<   2016年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 26日

サンフランシスコ、観光日和/ Perfect Day in San Francisco



e0310424_17291269.jpg


サンフランシスコ滞在の最後の週、ニュージーランドからお友達が遊びに来てくれました。

仲良くしている日本人のお友達です。

お買い物三昧で疲れ果て、最後の日は観光に繰り出しました。

ゴールデンゲート・ブリッジを渡ってすぐの場所にある、サウサリートという海辺の街のヨットハーバーです。


















e0310424_17293815.jpg


ご覧のように、突き抜けるような青空の観光日和。

ブラブラそぞろ歩きが気持ち良かった。

















e0310424_17295123.jpg


昼間っからマルガリータを飲み、













e0310424_17300407.jpg


有名な「クラブ・ルイ〜」(カニサラダ)を食べました。

カニの身がどっさりで、幸せでした。


















e0310424_17311316.jpg


それから、世界で一番ぐにゃぐにゃした道、という触れ込みのロンバード通りを車で下りに行きました。

この写真じゃ、ちょっと何のことだか分からないので、The Gifted Photographerから写真を借りることにしました。


















The Gifted Photographer
e0310424_17492685.jpg


これです。

すごい人出で、この道に入るまでにけっこう待たされました。

もう長く観光案内などしないので、このグニャグニャ道はすごく久しぶりでした。

















e0310424_17303849.jpg


日本にも上陸したそうですが、サンフランシスコはポケモンGOですごく湧き立っていました。

誰もが携帯を見つめながら、あっちへ行ったりこっちへ来たり。

うちのユダヤ寺院にもポケモンが住んでいるみたいで、家の前に人が屯ろしていることもしばしばでした。
















e0310424_17302740.jpg


「うちの店にはポケモンが居るよ〜、

捕まえたら、商品が20%オフになるよ〜」

と、看板に書かれてる。

















e0310424_17310156.jpg


で、今日はもうニュージーランドに戻ってきてしまいました。

写真は、サンフランシスコの空港に向かうタクシーの中から撮ったのですが、霧が、海から丘を越えて流れ込んできている様子です。

昼間は大快晴で暑いくらいでも、夕暮れには霧がこんな風に大量に入り込んで、スイッチを入れた冷蔵庫のよう。

おかしな街ですよね、サンフランシスコ。


今日も疲れたので日本語だけで失礼。











[PR]

by BBpinevalley | 2016-07-26 18:08 | アメリカ生活 | Comments(18)
2016年 07月 20日

サンフランシスコに行くのなら/ If you are going to San Francisco



古い友人が、懐かしい写真をメールしてくれました。

なんと、1976年。

かろうじてまだ10代だった私が写っています。




e0310424_07001745.jpg


バークレーの超左翼の家庭にお世話になっていた私。

お父さんはロサンジェルス出身の日系2世、お母さんはシカゴ出身のホワイトアメリカン。

私と似たような年頃の子供たちが4人いて、友人や隣人が集い、家の中はいつも活気に満ちていました。

まだ英語もろくにわからなかった私にとっては、何がどうなっているのやら見当がついていなくて、今から思えば可笑しい。

バークレーの街にはヒッピーが溢れ、どれが学生で、どれがホームレスか、はたまたどれが教授なのかも見分けがつかなかった。

ドアやボンネットのない車がそこらじゅうを走り、サイケデリックに塗りたくられたワーゲンのキャンパーが荷物を満載していて…

お金がなくなって、何度かヒッチハイクして家に帰ったことも。

今じゃ危なくて考えられません。

とにかく良い時代でした。



「サンフランシスコに行くのなら、髪に花をさしていくといいよ。きっと優しい人たちに会えるよ」という歌詞のスコット・マッケンジーの一曲です。

あの頃の雰囲気、よく出ています。














[PR]

by BBpinevalley | 2016-07-20 07:24 | アメリカ生活 | Comments(22)
2016年 07月 15日

冬の夏休み、中間報告/ Our Summer Holiday in Winter



e0310424_05272635.jpg


先日、ユダヤ寺院の住人たちが集まって、バックヤードでBBQをしました。

アメリカらしい時間の過ごし方。

サンフランシスコにしては暖かい日だったのですが、それでも皆さん真夏にセーター姿。


We had a fun BBQ at the backyard of our Synagogue house with all the neighbors.
A very American thing to do.


















e0310424_05273474.jpg


アメリカのコーンは美味しいのです〜

さすが本場。


Corn was fantastic.

















e0310424_05330578.jpg




e0310424_05274620.jpg


お料理もさることながら、おしゃべりも楽しかった。

16歳から91歳までの住人が集まりました。


Besides the food being superb, I enjoyed the relaxed time and the conversation with everyone.
It was a get-together of 16 to 91 years olds.

















e0310424_05440716.jpg




e0310424_05455051.jpg


相変わらず雨の降らないカリフォルニアの夏。

冬の間に降った雨では足りないようで、水不足はまだ続いているのだそうです。


The past one week has been very beautiful in San Francisco.
Not too hot, not too cold.

















e0310424_05445079.jpg


娘は毎日、むかし自分が通った保育園でボランティアしているのですが、朝、私がバス停まで彼女を送りに行きます。

その時間帯のヴァレンシア通りは、まだ起きたばかりという感じ。

水不足のため、路上もきれいに掃除できないようです。困ったわね〜〜


We still have a California drought supposedly.
The rain we had in the last winter was not enough.
We have to pray for a wetter winter.


















e0310424_05473552.jpg


しばらくシアトルから友人夫婦が泊まりに来ていました。

過去に一緒にあちこち旅行した人たちなので、気が置けず、みんな好き好きにリラックス。


For a while, we had company from Seattle.
We used to travel together to the Milan Fair.


















e0310424_05475483.jpg


宿題やボランティアや社交のある娘だけが忙しく、いつも走り回っています。

まだ子供のくせに、時間の経つのが速いと言うのですが、それってちょっと悲しいナ…


Now, our daughter is a busy girl.
On top of the usual studying and practicing, she has a volunteer job and Karate lessons.


















e0310424_05461507.jpg


ファーム速報です。

昨日、一番若い乳牛のお母さんに赤ちゃんが生まれました。

まだ子供みたいに若いお母さんで、もちろん初産なので心配していました。

無事産まれてくれて、本当に嬉しいです!


News release from Aotea Organic Farm.
A new calf was born to our youngest mother cow yesterday.
I was worried about the mother since she is so young, but everything went well and both of them are healthy.
Great news!












[PR]

by BBpinevalley | 2016-07-15 07:19 | アメリカ生活 | Comments(22)
2016年 07月 09日

アップルストアとモカちゃん/ Apple Store and Our Lamby



e0310424_05004659.jpg


夫が私の車を会社の外の駐車場にカバーもかけずに乗り捨てていたおかげで、留守中に車体は鳥の糞とポプラの樹液にまみれ、見るも無残な状態。

ウォッシャー液を噴射してワイパーをかけながら、まずは洗車に向かうしかありませんでした。

まったくね〜〜


My car was in a miserable state being covered by bird droppings and tree sap because my husband left it outside without its cover.
I had to drive straight to a carwash.


















e0310424_05021623.jpg


こちらでもニュージーでも、車は贅沢品ではなくて必需品なので、特に磨き上げる趣味はありませんが、せめて前後左右の見通しが効かないとねェ。


上は、うちの近くの路地で、壁画を書くアーティスト。

415はサンフランシスコの市内局番ですが、それ以上に何か意味があるんでしょうか…


On one of the alleys near our house, a mural artist was finishing his piece.
Besides 415 being the area code of San Francisco, is there any other meaning to this painting?





















e0310424_05020639.jpg


こんなのもあった。

プリンスさま、ご冥福をお祈りします。


Here is a tribute to Prince.

















e0310424_05401588.jpg


アメリカの歯科医にはしばらくご無沙汰していたのですが、クリーニングの予約を取ってみると、住所が変わっていました。

なんと、ユニオン・スクエアを見下ろす一等地。

写真は歯科医の窓からの景色です。


I revisited my old dentist at her new location which was right in front of Union Square.
The office was spacious and beautiful.



















e0310424_05402581.jpg


正面のユニオン・スクエアを突っ切れば、新しいアップルストア本店にぶつかるという立地です。(アップルストアはちょうどヤシの木に隠れて見えませんが)

写真を夫に見せて、歯科医院の賃貸料はさぞ高いだろうと話したら、「それはアナタが払ってるんだ」と…

???


What a location.
Hidden behind the palm tree in the middle, there is the new Apple flagship store.


















e0310424_05111377.jpg


こちらがその真新しいアップルストア。

天井が高くて広くて眺めが素晴らしい。

巨大なガラスとメタルの箱です。

娘のiPhoneのガラスにビリビリにヒビが入ってしまったので、修理に来ました。

何度も落としたんでしょうね。

携帯なしには機能しないティーンのくせに、もう少し大切に扱ってもらいたいものダ。


It is a beautifully designed building with enormous glass and slate colored aluminum.
I made an appointment at the genius bar for my husband (his laptop is acting up) and my daughter sent her phone in for repair.

















e0310424_05112435.jpg




e0310424_05113294.jpg


内部はとっても混雑していましたが、セキュリティーらしき人が何人も目を光らせていた。

おそらく、テロに備えているのでしょうね。

サンフランシスコはイスラム過激派のターゲットだと聞きます。


In the packed store, I could spot many security guards who were busy watching restlessly for, you know who……Terrorists, I think.
San Francisco is one of the target locations of Isis.

















それとは対照的に、平和そのもののファームから届いたモカちゃんの写真、4枚。

ウーファーの亮さんが撮ってくださいました。


From a safer and peaceful New Zealand, here are some of our lamby's photos.


e0310424_05115090.jpeg




e0310424_05114485.jpeg




e0310424_05121307.jpeg




e0310424_05115551.jpeg



癒されたところで、今日はおしまい












[PR]

by BBpinevalley | 2016-07-09 12:54 | アメリカ生活 | Comments(17)
2016年 07月 05日

冬から旅立ちました/ Leaving Winter Behind



e0310424_07063871.jpg


先日アップした茶色の仔羊、どうやらお母さんに見放されてしまったみたいで、一人で啼いていたので保護しました。

ウーファーのM子さんに抱かれて、うなだれているのが可哀想だった。


We found the chocolate colored lamb that I photographed the other day, crying by himself in the field.
He was either abondoned by the mother or separated from her when the herd was moved a few days ago.

















e0310424_13122889.jpg


逃げ回ったので、保護するのは大変だったみたいです。

でも、走る元気はあったのね。

よく見ると瞳孔が開いているから、まだ怖がっているんだ。

すぐに温かいミルクを用意しましたが、どうぞ無事に育ってくれますよう。


He was brought into Aotea Barn to live with the wwoofers, first given cow's milk and then it was changed to goat's milk, which he prefers.


















e0310424_07065936.jpg




e0310424_07100150.jpg


ニュージーランドには寒波が襲ってきました。

寒いのはウェリントンだけじゃなかったみたいです。

写真は、3日の朝の庭の霧氷です。

こんなに寒いのは、ここに越してきて初めて。

シェリービーチは、浅い湾が日中の太陽で温められるために、普段は他より気温が高いのですが…


We awoke on July 3rd to a cold and frosty morning, the coldest morning since we moved to Shelly Beach.


















e0310424_07093100.jpg


だからというわけではありませんが、7月はサンフランシスコで過ごすことになり、3日の朝に旅立ちました。

オークランド空港の国際線ウィングに、珍しく外国の飛行機が並んで乗り付けています。

外国の航空会社がオークランドに乗り入れることになったようです。

競争で航空運賃が下がるのは良いけれど、コストカットでサービスも下がるんでしょうねぇ〜


We arrived at the airport and discovered that we were on the inagural flight for United into SFO. The plane was a new
Dreamliner with a perfect interior and typical United service.


















e0310424_07091651.jpg


いつもと違って、この便は早朝にサンフランシスコに着きました。

相変わらず、霧ってる。

見えるのはシリコンバレーのあたりかな〜


This flight arrived to San Francisco very early in the morning.
It was foggy as usual.











[PR]

by BBpinevalley | 2016-07-05 08:58 | 旅行 | Comments(12)
2016年 07月 01日

再びウェリントンから/ Ancora da Wellington

e0310424_15585484.jpeg


娘のお供で、またウェリントンに来ています。

前回よりもウンと寒くなっていて、凍えました。








e0310424_16032962.jpeg




e0310424_16062389.jpeg




e0310424_16083817.jpeg


今回も「本を愛する人のためのB&B」に泊まりました。








e0310424_16094870.jpeg



e0310424_16102948.jpeg


ウェリントンは、こじんまりとして、湾を囲む丘に広がる可愛い街です。

首都ですけれど、オークランドよりはずっと小さくて、北島の一番下にあるので、やはり気温も低いのでしょうか。

家並みはサンフランシスコを思わせるところがあります。








e0310424_16144496.jpeg


宿を出て、お買い物しながら娘を待っていたのですが、あまりにも寒くて、カフェやレストランをハシゴしてしまいました。

イタリアンレストランの隅っこで、ひとり居座っていた母でした。


iPhone 投稿なので、またしても日本語オンリーで失礼します。




[PR]

by BBpinevalley | 2016-07-01 15:55 | Comments(14)