アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 01日

娘の卒業式に思ったこと/ On My Daughter's Graduation



e0310424_12501832.jpg


娘が卒業式に私の古いドレスを着たいというので、少し直しました。

卒業式といっても、IB(International Baccalaureate) という特殊なプログラムに入っていた24人の生徒が、自分たちで企画した、一風変わった卒業式。

学校全体の卒業式には、参加せず終い。


Our daughter graduated from high school the other day.
It was a student led graduation ceremony exclusively for the 24 IB students.
They had been studying so hard for the last 2 years that they became a very closely knit group.

My daughter wanted to wear my old linen dress, which was nice. I mended a bit and ironed it crisp.

















e0310424_12505580.jpeg


背中が、ハイウェストのところで開いているドレスで、下のチュールのギャザーが見えるようになった、変わったドレス。

バックの写真、撮り忘れ。

着る人によって、ずいぶん感じが変わるものダ。


This is the dress.
It is open at high waist in the back to show the tulle underskirt. But I forgot to take a photo from the back.

















e0310424_12540890.jpg


蛍の光を歌う感動の卒業式とは似ても似つかぬ、可笑しくてお腹がよじれそうな、それでいてちょっぴりジ〜ンと来る会でした。


The ceremony was well planned and organized, with delicious appetizers followed by wonderful speeches from both students and teachers and memorable videos.
Two presenters were really funny and the whole thing was a lot of fun.
















e0310424_12544162.jpg


ディプロマを貰って、走り戻るお嬢。
















e0310424_12542821.jpg


先生に感謝の言葉を述べるお嬢。

おおきくなっちゃったわね〜

これで、親としての私たちの責任も一段落か…


My daughter thanked her teachers at the podium. She spoke well. I don't know when she grew up so much…
















e0310424_12553762.jpeg


パパの背中に背負われていたベビーの頃。


She was one year old here, on her daddy's back.
















e0310424_12554988.jpg


ママの膝の上でいたずらしていた幼児期。

5歳くらいかな。


About 5, on my lap in Milan.

















e0310424_12570266.jpeg


8歳でニュージーランドに来て、


We arrived in New Zealand when she was 8.















e0310424_12561941.jpg




e0310424_12562892.jpg




e0310424_12560672.jpg




e0310424_12563930.jpeg




e0310424_13245698.jpeg

いろいろありましたが、なんとか怪我もなく大きくなってくれました。


Happy days at Pine Valley.
















e0310424_12571365.jpeg


これは、12歳の時、東京のデパートで、スイスのパティシェと記念撮影。

趣味がお料理なので、アメリカの大学に蹴られたら、どこかに丁稚奉公?

(丁稚=デッチと読みます。そんな言葉、知らないって?)


Here she is about 12 in Tokyo, posing with a Swiss patissier.
My daughter loves cooking and baking.
She wants to travel Japan and Europe before college and learn cooking.















e0310424_13330549.jpg


パパとママは、すっかり黄昏てるので、お嬢はこれからも健康に元気で頼みマス。

写真は、今日の夕暮れ時。

対岸の丘に夕日が当たって、とても綺麗でした。


Beautiful sunset this evening. The sun was hitting the hills on the other shore.










[PR]

by BBpinevalley | 2017-12-01 00:01 | ニュージーランドの生活 | Comments(48)
Commented by rinkatuu at 2017-12-01 00:06
お嬢さまのご卒業
おめでとうございます(^^)
嬉しさと
子供の成長で離れていくのと
複雑だったりするんでしょうね...
でも元気で過ごして欲しいと強く思いますね(^^)
Commented by Rosaliee at 2017-12-01 00:29
ご卒業おめでとうございます🎊
幼い頃のお写真見ながらウルウルしちゃいました。
我が家は一年後に娘2人のダブル卒業を控えてます。
大泣きするんだろうなぁ。私が。笑
Commented by queentomo at 2017-12-01 01:25
おめでとうございます㊗️
振り返ると、うるうるしてしまいますね〜。
私は9月のウェディングパーティー済んでプチ虚脱状態です。
夫はなんかご機嫌なのですが、、、?。←結婚願望があったお父さん子の娘が結婚できてよかったとおもってるらしいのですが、、、、。
Commented by noboru-xx at 2017-12-01 03:15
おめでとうございます。
Commented by ei5184 at 2017-12-01 03:17
子どもの成長ははやいですね~  こっちはその分歳をとっている(笑)

何はともあれ おめでとうございます。
Commented by otenbasenior at 2017-12-01 05:32
お嬢様の御卒業おめでとうございます。
ここで一区切り、成長の経過を見てご自身も共に振り返り感慨深いことでしょうね。
可能性を秘めた年齢のお嬢様の美しいこと、これからも楽しみでしょう。
残念ながらチャンスに恵まれなかった私ですので他所さまのお子さんの成長を拝見、楽しんでします。
Commented by touseigama696 at 2017-12-01 05:46
こうして時系列で写真を拝見すると
幼かった少女が立派な女性に育つ様子が
それぞれの時期にたっぷりと注がれた愛情とともに
ほのぼのとします
シンバも長生きなわんちゃんなんですね
お嬢さんが嫁ぐ日がきたら
一番泣くのはシンバかもですね(笑)
我が家では娘と息子が大学を出てからでさえ
既に四半世紀・・おっさんとおばさんです(笑)
でもまぁ「無事是名馬」と思うことにしています
実際家族全員が怪我も病気も事故もなく
無事に元気で過ごしているのが何よりうれしいことです
NZの大草原のファーム生活・・
毎日楽しませていただいてます
Commented by surgeon24hrs at 2017-12-01 07:46 x
こんばんは。

おめでとうございます。こうしてまた一つの区切りとなり、新たなステップに飛躍してゆくのですね。
お母様のドレスで、なんて素敵ですね。しかもドレス自体もこれまた素敵!
よかったですね。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-01 08:05
Rinkatuuさん
ありがとうございます。
ヨヨヨって泣くつもりでハンカチも用意しましたが、可笑しすぎる式で、無駄になりました。
それこそ😭
でも、今になって感慨が湧きます。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-01 08:10
Rosalieeさん
ダブルの卒業式とは、喜びもダブルですね。
うちの子の式は、お笑い劇を観に行った感じでした。
まぁ、ドライでけっこう。
このあと、大学への申し込みを終えるまで、落ち着けません。
親の仕事は、まだまだ続きそうです。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-01 08:21
Queentomo さん
ありがとうございます😊
ちょっとお笑いの卒業式で、拍子抜けしましたけど、後でじんわりきますね〜
結婚式だなんて、それまで生きてられるかしらa----
でも、幸せな結婚をしてほしいなアと、すごく思います。
御主人が喜んでおられるのなら、お嬢様はきっと良い方を選ばれたのね。
良かったですね。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-01 08:24
Noboru さん
ありがとうございます。
まずは一段落です。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-01 08:31
eiさん
ホントにね〜〜、
人のことにかまけてると、つい自分のこと忘れますが、気がつけば-----
って感じ😣
ありがとうございます。とりあえず一段落です。
Commented by ayayay0003 at 2017-12-01 09:41
お嬢様の御卒業おめでとうございます(^_-)-☆
笑える卒業式?そういうの味わいたいものです♫
日本でも大学生になると一区切りで寂しくなるものですね!
ニュージ―からアメリカ、ブログを拝見してると近く感じちゃいます~
BBpinevalleyさん、ますますアメリカとニュージー間を行き来してくださいませ(^^♪
Commented by voyagers-x at 2017-12-01 10:41
おはようございます ! !
娘さん、卒業おめでとうございます
白いドレス、素敵ですね
大人っぽいなー
素敵なレディーですね
なんだかモデルさんに見えます
でも下の方の写真は無邪気な女の子
あー、女性の神秘 ^^;

Commented by lavie625 at 2017-12-01 11:25
おめでとうございます❤(ӦvӦ。)
日本では早春でまだ寒いです。夏服の卒業写真にびっくり!w
白いドレスの素敵なこと!これを着こなすまでに
育てられたお母さんにもおめでとうございます。
美しい娘さんこれからも楽しみですね~
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-12-01 13:50
おめでとうございます
お嬢さんキュートですね。ご両親としては、これからが楽しみでしょうね。
うちの長女はステーツの私立高校だったのですが、卒業式は全員が制服で堅苦しかったです。
でも最後に、卒業生一同が空に向かって被っていた帽子を投げたのが、映画のシーンみたいだったとか。
私は入学式も卒業式も、会社の仕事で出ていませんが、出席したカミサンがそう言ってました(^。^)
Commented by tstthome at 2017-12-01 17:23
お嬢さま ご卒業おめでとうございます。
美しく成長された今、幼い頃からの写真を拝見すると
何だか私までジーンときちゃいました(;´∀`)
もうこれで子育てはほぼ卒業したと思っても、まだまだなんのなんの
次から次へと心配事が溢れてくるのであります。
黄昏てなどいられないのが、親というもののようです(^^;←実体験^^
Commented by francana at 2017-12-01 17:49
ご両親にとっては感慨深い日でしたね・・・
24人で一緒に勉強した仲間とは、強い絆ができたでしょうね。
独自の卒業式だなんて、いい思い出になることでしょう。
お嬢さん、幼いころからお目目がきらきらして笑顔が素敵。きれいな女性に成長されましたね。
お料理上手なお嬢さん、これからも幸せな人生を送ってほしいです。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-01 19:29
otennbaseniorさん
ありがとうございます。
これで親の仕事が終わったわけではありませんが、一山越えた感じです。
私も出産経験はないものの、縁があって親になれたのは幸せです。
これから大学受験も控え、まだまだ仕事は続きますが、付かず離れず見守りたいと思います。
こういう機会にしか、振り返る時間もなく…
Commented by BBpinevalley at 2017-12-01 19:46
桃青窯さん
娘は、小さい時から泣かない元気な子でした。
思春期になっても、たいして機嫌が悪くなるでもなし。
親よりも落ち着いているとよく言われ、親にしてもらったのが申し訳ないような(笑)
しかし、おっしゃる通り、心身ともに健康でいてくれることが最高。
何より嬉しいことです。
これから、どこの国の大学に行くのかわかりませんが、娘を通して夢が広がります。
私の父も、そんな思いで私を送り出してくれたのか…
シンバ、いよいよ爺むさくなってきました。
確かに、娘がいなくなると寂しがることでしょう。
もう誰も一緒に寝てくれない、って。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-01 19:53
surgeon先生
ありがとうございます。
一山越えたものの、大学という次の山が待ってイル〜
さて、どこへ入れてもらえるのやら(もらえないのやら…)

私のドレスを着てくれたのは、きっと親孝行のつもりだったんでしょうネ。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-01 19:56
アリスさん
ありがとうございます。
目頭を抑える母を想定して、一応ハンカチなど持参しましたが、不要でした。
あんなに笑える卒業式も、珍しいのではないかと思います。
さぁ〜、アメリカとNZの往復ということにして欲しいですが、果たしてかの国の大学に入れますやら…
一段落ついても、心配はこれからも続きそう〜
Commented by BBpinevalley at 2017-12-01 20:00
voyagersさん
ありがとうございます。
あっという間に大きくなってしまいました。
人間、人のことにかまけていると、時間が経つのを忘れるものですね。
女の子は、お年頃になると、急にピカピカしますよね。
でも、中身は一緒です(笑)
幼かった頃が、ちょっぴり懐かしい気もします。
あの子はどこへ行った〜、なんてね。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-01 20:04
lavieさん
ありがとうございます。
なんとか規格サイズにはなってくれました。
これから、中身を充実する旅に出ていくわけですが、やっぱり心配。
落ち着いている子だとは言え…
親の仕事は終わりませんね。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-01 20:10
tabi-to-ryokouさん
ありがとうございます。
お嬢様、アメリカの学校に行かれたのですね。
制服のある学校だなんて、珍しいですね。イーストだったのかしら。
娘の学校も制服なので、全体の卒業式は型通りのものだったと思います。
ある意味、この「笑える」卒業式も、楽しかったです。
慎ましく目頭を抑えるつもりで持参したハンカチは、全く無駄になりましたが。
Commented by arare719 at 2017-12-01 21:04
お嬢様、ご卒業おめでとうございます!そして、涙。
大切な成長写真を拝見させて頂き、ありがとうございます。
どの写真もとってもキラキラ、眩しくて、素敵 です ♡
で、シンバ君とまるで兄弟のように見えるのですが、笑。
Commented by naozoom at 2017-12-01 23:34
かわいい娘さんの卒業おめでとうございます。
ドレスも着ている娘さんも素敵だな♪
丁稚奉公って今の日本では死語になってしまったのですかね?
Commented by BBpinevalley at 2017-12-02 08:03
チロママさん
ありがとうございます。
一区切りつくと、やっぱり振り返ってしまいます。
楽しかったなぁと。
これから、まだ未知数の大学を控えていて、彼女の冒険は続きます。
何をするにしろ、これからは遠隔操作の親になりそう。
Commented by jinsnap at 2017-12-02 08:08
おはようございます。
お嬢様、ご卒業おめでとうございます。
健やかに成長なさっている様子をお写真で拝見させていただくことができ、嬉しく思います。
微力ですが野球を通じ子供たちが育つ環境を変える活動に参加させていただいています。
ですので、子供たちが成長していく様子を拝見できることが本当に嬉しいです。

そうですよね。
健康って当たり前のようで当たり前ではない。
とにもかくにも健康でいて欲しいと願う気持ちに賛同いたします。

変わって。
"丁稚に行ってこい!!"
なんて、子供のころに商売をしている父になんども言われました...^_^;
Commented by BBpinevalley at 2017-12-02 08:15
francanaさん
つつましく目頭を抑えるシーンはありませんでした(笑)
司会の子が急に泣き出した時も、その泣き方が唐突で、可笑しくて可笑しくて。
珍しいですよね、こういう卒業式。
娘は、小さい時からご機嫌な子で、ポジティブな人間です。
これからの冒険旅行も、賢く元気に乗り切って欲しいです。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-02 08:20
arareさん
ありがとうございます。
シンバとは、兄弟のように育ったので、未だに家に戻った時は一緒に寝ています。
娘が旅立ってしまったら、シンバが悲しむことでしょう。
娘は明るくて前向きな子です。
これからの人生の旅路も、笑顔で健康に歩んで欲しいです。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-02 08:22
naozoomさん
ありがとうございます。
やっと、という思いと、もう、という思いが交錯しています。
丁稚奉公なんて誰もしないから、死語になっても当然ですね。
でも、見習いに入って実習するっていうの、好きなんですけどね。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-02 10:11
jinsnapさん
ありがとうございます。
なんとか元気でここまできました。
子供を育てるということで、一番成長したのは自分だなとも思います。
同時に、自分の親のへの感謝の気持ちが、溢れるように湧きました。
子供に関わる活動をされているのですね。
元気に走り回る子供を見ると、それだけでエネルギーがもらえますね。

丁稚奉公、いいアイデアだと思うんですが…
本当の意味での実習ですものね。
赤とんぼの歌詞の中にも出てきますよね、叱られた姉やのこと。
あれは、奉公にきた娘のことだと、父が教えてくれました。
Commented by unjaku at 2017-12-02 15:31
おめでとうございます!コングラッチュレイションですね。
お嬢様の白いドレス、アオザイを思い浮かべました。素敵!!

なんと素敵な子育ての日々だったのでしょう!!
私にも、そのうちこんな素敵な日がやってくるのでしょうか?
今は蹴飛ばしたいくらい、憎たらしい子育ての日々です。
Commented by kamekamerikuriku at 2017-12-02 19:18
はじめましてこんにちは☀️
いつも楽しく拝見させていただいております♪
お嬢様のディプロマ取得おめでとうございます🎉

Commented by watmooi at 2017-12-02 22:01
お嬢さまディプロマ取得とご卒業おめでとうございます!!
健やかに成長され、お母さまのドレスに身を包まれて
おふたりの幸せが伝わってくるようです。
お若いころのBBpinevalleyさん、きっと女神のようだったのでは!?
ともあれ月日の経つのは速いですね。
Commented by tasukeai-maki at 2017-12-03 00:45
ご卒業、おめでとうございます(*^^*)
親になれなかったので、子供が居て、卒業を迎えたら
どういう気持ちなんだろう?色々思い返して涙したり?
子育てヤッパしてみたかったなぁ。。。
親になっていたら、どんな人生だっただろう?
きっと今とは全く違う生活だったと思います。
節目節目のお祝い事はとっても嬉しい事なのでしょうね(*^^*)
これからのお嬢さんの人生が華々しい物であります様に。。。

でっちぼうこう分かります!でっちが出路としか変換出来ず(>_<)
Commented by BBpinevalley at 2017-12-04 05:07
unjakuさん
ありがとうございます。
アオザイ、いい感じですよね。大好き。

双子さんだなんて、楽しさも倍じゃないですか。
でも、子育ては、私がしたどの仕事よりも面白かった。
どうして二人もらわなかったかと悔やまれましたヨ。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-04 05:09
kamekamerikurikuさん
ようこそ〜、そして、お祝いのお言葉、ありがとうございます。
クラシックギターをなさるのですね。
その後、お加減はいかがでしょうか。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-04 05:11
watmooi
ありがとうございます。
ことに、女神のようだったのでは?とは、ナントご親切なお言葉(笑)
月日はあっという間に経ち、経って仕舞えば、すべてが夢だったように思える。
これって、信長の時代から変わらないんですね。
いや、もっと前からか。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-04 05:16
tasukeai-makiさん
ありがとうございます。
私も、自分では産めなかったクチですから、育てただけ。
でも、子供の頃から、貰いっこしたいと思ってたんですよね。
予想以上に楽しい経験です。
二次元が三次元になったような、と言えばいいのか…
でも、この件に関しては、ついてたように思います。
自分で産んでも、苦労されてる方もあり。
世の中、すべてこれ、ご縁ということかも。

デッチ、やっぱり死語ね。
Commented by saitamanikki2008 at 2017-12-04 17:13
こんにちは。
↑ makiさんへのコメントで、子育ては「二次元が三次元になったような」
確かに、そんな感じなんでしょうネ。
私共も三次元の楽しみがないまま、黄昏時に到達してしまいました。
三次元を体験していたら、今と変わった人生だったのかどうか。。。?
まあ 楽しみは、数多くあることだけは想像できます。
これからも幸せな家族でありますように。。。!!
Commented by tokidokitasu at 2017-12-04 22:53
お嬢さま、ご卒業おめでとうございます!!
お母さんのドレス、素敵ですね♪♪
キラキラした表情がとってもきれい
これからますます広い世界を歩んで行かれるんですね~
楽しみです
ご両親さま、おつかれさまでした!! (*^-^*)
Commented by Diary-17 at 2017-12-06 14:48
はじめまして。
お嬢様のハイスクールご卒業おめでとう御座います。
お嬢様の成長の過程のお写真を拝見し、現在大学で法律を学ぶ我が娘の同じ頃の想いが重なって胸が熱くなりました。
此れから新しい世界に自信を持って羽ばたいていかれる事でしょう。
今後のお嬢様の健康とご活躍をお祈りしております。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-07 06:32
saitamanikkiさん
おはようございます。
中国から貰いっこすると伯父に話した時、「何も好き好んで苦労を背負わなくても…」と言われました。
楽しさも3次元なら、トラブルも三次元?
これは、貰った産んだに限らないことだと思います。
何かの縁なんだと思いますね〜
Commented by BBpinevalley at 2017-12-07 06:34
tokidokitasuさん
ありがとうございます。
お返事遅れてごめんなさい。
私のドレスを着るといったのは、多分私を喜ばせようとのことでしょう。
彼女の趣味はちょっと違うようだから。
とにかく健康で、怪我なくいって欲しいです。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-07 06:38
Diary−17さん
ようこそ〜
そして、ありがとうございます。
お嬢様は既に大学生。
遠くにおられるのでしょうか?
娘は、受かれば遠くに、蹴られればオークランドの大学に行くかも…
親としては、地球の反対側では心配でもあり、複雑な気持ちです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 新車、買いました/ Our N...      ギブス・ファーム再訪/ Rev... >>