アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 29日

週末は家族で?/ Weekend in Auckland


e0310424_07312410.jpg


最近の夫のファーム狂いには、私も少々辟易しています。

出て行くと帰ってこない、約束はすっぽかす、湯水のようにファームにつぎ込む…てな具合で、アタマにくる。

私がプイと怒っても夫に反省の色は見られませんが、その場しのぎの「継ぎ当て作業」はする。

継ぎ当てのつもりか、週末には、3人で久しぶりにオークランドをブラつきました。


















e0310424_07314519.jpg




e0310424_07313609.jpg


降ったりやんだりだったので、雨宿りに美術館へ。

タダでこういう空間で憩える時、税金を払う甲斐ってあるんだなぁと思います。


















e0310424_07325347.jpg


ファームはビジネスにはしないで「リタイヤー」の場にするんだと言っていたのに、気がつくとどっぷりビジネスモード。

どういうんだ、これは?

















e0310424_07332517.jpg


美術館に、フランスの風刺画家のドーミエの版画が展示されていました。

その中、この作品を見て、まるで私と夫だなと思った。

ファームの心配事をドサッと私にぶちまけたかと思うと、横を向いてコロッと寝てしまう。

無神経〜〜〜

おかげで私は不眠症。

















e0310424_07333765.jpg


日曜日には、仲睦まじいご近所の老夫婦のお宅で、1歳のワンちゃん「ポピー」のバースデーパーティーがありました。

みんなで乾杯したかったから、犬にかこつけただけだと笑っておられたけれど、新しくお知り合いになれた方々もあって、楽しい会でした。


















e0310424_07335979.jpg


自分の好きな事が徹底的に決まっている人って、すごくトクですね。

「じゃあお前は何をしたいんだ」と問い詰められるとハッキリ言えない私のような人が、一緒にゾロゾロ付いて来てくれる。

ブツブツ言いながらでもね。

読まれると困るから、英語で書くのはやめます。








にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ


[PR]

by BBpinevalley | 2016-06-29 08:22 | ニュージーランドの生活 | Comments(18)
Commented by nagako1953 at 2016-06-29 08:39
美術館が無料で入れるっていいですね。
時々毒は吐き出さないとね。澱となって溜まってしまうと厄介です。( ^_^)

肩肘はらないパーティーがいいね

マキストーブの炎が暖かな雰囲気を醸し出していますね。
Commented by voyagers-x at 2016-06-29 09:09
おはようございます!!
美術館、不思議な素敵な空間ですね
無料で入館出来るなんて素敵ですね
わんちゃんの誕生日
このケーキはワンコ用?
Commented by satohit at 2016-06-29 10:46
おはようございます。

珍しく毒をはいていますね ^^;
人間味があって楽しく?
拝読させていただきました。

長年連れ添っても
人間関係は難しい・・・ですね ^^

Commented by ei5184 at 2016-06-29 12:19
皆さん異口同音、美術館の入場無料に イイネ!
日本は高い入場料に、しかも撮影禁止! 

ご主人に読まれない様に 日本語で・・・
お気持ち良く判ります(笑)
Commented by BBpinevalley at 2016-06-29 17:54
nagakoさん
ここの美術館、気持ちの良い建物で、周りの環境も良いので気に入っています。
タダっていうのがいいですよね。
夫婦は、難しいですね。
お互い歳をとるにつれて変わるわけだから、いつも寄り添って、なんて不可能。
時々「家出」が必要デス。
Commented by BBpinevalley at 2016-06-29 17:57
voyagerさん
ニュージーランドは、美術館は無料なんです。
静岡県の人口しかない国の割には、美術品も展示も充実していますヨ。
ワンちゃんのケーキ、人間が食べました。
チョコは犬には毒ですものね。
Commented by BBpinevalley at 2016-06-29 18:00
satohitさん、
アハハ、珍しいですか。
ブログでブツブツ言うのは良くないかなと思うけど、
あまり綺麗ごとばかり書くのも退屈かなと思って。
人生いろいろアリマス。
わがまま者同士だから、余計難しいデス。
Commented by BBpinevalley at 2016-06-29 18:02
eiさん
そうですね、タダは素晴らしい。
でも、混んでいないんですよ。
人口が少ないせいか、タダに慣れてるせいか…

日本語がわからないオット、たまにとても便利です。
Commented by mi2a at 2016-06-29 18:34
生きてるといろいろありますよねー┐(-。-;)┌

前向きに捉えられるときと、そうでないときなど…

ブログで書いてスッキリしましょ~(笑)

しかし素敵な美術館。。いいな~
Commented by watmooi at 2016-06-29 22:15
こんばんは。
いいですね。
日本語ならだいじょうぶって!?
我が家は41年目ですが、
慣れたり、
あきらめたり、
がっと腹が立つときがあったり、
ときどきは大事にしなきゃ、と思ったり、
ほんと人ってやっかいです。

おっと、このコメント読まれないかしら!?
日本語しか読めないんですけれど~。
いえいえだいじょうぶ。
妻のブログでさえも興味ないみたいなので。。。

ごめんね。
きっと先輩のはずなのにつられてついつい、、、(笑)。
Commented by BBpinevalley at 2016-06-30 06:58
mi2aさん
まったくね〜
時々満杯になってしまいますよね。
花よ、蝶よ、だけでは暮らせない。

この美術館はこじんまりと気取らず、でも趣のあるスペースです。
ぶらぶらするのに最適。
Commented by BBpinevalley at 2016-06-30 07:04
watmooiさん
おはようございます。
日本語は、私と娘の共通語です。
娘が来てからかれこれ15年にもなるのに、日本語を全く覚えないオットにも呆れる。
そのくらい、自分の興味だけにフォーカスしてるってこと。
まったくね〜
それがいいところだと言われてしまうと絶句ですが…

ご心配なく。
私たちは孫のような歳の娘を育てている「年寄り」デス。
いつも本当に素敵なお花を生けられますね。
すばらしいです。
Commented by シンシア at 2016-06-30 23:08 x
こんにちわ~

ほんと海外では無料の美術館が結構ありますね、仕事の合間に
ぴったりの時も・・・・・
ご夫婦も年を重ねてもいろいろあるのですね・・・・・
でも何処かでお互い尊敬しあっているのでは?
Commented by yucca at 2016-07-01 07:40 x
こんにちは、ご無沙汰しています。お嬢さん、大きくなられましたね。私もこの美術館のアトリウムにぼーっと座ってるのが好きです。息子が京都の高校へ進学したいと言い出したので来年には本帰国になりそうですが、3年ぶりの夫との同居がちょっと不安(笑)それまでに一度ファームをお訪ねさせてください。
Commented by BBpinevalley at 2016-07-01 09:51
シンシアさん
美術館がフリーだというのは、その国の美点ですね。
でも、メットやルーブルでは、入場料はかなりの収入でしょうからね---

我々、尊敬し合っているというより、汚点に目をつぶりあってるという方が正確かも(笑)
ま、向こうも我慢してくれてんだ、と思ってマス。
Commented by BBpinevalley at 2016-07-01 09:57
Yuccaさん
こんにちは
え〜、日本に帰られることに?
居住権は取られたのでしょうか?
ぜひ、遊びにおいでください。
7月はアメリカですが、その後9月末までおります。
基本的に、学校のターム期間はこちらにいます。
ファームは、この夏には、ずいぶん形になりそうです。
Commented by sheri-sheri at 2016-07-04 17:46
今日は。随分御無沙汰してしまいました。まず、美術館から。・・素敵な雰囲気の有る美術館。こういう所へ行ってボ~ッと一人静かにすごしてみたいです。それからご主人様…夫婦というのは2本のレールを歩いていく同志みたいなものでしょうか。深く理解し合っているようでなかなか根っこまでは共感出来ない時もありますね。一緒です。でも、とても支えになる時も有ったりして。・・最終的には、家族なんだという思いにいたって原点に戻っています。時々、距離を置いて違う空間に身をおくというのはとてもいいですね。リフレッシュできますしね。また気分を変えて再生してくださいね。
Commented by BBpinevalley at 2016-07-06 02:41
sheri-sheriさん
ここにもコメントいただいていたのですね♡
まことに「二本のレール」歩きですね、夫婦は。
足並みが揃わないことにはやりにくいものです。
うちなんて人種まで違うわけだから、お互いの違った人格をわきまえた上でしか成り立ちません。
違いはわかった上でも、時々お互いを牽制し合わないと、脱線しちゃいそうです。
私もワガママものだから、相手もかなり我慢していることと思いマス。
一番気の毒なのは子供だったりして…
反省デス。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 再びウェリントンから/ Anc...      チーズづくりにどっぷり/ To... >>