アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 28日

アメリカ人て、お行儀が悪い?/ The American Way


     先日、ヴァレンシア通りが歩行者天国になっていて、大変な人出でした。中には自転車を放り出して踊る人も……
e0310424_1521362.jpg


人生の大半をアメリカで過ごして来た私は、新鮮な目でアメリカ人を見ることをもう忘れていますが、それでも五年間のニュージーランド生活で、少しアメリカの外観が見えて来た感じです。

昨日、娘が、アメリカの先生はニュージーの先生に比べて言葉遣いが悪いと言うので、驚いて詳細を訊きました。

要は、平気で生徒の前で「ののしり」の言葉を使うと言うのです。

日本語で言えば「チクショー」とか「クソッ」などと同じですが、英語の場合、もっとひどい言葉も有りまして、テレビやラジオではカバー音が入る類いの言葉です。

ハリウッドの映画などを観ると、そんな言葉が連発されている場合も多く、何を言うにもそんな言葉を交えるタイプの人も居ます。










   
e0310424_2122497.jpg


アメリカと一口に言っても、東西では三時間も時差の有る国ですから、「ところ変われば」と言うのは有りますが、英国系の国々に比べれば、すべてラフであることは確か。

ニュージーランドのスターバックスで、がっしりした労働者タイプのおじさんが、ナイフとフォークを使ってアーモンドクロワッサンを食べているのを見た時、ああ、これは絶対にアメリカでは有り得ないシーンだなと思ったことがあります。

アメリカ人、滅多なことではナイフは使わないんです。

よほど高級なレストランに行けば、気取ってそうする人も居ますが、大抵のものはフォークだけで食べてしまう。

うちの夫なども、その例に漏れません。











    手品師を見つめる子供たちの表情が、とっても可愛かった。                
e0310424_2225868.jpg


「じゃあ、アメリカの先生の良いところって何?」と、娘に尋ねてみると、しばらく考えていて、「答えがひとつでなくてもいいところかな」と言いました。

ニュージーランドの先生だと、答も、答に達する方法も、ある一定のものでないとダメなのだそうですが、アメリカ人の先生はそうではないとのこと。

同じ英語圏でも、けっこう違っているようです。










            自分の焼いたお菓子を売る女の子
e0310424_2353853.jpg


私個人の印象は、往々にして、アメリカ人の子供はナマイキだということ。

言葉を変えれば「しっかりしてる」「臆さない」感じで、だから面白いと思えることもあります。(あえて曖昧な表現)

ニュージーランドの子供たちは、もっとずっと恥ずかしがり屋で、礼儀正しく、日本人に近いところがありました。

大人がだいたいそうですものね、あちらは。

日本からニュージーランドに移住される方々も、きっとそういうところが入り込み易い要素なのかも。










   このお宅、日本人の人のお家かしら? どう見ても日の丸ですよね。日本狂の人が住んでいるのかな?
e0310424_2455810.jpg


ある意味では、日本人とアメリカ人ほどかけ離れた性格の国民も少ないかもしれません。

ほとんど共通点が見出せない。

それだけに、お互いへの興味は高まるのかもしれません。

スティーブ・ジョブスなども、かなりな日本ファンだったようだし、そう云う人、ぜんぜん珍しくないですものね、アメリカでは。(カリフォルニアでは、と言うべきかな)











  この辺り、ひと昔前はとても治安の悪い地区だったのですが、今では感じの良い住宅地に成っています。
e0310424_392586.jpg


日本人に比べると、中国人の方がアメリカンに近いと思います。

単刀直入で大ざっぱ、自国中心主義、金銭感覚に富んだところなど、よく似ています。大陸派なのかな。


今日のアップには、英語は入れないことにします。アメリカ人の友達から何か言われそうだから……


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2014-08-28 03:24 | アメリカ生活 | Comments(46)
2014年 08月 25日

新学期、いつもの生活に戻りました/ Back to School, Back to Usual Life


e0310424_712521.jpg


e0310424_5305048.jpg


夫は、ひとりでニュージーランドに行ってしまい、新学期を迎えた娘の世話とシンバの世話は、みんな私に降りかかって来ました。 

毎日忙しくて死んでいたので、週末はグッタリです。 (写真は夫から。カイパラハーバーの方で遊んでいるみたいです)

My husband left for New Zealand a week ago (above, photos he sent me from wintery NZ), and I have been battling with my daughter's new school year stuff (yes, it has started) and Simba issues all by myself. So tired, couldn't do much on the weekend.










e0310424_5435646.jpg


翻訳も進まない〜〜 (上は、弟が韓国で買って来てくれたアンティークの薬味入れです)

The translation is staggering, too…… (Above is the souvenir from my brother. Antique Korean spice pots)









e0310424_5472186.jpg


それでも、29章中、25章まで行きました。 あと少し。

I am on the 25th chapter out of 29, though. Just a little more to go.









e0310424_5502712.jpg


娘は、ハイスクールが楽しくて楽しくて、毎日満面の笑みで出かけて行きます。

私の時も、ああだったかしらねぇ〜  あまりにも昔のことで、よく思い出せませんが、そこまで楽しかった覚えはナイ。

My daughter seems to be having so much fun at her new high school she can hardly refrain from grinning all the time. I cannot recall that much excitement from my time……









e0310424_5525555.jpg


シンバも朝早くから散歩させて、未だ取り込まれていない新聞を、家々の前に見ることも多々。

I take Simba for a walk very early in the morning on weekdays now. I see newspapers yet to be collected sometimes.









e0310424_5563924.jpg


e0310424_5565546.jpg


相変わらず、あちこちのお宅を拝見することが、散歩の楽しみ。

こちらのお家は、玄関にドーム型の覆いがかかっていて、ちょっと見えにくいかもしれませんが、寝椅子が置かれているのが素敵でした。

I take different routes to enjoy different houses to look at.









e0310424_5592914.jpg


e0310424_602632.jpg


小さなゲートに「リバティー」の文字が入っていたので、アメリカらしいナなんて思っていたら、そこの通りの名前でした。

"Liberty" is a street name.









e0310424_723623.jpg


e0310424_622632.jpg


これ、なんて云う花でしょうね? 壁に這っていて、とてもきれいだった。

I liked this wall covering plant. It was hanging down nicely.









e0310424_643363.jpg


娘のお友達が、空手のお稽古に特別参加しました。

とても気に入ったみたい。気が引き締まりますよね、気合いが入っていて。

もう少し若ければやりたいところですが、ちょっとキツそうなので、年相応に「タイチー」にしておきます。

My daughter's friend tried her Karate class and liked it very much. You can sense the "chi" and feel invigorated. I wish I could try but it looks way too hard for me. Tai-chi is hard enough and I should stick to that.





にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2014-08-25 06:36 | アメリカ生活 | Comments(25)
2014年 08月 18日

教えてください、犬の教育方/ Please Teach Us How to Train an Old Dog


e0310424_973197.jpg


シンバは歯垢がたまっていたので、先日、獣医さんに大枚を支払って、歯のお掃除をして貰いました。

上は、歯に良いおやつをかじっているシンバ。

ま、それは良いのですが、この子、時々人に吠え付いて困ってしまうのです。

ニュージーの大きな敷地内で、他の犬と交わらず、家族と友人しか知らないで育ったせいか、サンフランシスコに引っ越して来てからは、ご近所の人にも吠える始末。

家の周り、ちょっと見渡せるところは全部自分の敷地だとでも思っているのか、特に門を出る時は気をつけなくてはなりません。

Above, Simba is chewing a dental snack. He just had a teeth cleaning at his Vet… to whom we had to pay a huge bill…, and we are trying to keep his plaque controlled.
Our bigger concern is that he sometimes barks at people out of blue and scares them. As he is quite territorial around our house, we have to be watchful about people and dogs walking by when we open our gate.










e0310424_9152313.jpg


図体が大きいので、すごい声で吠えられると、それはオソロシイと思うので、とても気を使って歩いています。

誰にでも吠える訳ではなく、ほとんどの人はOKなのですが、いきなり飛び出して来た人とか、大きな黒い服の男の人が特にダメ。

ホームレスも、匂いのせいか、ダメなんですよねー。(これは特に困る。中には怖いホームレスも居るので)

Simba is big and can frighten people bad. He is friendly most of the time but if someone appeared all the sudden out of the shadows or someone large in dark clothes approaches, he tends to react by barking at them.
He also does not like homeless people. Something about them bothers him, which is not very good because some of them react pretty badly to the situation.










e0310424_9225750.jpg


いつもは、とびきり優しい犬なのですが、要は怖がりで神経質なんだと思います。

しかし、もう六歳になり、人間でいえば中年ですから、どうやって教育したら良いのか分かりません。

どなたか、犬の教育に詳しい方、教えて頂けると嬉しいです。

Simba has a very gentle nature, but he is timid and neurotic. He has just turned 6, and I have no idea how to reeducate an old dog like him. Does anyone know how to train him not to bark at people?









e0310424_925443.jpg


今夜、夫はひとりでニュージーランドに旅立つのですが、その前にシンバをファンストン・ビーチに連れて行きました。

こういう自然の場所だと、シンバはおおらかで、まず吠えることはありません。

As my husband is leaving for New Zealand tonight, we decided to take Simba to the beach to have some fun together. He is usually much more relaxed in a vast nature like this and does not bark at anyone.









e0310424_935168.jpg


e0310424_940655.jpg


うちの近く(ミッション地区)は晴れていたのに、太平洋岸に来ると、空が厚い霧に覆われていました。

この霧が、夕方から街の方にも侵入して行きます。

でも、海はいいですね〜、広くて。 波打ち際を歩いているだけで、気持ちがいい。

The Mission district where we live was warm and sunny, but here at the beach, the sky was covered with low heavy fog. This fog will gradually come into the city by dusk. It was very refreshing to breath the sea air.









e0310424_9443248.jpg


馬で海岸を散歩するグループがありました。

実は、このお馬さんたちに、シンバは吠えてしまったの。

馬はぴたりと足並みを止めましたが、夫が走り寄って叱ったので、シンバはおとなしく帰って来ました。

困りますねぇー、まったくぅ〜、シンバくーん。

There were a group of people riding horses on the beach. Simba, who was very good till then, unfortunately started barking at the horses when he saw them. My husband quickly ran up to him and got him back. Bad boy, Simba~


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2014-08-18 12:04 | アメリカ生活 | Comments(18)
2014年 08月 16日

もうすぐ新学年です/ Soon Begins the New School Year


e0310424_512418.jpg


アメリカのハイスクールは、もう今ごろ始まってしまうのですね。来週から新学年のスタートです。

六月の頭からお休みだったんですものね、充分長い夏休みでした。

いよいよ正式なハイスクーラーと成れる娘は、待ちきれない様子でアレコレと準備を進めていますが、必需品だと言って、新しいマックブックエアーなんか買わされてしまいました。

ひと昔前は、鉛筆とノートの準備で良かったのに、新学期にもとんでもなくお金がかかるようになりましたね。

High Schools in San Francisco are reopening next week. It has been such a long summer vacation (since the beginning of June) that my daughter simply cannot wait to start school.
To prepare for the new term, the parents have to spend much more than on just pencils and notebooks these days……I mean, much much more.










e0310424_524662.jpg


買ってやるばかりではつまらないので、私も自分にささやかなプレゼント。

カラフルなキーボードカバーを付けてみました。

ちょっと指先に力が要るようになりましたが、タッチは柔らかくなりました。

Feeling that I needed some cheer up for this squandering, I bought myself a keyboard cover as well. I seem to need a little more pressing to type but the touch on my finger tips is softer.











e0310424_5373268.jpg


夫の買い物はこれ。……キリスト教信者でもないのに、こんなユダヤ教寺院の家に、ナンデまたこんなものを?

1メートルほどの長さで、一本の木から彫り貫いているからよくできていると言うのですが、オブジェとして見ているなんて、信者の方々にとっては冒涜ですよね。

宗教嫌いだからこその、無神経な行為と言わなければナリマセン。

This is my husband's new purchase. He said that it was a good buy because this one meter long cross was carved out of one piece of wood and quite well done. It takes a complete atheist like him to hang something like this in an old synagogue.











e0310424_7412030.jpg


夫の親友のガールフレンドのお家に遊びに行ったら、ここも非常にユニークでした。

これは、玄関横のお手洗いを開けた時に、私の目に飛び込んで来た状景です。

毎日がハローウィンという感じですよね。

My husband's best friend also lives in a house full of interesting things. It is originally his girlfriend, M's place and the interior is mostly due to her taste. This is the guest bathroom. Halloween all year long, I suppose.










e0310424_61119.jpg


こちら、キッチンです。

This is their kitchen.











e0310424_665127.jpg


50年代に流行った瀬戸物のデコレーションで、中には日本製もあるそうです。

全部5ドル以下で買ったものばかりだそうですが、その後コレクターズ・アイテムとなって、今や400ドルくらいにまで値上がりしているものもあるとか。

M said that she never spent more than 5 dollars on each, but now some of them are so collectable that they've reached up to 400 dollars.











e0310424_6145026.jpg


この賑やかなキッチンで、娘が作ってくれたフルーツサラダです。

娘のハイスクールのオーケストラの話に花が咲いて、ゴシップなんかも大いに飛び出して、楽しいディナーでした。

This is the fruit salad my daughter put together in that fun kitchen. We all discussed about my daughter's new high school and gossiped about the music department. It was a lot of fun.








e0310424_6184838.jpg


ずーっと、諦めずにおこぼれを待っているランチボックス(犬の名前)。

可愛いね。

Lunchbox (their dog) never gives up for the dropped food. His patience is incredible.


にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2014-08-16 06:32 | アメリカ生活 | Comments(14)
2014年 08月 09日

一週間、我が家は満員でした/ Full House with Visitors from Manila and Tokyo



e0310424_655851.jpg


ちょうど一週間、弟がマニラから、従兄弟の娘たちが東京から、計画したように同時に遊びに来てくれました。

 久々に一緒に過ごせて、普段しない観光も出来て楽しかった。

上の写真は、ここから北へ三時間半ほど車で走った場所にある「カリフォルニア巨大赤杉の森」を訪ねた時のもの。

We had my family visiting from Manila and Tokyo for a week. It was a lot of fun spending time with them going to places. 
Photographed above is the California redwood forest we visited, about 3 and a half hours north of San Francisco.










e0310424_6115584.jpg


レッドウッドの巨木の森はとても静かで、神聖な感じさえします。 1500年も生きて来た木のあいだに立つと、「気」を感じずにはいられません。

I love this redwood forest. It is majestic. You can even feel the heartbeat of every tree.











e0310424_6331395.jpg


メンドシーノという北カリフォルニアの小さな街に一泊したあと、巨木の森を訪ねたのですが、途中ナパ・バレーやアンダーソン・バレーを探索して、ミニ旅行の割りにはハイライトに満ちていました。

メンドシーノは、ひなびた中に味があって、すてきなB&Bも多く、隠れた観光スポットです。 カリフォルニアに来られた時には、おススメです。

We stayed in Mendocino, a small but beautiful coastal town about 4 hours North of San Francisco. Besides visiting the Redwood forest, we had lunch in Napa, tasted wonderful wines in Anderson Valley, and visited many craft galleries in the town of Mendocino.











e0310424_13363740.jpg


ナパでは、夫がかなり前にデザインしたレストランで、遅い昼食をとりました。

トラ・ヴィーニャ Tra Vigne (イタリア語で、ワイン畑の中で、という意味です)というレストランです。 中庭が気持ちが良かった。

We had a late lunch at Tra Vigne in Napa (it is in St. Helena, to be precise). It is one of the restaurants that my husband designed a long time ago.











e0310424_13444214.jpg


e0310424_13551787.jpg


e0310424_1356219.jpg


トラ・ヴィーニャでは、イタリア系のカリフォルニア料理が食べられます。 でも、アメリカだから、ランチにはハンバーガーもあって、それがとても美味しいのです。

Our lunch plates at Tra Vigne. Their hamburger was exceptional.










e0310424_14533292.jpg


これは、お隣のテーブルが去ったあとですが、相当飲んだようですね〜。 運転は大丈夫かな?

This is what's left on the next table after the guests left. I hope they drove safely.









e0310424_14163378.jpg


アンダーソン・バレーでは、フィリップス・ヒルというブティック・ワイナリーでテースティングをしました。 ボルドー生まれのフランス人女性の説明を受けながら、あれこれテースティングしましたが、なかなか美味しくて、何本か買いました。

We did our wine tasting at a small boutique winery called Phillips Hill in Anderson Valley. We all liked their wine and purchased some bottles.









e0310424_14221659.jpg


e0310424_14223953.jpg


昔はリンゴ農家だったという建物も、味わいがあって素敵でした。

I loved their rustic building as well. They said that it used to be an apple crushing barn.










e0310424_1457655.jpg


B&Bの朝食で出たベークド・トマトは最高でした。 薄くスライスしたズッキーニでたまごが包み込まれていて、その上にトマトソースがかかり、オーブンで焼かれていました。

これ、朝ごはんに良いですねー。

This is a cup of baked egg wrapped in zucchini with tomato sauce served at the B&B we stayed at. It was delicious. The eggs were straight from the hen house.










e0310424_1513812.jpg


メンドシーノ旅行の他にも、バークレーに行って大学のキャンパスを歩き回ったり、サンフランシスコ市内を観光したり、案内するのも楽しかったです。

弟は、学生時代をここで過ごしたので、どこへ行っても懐かしがって、感動してばかりいました。

We also visited the Berkeley campus, Golden Gate Park, and many fun shopping streets of San Francisco. My brother was so reminiscent of this whole area because he had spent part of his college life here.









e0310424_15112383.jpg


弟たちの来訪は、今年の夏休みの最後を飾ってくれました。

We really enjoyed their visit. It was a wonderful way to finish summer vacation.

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2014-08-09 15:43 | アメリカ生活 | Comments(28)