<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 28日

東京です



法事で東京に来ています。

まだまだ寒くて、オドロキました。

からだが「夏モード」になっていたのか、ウェアの準備が悪かったのか、少し歩くと凍り付きそうでした。



e0310424_22444082.jpg


精をつけようと、友人が始めた「熟成肉」のお店にくり出すことにしました。

中勢以という小石川にあるお店です。

モダンな内外装で、とっても落ち着く雰囲気です。








e0310424_10239.jpg


ロゴも素敵でしょう。












e0310424_103164.jpg


こんな風に、まずお肉を選びまして、その牛の血統書が提示されます。

出所のしっかりした、お血筋の良い牛さんだったわけです。










e0310424_10173676.jpg


小さなカップに美しい色の野菜スープが出されたあと(美味しくて、写真撮りを忘れました)、

見事な「お肉」のアペタイザー。

リンゴやお野菜といただく、薄切りの塩漬け肉やおさしみが、最高に美味。

さっぱりとしていて、ヘビーな感じがまったくありません。

お肉って、美味しいものなんですねー。










e0310424_1083334.jpg

白菜にポークが巻き込まれていて、上品な柚子胡椒の風味。

添えられていたソースでいただくと、また格別でした。









e0310424_10303998.jpg

こちらは、里芋のマッシュで極上のひき肉がサンドされています。

カラッと揚げられたところに、スープが敷かれているのが絶妙。

ぜひ、うちでも再現してみたいと思いました(できるかしら・・・?)









e0310424_10354841.jpg

そこへ、先ほど選んだお肉が焼き上がって参りました。

音を立てそうな焼き上がりかた。

右が油の乗っている方で、左がリーンな方です。










e0310424_10383137.jpg


切り分けるのは、お隣に座られていたオーナーのIさん。

さすが、手慣れていらっしゃる。


「中勢以」、本当に美味しくて、感激しました。

何よりも、良い材料を使って居られるのが明瞭で、野菜も近隣農家からの直通だそうで、日中はマルシェにもなっています。

店内は、入ったところがお肉屋さんのようで、お肉の冷蔵陳列棚があり、香料やソースなども売られていて、その奥の、一見厨房へつづくのかなと云う開きを開けてレストランへ進みます。

なんだかお肉屋さんの食卓へ招かれたようで、コンセプトも最高。


皆さんも、お肉を食べたい、精をつけたい、うんと美味しいものを、と思ったらここですね。

次回は、肉好きの夫を是非連れて来なくっちゃ、とつくづく思いました。


中勢以
〒158-0085 東京都 世田谷区玉川田園調布 2-8-1
電話:03-5755-5678 Fax:03-5755-5699 http://www.naka-sei.com




B&Bパインバレー
http://www.pinevalley.net.nz/

Facebook
http://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2013-02-28 10:56 | 旅行 | Comments(13)
2013年 02月 20日

新居の小物




娘の学校のために、週中だけオークランド市内に越しましたが、もう既に3週間が経ちました。

行ったり来たりは慌ただしくて、あちこちに忘れ物をしたりして落ち着きませんが、ようやくコツもつかめてきたところ。


新居は、オークランドでは人気のマウントイーデン地区にあり、素敵なお店やレストランも多く、パインバレーとは打って変わった都会暮らし。

サンフランシスコや東京に比べれば田舎とは言え、ニュージーじゃ都会の中の都会と云ったところです。


e0310424_6383178.jpg


この住処こそ、自分でインテリアを決めようと思っていたのに、夫はどんどん絵や家具を注文してしまいます。

まぁ、建築やアートが専門の人だから仕方がないと云えばそうなんですが、たまには私も選びたい。


今、彼はニュージーランドの風景画に凝っているので、こんなのを買ってきました。

1880年頃の風景画だそうです。

観ていると、味わいが出てきます。










e0310424_7325173.jpg

こちらは、私が購入したキャビネット。

パインバレーの近くで、面白い家具類を作っているイギリス人のショップから買いました。

ショップと云っても、よくこんな田舎に店を作って人が来るもんだなーって感心するくらい、「野」の真ん中です。

夫が見つけてきたんですけれど。(さすが)

足に車が付いていて、アルファベットが素敵。

銅製のハンドルも気に入りました。












e0310424_7383233.jpg

銅製のハンドルは、パイプを利用しています。

ワザといびつにできているところが、またいい感じ。











e0310424_746351.jpg

こちらは、クリスマスに夫にプレゼントしたランプです。

実は私が欲しいから買ったんだけれど、夫もよくヤルからおあいこです。

こちらもそのイギリス人、マシューの作品。











e0310424_749839.jpg

インダストリアルでファンキーだけど、オブジェとしても面白い。

ランプは、はずせるようになっています。











e0310424_7504521.jpg

ベースは、単なる木のブロックです。

でも、スイッチの形や、昔のシルクコードを使っているところが好きです。

ファンキーな家にはファンキーな家具を、です。











e0310424_7541717.jpg

娘も、自分の小さな部屋を、一生懸命かざりつけていました。

小さいけれど、木の床が素敵なお部屋なんですよ、窓も大きくて。

しばらく、親子でインテリア・デコレーティングが楽しめそうです。


B&Bパインバレー
http://www.pinevalley.net.nz/

Facebook
http://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2013-02-20 08:01 | ニュージーランドの生活 | Comments(2)
2013年 02月 14日

究極のグルメ/フォレージング



e0310424_1740156.jpg


今回2度目の「野草の会」で改めて想いましたが、自然に生息する植物を採取して食べると云うのは、まさに究極のグルメですね。

「食」の仕事を長年して来て、仕事でもプライベートでもあちこち食べ歩き、自分でもヘタなりにレストランを経営したりして来ましたが、野に分け入って,季節ごとの野草を食するほど「極めた」ガストロノミーはないように思います。






e0310424_17411237.jpg


自然に、人間の力を借りずに生えて来て、幾多の苦難を乗り越えて生き残る野草と云うものには、菜園の野菜には無い「強さ」があります。

食べていても、その「強さ」を感じて、なるほどと唸ってしまうくらい。

古代の人々は、こうして生き延びて来たのですね。

なにか、感動的です。






e0310424_1742317.jpg


今、この豊満な時代に、食やワインを求めて旅をしたり、料理に凝ってみたり,材料を突き詰めて菜園や果ては牧畜まで試したり・・・いろいろ有るでしょうが、

ただ自然に生息しているものを、その季節ごとに楽しんで、必要なだけ採取すると云うのは、哲学的でもありますよね。

詩的です。






e0310424_17455398.jpg


そんな生活の中から,人間は薬になる植物や、毒になる花や実を見分けて行ったのですね。


上の写真は、ニュージーランドで,よく薬用として重宝されるマヌカの花です。

滋養強壮や風邪の予防などに効くバチ蜜も、この花から採れます。


森歩き、しばらく楽しめそうです。


B&Bパインバレー
http://www.pinevalley.net.nz/

Facebook
https://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast
[PR]

by BBpinevalley | 2013-02-14 18:25 | 美味しいもの | Comments(16)
2013年 02月 11日

「森の恵をいただく会Ⅱ」がありました



e0310424_16132141.jpg

夏休みの間、少しお休みしていたパインバレーのお教室。 ようやく開始です。

第1回目は、昨年末に大人気で溢れ出てしまった「森の恵をいただく会」の第2弾です。

英語では「フォレージング」Foraging と言うのですが、人工的に育てた野菜や果物ではなく、

野生に生えている植物を採取して食してしまおう、というもの。

講師は、前回に引き続き、「ニュージーランド半自給自足生活」で人気のブロガー(アメブロ)、とら子さんです。
http://ameblo.jp/nzjikyujisoku/

上記、写真は、左がママクと云う大シダの芽、そして右側はご存知のアロエです。










e0310424_16153361.jpg

こちらは、アロエのおさしみです。

ひんやりとしていて、少しぬめり感があって、かつお節とお醤油で頂くと最高でした。










e0310424_1916057.jpg

ママクは、ニュージーランドの野草の王様ですが、とろろのようにぬめりが有って、最高に美味しいのです。

今回は、ピザ釜に火を入れて、ママクピザを作ったのですが、ピザづくりに奮闘し過ぎて、写真を撮り忘れました。アシカラズ〜〜〜

上記は、前回のクラスの時のママク料理です。












e0310424_16263414.jpg

キオキオと呼ばれる、小さめのシダの芽です。 ゼンマイのような感じ。

ママクは灰汁抜きが大変ですが、このキオキオは比較的簡単。










e0310424_1629759.jpg

こちらは、ニュージーランドの「ワラビ」なんだそうです。

ちょっと毛深い感じですが、なかなか柔らかくて上品な味です。











e0310424_16312686.jpg

上の2つの野草を使ったおこわです。 なんだかとっても精がつきそう。










e0310424_172918.jpg

ちょっとおまけで、モッツァレッラの作り方のご紹介もありました。

普通のミルクで簡単にできるんですよね,バッファローミルクじゃなくても。










e0310424_17541262.jpg

これは、ハイビスカスのフルーツポンチであります。

沖縄などでは、かなり普通に食べられているそうですが、私はちっとも知りませんでした、食べられるだなんて。

ハイビスカスの色を抜いて、その色の液体をゼリー状に固め、ソーダ水と合わせられています。

ハイビスカス自体も入っていて、少し歯ごたえのある感じが、ズッキーニの花にも似ていました。

色合いがとっても素敵で、ほのかな甘さが最高でした。










e0310424_1737498.jpg

こうして、今回の「森の会」も大盛況のうちに終わりました。

しばらく雨が降らないので、パインバレーの森は可愛そうなくらい乾燥していましたが,これがニュージーランドの夏なんですよね。

次回は、しっとりとした秋の森を探索してみたいですね。 楽しみです。


B&Bパインバレー
http://www.pinevalley.net.nz/

Facebook
https://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast

前回の「森の恵をいただく会」の様子 on Facebook
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=486080568092242&set=a.486080378092261.113909.469422186424747&type=1&theater
[PR]

by BBpinevalley | 2013-02-11 17:45 | B&Bのイベント | Comments(18)
2013年 02月 08日

秋です、新学期が始まりました



娘の新しい学校も始まり、オークランド市内への引っ越しも完了して、

週中は市内、週末はパインバレーと云う2重生活の開始です。

e0310424_4161979.jpg

パインバレーのリンゴを、オークランドの家の窓に並べてみました。

肥料も何もやらないリンゴですが、美味しいんですよ。









e0310424_421798.jpg

今年は、秋がいきなりやって来ました。

先日、まぶしいばかりの緑の中で結婚式があったのが、まるでウソのよう。










e0310424_424304.jpg

本当に久しぶりに、ちょっとお湿りもあって、地面も木々も嬉しそう(ワタシもウレシイ)。

パインバレーは、全部雨水を使っているので(水道が来ていない)、雨が降らないと水不足で大変なのです。

ニュージーランド最大の街,オークランドからたった25分しか離れていないんですよ。

都会と田舎が隣りあっていると云う感じ。










e0310424_4384196.jpg

ここのところ盛り沢山で、先週末には我が家の愛犬シンバ君の「犬パーティー」がありました。

シンバは、ローデシアンリッジバックと云うライオン狩りに使われる犬種で、その名の通り、ローデシア(今のジンバブエ)で掛け合わされた種類です。

とっても美しくて優しい犬なので、今は世界中の家庭で愛されているようです。

うちのシンバは特に気が弱くて、ライオンどころか、ネズミも捕れない感じ。

しかし、壮観でしょ、こんなにリッジバックがたくさん揃うと。









e0310424_448226.jpg

12週の子犬にさんざん吠えられたシンバですが、大人のオトコらしく優しく対応。









e0310424_4503229.jpg

普段行かないパーティーで、帰りはすっかりお疲れでした。










e0310424_4521777.jpg

そして最後に、

パインバレーに新車が到着しました。

夫がトラックを買ったんです。

ニュージーランドは車がバカ高いので、日本から個人輸入しようとしたのですが、日本人て、こういうトラック(トヨタのハイラックスですが)にはあまり乗らないそうですね。

あまりチョイスが無くて、結局こちらで買いました。

日本の田舎では軽トラックが主流なのだそうです。

アメリカ人の男の人はトラック好き。

夫はサンフランシスコでも、もっぱらトラックに乗っています。










e0310424_4582486.jpg

今日は金曜だから、パインバレーへ帰る日。

慣れるまで、ちょっとややこしいです、色々と。






B&Bパインバレー
http://www.pinevalley.net.nz/

Facebook
https://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast
[PR]

by BBpinevalley | 2013-02-08 05:09 | ニュージーランドの生活 | Comments(7)