アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 21日

5月のファームレポート/ May Farm Report



e0310424_08470872.jpg


仔牛たちは、すくすくと育っています。

ゲンは、人間でいえば幼稚園に上がる頃かしら。

額のハートマークが可愛いでしょ。


All of our calves are growing steadily.
Gen is now about 2 months old, with his trademark "white heart" on his forehead.

















e0310424_08465335.jpg


相変わらず、みんな元気にミルクを飲みます。

左から時計回りに、ゲン、プリンセス、ユウキ、アオテアです。

プリンセスとアオテアは、もうミルクから卒業したので、木曜日に他のパドックに移されました。

これからは草だけ食べて育ちます。


They drink milk vigorously twice a day.
Clockwise from left, Gen, Princess, Yuuki, Aotea.
Princess and Aotea were weaned on Thursday and moved to a different paddock.

















e0310424_08450943.jpg


朝の7時頃、やっと陽が昇った頃に、乳牛たちを迎えに行きます。


Around 7, right after the sun comes up, we go fetch our milking cows from this paddock.


















e0310424_08452171.jpg


今、3頭の乳牛のミルクを絞っているのですが、3頭ともチンタラ歩きながらミルキングの小屋まで歩いていきます。

途中、草を食べたり水を飲んだり(はたまた、朝の行事を催したり)。

呑気なものです。


The 3 milking cows slowly walk to the milking shed, taking time to leisurely eat, drink and do their morning business.


















e0310424_08453726.jpg


で、やっとロリーの待つミルキング小屋へ。


Finally they are set up at the shed where Loli awaits.

















e0310424_08454990.jpg


早くしてね。

ちょっと張ってて、重いのよね。


"Please milk me quickly. I'm feeling a bit tight and heavy."

















e0310424_08462247.jpg


ご存知でした? 牛のおっぱいは後ろ足の間に4つあるんですよ。


I didn't even know that cows had 4 tits near the hind legs until I came here.


















e0310424_08474232.jpg


先日、キャラメルという牛がビッコをひき始めたので、獣医さんに来てもらいました。

どうやら、これが牛の爪切りらしい。


The other day, we noticed Caramel, one of our milking cows, was limping and asked our vet to come.
These seem to be nail clippers for cows.



















e0310424_08472868.jpg


見えるかしら、牛の足が鉄柵に結びつけられ(夫が左から縛ったロープを引いているのですが)、獣医さんが爪を切っています。

爪が内向きに生えてしまったとかで、痛かったようです。


Caramel's hurt hind leg was tied to the railing and the vet treats it while Caramel gets more and more upset.
She finally lied down on the ground almost fainted.
Her nail was growing inward and hurting her, the vet said.

















e0310424_08475602.jpg


ファームを行く野生の七面鳥のファミリー。

増えすぎて、困っています。


A wild turkey family taking a walk on the bull paddock.
We have too many of these guys…









[PR]

by BBpinevalley | 2016-05-21 10:38 | アオテア・オーガニックファーム | Comments(26)
Commented by ayayay0003 at 2016-05-21 10:47
ゲンちゃんの♡可愛いですね~
遠くから見てもすぐ分かるし(^-^)
牛さんも内向きにつめが生えたりするんですね~(・。・;
こちらのシチメンチョウさんたちは、食べられたりはしないのでしょうか?
Commented by misarin-1126 at 2016-05-21 11:08
ゲンちゃんの
額のハートマークテレビ局が来て撮影しそうですね♡

動物の爪切りって難しくて私も苦手なんです^^
でも切らないと血管が伸びてくるので歩きづらくならない長さでkeep!!

アスパラ!simpleな食べ方が一番甘く美味しかったです!
女子会も、お口の体操が大忙しでしたよ(^O^)
森林浴のブログにコメントありがとうございました♪
今朝は、カッコーの声で目ざめました(笑)
Commented at 2016-05-21 12:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tasukeai-maki at 2016-05-21 15:02
自然の中でのんびり時を過ごすのが今の私の望みです。
なかなか叶いませんけど。。。
せめて、ブログの記事で疑似体験。
牛さん、七面鳥さん、ねこさん、草、山、風、、、
良いですね(*^^*)
Commented by BBpinevalley at 2016-05-21 19:51
アリスさん
ゲンのハートマーク、ますますくっきりです。
なんだか貼り付けたみたい。
キャラメルの足の爪、うまく治ってくれるといいんですけれど…
七面鳥は、何度か食べましたが、野生だから痩せていて固いのです。
アメリカで売っている丸々とした鳥じゃない。(悲)
Commented by BBpinevalley at 2016-05-21 19:56
misarinさん
そうね、ゲンちゃん、テレビに出られそうですね。
人気者になったりして。

動物の爪切り、難しいですよね。
どこまで神経が来ているのか、わからないし。

森林浴の録音は最高でした。
ニュージーランドの鳥の声も、いつか録音したいなぁと思っています。
すごくいいものですよね、鳥の声。
いつもちょっと一息する時に、聴き入っては癒されています。
Commented by BBpinevalley at 2016-05-21 20:03
katcatさん
私も、ニュージーに来るまで、牛がこんなに可愛いなんて知らなかったんです。
でも、これって牛の種類だと思います。
肉牛とか、白と黒の乳牛とかは、こんなに可愛くなくて、目も小さいし、オスなんて怖い顔をしています。
この種の乳牛が特に可愛いんだと思います。
お爺様はお医者様で獣医さん。珍しいですね。
お母様は、まだ子供の時に助手をされていたのでしょうか。
実は、写真の治療の後、縛られた恐怖からか、痛かったのか、牛はあの場に倒れこんでしまいました。
半分気を失ったみたいな感じでした。かわいそうに…
Commented by BBpinevalley at 2016-05-21 20:15
tasukeai-makiさん
無性に自然が恋しくなるのは、きっと前世は自然の中で生きていたんですね。
だったら、自然の中に身をおけば、きっと良いことがありますヨ。
私はどうかしら。
定期的に文明の空気を吸わないと、頭がおかしくなりそうかも(笑)。
Commented by ei5184 at 2016-05-22 06:31
ハート、可愛いですね~ 以前よりもハートが大きくなって来たような?
やんちゃ盛りで、お世話も大変でしょうが、
可愛い子供たち、つい甘やかしてしまいそう(笑)

牛の爪、生え方で痛いんですね~
先生に感謝!
Commented by BBpinevalley at 2016-05-22 06:50
eiさん
ハート、やっぱり成長につれて大きくなっているみたいですね。
相変わらずゲンは人懐こく、ペロペロ舐めてくれます。
黒目が大きくて、とても可愛い。
あの獣医さんは、かなり乱暴でした。
もう少し優しくできないものかと思いましたけど、手術医と同じ感覚なんですね。
Commented by chantake123 at 2016-05-22 07:31
仔牛さんたち可愛い!
4匹でミルクをのむ姿もいいですね♪
お乳をしぼって、爪をケアして、ファームで健康に育てておられるのですね。
Commented by BBpinevalley at 2016-05-22 18:02
chantakeさん
うちの乳牛の赤ちゃんは、本当に可愛いのです。
バンビみたいで、人懐こくて。
動物の世話には日曜日がないので、大変に思う時もありますが。
Commented by sunlightk at 2016-05-23 10:04
ゲンさん、茶目っ気たっぷりのお目目ですね!
それにしても牛の爪切りがすごいです。
大切に牛さんたちを思っているのが伝わってくる写真ですね。
Commented by BBpinevalley at 2016-05-23 16:50
sunlightkさん
ゲン、相変わらずスイートです。
爪切り、なんだか怖いでしょ。
乳牛は優しいので、みんな大好きです。
ちょっと神経質なんですけれどね。
Commented by koharu827 at 2016-05-24 10:19
こんにちは♪
小さな牛ちゃんたち、スクスク成長してますね!
かわいいですー♪
ホームステイしてみたいなぁ(^^)
Commented by BBpinevalley at 2016-05-24 13:32
koharuさん
こんにちは〜
仔牛は毎日元気いっぱいで、追っかけっこしたり、昼寝したり、人間の子供と変わりません。
ここのホームステイは働かせられるので、きついかも(笑)
それでもよければ、どうぞ〜〜
Commented by butanekoex at 2016-05-24 14:42
こんにちは。
皆さまが、ゲンくんのハートにくぎ付けのように、
私もやられてしまいました❤
つぶらな瞳も可愛らしいです(^-^)

野生の七面鳥がファームにはいってくるとは!
私は、うちの狭い庭に、猫避けのトゲトゲマットを敷いてますが
広大なファームでは、そういうわけにも行きませんね。
やはり、自然の中での生活って
憧れだけでは済まされないのだと、あらためて思いました。
Commented by francana at 2016-05-24 17:14
子牛たち、かわいいですね~ なんという種類なのでしょう。
小さいうちは目も耳も大きくて、鹿に見えなくもないような(笑)。
野生の七面鳥家族ですか、これも自然がゆたかな証拠ですけれど、増えすぎるとファームとしては困りますよね。
獣医さんもひっぱりだこなのでしょうか、これもたいへんな仕事ですね。
↓ウェリントンのお話も、たのしく拝見しました。
餃子の屋台にはびっくり(おいしそう)、オランダのパンケーキとは、ブリニみたいなものでしょうか?
Commented by arak_okano at 2016-05-25 05:08
可愛い視線にメロメロですよ、
お見事バグースです。
Commented by BBpinevalley at 2016-05-25 11:16
butanekoexさん
ゲンは、人懐こくて、ハートマークがぴったりのヤツです。
この種の乳牛は、本当にお目目が可愛くてびっくり。
この種の牛ってけっこう賢いし、可愛い動物です。

七面鳥、最初から野生なのかどうかわかりません。
でも、増えすぎていることは確か。
あと、雁や鴨もたくさんいます。
隣が野鳥の保護地域なので、増えるのです。
自然の中の生活も、慣れればそう難しくありませんよ。
Commented by BBpinevalley at 2016-05-25 11:19
francanaさん
こちらでは単にジャージー牛と呼んでいます。
でも、バターの箱に描かれている白と黒の乳牛も居り、あれもジャージー牛みたい。
あの子達は、こんなにお目目が大きくなくて、可愛さに欠けます。
こちらの獣医さんは、町のペット獣医とは大違い。
その場で手術や出産補助をしなければいけなくて、力仕事です。
究極の餃子屋台、すごいでしょ。笑えますよね。
Commented by BBpinevalley at 2016-05-25 11:21
arakさん、
みんな、ゲンにはメロメロです。
貼り付けたようなハートマークが、またお愛嬌。
Commented by touseigama696 at 2016-05-26 08:10
ここに伺うと
何もかもが大きいけれど自然で
飾らない美しさに溢れています
だから・・細々とした些事に追われると
こちらで癒してもらっています(笑)
あなたが文明の空気がほしくなると書かれるのも
大自然に包まれての日々と同居だからで
もしこのリトマス紙がなければ
文明の空気に色があることさえ気づかないかもしれませんよ(笑)
ニュージーとシスコの行ったり来たりは
感性を刀のように鍛えてくれてるのかもと羨ましくなります
せめてこのブログの話題と写真で
少しでも鍛えられるよう
いろいろと見せてください!!



Commented by BBpinevalley at 2016-05-26 19:40
touseigamaさん、
何もかも大まかです、ここは。
人間が作り上げる美しさは無くて、自然の美しさが圧倒的です。
これに浸ればいいのでしょうが、まだそこまで出来ない。
どうも都会生まれはダメですね。
でも、おっしゃるように、ここに帰ってくる度に、鳥の声がさらに美しく感じられるようになりました。
音楽が聞こえなかった人間が、音楽に目覚めているようなものかも。
桃青釜さんところでは、じっと落ち着いて制作に打ち込むことの素晴らしさを味わわせていただいています。
ありがとうございます。
Commented by arare719 at 2016-05-30 23:12
初めまして☆ 赤毛のアンに出てくるジャージ牛、どんな牛かな〜と思っていました。なんと愛くるしんでしょう♡こんな仔にウィンクされたら、悩殺ですね 笑。仔牛はもちろん成牛さんたちも毛艶がいいですね。厩舎もとっても清潔で愛情注いで飼ってらっしゃのだと思います。お乳は美味しいでしょうね。
ジャージ牛、ペットに飼ってみたいなぁ〜。
ブログこれからも楽しく拝見させてもらいますね。よろしくお願いします。
Commented by BBpinevalley at 2016-05-31 11:39
arareさん
ようこそ〜
赤毛のアンにジャージー牛が出てくるんですね。
私も、ここに来るまで、こんなに可愛い牛がいるなんて知りませんでした。
ミルクはとても美味しいですよ。
毎朝、納屋の猫も一皿飲んでいきます。(上の写真の猫)
お母さん牛には、みんなお世話になっています。
こちらこそ、どうぞ宜しく〜〜
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< うちの大工さん/ Our Su...      首都へ、アートな旅/ Our ... >>