アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アメリカ生活( 105 )


2015年 07月 04日

休暇のようでもあり、日常のようでもあり/ It Almost Feels like a Holiday


e0310424_12252923.jpg


サンフランシスコは、先週末のお祭り騒ぎが終わったと思ったら、今度は、週末の独立記念日のお祝いに忙しそう。


A week after the crazy celebration on gay marriage, America is heading into another celebration. This time, it's the 4th of July.

















e0310424_12293128.jpg

独立記念日(4th of July)と言えば、バーベキュー。

今日、3日の金曜日には、娘のお友達のご両親に招かれて、さっそくBBQパーティーに行ってきました。


Today, we were invited to a day early BBQ party by the parents of our daughter's good friend.
















e0310424_12292101.jpg


香港系の方たちの集まりだったのですが、さすが舌が肥えていらっしゃる。

海の幸がふんだんでした。


They are from Hong Kong originally, and they know how to eat.

















e0310424_12291246.jpg


どこで仕入れるんでしょうねぇ、こういうの。

ソフトシェルクラブやロブスターもあって、すごく美味しかった。


Oysters, soft shell crabs, lobsters, salmon……, yum.

















e0310424_12285734.jpg


娘はというと、着いてすぐにボランティア活動を始めました。

昔、自分が通っていたジャパンタウンの保育園で、チビちゃんたちのお世話をしています。もちろん日本語で。

保育園の建物は、1912年にジュリア・モーガンとという有名な建築家が日系人コミュニティーのために建てたのですが、戦争中にアメリカ政府によって没収され、戦後ずっと返済をめぐって争われていました。

ちょうど娘が入学する頃に返済が決まり、今日に至っています。

娘は、保育園時代の記憶は定かではないようだけど、私にとっては懐かしい建物です。

よく通ったわね〜、小さかった娘の手を引いて。


Contrary to her lazy mother, my daughter started working as a volunteer at her old preschool right away.
She is taking care of littles kids speaking mostly in Japanese.
This preschool building has some interesting history. It was built by the renowned California architect, Julia Morgan, in 1912 as YWCA forJapanese-American community. Though, during the World WarⅡ, it was confiscated from them by the US government and was not returned even after the war ended. They had to pay rent to run the preschool. After the long appeal and fight, it was finally settled in court and return to the community around the time my daughter was enrolled.
My daughter does not remember but for me, this building brings back the sweet memories of her childhood.


















e0310424_12262498.jpg


小さな子供の声は、家にいても良く聞こえるんですよ。

ちょうど裏庭が公園に隣接しているの。

ニュージーランドの鳥の声もいいですけれど、子供のキャーキャー言う元気な声もいいものです。

(手前のは枯れ木ではなくて、大きなクルミの木で、秋口になるまで葉っぱが出てきません)

Back at our house, we enjoy hearing cheery kids every day, as our backyard is facing a park.
Bird songs in New Zealand are wonderful but I like the sound of kids, too.

















e0310424_12261749.jpg


裏庭のこのコーナーに座っていると、音響効果満点です。

おや、ここ、ちょっと草むしりしないとね。


Best spot to hear kids having fun.
Ooops, we better weed here.

















e0310424_12282521.jpg


毎日が休暇のようでもあり、単なる日常のようでもあり…


It feels almost like a holiday, but it also feels like we time traveled to last year.


















e0310424_12271202.jpg


社交にも忙しいし、買い物にも忙しい。

近くにバイライトという美味しいデリがあるので、そこに足繁く通っては、都会の味を楽しみ、お料理はさぼってます。


We are quite busy socializing and shopping.
I frequently shop at Birite (local deli) to fetch some delicious bites, to take a rest from cooking.


















e0310424_12272150.jpg


都会生活とは、便利なものですね。

I must say I enjoy San Francisco life.










[PR]

by BBpinevalley | 2015-07-04 15:44 | アメリカ生活 | Comments(8)
2015年 06月 29日

いきなり、アメリカどっぷり/ Gay Marriage Celebration


e0310424_10542126.jpg


二日ほど前に、アメリカの最高裁が同性間の結婚を全州で認めたため、サンフランシスコはもう大騒ぎです。

うちの近くのドロレス・パークも、連日、人の海。


The Supreme Court ruled by a 5 to 4 votes that the constitution guarantees a rights to same-sex marriage a few days ago.
San Francisco has been celebrating this decision the whole weekend since.














e0310424_10543089.jpg

日本の海水浴場も真っ青な感じ。


Dolores Park was jam-packed.














e0310424_10544119.jpg



e0310424_10595939.jpg


そこらじゅうに、ユニークな装いの人たち。

アメリカは意外と保守的で、右翼陣の強い国ですから、ゲイの人たちの結婚についてはもめにもめていました。

そろそろ認められても当然だなとは思います。


It's been a long fight for the gay community and I think it's about time.
















Reuters/ Gary Cameron
e0310424_10551874.jpg


ホワイトハウスもこの通り、ゲイのカラーのレインボウ色に。


The White House was lit up in rainbow colors, too.
















e0310424_10593312.jpg


こんなお美しい方も…


Near Union Square.
















e0310424_10592337.jpg


ええっと、こういう方たちも何人か見ましたが、皆さんの撮影リクエストにも気軽に答えていました。

私は、前からの撮影はデキマセンデシタ。


There were a few nudists and they were all happy to pose for a photo.
I just didn't feel like going around to shoot from the front, though……
















e0310424_10550026.jpg




e0310424_10594086.jpg



e0310424_10545040.jpg


セレブもたくさんパレードに加わっていたようで、娘によると、白いスーツで歌っている方は、ピットブルというラッパーだそうです。


There were some celebrities on the floats.
The guy in the white suit is Pitbull, a rapper, according to my daughter.


















e0310424_11002284.jpg


ご主人に連れられてパレードに参加したものの、ルピタちゃんとエース君、お疲れの模様です〜


I guess, some kids were exhausted from all the celebrations.









[PR]

by BBpinevalley | 2015-06-29 12:42 | アメリカ生活 | Comments(24)
2015年 06月 27日

移動は大変でした/ Our Travel Was Hectic



e0310424_07363716.jpg


6月26日、午前8時前のオークランド空港です。

前夜、25日の7時半に出るはずだった飛行機が壊れ、オークランド市内のホテルに一泊させられて、翌朝の飛行機に乗せられました。

サンフランシスコ便にはもう数え切れないほど乗っていますが、こんなの初めて。

疲れました…















e0310424_07364416.png


サンフランシスコに着いたのは、夜中の1時半(正確には、アメリカ時間の26日の朝)。

先ほど、PCのタイムゾーンを変えましたが、この地図で見ると、なんだか世界の端から端まで旅したようですね。

ニュージーランドは、右端、オーストラリアの右下の島です。

青丸のところがサンフランシスコ。

実際には太平洋を斜めに上がったんですけれどね。

明日から2週間ちょっと、カリフォルニアレポートになります。










[PR]

by BBpinevalley | 2015-06-27 07:47 | アメリカ生活 | Comments(8)
2015年 01月 30日

ストリートアートと火事/ Street Art and Fire in My Neighborhood

e0310424_06101560.jpg


先日の壁画、出来上がったみたいです。

The mural seems to have been completed.











e0310424_06173648.jpg


いろんな人たちが、思い思いの絵を描いているのね。

工事現場の人たちも、邪魔にさえならなければ、何も言わないみたい。

There are many other pieces by different street artists.
The building site manager and workers don't seem to mind as long as the artists are not in their way.











e0310424_06174481.jpg


e0310424_06175208.jpg


みんな同じ工事現場の壁画です。

街は潤っているから工事現場も数知れず、そこいら中でストリートアートが楽しめます。

こんなアメリカのシティー生活からも、しばらくバイバイですね。

As San Francisco is booming, there are many construction sites, therefor we can enjoy street art like these everywhere.
Typical American city life scene.













e0310424_06090298.jpeg


昨夜は、すぐ近くで大きな火事がありました。

ヘリコプターが上空をバタバタと旋回していたから、何かあったなと思ってシンバの散歩がてら出てみると、もう煙の匂いがいっぱい。

Last night, there was quite a big fire near us.
We started hearing sirens and helicopters and we knew something serious had happened.
I took Simba and went to see.











e0310424_06093467.jpg
e0310424_06094277.jpg


いつものように防弾ベストを着て膨らんだおまわりさん達も総動員。

The street was blocked and there were many policemen on guard.












e0310424_06092712.jpg


e0310424_06095194.jpg


125人の消防士さんが消火に当たったそうです。

アメリカでは、男の子の憧れの職業のナンバーワンが消防士さん。

人の命を救うホンモノのヒーローですものね。

この夜も、たくさんの人たちが建物から救い出されました。

残念ながら、一人は亡くなったそうです。


次のアップは、こんなシーンからは程遠い、緑の国からになります。


It was reported that 125 firefighters were in combat last night.
At least 40 people were displaced by the fire and 6 were injured.
Unfortunately, one life was lost.

My next blog will be of the green New Zealand. Far far from city life like this.










[PR]

by BBpinevalley | 2015-01-30 07:03 | アメリカ生活 | Comments(22)
2015年 01月 24日

シンバをニュージーランドに返そうと思ったら……/ Trouble Brews with Simba's Trip to New Zealand

e0310424_09571481.jpg

誰かが石ころで作った迷路を、シンバと娘が歩いています。

ある日のドッグパークでの風景。

Someone made this maze with pebbles and Simba and my daughter are walking through it.
A scene from a dog park the other day.









e0310424_09553667.jpg


e0310424_09551336.jpg


そのシンバを、今回一緒にニュージーランドに連れて帰ろうとしたのですが、彼の入国許可が降りるのには、なんと6ヶ月もかかることが判明。

ニュージーランドは狂犬病フリーの国ですが、アメリカはそうじゃないんですって。(色々な野生動物が狂犬病を持っているそうです)

だから、狂犬病の予防注射をしてから完全に免疫ができるまで、ニュージーランドには入国できないのです。

We wanted to bring Simba with us back this time to New Zealand, but it turned out he has to wait 6 months to even enter the country.
Since America is not a rabies free country, he has to get a shot and wait for that long to prove that he is free of rabies.
Yes, New Zealand is rabies free.










e0310424_09562655.jpg


でも、私たちは、娘の学校があるから旅立たざるを得ない。

すったもんだの末、シンバはとりあえずシッターさんのところへ行き、2月末に夫が帰国してシアトルの友人の所まで連れて行くことになりました。

そこで7月の出発まで過ごすのです。

悲し〜

Neverthless, we have to leave because my daughter's school starts.
Simba has to stay at our friends house for a while.
We'll miss him so much……











e0310424_09564472.jpg


ある日の私の朝ごはん。

冷凍してあったパンケーキに、ブルーベリーソースをかけただけ。

毎日、出発の準備に明け暮れていて、ゆっくり食事したりすることがなくなりました。


So busy with packing and preparing for the trip to New Zealand, we can't sit and enjoy our meals together much.
I just defrosted my frozen pancakes and poured blueberry sauce over. 10 minute breakfast.









e0310424_09565109.jpg


出発まであと一週間ほどになり、なんとも落ち着かない。

今度は半年くらいアメリカに帰らない予定なので、準備も大変。


Now with only one week to the departure, I am feeling extremely restless.
This time we are not planning to come back till June, I have to think a lot about what to finish here and what to bring there.











e0310424_09565991.jpg


こういう忙しい時に限って、ふと亡き父母のことを思い出したりします。

古い家の雨戸を開け閉めしている音だとか、庭を掃いている音だとか、妙なサウンドトラックと一緒に思い出すから不思議です。


Whenever I am pressed and busy, somehow I think back to the times with my parents.
I think of them together with the most mundane scenes and sounds of shutting old windows or leaves being swept in the garden.










e0310424_09573899.jpg


改装中の建物を囲む板に絵を描いている人がいました。

「なぜ絵を描く?」「そこに板があるからだ」…… そんな感じですかね。


I saw a young man painting on a panel covering a building under construction.
Every wall and every panel is a canvas in this city.









[PR]

by BBpinevalley | 2015-01-24 17:58 | アメリカ生活 | Comments(22)
2015年 01月 19日

ガソリンの値段とタンゴ/ Gas Prices and Tango

e0310424_13501543.jpg


ガソリン、安くなりましたね〜〜

満タンにしてこの値段。以前の半額以下でしょうか。

日本車にしたから余計なんでしょうが、それにしてもねー。


Gas is so cheap now, it's incredible.
This is the amount I paid after I filled it up.











e0310424_13503638.jpg


夫の家具のショールームで、サンフランシスコ・バレー団のパーティーがありました。

普段、あまりイベントには参加しないのですが、この日は踊りが見られるとかで、家族揃って出かけました。


There was a party held by the board of the San Francisco Ballet the other night at my husband's furniture showroom.
I rarely attend those parties now but there was a dance performance to see on this night and we all decided to go.










e0310424_13504225.jpg


バレリーナが踊るタンゴ、素敵でした。

It was a tango by the ballet dancers. Beautiful.









e0310424_13515504.jpg


普通のドレスだったのが、またオシャレでよかったです。

さすがね、動きが綺麗。


I liked their modern outfit rather than the traditional tango dress and suit.
It was very stylish.











e0310424_13520553.jpg


久しぶりに、家具も見て回りました。

このソファー、エレガントで素敵でした。


I looked around the show room and liked a few pieces.
This one looked quite elegant.











e0310424_13524059.jpg


こちらもシンプルで、座り心地がとってもよかったです。


I liked this one as well. Simple and comfortable.











e0310424_13452998.jpg


こちら、セールになっていましたが、可愛くて楽チンな椅子とオットマンでした。


This chair and ottoman set was on sale. Nice shape and color, I thought.








***



e0310424_13565186.jpg


またニュージーランドへ帰るといったら、みんなに驚かれちゃった。

そりゃ、そうですよね、あっちに行ったりこっちに行ったり、定住性がなくて。

今年も、行き当たりばったり人生を遂行することになりそうで、オソロシイことです。



上は、ある南イタリア料理店で出てきたアッフォガート。

エスプレッソコーヒーが別に出てきて、なかなか美味しかったです。


Many of my friends are really surprised to find out that we are going back to New Zealand again. Well, I would be too, if I were them. I hope someday we could settle down, giving up our nomad life.

The photo is of an affogato I had in a Southern Italian restaurant in San Francisco. It was yummy.








[PR]

by BBpinevalley | 2015-01-19 16:57 | アメリカ生活 | Comments(24)
2015年 01月 16日

一月、中間報告/ January, Mid-Term Report

e0310424_10143732.jpg


ジャパンタウンの紀伊國屋書店の前で、和服を楽しむ会のファッションショーがありました。

娘のお友達が、可愛らしい女学生スタイルで登場。

清楚で可愛いですよね〜。


We went to see a Kimono fashon show held in front of Kinokuniya Bookstore in Japan Town.
One of my daughter's childhood friends was modeling as a school girl in olden days. Isn't she adorable?!










e0310424_10144932.jpg


袖をつまんではにかみながら立っている姿が、本当に愛らしかった。

Being a little shy but showering her smile to the viewer, she was absolutely the perfect model for this outfit.












e0310424_10145689.jpg

この会には、日本人や日系の方ばかりか、アメリカ人の方たちも入会されていて、こんな素敵なお着物姿も見られました。

親子で参加されているというこのお二人、日本人にも負けない和装ですね。


The show was programmed by the San Francisco Kimono Association which has American members as well as Japanese and Nikkei members.
The photographed mother and daughter looked gorgeous in Kimono.











e0310424_10150066.jpg


お母様のお辞儀姿も堂に入っている感じ。

The mother bows more elegantly than most Japanese.










***


e0310424_10155083.jpg


私たちは、急遽予定変更で、2月からに夏までニュージーランドで過ごすことになりました。

娘の学校の手続きやら荷物の準備などで、1月は潰されてしまいそうです。

写真の場所は、サンフランシスコに数ある丘の一つ、バーナル・ハイツのドッグ・パークから湾を見下ろしたところ。


As for us, we changed our plan rather abruptly and decided to live in New Zealand for the next half a year beginning February.
The rest of January will be exhausted on the preparation and packing for the move.

The above photo was taken when we took Simba to a dog park on the top of Bernal Heights, one of the many hill of San Francisco.












e0310424_10155973.jpg


シンバを遊ばせる時が私たちの息抜きの時間ですが、こんな時間にこれからの一年を展望すると、今年も新年から急カーブが多くて先が思いやられマス。

きつそ〜〜〜


Surveying the year ahead, we seem to be starting another bumpy and exciting one.
There is no such a thing like "slow and relaxing" in our household, at least for a while.












[PR]

by BBpinevalley | 2015-01-16 11:49 | アメリカ生活 | Comments(18)
2015年 01月 01日

明けましておめでとうございます💖/ Happy New Year

e0310424_18193950.jpg


新年、明けましておめでとうございます。

今日は、暑からず寒からず、心地良いそよ風の吹く申し分のないお天気でした。

とても気持ちの良い振り出し。

どうぞ、皆様にとっても、たくさんの幸福に満ちた一年でありますよう、お祈り申し上げます。


Happy New Year!
It was an absolutely beautiful day today here in New Zealand.
Glorious and peaceful.
I wish for days like this for all of you in 2015.










e0310424_18195505.jpg

娘は、クリスマスプレゼントにアーチェリー(弓矢ですね)を貰ったので、今日は裏庭で試し射り。

なかなかお上手でした〜

My daughter was trying out her new bow and arrow christmas present.
She was pretty good at it.










e0310424_18202003.jpg
071.gif

今日はファームには行かなかったのですが、これは先日のファームの風景。

七面鳥の親子が、草むらの中を進んでいるところです。

今日も、きっとこんな具合でしょう。


2015年、世界平和をに向かって、みんなで前進しましょう053.gif071.gif


We did not visit our farm today but I'm sure the day was going as usual with the turkey mother leading her chicks through the fields.
Friends~~, let's march together towards world peace in 2015071.gif053.gif071.gif






[PR]

by BBpinevalley | 2015-01-01 18:46 | アメリカ生活 | Comments(48)
2014年 12月 03日

いよいよ12月ですね/ We've Reached the Final Month

e0310424_12452812.jpg

ようやく雨が降り出しました。

夫は、一足先にニュージーランドに旅立って行きましたが、それ以来、二日半ほどずっと雨。

シンバのお散歩が大変になっちゃったけど、水を待っていた瀕死の草木は喜んでいるだろうな〜と思うと、嬉しいです。

It has finally started raining.
My husband took off for New Zealand a couple of days ago, and it has been raining ever since.
Walking Simba became hectic but I do feel happy for all those starving trees and weeds.












e0310424_12460095.jpg

夫が出る前日、サクラメントのホールフーズ・マーケットで、娘たち5人(あと二人男の子がいたのですが、写真に入りきらなカッタ)がバスキングしました。

集まったお金は、アフリカの貧しい子供達へ寄付されました。

主にモーツアルトとグリーグでしたが、5人居ると音も大きいから迫力があって、なかなか良かったです。

Right before my husband left, we all went to Sacramento because our daughter busked along with 4 other friends at Whole Foods Market to raise money for impoverished kids in Africa.
They played mostly Mozart and Grieg, and sounded really good.











e0310424_12473495.jpg

サクラメントの友人宅では、もうクリスマスツリーが飾られていました。

そうね、もう12月ですものね。

夏休みが終わって、ハローウィンくらいまではまぁ普通のペースで流れていたけれど、そのあとはエベレストの雪崩かと思うほどの勢いで展開。

正に、息を呑む間に師走となりました。

There was a Christmas tree already in the living room of our friends house in Sacramento. I suppose it's nothing to be alarmed by since it's December now.
After summer, up to Halloween, things were flowing somewhat in normal speed, but after that it was like being hit by an avalanche.










e0310424_12475480.jpg

可愛いですね、このオーナメント。

Darling.










e0310424_12492891.jpg

この子はオスカー君というのですが、とても年寄りで(誰も年齢を知らないのですが)、いつも寒くて震えているの。

ちょっと、スターウォーズのヨダを思わせるお耳でしょ。

毛布をかぶったままよちよち歩くところも、ヨダそっくりでした。

His name is Oscar and he is very old. As he was a rescue dog, no one seems to know his real age.
He is always cold and walks around with his blanket on the back. With those stuck out ears, doesn't he remind you of someone from Star Wars?










e0310424_12495285.jpg

サクラメントからの帰りにいつも通るこの新しいベイブリッジは、夜が特に綺麗です。

ちょっとブレちゃった。

Driving on Bay Bridge on the way back from Sacramento. This bridge is pretty at night. (Sorry for the shaky photo)











e0310424_12500617.jpg

私と娘は、娘の学校が終わり次第、ニュージーランドに旅立ちます。

二週間半ほど母子家庭だけど、初めての学期末だし、がんばらなくちゃ。

クリスマスプレゼントも着々と購入し(ほぼ90%オンラインで注文しました)、準備は良好とはいえ、年末の旅立ちは気が急きますね。

We are leaving for New Zealand as soon as my daughter's school ends in a few weeks. I will be very busy getting ready till then since I have to finish Christmas shopping while watching over my daughter's end of term events and exams.
I will end up doing all my shopping online most likely.











e0310424_12501624.jpg

シンバを預けて行くのだけが心残り。

お髭に白いものが混じり始めたシンバ君です。

It is too bad that we can't spend Christmas with Simba.
He started showing white around his whiskers……









[PR]

by BBpinevalley | 2014-12-03 14:51 | アメリカ生活 | Comments(20)
2014年 12月 01日

YouTubeで爆笑、今年のターキー・ジョーク/ Oh, No, She was Pregnant!!


ちょっと解説を入れますと、七面鳥のローストには、スタッフィングという詰め物をします。

焼きあがったら、味の染み込んだ美味しい詰め物を出すのですが、そこからこのビデオはじ始まります。

機嫌よくスタッフィングを取り出していると、え?何かその奥に?








キャ〜〜、キャ〜〜、ママ〜、ど、ど、どうしよう……笑い事じゃないでしょ〜!!

ビデオなんて撮ってる場合じゃないわよ、泣いてるのよ、ワタシー

オー、ノー、赤ちゃんが居たのよ! 妊娠してる七面鳥だったのよ〜〜

どうしましょう〜〜〜



横で、彼女の姉は大笑い。グルだったのね、お姉さん。

娘と私も爆笑で、ベッドから転げ落ちマシタ。







[PR]

by BBpinevalley | 2014-12-01 12:19 | アメリカ生活 | Comments(10)