2017年 02月 28日 ( 1 )


2017年 02月 28日

フランク・ステラ展/ Frank Stella : A Retrospective


e0310424_10294841.jpg


ゴールデンゲート・パークは、とても広い公園で、遊園地もあれば美術館も博物館もあり、植物園や森のトレールもあります。


There are ten lakes in Golden Gate Park and it spreads to more than 1000 acres of land, I was told.
















e0310424_10295596.jpg


お天気も良くて、新芽の緑もみずみずしく、そこらじゅうが輝いて見えました。


Yesterday was a splendid day to visit the park with crisp air but very little wind.















e0310424_10300545.jpg


ここに来た目的はこれ。

ゴールデンゲート・パークにあるデ・ヤング美術館に、フランク・ステラ展を観に来たのでした。


We came to see the Frank Stella show which was on its last day.
















e0310424_10301114.jpg


お隣のチャリティーと一緒に来ました。

彼女、ステラが好きなんだそうです。

私のサングラスをかけて、上機嫌のチャリティー。


I came with Charity, my neighbor/frind.
She loves Stella's work.
















e0310424_10314037.jpg


アート好きの方はご存知でしょうが、フランク・ステラは戦後のアメリカの近代絵画を代表した画家です。

美術の教科書にも載っていたと思いますが、この写真のような絵で有名になりました。

私には、個人的に少しご縁があったお方で、うちのギャラリーでも一月以上の展示会をしたことがあります。


I had been on the same crossroad (metaphorically speaking) a few times with Stella in the past.
Long time ago, we hosted his exhibition at our gallery as our space was the only one in town which could contain his large paintings at that time.
I also knew his son pretty well at one point. He eventually became my ex-sister-inlaw's husband.















e0310424_10315365.jpg


こういうのもよく知られていましたね。

これらは1970年ごろの作品です。
















e0310424_10320144.jpg


その前は、こんなのを描いていたんですね。

これ、結構好きだな。

60年代後半の作品。


I kind of like this one.
Done in late 60's.















e0310424_10322041.jpg


わんちゃんもオーケーなんですね、ここは。


I didin't know doggies are allowed in museums.
















e0310424_10331345.jpg


美しい景色の描写や、思想の表現などという絵画から離脱し、ただ単にキャンバスに色を塗るという点が画期的だったらしいです。


Stella's idea was "intended to emphasize the flatness of the canvas and prompt the viewer's awareness of painting as a two-dimensional surface covered with paint - thereby overturning the notion of painting as window onto three dimensional space that emerged in the Renaissance and dominated medium for many centuries thereafter"
Interesting.













e0310424_10333779.jpg


それから80年代に入って、だんだん絵が立体化していきます。

熱心に見ている若い女性は、美術専攻なのかしら。


In the '80's, the form of Stella's paintings became more and more three dimensional.

















e0310424_10335872.jpg


こうなるともう彫刻かなって思うのですが、ご本人は絵画だとおっしゃる。


Now, almost like a sculpture, but the artist still calls it "a painting".















e0310424_10345334.jpg


「そうなのかしらねぇ〜」と見つめる親子らしい二人連れ。

でも、色は綺麗だし、なかなか迫力がありますよね。

80いくつのおじいちゃんの作るものとも思えない…


I guess it's a painting if the artist insists.
They are quite powerful and beautiful, though.
Not many 80 year-olds create or even think of creating something like this.
















e0310424_10362588.jpg


私はやっぱり、うんと初期の作品が好きかなって思いました。

今、サンフランシスコの空港です。

あと1時間もすれば搭乗です。


Still, my favorites were the very early works in the late '60s.








[PR]

by BBpinevalley | 2017-02-28 11:39 | アメリカ生活 | Comments(18)