アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 29日

お犬様/ Our Royal Highness


e0310424_07183413.jpg


娘に洗ってもらったシンバ、デッキでリラックスです。

犬のスパかと思いますよね。

お犬様です。


Our Royal Highness is sunbathing after his bath.


















e0310424_07191079.jpg




e0310424_07185236.jpg


でも、よく見ると、割と情けなそうな顔をしています。

シンバはお風呂が大嫌い。

つながれて、石鹸まみれになり、シャワーを浴びせかけられている間じゅう、下を向いて縮こまっています。

やっと終わってタオルに包まれ、「あ〜、ひどい目にあった」てなところでしょうか。


He actually hates baths.
The whole time he is getting soaped and showered, he cowers in the corner.
Now all finished, you can see the mixture of misery and relief in his expression.


















e0310424_07193202.jpg


そのシンバを連れて、先日、シェリービーチの埠頭のところまでお散歩に行きました。

相変わらず、晴れたり曇ったり、急に降り出したりのお天気です。


A few days ago, I took the still smelly Simba to the wharf on Shelly Beach.


















e0310424_07201700.jpg

シェリービーチのマオリ名は「アオテア」。

白い雲という意味。

シンバが引っ張るので、携帯写真がぶれる〜


The Maori name of Shelly Beach is "Aotea" meaning "White Cloud".


















e0310424_07203329.jpg


海岸にはマングローブが生い茂っている場所もあり、面白い風景です。


Mangroves are growing all around the Kaipara Harbour.


















e0310424_07204473.jpg


マングローブの林の間から湾を眺めたところ。

嵐の後で、水が濁っていますね。


The bay view between the mangrove forests.

















e0310424_07210718.jpg


帰り道、海岸近くの古い家に、こんな可愛い寄せ植えを発見。

船の名前は「釣りキチ」

写真を撮っていたら、シンバがそこの犬に吠え始めたので、早々に退散しました。


A cute plant bed.
A good use of the loved and now retired fishing vessel.
As I was trying to take the photo, Simba started barking at the dog of the house, so I had to run.










[PR]

by BBpinevalley | 2016-05-29 08:06 | ニュージーランドの生活 | Comments(22)
2016年 05月 26日

うちの大工さん/ Our Super Carpenters



e0310424_17511535.jpg


今、ファームでは皇帝ダリヤが満開です。

背が高いものは、二階の窓くらいの高さまで伸び上がっています。


Tree Dahlias are in full bloom now at the farm.
Some grew to the height of a second-story window, and swing in the wind.

















e0310424_17512842.jpg


うつ向き加減で、しとやかな表情。


Sweet pink flowers are all slouching gently.


















e0310424_17514415.jpg


ファームの工事はどんどん進んでいて、先日は、風景を害していた電線が地中に埋められました。


The work on the farm is moving along.
The other day, some of the electric lines were buried underground.


















e0310424_17523069.jpg




e0310424_17524329.jpg


お天気は急激に荒れ始め、ヒョウが降ったり大雨になったり、そうかと思ったら晴れ上がって虹がかかります。


The temperature is finally going down and the weather has been erratic for the past week.
It poured sometimes, hailed even, and then the sun would come out with rainbows.
Typical New Zealand winter weather.

















e0310424_17531843.jpg


ファームのお肉やフルーツを加工するプロセスセンターは、土台が出来上がってきました。


The construction of the processing center, where we process our meat and fruit to make delicious salami, is coming along.


















e0310424_17533529.jpg


これがうちの大工さん。

リーダー格のロブさんです。

典型的なキウィの大工さんスタイル。

なぜショートパンツなのかわかりませんが、たいていこのスタイルなんですよね。冬場も。

なかなかキマってるでしょ。


This is Rob, our head carpenter.
With his shorts and boots, he is an epitome of the typical Kiwi carpenter.



















e0310424_17535167.jpg


夫はショートパンツは苦手。

ひたすらベースボールキャップとリーバイスで現場に現れます。

ニュージーランドでは、ちょっと場違いなスタイルかも。


On the contrary, my husband shows up always with a baseball cap and Levi's.
This is the typical American style.



















e0310424_17542961.jpg


いよいよ気温も下がってきて、バーンでも暖炉に火が入りました。

牧草が足りなくなる冬場に向けて、干し草の準備も万端のアオテア・オーガニックファームです。


As it is getting cold at night, our staff started using their wood burning stove at the barn.
We are also stocking up the silage for the animals for the winter months when the grass doesn't grow.













[PR]

by BBpinevalley | 2016-05-26 19:11 | ニュージーランドの生活 | Comments(16)
2016年 05月 21日

5月のファームレポート/ May Farm Report



e0310424_08470872.jpg


仔牛たちは、すくすくと育っています。

ゲンは、人間でいえば幼稚園に上がる頃かしら。

額のハートマークが可愛いでしょ。


All of our calves are growing steadily.
Gen is now about 2 months old, with his trademark "white heart" on his forehead.

















e0310424_08465335.jpg


相変わらず、みんな元気にミルクを飲みます。

左から時計回りに、ゲン、プリンセス、ユウキ、アオテアです。

プリンセスとアオテアは、もうミルクから卒業したので、木曜日に他のパドックに移されました。

これからは草だけ食べて育ちます。


They drink milk vigorously twice a day.
Clockwise from left, Gen, Princess, Yuuki, Aotea.
Princess and Aotea were weaned on Thursday and moved to a different paddock.

















e0310424_08450943.jpg


朝の7時頃、やっと陽が昇った頃に、乳牛たちを迎えに行きます。


Around 7, right after the sun comes up, we go fetch our milking cows from this paddock.


















e0310424_08452171.jpg


今、3頭の乳牛のミルクを絞っているのですが、3頭ともチンタラ歩きながらミルキングの小屋まで歩いていきます。

途中、草を食べたり水を飲んだり(はたまた、朝の行事を催したり)。

呑気なものです。


The 3 milking cows slowly walk to the milking shed, taking time to leisurely eat, drink and do their morning business.


















e0310424_08453726.jpg


で、やっとロリーの待つミルキング小屋へ。


Finally they are set up at the shed where Loli awaits.

















e0310424_08454990.jpg


早くしてね。

ちょっと張ってて、重いのよね。


"Please milk me quickly. I'm feeling a bit tight and heavy."

















e0310424_08462247.jpg


ご存知でした? 牛のおっぱいは後ろ足の間に4つあるんですよ。


I didn't even know that cows had 4 tits near the hind legs until I came here.


















e0310424_08474232.jpg


先日、キャラメルという牛がビッコをひき始めたので、獣医さんに来てもらいました。

どうやら、これが牛の爪切りらしい。


The other day, we noticed Caramel, one of our milking cows, was limping and asked our vet to come.
These seem to be nail clippers for cows.



















e0310424_08472868.jpg


見えるかしら、牛の足が鉄柵に結びつけられ(夫が左から縛ったロープを引いているのですが)、獣医さんが爪を切っています。

爪が内向きに生えてしまったとかで、痛かったようです。


Caramel's hurt hind leg was tied to the railing and the vet treats it while Caramel gets more and more upset.
She finally lied down on the ground almost fainted.
Her nail was growing inward and hurting her, the vet said.

















e0310424_08475602.jpg


ファームを行く野生の七面鳥のファミリー。

増えすぎて、困っています。


A wild turkey family taking a walk on the bull paddock.
We have too many of these guys…









[PR]

by BBpinevalley | 2016-05-21 10:38 | アオテア・オーガニックファーム | Comments(26)
2016年 05月 16日

首都へ、アートな旅/ Our Art Themed Visit to Wellington


e0310424_09005127.jpg


ウェリントンで開かれた「青年グローバル市民の会議」に娘が招かれ、先週の木曜に、家族で初めて首都に降り立ちました。

私たち、ニュージーランド国内は、ほとんど何処にも旅したことがなく、国内線に乗るのはこれが初めて。

風が強いことで知られるウェリントン。海面に白波が見えます。


Thanks to our daughter who was chosen to attend the Global Citizen Conference at Wellington, we, the parents, were honored to accompany her to the nations capital last weekend.


















e0310424_09010028.jpg


着いてすぐに、娘は「蜂の巣」の名前で知られる国会議事堂にレセプションで出かけて行きました。

これがいつもニュースに出て来る「蜂の巣」ねと、両親の方はすっかりおのぼりさん気分。


Ever since we came to New Zealand, we have been busy commuting back to the US every school holiday, we'd never traveled to anywhere else but the Auckland region. In fact, this was the very first time to take a domestic flight for us.
As soon as we arrived, we took our daughter to The Hive (the parliament building) where the reception took place.


















e0310424_09021134.jpg


お宿は、こちらのB&Bに二部屋とりました。

「本を愛する人のB&B」というところ。


For the lodging, we took 2 rooms at "Booklover's B&B" on Pirie Street.


















e0310424_09012875.jpg




e0310424_09014048.jpg


さすがに、いたるところに本が…


Yes, books everywhere.


















e0310424_09172177.jpg




e0310424_09174789.jpg


ウェリントンは、オークランドよりもずっと小さな街ですが、さすが首都だなと思ったのは、公共の交通機関が充実していること。

こんな立派な電車の駅もあるんですよ。

娘も高い天井を見上げながら、「ミラノの駅みたい〜」


Wellington is a much smaller city comparing to Auckland of only 400,000, including the surrounding suburbs.
But its public transportation system is much better, with trains and cable cars, and buses.
The main train station looked just like the ones in smaller European cities.


















e0310424_09114366.jpg




e0310424_09111350.jpg


政治と大学の街なので、レストランやバーも充実しています。

食に対する意識も高そう。

特にCuba Streetという通りが、ナイトライフの中心です。


Restaurants and bars are everywhere, perhaps because it's a town of politics and academics (Victoria University is here).
Many of them are concentrated on Cuba Street and near the waterfront.



















e0310424_09200432.jpg


湾を囲んで丘が迫る坂の街で、神戸を小さくしたような感じもアリ。

サンフランシスコを思わせる、という人も多いようです。


The downtown area surrounding Wellington Bay quickly becomes residential as it moves up the hill.
Many people say it has a resemblance to San Francisco, and I agree.

















e0310424_16014681.jpeg


一昨日にアップしたのは、ニュージーランド国立美術館、「テ・パパ」に展示中の第一次世界大戦、ガリポリの戦いの展示物。

ニュージーランドが国家として初めて参加した世界大戦は、ギリシャのガリポリでニュージーランド軍に大勢の死者を出しました。

実物サイズをはるかに超えた大型モデルは極めてリアルで、迫力のかたまり。


At Te Papa, the National Museum, we saw the much talked about exhibition of the first World War, in which New Zealand lost many lives at the horrific Battle of Gallipoli. This confrontation was a great example of brave troops being led by some idiotic military leaders.
The over-sized sculpture (2.4 times of actual size) was powerful and super realistic.

















e0310424_09133681.jpg


治療の甲斐もなく死んでしまった兵士を見下ろす軍医。


The medical officer who looks down with such sorrow on the soldier who perished, despite his desperate treatment to save him.

















e0310424_09134826.jpg


軍医の悲しみと怒りがひしひしと伝わるようで、見上げながら思わず立ちすくんでしまいました。

それにしてもよく出来てる。

額に光る汗まで見えて、迫真的でした。

巨大モデルを使った展示は6箇所で、総計二万四千時間が製作に費やされたのだそうです。

そうですよね、この巨大なお洋服からそのボタンひとつひとつ、さらには体毛に至るまで、手作りですものね〜〜 気が遠くなる。


It's a superbly created model with supurb detail to even the sweat on the forehead of the officer.
There are total of 6 scenes, one with 3 figures, for which they labored a total of 24,000 hours.




















e0310424_09273893.jpg


塹壕(ざんごう)に入ってスコープで狙いを定めて敵を撃つ、のシュミレーションを体験している娘。


My daughter looking into the mock periscope set up inside the mock trench. We can imagne how horrific the experiences of World War One must have been.

















e0310424_09204660.jpg


また、「NZポートレート・ギャラリー」では、アダムス賞と呼ばれる人物画賞に応募した作品が展示されていて、同時に販売もされていました。


At the New Zealand Portrait Gallery, we viewed Adam Portrature Award.
Most of the paintings were for sale as well.


















e0310424_09211186.jpg


私たちが気に入った作品は、すでに売れてしまったものばかり。

あれ、優勝作品が売れ残っている!と思って飛びついたら、優勝作品はギャラリーのコレクションに加えられるので売れないと言われマシタ。

がっかり。


This is the winning portrait.
A contemporary version of the Maori portrait.
This one was not for sale as the winning piece will be kept at the gallery.


















e0310424_09213543.jpg




e0310424_09214577.jpg


週末には、美術館の外の湾岸沿いに、賑やかなマルシェが出ていました。

このミュージシャン、ギターとクラリネットで調子のいいジャズをやっていましたが、すごく上手かった。

スケボの若者が、尊敬の眼差しでずっと聴き入っていたのが印象的。


On Sunday, there was a bustling market behind Te Papa, along the Bay.
There were several musicians basking, but this guy with the guitar and clarinet playing jazz was the best.
Very good musician.


















e0310424_09241780.jpg


このマルシェには、面白いフード・ストールがたくさん出ていました。

こちら、餃子に全力投球のお二人。

どうでしょう、この真剣な表情。

There were some interesting food stoles as well.
This one sells a variety of gourmet potstickers of all sorts.

















e0310424_09243211.jpg


広東スタイル、上海スタイル、ジャパニーズ、コリアン…と国際色も豊かですが、すべてオーガニックで、ヴィーガンのものまであるのです。

お値段も普通じゃなくて、一個2ドル。高〜〜

1個売りの餃子というのも珍しい。


Quite expensive at $2 per piece!
But they are organic and some are vegan.

















e0310424_09244525.jpg


こちらは、たこ焼き機を少し浅くしたようなグリルで焼いているミニパンケーキ。

タネにはイーストが入っているそうで、オランダのパンケーキなのだとか。


Here they are grilling some tiny Dutch pancakes.


















e0310424_09263885.jpg


こんな風にバターをはさんで、粉砂糖を振りかけ、キャラメルソースやレモンソースでいただきます。

もちもちして、すごく美味しかった。

イーストのちからネ。


They make the batter with yeast to make it extra airy and moist.
To serve, they butter and sprinkle with powdered sugar, topped with salted caramel or lemon sauce.


















e0310424_09280301.jpg


文芸度満点、ファームからはかけ離れた旅。

たったの3泊4日とは思えなくて、随分長く旅したように感じました。

たまにはこんなブレークも必要ね。


It was a really fun trip with art, food and lots of wind.
Good break from the farm life.











[PR]

by BBpinevalley | 2016-05-16 11:19 | ニュージーランドの生活 | Comments(14)
2016年 05月 14日

首都、ウェリントンに来ています/ We Are in the Capital

e0310424_16014681.jpeg

ニュージーランドの首都、ウェリントンに来ています。

オークランドよりこじんまりしていますが、湾を囲む坂の町。ちょっとサンフランシスコみたい。

大学街でもあるので、バーやレストランが充実しています。

テパパと言う美術館が素晴らしく、第一次世界大戦の展示に驚愕しています。

後ほどまたレポートします。


Great exhibition on the WW1 at Te Papa in Welington.



[PR]

by BBpinevalley | 2016-05-14 15:58 | Comments(6)
2016年 05月 10日

とても暖かい秋です/ Unusually Warm Fall in New Zealand



e0310424_08382921.jpg


アメリカからやけに暖かいニュージーランドに戻って、ほぼ一週間が経とうとしています。

雨も少なくて、ちょっと不思議な秋…


到着した日は、いつもの早朝便で着いて、これまたいつものカフェで朝食を。

上は、娘が注文したエッグス・ベネディクト。

トーストしたイングリッシュマフィンに、ポーチドエッグとホランデーズ・ソースがかかっています。

ベーコンは隠れているのかな…


We arrived in unusually warm Auckland a week ago.
It is the warmest May we have ever experienced so far.

On the morning we arrived, we went to the usual cafe near my daughter's school and had our usual breakfast before we sent her off to school.


















e0310424_08384296.jpg




e0310424_08385358.jpg


こちら、私が注文したブルーベリー・パンケーキと夫のスクランブルエッグです。

どれもニュージーランドらしい盛り付けで、カロリーたっぷりって感じね。


I like New Zealand bacons because they are very lean.

















e0310424_08391123.jpg


ファームでは、もちろん仔牛たちのお出迎えを受けました。

大きくなってきたわね〜〜


We were warmly welcomed at the farm by our calves003.gif
They are growing really fast.


















e0310424_08405487.jpg




e0310424_08392255.jpg


ドイツや日本からのウーファーさん、地元ニュージーからの助っ人も、菜園で忙しく働いて下さっていました。

おかげさまで、ファームの改造はどんどん進んでいます。


Our Woofers from Germany and Japan are busy working every day to furthre improve Aotea Organic Farm.
Indeed, it has improved quite a bit while I was away.

















e0310424_08411495.jpg


パインバレーB&Bをしていた時の顧客で、そのままお友達になったMさんが泊まりに来られて、オークランドでご馳走してくださいました。

マヌカウ通りにあるBOWZという鉄板焼きのお店。


Our friend K. M. came to stay with us, and took us to Japanese grill dinner on the last day of his stay.
Bowz on Manukau Road is a small but very good Teppanyaki restaurant.


















e0310424_08414532.jpg


娘の学校の近くなので、以前にも来たことがあるのですが、なかなか美味しいお店です。


If you reserve the counter seats, you can watch their skillful cooking method, which is quite fun.


















e0310424_08422663.jpg


ニュージーランドの草食牛のフィレミニョン。

柔らかくて、しっかりお肉の味がして、美味しかった。


Very tender and tasty New Zealand filet mignon steak arrives with crispy garlic slices and their original steak sauce.
















e0310424_08413397.jpg


デザートもナカナカでした。

特にクレム・ブルレーが豊潤で、美味しくいただきました。

どこへ行っても美味しいものばかり食べて、私って果報モノ。


The desserts were pretty good as well.
I especially liked the rich creamy creme brûlée.











[PR]

by BBpinevalley | 2016-05-10 11:05 | ニュージーランドの生活 | Comments(18)
2016年 05月 01日

ティーンのお供、務め終えました/ Mission Completed



e0310424_12210292.jpg


うちは公園に隣接していて、いつも子供達の奇声が聞こえるのが楽しい。

いいものですよね、子供達の元気な声。

子供より犬が多いサンフランシスコとしては、珍しい現象でもあります。


















e0310424_12211348.jpg




e0310424_12222237.jpg


歴史的に、メキシコや中南米諸国からの移民が多かった地区なので、壁画が多いのです。

毎日、観光客が壁画の前に集まってガイドさんの説明に聴き入り、写真を撮っています。

写真上はプールの建物、下は女性のための公民館のような建物です。


















e0310424_12223962.jpg


この地区、もちろんメキシコ料理もとびきり美味しいのです。


















e0310424_12230531.jpg


私の家のあるミッション地区は、人気レストランが密集している場所としても知られています。

今回、美味しいと思ったのはビルマ料理。

バレンシア通りにある「Burma Love」というお店に行きました。

上は、ニンニク風味の米麺。


















e0310424_12231235.jpg


人気なのは、お茶の葉のサラダです。

発酵させたお茶の葉が入っていますが、とても味わい深くて美味しかった。


















e0310424_12232198.jpg


私、おナスが大好物なんですが、おいしかったですね〜、ここのは。

一緒に来たココナッツライスも、ちょっぴり甘くて美味でした。


















e0310424_12233427.jpg


夫に頼まれたものを買いに、キャストロ通りにある金物店へ。

商品が整然と並んでいて、必要なものは何でもあるって感じでした。


















e0310424_12235716.jpg


久しぶりに娘と二人だけでアメリカに帰ってきたので、しっかりお母さんをやらされてしまいました。

ティーンと一緒にいるというのは、こんなに疲れるものだっととは……


















e0310424_12245724.jpg


こんな娘たちを何人も預かっている寮長さんには、まったく頭が下がる思いです。

一体どうやってサバイブしてるんだ。


















e0310424_12250741.jpg


今、空港で放心状態。

フライトまで時間がないので、英語はあとで入れます。










[PR]

by BBpinevalley | 2016-05-01 12:59 | アメリカ生活 | Comments(21)