アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アメリカ ( 79 ) タグの人気記事


2017年 01月 22日

ウーマンズ・マーチに参加しました/ Women's March in Oakland



e0310424_15323844.jpg


反トランプの抗議デモ、「ウーマンズ・マーチ」に参加してきました。

私のアメリカンファミリーのお母さんを誘って、オークランド(カリフォルニア)でのマーチに行きました。


I attended the Women's March held in Oakland with my friend today.
















e0310424_15342720.jpg


車では駐車できないだろうと思い、電車に乗ったら満員。

いつもガラガラの電車が、まるで東京の通勤列車のようでした。

このあと、バークレーの駅でもっと乗ってきたので、身動きできず、写真も撮れなくなりマシタ。


We took BART from North Berkeley station, which was packed with protesters heading to Oakland.
At Berkeley, more people gushed in and it became like a commuter train in Tokyo.
















e0310424_15350728.jpg


プッシーハットなるピンクの帽子を、たくさんの人たちがかぶっています。


Many people were wearing the knitted pink caps called "Pussy Hat".












e0310424_15340694.jpg




e0310424_15335782.jpg


とにかくすごい人。

音楽あり、ダンスあり、シュプレヒコールありで、大変なエネルギーを感じました。


I felt the amazing energy from everyone there.
It reminded me of the demonstrations from the seventies.
















e0310424_15351871.jpg


オークランドでは8万人、サンフランシスコでは10万人がマーチに参加したそうです。

アメリカ国内だけでも400万人以上の参加者があり、世界中の都市でも多くの参加者がありました。

記録的な数字だそうです。

この調子でレッツゴーだな。


There were 80,000 people in Oakland, and 100,000 people in San Francisco marched peacefully today.
I heard more than 4million people marched around the world.
This is a great start.











[PR]

by BBpinevalley | 2017-01-22 16:43 | アメリカ生活 | Comments(26)
2017年 01月 19日

雨で引きこもり、サンフランシスコの1月/ Rained In, January in San Francisco



e0310424_08564212.jpg


今年のサンフランシスコは雨が多いと聞いていましたが、本当のようです。

昨夜からの雨は、ユダヤ寺院の家の窓をしとしと叩き続け、今日は一日中雨でした。

でも、5年ぶりで干ばつが解消されたのだから、文句は言えません。


It started raining last night and continued on all day today. The rain was not too strong but constant, hitting the skylights and splashing the windows of this old Jewish Temple.
















e0310424_08590881.jpg


今朝、お嬢が作ってくれた朝ごはんは、スフレパンケーキ。

面白いものですね〜、フタをして焼くのね。

その名の通り、ふんわりフカフカ。


Today's breakfast prepared by our dear daughter/chef was Souffle Pancake.
She was whipping the batter a lot and grilled them on a pan with lid. Interesting…














e0310424_08591775.jpg


しばらく経っても沈み込まないで、ふっくらしていました。

なんでも、日本の料理アニメ、「食戟のソーマ」というのに出てきたそうです。

どうも、娘の料理狂いの発端はアニメだったよう。

でも、レシピには自分風な手を加えて、レモン味にしていました。

美味しかった。


It was very light, fluffy and delicious.
It turned out the recipe came from a Japanese anime called "Food Wars".
So, now we know where her cooking frenzy came from.
She added a lemon flavor to the original recipe, which, I thought, was particularly refreshing.















e0310424_08584495.jpg


これは、ホールフーズというオーガニックな人気スーパーで見かけた「もちアイス機」。

もちアイスは15年くらい前からアメリカで人気でしたが、グルテンフリー食品の需要が高まって、さらに人気が上がったんでしょうね。

しかし、あんまり美味しそうな売り方じゃないですよねぇ〜


This is a self-serve "Mochi" fridge I found at a nearby Whole Foods.
They are sticky rice cakes with icecream inside in various flavors, frozen desserts which originated from Japan.
I suppose people with gluten-free diet find these delectable.
To us, Japanese, they are for kids.
















e0310424_09031301.jpg


これは、レトロな掘り出し物。

50年代ものらしきドリップコーヒーのポット。

夫と私の数少ない共通の趣味であるガラクタ市漁りのタマモノです。


A drip-style coffee pot we found in a consignment store.
Shopping for objects is one of a few favorite passtimes we share in life.
















e0310424_09032160.jpg


後ろの絵は、ガラクタではありません。

ヘルシンキの画家、イルキ・リエッキの作品。

色はきれいだけど題材が私にはToo Muchな作品が多く、これはまぁ耐えられるかなという感じなので、飾っています。

あまり詳しく見ないほうがいいけれど…


The painting in the back is not from a consignment store.
It's by Jyrki Riekki of Helsinki, a calmer themed painting for this painter.















e0310424_09040708.jpg


大きくなったゲンです。

旅立つ前、ファームのずっと奥のパドックに居るのを見つけ、「ゲンちゃ〜ん」と叫んだら走ってきてくれた。

忘れないでいてくれて感動しました!

人間でいえば10〜11歳くらいかな、ずいぶん大きくなりました。

でも、額のハートマークもそのままで、今もあの愛くるしい目をしてる。

今日は、ファームも雨だというから、どこかの木の下で雨宿りしているかなぁ…


We heard that it's raining at the farm today as well.
I thought of the farm and remembered seeing Gen after many months just before we left.
When I called out his name finding him in the large back paddock with other cows, he looked up, caught me in the eyes, and came running to me.
I was so happy and touched that he remembered me.
He licked my hand as fluttering his long lashed eyes for a while.
I thought of him on this rainy day in San Francisco.










[PR]

by BBpinevalley | 2017-01-19 12:58 | アメリカ生活 | Comments(24)
2017年 01月 16日

夢だったのかな、夏のファーム生活/ Was It a Dream?



e0310424_12260767.jpg


こんなパンプキンが出来始めたファームをあとにして…


When we left, there were some beautiful pumpkins like these appearing in the back garden at our farm.















e0310424_12261733.jpg


冬枯れのサンフランシスコに3日前から来ています。

今回は、私だけ居残って、ひとり2月の終わりまでここに滞在しなければなりません。

夫と娘は先に帰ってしまうんですよ〜(悲)


We are now in a wintery San Francisco.
It's going to be a long stay for me as I have to sort out my permanent resident status with the government this time.
















e0310424_12264412.jpg


帰った早々、友人のお誕生日を祝って、娘がケーキを作りました。

相変わらず、お料理に燃えてる。

(受験生がこんなことでいいのかと思いますが…)


Soon after our arrival, we celebrated the birthday of my old friend with my daughter's crepe cake.
She is supposed to be studying like crazy for her SAT test, but she seems to prefer baking…
















e0310424_12265318.jpg


抹茶味のクレープケーキです。

ブルーベリーとキウィが挟み込まれています。

毎日の朝ごはんも、彼女が作ってくれるんですヨ。

お母さん、ラクです。


The crepes had a hint of Maccha flavor, and they sandwiched kiwi and blueberries in-between.

My daughter also makes our breakfast every morning.
She is spoiling us.
















オートミールのメープルシロップがけ、目玉焼き、コーヒー
e0310424_12281877.jpg


アメリカは、大統領の就任式が数日後に迫り、人気がさらに低下したトランプを迎える準備で騒然としています。

まだ大統領に成ってもいないのに人気が低下する人も珍しい。


America seems very nervous awaiting the Presidential inauguration in several days.
The President-elect is acting not only unpresidential but like a brat, shockingly, still tweeting nasty massages to whomever he felt offended by.
















シナモンロール、オートミールクッキー、コーヒー
e0310424_12282673.jpg


就任式には通常、音楽界のスターが競演するものなのですが、A級のスターは皆トランプの出演リクエストを拒否。

中には、『ご免だわ』というお断りのメッセージをツイートで済ませたスターも。

ツイート大統領なんだから、それでいいわよね。


There are usually amazing performances from top talents at American Presidential inaugurations but not this time.
Many stars have stood in defiance of Trump and refused to be in his coronation. Some just tweeted back their "Hell, No".















バターではなくてオリーブオイルのポップコーン。これ、美味しそう〜
e0310424_12283469.jpg


つい先日までの夏のニュージーランドのファーム生活が、どう考えても夢だったように感じられます。

やっぱり1月は寒いものだと、体が覚え込んでしまっているのかな。

なんでも買えば済む都会生活…それも体が覚え込んでいるのよね(オソロシ)


Perhaps because we travelled from summer to winter, country to urban, peacefulness to utter chaos, it feels like we were having a pretty dream to remember New Zealand. Now waking up in the Trump-land, it all feels like the worst Kafka plot 'come to life'.










[PR]

by BBpinevalley | 2017-01-16 14:59 | アメリカ生活 | Comments(10)
2017年 01月 01日

明けましておめでとうございます/ Happy New Year!!!


e0310424_08314561.jpg

本年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

K. F.








[PR]

by BBpinevalley | 2017-01-01 08:33 | ニュージーランドの生活
2016年 12月 17日

ニュージーランドの停電/ Blackout in New Zealand



e0310424_12165415.jpg


一昨日の夕食後から昨日の夜明けまで、この辺り一帯にかなり長い停電がありました。

そう、ニュージーランドって、停電するんですよ、たまに。

停電なんて、長いアメリカ生活で経験したのは、サンフランシスコの大地震の時だけだったかも…

とにかく最初は驚きました。

前回のブログに書いた家に移り住んで初めて経験して、家を売ってくれたアメリカ人に驚いた旨を話したら、カラカラと笑われて、あれもニュージーランドの良いところだと言われました。

その家族は停電が大好きなんですって。


We had a pretty long blackout the other day, from around 8:30 in the evening till the following morning.
I had hardly ever experienced blackouts in the US nor Japan except for when I was very little, so I was quite surprised when we got here how often it happens.
When I told this story to my American friend (she is the one who sold Pine Valley to us and we became good friends since), she said that's one of the things she likes in New Zealand.
She said whenever the lights go out, her boys who usually shut themselves up in their own rooms all come out and the whole family would sit around the candles and talk.
It's cozy and wonderrous and nice, she said.
















e0310424_12170938.jpg


普段は自分の部屋に閉じこもってるティーンの子供達もゾロゾロ出てきて、みんなでしんみりとロウソクを囲んで寄り集まるのは、日常生活からの素敵なブレークだと言うの。

そう言われてみるとそうだなぁと、変に私も納得して、いつもロウソクを買い揃えて備えることにしました。

田舎生活での停電というのは、結構不便なものなんですよ。

ポンプも止まるから、水も出ない。

トイレも1回しか流せないし、顔を洗うのも大変。インターネットもダウンだし、何もできないから、結局ロウソクを囲んで集まるしかないわけです。

先夜の私は、ロウソクのゆらゆらする光で本を読んで、そのまま眠りにつきました。


It's quite true when you think about it.
I decided to always prepare a good supply of candles, and just be ready for those opportunities.
Usually the lights come back within a few hours, but this time I had to read under the flickering candle lights in bed to sleep.
















e0310424_12181475.jpg


ロウソクの光の下で見るお互いの顔、部屋の様子、心に刻まれるものがあります。

テレビや冷蔵庫の音が消え、代わりに動物たちの鳴き声が聞こえ、月の光が差し込み、ああ、地球はこの時間こんな風だったのかと気づいたりする。


上の写真は、2年前の今頃、パインバレーの買い手がついて、荷造りの合間にピアノを弾いている誰かさんの様子です。


I like the dark contour of faces and furniture under candle light.
There is no sound of TV or refridgerator, you suddenly notice the animal cries outside and the blueness of the moon light spraying into the room.
We need those moments to remind ourselves how the earth sounds and beams without the invention of Benjamin Franklin .









[PR]

by BBpinevalley | 2016-12-17 14:53 | ニュージーランドの生活 | Comments(12)
2016年 11月 10日

大統領選、これは悪夢?/ Is This a Nightmare, US Election


e0310424_11401498.jpg


昨日の選挙のショックからは、簡単に抜け出せそうにありません。

あんな下品で無教養でハッタリだらけの男がアメリカ大統領になるなんて……まるで悪い夢でも見ているよう。

別にヒラリーファンではなかったけれど、どちらを取るかと言われたら、もうそれは考える余地もないことですよね。

いったいアメリカは、そして世界は、今後どうなっていくのやら…


I am stunned, shocked, and have been totally depressed since last night as so many others have been.

















e0310424_19294931.jpg


大統領くらい、誰がなっても同じだと思うかもしれませんが、いや、大違いなのです。

議会も全部共和党、だからあのオヤジのやりたい放題。

最高裁の欠員も彼が埋めることになり、それは無期限の任命になります。


Who would ever thought…
It's a nightmare in real time.

















e0310424_19300026.jpg


呼ぶと、走ってきてくれたアリシアちゃん。

まだ生まれて1週間ちょっとなのに、しっかりしてる。


The man doesn't even have decency, not to mention humanity, I mean the basic one, the standard one.

















e0310424_19302020.jpg


こちらは、ちょっとお腹の具合の悪いクリス嬢。

3ヶ月半くらいになります。


選挙の結果が出た後すぐに弟から連絡があり、やっぱりニュージーランドに居住権を確保したのは正解だったね、だって。

カナダの移民局サイトは、アメリカ人のアクセスが激しすぎてクラッシュしたそうです。


My brother e-mailed me as soon as the election result came out, saying "You had great foresight in investing in New Zealand. Canada's immigration website appears down due to too many accesses."










[PR]

by BBpinevalley | 2016-11-10 20:38 | World | Comments(30)
2016年 10月 29日

選挙一色、アメリカ/ Election, Election, Election


e0310424_16501609.jpg



4〜5日前からアメリカに帰っていますが、毎日、毎日、明けても暮れても選挙のニュース。

赤と青と星で、目が回りそうです。


It's been a few days since we arrived in San Francisco, but all we hear and see is the news on the coming election. It is so intense here now.

















e0310424_16504447.jpg


しかし、この人にだけは大統領に成ってもらいたくない。

そんなことになったら、アメリカももう終わりでしょう。(世界も危ない)

自分の党からも嫌われる候補者って、歴史的にも彼くらいですからね。


It's hard to avoid them precisely because of this man.
I do not understand how and why a man like this comes this far to the ultimate power in America. What on earth is happening here?


















e0310424_16510354.jpg


例年は、今頃はカボチャとハローウィンの飾り付けで街が賑やかですが、今年はそれほどでもない。ちょっと淋しい感じ。

ハローウィンどころじゃないんですね、きっと。


Normally, around this time of the year, there are festive Holloween displays everywhere, but not so much this year.

















e0310424_16511974.jpg


一応、商品は並んでいますが、デコレーションに気合が入ってない。


Less than 10 days to the voting day, people are just too nervous, understandably. It's scary.

















e0310424_16514504.jpg




e0310424_16520186.jpg


娘に、学校で使うバックパックを買ってやらなきゃいけないんですが、どうも好みがわからない。

この頃の子供の趣味って、掴めないんですよね〜


My daughter is staying in New Zeakland and studying for the year-end exam.
I'd like to get her the much needed backpack, but don't quite know what kind she will like…
I took some photos and sent them to her.
















e0310424_16521224.jpg


夫と私は、最近こんなものがお気に入りです。


This is my favorite thing on this trip so far.
















e0310424_16522487.jpg


『ジャパニーズ・ミルクブレッド』という名前で売られているのですが、要は日本の食パンを真似したみたいなの。

スライスしてトーストすると、ふわふわもちもちで美味しいのです。

家から数十歩も歩けば、このパンを売っている素敵なベーカリー・カフェに到着。

焼きたてを買いに行ける。

都会のど真ん中に住むのは、これだからクセになりますね〜


It is called "Japanese Milk Bread". It's so~~~ good. We can buy this from a bakery-cafe just a few steps down from our house.
This is what I like about the life in San Francisco.
It's scrumptious!











[PR]

by BBpinevalley | 2016-10-29 18:12 | アメリカ生活 | Comments(14)
2016年 07月 20日

サンフランシスコに行くのなら/ If you are going to San Francisco



古い友人が、懐かしい写真をメールしてくれました。

なんと、1976年。

かろうじてまだ10代だった私が写っています。




e0310424_07001745.jpg


バークレーの超左翼の家庭にお世話になっていた私。

お父さんはロサンジェルス出身の日系2世、お母さんはシカゴ出身のホワイトアメリカン。

私と似たような年頃の子供たちが4人いて、友人や隣人が集い、家の中はいつも活気に満ちていました。

まだ英語もろくにわからなかった私にとっては、何がどうなっているのやら見当がついていなくて、今から思えば可笑しい。

バークレーの街にはヒッピーが溢れ、どれが学生で、どれがホームレスか、はたまたどれが教授なのかも見分けがつかなかった。

ドアやボンネットのない車がそこらじゅうを走り、サイケデリックに塗りたくられたワーゲンのキャンパーが荷物を満載していて…

お金がなくなって、何度かヒッチハイクして家に帰ったことも。

今じゃ危なくて考えられません。

とにかく良い時代でした。



「サンフランシスコに行くのなら、髪に花をさしていくといいよ。きっと優しい人たちに会えるよ」という歌詞のスコット・マッケンジーの一曲です。

あの頃の雰囲気、よく出ています。














[PR]

by BBpinevalley | 2016-07-20 07:24 | アメリカ生活 | Comments(22)
2016年 07月 05日

冬から旅立ちました/ Leaving Winter Behind



e0310424_07063871.jpg


先日アップした茶色の仔羊、どうやらお母さんに見放されてしまったみたいで、一人で啼いていたので保護しました。

ウーファーのM子さんに抱かれて、うなだれているのが可哀想だった。


We found the chocolate colored lamb that I photographed the other day, crying by himself in the field.
He was either abondoned by the mother or separated from her when the herd was moved a few days ago.

















e0310424_13122889.jpg


逃げ回ったので、保護するのは大変だったみたいです。

でも、走る元気はあったのね。

よく見ると瞳孔が開いているから、まだ怖がっているんだ。

すぐに温かいミルクを用意しましたが、どうぞ無事に育ってくれますよう。


He was brought into Aotea Barn to live with the wwoofers, first given cow's milk and then it was changed to goat's milk, which he prefers.


















e0310424_07065936.jpg




e0310424_07100150.jpg


ニュージーランドには寒波が襲ってきました。

寒いのはウェリントンだけじゃなかったみたいです。

写真は、3日の朝の庭の霧氷です。

こんなに寒いのは、ここに越してきて初めて。

シェリービーチは、浅い湾が日中の太陽で温められるために、普段は他より気温が高いのですが…


We awoke on July 3rd to a cold and frosty morning, the coldest morning since we moved to Shelly Beach.


















e0310424_07093100.jpg


だからというわけではありませんが、7月はサンフランシスコで過ごすことになり、3日の朝に旅立ちました。

オークランド空港の国際線ウィングに、珍しく外国の飛行機が並んで乗り付けています。

外国の航空会社がオークランドに乗り入れることになったようです。

競争で航空運賃が下がるのは良いけれど、コストカットでサービスも下がるんでしょうねぇ〜


We arrived at the airport and discovered that we were on the inagural flight for United into SFO. The plane was a new
Dreamliner with a perfect interior and typical United service.


















e0310424_07091651.jpg


いつもと違って、この便は早朝にサンフランシスコに着きました。

相変わらず、霧ってる。

見えるのはシリコンバレーのあたりかな〜


This flight arrived to San Francisco very early in the morning.
It was foggy as usual.











[PR]

by BBpinevalley | 2016-07-05 08:58 | 旅行 | Comments(12)
2016年 05月 01日

ティーンのお供、務め終えました/ Mission Completed



e0310424_12210292.jpg


うちは公園に隣接していて、いつも子供達の奇声が聞こえるのが楽しい。

いいものですよね、子供達の元気な声。

子供より犬が多いサンフランシスコとしては、珍しい現象でもあります。


















e0310424_12211348.jpg




e0310424_12222237.jpg


歴史的に、メキシコや中南米諸国からの移民が多かった地区なので、壁画が多いのです。

毎日、観光客が壁画の前に集まってガイドさんの説明に聴き入り、写真を撮っています。

写真上はプールの建物、下は女性のための公民館のような建物です。


















e0310424_12223962.jpg


この地区、もちろんメキシコ料理もとびきり美味しいのです。


















e0310424_12230531.jpg


私の家のあるミッション地区は、人気レストランが密集している場所としても知られています。

今回、美味しいと思ったのはビルマ料理。

バレンシア通りにある「Burma Love」というお店に行きました。

上は、ニンニク風味の米麺。


















e0310424_12231235.jpg


人気なのは、お茶の葉のサラダです。

発酵させたお茶の葉が入っていますが、とても味わい深くて美味しかった。


















e0310424_12232198.jpg


私、おナスが大好物なんですが、おいしかったですね〜、ここのは。

一緒に来たココナッツライスも、ちょっぴり甘くて美味でした。


















e0310424_12233427.jpg


夫に頼まれたものを買いに、キャストロ通りにある金物店へ。

商品が整然と並んでいて、必要なものは何でもあるって感じでした。


















e0310424_12235716.jpg


久しぶりに娘と二人だけでアメリカに帰ってきたので、しっかりお母さんをやらされてしまいました。

ティーンと一緒にいるというのは、こんなに疲れるものだっととは……


















e0310424_12245724.jpg


こんな娘たちを何人も預かっている寮長さんには、まったく頭が下がる思いです。

一体どうやってサバイブしてるんだ。


















e0310424_12250741.jpg


今、空港で放心状態。

フライトまで時間がないので、英語はあとで入れます。










[PR]

by BBpinevalley | 2016-05-01 12:59 | アメリカ生活 | Comments(21)