アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アオテア・オーガニックファーム ( 69 ) タグの人気記事


2016年 02月 12日

ネット不通の間に/ While We were Off Line


e0310424_17580443.jpg


なんと4日間もインターネットが切れていました。

ご近所97世帯が影響を受けたとかで、みなさん大騒ぎ。

電話会社からは何の説明もなく、みんな怒りまくって、他の会社に乗り換える人たちが続出。

我々もその内です。

まったくオンラインから切り離されている間に、いろいろなことがありました。

上の3人は、昨年末からファームを手伝ってくれていましたが、ドイツから来た右端のルーカスは、3ヶ月以上にもわたるステイのあと、ついにファームを去ってしまいました。

左端はフランスから来たジャン・バティスト、真ん中はアラスカから来たマーガレットさんです。


Our internet had been cut off for some unknown reason for 4 days! 97 homes around us were effected by it.
SPARK, the phone company, had never given us the explanation nor the report on repair progress.
We are all fed up with SPARK and many of us decided to move on to another company.
Anyway, while we were off line, many things had happened.
One of our long time wwoofer, Lukus (on the right) left us for his trip around New Zealand.
Now we are left with Jean Batist from France on the left and Margaret from Alaska in the center.


















e0310424_17573093.jpg


このマーガレットさんは、実に素晴らしいガーデナーであり、漁師であり、猟師でもあります。

普段は、アラスカのコディアック沖の孤島に、旦那様と二人で超自給自足生活を送っています。

鹿でも何でもハントしてしまい、料理してしまう凄さ。

ピザなんて、目をつむっていてもできるという感じです。


Margaret is an amazing gardener, as well as a fisher-woman, as well as a master hunter.
She lives on a remote island off Kodiak Island in Alaska in a truly sustainable fashion.
She said she hunted 4 deer right before she left Alaska in November and packed the freezer with the meat for her husband.
She cooks wonderfully.


















e0310424_17584296.jpg


そのマーガレットさん、私たちがアメリカ滞在中に、どうしようもなく生い茂っていた菜園を、すっかりやり変えてしまいました。

ほんと、菜園箱も何もない、ぼうぼうに生い茂った菜園だったのです。


While we were in the States, she totally transformed our hopelessly overgrown caotic vegetable garden into a beautiful bio-intensive garden!


















e0310424_18001650.jpg




e0310424_17590497.jpg




e0310424_17594133.jpg




e0310424_18010138.jpg


世の中にはスーパーな人がいるものですね〜

マーガレットさんは、もともとはイギリス出身なので、プロパーなイギリス訛り。

娘に言わせると、「まるでメリー・ポピンズの再来!」だと。

旅行鞄から何気なくアフリカ像を引っ張り出しそうな感じです、正に。


I suppose a wonder woman really exists after all.
She is originally from England and still has the very proper sounding British accent, so my daughter calls her "Mary Poppins."
She's truly magical.




















e0310424_18061659.jpg


とにかくその働きぶりには目を見張るものがあり、働き虫として有名な夫も脱帽。

ある日、少し休もうではないかと、近くのトレールに3人でピクニックに行きました。

そこで、素敵な滝を発見。


And she works like a bulldozer. Even my husband who's known for his hard work, was left with an open jaw.
One day, just to let her take a break, we took her on a picnic. We found a regional trail on the way, where there was a beautiful waterfall.


















e0310424_18055245.jpg


私のiPhone写真では捉え切れませんでしたが、身も心も洗われるような気持ちの良いスポットでした。


My iPhone photo does not justify the soothing serenity of this hidden spot.


















e0310424_18083681.jpg


滝の裾野にたたずむマーガレットさん。

その彼女も、あと少しで旅立ってしまいます。

淋しいな〜〜

いつか、彼女に会いにアラスカに行ってみたいものです。


Margaret, standing at the bottom of the fall, enjoying the relaxed moment.
She is soon leaving us for Great Barrier to visit her gardener friends there.
We hope, someday, we can visit her in Alaska.









[PR]

by BBpinevalley | 2016-02-12 20:20 | ニュージーランドの生活 | Comments(24)
2016年 01月 13日

にんにく、だ〜い好き/ I Looove Garlic


e0310424_19083479.jpg




e0310424_19092261.jpg


忙しくて放置していたバーン横の菜園に、ニンニクがゆ〜らゆらと花のぼんぼりを揺らせ始めました。

そろそろ収穫時期だということです。


Some of the garlic we planted are getting ready for the harvest at the Barn garden.


















e0310424_19124925.jpg


蜂がうるさいほど飛んでいて、花にとまると、ぼんぼりの奥まで潜り込んで行きます。


So many bees are buzzing around. They love the garlic flowers.


















e0310424_19112966.jpg




e0310424_19122235.jpg




e0310424_19115472.jpg


ニンニクは、傷をつけないように、とても丁寧に掘り起こさなければなりません。

アラスカから来た菜園の専門家、マーガレットさんの説明を聴きながら、娘もお手伝い。


Margaret, who came from Alaska to build our pizza oven, is a master gardener.
She is teaching my daughter how to dig up garlic. Apparently, you have to be very careful not to scar the bulbs.


















e0310424_19134041.jpg




e0310424_19130217.jpg


根っこに付いている子供のニンニクも収穫して、来年の植え付けに使います。


You also search for the baby garlics growing on the roots and carefully harvest those as well. They can be used as seedlings next year.

















e0310424_19140262.jpg




e0310424_19142952.jpg


このうちのほとんどを来年の種芋として使うのですが、少しでも傷が付いていると、うまく育たないのだそうです。

意外と繊細なんですね、ニンニクって。

ニュージーランド産のニンニクは、大ぶりで美味しくて剥きやすい。

これからしばらく干して乾燥させます。楽しみ〜〜


The seedlings have to be totally without scars in order to grow well, Margaret said.
That's why they had to give so much care when they were digging.
We are going to dry them in a cool place for a while.
I can't wait to cook with them!









[PR]

by BBpinevalley | 2016-01-13 20:45 | ニュージーランドの生活 | Comments(22)
2016年 01月 09日

今年もカレンダーをいただきました/ a Lovely Gift from Japan


e0310424_09524033.jpg


今年も、minorinさんが、日本から手作りのカレンダーを送ってくださいました。

minorinさんが教えておられる埼玉県の中学校の支援学級の皆さんが作られた切り絵デザインのカレンダーです。

昨年のに勝っても劣らない素敵なデザイン。

生徒さんたちが丁寧に1枚づつ切り絵してくださったかと思うと、心温まります。

6枚全部が見られるminorinさんのページはこちら:minorin861.exblog.jp 自然や鉄道や切り絵などがテーマの素晴らしいブログです。

minorinさん、ありがとうございました。

この1年を、また毎日をこのカレンダーで追いながら、楽しませていただきます。 


Again this year, Minoring-san sent me the wonderful handmade calendar by his middle school students in Saitama-Prefecture in Japan.
It's the Japanese traditional cutout design with washi-paper for color.
I am so fortunate to have this calendar as my desk companion again this year.
Thank you so much, Minoring-san.
















e0310424_10355498.jpg


ファームのスモモが実りつつあります。

淡い色合いがとても可愛い。


On our farm, plum trees are full of fruits right now.
I love the colors of the fruit on this tree.


















e0310424_10361610.jpg


いろんな種類がありますが、どれも人工的に掛け合わせていない、ニュージーランドのヘリテージ種です。

They are all New Zealand's heritage fruit trees.


















e0310424_10353633.jpg


甘くて美味しい。

しかし、一度に出来すぎて、食べきれません。

何か美味しい保存法や料理法をご存知なら、どうぞ教えてくださいね。


They are all different in sizes, colors and flavor but all very good. Very tasty.
If someone knows how to preserve plums, please let me know.












[PR]

by BBpinevalley | 2016-01-09 12:02 | ニュージーランドの生活 | Comments(20)
2016年 01月 06日

お年始は嵐でスタート/ The Year started Nice n' Stormy


e0310424_10363554.jpg


日本列島は、ほぼ快晴のお正月だったようですね。

こちらは、嵐で始まりました。

荒れた割には雨量が少なかったのですが、まぁ降らないよりはずっとマシ。

なかなか良い一年の始まりでした。


Our New Years started with quite a storm.
Very windy for 3 days but only just enough rain.
Still, it was much better than nothing.
I have to say that it was a very good beginning of the year.

















e0310424_10365095.jpg


今年はエルニーニョの影響で、全体に雨の少ない夏になる予想で、ワイン生産者には厳しい年になりそうです。

私たちも、せっせと干し草を刈って、ドライシーズンに備えています。


The forcast says that we are going to have a very dry summer because of the El Nino.
We are trying to be ready for it by cutting as much silage as possible.

















e0310424_10370940.jpg


この牛さん、目の錯覚で、フェンスのワイヤーの上に乗っかっているように見えるでしょ。

うちの乳牛です。


She is our young milking cow.
Doesn't it look like she's standing on top of the wire fence?


















e0310424_10365959.jpg


池にはハスがたくさん咲いていました。

小さな船を浮かべて、ハス狩りをしたいナ。


We walked to one of the ponds to see the water-lilies.
I wish I could get on a little boat to harvest these lilies.
They are beautiful.

















e0310424_10373181.jpg


門の周りには、野生のアガパンサスが満開です。

前の家もこの時期には、門から家までアガパンサスの花道だったなぁ〜

ちょっとパインバレーが懐かしい。


We have a whole bunch of wild agapanthus coming up around our front gate.
This flower makes me feel reminiscent of PineValley where we had the agapanthus road from the gate to the house.



















e0310424_14342958.jpg




e0310424_14335928.jpg




e0310424_14331996.jpg


ニュージーランドの土壌に合うのですね。

そこらじゅうからニョキニョキです。


New Zealand soil must really suit this flower as they grow in abundance here.


















e0310424_10381067.jpg


ファームのチーズ第一弾は、サンドライトマトのチーズ。

とっても美味しかった。

ミルク次第なんですね、チーズは。


Sharon made this beautiful sundried-tomato cheese with our farm milk.
It was delicious!!



















e0310424_10375454.jpg


しかし、クリスマスからお正月にかけて美味しいものを食べ過ぎた私は、ここのところ簡単ランチ。

これが実は優れものでして、タイ国のラーメンなんですが、スパイシーでトムヤム風味で、なかなかイケル味なのです。

しかもお湯をかけるだけで、なんと激安の50セント(40円くらいかな)。

私は目玉焼きを乗せ、コリアンダーの葉っぱをわんさと入れます。


I have been over eating all those rich food from Christmas to New Year, and now, I go for very simple and quick lunches like this.
Yes, it is instant noodles, but it's really flavorful and I love it.
It's Thai instant noodle with that pungent Thai flavor, which you only pour hot water and don't have to cook.
And it is only 50 cents per package.
I usually put a fried egg and a bunch of coriander greens.



















e0310424_14310403.jpg


家族全員が好きなので、時々エスニックショップにどっさり買い出しに行きますが、おじさんに「お宅には大学生でも多いの?」なんて訊かれた。

「ええ、まぁね」


As my whole family loves this noodle, I buy a bundle when I go to Asian markets.
When you don't have time but don't feel like a peanut-butter sandwich, and need a little spicy kick, this is what you want.












[PR]

by BBpinevalley | 2016-01-06 18:57 | ニュージーランドの生活 | Comments(23)
2016年 01月 01日

明けましておめでとうございます/ Happy New Year!!!


e0310424_08220553.jpg



Wishing you a very happy 2016!










[PR]

by BBpinevalley | 2016-01-01 09:41 | ニュージーランドの生活 | Comments(50)
2015年 12月 26日

2015年のクリスマス/ Christmas Day, 2015


e0310424_15171348.jpg


クリスマスの日、まずはみんなでお散歩。

お天気は今ひとつだけど、このくらいが暑すぎないで丁度いい。


On Christmas day, we first took a walk on the beach.
It was overcast, but I liked it this way because it doesn't get too hot.


















e0310424_15213826.jpg


帰ってきて、庭のみかんの木に、使用後の鳥の巣を発見。

きれいな卵の殻が残ってた。

これは縁起がいい〜


Back in our garden, we found a nest from the springtime in our orange tree.
There was a beautiful robin blue egg shell in it.
Quite auspicious.


















e0310424_15221098.jpg


朝ごはんの後は、お待ちかね、プレゼントを開ける時間です。

ステイシーとレスリーが、今年のハウスゲスト。


After breakfast, we started opening presents.
Our house guests are Stacey and Leslie this year.


















e0310424_15251831.jpg


ママからの優しいメッセージに喜ぶパパさん。

「いつもこうだといいんだけど…」と、何故かボソボソつぶやく彼。


Daddy is happy about his present and the sweet message from Mommy.


















e0310424_15193145.jpg


レスリーが、あり合わせの材料で、リンゴのフランジパニをサッサカサ〜ッと作ります。

さすが、リッツ・カールトンのペストリーシェフを10年も務めただけはあるわね〜

手際の良いことこの上なし。


Leslie started baking a frangipane tart out of scrappy ingredients in my kitchen.
He had been a pastry chef at Ritz Carleton in Beijing for more than 10 years.
This seemed to be literally a piece of cake for him.


















e0310424_15201784.jpg


なんていい香り。

冷めたら、粉砂糖をふりかけるのだそうです。


It smelled wonderful.
After it's cooled off, he will sprinkle some confectioners sugar.

















e0310424_15194884.jpg



余ったドウは、私の新しいキャストアイロンのスキレットに仕込んでしまいました。

小さなアプリコットタルトになります。


Leslie also made an apricot tart in my cast-iron skillet.

















e0310424_15203438.jpg


うちのお嬢も負けじと頑張る。


My daughter is challenging herself to make a ginger bread house.


















e0310424_15205746.jpg


なかなかヤルでしょ、彼女。


Voila! The ginger bread house.


















e0310424_15212118.jpg


こちら、レスリーの。

お家で作って、はるかハミルトンから運んできてくれました。


This is Leslie's version.
He and Stacey made it at their house in Hamilton and drove for more than 2 hours over here.


















e0310424_15190492.jpg


私のお役目は、ラムのロースト。

オーブンに突っ込めば終わりネ。


My job was to make a lamb roast.
So easy.


















e0310424_15290084.jpg


それから、ファームへ向かいました。

ファームでは約25人のお客様。

ファームでのパーティーは楽しすぎて、すっかり写真を撮り忘れました。

アシカラズ〜〜


Then we all went to the farm to celebrate Christmas with 25 other guests.
It was just too much fun to remember to take photos.
Sorry~~~








[PR]

by BBpinevalley | 2015-12-26 18:44 | ニュージーランドの生活 | Comments(12)
2015年 12月 25日

メリークリスマス/ Merry Christmas



e0310424_06380411.jpg


楽しいクリスマスを〜


Have a Very Merry Christmas!









[PR]

by BBpinevalley | 2015-12-25 06:39 | ニュージーランドの生活 | Comments(25)
2015年 12月 01日

波乱の年も、はや12月/ It's December Already



e0310424_17084641.jpg


いや〜、知らない間に、もう12月。

しかし、今年はいろいろありました。

アメリカから急きょ舞い戻っての、いきなりのファーム生活でしたものね。

しかもただのファームじゃない、クレージー・ファーム。


It's December already. Though, we have gone through a lot this year.
It all started from our hasty decision to come back to New Zealand from America.
To dive into biodynamic farming, out of all things in the world.

















e0310424_16262266.jpg


一昨日、先週生まれた乳牛の赤ちゃんが、やっと姿を見せてくれました。

はじめの5日ほどは、お母さんがどこかに隠していたので、お目にかかれなかった。

今もまだお母さん牛が怖いので、遠くからしか拝めません。

ファームに住む子供たちが、赤ちゃん牛の名前を投票で決めることになりました。

娘が希望する名前は「バターミルク」です。


The day before yesterday, I was able to see the newborn milk cow for the first time.
He was born early last week but the Mother cow was hiding him for a while.
3 kids who live on our farm get to enter a vote for the name of the calf.
My daughter entered with, "Buttermilk".

















e0310424_16264481.jpg


あの小さくて可愛かったザックが、こんなに大きくなっちゃったの。

なんだかね〜

でも、逃げちゃう他の羊と違って、走って遊びに来てくれるから嬉しい。


Here is my Zach. He is so grown up now, isn't he?
Still, different from other lambs, Zach and Jimmy come running to greet me.

















e0310424_16270507.jpg


先週はアメリカの感謝祭だったので、夫はファームの七面鳥を二羽「いけにえ」にし、料理しました!

ワイルドだから、お店で買うのより痩せていますが、なんてったってオーガニック、味は良かったです。


This last week was Thanksgiving in the US, so my husband sacrificed 2 of our young turkeys and cooked them.
They were far skinnier than the store bought ones, but quite tasty.


















e0310424_16274036.jpg


その後何日間かは、サンドイッチにしたりスープにしたりして、ターキー三昧でした。

ターキーを食べると眠くなるってご存知でした?

そういう成分が含まれているんですって。

いつもこの時期、我が家はみんなよく寝ます。


As usual, we spent the next few days eating turkey sandwiches and soup.
We had been sleeping a lot as always in any other Thanksgiving, mystifying the New Zealanders around us.


















e0310424_16280603.jpg


ファームの改革はどんどん進み、古いダメな養蜂箱は取り除かれ、新しいカラフルなのが登場。

ファーム中に60箱くらい設置されます。


We are chugging along with the improvement on our farm.
We got rid of all the old bee hives and got new colorful ones.
We are planning to have about 60 of them scattered around our farm.

















e0310424_17065484.jpg


美味しい蜂蜜ができるのが楽しみ〜


Can't wait for the sweet honey~


















e0310424_17121787.jpg


1週間に1度は街へ出て、夫や娘と楽しい「下界」を味わいます。

たまには外食しないとね。

上は、フレンチトーストですが、こちらのはベーコンやハムにまでメープルシロップ(もどき)をかけるので、ちょっとイヤ。


At least once a week, we get out of the farm and go to where "people" live.
I need some breaks from the "green" sometimes.



















e0310424_17075769.jpg

食い倒れの街、サンフランシスコのようにはいきませんが、それでも私たちなりの好みの店なんかが出来てきました。

ニュージーランドの生活も、再び地に着いてきたって感じかな。

今年も、「終わり良ければすべて良し」で、まとめたいものです。


We now have favorite restaurants and cafes here and there.
It makes it more fun because it is just once a week, not 24/7 like in San Francisco.

Anyway, I'm hoping to wrap up this year with a smile, because that means all the straws will turn to gold in the end.









[PR]

by BBpinevalley | 2015-12-01 20:37 | ニュージーランドの生活 | Comments(20)
2015年 11月 23日

ちょっと大袈裟だったかな/ We Feel Refreshed


e0310424_09153611.jpg


ファームの野菜畑に咲いていたお花を切ってきました。

もう昼間は初夏の気温で、あちこち花盛り。


Flowers from the vegetable garden at our farm.
On a sunny day, it feels like summer already outside.


















e0310424_08305084.jpg


前回のアップで「再出発」なんて書いたものだから、ちょっと誤解を招いたかもしれませんが、ファームの仕事は変わりません。

ファームの呼び名が変わったので、新規一新という気持ちです。

これまでホワイトハウスと呼ばれていたスタッフの住居は改造が加えられ、ファームステイのお客様も泊まれるようになります。

でも、あくまでもメインのファーム業は牧畜とオーガニック食品の生産です。

来年完成予定のプロセス・センターでは、ファームで採れた材料で、オーガニックの熟成肉やサラミなどを生産します。


We feel rather refreshed after the name change at our farm.
But the goal is still the same, running the biodynamic farm and producing original organic products using our beef, fruit, honey and herbs.

















e0310424_11374536.jpg

ファームのミルクを使って、チーズも作ることになりました。

大好きなイタリアンスタイルのチーズを何種か作り、ファームステイのお客様の朝食にもお出しする予定。


The other day, our new cheese consultant, Massimiliano visited our farm.
He thinks we can produce our own unique cheese using the macadamia nuts.
Exciting.



















e0310424_09184746.jpg


今年は勉強の年で、色々と可能性を探ってきました。

1年近くかかって、ようやくゴールの焦点が合ってきたとう感じ。

サラミなどの加工肉各種、熟成ビーフ、マカデミア・ナッツ、ハニー、柿、チーズ、ワインが、我がファームの主な生産品となります。


This year was a year of studying for us, but I'm happy that now our goal is better defined.

















e0310424_11372890.jpg


昨日まで、風も強くて雨がちでしたが、この2〜3日は良いお天気だそうなので、草を刈ってサイレージをつくることになりました。

サイレージというのは、干し草のお漬物のようなもので、家畜の餌となります。


As the weather is going to be fine for a few days, we decided to cut the silage in some of our paddocks.


















e0310424_09171624.jpg


草むらの中には可愛いお花がたくさん混じっていて、踏みそうでこわい。

この小さなパンジー、好きだな〜


There are so many flowers blooming everywhere.
I love these little panzies that pop up in our garden.

















e0310424_09182557.jpg


シンバも好きだって。


Simba loves them, too.


















e0310424_09174838.jpg









[PR]

by BBpinevalley | 2015-11-23 11:59 | ニュージーランドの生活 | Comments(14)