アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 28日

ビフォー&アフター/ Cottage, Before & After


e0310424_17535606.jpg


お約束したコッテージのビフォー&アフターの写真です。

これは、今月20日に撮った寝室の様子。


Here are the before and after photos of the cottage remodeling.
The before shots are taken on the 20th of this month.

















e0310424_17541722.jpg


同じく、リビングルーム。


Living area.


















e0310424_17544180.jpg


そして、リビングからキッチンに向けて撮りました。


Looking at the kitchen corner.





さて6日後には……









e0310424_17553852.jpg




e0310424_17563304.jpg




e0310424_18000026.jpg



e0310424_17565530.jpg

リビング。


Living and dining area.


















e0310424_17555802.jpg


ベッドルーム。


Bedroom.











e0310424_17561798.jpg


キングサイズのベッドを入れました。


With a comfy king size bed.














e0310424_17573634.jpg




e0310424_17591485.jpg




e0310424_17593762.jpg


できる限りニュージーランド製のものを使いました。

床はリムー材で、ニュージーランド特有のもの。

家具や小物や絵画も、ニュージーランドのものがほとんどです。

生みたての卵、しぼりたてのミルクをご用意しています。

皆さん、泊まりにいらしてくださいね〜〜


We tried to use New Zealand made materials and furniture as much as possible.
The cottage is tucked in its own garden and very private.
Fresh eggs and milk are ready for you every morning and you can pick your own veggie in our garden.
Hope you'll come and visit us~~











[PR]

by BBpinevalley | 2016-02-28 19:03 | ニュージーランドの生活 | Comments(44)
2016年 02月 26日

忙しかった理由/ All Done and Ready



e0310424_04342418.jpg


ここのところファームの建物の改造が進んでいて、大工さんやペンキ屋さんらで毎日賑わっています。

トントンカンカン、打楽器の競争のよう。

上は、週末に帰ってきた娘が生後2ヶ月の仔牛にミルクをやっているところ。


We are moving full speed ahead on remodeling the Barn and the cottage at our farm.
The sound of the carpenters are like some kind of banging competition.
Above; my daughter, who came back on the weekend from her boarding school, is trying to feed 2 months old calves.



















e0310424_04344426.jpg




e0310424_04351161.jpg




e0310424_04361718.jpg


かわいいでしょう。

この子は女の子ですが、まったく人間を恐れません。(男の子の方はちょっとシャイ)

すぐに近寄ってきて、手を出すとペロペロと舐めてくれる。

長いまつげの下の青みがかった黒い瞳が、すごくチャーミングです。


They are unbelievably cute.
While the boy calf is shy, the girl calf is sweet and very friendly. She runs to you and starts licking your hand.
Her large blueish black eyes under the long thick eyelashes are so beautiful.


















e0310424_04370013.jpg


ここのところ、Wi-Fiの調子が悪いのと、ファームが忙しいのとで、ブログも滞りがち。

忙しい理由は、なんとこのブログを見てファームに泊まりたいという方が現れ、大わらわでコッテージを用意していたからなんです。

アオテア・オーガニックファームの最初のお客様〜

日本からお子たち連れの四人家族ですが、先ほど無事にお着きになりました。


I could not do much blogging because the wifi has been iffy and I had been swamped with work at the farm.
The work is to prepare the farm cottage for our very first guests. They wrote a comment on this blog about a month ago inquiring about a room.
They've just arrived safely and are settling in now.



















e0310424_04373594.jpg


とにかくこのコッテージはひどい状態で放置されていたので、床をハードウッドに張り替え、ペンキも内外ともに総塗り替え。

カーテンをつけて家具を運び込み、大掃除のあとにファイナルタッチの飾り付けで、私はもうグッタリ〜

なんとか間に合いましたー


This cottage had been neglected for such a long time that we had to redo the whole floor and paint inside out.
We landscaped the surrounding, hung curtains all around, moved all the furniture in, scrubbed clean and decorated …… and we're exhausted.


















e0310424_04380641.jpg


次回は、ビフォー+アフターの写真を載せますね。

上は、娘が寄宿舎の窓から撮った夜明けの写真です。

グラデーションが綺麗ですよね。


I will up the before and after photos of the place on the next blog.

The above photo was taken by my daughter early in the morning at her boarding house in the city.











[PR]

by BBpinevalley | 2016-02-26 13:16 | ニュージーランドの生活 | Comments(14)
2016年 02月 19日

フルーツとアンティークのピッキンング/ Fruit and Antique Picking



e0310424_08002651.jpg


菜園の野菜はどんどん育ち、サラダに炒め物に野菜三昧の日々。


My vegetable garden is flourishing. We can barely catch up eating them all.


















e0310424_08000048.jpg


マーガレットさんが去って以来、菜園も鶏のケアーも私の役目で、忙しくてブログも滞りがちデス。


After Margaret left, all the garden and the chicken house care are on my shoulder and keeping me very busy.


















e0310424_08001378.jpg


今年の夏は蒸し暑くて、キッチンで火を使う気がしないので、BBQしてくれると本当に助かる。

そんな日は、大工さんたちも呼んで、みんなでデッキで夕食を食べます。


It's been a very hot and steemy summer, and cooking in the kitchen is often too hot to enjoy.
I love when my husband BBQ on the deck.
When he does it, we chill beer+wine, invite all the carpenters and eat on the deck together. It's fun.


















e0310424_18041306.jpg




e0310424_18051177.jpg


お隣のブルーベリー畑も、摘みきれないほど出来たとのことで、ピッキングに行ってきました。

ほんの1時間ほど居ただけなのに、10キロくらい摘んでしまい、冷凍しました。


Our neighbor who has a big blueberry patch invited us to pick some.
In less than an hour, we picked 10 kilos of the berries which we had to freeze most.


















e0310424_18021300.jpg


別のお友達のところではりんごが出来すぎたとかで、摘みに来て欲しいと。


We also went apple picking at our friend's house nearby.

















e0310424_18013278.jpg


木によってはいちいち摘んでられないから、箒で掃いて、お隣の馬にやるんだとか。


Many of fallen apples are swept up into a bucket and given to their neighbor's horses.


















e0310424_18031897.jpg




e0310424_18034522.jpg


おまけにこんなに美しいサンドイッチまでご馳走になりました。

美味しい昼食とロゼ付きのりんごピッキング……最高ですね〜


We were served these beautiful sandwiches after the picking.
What a treat.


















e0310424_08005752.jpg


娘の進学相談に夫婦で学校に行った際、ついでにファームステイ宿舎用の家具を買いに行きました。

二人とも久しぶりに街に来たものだから、お買い物が楽しかった。

私は、こんな素敵なアンティークのティーポットを見つけて、思わず衝動買い。


When we went to the city to attend our daughter's school meeting, we went furniture and accessory shopping for the coming barn building (the farmstay B&B).
We found some side tables, chairs and paintings.
I bought this teapot for myself. It's an Alfred Meakin design.

















e0310424_08004329.jpg

アルフレッド・ミーケンのデザインです。


I like the shape and the detail. Good size, too.


















e0310424_08011011.jpg


こちらは、夫が見つけた面白い椅子。

次の家のログキャビン内に置くんだそうです。


My husband found this chair. He wants to put it in the new house.

















e0310424_08012323.jpg


ディテールも生地も素敵。

夫婦で買い物好き。

これでは貯金はできませんねェ。


I like the detail and the fabric.
Luckily we sometimes agree on stuff.











[PR]

by BBpinevalley | 2016-02-19 09:37 | ニュージーランドの生活 | Comments(14)
2016年 02月 12日

ネット不通の間に/ While We were Off Line


e0310424_17580443.jpg


なんと4日間もインターネットが切れていました。

ご近所97世帯が影響を受けたとかで、みなさん大騒ぎ。

電話会社からは何の説明もなく、みんな怒りまくって、他の会社に乗り換える人たちが続出。

我々もその内です。

まったくオンラインから切り離されている間に、いろいろなことがありました。

上の3人は、昨年末からファームを手伝ってくれていましたが、ドイツから来た右端のルーカスは、3ヶ月以上にもわたるステイのあと、ついにファームを去ってしまいました。

左端はフランスから来たジャン・バティスト、真ん中はアラスカから来たマーガレットさんです。


Our internet had been cut off for some unknown reason for 4 days! 97 homes around us were effected by it.
SPARK, the phone company, had never given us the explanation nor the report on repair progress.
We are all fed up with SPARK and many of us decided to move on to another company.
Anyway, while we were off line, many things had happened.
One of our long time wwoofer, Lukus (on the right) left us for his trip around New Zealand.
Now we are left with Jean Batist from France on the left and Margaret from Alaska in the center.


















e0310424_17573093.jpg


このマーガレットさんは、実に素晴らしいガーデナーであり、漁師であり、猟師でもあります。

普段は、アラスカのコディアック沖の孤島に、旦那様と二人で超自給自足生活を送っています。

鹿でも何でもハントしてしまい、料理してしまう凄さ。

ピザなんて、目をつむっていてもできるという感じです。


Margaret is an amazing gardener, as well as a fisher-woman, as well as a master hunter.
She lives on a remote island off Kodiak Island in Alaska in a truly sustainable fashion.
She said she hunted 4 deer right before she left Alaska in November and packed the freezer with the meat for her husband.
She cooks wonderfully.


















e0310424_17584296.jpg


そのマーガレットさん、私たちがアメリカ滞在中に、どうしようもなく生い茂っていた菜園を、すっかりやり変えてしまいました。

ほんと、菜園箱も何もない、ぼうぼうに生い茂った菜園だったのです。


While we were in the States, she totally transformed our hopelessly overgrown caotic vegetable garden into a beautiful bio-intensive garden!


















e0310424_18001650.jpg




e0310424_17590497.jpg




e0310424_17594133.jpg




e0310424_18010138.jpg


世の中にはスーパーな人がいるものですね〜

マーガレットさんは、もともとはイギリス出身なので、プロパーなイギリス訛り。

娘に言わせると、「まるでメリー・ポピンズの再来!」だと。

旅行鞄から何気なくアフリカ像を引っ張り出しそうな感じです、正に。


I suppose a wonder woman really exists after all.
She is originally from England and still has the very proper sounding British accent, so my daughter calls her "Mary Poppins."
She's truly magical.




















e0310424_18061659.jpg


とにかくその働きぶりには目を見張るものがあり、働き虫として有名な夫も脱帽。

ある日、少し休もうではないかと、近くのトレールに3人でピクニックに行きました。

そこで、素敵な滝を発見。


And she works like a bulldozer. Even my husband who's known for his hard work, was left with an open jaw.
One day, just to let her take a break, we took her on a picnic. We found a regional trail on the way, where there was a beautiful waterfall.


















e0310424_18055245.jpg


私のiPhone写真では捉え切れませんでしたが、身も心も洗われるような気持ちの良いスポットでした。


My iPhone photo does not justify the soothing serenity of this hidden spot.


















e0310424_18083681.jpg


滝の裾野にたたずむマーガレットさん。

その彼女も、あと少しで旅立ってしまいます。

淋しいな〜〜

いつか、彼女に会いにアラスカに行ってみたいものです。


Margaret, standing at the bottom of the fall, enjoying the relaxed moment.
She is soon leaving us for Great Barrier to visit her gardener friends there.
We hope, someday, we can visit her in Alaska.









[PR]

by BBpinevalley | 2016-02-12 20:20 | ニュージーランドの生活 | Comments(24)
2016年 02月 06日

2月はピカピカの夏/ Mid Summer in February



e0310424_04141684.jpg


当たり前だけど、ニュージーランドに帰ってみると、ピカピカの夏でした。

今年は暑い夏で、特に私たちが留守の間は、かなりの猛暑だったようです。


We arrived back from winter in San Francisco to late summer in New Zealand.
We heard it'd been particularly hot and steamy while we were away, hottest in fact since Global Warming took over.

















e0310424_04431952.jpg


朝早い便でオークランド空港に着いた日、いつものように娘は学校に直行なので、寄宿舎が開くまで時間をつぶさなくてはなりませんでした。

仕方がないから美術館にでも行こうということになり、アルバート公園の中を通って「オークランド・アート・ギャラリー」へ。

公園の緑が目に染みます。


We arrived early in the morning, but we had to hang out in Auckland city untill our daughter's boarding house opened up in order to drop her off there.
We decided to visit the Auckland Art Gallery in the city center.
The surrounding Albert Park was so green and luscious.


















e0310424_04215234.jpg


これが美術館なのではありません。

アルバート公園の中の建物。

こんなにしっかりと蔦に囲まれていたら、さぞ中は涼しいでしょうね。


The ivy covered building in the park.


















e0310424_04145695.jpg




e0310424_17274018.jpg


こちらが2年ほど前に改造された美術館で、国内外のアートを15000点以上所蔵する、ニュージーランドでは最大の美術館です。

マオリ語で「トイ・オ・タマキ」と呼ばれています。

コンクリートと木の組み合わせが美しい建物。


Auckland Art Gallery (Toi o Tamaki) is the principal public gallery in Auckland and the largest art institution in New Zealand.
Its collection, numbering over 15000 works, includes major holdings of New Zealand's both historic and modern art.
















e0310424_04213525.jpg


蜘蛛の巣が張っているのではなくて、これも彫刻。

蜘蛛の巣がい〜っぱいのニュージーランドには、とても適した彫刻ですネ。


This spider web sculputure is very appropriate because New Zealand is so full of good and hard working spiders.


















e0310424_04212038.jpg


心地よい空間で、ニュージーランドの文化や歴史が伺えて、楽しめる美術館です。


I liked the space and the collection very much. It was a very enjoyable visit.


















e0310424_04205722.jpg


入場料はフリー。

混み合わないでのんびりしているし、案内の人たちは親切、建物も周りの環境も申し分なくて、最高の時間つぶしになりました。


The entry is free for everyone just like the Auckland War Memorial Museum.
Located right in the center of Auckland with a nice cafe and a gift store, it's a must to visit when you are in downtown Auckland.


















e0310424_13103896.jpg


ファームにやっとたどり着いたら、ここでも夏は真っ盛りでした。


When we finally got home, the summer was very ripe at our farm.










[PR]

by BBpinevalley | 2016-02-06 17:09 | ニュージーランドの生活 | Comments(20)