アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 02日

2016年最後の月、ファームの風景/ The Farm Scene on December 2016



e0310424_19145277.jpg




e0310424_19153702.jpg

え、あたしのこと?

誰か呼んだ?

お茶目で元気いっぱいなブリトニーです。


Me? Are you talking about me?
The perky charmer, Britney.

















e0310424_19293922.jpg


いつもおとなしくて落ち着いているアリシアちゃんとはちょっと違う。

右側はずいぶん大きくなったクリス嬢。


5 days younger Alicia, on the contrary, is always calm and quiet.
On the right is Chris.
















e0310424_19165548.jpg


昨日は、新しく来られた短期のウーファーさん達の歓迎会で、ストックマン(牧場係長とでもいうのか)のバドさんのお家に招かれました。

バドさんのお家はワイン畑に囲まれていて、ファームの門から入ると最初に見えます。

これは裏のデッキからの眺め。

バーンは右手奥になります。


2 short time woofers from Japan arrived yesterday and we had a welcome dinner at our stockman's house on the farm.
This is the view from his back deck.
The little house in the front is the cottage and the barn is just cut off from this photo on the right.














e0310424_19170477.jpg


リビングルームからの景色。

ワイン畑に囲まれて、なかなかいい眺め。

ワインが育てば、もっと雰囲気が出ますね。


Bud's house is surrounded by the vineyard.
He'll have a nice view this summer.















e0310424_19204954.jpg


私は急に畑仕事に励んだので、筋肉痛で参ってます。


I just finished planting our last batch of tomatoes.
It's a hard work for an office worker like me.














e0310424_19223716.jpg


時々奥の畑に行って、松の木の間から見える遠い景色に目をやり、一息つく。


This is the back vegea garden.
I like the view between the pine trees.















e0310424_19224704.jpg


畑の仕事って、家事と一緒で際限がない。


I have to work on this side next.
The work at garden is endless just like the house chores.
















e0310424_19225962.jpg


でも、子供と一緒で、成長を見るのはゾクゾクするほど楽しいですね。


But the reward is big.
















e0310424_19231179.jpg


ちょっと植えすぎたかな、ケール。

スーパー野菜だそうですね。

若い葉だけを摘んで、オリーブオイルと塩コショウでまぶし、オーブンでカリカリに仕上げると美味しいですよ。

海苔みたいな味になります。


… and beautiful.
We love roasting young kale leaves in the oven with olive oil and salt.
When they are crispy, it almost taste like seeweed.
















e0310424_19232079.jpg


これもケールと同種だと思いますが、イタリアのカヴァロ・ネロ。

ガーリックと一緒に炒めると、実に味わい深い野菜です。


This one is Cavalo Nero, also known as Black Kale.
Very good fried slowly with garlic.




うちのファームのホームページです。
ほぼ完成。
見てやってくださいませ。
ご意見、ご要望があれば、お聞かせくださいね〜










[PR]

by BBpinevalley | 2016-12-02 20:21 | アオテア・オーガニックファーム | Comments(24)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-12-02 22:16
こんばんは
素晴らしいHPができましたね。
とてもシックな背景で、落ち着いた雰囲気を感じます。
英語は読んでませんが、中に掲載されてる写真はどれも素晴らしいです。
ファームの発展を、陰ながら応援しています。
Commented by environtuushin at 2016-12-03 00:18
今日も牛ちゃん達と 素敵なリビングからのワイン畑の眺め なんて幸せなのでしょう^^
ズッキーニ? 育ってますね~ ケール食べた事無いのですけど 読んでるだけで 食べたくなりました
広い敷地で畑仕事 少し憧れます 収穫して食べるの専門♪
Commented by surgeon24hrs at 2016-12-03 05:23 x
こんにちは。

気温もだいぶ上がって、植物動物共に元気になっている時候とお察しします。
仰るようにファームの仕事は終わりなしですね。大変!私には絶対にできない、と断言できます。

ケール、好きです。Olive Gardenがレセピを公開しているZuppa Toscanaは大好物です。
: )
Commented by voyagers-x at 2016-12-03 10:30
おはようございます ! !
可愛い牛ですね
カメラを意識した目線ですね
全然怖がらないのですね
本当にお茶目で慣れていて可愛いですね
菜園、本格的ですね
Commented by ei5184 at 2016-12-03 10:32
HP拝見しました。 え~ ご案内が全て英語でしたので、
途中から諦めて写真だけを拝見(笑) 素敵なHPだと思いました!
その中に辞書を片手に解読したいと思いますが・・・

ブリトニー君は物怖じせずによく懐いているようですね~
何時も楽しいお話をありがとうございます。
Commented by ♥ junjun at 2016-12-03 18:49 x
♪ブリトニーの つぶらなお目目が 愛らしいね~
カメラ目線も バッチリ決まってるね(笑)

HP ステキなのが出来ましたね、凄~い^^v
写真見てるだけでも 興味そそられます🎶
Commented by BBpinevalley at 2016-12-04 06:16
tabi-to-ryokouさん
ありがとうございます。
専門家の方からお褒めいただき、とても光栄です。
肝心のビジネス自体を完成させなければいけませんが、少しづつでも前進の毎日です。
ホームページもいつもアップデートですね。
仕事には終わりがないですね。
Commented by BBpinevalley at 2016-12-04 06:18
environtuushinさん
体に良いと思って畑に出ても、腰痛になっては仕方ないですね。
普段の運動不足がたたってます。
もっとぼちぼち始めないとね。
バドさん家からの眺め、いいですよね。
ワイン畑の中の一軒家って感じ。
Commented by BBpinevalley at 2016-12-04 06:56
surgeon先生
本当、どうしてこんなややこしいことに手を出したんでしょうねぇ。
うちの夫のすることには、全く閉口させられます。
私には、菜園をチョチョっといじることしかできない。
それでも根を上げている始末です。
Zuppa Toscana,作ってみますね。
Commented by BBpinevalley at 2016-12-04 06:58
voyagersさん
仔牛は、すぐに母親から離して人間が育てるので、私たちを親だと思い込んでいます。
行くとすぐに近寄ってきてペロペロ舐めてくれる。
可愛いです。
匂いもないんですよ、うちのシンバの方が男臭い(笑)
菜園、七転八倒デス、まさに。
Commented by BBpinevalley at 2016-12-04 07:01
eiさん、
HP見てくださってありがとうございます。
日本語のも作った方がいいですね。
なかなか手が回らなくて…

仔牛達は、私たちを親だと思っているので、可愛いです。
ミルクをあげる人が親なんですね。
それぞれ性格もあって、面白いですよ。
Commented by BBpinevalley at 2016-12-04 07:02
junjunさん
HP、見てくださってありがとうございます。
デザイナーの人の趣味がよくて、私たちもハッピーです。
ブリトニー、可愛いでしょ。
お茶目で元気な性格。
牛にもいろんな性格があって、ホント、オモシロイ。
Commented at 2016-12-04 13:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by BBpinevalley at 2016-12-04 17:29
arakさん
仔牛ちゃん達、みんなお出でって言ってますよ(笑)
バドさん宅からの眺めはいいですよね。
BAGUSにはコメントを入れない方がいいのですか??
どうしたんでしょう…
Commented by yamate4187 at 2016-12-05 08:25
なんて❣️可愛いのでしょう💕
心があたたまりますね。
Commented by BBpinevalley at 2016-12-06 08:54
yamateさん
ほんと、仔牛たちは可愛いです。
毎日、顔を見るのが楽しみです〜
Commented by touseigama696 at 2016-12-06 09:02
我が家の桃次郎が逝って一カ月
ちょっとは慣れてきましたが
それでもやはり物足りなさが残って
生き物の力は凄いですね
モノ言わぬ目の表情の豊かさ
こうして見ているだけでも癒されます

HPってどこにサインがあるんだろ?
是非拝見したいのですが・・
何しろ電脳音痴なので
なんだぁ~・・そっかぁだったらごめんなさい
Commented by rabbitjump at 2016-12-06 18:11
ブリトニーちゃん、なんて可愛いのでしょう。
撫でたくなりました^^
元気でおおきくなあれ。
松の木から見える風景、気に入りました。
このサワサワとした葉の本体はアスパラかしら?
Commented by Miyanao117 at 2016-12-07 08:38
そちらは、夏ですね!バンクーバーは、昨日初雪が降りました。今週は、またまた雪が降りそうです。
動物たちの瞳は、ものすごく純粋ですよね。心が洗われます。

ケール、がっつりとサラダにして食べると美味しいです。このお写真のケールも美味しそう。
新鮮な空気まで伝わってきそうです。
Commented by francana at 2016-12-07 15:47
つづけてコメントさせてください~
若い牛たち、ほんとうに愛くるしい。登場するたびにほっと癒されていますよ。
バドさんのお宅のデッキも開放感たっぷりでいいですね。
りっぱな菜園!こちらは冬なので、ズッキーニが懐かしいです(笑)。
これだけ広さがあればおいしい野菜がたっぷり収穫できて、やりがいがありますね。
でもその分、世話がたいへんですけれど。どうか腰にお気をつけて・・・
松の木のあいだから見える景色、湖が見えます。絵にでも描きたくなります(描けるなら・笑)。
Commented by BBpinevalley at 2016-12-09 05:50
touseigamaさん
お返事が遅れ、失礼しました。
桃次郎さんが逝かれて、さぞお寂しいことと思います。
無条件に慕ってくれる犬は、心の大きな部分を占めてしまいますよね。
シンバもだんだん動きが爺むさくなってきました。
心配だけれど、どればかりは仕方がないですね…

HP、そちらから見えないでしょうか?
「ご意見ご要望があれば…」と書いたすぐ下に白いボックスが見えませんか?
その中にAOTEA ORGANIC FARMなどと書かれていますが、それらにカーセルを合わせていただくと飛べるようになっています。
もし、このボックスが見えなければお知らせください。
Commented by BBpinevalley at 2016-12-09 05:53
rabbitjumpさん
動物にも性格がありますね〜
ブリトニーは本当にノ〜テンキで、可愛気のある子です。
松の木の間の風景、写真ではあまりうまく撮れないのですが、綺麗なんですよ。
奥行きがあって。

サワサワとしているのは、そうですアスパラです。
Commented by BBpinevalley at 2016-12-09 05:56
miyanaoさん
動物と毎日接していると、気持ちが健康になります。
曲がりくねりがちな人間の精神が、まっすぐ矯正されるみたいな。
ケール、サラダにされるんですね。
ケールばかりの?
ナッツとかチーズとか入れるのかしら?
Commented by BBpinevalley at 2016-12-09 06:01
francanaさん
いつもコメントありがとうございます。
菜園は、今のファームスタッフだけでは食べきれないくらいの野菜ができます。
ちょっと植えるものの種類を考えないといけません(笑)
周囲を葡萄畑と牧場に囲まれたバドさん家は、なかなかいいですよね。
バドさんは、我がファームにとってなくてはならない人になりました。
松の木の間から見えるのは、カイパラ湾の奥まったところです。
巨大な湾なのですが、うちはその奥にあります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 忙しい、忙しい… 師走ですね/...      カラントとクルミ入りのリコッタ... >>