アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2015年 06月 29日

いきなり、アメリカどっぷり/ Gay Marriage Celebration


e0310424_10542126.jpg


二日ほど前に、アメリカの最高裁が同性間の結婚を全州で認めたため、サンフランシスコはもう大騒ぎです。

うちの近くのドロレス・パークも、連日、人の海。


The Supreme Court ruled by a 5 to 4 votes that the constitution guarantees a rights to same-sex marriage a few days ago.
San Francisco has been celebrating this decision the whole weekend since.














e0310424_10543089.jpg

日本の海水浴場も真っ青な感じ。


Dolores Park was jam-packed.














e0310424_10544119.jpg



e0310424_10595939.jpg


そこらじゅうに、ユニークな装いの人たち。

アメリカは意外と保守的で、右翼陣の強い国ですから、ゲイの人たちの結婚についてはもめにもめていました。

そろそろ認められても当然だなとは思います。


It's been a long fight for the gay community and I think it's about time.
















Reuters/ Gary Cameron
e0310424_10551874.jpg


ホワイトハウスもこの通り、ゲイのカラーのレインボウ色に。


The White House was lit up in rainbow colors, too.
















e0310424_10593312.jpg


こんなお美しい方も…


Near Union Square.
















e0310424_10592337.jpg


ええっと、こういう方たちも何人か見ましたが、皆さんの撮影リクエストにも気軽に答えていました。

私は、前からの撮影はデキマセンデシタ。


There were a few nudists and they were all happy to pose for a photo.
I just didn't feel like going around to shoot from the front, though……
















e0310424_10550026.jpg




e0310424_10594086.jpg



e0310424_10545040.jpg


セレブもたくさんパレードに加わっていたようで、娘によると、白いスーツで歌っている方は、ピットブルというラッパーだそうです。


There were some celebrities on the floats.
The guy in the white suit is Pitbull, a rapper, according to my daughter.


















e0310424_11002284.jpg


ご主人に連れられてパレードに参加したものの、ルピタちゃんとエース君、お疲れの模様です〜


I guess, some kids were exhausted from all the celebrations.









[PR]

by BBpinevalley | 2015-06-29 12:42 | アメリカ生活 | Comments(24)
2015年 06月 27日

移動は大変でした/ Our Travel Was Hectic



e0310424_07363716.jpg


6月26日、午前8時前のオークランド空港です。

前夜、25日の7時半に出るはずだった飛行機が壊れ、オークランド市内のホテルに一泊させられて、翌朝の飛行機に乗せられました。

サンフランシスコ便にはもう数え切れないほど乗っていますが、こんなの初めて。

疲れました…















e0310424_07364416.png


サンフランシスコに着いたのは、夜中の1時半(正確には、アメリカ時間の26日の朝)。

先ほど、PCのタイムゾーンを変えましたが、この地図で見ると、なんだか世界の端から端まで旅したようですね。

ニュージーランドは、右端、オーストラリアの右下の島です。

青丸のところがサンフランシスコ。

実際には太平洋を斜めに上がったんですけれどね。

明日から2週間ちょっと、カリフォルニアレポートになります。










[PR]

by BBpinevalley | 2015-06-27 07:47 | アメリカ生活 | Comments(8)
2015年 06月 24日

どっちを向いても絵、絵、絵/ Paintings Everywhere



e0310424_07195100.jpg


どっちを向いても絵、絵、絵。


Paintings everywhere, whichever you look.















e0310424_07200442.jpg


もう壁が足りなくて、まだまだ物置に眠っています。

考えると恐ろしいけれど、サンフランシスコにはもっとある…


We don't have enough walls for them and still many are in storage.
There are even more in San Francisco, which I try not to think…
















e0310424_07201862.jpg


e0310424_07203250.jpg


大きなものから小さなものまで、価値もいろいろ、ジャンルもいろいろ。


They all vary in value, size, genre.


















e0310424_07230914.jpg



e0310424_07233481.jpg



e0310424_07232109.jpg


ドアの裏にまでかけてあります。


Some are even hanged behind a door.


















e0310424_07224084.jpg


でもね、これ、考えてみると、私と夫にたったひとつ共通している趣味かもしれない。

他は、あまり趣味が合わないな〜


When I think about it, collecting paintings is the only hobby we really share.
I cannot say we have many other stuff we enjoy together…















e0310424_07241977.jpg



e0310424_07394367.jpg



e0310424_07392249.jpg



e0310424_07400628.jpg


音楽の趣味も、映画の趣味も、本の趣味も、まったく違う。

食べるものはまぁ、連携するようにはなりましたが、それでも、あちらは肉食獣、私は菜食でも生きていける和人間。

先日、ウォリアーズが勝ったと大騒ぎしているから、それ、どこの野球チーム?と訊いてオコラレた。


We have very different taste in music, movies, and books.
We are kind of compatible in gustronomic affair, but he is basically a meat eating beast and I am a typical rice loving Japanese.
The other day, my husband was all excited on the phone yelling "Warriors won! Yeah, they won!", so I asked which baseball team that is, to get the complete silence on the Skype line.
















e0310424_07215413.jpg


e0310424_07225882.jpg


ある日は、クラシックのピアニストについて友人と大いに話が湧いているところに夫が来たから、あなたはポリーニがお好き?と訊いたら、「え、それって、パスタか何か?」ときた。

もちろん新婚当初のことで、今はそんなこと尋ねようとも思いまセン。


Once I was having a lively conversation about classical pianists with my friends, when my husband came in. So, I asked him if he likes Pollini, and his answer was "Pollini? Is that a pasta?"
Obviously, this was long time ago, right after we got married. Now I've long given up throwing him questions like that.

















e0310424_07235902.jpg



e0310424_07243360.jpg



e0310424_07395541.jpg


旅先で買った絵も多いし、懇意になったのちに亡くなった画家の絵もあって、それぞれ思い出深いです。

なんでも手作りのものには温かみがありますが、アートは特に、アーティストや自分たちの熱いストーリーが語られているようで、心が潤います。


There are paintings we found on our trips, or others by artists we got to know well but since past away. Dear memories with each of them.
Everyday, when I look at them, different stories, some funny or sad, some memorable and full of passion, unfold through my vision into my heart. I don't know how to say it in English, but I like it.












[PR]

by BBpinevalley | 2015-06-24 09:40 | ニュージーランドの生活 | Comments(20)
2015年 06月 22日

私の大好きな鳥、トゥーイ/ My Favorite Bird, Tui


今日は、私の大好きなトゥーイの鳴き声をアップします。

自分で録音したいところですが、ちょっとやり方がわからないので、U-Tubeで。

トゥーイは、ニュージーランド固有の鳥で、ヒヨドリくらいの大きさ。喉に、雪洞のようにも見えるカールした白い羽をつけています。

声帯を二つ持っていて、いろんな鳥の鳴き声を真似し、よく通るユニークな声で歌います。

ワタシ、この鳥の鳴き声が大好きで、毎日トゥーイが来ると、とても幸せな気持ちになります。

ちょっと聴いてみてね。


I love Tui songs. Tui is a native New Zealand bird with 2 vocal codes and sings marvelously.
Their songs varies every time because they like to mimic other birds or any sounds around them.











シャイな鳥で、あまり近くには来てくれませんが、原生の植物が大好きで、花の蜜が主なお食事メニュー。

ニュージーランドでロケされている映画が最近とても多いですが、バックにトゥーイの声が聞こえると、ロケ地がすぐ分かっちゃいますね。

こちらのビデオはイリエさんという方が撮られたようですが、トゥーイの姿がとても良く写っているので、シェアー。

喉の雪洞や、カールした襟元の羽が、よく見えます。


Here you can view the bird better.
I love the white curly feathers on their throats which look like fancy bowties.














e0310424_08210254.jpg


こんな原生林の遊歩道では、必ずと言っていいほど、トゥーイの合唱を聞くことができます。

ストレス解消、精神のデトックスには、これしかないって感じ。


Imagine walking through a native forest path like this and listen to Tuis all around.
The best mind detox therapy ever.








[PR]

by BBpinevalley | 2015-06-22 09:34 | ニュージーランドの生活 | Comments(24)
2015年 06月 19日

時差のあるブログ/ Blogging in NZ Time


e0310424_08420163.jpg


先日、庭の奥の方に、大いに咲いて大いに枯れたアジサイ軍団を発見。

日本からの北半球ブログは、今、アジサイでいっぱいだけど、地球の反対側でのアジサイ状況はこんなです。


Japanese blogs are filled with Hydrangea at the moment, but I found a bushfull of them in the corner of my garden, all dried up.
















e0310424_08422653.jpg



日本とは時差が3時間しかありませんが(こちらが進んでいる)、私のブログへのヒット状況を見ていると、皆さんの生活が想像できて楽しい。

や、まだ5時台なのにコメントをくださる方がいる…

朝ごはん前ににブログをチェック/更新する人って多いのね…

これは、通勤/通学時間だから、きっと電車の中の携帯からかな…

お昼の時間、今頃、お弁当を食べながらブログチェック?〜

などなど、つい思いが馳せてしまいます。


Living in a different season and different time zone, it is interesting to peek in the lives of the fellow bloggers in Japan.
Sometimes I get nicely surprised by the comments sent in as early as 5 o'clock there.
Lots of hits on my blog between 7 and 8 in the morning, which, I imagine, are from their phones in the crowded commuter trains.
Then around luch time, they log in as they feast on the beautifully packed Japanese lunch boxes.
















e0310424_08424770.jpg


アメリカやフランスやイタリアのブロ友さん達からは、これまた違った時間にメッセージが入る。

当たり前でも、つくづく地球の丸さを感じます。


I also get messages from Europe, South East Asia and America.
I used to get comments from South Pole as well but he finished his mission early this year.
It's fun to think of far away places, roaming around in the space of imagination.


















e0310424_08425683.jpg


今、独りで居るから、よけい想像が膨らむのかしらね。

鳥の声も、いつにも増して賑やかに聞こえるし、電話の音にやたら驚いたりしています。


As I'm spending a lot of time alone lately, it is a perfect pastime.



















e0310424_08434865.jpg


普段、目がいかないところにも、変に注目。

雑草に混じって生えているの、これ、どこでも見るクローバーですよね。


I also noticed that I am paying a closer look at things I usually ignore.
These 3 leaves weeds, aren't they clovers?


















e0310424_08440589.jpg


でも、これもクローバー?


But here are some different ones. Are they also clovers?


















e0310424_08441855.jpg


こちら、さらに葉っぱが細くて、またちがうような……


Yet, these look slightly different again. Their leaves are narrower. Colors are a little different, too.


















e0310424_08443021.jpg


こんな色のも発見!

すごくきれい。


And I found these gorgeous purple ones!

















e0310424_08444092.jpg


こちらは、先日アップした、大きな蝶々みたいな三つ葉です。



南半球での独り生活、見るもの聞くもの思うもの、みんな新鮮。


These are the ones I upped the other day, the large leafed, long stemmed ones.

I see and hear differently, and imagine a lot by myself.
As you can see, I am enjoying my hermitized being.








[PR]

by BBpinevalley | 2015-06-19 10:39 | ニュージーランドの生活 | Comments(34)
2015年 06月 16日

バイオダイナミック農民を志す方募集中/ Internship Available for Students at Shelly Beach Farm



e0310424_11453101.png


シェリービーチファームでは、バイオダイナミック農業を勉強したい学生、もしくは社会人の方を募集しています。

シェリービーチファームは、ジョン・ピアース先生が35年前に始めた、ニュージーランドで初めてのバイオダイナミック農場です。

以来、ニュージーランドの自然農業を常にリードしてきました。

これまでにも、世界中から、バイオダイナミック農業を志す方々が、このファームで働きながら学んできました。


John Pearce set New Zealand's standard for organic farming 35 years ago on Shelly Beach Farm's jewel-like 440 acre property overlooking Kaipara, the largest natural harbor in the southern hemisphere.
Commited to new ideas and continuous innovation, Shelly Beach Farm seeks to create opportunities for tomorrow's leaders in organic farming through annual internships.


















e0310424_11414502.jpg


期間は3ヶ月から1年で、最初の一ヶ月はテスト期間となり、ピアース先生の指導を受けます。

交通費は自己負担ですが、ファームでの住居と食事は提供いたします。

共同住宅では、全員が食事や掃除に協力し、ファームの仕事を分担します。

共通語は英語となりますので、基礎的な疎通のできる程度の英語力が必要となります。


Shelly Beach Fram will provide two summer interns with room and board in exchange for participation in farm operations for 45 hours a week. Farm leaders and researchers will conduct weekly 90 minute classes with opportunities for supported self-directed study and possible UC credit.
Prior interns have traveled to Shelly Beach Farm from over twenty countries.


















e0310424_16591576.jpg


ご興味のある方、どうぞご連絡くださいね。

コメント欄に記入できない場合は、dan@limn.comまでどうぞ。(英語、もしくは日本語)


To apply, please contact Daniel Friedlander: dan@limn.com


















e0310424_15520796.jpg


という訳で、我がファームでは、自然派農民志願者を募集しています。

今年は、アメリカと日本から募集することにしました。

アメリカでは、オーガニック農学で有名なカリフォルニア大学サンタクルーズ校にて募集しています。

新しい仲間が増えるといいなって、みんなで話していますヨ〜

どうぞ、お友達にもお知らせくださいね。











[PR]

by BBpinevalley | 2015-06-16 14:04 | ニュージーランドの生活 | Comments(16)
2015年 06月 14日

修道生活、一旦休憩/ Recluse's Weekend Break



e0310424_10123128.jpg


修道院の生活、一時休止です。

昨日の土曜日は、B&Bをしていた時に手伝って下さっていたエリさんが、お子たちを連れて訪ねて下さいました。

小さい時に一緒に遊んで育ったので、三人の子供達はすぐにプレイモードに。

ファームの大きな樹の下で、折れた大枝を使って三人乗りシーソーを作り、奇声をあげていました。

やっぱり子供は遊ぶのが専門職だな。


Eri, who had helped me at my B&B for 2 years, came to visit us with her son and daughter yesterday.
They used to play together so much that it didn't take long to get back to the threesome mode.
Under the huge fig tree at the Shelly Beach Farm, they had a great fun constructing a 3 way seesaw.

















e0310424_13173984.jpg


夜にはホワイトハウスのお食事に招かれて、ちょうどオークランドで開かれていた国際バイオリンコンテストの実況を、雑音の入るラジオで聴きました。

オンラインでも実況中継が見られる筈が、シェリービーチは週末になるとネットが混んで、すごくスローになるからダメでした。

田舎でしょう〜


In the evening, after a delicious dinner at the White House, we all listened to the final performance of Michael Hill International Violin Competition live on a scratchy radio.
There was a live video stream online but the internet is really slow at Shelly Beach on weekends and couldn't watch.
This is the trouble with living in a countryside.



















e0310424_13135906.jpg


コンテストでは、私たちが勝つだろうなと思った人が優勝しました。

実は、前夜に行われたリハーサルに潜り込んで、優勝者と二位になった奏者の演奏を聴いていたので、だいたい想像はついたわけです。

私の大好きなシベリウスのDマイナーコンチェルトを二夜続けて聴けて、コンテストのドキドキ感も味わえて、楽しかった。



風が強くて、晴れたり曇ったり雨がパラついたりの週末です。




There were 3 finalists and the one my daughter and I were rooting won.
Actually, we've heard 2 of the finalists rehearse on Friday with the orchestra, as my daughter's violin teacher, being the concert master of the orchestra, sneaked us in to the practice hall.
Having watched in close up how the contestants prepared for the big day made the whole thing a lot of fun.


At Shelly Beach, the weekend was mostly nice but quite windy.




















e0310424_13144657.jpg


風に吹き飛ばされた小さな鳥の巣が、庭の朽ちたベンチの上にちょこっと座っていました。

赤ちゃんは、もうずいぶん前に巣立って行ったんだろうな〜


A small bird nest, blown off from some tree, was sitting on a weathered bench in our garden.










[PR]

by BBpinevalley | 2015-06-14 15:50 | ニュージーランドの生活 | Comments(16)
2015年 06月 09日

カソリック修道女になった気分です/ Feels Like I'm in a Convent


e0310424_17332320.jpg


今朝はまた、濃い霧に包まれて、いつもと風景が違います。

夫がアメリカに行き、娘は寄宿舎。

急に話す人もいなくなって、妙な気分です。


It was very foggy this morning and didn't clear up till almost 10.
With my husband in America and my daughter in boarding house, It is very quiet here.
















e0310424_17341192.jpg


ちょっと寒々しいので、朝から暖炉に火を入れました。

それにしても、何をするにも黙ってするのって、変ですね。

ずっと以前、南イタリアで、沈黙厳守の修道院というのを見ましたが、「一生しゃべらないなんて、一体どんなだろう」と驚愕したのを覚えています。

でも、自分に向き合うのにはいいかも。

まぁ、限度ものだけど……


I lit the fire from the morning.
It is a little strange to be so alone and do things without saying anything.
It reminded me of the convent I saw in Southern Italy long time ago where the nuns are not allowed to speak.
I recall, as I stared at the building in bewilderment, two of the nuns came out from the back door to do some chores, and surely they conducted everything without a word to exchange.
















e0310424_17351258.jpg


昨日は、一人分の食事を作るのが面倒だから、ろくなものも食べませんでしたが、それも良くないと思い直し、朝からスコーンを焼きました。

文字通り、黙々と作ったわけですが、これが意外と上手くいきました。

誰に食べさせるわけでもないので、焦る必要もなく、丁寧に、満足のいくように作ることができました。

どうやら、カラントをオレンジジュースにつけておくというのが、重要な秘訣みたいです。

かすかなオレンジの酸味が、「美味しい」につながっていました。


All day yesterday, I did not eat well because I was too lazy to cook just for myself.
But I thought that was quite shabby of me, and decided to bake my favorite scones this morning.
I did not have to hurry like usual because there weren't anyone waiting, and I enjoyed preparing them as the way I like it.
They turned out better than ever.
The fact I soaked the currants in orange juice just as the recipe calls, which I normally skip to save time, was the key!
















e0310424_18043302.jpg


学生時代から、一人で住みたいと思ったことがなくて、いつもシェアーしたり、アメリカの家族の家に転がり込んだりしていました。

自分の部屋で独り好きなことをしているのは楽しくても、ひと気のない家というものを敬遠していた感アリ。


Since I was in college, I'd never chosen to live alone. I always either had roommates or lived with a family.
I quite liked to be alone in my own room as long as there was someone else in the house.

















e0310424_18015250.jpg


うるさいのが居なくなって、さぞ仕事がはかどるだろうと思いきや、それがそうでもナイ。

一人でどこに身を置いて良いのやら、何をしたら良いのやら、いちいち考え込んだりして……


Now that everyone's gone, I thought I can work away on my translation but that was not the case, at least so far.

















e0310424_18155277.jpg


娘を養女にしなかったら、夫が居ない時はいつもこんなだったんだなぁと、今更ながらに思ったりもし…

人生、岐路に立った時にどっちの道を選ぶかで、ずいぶん変わるものなのですね。

アタリマエか。


It struck me that if we did not adopt our daughter, I would have been always alone like this whenever my husband was away.
I'd never thought of it till now…


















e0310424_18223455.jpg


という訳で、ひらめきというものに欠けるワタシは、愚にもつかないことばかり考えています。


このお花、夏にも咲いていたけれど、季節を選ばないんですね。

黙って美しく密やかに咲いていて、まるで、今の私に教訓を垂れてくれているみたいです。


It's good to think of the stuff that one normally wouldn't in busy everyday life, wouldn't it?
Anyway, in my garden, I found the same lily I photographed in the summer blooming again in this cold weather.
Alone and quiet, it looked as if to teach me how to be on my own.











[PR]

by BBpinevalley | 2015-06-09 19:50 | ニュージーランドの生活 | Comments(39)
2015年 06月 07日

ニュージーランドの冬の庭/ Winter Garden in New Zealand


e0310424_11491190.jpg


イチョウの木が、ずいぶん色づきました。


Ginkgo leaves have turned its color almost completely to yellow.
















e0310424_11514949.jpg


緑の芝生に黄色いイチョウの葉。


Yellow confetti on a green carpet.

















e0310424_17053897.jpg


メープルの木は真っ赤になって、かなり葉を落としています。


Maple tree had turned red and dropped most of its leaves.

















e0310424_12065584.jpg


植物の名前には疎いので、私には謎の植物がいっぱい。

なんて言うんですかね、これ?

こちらにはたくさん生えています。

As I know little of plants, my garden is filled with mystery…
This plant grows everywhere here.


















e0310424_17041934.jpg


これなんか雑草でしょうが、きれい。


These seem to be weeds but I like the shape of the leaves.

















e0310424_17031427.jpg


ナゾの実もアチコチに。

これは、小さめのチェリートマトほどの大きさで、木は私の背丈ほどに育っています。


They look similar in size and shape with cherry tomatoes but growing on a tall bush.


















e0310424_17034293.jpg


お花はこんな感じ。まだ咲いています。


These are the flowers for that fruit. They are still blooming.


















e0310424_17071572.jpg


こちらは大きな木ですが、実はブルーベリーほどの大きさ。

枝もたわわ生っているけど、鳥さん、食べているのかしらね〜

美味しくないのかしら?


These blueberry-like fruit are hanging heavy from a large evergreen tree.
There are so many birds here but these berries are not disappering much.

















e0310424_17062128.jpg


さて、これはなんでしょう?

昨日までラグビーボール大の袋をかぶっていたのが、今朝起きてみるとパッと脱皮してこんなものが出現。


Till yesterday, it was wearing a rugby ball sized pale yellow sac but it transformed into this overnight.

















e0310424_17064311.jpg


ヤシの木っていうんでしょうか? シュロ?

左側についているのは、もう咲き終わった花みたいです。


Some tropical tree, I guess.
The one hanging on the left is the end of the flower.

















e0310424_17075411.jpg


ニュージーランドの木は、こんなコケみたいなのに覆われているのが多いです。

湿気のせいか、特に冬には増えるように思います。


I see many trees here covered with this kind of moss. Perhaps because of the humidity from the rain, the moss seems to grow more vigorously in the winter time.


















e0310424_17073374.jpg


木には良くないのでしょうが、すごい勢いで枝を覆うので、しかたがないわネ。


今夜、我が夫は、この雨がちな冬のニュージーランドを後にして、お陽さまピカピカのカリフォルニアへ発って行きました。



They are probably not too good for the tree……

My husband has left this rainy winter New Zealand tonight for sunny and extra dry California. Buon Viaggio〜










[PR]

by BBpinevalley | 2015-06-07 18:40 | ニュージーランドの生活 | Comments(10)
2015年 06月 03日

女王様のお誕生日連休に旅行しました/ Queen's Birthday Weekend Trip



e0310424_13125541.jpg


ニュージーランドは、女王様のお誕生日連休だったので、ミニ旅行に出かけました。

(女王様とは、マオリ族のではなくて、イギリスの女王様のこと)

まずは、シェリービーチにあるフィッシュファームを活性化するためのお勉強に、海洋生物学者のところにお邪魔しました。

サーフィンで有名なラグランという場所ですが、うちから南へ2時間ほど走ったところ。


On the Queen's Birthday weekend, we decided to take a mini trip to the Hamilton area.
First, we visited a marine biologist who is experimenting to raise White Bait, Mullet, and Eels.















e0310424_13130675.jpg


チャーリー先生は、ご自分の敷地のフィッシュファームで、ウナギやボラやホワイトベイトの養殖を試みておられます。

ちょっとマッドサイエンティスト風。

He has 6 fish ponds on his property in various sizes.


















e0310424_13121929.jpg


これは、ホワイトベイトの成魚。

もう少し小さくて透き通っているうちに採って、食べるのだそうです。

妊娠している魚は、ずっと太っていました。


This is a grown small vriety of White Bait.
He is making the females pregnant in his lab, then releasing them into the ponds.

















e0310424_13132090.jpg


もう一人の生物学者の女性と一緒に、妊娠したホワイトベイトをフィッシュファームに放している娘。

My daughter is helping Nicole, another biologist, to release the pregnant fish into the pond.


















e0310424_13133047.jpg


そのあと、ホワイトベイトの卵焼きをご馳走になりました。

ニュージーランドでは、ホワイトベイトはとても高い魚ですが、たいていの場合、こうして卵焼きにするのです。

Later, they fed us White Bait omelet, the New Zealand specialty.


















e0310424_13134885.jpg


火を通すと真っ白になって、綺麗なお魚です。

美味しいけれど、お魚の味がデリケートなので、卵は強すぎるようにも感じました。

もう少し料理法を工夫したらもっと美味しいのでは、なんて思いましたが、こと料理に関しては想像力に欠けるニュージーランド人でありマス。

しかし、生物学者さんたちとの会話はとびきり楽しくて、貴重な経験でした。


The fish turns white when cooked and quite tasty.
But I would try deep frying them with tempura batter, rather than eggs which are too strong for this delicate fish.

The visit was fun and fruitful. We may use our fish farm in a similar way in the future.
















e0310424_13140899.jpg


その夜は、さらに1時間半ほど南にドライブして、ワイトモという鍾乳洞で有名なところに泊まりました。

実は、このコッテージに前から泊まってみたかったので。


Then we drove further south to reach Waitomo and stayed in this cute cottage for the night.

















e0310424_13254235.png


かわいいでしょう。

オーナーの手作りのコッテージで、はしごの上のメザニンにも小さなベッドが二つ。

娘は大喜び。


It is called Rock Retreat. The artist owner built the house by themselves.
There are 2 more single beds on the mezzanine.


















e0310424_13261900.jpg




e0310424_13263356.jpg




e0310424_13265178.jpg




e0310424_13271241.jpg


ミニキッチンも、バスルームもとってもステキ。

全て良く考えつくされていました。

Rock Retreatと言います。おすすめです。


Very cute and well thought through.
We want to come back in summertime to stay longer.

















e0310424_13283734.jpg


で、せっかくワイトモまで来たのだからということで、翌日は鍾乳洞に向かいました。

何種類かの洞窟があって、ツチボタルが見られるツアーとか、いろいろあったのですが、時間の都合で1時間のものに。


Next morning, we headed for the Waitomo Cave.
Though there are many different kinds of tours, we chose one of the shortest courses as we did not have time.


















e0310424_13324046.jpg


洞窟の入り口は、こんな感じで、人ひとりがやっとすり抜けられる程度の大きさ。

This is the entrance to the cave. Barely one person can slip through.


















e0310424_13332967.jpg


ところが内部はこの通り、すごい鍾乳洞でした。

気温も外より少し暖かく、しっとりと静かで、不思議な感じ。

But the inside was quite large.
It was warmer than outside, quiet, and covered with gorgeous lime formations.

















e0310424_13334866.jpg




e0310424_13340112.jpg




e0310424_13341429.jpg


ポトポトと滴る水が小さな池を作っていたり、様々な面白い形状の石灰石がそこらじゅうを覆っていて、彫刻作品の中に居るよう。

大きな空間は、バルセロナのサグラダファミリア教会を思わせる雰囲気。

でも、だんだん、あの石灰のツララが落ちてきて突き刺されるんじゃないかなんて恐怖心も湧いてきて、一時間で十分デシタ。


The large room in the back reminded me of the cathedral of Sagrada Familia in Barselona.
Elaborate forms of every kind.
Wonderful space, but one hour was enough. I imagined a stalagite breaking off and piercing me......

















e0310424_14404457.jpg




e0310424_14410191.jpg

帰りには、ハミルトンでステイシーと落ち合い、レスリーがキッチンを預かるカフェへ。

何もかも、すごく美味しかった。さすがレスリー。

それから、彼らが買おうとしているお家を見に行きましたが、広くてなかなか素敵でした。

いいわね、若者はこれからって感じで、夢いっぱいで。


On the way back, we stopped at Hamilton to visit where Leslie works as the head of a pastry kitchen.
Wonderful food. My husband loved the hamburger and I loved all the sweets.
It is called Mavis and there are 2 locations in Hamilton.
















e0310424_13351118.jpg


e0310424_13345348.jpg


帰りは、緑の景色がとても綺麗だったのですが、ちょっと雨模様で、なかなか車からは写真が撮れませんでした。

実際は、こんな写真より10倍綺麗でした。


ということで、たった一晩のミニ旅行、一週間も行っていたような気がするほど盛り沢山でしたー


It rained on and off, still the scenery on the way back was breathtaking.
The countryside around Hamilton is quite beautiful.
We did so much in 2 days that we felt we were away for a week.










[PR]

by BBpinevalley | 2015-06-03 17:05 | ニュージーランドの生活 | Comments(18)