<   2014年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 28日

七面鳥に明け暮れた1日でした/ It was All About Turkey Today

e0310424_15433698.jpg

注文してあったオーガニックの七面鳥を、朝から夫婦揃って混雑するマーケットに取りに行きました。

二人して、ラテを飲みながら足りない材料をカートに放り込み、急いで娘のまだ寝ている家へと……

As soon as we got up, my husband and I rushed to Whole Foods to get the reserved turkey.
We had rolls and coffee there as we shopped the rest of groceries.
People looked already pretty frantic running around the isles.











e0310424_15435037.jpg

サンクスギヴィングの食事は、ひとつひとつはそれほど難しくなくても、あれこれと種類が多くて大変。

I love eating Thanksgiving dinner, but it is not my kind of food to cook. So, as in other years, my husband cooked on this day. Lucky me.












e0310424_15440085.jpg

私は、七面鳥を扱うのは大嫌いなので(大きすぎて手に負えない)、いつも夫が料理してくれます。

と言っても、私と娘はニュージーランドにいたため、もうかれこれ5〜6年ほどまともな感謝祭料理は食べていません。

Though, it's been a while for my daughter and I to have a proper Thanksgiving dinner, since we were always in New Zealand in November.












e0310424_15440808.jpg

午後にはアメフトが始まり、夫はビールを片手に一喜一憂しながらキッチンと居間をウロウロ。

Also, you have to have the football game on TV on this day. Whether you watch it or not, you have to have that noise in the background when you cook.












e0310424_15441601.jpg

全部やらせるのは可哀想なので、マッシュドポテトとアップルパイは私目が作りました。

クランベリーソースはデリのが美味しいので、それでよし。

誰も呼ばないで、家族だけの気楽な感謝祭です。

I helped by making mashed potatoes and apple pie. We did not make it too complicated as we did not invite anyone this year.












e0310424_15442005.jpg

e0310424_15442584.jpg

毎年、感謝祭は、11月の4週目の木曜日と決まっています。

娘の学校は、昨日から日曜までの5連休。

夕方、シンバを散歩に連れ出したら、いつもは若者で賑わう街が、まるでゴーストタウンのようでした。

I took Simba out for a walk around 4 and found Valencia Street totally empty. What a difference from yesterday.













e0310424_17243169.jpg


お嬢さん、ちょっとグレイヴィー・ソースのかけすぎ?

いつものことながら、夫の七面鳥はとっても美味しかった。

アメリカ人は、こと七面鳥の料理法の話になると、ああだこうだと色んな説や主張を乱打するのですが、

至極シンプルで大胆な夫の料理法は失敗することがなく、柔らかくジューシーな七面鳥の丸焼きでしたー

Ooops, too much gravy?
The dinner was very good. My husband really has a knack for cooking turkeys.












e0310424_15444490.jpg

締めくくりのアップルパイも、買ってきたドウで簡単に作った割には美味でした。

娘が選んだロッキーロードよりは、バニラの方が良かったなぁと個人的には思いますが、まぁいいや、お皿洗ってくれたことだし。

My apple pie was also good. My daughter who usually shies away from sweets asked for seconds.
It was quiet but relaxed and happy Thanksgiving Day for us.







[PR]

by BBpinevalley | 2014-11-28 17:26 | アメリカ生活 | Comments(26)
2014年 11月 26日

年末恒例のクラクラが始まりました/ End of Year Dizziness Has Now Started

e0310424_10001067.jpg



娘は、この大窓の下で毎晩眠っていたのですが、サンフランシスコは地震のあるところだし、危険だなと思って別の部屋に移しました。

本人は、ここが気に入っていたようですが……

しかし、ずいぶんと冬らしい光が差し込んでくるようになりました。

My daughter used to sleep right under this stainedglass window every night. But the Napa quake made us realize that it may not be such a good idea, and she was promptly moved to another location, though she was sort of fond of sleeping there.
The light coming through this window wearing a wintery tinge more and more as the days get shorter.










e0310424_04545578.jpg

シンバは太陽の光が大好きなので、窓から射す陽を追って、寝場所を移動します。

Simba loves sunbathing and he follows the sun as he finds his spot.










e0310424_04550151.jpg

でも、それよりももっと好きなのは?……言わずと知れたこと。

どうです、この真剣な眼差し。

But of course, there is something he loves more.
Look at his dead earnest stare.











e0310424_04550880.jpg

学校から戻った娘は、これを見るなり「ぎゃっ、気持ち悪い!」と叫び、怖い夢を見るからよそへやって欲しいと言いました。

さすが子供。知性よりも感性が勝っている。

どうもこれは、亡くなった子供を偲んで描かせたものらしくて、要は、水子供養のような絵のようです。

18世紀の中頃のもの。

My daughter, when she came back from school, screamed immediately as she looked at this painting. She said she hates it so much that she will have a nightmare.
She seems to have sensed the feelings embedded in this work, as it was most likely painted for the remembrance of a deceased baby some two hundred years ago.










e0310424_04551647.jpg

感謝祭の七面鳥を注文しましょうと、ホール・フーズ・マーケットに行ったら、駐車場からの入り口にもうクリスマスツリーがドドーンと並んでいるの。

モミの良い香りに急襲されて、クラクラしたくらい。

またクリスマスの季節なんですねェ〜、たったこないだクリスマスの記事をアップをしたような気がするんですが……

そう思うともっとクラクラして、ふらついた足取りで階段を上がりました。

I was greeted by rows of Christmas trees at the entrance from the parking garage of Whole Foods Market.
The scent was so strong (perhaps they were organic) as to have whirled my head a little. As I was walking up the stairs realizing an entire year had passed since the last Christmas, I felt even dizzier.










e0310424_04552175.jpg

買い物を終えた帰りに駐車場で目に付いたのはこれ。

電気自動車の充電て、なんだかコンピューターにチャージしているみたいですね、青いランプなんかついちゃって。

もう何回かクリスマスを過ごした頃には、行き先をインプットすれば、あとは景色を見ながら乗っていればいいような車が、ここでチャージされてるのかな。

世の中、どんどん進んで行きますね。クラクラ〜

After the shopping, what caught my eyes at the parking lot was this electric car. It looked just like a computer getting charged, with that blue light at the port. If I spend a few more Christmases, I may see some smart looking self-driving cars getting charged here.
More dizziness seems to be on its way……







[PR]

by BBpinevalley | 2014-11-26 07:59 | アメリカ生活 | Comments(12)
2014年 11月 22日

超ぼろモーテルの変身ぶり/ Metamorphosis of a Run-Down Motel

e0310424_05454220.jpg

サクラメントのグリーンズ・ホテルです。

元は、世にもオソロシイぼろモーテルでした。それはそれはひどくて、ここに写真を載せられないのが残念なくらい。


This is the Greens Hotel in Sacramento.
My husband bought an outrageously rundown motel some years ago and transformed it into this fun place.









e0310424_05453437.jpg

e0310424_05452341.jpg

何年か前に夫が改造したのですが、今回、新しいマネージャーが再オープンしてくれました。

サクラメントにお越しの際には、どうぞお泊りください。お部屋は27室で、3ベッドルームのコッテージもあります。

お値段もお手頃、カジュアルで気楽な時間が過ごせますヨ。


A new manager arrived and he brushed it up lately. If you happen to visit Sacramento, please come and stay at Greens Hotel.
It is relaxed and cozy with 27 rooms and a 3 bedroom cottage.
Very reasonably priced as well.











e0310424_05454950.jpg

e0310424_06130001.png


e0310424_05483933.png


e0310424_05483361.png

e0310424_05474309.jpg

テキサスの州都オースティン市に、サンノゼホテルというデザインホテルがありますが、やはりモーターホテル風でリラックスした楽しいホテルです。

あまりに泊まり心地が良かったので、そこからインスピレーションを得て作ったのがこのグリーンズです。

There is a design hotel called Hotel San Jose in Austin, Texas, where, years ago, we enjoyed our stay tremendously.
That was the inspiration for the birth of Greens Hotel.










e0310424_05455957.jpg

e0310424_05460381.jpg

e0310424_05460834.jpg

e0310424_05465873.jpg


前回アップしたファーマーズマーケットは、このグリーンズ・ホテルからすぐ近くです。

サクラメントは、サンフランシスコに比べるとずっとのんびりしているので、たまにはカリフォルニアの首都をブラブラするのもいいものですよ。

Greens is within a walking distance from the farmers market.
When you get tired of the noise and grime of San Francisco, I find it relaxing to be in this old capital city just doing nothing.




e0310424_05471244.jpg








[PR]

by BBpinevalley | 2014-11-22 08:08 | アメリカ生活 | Comments(16)
2014年 11月 19日

サクラメントのファーマーズ・マーケット/ Farmers Market in Sacramento

e0310424_05482860.jpg



e0310424_02462427.jpg


夫がサクラメントに起こそうとしているファーマーズ・マーケットに行ったら、床屋さんのブースまであって、こんな可愛い男の子のお客さんが髪を切ってもらっていました。

床屋のおじさんも、なかなかいい味が出ていますよね。

We visited the farmer's market which my husband started a few months ago, where there was even a hair salon booth. He had such a cute customer that I had to take a photo.











e0310424_14071770.jpg


もう11月も半ばに入るというのに、マーケットは逆にブースが増えてきています。

将来はどんどん拡張して、ヨーロッパのように毎日開いているファーマーズ・マーケットにしたいのだそうです。

The market is getting bigger with more people even though it is now almost half way into November, which is good. My husband wants to make it into a permanent market like the ones in Europe.



e0310424_12401301.jpg











e0310424_12445545.jpg

この日は、クラシックな改造車の品評会がマーケットの敷地で同時に催されていました。

これは、昔のドッジを改造したものですね。

On this day, there was a car show held along with the market.








e0310424_12450775.jpg

このトラックも丸くてかわいい。

This one might look good at our farm.







e0310424_12452570.jpg

e0310424_12454236.jpg

バットマンの車もあって、びっくりでした。

野菜やパンの袋を持った人たちが、車を眺めている姿は面白かった。

これからも、いろんなイベントをマーケット会場で催す予定だとか。

These are just a few. It was funny to see people carrying vegetables and fruit and hovering over these cars. There are other interesting events planned at the market through the holiday season.










e0310424_12464706.jpg

カントリーロックのバンドも来ていて、盛り上がっていました。

ちなみに後ろの壁画は、壁画アーティストとして名前を上げてきているディミトリス・ワシントンの作品です。

There was also music. This one is a country rock band. The mural behind was just completd by an emerging muralist called Demetris Washington.








e0310424_12472509.jpg


ハンバーガーとホットドッグはアメリカですね。

ニュージーランドはぜんぜんダメでしたXXX

The hotdog was very good. This is one thing that America does better than New Zealand.











e0310424_12475814.jpg

そのあと、夫が改造したホテル(元はひどい場末のモーテルだった)に寄ってから、ナパにある友人宅まで1時間ほどドライブしました。

上は、そこで私たちを待っていたチョコレートケーキ。

ナパでは有名なお菓子屋さんなのだそうです。

なんだか、昼間見たバットマンの車を連想しちゃったけれど、意外と甘くなくて、しっとりとして美味しかったです💜

After we visited the hotel my husband remodeled some time ago (it used to be a nightmarish motel), we drove about an hour to Napa to see our friends who just moved there. We had champaigne and nuts, then had a slice of this delicious chocolate cake. It was a fun Sunday.








[PR]

by BBpinevalley | 2014-11-19 15:13 | アメリカ生活 | Comments(26)
2014年 11月 15日

バケツにひとしずく、でも降らないよりはマシ/ A Drop in a Bucket, but Better than Nothing

e0310424_07055647.jpg

ちょっとおしめりがあったのですが、これくらいでは、4年間にもわたる干ばつには「バケツにひとしずく」という感じかな。

でも、埃っぽい街が、少ししっとりして見えました。

It rained a little bit the other night.
For the 4 yr drought we have, the amount of the rain was a drop in a bucket, but it is better than nothing.








e0310424_07062418.jpg

来週は、もっと雨が降るという予報だけれど、あてにはならないな〜

ニュージーランドはヒョウも降るような土砂降りだと聞きましたが、降って欲しいところには降らないものなんですね。

世の中、人がヤキモキするように出来てるんだな。

We were told that it's been raining very hard in New Zealand, sometimes even hailed.
Things never go as we humans wish……we are bound to get frustrated and irritated as we don'e make plans incorporating the nature's caprice.










e0310424_07094308.jpg

先日、機会があって、クリフバーの本社に見学に行ってきました。

ご存知? スポーツやアウトドアですぐに栄養補給できるエネルギー食品です。

アメリカでは、もう30年くらいの歴史がありますが、急いでいるときの朝食や、ヘルシーなおやつとしても手軽で美味しくて便利。

A few days ago, I had an opportunity to visit the headquarter of Clif Bar at Emeryville.










e0310424_07101635.jpg
e0310424_07102749.jpg
e0310424_07103493.jpg

400人ほどの社員がいるヘッドクォーターでは、ジムあり、マッサージ室あり、サウナやシャワーはもちろんのこと、ランドリー室やヘアーサロンまであって、いったい家に帰る必要があるのかしら?と思えるような設備。

アメリカの会社には多いですが、子供の保育園も付いているし、ペットは社内を横行、レストランはオーガニックなんですって。

私を案内してくれた人は、年に7週間も有給をもらっているとのことでした。

これは、働き虫の多いアメリカの会社では珍しく、ヨーロッパ並みですね。

I suppose this is the norm of todays successful companies in the US, but I was very impressed by their staff friendly office environment. They have a beautifully equipped gym, sauna+shower, massage room, and even laundry room and hair salon. Of course there is a child-care facility, pets are running around in the office, and the food served at their restaurant was organic.
The person who showed me around said he has a 7-week paid vacation. That is a little unusual in the US, I think.










e0310424_07114401.jpg

アメリカは、中間選挙も終わり、いよいよ感謝祭も近づいてきて、周りはみんな落ち着きがなくなってきました。

感謝祭前後はお休みになるので、故郷へ帰る人で空港もごった返し、そのあとはクリスマスプレゼントを買い集めたり、休暇の準備をするのに奔走する時期となります。

アメリカ人が一番そわそわしている時期かな。

Now we are done with the mid term election (and mid-term exams at my daughters school), things started accelerating towards Thanksgiving and all that holiday stuff after that.










e0310424_07110485.jpg

そんなコマーシャリズムに乗せられず、「我関せず」とのんびりしていたいですよね。

ニュージーランドへ逃げるのが正解だと、独りうなずいています。

Luckily, we can avoid all by escaping to New Zealand. I just have to find a good care for Simba.







[PR]

by BBpinevalley | 2014-11-15 08:33 | アメリカ生活 | Comments(18)
2014年 11月 13日

こんな風に出来上がりました/ They Came Out Like This

e0310424_14314665.jpg

焼きあがったんですよ〜

娘のは、一度焼いただけなので、もうとっくに出来上がっていたのですが、こんな感じです。

ちょっと半透明のミルク色で、銅板は赤く仕上がって、可愛い。

デザインは、「永遠の愛」を意味するんだそうデス〜

They are done.
This is my daughter's which was done much earlier since it was baked only once.
The design signifies "the eternal love", my daughter said ❤










e0310424_14301102.jpg


こちらはワタクシメの作品です。

1度目に焼いた時には、まだブルーだったのですが、二度目に型に乗せて焼くと、こんな風に紫色っぽくなってしまいました。

どうしてなのかしらね〜。銅線の色が広がってしまたのかしら?

でもマンゾクです。また造りたい。

This one is mine. It was baked flat once, then on a plate mould for the second time.
The color turned a bit purplish but I'm happy about the result. I'd like to do it again. It was a lot of fun.










e0310424_15011869.jpg


レディは、月に一回くらいの割合で、下のアトリエでクラスを開いています。

また参加したいです。

Reddy usually teaches once a month at her studio downstairs.
I should attend it again.







[PR]

by BBpinevalley | 2014-11-13 15:18 | アメリカ生活 | Comments(6)
2014年 11月 09日

最近の出来事、二件/ Recent News

e0310424_06054690.jpg


もう11月だというのに、サンフランシスコは暖かい日が続いています。

春の花が狂い咲いているのか、くしゃみが出て仕方がない。


It's been quite warm and sunny for this time of year. Some plants may be blooming out of season, as I sneeze like in Spring time.










e0310424_06060394.jpg

最近の出来事、その一、

夫の両親の時代から、庭師/大工として働いてくれていたクリスおじちゃんがリタイヤーしました。

定かではありませんが、77〜78歳くらいかな。

コロンビア大のPHDを持っている極左の庭師なんて、そう居るわけない。

アディオス、クリス。

音楽や哲学、政治や歴史の話、たくさんできて楽しかったよ〜

今度、田舎のお家の庭を見に行くからネー

Recent news, #1
Chris who'd been working for us and my husband's family for a long time has finally retired.
Remarkably educated and intelligent with PHD from Columbia, studied at Univ. of Chicago and Harvard, Chris was so much fun to talk to.
Adios Chris! We'll come and visit your new garden in the country.










e0310424_06061455.jpg

最近の出来事、その二、

夫がニュージーランドから帰ってきました。

この菜園で採れたものを食していたようで、色艶よくご機嫌でお戻りになりました。

Recent news #2,
My husband came back from New Zealand looking uncommonly radiant and happy. Perhaps because he was eating all these fresh vegetables from the garden at the Shelly Beach Farm.








e0310424_06063907.jpg

ファームには、常勤者の他に、各国からオーガニック農業を学びに来た人たちが、住み込みで働いています。

一緒に畑を耕し、動物の世話をし、食事を共にするコミューン生活。

お豆腐もチーズもホームメード、

はちみつも美味しいですヨ。

Besides the all time staff, there are numerous people from all over the world who come to learn John's organic farming and stay at the farm.
They tend to the garden, care for the animals, cook, eat and sleep together at the barn-house.
They even make tofu and cheese themselves.
Their own honey is good as well.









e0310424_06063118.jpg

なぜか夫のお気に入り、移動式のトイレ。働いている時には、すぐに利用できて便利だそう。

深めの穴を掘って、その上にこのトイレを置き、しばらくすると穴を埋めて移動する。

My husband's favorite, the mobile toilet.
Dig a beep hole and set the toilet booth on. When time comes, fill the hole and move to another location.










e0310424_06064519.jpg

さて、これは何でしょう?

鳥の巣に携帯を突っ込んで、生まれたての赤ちゃんを撮ったのだそう。

サカナかと思った。

夫にファームの写真を頼んだら、こういう変わったものが多くて……

What do you think they are?
New born birds. My husband said he does not know what kind, but he found the nest and put his cell phone in to take the shot.











e0310424_06072983.jpg

ファームが臨んでいるカイパラ・ハーバーです。

南半球で二番目に大きな自然港です。

This is Kaipara Harbor which the farm looks onto. A calm and beautiful natural harbor is the second largest in the southern hemisphere.








e0310424_06062004.jpg

真夏のクリスマスが、待ち遠しくなってきました。

I can't wait for our Mid Summer Christmas there.








[PR]

by BBpinevalley | 2014-11-09 08:32 | アメリカ生活 | Comments(20)
2014年 11月 06日

これではまるで「ウォリーを探せ」かな / Can You Find Waldo, the Squirrel?

e0310424_07234726.jpg

さあて、ウォリーはどこでしょう? リスのウォリーですヨ。

知らなかったけど、日本ではウォリーなんですね。アメリカではウォルドーです。

娘の学校をシンバと散歩している時にリス君に会い、かくれんぼしました。

ちょっと気分の悪いことがあったので、気が紛れて良かったです。

Can you find Waldo? He is a squirrel.
I ran into him when I was strolling my daughter's school campus with Simba.









e0310424_07312384.jpg

こっちの方がわかりやすいかな。

どうも携帯だとうまくフォーカスできなくて、やっぱりダメね。

It was fun playing hide and seek with Waldo.
I had to deal with something unpleasant at the school but the play made me feel better.












e0310424_07240745.jpg

昨日は、アメリカは中間選挙の日でしたが、野党の共和党が上下院共に多数を取ってしまいました。

これで、もうオバマさんの力は地に落ちた感じですねぇ〜

Yesterday was the election day in the US, and the republicans won both the house and the senate. Bummer.
Now Mr. Obama is a true lame duck……











e0310424_07240226.jpg

こんなに人気のない大統領になるなんて、当選した日のあの栄光からは、とうてい想像がつきませんでしたね。

Who could have imagined this much fall on the day of historical victory 6 years ago.












e0310424_07235705.jpg

でも、サンフランシスコのあるベイエリアは民主党の強力な地盤ですから、その主権は続いています。

対岸のバークレー市など、民主党を通り越して、極左まで行っているので、面白い条例がどんどん通ります。

今回も、アメリカの肥満度に対処するため、甘味ドリンク類に税金がかけられることに決まりました。

他のアメリカの都市では考えられないことです。

だって、コカコーラ社なんかの凄まじい反撃を食らいますからね。



写真のように、サンフランシスコには路面電車がたくさん走っています。私、路面電車の音が大好き。

外国で使わなくなった路面電車を買い取って、チューンアップして使っています。日本のもあるし、ミラノから来たのもある。

バブルの頃、日本がこの路面電車プロジェクトの資金を払ったんですよ。

お金、あったんですね〜

But Bay Area is still very Democratic.
In the Republic of Berkeley, they passed the initiative on soda tax which would have no chance to pass at all anywhere else in the US.
Hurray~

I love the sound of streetcars and the cities which have them.
There is something about them always stirs sense of past and nostalgia.
San Francisco has a variety of streetcars from all over the world, beautifully refurbished and running everywhere.
It is fun to take a ride.











e0310424_06411185.jpg

やや、これは、ひょっとして公衆電話?

んんん〜、使えるのかしらねぇ?

一瞬、受話器を取ってみようかなと思ったけれど、今度レイテックス手袋かなんかしてから試そうかな。バッチイそう。

I came to notice this public phone on Valencia Street for the first time this morning.
Does this work?
I thought of picking it up to check the dial tone but decided to come back with a latex glove.










[PR]

by BBpinevalley | 2014-11-06 08:34 | アメリカ生活 | Comments(26)
2014年 11月 02日

ひとりの時間には/ When I'm Alone

e0310424_15291499.jpg
ハローウィンの日は、少し雨模様でした。

サンフランシスコ・ジャイアンツの優勝パレードでも、選手たちはレインポンチョを着ていました。











e0310424_15293245.jpg
娘は、せっかくアメリカに戻ったというのに、ハローウィンの夜は学校のコンサートに出演していて、

トリック・オア・トリートには行けませんでした。

まぁ、もうハローウィンは卒業してもいい年齢ですけれど……

出し物のピンクフロイド The Wall は、なかなか良かったです。

さすがアートスクールですね。











e0310424_15522788.jpg
今日(11/1)も、娘は違うコンサートに出演するためにお出かけ。

ここのところ、一人で夜を過ごすことが多くなりました。

今夜は、夕食を作りながら、Uーtubeのグールドのバッハで一杯やって、ゴキゲン。

なんだか、彼は楽しいですよね、唸りが入るし。

笑いに飢えた時には、彼がベートーベンのアパッショナータを弾くのを聴くことにしています。

クソミソに言う人が多いけれど、私にはグールドの子供じみた主張が面白くて、笑えてしまう。

今夜は、昔を思い出しながら、バッハの Invenzioni a Due e Tre Voci を聴きました。









[PR]

by BBpinevalley | 2014-11-02 16:26 | アメリカ生活 | Comments(14)