手に徘徊しています。
Commented by BBpinevalley at 2015-05-24 17:37
11hiyoさん
孔雀さん、そちらは羽が抜ける時期なんですね。
こちらは、新しいのが生えてきています。
これからどんどん長く伸びるのだと思います。
詩的ですね、孔雀の羽が牧場に舞い飛ぶ。
さすが〜
Commented by BBpinevalley at 2015-05-24 17:41
Aquaさん
サンフランシスコとは、似ても似つかない毎日です。
住まいの方も、サンフランのユダヤ寺院の家とは、全然違ってて……
干し柿、一部カビちゃいましたが、ほぼ成功です。
Commented by BBpinevalley at 2015-05-24 17:47
ななさん、
まぁ、日本人が日本でウーファーできるんですね。
知りませんでした。
ウーファーも、ワーホリも、ニュージーに来て初めて知った言葉です。
アメリカは、ワーキングホリデーのビザを出さないので、ウーファーもいないのかな。
乗馬用品のお店もたくさんあって、日本に卸しておられる日本人の方もあります。
日本では高いのかな。
トマト、美味しくできるといいですね。
あまり水をやらないのがコツです。
Commented by chantake123 at 2015-05-25 06:40
シェリービーチファームでは猫さんも孔雀さんもゆったりおだやかさんに見えます。キッチンの写真、整理整頓が苦手な私から見るとカッコイイです!
Commented at 2015-05-25 09:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< DIYもどきの週末/ Do I...      お父さんは家を建て、お母さんは... >>