アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 05日

冬から旅立ちました/ Leaving Winter Behind



e0310424_07063871.jpg


先日アップした茶色の仔羊、どうやらお母さんに見放されてしまったみたいで、一人で啼いていたので保護しました。

ウーファーのM子さんに抱かれて、うなだれているのが可哀想だった。


We found the chocolate colored lamb that I photographed the other day, crying by himself in the field.
He was either abondoned by the mother or separated from her when the herd was moved a few days ago.

















e0310424_13122889.jpg


逃げ回ったので、保護するのは大変だったみたいです。

でも、走る元気はあったのね。

よく見ると瞳孔が開いているから、まだ怖がっているんだ。

すぐに温かいミルクを用意しましたが、どうぞ無事に育ってくれますよう。


He was brought into Aotea Barn to live with the wwoofers, first given cow's milk and then it was changed to goat's milk, which he prefers.


















e0310424_07065936.jpg




e0310424_07100150.jpg


ニュージーランドには寒波が襲ってきました。

寒いのはウェリントンだけじゃなかったみたいです。

写真は、3日の朝の庭の霧氷です。

こんなに寒いのは、ここに越してきて初めて。

シェリービーチは、浅い湾が日中の太陽で温められるために、普段は他より気温が高いのですが…


We awoke on July 3rd to a cold and frosty morning, the coldest morning since we moved to Shelly Beach.


















e0310424_07093100.jpg


だからというわけではありませんが、7月はサンフランシスコで過ごすことになり、3日の朝に旅立ちました。

オークランド空港の国際線ウィングに、珍しく外国の飛行機が並んで乗り付けています。

外国の航空会社がオークランドに乗り入れることになったようです。

競争で航空運賃が下がるのは良いけれど、コストカットでサービスも下がるんでしょうねぇ〜


We arrived at the airport and discovered that we were on the inagural flight for United into SFO. The plane was a new
Dreamliner with a perfect interior and typical United service.


















e0310424_07091651.jpg


いつもと違って、この便は早朝にサンフランシスコに着きました。

相変わらず、霧ってる。

見えるのはシリコンバレーのあたりかな〜


This flight arrived to San Francisco very early in the morning.
It was foggy as usual.











[PR]

by BBpinevalley | 2016-07-05 08:58 | 旅行 | Comments(12)
Commented by cool-witch at 2016-07-05 09:24
子羊さん(くん?)、ミルクを飲んですくすく育ってほしいですね。

で、霜ですか!猛暑の日本に居る私は「アイスプラント」かと。
でも、真のアイスプラントですねぇ。
Commented by fsnote2 at 2016-07-05 10:38
ふわふわの茶色の仔羊ちゃん、可愛い~
でもこの時は怖がっていたんですか;
皆に守られて、元気に育ってほしいですね。
凄い霧氷!綺麗~(他人事で恐縮です ^o^;)
それで「冬からの旅立ち」、なるほど。
FSで温まってください。(笑)
Commented by BBpinevalley at 2016-07-05 15:44
cool−witchさん
今のところ、仔羊は順調に育っています。
生まれたすぐ後には、お母さん羊のミルクを飲んで、抗体性は貰っているようです。

ほんと、アイスプラントみたいですね。
でも、これで死んでしまう植物もあると思います。
Commented by BBpinevalley at 2016-07-05 15:48
fsnoteさん
可愛いでしょう、オモチャみたいでしょう。
でも、お母さんがいなくて可哀想。
元気に育って欲しいです。

霧氷と言えるのか、ただの霜なのかわかりません。
植物に良いはずありませんが、とても綺麗でした。
ドクトル・ジバゴを思い出しました。
Commented by misarin-1126 at 2016-07-05 16:33
こんにちは!
寒い季節の国からの脱出 良かったですね(*^^)v

>先日アップした茶色の仔羊、どうやらお母さんに見放されてしまったみたいで、一人で啼いていたので保護しました。
怯えてます様子目がもの語ってます!
優しい皆様に保護され一安心ですね。
本日、凛の動物病院に出かけてみて混雑ぶりに驚きました。
Commented by ei5184 at 2016-07-05 17:15
庭の霧氷、猛暑の私の処からですと、ああ、涼しい(失礼)
今はSFにおられるのですね~ そちらは暑くはありませんか?

茶色の仔羊君、どうぞ健やかに育って下さい!
Commented by BBpinevalley at 2016-07-06 01:42
misarinさん
脱出したつもりが、サンフランシスコもやけに寒いです。
「一番寒かった冬は、サンフランシスコの夏だった」というマーク・トウェインの言葉の通りです。

茶色の仔羊、なんとも可哀想でした。
でも、今は元気にミルクを飲んでいるようです。
ニュージーのファーム用の獣医さんは高いので、おいそれとは行けません。
ファームでは、ある程度のことは自分でできなくてはね〜
Commented by BBpinevalley at 2016-07-06 01:44
eiさん
なんだか、涼しい写真を送ってしまったみたいですね。
霧氷と呼べるのか、ただの霜なのか…
とても綺麗でしたが、草花は痛むと思います。

茶色くん、なんとか元気に育っているようです。
油断はなりませんが。
Commented by voyagers-x at 2016-07-06 08:45
おはようございます!!
お母さんに見放される.......可愛そう
何だか人間と同じですね
子供の寂しい気持を連想しました
こんなに可愛いのに......
生きるのって大変ですね
Commented by BBpinevalley at 2016-07-06 13:01
voyagerさん、
こんばんは〜
動物の世界は厳しいですね。
弱い子が生まれると、自然淘汰の本能か、母親は子供を見捨てることが多いです。
双子が生まれても、弱い方を見捨てます。
こんなに可愛いのにね。
人間が拾い上げてケアーすると、大抵はうまく育ち、とても懐いてくれます。
嬉しいものです。
Commented by t-higasikouji at 2016-07-07 06:46
冬からの新しい季節柄の移行期なのですね!

待ちに待った時期に なるのですね。

お仕事も大変な面も多いと思います。
お励みくださいね~~!

拙い ブログに いいね を ありがとうございます。
Commented by BBpinevalley at 2016-07-09 16:26
t-higashikoujiさん
こんばんは〜
冬のニュージーランドは雨がちで、ぬかるむ季節です。
冬景色は綺麗ですけれど。

写真がとても綺麗ですね。
感動的です。
景色もアップも素敵です。
またお邪魔します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< アップルストアとモカちゃん/ ...      再びウェリントンから/ Anc... >>