アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

2017年 03月 04日 ( 1 )


2017年 03月 04日

晩夏のニュージーランドに戻りました/ Late Summer in New Zealand



e0310424_17083707.jpg


ニュージーランドは、晩夏というのに日中はまだまだ暑いです。

それでも、夫はバスハウスに熱中していて、大工さんとトントンやっています。


I'm back in New Zealand where the late summer ray is still strong. It's quite hot in daytime.
My husband is very much into putting together the bathing center on the farm.

















e0310424_17091257.jpg




e0310424_17092340.jpg


くの字型の小屋だったのですが、二つに分けて運んだところ、2番目のが崩れてしまったそうで、骨組みをやり直しているのだとか。

配置も変えたようですね。両方の部屋から景色が眺められるようになりました。


The two room hut was divided by the room and moved in 2 stages, but the second one pretty much crumbled downby the time it was set on the final location. Rob rebuilt the frame of it and attached it differently so that both rooms look onto the view.

















e0310424_17095846.jpg


猫足のバスタブが入りました。


A clawfoot bath was brought into the second room.

















e0310424_17132981.jpg




e0310424_17271864.jpg


窓からの眺めはこんな感じです。

雨が降らないので、牧草が枯れています。

秋になると、一面緑になると思います。


This is the view from the window.
The dry summer changed the green field into gold, but hopefully the rain will come soon.
















e0310424_17134875.jpg


菜園も安泰で、いろんなものが育っています。

これはマスクメロン。


My vegetable garden has been well kept and is producing abundantly.
This is a mask melon.
















e0310424_17134095.jpg


こちら、日本種のカボチャ。


Japanese pumpkin.
















e0310424_17242784.jpg


このダイナマイトみたいなのは、スイカ。


This watermelon looks like a cannonball.
















e0310424_17255013.jpg


さて、先日娘が17歳になりまして、お誕生日のお祝いは何がいいかと訊いたら、ジャズクラブに連れて行って欲しいと。

大人と一緒でないと入れないのだそうです。


My daughter turned 17 the other day. She asked us to take her to a jazz club to celebrate, which was a nice surprise. A sign of maturity?
















e0310424_17260089.jpg


オーリンズというクラブで、アメリカのニューオーリンズがテーマです。

この夜のボーカルの女性は、なかなかハスキーな声で、リズム感もあってよかったです。


The name of the joint is "Orleans" in downtown Auckland near the wharf.
The vocalist that night had a very nice voice. We really liked the show.
















e0310424_17260710.jpg




e0310424_17261630.jpg


お食事も、アメリカ南部のフライドチキンやコールスローやコーンブレッドが出てくるのです。

あのアメリカの「これでもかぁ〜」みたいな盛り付けからは程遠い上品さで、少し物足りなくはありました。

でも、バースデーガールは大満足だったので、なによりでした。


The food is, of course, American Southern. It was tasty but lacking in spice, punch and volume.
But what can you expect, it is in the opposite hemisphere, more than 6000 miles away from New Orleans.
The best thing was that the birthday girl was very happy.
















e0310424_17262855.jpg


1ヶ月も留守にして帰ってきた時、家の中はきれいに片付いていて、私の机の上にはお花まで生けられていました。

主婦がいなくてもゼーンゼン大丈夫じゃ〜ん、て思ってしまった。


On my return, I found the house very clean and neat, with even flowers on my desk.
My husband seems totally fine without me.
















e0310424_17263709.jpg


白い「裸のレディー」(花の名前です)が、机の上でムンムン香りを放っています。


I love white Naked Lady.










[PR]

by BBpinevalley | 2017-03-04 19:10 | ニュージーランドの生活 | Comments(26)