2017年 03月 14日

シンバ、縫われるの巻/ Simba Got Stitches


e0310424_19302941.jpg


シンバちゃん、マイナーですが手術を受けました。

痛々しいでしょ。

ホクロみたいなのができていて、大きくなってきたので取ってもらうことにしたのです。


Simba got stitches.
It was a little mole but was getting bigger. So we asked the vet to take it off.

















e0310424_19304194.jpg


そんなに痛いわけじゃないと思うのですが、シンバはただでさえ情けなそうな顔をしているので、余計かわいそうになります。


I don't think it was hurting much but he looked kind of miserable. Maybe I was just reflecting my reaction to the wound.
















e0310424_19311375.jpg


それに、獣医さんに「太り過ぎ」と言われてしまいました。

絶対に5キロは減量しなくちゃダメと。

踏んだり蹴ったりのシンバでした。


The vet said that Simba is 5 kilos overweight.
Now he has to go on a diet.
Poor Simba… Must have been one of the worst day for him.









[PR]

# by BBpinevalley | 2017-03-14 19:49 | ニュージーランドの生活 | Comments(34)
2017年 03月 11日

干ばつは終わりかな/ Drought is Over


e0310424_11230500.jpg


2〜3日のあいだ、雨と風が続いていました。

嬉しい雨ですが、降るとなると土砂降りです。


We had a few days of strong rain and wind.
Hopefully this is the end of the dry summer.















e0310424_11222078.jpg


雨の雫を抱いた庭のプロテア。


Protea flower in my garden, holding raindrops.














e0310424_11223711.jpg


つい先日、最後の「我が庭オレンジ」を食べたばかりかと思うのに、もう次のがたわわに生っています。


It wasn't long ago when we finished eating our last oranges, I thought…
Productive tree.















e0310424_11234772.jpg


雨の間は、お誕生日にもらったパン焼き機で、いろんなパンを焼きました。

これはブリオッシュ。

中にカスタードとレーズンを入れたのですが、ちゃんと巾着を閉めていなかったようで、開いてしまいました〜

ブリオッシュは、やはり型に入れたほうがよく上がりそうですね。


While it was raining, I made bread using my new bread-making machine which was one of my birthday gifts.
Shown above is brioche wih custard cream and raisins.















e0310424_11245738.jpg


雨の直前に撮った写真ですが、菜園ではナスが上手に出来ていました。


At the farm, we are successful in eggplants this year.
The photo was taken right before the rain.
















e0310424_11250478.jpg




e0310424_11251268.jpg


いろんな種類があります。


There are different varieties.
















e0310424_11252096.jpg


昨年いただいた古代種のトマトの種を乾かし、今年植えてみました。

とっても味が濃くて美味しい。


Tomatoes are coming along well, too.
We call these "Wolfgang's heirloom tomatoes", as we raised them from the seeds of the tomatoes Wolfgang had given us last year.
Very rich in taste.















e0310424_11253247.jpg


こちらも、その時にいただいた古代種のトマトです。

色も綺麗です。


These are the same Wolfgang's heirloom kind.
Pretty color.















e0310424_11254119.jpg


ズッキーニが出来すぎて、ズッキーニに追いかけられる夢を見そうだった時期が過ぎ、今はインゲンに追いかけられています。


So many beans.
More than we can eat.

















e0310424_20260771.jpg


この前、虹の写真が好評だったので、もう1枚。

ニュージーランドには虹がいっぱい出るんですよ。

スコールみたいな雨が降ったと思うと、すぐに晴れたりするので、光のプリズムが出来やすいんでしょうね。


Answering requests, here is another shot of the rainbow from the other day.
You see so many rainbows in New Zealand.
If it's a sign of good luck as some said in the comment, New Zealand is a Land of Massive Luck.









[PR]

# by BBpinevalley | 2017-03-11 12:43 | ニュージーランドの生活 | Comments(20)
2017年 03月 08日

一緒にお出かけ/ Let's Go Out Together



e0310424_14051951.jpg


一緒にお出かけしよう〜なんて、一体どんな素敵なところに連れて行ってくれるのかと思いますよね。


My husband said "Let's go out together"
















e0310424_14053037.jpg


ドア屋さんです。

解体した建物のドアやら窓やらを売るお店。


and he took me to this place.
A demolition junk store specialized in doors and windows.
















e0310424_14053758.jpg


まったく、いろんなお商売があるものですねェ。


Interesting…
















e0310424_14054492.jpg


まぁ、じっと見てれば、想像力が湧かないでもありませんが…


I suppose some of them are okay, if you look closely.















e0310424_14055232.jpg


こんな風に、バスセンターの小屋に利用したりするわけです。

今度、イベント用に野外トイレを3件作るのだそうで、そのドアや窓が要るんだとか。

3件のうち2件は、ニュージーランドお得意の「移動式ポットントイレ」なんだそうです。

すごくエコで、優れものだとか。


He was looking for doors and windows for the 3 outside toilets which he's building for events.
2 of the 3 are the eco toilets that you must move time to time.
New Zealand has a long history of making smart eco toilets.
















e0310424_14062357.jpg


お出かけと言えば、先日3人でジャズクラブに参じた時、さすがにいつもの長靴じゃ行けないので、大昔の中ヒールの靴を引っ張り出してきて履いて行きました。(もう高いヒールは履けなくて)

このロッシの靴、まだ小さかった娘を連れて、ミラノのモンテナポレオーネ通りで買ったんだったなァ…

この歳になって長靴の毎日を送るとは、あの頃の自分は考えもしなかったこと。

人生って、思わぬ展開を見せるものですね♡


Talking about going out, when we went to the Jazz Club the other night, I wore these old Italian shoes as these were the only reasonable looking shoes I could find.
The shoes brought back the memory of Milan, and the time we spent there as a young family.
I would have never thought then, that I'll spend most days in gum boots on a farm in New Zealand.
Life makes unexpected turns…










[PR]

# by BBpinevalley | 2017-03-08 17:29 | ニュージーランドの生活 | Comments(14)
2017年 03月 04日

晩夏のニュージーランドに戻りました/ Late Summer in New Zealand



e0310424_17083707.jpg


ニュージーランドは、晩夏というのに日中はまだまだ暑いです。

それでも、夫はバスハウスに熱中していて、大工さんとトントンやっています。


I'm back in New Zealand where the late summer ray is still strong. It's quite hot in daytime.
My husband is very much into putting together the bathing center on the farm.

















e0310424_17091257.jpg




e0310424_17092340.jpg


くの字型の小屋だったのですが、二つに分けて運んだところ、2番目のが崩れてしまったそうで、骨組みをやり直しているのだとか。

配置も変えたようですね。両方の部屋から景色が眺められるようになりました。


The two room hut was divided by the room and moved in 2 stages, but the second one pretty much crumbled downby the time it was set on the final location. Rob rebuilt the frame of it and attached it differently so that both rooms look onto the view.

















e0310424_17095846.jpg


猫足のバスタブが入りました。


A clawfoot bath was brought into the second room.

















e0310424_17132981.jpg




e0310424_17271864.jpg


窓からの眺めはこんな感じです。

雨が降らないので、牧草が枯れています。

秋になると、一面緑になると思います。


This is the view from the window.
The dry summer changed the green field into gold, but hopefully the rain will come soon.
















e0310424_17134875.jpg


菜園も安泰で、いろんなものが育っています。

これはマスクメロン。


My vegetable garden has been well kept and is producing abundantly.
This is a mask melon.
















e0310424_17134095.jpg


こちら、日本種のカボチャ。


Japanese pumpkin.
















e0310424_17242784.jpg


このダイナマイトみたいなのは、スイカ。


This watermelon looks like a cannonball.
















e0310424_17255013.jpg


さて、先日娘が17歳になりまして、お誕生日のお祝いは何がいいかと訊いたら、ジャズクラブに連れて行って欲しいと。

大人と一緒でないと入れないのだそうです。


My daughter turned 17 the other day. She asked us to take her to a jazz club to celebrate, which was a nice surprise. A sign of maturity?
















e0310424_17260089.jpg


オーリンズというクラブで、アメリカのニューオーリンズがテーマです。

この夜のボーカルの女性は、なかなかハスキーな声で、リズム感もあってよかったです。


The name of the joint is "Orleans" in downtown Auckland near the wharf.
The vocalist that night had a very nice voice. We really liked the show.
















e0310424_17260710.jpg




e0310424_17261630.jpg


お食事も、アメリカ南部のフライドチキンやコールスローやコーンブレッドが出てくるのです。

あのアメリカの「これでもかぁ〜」みたいな盛り付けからは程遠い上品さで、少し物足りなくはありました。

でも、バースデーガールは大満足だったので、なによりでした。


The food is, of course, American Southern. It was tasty but lacking in spice, punch and volume.
But what can you expect, it is in the opposite hemisphere, more than 6000 miles away from New Orleans.
The best thing was that the birthday girl was very happy.
















e0310424_17262855.jpg


1ヶ月も留守にして帰ってきた時、家の中はきれいに片付いていて、私の机の上にはお花まで生けられていました。

主婦がいなくてもゼーンゼン大丈夫じゃ〜ん、て思ってしまった。


On my return, I found the house very clean and neat, with even flowers on my desk.
My husband seems totally fine without me.
















e0310424_17263709.jpg


白い「裸のレディー」(花の名前です)が、机の上でムンムン香りを放っています。


I love white Naked Lady.










[PR]

# by BBpinevalley | 2017-03-04 19:10 | ニュージーランドの生活 | Comments(26)
2017年 02月 28日

フランク・ステラ展/ Frank Stella : A Retrospective


e0310424_10294841.jpg


ゴールデンゲート・パークは、とても広い公園で、遊園地もあれば美術館も博物館もあり、植物園や森のトレールもあります。


There are ten lakes in Golden Gate Park and it spreads to more than 1000 acres of land, I was told.
















e0310424_10295596.jpg


お天気も良くて、新芽の緑もみずみずしく、そこらじゅうが輝いて見えました。


Yesterday was a splendid day to visit the park with crisp air but very little wind.















e0310424_10300545.jpg


ここに来た目的はこれ。

ゴールデンゲート・パークにあるデ・ヤング美術館に、フランク・ステラ展を観に来たのでした。


We came to see the Frank Stella show which was on its last day.
















e0310424_10301114.jpg


お隣のチャリティーと一緒に来ました。

彼女、ステラが好きなんだそうです。

私のサングラスをかけて、上機嫌のチャリティー。


I came with Charity, my neighbor/frind.
She loves Stella's work.
















e0310424_10314037.jpg


アート好きの方はご存知でしょうが、フランク・ステラは戦後のアメリカの近代絵画を代表した画家です。

美術の教科書にも載っていたと思いますが、この写真のような絵で有名になりました。

私には、個人的に少しご縁があったお方で、うちのギャラリーでも一月以上の展示会をしたことがあります。


I had been on the same crossroad (metaphorically speaking) a few times with Stella in the past.
Long time ago, we hosted his exhibition at our gallery as our space was the only one in town which could contain his large paintings at that time.
I also knew his son pretty well at one point. He eventually became my ex-sister-inlaw's husband.















e0310424_10315365.jpg


こういうのもよく知られていましたね。

これらは1970年ごろの作品です。
















e0310424_10320144.jpg


その前は、こんなのを描いていたんですね。

これ、結構好きだな。

60年代後半の作品。


I kind of like this one.
Done in late 60's.















e0310424_10322041.jpg


わんちゃんもオーケーなんですね、ここは。


I didin't know doggies are allowed in museums.
















e0310424_10331345.jpg


美しい景色の描写や、思想の表現などという絵画から離脱し、ただ単にキャンバスに色を塗るという点が画期的だったらしいです。


Stella's idea was "intended to emphasize the flatness of the canvas and prompt the viewer's awareness of painting as a two-dimensional surface covered with paint - thereby overturning the notion of painting as window onto three dimensional space that emerged in the Renaissance and dominated medium for many centuries thereafter"
Interesting.













e0310424_10333779.jpg


それから80年代に入って、だんだん絵が立体化していきます。

熱心に見ている若い女性は、美術専攻なのかしら。


In the '80's, the form of Stella's paintings became more and more three dimensional.

















e0310424_10335872.jpg


こうなるともう彫刻かなって思うのですが、ご本人は絵画だとおっしゃる。


Now, almost like a sculpture, but the artist still calls it "a painting".















e0310424_10345334.jpg


「そうなのかしらねぇ〜」と見つめる親子らしい二人連れ。

でも、色は綺麗だし、なかなか迫力がありますよね。

80いくつのおじいちゃんの作るものとも思えない…


I guess it's a painting if the artist insists.
They are quite powerful and beautiful, though.
Not many 80 year-olds create or even think of creating something like this.
















e0310424_10362588.jpg


私はやっぱり、うんと初期の作品が好きかなって思いました。

今、サンフランシスコの空港です。

あと1時間もすれば搭乗です。


Still, my favorites were the very early works in the late '60s.








[PR]

# by BBpinevalley | 2017-02-28 11:39 | アメリカ生活 | Comments(18)
2017年 02月 24日

一人暮らしレポート/ Living Alone in San Francisco



e0310424_13511118.jpg


独り暮らし、最初はちょっとさみしかったけれど、慣れてくると気楽でいいですね。

好きなことをして、好きなものを食べて、好きな時間に寝て。

それに、時間がこんなにあるなんて、学生時代に戻ったみたい。


It hasn't been too bad to live by myself so far.
I cook and eat whatever I like, and sleep and get up whenever I like.
















e0310424_13512740.jpg


もうすぐ娘のお誕生日なので、プッシーハットを編んでやりました。

ニュージーランドでもプロテストのデモがあるかしら…


I am also amazed how much time I have on my hands.
I knitted this pussy hat for my daughter as her birthday is coming soon.
I hope there will be some protests happening in NZ for her.















e0310424_14073205.jpg


時々お友達と出歩いて、美味しいものを漁っています。

これはラクレット。

スイスのお料理ですってね。

とろとろチーズがポテトと合います。


Sometimes I go out with friends and search for new tastes in San Francisco.
This is raclette, a swiss dish of cheese and potato.















e0310424_14074593.jpg


こちらはマックンチーズ、マカロニ&チーズのこと。

アメリカの子供の大好物ですが、こういう簡単な料理を上手く作るのが難しいんですよね。


Mac n' Cheese. A much fancier version than mine.

















e0310424_14071634.jpg


上の2品のお料理は、このチーズ専門店でいただきました。

お昼ご飯を食べ損なって、午後3時過ぎにウロウロしていたら、ここが開いていたの。

うちの近くにあるお店なのですが、いつも人がいっぱいで、一体何のお店だろうと思いながら素通りしていたのでした。

ちょっと日本にありそうな、こじんまりとしたお店。


I had the above dishes at Mission Cheese on Valencia.















e0310424_14075619.jpg


いろんなチーズがバーの後ろの冷蔵庫に並んでいます。

みなさん、ワインでいっぱいやりながら、お料理を楽しんでおられました。

いいですね、こういうシンプルなテーマのレストラン。


The place is packed during lunch and dinner hours with people enjoy wine and cheese.
I like this kind of simple and focused eatery.
















e0310424_14465926.jpg


こちらは、うちから20歩も歩けばたどり着くカフェで、前に書いた「ジャパニーズ・ミルクブレッド」はここで買っています。


This is Craftsman and Wolves, also on Valencia.















e0310424_14080982.jpg


このマフィン、やけに高いな(7ドル25セント)と思ったら、中に半熟卵が丸ごと入っていて、アシアゴチーズやソーセージも入っています。

お隣の人が食べていたけれど、とても美味しそうでした。

さすがに、写真を撮らせて、とは言えなかった。


This expensive muffin is well worth the price because it is masterfully baked, containing a soft boiled egg, sausage, and asiago cheese.
















e0310424_07102921.jpg



夫から届いた写真です。


The new hut photo arrived from New Zealand.














e0310424_14083770.jpg


無事、乗っかったみたいですね、基礎の上に。

残りの建物も運び終わって、今は内装にかかっているそうです。

ほとんど連絡してこないので、よほど熱中しているみたいです。


It is now set on the foundation.
I hear they are working on the interior now.
Sounds like they are having a great fun.









[PR]

# by BBpinevalley | 2017-02-24 15:40 | アメリカ生活 | Comments(14)
2017年 02月 18日

ノースビーチを歩く/ Walking around North Beach, San Francisco


e0310424_13530054.jpg


ようやく移民局からレターが届き、指定された日にブロードウェイのお役所まで手続きに行ってきました。

手続きは20分ほどで終わったので、近くのノースビーチの方までぶらぶら歩き。


I finally received the letter from the immigration office telling me to appear for fingerprints.
What a relief. This completes my main mission of this stay.
















e0310424_13531367.jpg


この辺りは、昔、夫のオフィスがあったところで、とても懐かしいです。

建築、法律、会計事務所などが多いところで、アンティークや家具のお店も見られます。


The office for fingerprinting was near North Beach, so I took a walk afterwards.
I felt nostalgic as my husband's old office used to be near here.
















e0310424_13545626.jpg


ノースビーチの繁華街の方に向かっていくと、鋭角なコーナーにこんな建物が目立ちます。

アイロンみたいな形をしているので、英語でもフラットアイロン・ビルと呼ばれます。

ニューヨークにも多いですよね。

この建物は、よく見るとサイエントロジーの教会みたいですね。(トム・クルーズが信仰しているアノ宗教です)


There are many flatirons in North Beach.
This handsome one is housing a Church of Scientology.
















e0310424_13542444.jpg


こちらのフラットアイロンは、フランシス・フォード・コッポラの持ち物。


Francis Ford Coppola owns this one.
















e0310424_13543272.jpg


緑青が、なかなかいい感じ。

Beautiful with patina.
















e0310424_13540487.jpg


E Tutto Qua (英語でThat's It)「それだ!」という名前のイタリア料理店。

この辺り、リトルイタリーと呼ばれているイタリア人街とチャイナタウンが隣接しています。


E Tutto Qua = That's It
It's a restaurant.
















e0310424_14554137.jpg




e0310424_14555138.jpg


あっという間に景色が変わるから驚きです。


If you turn a corner, you are thrown into China Town all of a sudden.
















e0310424_14561060.jpg




e0310424_14562186.jpg


娘が小さい頃、ノースビーチのイタリア語学校に金曜日だけ通わせていました。

この近くに家があったこともあり、よく歩いた街です。


Long ago, we used to have a house near here for a while, and we walked around, ate around quite a bit. It is deffinitely one of our favorite parts of San Francisco.
















e0310424_14563963.jpg


有名な「カフェ・トリエステ」


Famous Caffe Trieste.















e0310424_14572082.jpg




e0310424_14563114.jpg


ノースビーチの有名カフェは観光客が多いのですが、トリエステは地元の人が多くて好きでした。


Unlike other famous North Beach Cafes, this one has less tourists and more locals.















e0310424_14564535.jpg


ニューヨークでも中華街とイタリア街は隣接していますよね。

どうしてだろう。


I think Chinese and Italians often live side by side in the US cities. Am I wrong?

















e0310424_13535420.jpg


楽しいお散歩でした〜


It was a fun walk.











[PR]

# by BBpinevalley | 2017-02-18 16:35 | アメリカ生活 | Comments(26)