アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 28日

フランク・ステラ展/ Frank Stella : A Retrospective


e0310424_10294841.jpg


ゴールデンゲート・パークは、とても広い公園で、遊園地もあれば美術館も博物館もあり、植物園や森のトレールもあります。


There are ten lakes in Golden Gate Park and it spreads to more than 1000 acres of land, I was told.
















e0310424_10295596.jpg


お天気も良くて、新芽の緑もみずみずしく、そこらじゅうが輝いて見えました。


Yesterday was a splendid day to visit the park with crisp air but very little wind.















e0310424_10300545.jpg


ここに来た目的はこれ。

ゴールデンゲート・パークにあるデ・ヤング美術館に、フランク・ステラ展を観に来たのでした。


We came to see the Frank Stella show which was on its last day.
















e0310424_10301114.jpg


お隣のチャリティーと一緒に来ました。

彼女、ステラが好きなんだそうです。

私のサングラスをかけて、上機嫌のチャリティー。


I came with Charity, my neighbor/frind.
She loves Stella's work.
















e0310424_10314037.jpg


アート好きの方はご存知でしょうが、フランク・ステラは戦後のアメリカの近代絵画を代表した画家です。

美術の教科書にも載っていたと思いますが、この写真のような絵で有名になりました。

私には、個人的に少しご縁があったお方で、うちのギャラリーでも一月以上の展示会をしたことがあります。


I had been on the same crossroad (metaphorically speaking) a few times with Stella in the past.
Long time ago, we hosted his exhibition at our gallery as our space was the only one in town which could contain his large paintings at that time.
I also knew his son pretty well at one point. He eventually became my ex-sister-inlaw's husband.















e0310424_10315365.jpg


こういうのもよく知られていましたね。

これらは1970年ごろの作品です。
















e0310424_10320144.jpg


その前は、こんなのを描いていたんですね。

これ、結構好きだな。

60年代後半の作品。


I kind of like this one.
Done in late 60's.















e0310424_10322041.jpg


わんちゃんもオーケーなんですね、ここは。


I didin't know doggies are allowed in museums.
















e0310424_10331345.jpg


美しい景色の描写や、思想の表現などという絵画から離脱し、ただ単にキャンバスに色を塗るという点が画期的だったらしいです。


Stella's idea was "intended to emphasize the flatness of the canvas and prompt the viewer's awareness of painting as a two-dimensional surface covered with paint - thereby overturning the notion of painting as window onto three dimensional space that emerged in the Renaissance and dominated medium for many centuries thereafter"
Interesting.













e0310424_10333779.jpg


それから80年代に入って、だんだん絵が立体化していきます。

熱心に見ている若い女性は、美術専攻なのかしら。


In the '80's, the form of Stella's paintings became more and more three dimensional.

















e0310424_10335872.jpg


こうなるともう彫刻かなって思うのですが、ご本人は絵画だとおっしゃる。


Now, almost like a sculpture, but the artist still calls it "a painting".















e0310424_10345334.jpg


「そうなのかしらねぇ〜」と見つめる親子らしい二人連れ。

でも、色は綺麗だし、なかなか迫力がありますよね。

80いくつのおじいちゃんの作るものとも思えない…


I guess it's a painting if the artist insists.
They are quite powerful and beautiful, though.
Not many 80 year-olds create or even think of creating something like this.
















e0310424_10362588.jpg


私はやっぱり、うんと初期の作品が好きかなって思いました。

今、サンフランシスコの空港です。

あと1時間もすれば搭乗です。


Still, my favorites were the very early works in the late '60s.








[PR]

by BBpinevalley | 2017-02-28 11:39 | アメリカ生活 | Comments(18)
Commented by yo at 2017-02-28 17:05 x
こんばんは
ご無沙汰しています。
素敵な展覧会ですね。
考えてみればアーティスト仲間ではお年をめす程元気になる方結構いらっしゃることに気付きました。
不思議ですね。

ニュージーランドにご帰国ですか?
今週の土曜日、Vivianでオープニング&アーティストトークがあるそうです。とても興味深いので
私達も聞きに行こうと思っています。
ご都合が会えば是非!




Commented by umi_bari at 2017-02-28 17:45
本当に申し訳ないです。
アラック、芸術っていう物が分からないんですよ、
でもね、カラフルの色使い、楽しくなりますね。
二枚目の橋と川が一番気に入ってしまいました。
ご免なさいね、こんなコメントでね。
Commented by voyagers-x at 2017-03-01 09:31
おはようございます ! !
素敵な公演ですね
綺麗だし造形美を少し感じます
フランクステラ展、素晴らしいですね
斬新で色彩で脳を刺激してくれそう ^^;

Commented by BBpinevalley at 2017-03-02 05:39
yoさん
おはようございます。
ニュージーに帰ってきました。
暑いですね。
ステラは、小柄で痩せ型のお方ですが、創るものは元気いっぱいですね。
vivianのオープニングはどなたの展示でしょう?
ググってみましたが分かりませんでした。
ちょっと遠いので、行けないかも〜
Commented by BBpinevalley at 2017-03-02 05:42
アラックさん
なにをおっしゃる、アラックさんも芸術家ではありませんか。
写真も立派な芸術です。
アートはわかる必要なし、感じればいいのですよ。
なにも感じなければ、それだけのもの。

ゴールデンゲート・パークは、本当に綺麗でした。
お日和も良くて。
Commented by BBpinevalley at 2017-03-02 05:44
voyagersさん
ニュージーから、おはようございます。
一晩ぐっすり寝て、スッキリしました。
こちらは、まだ蒸し暑いです。
こうして自分のブログを見ると、たった昨日までいたカリフォルニアがもう懐かしい。
ステラ展、確かに脳の刺激になりました。
Commented by yo at 2017-03-02 14:28 x
ご参考までに:)

https://m.facebook.com/TheVivianGallery/?fref=ts

Commented by saitamanikki2008 at 2017-03-02 14:47
こんにちは。
もう ニュージーランドに帰国されたのですね。
狭い面積の日本に暮らしていると、
このような広い公園に建てられた美術館を見終わって、
余韻が楽しめるのが贅沢のように思います。
日本だと、館外に出ると、すぐ交差点、自動車が走り、
直ぐに日常の現実に引き戻されます。
色彩の綺麗な作品ですね。
一流の芸術家の作品は、晩年に作品が最高潮に達するようなので、
まだまだ楽しみな作品が出て来るかも。。。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-03-02 18:12
お~、これはステキなアートですね。^^
彫刻じゃなくて絵画だと、作者が主張するんであれば、そうなんでしょうねえ。^^
アートって、そのぐらいの思い入れがないと、やってられないのかもしれません。
マルセル・デュシャンの「泉」を初めて見た人は唖然としたでしょうねえ。
Commented by surgeon24hrs at 2017-03-03 22:03 x
おはようございます。もう着かれているのですね。今回からTravel documentをお持ちなので、移動が楽になるといいですね。

素敵な公演、素敵な美術館、素敵な展覧会。言うことなしですね。田舎者としては、大変に羨ましいです。
Commented by chantake123 at 2017-03-04 10:54
確かに教科書で見たことがあるような!
日々仕事に追われているので、
何だか美術館で時間をとって眺めてみたいなあと思いました!
それにしても、ゴールデンゲートパークいい所ですね♪
Commented by misarin-1126 at 2017-03-04 12:32
>私のサングラスをかけて、上機嫌のチャリティー。
cuteな笑顔が素敵♡

暖かい所に戻られたのですか?!

私は、無事に申告を終わらせ埼玉の家を春バージョンにして
寒い信州に帰って来まして凍えて炬燵と仲良くしています(苦笑)

経理ソフトも充実して本当に便利な時代になりましたね(●^o^●)
何でもPCやスマホでチョイチョイって調べられるですものね^m^ ふふふ
自分では苦手って思っている事が得意なことって当たっています^^
嬉しいコメントをありがとうございました(^◇^)
Commented by BBpinevalley at 2017-03-04 16:38
yoさん
情報、ありがとうございます。
私も見たのですが、今、なにをやっているか、不明でした。
今後の予定もないように思うのですが…
Commented by BBpinevalley at 2017-03-04 16:43
saitamanikkiさん
ゴールデンゲート・パークは本当に広くて、都会の泉のようです。
ニューヨークのセントラルパークもそうですが、こういう緑はほっとしますね。
フランク・ステラの作品は、今の方が昔より迫力がある感じですね。
美術的価値となると、また違うのかもしれませんが。

ニュージーランドに戻り、急に夏に放り込まれました。
晩夏ではありますが、まだまだ日中は暑いです。
もう少し雨が降ってくれるといいのですが…
Commented by BBpinevalley at 2017-03-04 16:47
黒顔羊さん
マルセル・デュシャンて、面白い人ですよね。
お墓に、「そもそも、死ぬのは他の人ばかりだよね」って書かれているそうです。
私がアートディーラーとして最初に売ったのがデュシャンの小品でした。
ステラさんとはご縁があったので、観ていてなんだか温かい気持ちになりました。
Commented by BBpinevalley at 2017-03-04 16:49
surgeon先生、
アトランタって、そんなに田舎ですか?
サンフランシスコも、つい最近まで、ちょっとprovincialだと思っていましたが…
アトランタどころではない田舎に帰ってきましたが、空気がきれいで気持ちがいいです。
まだまだ暑いです。
Commented by BBpinevalley at 2017-03-04 16:52
chantakeさん
教科書に載っていましたよね。
子供の頃、この絵のどこがいいんだろうと思ったので、覚えています(笑)
美術館でぶらぶらする時間、私も好きです。
気持ちが落ち着きますよね。
贅沢な時間です。
Commented by BBpinevalley at 2017-03-04 16:58
misarinさん
申告を終えられたとのこと、さぞすっきりなさったことでしょう。
信州は寒くてもきれいで良いでしょうね。
こたつで丸くなるのも、日本らしくていいじゃないですか。

コンピューターで確かに便利にはなりましたが、つい頼ってしまって、癖になりますね。
最近特に、トランプニュースに中毒しているので、気になってすぐ観てしまいます。
電話とコンピューターが離せません。
娘のことを叱れなくなりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 晩夏のニュージーランドに戻りま...      一人暮らしレポート/ Livi... >>