アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 27日

独りの時間、ニュージーランド/ My Lone Days in New Zealand

e0310424_06484948.jpg


夫はアメリカに仕事で帰りました。

火曜日まではステイシーが居てくれたので、話し相手もありましたが、その後はこの新しい棲家に一人になってしまった。


上は、ステイシーがとってくれたファームの羊の写真です。


My husband went back to the States for business.
After that, Stacey had stayed with me till this Tuesday, but now I'm alone in this pretty isolated new place.

Above photo, by Stacey with her iPhone .













e0310424_13163384.jpg


私にも振り向いてくれた羊。

毛を刈られて、涼しそう。

9 months old lambs are all shorn and looking light and cool.
One of them posed for me as well.














e0310424_06494370.jpg


だいたい一週間に一度は、ファームのホワイトハウス(スタッフの住む家の事)に食事に行きます。

まったく、残りものでさえ美味しく見えるのは何故?


We usually go to dinner at the White House (staff's barn style living quarter) abut once a week.
Even the leftover vegetables look good at their kitchen.












e0310424_06515947.jpg


ファームでは、毎回このお迎えとお見送りを受けます。

This is the Hello and Goodbye we receive every time we visit the White House.














e0310424_06500063.jpg


夫が発つ前日、お友達家族を呼んで、初めてこの家でお食事会をしました。

The day before my husband left, we had our first dinner party at our new place.












e0310424_06501494.jpg


修復し終わったテラスがとても気持ちがいいので、外で食べることに。

ファームのラムをバーベキューしましたが、やっぱりオーガニックのラムは違いますね。柔らかくて美味しかった!

キウィのお友達のバーベキューの腕のお陰でもあるんですけれど。


We BBQed our farm lamb and it was superb. Absolutely delicious.
Partly thanks to the semi-professional BBQ job of our Kiwi friend, though. He is so good at it.













e0310424_06503430.jpg


一人も結構お気楽で、夕方になって一仕事終えると、テラスで一杯やりながら涼みます。

蚊が出てくると退散。

I am actually enjoying my single life here for the moment.
In the evening, after work, I sit on the deck and enjoy a sip or two.
I flee back in, though, when mosquitoes arrive.












e0310424_06504794.jpg


鴨かな。夕焼け空に綺麗でした。

A flock of geese flew over the beautifully colored sky at sunset.











e0310424_06510757.jpg


キッチンの窓からの風景はこんな感じ。

ニュージーランドの雲行きはどんどん変わるので、海の色も周りの景色も刻々と変わり、退屈しません。


This is the view from my kitchen window.
The color of the ocean and the scenary constantly changes to my amusement, as New Zealand's clouds are the busiest and never stay still.












e0310424_06512364.jpg


パインバレーから持ってきた大量の家具も、ようやく新しい位置に落ち着きました。

Our massive number of furniture found its new spot in most cases.













e0310424_06513473.jpg


庭のマカデミアナッツ。

ものすごく硬い皮に覆われていて、渋皮も付いているから、中身を取り出すのは一苦労。

だからお値段が高いのだそうですよ。

I harvested some of the macadamia nuts from the tree in our garden.
The skin is very hard and there is another inner skin which is a nuisance to peel.
The rather high price tag on the nuts comes from the intesive labor to get the nus out, not the production itself.












e0310424_06514545.jpg

しばらく放っておくと、こんな風に弾けるんですけれど、それでも素手では殻は取れません。

やれやれ、道具を買いに行かなくちゃ。

If you leave the nut for a few days, it will crack open by itself but not all the way. You still need a tool to get the nut out.
Rather frustrating.









[PR]

by BBpinevalley | 2015-02-27 08:01 | ニュージーランドの生活 | Comments(34)
2015年 02月 22日

夏の終わりに/ Late Summer in New Zealand

e0310424_06352343.jpg


風まかせ自由人さんから、素敵なカレンダーの贈り物が届きました。

埼玉県にある学校の特別支援学級で工作を教えておられ、これは、そこの生徒さんたちが作られたカレンダーだそうです。

切り絵の部分(黒い部分)は、生徒さんたちが一枚一枚切って作られたそうで、手作り感がいっぱいで嬉しくなります。

全部のページは、こちらからご覧くださいね。どれも日本の季節感にあふれています。

ミノリンさん、こんな遠いニュージーランドまで送ってくださって、本当にありがとうございました。


My blogger friend, Minorin-san, sent me this wonderful calendar all the way from Japan. They are hand made by students who have certain learning difficulties which is hard to detect from the perfect layout on every page.
Thank you so much, Minoring-san. I will enjoy it every day, all year long.
You can view all the pages of the calendar here.











e0310424_06360532.jpg


こちらは夏もいよいよ終盤ですが、ファームの仮住まいからの景色は、時とともに刻々と変わり、飽きることがありません。

The summer in New Zealand is finally coming to the last stage, with crickets gradually taking over the singing from cicadas.










e0310424_06401170.jpg


先日は、羊のお母さんと子供を離す日でしたが、9ヶ月くらいになっても子羊は1〜2日泣くのだそうで、ちょっと可哀想でした。

写真はお母さん羊の方ですが、お母さんは泣かないでケロっとしているのね。

人間と反対。うちは、娘が寄宿舎に入ってしまって、お母さんが泣いていますが、娘の方は楽しくて仕方ない模様。

The other day at our farm, they worked on separating 9 months old lambs from the mother sheep. I felt sad to hear that lambs cry for a day or two.
The mothers (above), on the other hand, seemed quite all right, looking only a bit annoyed throwing into a small yard for the day.
In my case, I am the one who is crying getting separated from my daughter. She seems happy as a clam staying at the school dorm.












e0310424_06485302.jpg


最近、ファームの雄鶏が一日中刻の声をあげてうるさいとスタッフが漏らしていましたが、先日ホワイトハウス(スタッフの住む家をこう呼びます)のディナーに呼ばれたら、その雄鶏たちが見事に丸焼きにされていました。

子羊と言い、雄鶏と言い、ナマな神経ではファームではやっていけないなぁ、と実感。

Lately, the farm's young roosters were crowing all day long and bothering the staff. But the punishment was quite harsh, I must say.
I suppose you cannot have too sensitive a heart to live at a farm.












e0310424_06493676.jpg


e0310424_06500846.jpg


全てファームで採れたものばかりの夕食だ!と、感激しているのは夫と私ばかり。

長年ここで暮らしているスタッフにとっては、「何を興奮しているの?」って感じみたい。

Everything on that night's dinner came from the farm except for the flour and salt.
Though we know it is nothing special for the staff who live there for a long time, we couldn't help getting all excited about the fact.











e0310424_14231619.jpg


ファームから5分くらいのところにあるカフェのお庭。

この写真ではちょっと分かりにくいですが、向こうの方に大きな池も見えて、緑の深いお庭です。

This is the garden view from the nearby cafe called MacNut Cafe. It is a little hard to see in this photo but there is a beautiful pond surrounded by dense greens.













e0310424_14234542.jpg


e0310424_14240903.jpg


カフェのオーナーは、中国から移民してきたすこぶる感じの良い、若いご夫婦。

夫と時々お昼を食べに来て、無駄話などしていきます。

The owners are very nice young Chinese immigrants.
We sometimes come here to have their delicious lunch dishes and to have a chat with them.












e0310424_06503314.jpg


こちらも非常に感じの良いアヒルのご夫婦で、無駄話に参加。

This nice couple joined us as well.













e0310424_06523977.jpg


娘の学校では、創立100周年のお祝いがあり、全員が1915年のファッションで、コーンウォール公園にピクニックに行きました。


My daughter's school is celebrating their 100th anniversary this year.
This day, students, faculties and parents, all dressed in 1915 costumes and had a picnic at Cornwall Park.













e0310424_06513874.jpg


e0310424_06510402.jpg


e0310424_06512323.jpg




e0310424_06532991.jpg


私も長めのオールドファッションなワンピースに、ステイシーのお母さんが作ってくれたバッグ(上)をさげて参加しましたが、帽子がいるということで、急きょランプシェイドにスカーフをかけて代用。(大胆?)

思った以上に受けましたが、写真は控えマス。

I decided to wear a long old-fashioned dress and carry the bag Stacey's mother made for me but could not find an appropriate hat. I substituted with a Chinese woven lamp shade with a scarf and it was quite a hit.
No photos unfortunately.









[PR]

by BBpinevalley | 2015-02-22 15:54 | ニュージーランドの生活 | Comments(22)
2015年 02月 14日

庭の探索/ In Our Garden

e0310424_09480981.jpg


蝉の音をサウンドトラックで入れられたら、もう少し夏の雰囲気が伝えられると思うのですが……

毎日、やかましいばかりの合唱です。


I wish I can record the sound of the cicadas and run it here. It's quite a chorus everyday.












e0310424_09584675.jpg


e0310424_09594132.jpg


土曜日だというのに大工さんがたくさん入っているから、どこに居て良いのやら、身の置き所もなく……

It is Saturday today but there are many carpenters working on our house. Hard working kiwis.













e0310424_10002809.jpg


邪魔をしたくないから、iPhoneを持って庭に出ました。

庭には、先日アップしたマカデミアナッツの他に、レモンやみかんやリンゴの木があります。


Not wanting to be in their way, I decided to roam around the garden for a while.
Besides the macadamia nut tree that I upped the other day, I found some lemon, orange and apple trees.













e0310424_10005377.jpg


こちらは、ニュージーランド原産の低木で、彼岸花にも似た綺麗な花をつけます。(今度、名前を調べておきます)

パインバレーにも植えたのですが、いつもトゥーイが好んで実を(花を?)食べにくるので、嬉しかった。

I planted this native bush at Pine Valley as well and grew to love it because the flowers are beautiful and it always attracted Tui, my favorite bird.













e0310424_10010630.jpg


ここでも、アガパンサスは見事に咲いています。

Agapanthus blooms beautifully here, too.












e0310424_10012003.jpg


これ、お花屋さんでよく見る花ですよね。名前、忘れました。水もやらないのに、元気に育っています。

I forgot the name of this flower, the one you see in any flower shop. They are going strong in my garden without receiving any care.












e0310424_10013680.jpg


ふと振り返ると、庭に隣接したパドックに、なんと大きなブタが二匹お昼寝していました。

2〜300キロはありそうです。

ファームで働く人たちのペットなんだそうで、とても賢くて、性格が可愛いんですって。

ジョン先生が「食べてしまおう」と言った時、みんなで大反対して、ペットに格上げされたとのことです。


Right over the fence of my garden, I found 2 pigs slumbering away, squeezed in their tiny hut. Each of them look to weigh 2~300 kg easily.
They are prized pets of farm workers who opposed John to slaughter and make them into food.
Apparently, these pigs are very smart and loving.











e0310424_10015062.jpg


これも名前を知らないのですが、よく生垣などに使われている、つやつやした葉の植物です。

うちの庭にはそこらじゅうに生えているのですが、蜂や蝶が群がっていて、近寄れないくらいでした。

Again, I don't know the name of this plant but they are attracting a lot of bees and butterflies in my garden. I often see them planted as hedges or over laticed fences.












e0310424_10021420.jpg


草むらの中にひっそりと咲いている白百合。きれい〜

I found beautiful white lilies quietly blooming amongst tall grass.













e0310424_10022948.jpg


南国美人のような、大輪の真紅のハイビスカス。

しばらく誰も手をかけていなかった庭ですが、まだ綺麗なお花がそこここに咲いていて、健気だなぁと思いました。

ガーデニング、始めなくっちゃ。


Gorgeous pigion blood color hibiscus.
Though this garden has not been cared much for a while, I found quite an array of beautiful flowers.
I better start gardening soon.









[PR]

by BBpinevalley | 2015-02-14 13:45 | ニュージーランドの生活 | Comments(32)
2015年 02月 11日

着いています、生きています/ Arrived and Surviving

e0310424_04140671.jpg


どんぶらこ、どんぶらこと、船に揺られてニュージーランドまでたどり着きました〜

なんてハズはない。

We'd voyaged through the rough seas on a pirate ship all the way to Nuova Zelanda!
Had we?











e0310424_04150898.jpg


e0310424_04145386.jpg


ここは、マウント・イーデンのはずれにあるマリナーズというフィッシュ&チップスのお店です。

すごくよくできていて感心。

メニューなども海賊の地図風で、シェフの出で立ちもジョニー・デップさながら。(あくまでも出で立ちだけは)

Not quite.
This is a Fish n' Chips restaurant on Mt. Eden road in Auckland. It is really well designed with a theme of a pirate ship. Even the chef/owner has a pirate cook attire.










e0310424_04152199.jpg


よくできているのは内装ばかりでなく、お味も最高です。

これまで試したフィッシュ&チップスの中では一番美味しかった。

Mariner'sというお店です。オススメ。

Well done is not only the interior but also the fish and chips themselves.
This is a tarakihi fried with crumbs and some crispy kumara chips. Very fresh and yummy.
It is called Mariner's. We recommend it!











e0310424_04155898.jpg


実際には、もちろん飛行機でひとっ飛びに夏のニュージーランドに着いたのですが、仮住まいのオンライン環境が整わず、浮世から隔離されていました。

We were transferred into the summer New Zealand overnite by air, of course, a week ago, but we had been shut out from the world since we did not have internet at our temporary house till yesterday.











e0310424_04161550.jpg


e0310424_04174630.jpg


オークランドの寄宿舎に入れた娘とサンフランシスコに預けてきたシンバはいかに〜〜と思いを馳せながらも、ファームの犬たちに慰められています。

With our daughter in a boading school in Auckland and Simba still in San Francisco, we miss them quite a bit throughout a day everyday.
But the farm animals give comfort and cheer us up.











e0310424_04212083.jpg


仮住まいは、9割がた完成ですが、まだトンカチやっていますから、しばらくは落ち着かない生活。

でも、カイパラ湾や、その周りに連なる丘陵が見えて、刻々と変わっていく風景がとてもきれいです。

上は、庭のマカデミアナッツの木。

The remodeling of the temp house is almost finished but still a few weeks of banging and painting are needed.
There are still unopened boxes also but I'm not bothered much as the life here with the ever changing view of Kaipara harbor is serene and beautiful.
The above is a macadamia nut tree in our garden.











e0310424_04213869.jpg


モナーク蝶もたくさん訪ねて来てくれます。

娘が幼い時、モナーク蝶を見て、亡くなったおじいちゃんだねと言ってから、この蝶を見るたびに父を思い出して嬉しくなります。

Many Monarch butterflies visit our garden.
When my daughter was little, she used to say they are the spirits of her then just passed grandfather. Ever since, when I see the Monarch butterflies, I think of my father.











e0310424_04215987.jpg


ファームから届く暖かい搾りたてのミルクや新鮮な野菜で1日が始まり、サンフランシスコの生活からは180度転換しました。

久々に夫婦二人の生活だというのも大変化。

今のところケンカもせず、穏やかにやってマ〜ス。

As we now start our day with warm farm fresh milk and eggs, our life has turned 180 degrees around from the one in San Francisco.
The fact we only have each other, without our daughter and Simba, is very new as well.
So far so good. It is actually quite enjoyable.







[PR]

by BBpinevalley | 2015-02-11 07:48 | ニュージーランドの生活 | Comments(10)