アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 23日

雨、アンガス牛、お線香/ Rain, Angus Cows, Lavender Insents



e0310424_08202120.jpg


雨がひとしきり降って風が吹き荒れた夜も、

明けてみれば何事もなかったかのよう。

典型的なニュージーランド北島の冬になってきました。


The strong wind with rain was rattling the chimney last night, but it left not much trace of it in the morning.
It's a typical winter weather of this region.















e0310424_08200347.jpg




e0310424_08201208.jpg


雨の日は菜園にも行けないし、ゴソゴソと家のことをしながら窓の外を眺めるばかり。


Stuck in the house, there aren't many chances to use my new camera…














e0310424_08194884.jpg


オレンジが今年もよく生っていますが、やっぱり風の仕業か、かなり落ちています。

マーマレードを作らなくちゃね。


I suppose the wind did something here in my garden. It knocked some of the oranges off the tree.
I better make marmalade.















e0310424_08205327.jpg


これは、うちのアンガス牛。

2〜3週間前にiPhoneで撮ったのですが、真っ黒だからよく見えませんね。

乳牛とは違い、人にもほとんど懐かない野性的な牛ですが、種付け用の牡牛でもない限り、別に危険なわけでもありません。


Here are our young Angus cows.
The photo was taken a few weeks ago with my iPhone. It's very hard to photograph such black animals.
They are not as sweet as dairy cows but not dangerous either.
You have to be careful with bulls, though.















e0310424_08204471.jpg


子供も自分で産むし、牧草の状態をしっかり見ながら移動さえしてやれば、手のかからないタフな牛です。

(なぁんて、私が自分で面倒見てるわけでもないのに、エラそうに…)


Most of the time, they need no assistance with their childbirth, while dairy cows are more closely watched during their pregnancy .















e0310424_08210116.jpg




e0310424_08211277.jpg


先日、その牛の何頭かを競売に出しました。

これは、ウーファーのM子さんが撮ってきてくださった写真。

うちの牛は超オーガニックだから、良い値段で売れたのだそうです。


The other day, we sold some of our Anguses at a local auction.
I did not go but our Woofer M accompanied Bud to the auction house, and gave me these photos.
As our cows are totally organic and well bred, they reached a good price.















e0310424_08203430.jpg


お友達に京都のお土産を貰いました。

ラベンダーの香りのお線香。

家に閉じ込められる雨の日にも、楽しみが一つできました。


This is a Kyoto souvenir from my friend K.
A packet of lavender scented insents.
I love the smell of lavender.
Thank you, K.












[PR]

by BBpinevalley | 2017-06-23 19:15 | ニュージーランドの生活 | Comments(18)
Commented by nagako1953 at 2017-06-23 19:45
4本ばかり木がありますが果実がなるのが梅しかないこと。(今年は10個梅が出来ました)10個じゃね〜笑
柑橘系の木を植えておけばよかったと今頃になって後悔しています。

正面を向いている顔に白い模様のある牛さん睨んでいてちょっと怖い^^;

Commented by Photo-Lover777 at 2017-06-23 20:11
こんばんは。アンガス牛って強そうですね。35年前、アメリカのネブラスカ州に仕事で赴任
した時に、初めて、バッファローを見て驚きました。野生の牛は、厳冬も平気で逞しかった。
反面、日本の畜産会社が来ていて、日本向けの霜降り肉を作るため、牛舎に係留して、肥料を
たっぷりやっていました。なんでも自然な方が良いですね。
Commented by umi_bari at 2017-06-23 22:56
広大なところで一回住んでみたいですね。
苦労はいっぱいだと思います、当然ですね。
でも、電車が一分遅れても大変な世界は、
あまりにも疲れます。
Commented by majani at 2017-06-24 06:17
アンガス牛ってこういう姿なんですね(スミマセン、スーパーでしか見ていなくて…!)
とても凛々しいお顔です。
オークションの様子が面白いですね。
競りに来ている人たちは地元の方?

こちらはカンカン照りが続いていまして、
オレンジが散らばっている涼し気なお写真に癒されました。
Commented by BBpinevalley at 2017-06-24 08:47
nagakoさん
柑橘系の木、特にレモンなどが家にあるのは便利です。
でも出来すぎると、これも困る。
鳥さんたちは柑橘系が苦手ですから、食べてくれません。
そこらじゅうにみかんやグレープフルーツが散らばって……

アンガス牛、一見怖いですよね。
Commented by BBpinevalley at 2017-06-24 08:56
Photo-Loverさん
おはようございます〜
アンガス牛、黒くて迫力ありますよね。
最初の写真の子は、なぜか白いのが混じっているのですが、どうしてでしょうね。
私は、イエローストーンを大きな四駆で走っていて、いきなりバッファローが前に現れ驚愕しました。
まず、そのサイズにびっくり。
Whole Foodsでは、バッファロー肉をよく売っていますが、美味しいです。
霜降りの和牛は、フォアグラのようなものですね。美食家向きに手をこねまわしたもの。
私は、草を食べた放牧牛の方が好きです。
Commented by BBpinevalley at 2017-06-24 09:03
アラックさん、
うちには、60歳を半ばを過ぎた牧場長がいるのですが、その人がいなければ大変。
私たちはお手上げです。
何にでもプロはいるものですね。
日本の電車が1分でも遅れるとNHKニュースになりますが、あれで日本国の神経症ぶりがわかります(笑)
Commented by kitaoni at 2017-06-24 09:32
冬ですね〜
日本はこれから蒸せる夏! オレンジの木が爽やかな風を此方まで運んでくるようです。
これからマーマレード煮るのですね。私はこれから桑の実ジャムを煮ます。
ふふ 季節の反対側の不思議⁈
Commented by BBpinevalley at 2017-06-24 10:19
majaniさん
私も、アンガスがどんな牛なのか、NZに来るまで定かではありませんでした。
アメリカ産ですよね。
オークション、私も行きたかったのですが…
来ていたのは地元の人です。
そちら、暑いそうですね。
うちの家も熱くなってるだろうな〜
Commented by BBpinevalley at 2017-06-24 10:21
kitaoniさん
地球は丸いのですね。
理科の時間で習ったとおり、太陽の周りを回転しながらぐるぐると…
マーマレードばかり増えて困っています。
他の使い道も考えなくては。
でも、つい楽なものだから…
Commented by voyagers-x at 2017-06-24 10:26
おはようございます!!
季節が反対と分かっていても......不思議な感じ
雪が降ったりしますか?
凄く温暖な気候なイメージがあります
牛の目って優しくて可愛いですね
キリンの目に通じる可愛い雰囲気
乳牛でしょうか
お肉にしてしまうのは可愛そう^_^;

Commented by BBpinevalley at 2017-06-24 20:33
voyagersさん
この辺りは、気候は温暖な方です。
南島へ行くと、雪が降ったりするようです。
こちらは、冬でも日中は15度くらいになったりします。
朝晩の温度差がありますね。
写真の黒い牛はアンガス牛で、食用牛です。
お肉になってしまいます。
Commented by surgeon24hrs at 2017-06-25 03:43 x
こんにちは。

徐々に冬が足音を早めているようですね。
これだけの有機アンガスは、相当なお値段になったでしょうね。よかったですね。
ラヴェンダーのお香、こちらまで香りが届きそうな感じがしますよ!
Commented by chantake123 at 2017-06-25 07:41
アンガス牛は精悍な顔つきで野生感がありますね!
そうか、そちらは冬なのですね。
こちらは梅雨に入っても全然降らず暑い日が続いていましたが、
やっと雨が降って梅雨らしくなりそうです。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-06-25 12:03
そうか、南半球のNZは今が冬なんだ・・・
でも、あまり寒そうに見えませんね。
日本の冬に比べると、はるかに常緑樹がおおいんでしょうか。^^;
NZ、牛もいるんですね。
ついつい羊の印象が強くて意外だったりします・・・^^;
Commented by BBpinevalley at 2017-06-26 16:32
surgeon先生
これから、短い冬がやってきます。
7〜8月が冬ですが、マイルドです。
たま〜に霜が降る日があリますが、とても稀。
最近、ラヴェンダーのアロマセラピーに凝っています。
Commented by BBpinevalley at 2017-06-26 16:34
chantakeさん
アンガス牛、迫力がありますよね。
同じ牛でも、優しい乳牛とは大違いです。
やっと雨が降るようですね、日本も。
雨季には雨が降らないと、作物にも影響します。
良かったですね。
Commented by BBpinevalley at 2017-06-26 16:37
黒顔羊さん、
そんなに寒くありません。
夜は10度くらい、昼は15〜7度くらいですね。
7〜8月は、たま〜に霜がおりることがあります。
最近、牛の方が儲かるということで、羊が減って牛が増えています。
ちょっと悲しいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 冬の紫陽花/ Winter H...      霧の朝に/ Foggy Mor... >>