アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 30日

赤ちゃんのお世話してます/ Taking Care of Farm Babies♡


e0310424_06445918.jpg


セーラが馬の世話をしている日は、私が子羊の面倒をみることになったので、ミルクの作り方を教わってきました。

卵一個、コッドオイル、グルコース、そして牛のミルクを750cc混ぜ合わせます。


While Sarah is taking care of the horses, I was given the task of giving milk to the lambs.
Here Sarah is showing me how to make the baby formula.
750cc of cows milk, a Tbs of cod oil, a tsp of glucose powder, and an egg.


















e0310424_06453609.jpg


ボトルに移して、熱湯湯せんで人肌に温め、吸い口をつけたら出来上がり。

人間の赤ちゃんと変わらないわね。


Then, pour it into bottles, heat them in hot water to lukewarm, put nipples on top to complete.
No different to human baby bottles.


















e0310424_06460181.jpg


ちょっと待ってね〜、ママ、すぐ用意するからね〜

ボトルを見せたら飛んできて吸いつきましたが、その勢いときたらすごい。(両手がふさがって、写真が撮れなかった)

親に見放された子たちとはいえ、生命力の強さを感じました。


As soon as they saw the bottles, they came running to jump onto the bottles.
Boy, they suck.
I couldn't take photos cause both of my hands were occupied.

















e0310424_06462152.jpg


お隣では、生後1ヶ月の仔牛の授乳です。

お母さんは、年をとって、あまり具合が良くないの。

面倒を見ているのは、韓国から1ヶ月の研修に来ているジーヨンちゃんです。


Next to us, there were a couple of Jersey calfs having breakfast.
Their aged mother has some problems milking.
The caretaker is Geeyong from Korea, who'd just arrived to stay at the Whitehouse for a month.

















e0310424_06472423.jpg


つぶらな瞳、柔らかい毛並み……赤ちゃんてかわいいね〜


Dark sapphire-like eyes with thick black eyelashes, soft n' warm amber fur…
They are so beautiful.











[PR]

by BBpinevalley | 2015-07-30 07:35 | ニュージーランドの生活 | Comments(18)
2015年 07月 28日

可愛すぎるゥ、生まれたての子羊!/ So Unbelievably Cute!


e0310424_17160426.jpg


子羊が訪ねてきてくれました。

ファームで働くセーラが連れてきてくれたのですが、お母さんに見捨てられた子羊なんですって。

見捨てる〜? こんな可愛いもの!


2 lambs visited me today!
Sarah, who works at our farm, brought them over.
She said they were abandoned by the mothers.

















e0310424_17162479.jpg


思わず頬ずりしちゃった。

双子を産んだ羊は、片方がちょっとのろまだったりしたら、見捨ててしまうんですって。

良質遺伝子を残すための自然淘汰ですね。

自然は厳しい。


I couldn't help picking them up and hugging them.
Sarah said, if the mother had twins and one of them was slow, the mother sometimes abandon it.
It's an example of the elovutional selection process. Nature is harsh.

















e0310424_17165737.jpg


生まれて5日目くらいだそうです。

セーラがミルクをあげているので、お母さんだと思っているみたい。


They are both about 5 days old.
They think Sarah is their Mom and totally uninhibited to humans.

















e0310424_17164474.jpg


言葉はいらないわね〜

可愛すぎるぅ〜〜


So cute!
I can't stand it.










[PR]

by BBpinevalley | 2015-07-28 17:37 | ニュージーランドの生活 | Comments(26)
2015年 07月 26日

娘とお散歩しました/ Took a Walk with My Daughter


e0310424_13221808.jpg


雨が降ったり止んだりの週末でした。

娘は宿題に追われ、私は翻訳で肩が凝ったので、夕食前に一緒にお散歩に出ました。


It rained on and off with some gorgeous moments here and there, this weekend.
My daughter had a lot of homework and I got a stiff neck from my translation job, so we took a walk for a break.

















e0310424_13232677.jpg


ニュージーランドの空はきれい。

澄み切った冬の空気も、パリッとして気持ちがいいです。


The late afternoon sun was painting the sky and the field, which was very pretty.
I felt really refreshed breathing the crisp winter air.

















e0310424_18002520.jpg




e0310424_18010066.jpg


冬の陽が落ちる速度は速くて、シェリービーチの埠頭にたどり着いた時には、かなり暗くなってしまった。

暖を取っているのか、埠頭のランプにカモメが乗っかっていました。



寄宿舎の先生の噂話だの、食事がいかに不味いかだの、来週はどんなテストがあるだのと、娘の世界のビッグニュースをたくさん聞かされました。

話してくれるだけいいのかな。ティーンだものね。


By the time we reached the quay at the Shelly Beach warf, the sun was almost disappearing into the horizon.
The quay lamp was already on, and a seagull was resting on it to enjoy the warmth.

As we walked, my daughter told me the stories from her school life, ranging from the rumors about a certain teacher to her likes and dislikes of the dinner menues to the upcoming tests and competitions.
All the major news of her current life.
It was a fun walk.









[PR]

by BBpinevalley | 2015-07-26 19:31 | ニュージーランドの生活 | Comments(16)
2015年 07月 24日

久しぶりに観たビューティフルな映画/ Barry Lyndon, a Beautiful Film



e0310424_08435157.jpg


新しい映画の紹介だと思われた方、ごめんなさいね、すごく古い映画で。

1975年のスタンリー・キューブリック作品、『バリー・リンドン』です。

最近、映画はほとんど機内でしか観ないのですが、ニュージーランド航空は、映画のセレクションがワイドで最高。

さすが、賞を受ける航空会社だけアリ。

しかし、この映画、どのシーンを切り取ってもまるで古典絵画のようで、目を見張るシネマトグラフィーなのです。

我が黒澤監督も真っ青な感じ。


I watched a Kubrick's '75 period piece, "Barry Lyndon" for the first time in the airplane back from the States.
An unbelievably beautiful film with fantastic music.

















e0310424_08442159.jpg


また、音楽が素晴らしい。

バッハ、ヴィヴァルディ、モーツァルト、シューベルトなど、18世紀の室内楽が織り込まれ、特にシューベルトのピアノトリオ、Eフラット、opus100の第二楽章がたまらない。

すごい監督だったんですね〜、キューブリックって。

当時はまぁまぁの受け止められ方だったそうですが、近年とても見直されている映画なのだそう。

当然でしょう、って言いたい。


Every cut of the film is like an old master's painting.
I cannot believe this film was a flop at the reliese.
What were people thinking?
















e0310424_08444649.png


どうかしら、この歪みのない50ミリの迫力。

I can see that it wasn't cheap to make this movie, though.
From location to sets to costume, everything was perfect.

















e0310424_08450750.jpg


撮影は、極力、自然光とキャンドルの光で、つまり時代当時のままの状態で行われたとか。

NASAが月面着陸の時に開発した特殊なカメラとレンズを利用したのだそうです。

そう、お月さま、暗かったですもんね。


Later, I read that Kubrick used natural light and candle lights in many scenes to make them true to the time.
He used the special camera and lenses which were developed by Zeiss for use by NASA in the Apollo monn landing.

















e0310424_08452260.jpg




e0310424_08454771.jpg




e0310424_08455696.jpg


名優とは言い難いライアン・オニールを使ったことも批判されたようですが、私は名優でないからこそ良いんだと思った。

彼の月並みさが、人生に翻弄された主人公の人間らしさにドンピシャ。

そして、スーパーヒーローの大活躍でないからこそ、この映画にスーパーリアリティーを与えているんだと思いました。


Some said that Ryan O'Neal was a miscast but I didn't think so.
O'Neal not being the greatest actor was a plus, I thought, in this portrayal of an ordinary man to whom things tended to happen.

















e0310424_08460631.jpg


当時、最も美しい女優(モデル?)と言われたマリサ.ベレンソンの美しいこと。

そしてそのコスチューム!


Another star of the movie, Marisa Berenson was beautiful to look at.
Amazing costume and hairdo.
















e0310424_08462055.jpg


カントク、なんか殺気立ってますよね。

御グシも乱れてますけど…

男は見かけじゃない、ってことかナ。


Here is the shot of the director on the set.
He seems to need a little combing…











[PR]

by BBpinevalley | 2015-07-24 10:34 | 映画 | Comments(20)
2015年 07月 21日

かわいいっ!/ So Cute~~~


e0310424_17195338.jpg


生まれたばかりの子羊が、お母さんと離れ離れになって泣いていたので、救助しました。

お母さんは柵の向こう側にいたのに、どうしても柵が越えられなかったみたい。

捕まえるのにちょっと苦労したけど。


We found a black lamb separated from it's mother and crying, so we rescued it.
The mom was just across the fence but the lamb could not figure out how to get to her.


















e0310424_17323302.jpg


なんだか笑っているみたいに見えて、可愛い。

本当は、すごく怖かったんだと思います。

柵の向こうに放してやったら、一目散にお母さんの方に駆けて行きました。


The lamb being scared, kept running away from us, it took a few minutes for us to catch it.
So cute.
As soon as we released him(her) on the other side of the fence, it dashed to the mom.


















e0310424_17205250.jpg


昨日は、野暮用でカフェに座っていたら、小鳥がテーブルに飛んできました。

「私にも、マフィンを分けて〜」と言っているんだと思う。

ニュージーランドって、レストランやカフェに、よくこうして鳥が入ってくるんですヨ。


Yesterday, at a cafe, a little bird visited my table asking for a share of my muffin.
This happens quite often in New Zealand.

















e0310424_17210897.jpg


お店の人の目を盗んで、ほんのちょっとマフィン屑をあげたら、あっという間に食べて飛んで行きました。

カワイイよね〜

なんていう鳥かしら。ちょっとカケスみたいだけど…


I couldn't help giving her a little piece while making sure the cafe owner was not watching.
I wonder what kind of bird this is…
Very cute with beady eyes.












[PR]

by BBpinevalley | 2015-07-21 18:15 | ニュージーランドの生活 | Comments(28)
2015年 07月 17日

サンフランシスコから戻りました/ Left My Heart in San Francisco~~♡


e0310424_06231006.jpg


サンフランシスコには、戦前からの日本人街(ジャパンタウン)があり、和食レストランや日本の食材店、紀伊国屋書店まであるので、大体のものは揃い、あまり不自由を感じません。

今回のステイでは、日本人のパティシェによる美味しいケーキがいただけるお店で、何度かお茶しました。

これ、白桃とカスタードのケーキです。


There is a small cafe right next to Kinokuniya Bookstore in Japan Town, where you can have real Japanese cakes. Their selection is not large but always good.
This is a white peach cake with custard cream.

















e0310424_06233289.jpg


こちら、新しい麺のお店で試した、おうどんの明太子クリームソース和え。

美味しかった。


ケーキやお料理もさることながら、娘が小さい時からのママ友同士で、今やティーンの母親としての悩みや心配事を話し合えたのは、嬉しいひと時でした。


Across from Kinokuniya, there is a new noodle restaurant called Mugizo, where I tried the Salted Fish Eggs in Cream sauce with Udon. Very good.
But better than that was the conversation I had with my good friend whose daughter grew up with mine in San Francisco. We had endless worries and concerns to share on our teenage monsters.

















e0310424_06240876.jpg


そんな親の心配もよそに、本人たちはいい気なもンです。

お揃いのネックレスなんてしちゃってね。

可愛いといえば可愛いけれど…


Not much of our worries nor concerns seem to reach our youngsters.
My daughter's boyfriend came to the airport to see us (her) off.

















e0310424_06263254.jpg


霧が迫ってきた夕暮れのサンフランシスコ空港。

9月までバイバイ〜〜


Till September~~

















e0310424_06270006.jpg


飛ぶこと12時間半。

オークランド地区を襲っていた寒波は去っていたけれど、豚の母子は、いかにも寒そうに寄り添って寝ていました。

枯れ草をいっぱい寝床に引き摺り込んで。(けっこうアタマいいのね)


After our 12.5 hour flight, we arrived in the wintery New Zealand.
Our pig mom and daughter were huddled together in their hut with a bunch of dried grass.

















e0310424_06295179.jpg


夫は、裏のパドックと納屋の大掃除で、いつものことながら忙しいことです。


My husband was busy as usual, trying to clean up our back paddock and the barn.
















e0310424_06300620.jpg




e0310424_06304555.jpg


庭のコブシの花がずいぶん開いていました。

薄桃色のリボンがぴらぴらしているみたいで、きれい。


In our garden, Magnolia Kobus was opening its delicate ribbon-like petals.


















e0310424_06311068.jpg


スミレかしら、これ。

そこらじゅうに咲き始めています。

もう春の兆し?


This look like a pansy.
It can't be Spring yet, though…











[PR]

by BBpinevalley | 2015-07-17 08:14 | アメリカ生活 | Comments(20)
2015年 07月 12日

ティーンのお母さんシテマス/ My Days of Raising a Teenager


e0310424_09125726.jpg


私が愚痴ったからでもないでしょうが、先日、夏には珍しく、霧雨みたいなのが降りました。

夜も、このユダヤ寺院の家のスカイライトに、密やかな雨音がしたんです。

ベッドに横たわって聞きながら、嬉しくてドキドキしちゃった。


It drizzled the other day, which is really unusual at this time of the year here, especially in the severe drought.
It was nice to hear the sound of raindrops on the skylight at night even ever so faintly.

















e0310424_09140591.jpg


今日は、なんとも清々しい晴天の土曜日。

カラッとした微風が、また気持ちがいい。


It's a beautiful day today.
Outside, I can see eveyone's enjoying this great California weather.

















e0310424_09141283.jpg




e0310424_09141760.jpg


そんなに暑くはないけれど、お店に並ぶお花や野菜を見ていると、やっぱり夏だなって思います。

ニュージーランドは、今すごく寒いのだそうで、もうすぐ帰ると思うと、今から身が縮み上がる思い。


It's sunny and dry but not too hot. Just perfect.
My husband told me how cold it is in New Zealand right now. I better enjoy this weather while I can.

















e0310424_09144338.jpg


「遊びに行きたければ、先に練習しなさイッ!!」という母の言葉に、バイオリンに飛びついた娘。


"If you want to go n' hang out with your friends, do your practice first!!", the mother says.


















e0310424_09150677.jpg




e0310424_09151324.jpg


ガンガン飛ばして練習しておりました。

よっぽど遊びに行きたいのね。

もうすぐ、しばらくBFともバイバイだものね。


The daughter jumps to pick up the violin and starts playing in full speed.
You can see how much she wants to go out.

















e0310424_09152635.jpg


娘を送って行った後、お母さんは一人でぶらぶら。

年頃の娘を持つのって、難しいですね。

でも、なんでも心を割って話し合えるのが一番かなと、今回、とっても勉強になりました。


After I gave her a ride to her boyfriend's house, I strolled around town a bit to enjoy the weather.
It is not easy to have a teen daughter but I learnt that the important thing is to have a good communication.
It is touching to see her grow, making small steps each time …









[PR]

by BBpinevalley | 2015-07-12 10:29 | アメリカ生活 | Comments(18)
2015年 07月 08日

雨が一滴も降らないカリフォルニアです/ The Fourth Year of Drought


e0310424_14402966.jpg


カリフォルニアは4年目の干ばつで、何をするにも水を節約しなくてはなりません。

シャワーに浴びるのも、猛スピード。


This is the fourth year of the drought in California and we are now seriously limiting the use of water.
Taking a shower, you feel like an athlete competing against time.
















e0310424_14412634.jpg


夏は全く雨が降らないところですが、それにしても毎日良いお天気。

この冬には雨が期待できるという専門家の意見ですが、どうぞそうあってくれますようにィ〜


It is beautiful everyday.
I really hope there will be big rainfall this winter as meteorologists are predicting.

















e0310424_14404311.jpg


夫はそそくさとニュージーランドに帰ってしまったので、私と娘だけ取り残されてしまいました。

女二人ですることは、最近決まってる。

お買い物です。

私は、ブログの必須道具、iPhone6を買いました。

カメラ機能がさらに良いそうなので。


My husband hurried back to New Zealand the other night and my daughter and I are left by ourselves here.
So, we decided to go on our favorite activity together ; Shopping.
I bought the iPhone 6 because I heard it has an even better camera.


















e0310424_14405001.jpg


シムカードのサイズが前と違うそうで、ニュージーランドに帰ってからでないとセットアップできません。

ザンネン。


But it takes a different size sim card, so I have to wait to set it up till I go visit my phone carrier in New Zealand. Too bad.
















e0310424_14405746.jpg


シンバが居ないと、この家は間が抜けてる。

いつも、私の方を向いていてくれたのに……

淋しいな〜〜

シンバに会える9月が待ち遠しい。


This house looks boring without Simba. It looks so empty.
I am counting the days to September when we can finally see him again.









[PR]

by BBpinevalley | 2015-07-08 15:53 | アメリカ生活 | Comments(22)
2015年 07月 06日

独立記念日の週末/ Independence Day Weekend


e0310424_14411516.jpg



サンフランシスコ地区は、独立記念日の7月4日頃になると、なぜか毎年霧が発生しがちです。

お祝いの花火を見に行っても、霧の中にぼんやりとしていて、寒さに震えて帰ってくるのが常で、もう行きたいとも思わなくなりました。

マーク・トウェーンの有名な言葉、「今までで一番寒かった冬は、サンフランシスコの夏だった」が冗談ではない事を、どの旅行者も思い知るわけです。

昨夜は自宅にいて、周りに響き渡る爆竹や花火の音を聞いて過ごしました。


Always around the time of Independence Day, it gets foggy in the evening in San Francisco.
It is no fun to be shivering in the cold trying to see the almost invisible fireworks, and I've long given up the idea.
Many tourists realize that the famous Mark Twain's line "The coldest winter I have experienced was the summer in San francisco" was not a joke or exaggeration at all.
We spent last night happy at home just listening to the sound of fireworks.

















e0310424_06443880.jpg


ゲイ・マリッジのお祭り騒ぎも終わり、ドロレスパークも普段の状態に戻りました。


The crazy celebration of gay marriage calmed down and Dolores Park has returned to normal.

















e0310424_06445049.jpg


娘と娘のお友達。

ボーイフレンドなのかなぁ…、仲良しです。

お友達のチャイニーズ・レストランで。


My daughter and her boyfriend. Puppy love♡
At our friends Chinese restaurant.

















e0310424_06492374.jpg


あと30分ほどで、いよいよ女子サッカー、日本対アメリカ戦が始まるので、今日はこれで。

ガンバレ、なでしこ!!!


I better go today because there will be the womens soccer final in 30 minutes.
Go Nadeshiko Japan. Beat the US!!!










[PR]

by BBpinevalley | 2015-07-06 07:36 | アメリカ生活 | Comments(16)
2015年 07月 04日

休暇のようでもあり、日常のようでもあり/ It Almost Feels like a Holiday


e0310424_12252923.jpg


サンフランシスコは、先週末のお祭り騒ぎが終わったと思ったら、今度は、週末の独立記念日のお祝いに忙しそう。


A week after the crazy celebration on gay marriage, America is heading into another celebration. This time, it's the 4th of July.

















e0310424_12293128.jpg

独立記念日(4th of July)と言えば、バーベキュー。

今日、3日の金曜日には、娘のお友達のご両親に招かれて、さっそくBBQパーティーに行ってきました。


Today, we were invited to a day early BBQ party by the parents of our daughter's good friend.
















e0310424_12292101.jpg


香港系の方たちの集まりだったのですが、さすが舌が肥えていらっしゃる。

海の幸がふんだんでした。


They are from Hong Kong originally, and they know how to eat.

















e0310424_12291246.jpg


どこで仕入れるんでしょうねぇ、こういうの。

ソフトシェルクラブやロブスターもあって、すごく美味しかった。


Oysters, soft shell crabs, lobsters, salmon……, yum.

















e0310424_12285734.jpg


娘はというと、着いてすぐにボランティア活動を始めました。

昔、自分が通っていたジャパンタウンの保育園で、チビちゃんたちのお世話をしています。もちろん日本語で。

保育園の建物は、1912年にジュリア・モーガンとという有名な建築家が日系人コミュニティーのために建てたのですが、戦争中にアメリカ政府によって没収され、戦後ずっと返済をめぐって争われていました。

ちょうど娘が入学する頃に返済が決まり、今日に至っています。

娘は、保育園時代の記憶は定かではないようだけど、私にとっては懐かしい建物です。

よく通ったわね〜、小さかった娘の手を引いて。


Contrary to her lazy mother, my daughter started working as a volunteer at her old preschool right away.
She is taking care of littles kids speaking mostly in Japanese.
This preschool building has some interesting history. It was built by the renowned California architect, Julia Morgan, in 1912 as YWCA forJapanese-American community. Though, during the World WarⅡ, it was confiscated from them by the US government and was not returned even after the war ended. They had to pay rent to run the preschool. After the long appeal and fight, it was finally settled in court and return to the community around the time my daughter was enrolled.
My daughter does not remember but for me, this building brings back the sweet memories of her childhood.


















e0310424_12262498.jpg


小さな子供の声は、家にいても良く聞こえるんですよ。

ちょうど裏庭が公園に隣接しているの。

ニュージーランドの鳥の声もいいですけれど、子供のキャーキャー言う元気な声もいいものです。

(手前のは枯れ木ではなくて、大きなクルミの木で、秋口になるまで葉っぱが出てきません)

Back at our house, we enjoy hearing cheery kids every day, as our backyard is facing a park.
Bird songs in New Zealand are wonderful but I like the sound of kids, too.

















e0310424_12261749.jpg


裏庭のこのコーナーに座っていると、音響効果満点です。

おや、ここ、ちょっと草むしりしないとね。


Best spot to hear kids having fun.
Ooops, we better weed here.

















e0310424_12282521.jpg


毎日が休暇のようでもあり、単なる日常のようでもあり…


It feels almost like a holiday, but it also feels like we time traveled to last year.


















e0310424_12271202.jpg


社交にも忙しいし、買い物にも忙しい。

近くにバイライトという美味しいデリがあるので、そこに足繁く通っては、都会の味を楽しみ、お料理はさぼってます。


We are quite busy socializing and shopping.
I frequently shop at Birite (local deli) to fetch some delicious bites, to take a rest from cooking.


















e0310424_12272150.jpg


都会生活とは、便利なものですね。

I must say I enjoy San Francisco life.










[PR]

by BBpinevalley | 2015-07-04 15:44 | アメリカ生活 | Comments(8)