アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 24日

奇跡のサバイバル/ Miraculous Survival


e0310424_17484895.jpg


驚くべきことが起こりました。

仔牛のジェントが生まれて5日目、彼が生まれた牧場に、もう一匹の赤ちゃんが現れたのです。

その牧場からは二日前に雌牛を出し、雄牛しか入れていなかったので、その赤ちゃんはしきりと雄牛からおっぱいを飲もうとしているのです。

しばらくは、何が起こったのかわからず、唖然。

妊娠している他の雌牛は、その牧場には入れていなかったので、これはどうやらジェントの双子の兄弟なのだとやっと気付きました。


An amazing thing had happened.
On the fifth day after Gent was born, on the same paddock, another baby calf appeared!
It was trying to get milk out of a bull as we have moved all the bobines to the next paddock.
We were so taken aback, we went blank for a moment.
There has never been a pregnant cows other than Lady in that paddock, so obviously she must have had a twin!


















e0310424_17490147.jpg


可愛い女の子で、捕まえようとしたら走って逃げ回っていたので、元気はまだあるようでした。

それにしても,ミルクなしにどうして生き延びたのか……

お母さんが病気で倒れてジェントが隔離されたあと、他の雌牛が隣の牧場に移されるまでの2日間、雌牛の一頭からミルクを貰っていたとしか考えられません。

そのあとの2日間は飲まず食わずでいたわけです。


It was a girl.
She was feisty enough to run around trying to get away from us when we tried to capture her.
How did she survive without her mother for more than 4 days?
Before we moved the other animals, she must have drinking milk from Xwna
Then, after we moved all the bobines away, she survived without any milk for 2 days!


















e0310424_17511476.jpg


なんて健気で可愛い子なんだろう。

よく頑張ったね。

お母さん牛は死んじゃったんですよ。

乳房の化膿がひどくなり、安楽死を施さざるを得ませんでした。

仔牛は、生後24時間の間に、母親のミルクから、生きるのに必要な抗生物質を受け入れます。

それが無ければ死んでしまうそうなので、お母さんは2匹にそれだけはしっかりと与えたのですね。

私たちは、この女の子を「ユウキ(勇気)」と呼ぶことにしました。


What an amazing survivor she is.
We had to euthanize her mother, Lady, as her mastitis developed into all 4 chambers.
We learned that the calves are born without any antibody and they must receive it after their birth through their mother's milk within 24 hours.
The antibody is called Colostrom.
We believe that Lady gave it to her babies even if she was getting sick.


















e0310424_17503157.jpg


上は、娘が寄宿舎から送ってくれた写真です。

仔牛達の誕生祝いのケーキではなくて、お友達のバースデーケーキ。

仔牛達の誕生をお祝いするどころか、私たちは、彼らにミルクをあげるので大忙しです。

人間の赤ちゃんのように、ボトルを消毒し、ミルクを人肌に温めて、1日に3回あげています。


My daughter sent me the photo of the birthday cake for her dorm mate.
We are now so busy to take care of the 2 newborn calves that we couldn't bake a cake like that for their birth celebration.
We are disinfecting the bottles and warming the milk, just like we did for our daughter, and giving it to the calves 3 times a day.


















e0310424_17520078.jpg


今、ファームに満開の花。


The farm is filled with these flowers right now.



















e0310424_18015597.jpg


イチジクも熟してきて、食べるのが追いつきません。

ジャムにしたいけど、忙しくてなかなか……


Our figs are maturing but we can't catch up harvesting and eating them.
Can anyone come and help us?











[PR]

by BBpinevalley | 2016-03-24 19:35 | ニュージーランドの生活 | Comments(26)
Commented by nagako1953 at 2016-03-24 19:40
生命力のある子牛ですね。
きっと長生きしますね。
ケーキが美味しそう。

百合の花大好きです。
Commented by butanekoex at 2016-03-24 20:10
お母さんの愛情と、仔牛の生きるチカラに感動です。
ユウキちゃん、すてきな名前をもらえたのですね。
すくすくと、育ちますように^^

ファームのお花も「おめでとう」と言っているようですね^^




Commented by ei5184 at 2016-03-24 21:24
と、云うことは ユウキちゃんは BBpinevalleyさんのことを
お母さんと思っているのですね~
嬉しいですね~ 母牛は自分の命と引き換えに
子供を守ってくれたのかも知れませんね~
泣けて泣けて、仕方がありません(笑)

どうか 元気に育ちます様に、日本からお祈りしています。
Commented by environtuushin at 2016-03-24 21:58
こんにちは
レディママ (。-_-。) サヨナラだったのですね…
ジェント君は元気なのですね それにユウキちゃん‼
ユウキちゃん おめでとうございます~
あぁ~ 美味しそうなイチジク♪
身体に良いので ぜひぜひ食べてくださいね~
Commented by BBpinevalley at 2016-03-25 03:58
nagakoさん
そうなんです、びっくりでした。
痩せているし、まだ予断は許しませんが、大きくなってきました。
ケーキ、綺麗ですよね。
ピンクの花は、日本でいうリコリスかもしれません。
Commented by BBpinevalley at 2016-03-25 04:01
butanekoexさん
本当に、感動的です。
隣の牧場に動かした雌牛のうちの一頭が、やけにモーモー鳴いているなと思ったのです。
彼女がきっとユウキにミルクをあげていたんだと思います。
代母を務めて、もうお母さんの気持ちになってたのね。
Commented by BBpinevalley at 2016-03-25 04:04
eiさん、
そうなんです、私、また養母になっちゃった。
娘の時と同じように、ボトルを消毒して、ミルクをあっためて、飲ませています。
いつまでも舌を突き出して、口がミルクを飲む格好になっているのも、娘にそっくり。(笑)
レディーは本当に頑張りました。
死なせるのは、忍びなかったです。
日本からの応援、嬉しいです〜
Commented by BBpinevalley at 2016-03-25 04:07
environtuushinさん
そうなんです、レディー、頑張ったんだけど…
ジェントくん、すごく元気です。
日本風に「ゲン」と呼ぶことにしました。
妹が「ユウキ」だからね〜
イチジクって、美味しいですよね。
でも、食べきれません〜〜
Commented by sachikonz at 2016-03-25 07:23
ひょえ〜〜〜そんな事が起こりうるんですね!生命って本当に不思議、、、お母さん牛はかわいそうでしたが、立派に2頭の子牛ちゃんを残して!
ジェットちゃん、ユウキちゃんのこれからが楽しみですね〜会いに行きたいな〜
Commented by sachikonz at 2016-03-25 07:24
ごめん、ジェットくんじゃなくジェント君でしたね〜
Commented by misarin-1126 at 2016-03-25 08:13
>(勇気)と呼ぶことにしました
勇気ちゃん!本当によく頑張ったね(●^o^●)
本当に凄いstoryに心が痛みましたが感動をありがとう♪

立派に子孫を残して天国に旅だったおかあさん安らかに^^

二匹の女子の達からまた子孫が受け継がれていくことでしょう!
子育て大変でしょうが頑張ってください・・・応援。

私は無花果のコンポートが食べたくなりました(笑)
Commented by mozura_gogo at 2016-03-25 11:36
こんいちは!
こんな大きな双子をお腹の中に
抱えていたなんて信じられません
お母さん牛は残念でしたね
その分この子達が元気に
育つことを願っています
こちらは桜がそろそろ咲いて来そうです
そちらはまだまだ暑い日が続いてますか?
Commented by BBpinevalley at 2016-03-25 17:30
さちこさん、
ジェントくんは、さらに改名して、日本式にゲンと読む事にしました。(Gen)
お母さん牛は、本当にかわいそうでした。
でも、眠るように死んでいって、euthanasiaという言葉の意味がよくわかったわ。
Commented by BBpinevalley at 2016-03-25 17:46
misarinさん
ユウキには本当にびっくりしました。
牧場をピョンピョン跳ねているのを見て、最初は犬か子鹿かと思ったくらい。
他の雌牛が2日間はミルクをやっていたみたいです。
雌牛たちを牧場から動かした後、そのうちの一頭がやたら啼くので、おかしいとは思ったんですよね。
牛って、賢いんですね。
見直しました。
イチジクのコンポートね、作ってみたいワ〜、時間があれば。
Commented by BBpinevalley at 2016-03-25 17:51
mozura_gogoさん
乳牛の双子は珍しいらしいです。
お母さんは、お産も大変だったのでしょう。
かわいそうにね。
ゲンはとても元気で心配ありませんが、ユウキはまだ痩せていて、ちょっと心配。
なんとか元気に育って欲しいです。
こちらは暑さがぶり返していますが、それも時間の問題だと思います。
Commented by yumesaki_annai at 2016-03-25 23:32
こんばんは~
ゆうきちゃん~よく頑張りましたね
おかあさんは残念でしたが新しい命に引き継がれ
ゆうきちゃんの成長を愉しみにしています
東京も桜開花宣言が出ましたが、花冷えで気温が
低くなり満開は4月初めの様です

Commented by surgeon24hrs at 2016-03-26 06:02 x
こんにちは。

とっても素敵なお話。
元気に育つとよいですね。
Commented by queentomo at 2016-03-28 00:46
びっくりしますよね子牛が現れたら。
生命力のある勇気ちゃん、きっと元気に育ちますね。
うちも子犬が来て1日3食。みんながいるとちゃんと所定の場所で大小しますがちょっと置いておかれると違うところで、、、。ああ。
アンナという名前ですが、通称がっちゃん、自分はコラ!かコレ!というなまえとおもってるかもしれません。笑。
Commented by sunlightk at 2016-03-28 10:11
お乳をあげてくれたお母さんのやさしさに、天国のお母さんもほっとしていることでしょうね♪
お母さんの分まで元気に育ってほしいです。
Commented by kitaoni at 2016-03-28 17:46
まぁ〜 ジェントくん双子だったなんて‼︎
でも良かったですね〜 子牛の生命力に感謝ですね。双子ちゃんが健やかに育ちますように...... 成長が楽しみですね〜
Commented by tamataro1111 at 2016-03-30 06:03
お早うございます。
けさは朝から泣けました。
丈夫に育つてほしいです。
Commented by BBpinevalley at 2016-03-31 21:47
yumesaki_annaiさん、
ユウキ、最初は弱って痩せていましたが、だんだんと元気になりました。
今は、納屋から牧場に移し、走り回っています。
少しづつ太ってきました。
ほんと、生命力のある子です。
東京、桜が咲き始めましたね。
Commented by BBpinevalley at 2016-03-31 21:50
surgeon先生
おかげさまで、ユウキは元気になってきました。
お兄ちゃんよりシャイですが、ミルクも自分から飲むようになりました。
ほんと、良かった。
Commented by BBpinevalley at 2016-03-31 21:58
sunlightkさん
お母さんの代わりになってくれていたのは、ジーナという牛でした。
そのジーナ、牧場を移されたときからずっと鳴きっぱなしで、実は、私たちに仔牛のことを知らせていてくれたのです。
二日後に仔牛が現れるまで、鳴いていました。
牛って、すごいですね。
Commented by BBpinevalley at 2016-03-31 22:10
kitaoniさん
双子はとても珍しいのだそうです。
それだけ、母親への負担も大きかったのでしょう。
今は、二頭とも元気に育っています。
本当にラッキーでした。
Commented by BBpinevalley at 2016-03-31 22:15
tamataroさん
病気の母親の代わりにミルクをユウキに与えていたジーナという雌牛が、とてもえらかったです。
牧場を移された後、残してきたユウキのことを私たちに知らせるために、ずっと2日日間鳴き続けていました。
牛って、賢いんですね。
びっくりしました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< イースター、ファーム、そして東...      赤ちゃんが生まれました〜/ O... >>