<   2017年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 28日

フランク・ステラ展/ Frank Stella : A Retrospective


e0310424_10294841.jpg


ゴールデンゲート・パークは、とても広い公園で、遊園地もあれば美術館も博物館もあり、植物園や森のトレールもあります。


There are ten lakes in Golden Gate Park and it spreads to more than 1000 acres of land, I was told.
















e0310424_10295596.jpg


お天気も良くて、新芽の緑もみずみずしく、そこらじゅうが輝いて見えました。


Yesterday was a splendid day to visit the park with crisp air but very little wind.















e0310424_10300545.jpg


ここに来た目的はこれ。

ゴールデンゲート・パークにあるデ・ヤング美術館に、フランク・ステラ展を観に来たのでした。


We came to see the Frank Stella show which was on its last day.
















e0310424_10301114.jpg


お隣のチャリティーと一緒に来ました。

彼女、ステラが好きなんだそうです。

私のサングラスをかけて、上機嫌のチャリティー。


I came with Charity, my neighbor/frind.
She loves Stella's work.
















e0310424_10314037.jpg


アート好きの方はご存知でしょうが、フランク・ステラは戦後のアメリカの近代絵画を代表した画家です。

美術の教科書にも載っていたと思いますが、この写真のような絵で有名になりました。

私には、個人的に少しご縁があったお方で、うちのギャラリーでも一月以上の展示会をしたことがあります。


I had been on the same crossroad (metaphorically speaking) a few times with Stella in the past.
Long time ago, we hosted his exhibition at our gallery as our space was the only one in town which could contain his large paintings at that time.
I also knew his son pretty well at one point. He eventually became my ex-sister-inlaw's husband.















e0310424_10315365.jpg


こういうのもよく知られていましたね。

これらは1970年ごろの作品です。
















e0310424_10320144.jpg


その前は、こんなのを描いていたんですね。

これ、結構好きだな。

60年代後半の作品。


I kind of like this one.
Done in late 60's.















e0310424_10322041.jpg


わんちゃんもオーケーなんですね、ここは。


I didin't know doggies are allowed in museums.
















e0310424_10331345.jpg


美しい景色の描写や、思想の表現などという絵画から離脱し、ただ単にキャンバスに色を塗るという点が画期的だったらしいです。


Stella's idea was "intended to emphasize the flatness of the canvas and prompt the viewer's awareness of painting as a two-dimensional surface covered with paint - thereby overturning the notion of painting as window onto three dimensional space that emerged in the Renaissance and dominated medium for many centuries thereafter"
Interesting.













e0310424_10333779.jpg


それから80年代に入って、だんだん絵が立体化していきます。

熱心に見ている若い女性は、美術専攻なのかしら。


In the '80's, the form of Stella's paintings became more and more three dimensional.

















e0310424_10335872.jpg


こうなるともう彫刻かなって思うのですが、ご本人は絵画だとおっしゃる。


Now, almost like a sculpture, but the artist still calls it "a painting".















e0310424_10345334.jpg


「そうなのかしらねぇ〜」と見つめる親子らしい二人連れ。

でも、色は綺麗だし、なかなか迫力がありますよね。

80いくつのおじいちゃんの作るものとも思えない…


I guess it's a painting if the artist insists.
They are quite powerful and beautiful, though.
Not many 80 year-olds create or even think of creating something like this.
















e0310424_10362588.jpg


私はやっぱり、うんと初期の作品が好きかなって思いました。

今、サンフランシスコの空港です。

あと1時間もすれば搭乗です。


Still, my favorites were the very early works in the late '60s.








[PR]

by BBpinevalley | 2017-02-28 11:39 | アメリカ生活 | Comments(18)
2017年 02月 24日

一人暮らしレポート/ Living Alone in San Francisco



e0310424_13511118.jpg


独り暮らし、最初はちょっとさみしかったけれど、慣れてくると気楽でいいですね。

好きなことをして、好きなものを食べて、好きな時間に寝て。

それに、時間がこんなにあるなんて、学生時代に戻ったみたい。


It hasn't been too bad to live by myself so far.
I cook and eat whatever I like, and sleep and get up whenever I like.
















e0310424_13512740.jpg


もうすぐ娘のお誕生日なので、プッシーハットを編んでやりました。

ニュージーランドでもプロテストのデモがあるかしら…


I am also amazed how much time I have on my hands.
I knitted this pussy hat for my daughter as her birthday is coming soon.
I hope there will be some protests happening in NZ for her.















e0310424_14073205.jpg


時々お友達と出歩いて、美味しいものを漁っています。

これはラクレット。

スイスのお料理ですってね。

とろとろチーズがポテトと合います。


Sometimes I go out with friends and search for new tastes in San Francisco.
This is raclette, a swiss dish of cheese and potato.















e0310424_14074593.jpg


こちらはマックンチーズ、マカロニ&チーズのこと。

アメリカの子供の大好物ですが、こういう簡単な料理を上手く作るのが難しいんですよね。


Mac n' Cheese. A much fancier version than mine.

















e0310424_14071634.jpg


上の2品のお料理は、このチーズ専門店でいただきました。

お昼ご飯を食べ損なって、午後3時過ぎにウロウロしていたら、ここが開いていたの。

うちの近くにあるお店なのですが、いつも人がいっぱいで、一体何のお店だろうと思いながら素通りしていたのでした。

ちょっと日本にありそうな、こじんまりとしたお店。


I had the above dishes at Mission Cheese on Valencia.















e0310424_14075619.jpg


いろんなチーズがバーの後ろの冷蔵庫に並んでいます。

みなさん、ワインでいっぱいやりながら、お料理を楽しんでおられました。

いいですね、こういうシンプルなテーマのレストラン。


The place is packed during lunch and dinner hours with people enjoy wine and cheese.
I like this kind of simple and focused eatery.
















e0310424_14465926.jpg


こちらは、うちから20歩も歩けばたどり着くカフェで、前に書いた「ジャパニーズ・ミルクブレッド」はここで買っています。


This is Craftsman and Wolves, also on Valencia.















e0310424_14080982.jpg


このマフィン、やけに高いな(7ドル25セント)と思ったら、中に半熟卵が丸ごと入っていて、アシアゴチーズやソーセージも入っています。

お隣の人が食べていたけれど、とても美味しそうでした。

さすがに、写真を撮らせて、とは言えなかった。


This expensive muffin is well worth the price because it is masterfully baked, containing a soft boiled egg, sausage, and asiago cheese.
















e0310424_07102921.jpg



夫から届いた写真です。


The new hut photo arrived from New Zealand.














e0310424_14083770.jpg


無事、乗っかったみたいですね、基礎の上に。

残りの建物も運び終わって、今は内装にかかっているそうです。

ほとんど連絡してこないので、よほど熱中しているみたいです。


It is now set on the foundation.
I hear they are working on the interior now.
Sounds like they are having a great fun.









[PR]

by BBpinevalley | 2017-02-24 15:40 | アメリカ生活 | Comments(14)
2017年 02月 18日

ノースビーチを歩く/ Walking around North Beach, San Francisco


e0310424_13530054.jpg


ようやく移民局からレターが届き、指定された日にブロードウェイのお役所まで手続きに行ってきました。

手続きは20分ほどで終わったので、近くのノースビーチの方までぶらぶら歩き。


I finally received the letter from the immigration office telling me to appear for fingerprints.
What a relief. This completes my main mission of this stay.
















e0310424_13531367.jpg


この辺りは、昔、夫のオフィスがあったところで、とても懐かしいです。

建築、法律、会計事務所などが多いところで、アンティークや家具のお店も見られます。


The office for fingerprinting was near North Beach, so I took a walk afterwards.
I felt nostalgic as my husband's old office used to be near here.
















e0310424_13545626.jpg


ノースビーチの繁華街の方に向かっていくと、鋭角なコーナーにこんな建物が目立ちます。

アイロンみたいな形をしているので、英語でもフラットアイロン・ビルと呼ばれます。

ニューヨークにも多いですよね。

この建物は、よく見るとサイエントロジーの教会みたいですね。(トム・クルーズが信仰しているアノ宗教です)


There are many flatirons in North Beach.
This handsome one is housing a Church of Scientology.
















e0310424_13542444.jpg


こちらのフラットアイロンは、フランシス・フォード・コッポラの持ち物。


Francis Ford Coppola owns this one.
















e0310424_13543272.jpg


緑青が、なかなかいい感じ。

Beautiful with patina.
















e0310424_13540487.jpg


E Tutto Qua (英語でThat's It)「それだ!」という名前のイタリア料理店。

この辺り、リトルイタリーと呼ばれているイタリア人街とチャイナタウンが隣接しています。


E Tutto Qua = That's It
It's a restaurant.
















e0310424_14554137.jpg




e0310424_14555138.jpg


あっという間に景色が変わるから驚きです。


If you turn a corner, you are thrown into China Town all of a sudden.
















e0310424_14561060.jpg




e0310424_14562186.jpg


娘が小さい頃、ノースビーチのイタリア語学校に金曜日だけ通わせていました。

この近くに家があったこともあり、よく歩いた街です。


Long ago, we used to have a house near here for a while, and we walked around, ate around quite a bit. It is deffinitely one of our favorite parts of San Francisco.
















e0310424_14563963.jpg


有名な「カフェ・トリエステ」


Famous Caffe Trieste.















e0310424_14572082.jpg




e0310424_14563114.jpg


ノースビーチの有名カフェは観光客が多いのですが、トリエステは地元の人が多くて好きでした。


Unlike other famous North Beach Cafes, this one has less tourists and more locals.















e0310424_14564535.jpg


ニューヨークでも中華街とイタリア街は隣接していますよね。

どうしてだろう。


I think Chinese and Italians often live side by side in the US cities. Am I wrong?

















e0310424_13535420.jpg


楽しいお散歩でした〜


It was a fun walk.











[PR]

by BBpinevalley | 2017-02-18 16:35 | アメリカ生活 | Comments(26)
2017年 02月 15日

ニュージーランドからの便り/ News From New Zealand


e0310424_15533483.jpg


ニュージーランドから、夫が送ってきた写真です。

このボロ屋を買ったのだそうです。

手前で働いているのは、うちの大工さんです。


My husband sent me this photo saying that he bought this miserable looking shack.
("miserable" is the adjective I added. My husband thinks the building beautiful)
Rob, our carpenter, is getting it ready to be lifted up and moved.
















e0310424_15535022.jpg


これを分解し、


Taking it apart.
















e0310424_15581264.jpg


トラックに乗せて、ファームまで運んできました。

20分くらい離れた街から運んできました。

夫の写真は、どうしてこう上がチョン切れているのかな…


Secured onto a truck, it was moved from Helensville to our farm in Shelly Beach, a 20 minute drive.
(I don't know why my husband's photos always have their tops cut off…)
















e0310424_15542079.jpg




e0310424_15591169.jpg


2回に分けて運んだようですね。

牧場長のバドさんも、眺めています。


Unloading it at the farm.
Our stockman, Bud is also watching the event.
















e0310424_15592655.jpg


大草原の小さな家、みたいな感じ。

でも、とりあえずここに置いただけで、翌日、目的の場所に移したようです。


It looks great at this location, but there is the foundation already worked on for it at another spot.
















e0310424_15593594.jpg


翌日は、あまりお天気が良くなかったようですが、ここが目的の場所。

杭の上に平らに乗せられます。

これが、野外バスルームになります。

景色に向かった壁は取り除き、バスタブに入りながら景色が眺められるようにする予定。

サウナも設えるんだそうです〜


The next day, they moved it to the spot. I don't know how they did it.
You can see the pillars set for the foundation on which the shack to sit facing the bay.
This is going become our Bath Center with View.
The wall towards the view will be taken out and 2 bath tubs will be set so that the bathers can enjoy the full view of the farm and bay.
We are planning to build a sauna in it as well.










[PR]

by BBpinevalley | 2017-02-15 16:27 | ニュージーランドの生活 | Comments(16)
2017年 02月 12日

手芸してます/ Handy Crafting on Rainy Days


e0310424_11001783.jpg


一人で居ると、想像力が沸き立ちますね。

思い立って、手芸なんぞしております。

フェルト玉とビーズで、ネックレスを作りました。


All alone with some time on hands, I started cleaning the house, organizing closets, and making things.
This is a necklace I made the other day, using felted balls and beads.















e0310424_11003902.jpg


こんな感じで使えるかな。

なんてったって、軽くてイイです。


It's very light.
















e0310424_11010111.jpg


五日間も雨ばかりだったので、退屈でもあったのです。

それにしてもよく降る。

干ばつの我がファームに分けてあげたい。


It's been raining for 5 days straight in San Francisco.
I wish we can share this rain with our farm in New Zealand where a drought is persisting.
















e0310424_11011037.jpg


そうこうしているうちに、こんな方も来訪なさいました。

あのトランプと一緒にリゾートに閉じ込められるなんて、お仕事とは言えお気の毒。


Meantime, America has a visitor from Japan!
Mr. Abe and his wife were taken to Mar-A-Lago and have to spend the whole weekend with Trump.
How dreadful it must be.

















e0310424_11012235.jpg


テレビを見ながら、マフラーも編みました。

いととはりのSUZUさんブログで紹介されていた「七宝編み」にトライしました。
本当は、レース糸とか細いアンゴラ毛糸で、ふんわかと編むものらしいのですが、

根気のない私は、こんな太い毛糸でザクザクと。

安倍さんのニュースを観ている間に出来てしまいましたヨ。


This is a wool scarf I knitted while I watched CNN yesterday.
 As I used a very fat wool with a crochet needle, it was less than a day job.













e0310424_11013248.jpg


こんな風に首に巻くと、両端が留められるように工夫しました。

時間さえあれば、手芸って楽しいですね。

肩凝っちゃったけど。


You can wrap your neck once and secure the ends together like this.
It was a lot of fun making this, but I got a stiff neck…









[PR]

by BBpinevalley | 2017-02-12 12:24 | アメリカ生活 | Comments(24)
2017年 02月 07日

ロッジのキャストアイアン王国/ Lodge Cast Iron Nation



e0310424_12574340.jpg


私が昨年訳した本が、ついに出版されました。

「ロッジのキャストアイアン王国」です。

鉄鍋やダッチオーブンにご興味のある方は、アメリカのロッジ社の製品をご存知かと思いますが、そのロッジ社の料理本を訳しました。


The cookbook I finished translated in the end of last year finally came out in Japan.
It is called "Cast Iron Nation", subbed "Great American Cooking Coast to Coast"















e0310424_12575987.jpg


アメリカの開拓時代から愛用されてきた鉄鍋は、世代から世代へと一族伝来の家宝のように受け継がれていきます。

使えば使うほど黒光りし、自然にノンスティックになってしまう家宝(笑)

この料理本は、そんな鉄鍋とともに伝わった、素顔のアメリカ料理が紹介されているのです。

単なるレシピの集積ではなく、それぞれにまつわる逸話も面白く、アメリカの歴史や生活が良く分かる本ですヨ。


As more than 100 celebrity chefs and food writers contributed to this book, with interesting anecdotes around some of the recipes, it is a uniquely compounded American history book in a way.
















右は本の裏表紙
e0310424_12575297.jpg


アメリカは、ほとんどがカップ計量。材料も日本では手に入りにくいものもあり、分量も多すぎたりします。

でも、日本風にアレンジしないことに決め、原本に忠実に訳しました。

ロッジ社も、アメリカ文化をそのまま感じて欲しいという要望でした。

へ〜えと、驚くようなレシピもふんだんに有ります。

ぜひ読んでみてくださいね。

そして、ご感想をお聞かせくだサイ〜


The hard part for me was to translate so religiously true to the original book(because it was so written on the contract of the translation rights), and still make sense in Japanese where the readers don't have the same common info.
Like, some of the celebrities mentioned in the book are no way known in Japan, but I had to mention them since they are the contributors.
Well, anybody reading this in English can buy the original version. So, that's that.










[PR]

by BBpinevalley | 2017-02-07 14:44 | ご紹介します | Comments(26)
2017年 02月 04日

毎日のニュースに仰天しています/ In a State of Shock, Watching Trump News



e0310424_13240277.jpg


いったいアメリカはどうなるんでしょうねぇ〜

毎日、びっくり仰天するようなニュースが続出。

テレビに釘付け。(↑写真のテレビではありませんが)


What's happening in the US is absolutely amazing. Jaw dropping news are breaking virtually every hour.
I am turning into a news junkie. (I don't even watch TV, normally)
















e0310424_13262402.jpg

夫と娘はニュージーランドに帰ってしまい、私一人になってしまったので、なんだかガランとしています。

なぜ私だけ残っているかというと、グリーンカード(アメリカの居住権)の関係で、移民局の法律的な処理を待っているからなんです。

でもねぇ〜、アメリカの移民局はエライことになっているので、私のグリーンカードのことなんて先送りにされてしまうかも…


Both my husband and my daughter returned to Auckland a few days ago, and I'm left along here.
The reason I stayed is that I had to finish my business with the US immigration. But now the immigration is in such turmoil that they may forget to process my little application…













e0310424_13263172.jpg


テレビとコンピューターにばかり噛り付いていたら運動不足になるので、お隣さんとお散歩に出かけました。

これは、iPhoneが間違って撮った、私とお隣さんの足の写真です〜


I needed some exercise, so I took a walk with my neighbor to Potrero Hill.
My phone took this photo on its own.
















e0310424_13271139.jpg


ポトレロ・ヒルの公園まで歩いてきたのですが、そこにこんな碑が作られていました。

なんでも、この公園で複数の警察に撃ち殺されたれたメキシコ系アメリカ人のティーン(男の子)を祭ったものなんだそうです。

2年ほど前に起こった事件で、男の子は何も武器を持っていなかったとか。


As I was walking at the park, I came to notice this small monument by the gravel road.
My neighbor told me it is a memorial for a teenage boy who was shot and killed by a group of police officers 2 years ago. The boy was behaving erratically but not armed, apparently.














e0310424_13271914.jpg


アメリカの抱える問題を、まざまざと見せつけられる滞在となりました。


Racial problems in the US are complicated and depressing…















e0310424_13261689.jpg


ニュージーに帰る前に、夫はまた色んなものを倉庫から持ち帰りました。

好きねぇ、模様替え…(笑)


My husband brought back more stuff from his warehouse right before he left for NZ.
The house keeps evolving at the hands of Mr. Object…as usual.
















e0310424_13534326.jpg


さて、明日のトランプニュース、果たしてどう展開するか……


I wonder how shocking tomorrow's news will be.
This is like a never ending heavy weight boxing match.
Exhausting.









[PR]

by BBpinevalley | 2017-02-04 16:06 | アメリカ生活 | Comments(18)