アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アメリカ ( 79 ) タグの人気記事


2016年 04月 22日

異次元の日常に突入/ Plunged Into SF Routines


e0310424_14030785.jpg


先週末に到着して以来、娘と私はそれぞれ前回に置き去ったカリフォルニアの日常を拾い上げ、何事もなかったかのように続行しています。


After our arrival to San Francisco last weekend, we picked up our lives as we had left it a few months ago, and restarted as if we never had even left.


















e0310424_14032833.jpg


私の方は、眼科に行ったり隣人と立ち話したり、はたまた掃除や洗濯や銀行通い。

娘の方も、宿題にバイオリン、暇さえあればチャットとテキスト、そしてデートやお買い物にも忙しそうです。


I visit doctors offices, banks and stores, then cook and clean and see friends and neighbors.
My daughter does homework and violin practice, have dates and go shopping, then chat and text in-between.


















e0310424_14073613.jpg


人間て、たわいのないものに癒しや慰めを感じるものですね。

たとえば運転していて、通りの名前が「ゲアリー、ポスト、サター、ブッシュ、パイン」と、記憶通りに続くのを見ただけで嬉しくなる。

私の頭の中に収まっているサンフランシスコという街が、何ごともなく「そのまま」だというだけで、ほっとしてマス。(単純)


I feel comfort in the most mundane things here, like street names and the sound of street cars.




















e0310424_14075957.jpg


昔からのお友達に会って、ここ何ヶ月かのニュージーランドの話などしていると、日常では近視眼的になって見えなかった全体像も見えてきます。


Having coffee with friends after a few months and telling them about my life at the farm in New Zealand, I became able to see my life with prospective and not so near-sightedly.


















e0310424_14074987.jpg




e0310424_14080878.jpg


家は繁華街の真ん中にありますから、友人とお茶するのもけっこう便利。

車が停めにくいので、お友達には申し訳ないのですが…


すぐ上の写真のケーキ、おまんじゅうみたいですよね。


Our house in SF is located in such a busy neighborhood that we are able to just step out and walk to cafes to see friends.
This is something I can never do at the farm.


















e0310424_14082935.jpg


今日は、娘のバイオリンのブリッジがすっ飛んでしまって、橋向こうのバークレーまで直しに行かなければなりませんでした。

写真は、ベイブリッジの上からゴールデンゲート・ブリッジを望んだもの。

娘が携帯で撮りました。


Today, my daughter's violin had its bridge put back into place as it had popped out and we had to bring it to Berkeley to get it fixed.
The above photo was taken by my daughter with her phone from Bay Bridge.
You can faintly see the Golden Gate Bridge.


















e0310424_14084471.jpg




e0310424_14090631.jpg


んんん〜〜、ものものしい金庫に入っているバイオリンたち。

きっとお高いんでしょうねぇ。


Expensive looking violins in a volt at Ifshin Violin Maker.


















e0310424_14091606.jpg


帰りにキャンパス近くに行って、いつも通ってた安普請のベジタリアン中華の店に行ってみたら、なんと跡形もなく消えているではありませんか!

代わりに、こんな小洒落たコーヒーショップができていて、もうガッカリ😞

いったい幾つコーヒーショップを作ったら気がすむんだぁって言いたい。


Near the Berkeley campus, I was dumbfounded to find this stylish coffee shop where in place of what used to be my favorite simple vegetarian Chinese eatery.
How many suave and expensive coffee shops do you need!!
















e0310424_14092899.jpg


娘がアイスクリームが食べたいというので、ノースバークレーの手作りアイスの店へ。


My daughter wanted to have some ice-cream, so we came to this homemade ice-cream shop.


















e0310424_14093696.jpg


お母さんたら、「ここはWi-Fiが無いから、ママは隣のスタバに行くからね」なんちゃって、こんなに小さい子供たちを置き去りに。

子供の方もお構いなく、キッズ用の雑誌をめくりながら、読者への質問を読み上げては答えを出し合ってる。

「100万ドル当たったら、何に使いますか?」

「そうね、半分はチャリティーで寄付して、あとの半分で家を買うわ」だって。

さすがバークレーの子供。

娘と二人で目がくるくるしちゃいました。


Their mom said "I'll go to the Starbucks next door cuz they have wifi", and left.
Meantime, kids are going through a kids magazine and reading off some questionnaire.
"What would you buy if you won a million dollars?"
"Oh, I would give half for charity and buy a house with the other half"
Wow, Berkeley kids.











[PR]

by BBpinevalley | 2016-04-22 16:04 | アメリカ生活 | Comments(16)
2016年 03月 05日

コッテージの詳細で〜す/ Cottage Details and More…



e0310424_18221372.jpg


コッテージの宿泊料などの詳細を教えて欲しいというリクエストがあったのですが、ブログにはお値段などを書いてはいけないようです😖

コメント欄でお問い合わせいただければ、お返事しますね。

ファームステイでは、ご希望に応じて、牛や羊の世話の見学、ファーム内の周遊、時期によってはフルーツピッキングが楽しめます。

搾りたてのミルクは毎朝お届けし、卵や季節の野菜も可能な限りお届けしたいと思います。

カイパラ湾での海釣りや乗馬のアレンジ、近くのゴルフ場などのご予約も、もちろんさせていただきマス。

以前のB&Bと違って、体験型のファームステイです。


At Aotea Organic Farm, you can enjoy the farm tour, watching various farm activities like milking and egg collecting, participating fruit picking depending on the season.
We will bring you fresh milk and seasonal vegetables, fruit and eggs as long as they are available.
We can also arrange the fishing trips or horseback riding nearby.


















e0310424_18233564.jpg




e0310424_18220268.jpg


アオテア・オーガニックファームの初めてのお客様は、神奈川県でレストランを経営されているご家族で、ステイを楽しんで頂けたようでした。ホッ😌

ファームのミルクや卵や野菜で早速お料理されていて、さすがだなと思いました。

一緒にお隣へブルーベリー摘みに行ったのですが、たくさん積みすぎたからと、すぐにジャムにして瓶詰めにされたり。


Our very first guests were a family from Japan who own a fusion restaurant in Kanazawa prefecture.
They were cooking away with our fresh eggs, milk and produce.
They even cooked our lamb and made jam with blueberries they picked.
We were so glad that they enjoyed the stay.


















e0310424_18244701.jpg





e0310424_18250445.jpg


ニュージーランドへの移住も考えておられるとのことでした。

ニュージーランドは、英語圏の先進国の中では、最も移住しやすいところかもしれません。

人口も少ないから、門戸が開かれているのでしょう。


They told us that they are considering to immigrate to New Zealand and they came to check out the country this time.

















e0310424_18251723.jpg


移住をお考えの方も、単に遊びに来られる方も、ニュージーにお越しの際はアオテア・オーガニックファームにお泊りくださいね〜

4月末頃には、バーン(母屋)の方のファームステイもオープンになるはずです。

バーンの方は、ファームで働くウーファーたちと一緒なので、お夕食も一緒に作ったりする「濃厚な」体験ステイになる予定(笑)

バーンのビフォー&アフターも、完成の暁には載せますね〜


Whether you want to immigrate or just to visit to have fun, I hope you try our cottage stay. It is only an hour from Auckland.
By the end of April, we are opening The Barn for travelers who wants to share the farm life with Woofers.
I'll up the photos of "before & after" on the Barn when completed.















[PR]

by BBpinevalley | 2016-03-05 20:22 | ニュージーランドの生活 | Comments(10)
2016年 01月 30日

滞在もそろそろ終盤/ Time to Go Soon~


e0310424_15192858.jpg


今回のアメリカ滞在も、もうすぐ終わり。

最後の方にはいつも、「ユダヤ寺院の家」の住人同士で食卓を囲みます。


















e0310424_15193617.jpg


今回は、ドレスメーカーのブレンダおばさんの家でした。


















e0310424_15194646.jpg


ここん家も面白いアートがいっぱい。

あまり人のお家で写真を撮るのも失礼だから、今日はこれだけ。

でも、とっても素敵なインテリアでした。


















e0310424_15242195.jpg


時間は前後しますが、この日の昼間に訪れた「レインボウ・マーケット」です。

サンフランシスコの左寄りでグルメな生活態度がビシビシと感じられるコープ・マーケットで、肉類は売られていません。

オーガニックであるべきものは、ほぼ全てオーガニックです。


















e0310424_15243096.jpg


いつ来ても、珍しいものがある。

なんですかね、これ? アーティチョークの葉にも似ていますが…


















e0310424_15243673.jpg


春も近いのかしら。細めのアスパラ。


















e0310424_15244570.jpg


これはウコンです。英語ではターメリック。


















e0310424_15250985.jpg


スパイスやソース類も品揃えが豊富で、一つ一つ見ているだけでも飽きません。

これはハーブブレンドで、私は真ん中のカレー粉をいつも買って帰ります。


















e0310424_15250388.jpg


こちら、トラッフルオイルとトラッフルソルト各種。

いろんなお料理にとても便利なもの。


















e0310424_15251644.jpg


上の棚にはキムチ各種がずらり。

その下の棚にはサワークラウト(ドイツのキャベツ漬け)数種。

下段にはお豆腐やお味噌もありました。

普通のアメリカ人が、こういうのを買っていくんですよね、実に。


















e0310424_15261795.jpg


甘酒の元? 甘い麹だと書かれています。

サンフランシスコの人たちって、実にいろんなものを食べますね。

ありとあらゆる国の食べ物を、どんどん取り入れてお料理しちゃう。


















e0310424_15252808.jpg


こういう便利なものもある。

ヘーゼルナッツとチョコレートを一緒につぶしてバターにしてくれる機械。


















e0310424_15253414.jpg


娘がトライしたいというので、一ビン買うことに。

ボタンを押すだけだから、とってもカンタン。


















e0310424_16562671.jpg


こちらはお茶のセクション。

自分で好きなだけ袋に入れて、品番号を書き込みます。

もう20年近く、ほとんどのお茶はここで買っています。


















e0310424_15245615.jpg


ソープやキッチンウェアの売り場もとても楽しい。

全部写真が撮れなくて残念。


















e0310424_15254418.jpg


クックブックも選りすぐられたのが揃ってる。

絵本や文具やおもちゃも有ります。

大人も子供も楽しめるので、娘が幼かった時から、ここにはよく一緒に来たものです。


















e0310424_15265507.jpg


もう明日は飛行機に乗って帰る日です。

キッチンでお友達にスカイプする娘。みんなにバイバイ言わなくちゃね〜












[PR]

by BBpinevalley | 2016-01-30 16:59 | アメリカ生活 | Comments(20)
2016年 01月 22日

忘れていた都会の生活/ Fun in the City



e0310424_14170852.png


ニューヨークの元義弟、ジョン・デーヴィスから届いたカーネギーホールでのコンサートの招待状です。

フォーク/ブルースの王者、レッドベリーを祭る集いで、ジョンはピアノを弾きます。

行きたいな〜〜 でも2月の4日には地球の裏側に戻ってる。

その頃にニューヨークに行かれる方、オススメでーす!

このレッドベリーという人、ジョージ・ハリソンをして「レッドベリー無しにはビートルズは在り得なかった」とまで言わしめているんですね。


My ex brother-in-law, John Davis is playing piano at Carnegie Hall to colilaborate with many other musicians celebrating the music of Leadbelly.
It is on February 4th, and you can order the tickets here: http://www.carnegiehall.org/Calendar/2016/2/4/0800/PM/Lead-Belly-Fest/
I'd very much like to go but I will be on the other side of the planet


















e0310424_14175001.jpg




e0310424_14182843.jpg


さて、こちらはサンフランシスコのデーヴィース・ホール。(横に建つのは市庁舎)

ベイエリアの5つのユースオーケストラのコンサートがあり、娘のお友達も何人か参加しているので、行ってみました。


Here in San Francisco, on a rainy afternoon, we went to the Davies Hall for the "Bay Area Youth Orchestra Festival".
My daughter had some friends performing.


















e0310424_14183826.jpg


どのオーケストラも上手くて驚きました。

中でもサンフランシスコのユースオケは、プロも顔負けのタイトさ。

さすがにヨーロッパをツアーするだけあるなと感心。

ジョージ・ルーカスの建てた「ルーク・スカイウォーカー・スタジオ」で練習しているユースオケもあって、アメリカだなぁと思った次第。


I was iimpressed by the high level of these orchestras, especially the San Francisco and Oakland Orchestra.
San Francisco Youth tours Europe every year, and Oakland Youth is planning to tour Cuba this year.


















e0310424_14203786.jpg


先日は、私のアメリカのお母さんを訪ねて、懐かしのバークレーへ行きました。(ベイブリッジを渡ればすぐのところですが)

大好きなバークレーボールというマーケットでのお買い物にお付き合い。

レジ前にわんさかとワインが積まれているのですが、どれもお安いこと。

そう言えば、南イタリアでもテーブルワインはこんな値段だったナァ。


Turning from music to food, I visited my favorite market "Berkeley Bowl" yesterday.
It is the quintessential Berkeley establishment, serving the wide spectrum of foodies with reasonable price and high quality.


















e0310424_14194080.jpg




e0310424_14194711.jpg




e0310424_14200128.jpg


新鮮な野菜や果物がいっぱい。

とにかく、種類の多さに呆れるのです。

りんごだけでも20種類はゆうにありました。


What an amazing variety of vegetables and fruit.
I could count 20 varieties easily of alpples only.


















e0310424_14201121.jpg


その上、なんだか見たことも聞いたこともないような野菜があちこちに。

これは、グアール、またはグヴァール豆といって、ドミニカ共和国から来ているようです。

ちょっとフードマイルが高いですが、いちおう北米産。


Some of the varieties I have never even heard of.
These beans are called Guar or Guvar from Dominican Republic.



















e0310424_07443718.jpg




e0310424_14202347.jpg


すぐ上はゴーヤに似ているような…

ホンドュラスから来た「インディアン苦瓜」だそうです。


These look really similar to the Japanese vegetable called Goya.


















e0310424_14202977.jpg


まぁ、ガルバンゾ豆(ひよこ豆)だわ。

生のはこんな皮を被ってるんですね。


まだまだたくさん奇妙なものがあって、まるで食べ物の博物館のようでしたが、キリがないのでこの辺で〜


Are these Garbanzo Beans?
I suppose they are. I'd never seen them like this.

It is a food museum.











[PR]

by BBpinevalley | 2016-01-22 17:28 | アメリカ生活 | Comments(14)
2015年 10月 30日

12月のピザ・オーブン作り、楽しみ!/ Getting a Pizza Oven in December!



e0310424_08284720.jpg


12月に、アラスカ大学で統計学を教えるマーガレットさんが、うちのファームにピザ・オーブンを作りに来てくださいます。

上の写真は、マーガレットさんが送ってくれた最新の作品。

彼女は、サステイナブルな自然生活を実践する人で、自然な材料を使ったエコなピザ・オーブンの作り方を教えて下さる。

うちのファームの次には、グレート・バリヤー島に飛んで、そこでもピザ・オーブンを作るのだそうです。


Margaret Short who teaches statistics at University of Alaska is visiting us from December and will help us build a pizza oven at the farm.
The above photo is of her latest pizza oven.
She has been a practitioner of sustainable living for many years and is very knowlegeable about farming as well.
After our farm, she flies to Great Barrier Island to build another pizza oven in January.


















e0310424_08290030.jpg




e0310424_08291228.jpg


「アラスカの様子よ〜」と、こんな写真も送られてきた。

コディアック・ベアーと書かれていましたが、グリズリーのことらしいですね。

アラスカの自然、すごい。


She sent along these photos as well, noting "a bit of Kodiak trivia"


















e0310424_08293025.jpg




e0310424_08294486.jpg


うちでは、かわいいリンゴの花が満開になりつつあります。

久しぶりの雨のあと、花や木が嬉しそうに輝いてる。


Here at home, after a day of much awaited rain, apple flowers have started to bloom.


















e0310424_08300301.jpg




e0310424_08301714.jpg


草むらの中に見つけた、とても小さなパンジー。

少しづつ色が違っていて、可愛い。


I found tiny panzies in a grassy area.
They vary in color and are very cute.


















e0310424_08304104.jpg




e0310424_08302939.jpg


シンバは、新しい棲み家の護衛に、走り回っています。

ご苦労なことです。


Simba is busy patolling our house. Very much into his job.


















e0310424_08305494.jpg


一昨日、久しぶりにお友達とランチできて、機関銃のようにおしゃべりしちゃった。

4時間があっという間に過ぎ、最後にはレストランを追い出されました。

上のお魚、タラキヒというのですが、白身でさっぱりしていて美味しかった。

ブロッコリーのマッシュも、なかなかイケました。


I finally met up with my girlfriends whom I have tried to see for a long time, and had a great time talking over lunch the other day.
4 hours zipped passed and we were chased out from the restaurant in the end.
We all had the same dish (frankly, we so wanted to dive into the conversation, it didn't matter what we ate), and it was very good.
Tarakihi was fresh and tasty and the broccolli mush went with it beautifully.











[PR]

by BBpinevalley | 2015-10-30 11:54 | ニュージーランドの生活 | Comments(29)
2015年 10月 13日

ブルーエンジェルスの飛ぶ中、帰途につく/ Heading Back to Auckland



e0310424_12010809.jpg


娘が携帯で撮ってきてくれた写真ですが、空を飛んでいるのは、アメリカ海軍の飛行隊『ブルーエンジェルス』。

写真では平和に飛んでいるように見えますが、実際は、ものすごい爆音です。

マッハで飛んでいるので、音はあとから届き、音を目で追っても、ジェット機たちは既に去ったあと。


The Blue Angeles returned to the skies over San Francisco this year again.
The familiar roaring sounds had been shaking the city all weekend.


















e0310424_18275552.jpg


ゴールデンゲート・ブリッジの上をスタント飛行している写真があったので、ちょっと拝借。

ものすごいスピードで、ハラハラするような飛行技を、毎年見せてくれます。

別に『ブルー』たちが特別好きなわけではないのですが、毎年10月の第二週末にこのイベントがあり、私たちはその爆音の中、せっせと荷造りしてサンフランシスコを出たということが言いたかっただけ。


We started packing for the returning trip for New Zealand as the Blue Angeles began practicing for the show.
I heard there were one million fans came out to see the spectacle on Saturday and caused a great traffic jam.

















e0310424_12014666.jpg


サンフランシスコは、インディアンサマーなのか、エルニーニョの影響なのか、とても暖かくて夏のようでしたが、裏のくるみの木も実を膨らませているから、やっぱり秋は確実に忍び寄っているのね。


San Francisco was quite warm, hot almost during our stay.
Yet I saw the neighbors walnut tree baring its fruit quite big as a sure sign of fall.


















e0310424_12013094.jpg




e0310424_12013925.jpg


途中に日本行きが挟まった今回の旅は忙しく、アメリカではあまりゆっくりできませんでした。

As I had to go to Japan in the middle of this trip, my stay in the US was chopped up into two short ones in both ends with some jet lag.


上は、夫がポートランド(オレゴン州)で買ってきてくれた、フィネックス社のキャストアイロン鍋。
キャストアイロンのロールスロイスみたいなものかもね、お値段的には。

The photos above are of the FINEX castiron pan, the Rolls Royce of cast-iron cookware. My husband broughtit back for me from Portland, Oregon.




















e0310424_12000199.jpg


でも、アメリカは個性の強い国で、少し居るだけでも刺激はアリマス。

サンフランシスコが都会だからというだけでなく、皆さんそれぞれ個性のカタマリという感じなのね〜、アメリカンて。

友人にも、隣人にも、ただ街を歩いている人にもそれを感じます。


Still, I enjoyed the free spirited, easy going American life in my short stay there.
Everyone seems to be such an individual.

















e0310424_12020378.jpg


ご近所に日本のラーメン屋さんができていて(オレンチという名前です)、なかなか美味しかったです。

歩いて行けるので、これは便利!


We met up with our friends family at a neighborhood Ramen shop. This restaurant is a find for us, as being so good and close by.





















e0310424_12005573.jpg


出発の前日は、ナパの友人の家に行き、お庭で一杯やりながらBBQランチ。

カリフォルニアのカラッとした気候、やっぱりいいものです。

温度が高くて日差しが強くても、暑く感じないのは気持ちが良い。


The day before our departure, we went to visit our friends house in Napa for a casual BBQ lunch.
The warm and dry weather was perfect for the patio lunch.

















e0310424_13234934.jpg


そして、これは今日の朝ごはん。

早朝6時前にオークランドに到着し、娘を寄宿舎へ送って行く前に3人で食事しました。

娘は学校に直行どころか、今日からテストなんですって。

いいんですかねぇ、機内では映画を2本も見てましたが……


Then, early this morning, we arrived back in Auckland safely.
We had a quick but nice breakfast near our daughter's school and she went straight to school after that.
This is the final NCEA term for my daughter, which is exams all the way.
I hope she did okay on today's mock science tests…









[PR]

by BBpinevalley | 2015-10-13 17:52 | アメリカ生活 | Comments(10)
2015年 09月 29日

9月末、春休みになりました/ Spring Holiday in September


e0310424_05035640.jpg


エルニーニョのせいで、春から雨が降らないという予報でしたが、今のところ、適度に降ってくれているように思います。

上は、シェリービーチの海岸にお散歩に行った時のもの。


Some said, we cannot expect much rain this Spring because of El Nino, but it is raining all right so far.
The above photo was taken from the quay at Shelly Beach.





















e0310424_05042050.jpg


牧畜や農業は、言うまでもなくお天気次第。

逆に言えば、お天気まかせな訳だから、憂に備える以外はあきらめるしかない商売ですね。


上の写真は、釣りから戻った人がボートをトラクターにつないでいるところ。

このあたりの人は、たいてい皆さん、ボートとトラクターを持っておられますが、作業を眺めながら、「僕も欲しいなぁ」と、夫。


Obviously, agriculture business depends greatly on weather.
Besides preparing for the bad times and hard work, there isn't much we can do about it.
I suppose it is same with fishermen as well.
Watching the local fisherman getting ready to go home, my husband fancied the idea of buying a little boat some day.
















e0310424_05042939.jpg


ニュージーランドは海岸線が長い島国で、人口も少ないため、一人当たりに3メートルくらいの海岸線があるのだとか。

海釣りを覚えるのも悪くないかも…


We walked around the beach and enjoyed the natural beauty of the Kaipara Harbor.
According to my husband's calculation, there are 3 meters of coastline available for each New Zealander.
Most of those are as gorgeous as this harbor.

















e0310424_05463093.jpg


ファームでは二度目のタッギング(耳にタッグをつける作業)があり、今度は牛さんの右耳にタッグがつけられました。

みんな慣れてきて、前回よりも数倍スムーズに運びました。


Back at the farm, there were another cow tagging session last week.
This time we put the tag on their right ear. It went twice as smoothly as the last time as we all got the knack of it.


















e0310424_05051895.jpg


そのニュージーランドを後にし、昨日、カリフォルニアに戻りました。

Then yesterday, we arrived in California for a 2 weeks stay.

















e0310424_10420484.jpg



e0310424_05454173.jpg


シンバとも感動の再会を果たして、家族揃ってめでたく家に戻り、シンバは私たちにまとわりついてます。

彼は、ニュージーランド再入国のための準備がやっと整い、この度、晴れて飛行機に乗れる予定。


We reunited with Simba after nearly 8 months separation.
Simba is almost all done with his required treatments for his re-entry to New Zealand, and we can finally send him back to his native land, New Zealand.

















e0310424_05043770.jpg


着いた途端、ランチはヴァレンシア通りのメキシカン。

飢えていました、この味。


After the arrival, we rushed over to a Mexican lunch on Valencia Street. Something we really missed.

















e0310424_05045952.jpg


バリバリのオーガニックスーパー、ホールフーズ・マーケットでは、ずらりと並ぶ商品に一瞬オロオロ。

田舎生活にどっぷり浸かりすぎて、資本主義経済の頂点のようなアメリカ生活は、旅疲れの脳には刺激が強すぎる感じです。


Then we went to the Whole Foods to get our basic needs.
Coming from the countryside of New Zealand, the choices at this market were a little overwhelming.

















e0310424_05050518.jpg


逆さまの季節から来て、トマトにはしばらくご無沙汰していたから、思わずごっそり買ってしまった。

甘くて美味しい〜

バッファロー・モツァレラとバジルの葉に、ナパのオリーブオイルをたっぷり垂らして食しマシタ。


Coming also from the opposite season, I was so happy to see all these sweet organic tomatoes.
I bought the fragrant basil and buffalo mozzarella along with them to make Caprese.
Yummmm~









[PR]

by BBpinevalley | 2015-09-29 13:00 | 旅行 | Comments(20)
2015年 07月 12日

ティーンのお母さんシテマス/ My Days of Raising a Teenager


e0310424_09125726.jpg


私が愚痴ったからでもないでしょうが、先日、夏には珍しく、霧雨みたいなのが降りました。

夜も、このユダヤ寺院の家のスカイライトに、密やかな雨音がしたんです。

ベッドに横たわって聞きながら、嬉しくてドキドキしちゃった。


It drizzled the other day, which is really unusual at this time of the year here, especially in the severe drought.
It was nice to hear the sound of raindrops on the skylight at night even ever so faintly.

















e0310424_09140591.jpg


今日は、なんとも清々しい晴天の土曜日。

カラッとした微風が、また気持ちがいい。


It's a beautiful day today.
Outside, I can see eveyone's enjoying this great California weather.

















e0310424_09141283.jpg




e0310424_09141760.jpg


そんなに暑くはないけれど、お店に並ぶお花や野菜を見ていると、やっぱり夏だなって思います。

ニュージーランドは、今すごく寒いのだそうで、もうすぐ帰ると思うと、今から身が縮み上がる思い。


It's sunny and dry but not too hot. Just perfect.
My husband told me how cold it is in New Zealand right now. I better enjoy this weather while I can.

















e0310424_09144338.jpg


「遊びに行きたければ、先に練習しなさイッ!!」という母の言葉に、バイオリンに飛びついた娘。


"If you want to go n' hang out with your friends, do your practice first!!", the mother says.


















e0310424_09150677.jpg




e0310424_09151324.jpg


ガンガン飛ばして練習しておりました。

よっぽど遊びに行きたいのね。

もうすぐ、しばらくBFともバイバイだものね。


The daughter jumps to pick up the violin and starts playing in full speed.
You can see how much she wants to go out.

















e0310424_09152635.jpg


娘を送って行った後、お母さんは一人でぶらぶら。

年頃の娘を持つのって、難しいですね。

でも、なんでも心を割って話し合えるのが一番かなと、今回、とっても勉強になりました。


After I gave her a ride to her boyfriend's house, I strolled around town a bit to enjoy the weather.
It is not easy to have a teen daughter but I learnt that the important thing is to have a good communication.
It is touching to see her grow, making small steps each time …









[PR]

by BBpinevalley | 2015-07-12 10:29 | アメリカ生活 | Comments(18)
2015年 07月 08日

雨が一滴も降らないカリフォルニアです/ The Fourth Year of Drought


e0310424_14402966.jpg


カリフォルニアは4年目の干ばつで、何をするにも水を節約しなくてはなりません。

シャワーに浴びるのも、猛スピード。


This is the fourth year of the drought in California and we are now seriously limiting the use of water.
Taking a shower, you feel like an athlete competing against time.
















e0310424_14412634.jpg


夏は全く雨が降らないところですが、それにしても毎日良いお天気。

この冬には雨が期待できるという専門家の意見ですが、どうぞそうあってくれますようにィ〜


It is beautiful everyday.
I really hope there will be big rainfall this winter as meteorologists are predicting.

















e0310424_14404311.jpg


夫はそそくさとニュージーランドに帰ってしまったので、私と娘だけ取り残されてしまいました。

女二人ですることは、最近決まってる。

お買い物です。

私は、ブログの必須道具、iPhone6を買いました。

カメラ機能がさらに良いそうなので。


My husband hurried back to New Zealand the other night and my daughter and I are left by ourselves here.
So, we decided to go on our favorite activity together ; Shopping.
I bought the iPhone 6 because I heard it has an even better camera.


















e0310424_14405001.jpg


シムカードのサイズが前と違うそうで、ニュージーランドに帰ってからでないとセットアップできません。

ザンネン。


But it takes a different size sim card, so I have to wait to set it up till I go visit my phone carrier in New Zealand. Too bad.
















e0310424_14405746.jpg


シンバが居ないと、この家は間が抜けてる。

いつも、私の方を向いていてくれたのに……

淋しいな〜〜

シンバに会える9月が待ち遠しい。


This house looks boring without Simba. It looks so empty.
I am counting the days to September when we can finally see him again.









[PR]

by BBpinevalley | 2015-07-08 15:53 | アメリカ生活 | Comments(22)
2015年 07月 06日

独立記念日の週末/ Independence Day Weekend


e0310424_14411516.jpg



サンフランシスコ地区は、独立記念日の7月4日頃になると、なぜか毎年霧が発生しがちです。

お祝いの花火を見に行っても、霧の中にぼんやりとしていて、寒さに震えて帰ってくるのが常で、もう行きたいとも思わなくなりました。

マーク・トウェーンの有名な言葉、「今までで一番寒かった冬は、サンフランシスコの夏だった」が冗談ではない事を、どの旅行者も思い知るわけです。

昨夜は自宅にいて、周りに響き渡る爆竹や花火の音を聞いて過ごしました。


Always around the time of Independence Day, it gets foggy in the evening in San Francisco.
It is no fun to be shivering in the cold trying to see the almost invisible fireworks, and I've long given up the idea.
Many tourists realize that the famous Mark Twain's line "The coldest winter I have experienced was the summer in San francisco" was not a joke or exaggeration at all.
We spent last night happy at home just listening to the sound of fireworks.

















e0310424_06443880.jpg


ゲイ・マリッジのお祭り騒ぎも終わり、ドロレスパークも普段の状態に戻りました。


The crazy celebration of gay marriage calmed down and Dolores Park has returned to normal.

















e0310424_06445049.jpg


娘と娘のお友達。

ボーイフレンドなのかなぁ…、仲良しです。

お友達のチャイニーズ・レストランで。


My daughter and her boyfriend. Puppy love♡
At our friends Chinese restaurant.

















e0310424_06492374.jpg


あと30分ほどで、いよいよ女子サッカー、日本対アメリカ戦が始まるので、今日はこれで。

ガンバレ、なでしこ!!!


I better go today because there will be the womens soccer final in 30 minutes.
Go Nadeshiko Japan. Beat the US!!!










[PR]

by BBpinevalley | 2015-07-06 07:36 | アメリカ生活 | Comments(16)