アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アメリカ ( 79 ) タグの人気記事


2014年 03月 10日

この頃のあれこれ/ This and That of These Days


e0310424_11152865.jpg


朝もやの中、隣り街のユーレカ・バレーを見下ろした風景です。

サンフランシスコには、52とか53のヒルやハイツと呼ばれる高台があり、従って、バレーも沢山あるのです。

不動産のお値段も人口密度も、ニューヨーク市に次いで高いのだそうです。

This is the misty view of our neighboring Eureka Heights in one of my morning walks.
There are 52 or 53 hills and heights in San Francisco, accordingly there are many valleys in between them.
As you can see, this city is very crowded, recorded the second only to New York in population density and land price.










e0310424_11531222.jpg


気候が良いし、食べ物が美味しい、仕事が見つけ易い・・・そんな理由で集まって来るのでしょうね、人が。

霧やモヤがかかり易く、パステルカラーに塗られた家々が、可愛く浮かび上がります。

The beautiful weather, delicious food, good job market.....these are a few of many reasons people find this city attractive.











e0310424_1263646.jpg


今、歩いていて嬉しいのは、私の大好きなドッグウッドの花が咲いていること。 

ハナミズキと云うのですよね、日本では。

イーストコーストには、もっとたくさん咲いていますが、最近、こちらでも増えて来ました。

Dogwood flowers are in bloom right now. It is one of my favorite.
There are many dogwood trees in the East Coast, but they are getting more popular here as well.











e0310424_12122918.jpg


こちらのお宅の木戸にかかっている、この緑のクローバーの飾り、何だと思いますか?

アイルランドのお祭り、セント・パトリック・デーの飾り付けなんですよ。 休日ではありませんが、毎年、3月17日に祝われます。

アメリカには、昔から、アイルランドの移民が多く、どこの都市でも、賑やかなパレードやパーティーが開かれます。

学校や仕事場にも、アイルランドの国の色である緑を着て行ったり、国のシンボルであるクローバーを装ったりします。

別にアイルランドに関係のない人も、一緒になって騒いでいますね。

Ah, St. Patrick's Day must be near.
There will be lots of greens and happy drinkings in town.











e0310424_1159980.jpg


飛びますが、この写真は、ニュージーランドに行っていた夫君が送ってくれたものです。 なつかし〜。

あちらは、夏の終わりで、そろそろ風が冷たくなって来たと云うこと。

今年は、秋の訪れが早いようですね。

Jumping around, this photo is from New Zealand. My husband sent it to me before he left there a few days ago. I feel nostalgic looking at the produces from my garden.
I heard the wind feels colder there already.











e0310424_14141930.jpg


夫が帰って来る少し前、お隣のカルロおじさんにお呼ばれして、オーストラリアのラムをご馳走になりました。

すごく大きなラムチョップで驚きましたが、その美味しかったことと言ったら!

作り方:
フレンチカットの大きめのラムの塊を、塩こしょうその他の味付けをして、室温で放置してから、200度くらいのオーブンで12分焼く。

そして、オーブンから出したら、そのまま10〜15分くらい置いてから、切り分ける。 

やってみよぉっと。

While my husband was flying back, my daughter and I were invited by our neighbor chef, Carlo, and treated to this beautiful Australian Lamb.
They were much larger than what we are used to seeing in New Zealand, and really tasty.
He said; keep the meat in room temperature before cooking, bake in 400º for 12 minutes, then leave it out 10~15 minutes before slicing.










e0310424_12571346.jpg


その後、夫は無事帰国しまして、この週末はビーチに行って来ました。 太平洋に面した、サンフランシスコのビーチです。

水はまだ冷たいのですよね。 弱虫のシンバは震え上がっていました。

My husband came home safely, and we all went to the beach this weekend.
The water is still quite cold. Too cold for Simba apparently.










e0310424_13192738.jpg


他の犬達は、こんなに元気なのにね〜。

San Francisco dogs seem fine in it, though.










e0310424_13202987.jpg


波が荒いので、ウェットスーツのサーファーもたくさん居ましたが、裸で入ろうとする人も居て、オドロキでした。

でも、海岸を歩くの、気持ちがいいですね。

There are many surfers in wet suits, but this guy was going in without it.

I really enjoyed the walk. It was gray but not so cold and I could feel the spring in the air.



にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2014-03-10 14:01 | アメリカ生活 | Comments(48)
2014年 03月 04日

もう3月なんですね/ Where Did February Go?


e0310424_13314522.jpg


もう3月なんですね、なんて、いかにも気の抜けたタイトルですが、実感です。

2月はどこへ行ったんだろう。

今年は、珍しくオリンピックを観たので、「ソチとともに去りぬ」みたいな感じです。

It's March already. Whatever happened to February? I vaguely remember that I watched Olympic for a few days in February, but that's about it.











e0310424_13424249.jpg


こちらは、相変わらず、降ったり止んだりですが、チューリップも出て来ましたから、いよいよ春です。

アレルギーが出て来ました。

今年は、どうもアレグラが効かないようで、他の薬にしていますが、眠くならない薬はあまり効きませんねー。

It has been raining on and off, but the spring is definitely here. I see tulips coming up everywhere. And my allergy is here, too. Unfortunately, Allegra does not seem to work for me this year.











e0310424_13511964.jpg


あまりひどくなるようなら、また注射をして貰いに行くしかないです。

一本して貰えば、一年間は大丈夫です、私の場合。

ステロイド系かもしれないし、身体に良い訳ないでしょうが、毎日アレルギーのお薬を飲むのもイヤなので。

If it gets too terrible, I may have to go to my doctor to get an allergy shot. It may not be too good for me but perhaps better than taking pills everyday.....










e0310424_1401667.jpg


この2週間ほど、夫君がニュージーランドに行っているので、私はせっせとシンバをお散歩させています。

坂道もガンガン歩いているし、時間もかけているので、良い運動になっています。

怠け者のワタシは、こんなやむを得ない状況にでも遭遇しないと、何も運動しないので、シンバ様々かもしれません。

My husband has been in New Zealand for the past 2 weeks and I have been obliged to walk Simba from morning to night everyday. It has actually been very good exercise for me . It gets me going in the morning and I can sleep better. Thank you, Simba.










e0310424_14113945.jpg


でも、雨の日の夜は、さすがにイヤですよね。

シンバ自身が、雨が大キライなので(アフリカ産の犬だからかしら?)、なかなかオシッコしてくれなくて、困ります。

雨の中でウンチされても困る〜。


上は、前に撮ったフィアットの500ですが、前に停まっているのが昔のオリジナル、後ろのが現代版です。 かなりサイズが違いますよね。

The only time that I dread to walk Simba is when it is raining. Simba hates rain, too, and it is very hard to make him go pee & poo.

The photo above is of old and new FIAT 500. Huge size difference.










e0310424_1426915.jpg


e0310424_14173733.jpg


私の家の周りには、ずいぶんと沢山のミューラル(壁画)が見られます。 あちこちに有るんです。

2番目の写真は、スーラの絵の現代版ですね。 最初、気が付かずに通り過ぎていましたが、お洋服が現代人だし、ドロレスパークの景色です。

There are so many murals in my neighborhood, some of which are fun to look at.











e0310424_1427174.jpg


このトラックで運んでいるものは何でしょう?

What is this truck carrying, do you think?











e0310424_14291525.jpg


道路に、ストップサインを描いているんです。 ステンシルですね。 型を置いて、スプレーペイントを吹きかけています。

They are stencils.
Here the worker is spraying the paint to make a stop sign on the road.










e0310424_14312413.jpg


出来上がり!

どうして描いているかなんて、考えたことも有りませんでした。

All done!
I had never thought about how it's been done till I saw this.











e0310424_2574855.jpg


毎日、お散歩に履いているのは、この靴です。 スケッチャーと云うブランドで、日本にも有ると思います。

この1年ほど愛用しているのですが、とにかく軽くて、ラク!

娘にせがまれて買いに行って、自分がハマってしまったと云う訳で、もう何足も買ってしまった。

おススメです。

These are my favorite shoes at the moment. They are so light and comfortable. They are called Sketchers.
My daughter dragged me to the store one day last year because she wanted their shoes, but I was the one who ended up buying 2 pairs (she didn't) and got hooked.


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2014-03-04 15:27 | アメリカ生活 | Comments(28)
2014年 02月 26日

バナナブレッドのレシピ/ Banana Bread Recipe



e0310424_315238.jpg


昨日まで、とても良いお天気で、日中などはTシャツで過ごせるほどでしたが、今日からまた曇り空です。

写真は、信号で止まった時に、車のフロントガラスから空を見上げて撮りました。

サンフランシスコと言えばケーブルカーですが、市電やバスなどもケーブルでつないで走っているのが多いので、こんな風に電線が入り乱れる交差点がよく見られます。

It has been so beautiful these last few days that you could just roam around in a t-shirt in the daytime, but we are expecting a stormy weather from tomorrow.
This photo was taken from my car when I stopped at a signal and I looked up. There are cables everywhere because of the cable cars, of course, but also trams and electric buses in San Francisco.











e0310424_350981.jpg


今日は、バナナブレッドのレシピをご紹介。

ソチ・オリンピックの取材で、選手達の常備食品としてあげられていたのがバナナ。

安くておいしい健康食品の代表ですよね。 筋肉の伸縮性も良くして、ケガの予防にもなります。

でも、一房買うと、いつまでも居座っていて熟し過ぎてしまうことがありますよね。

その熟したバナナを使って、簡単に作れるのがこのバナナブレッドです。 ブレッドと云うよりはケーキかな。


Ingredients: 材料  (注)アメリカ計量ですので、1カップは約240ミリリットルです。 アメリカのレシピをご利用の際には要注意。

2 eggs     たまご2個

1/2 c. safflower oil     サフラワー油 半カップ (他のサラダ油でもOK)

3/4 c. sugar    お砂糖 3/4カップ

1 tsp. vanilla    バニラエッセンス  小さじ1

3 ripe bananas, mashed    熟したバナナ3本をフォークでつぶしたもの

3/4 c. whole wheat pastry flour   全粒粉 3/4カップ

1/2 c. all-purpose flour   小麦粉  半カップ

1 tsp. baking soda  重曹 小さじ1

1/4 tsp. salt   塩 小さじ1/4

1/2 c. pecans, roughly chopped (walnuts work, too)  ピカンナッツ、またはクルミを乱切りにしたもの 半カップ



Directions: 作り方

① たまご、油、砂糖、バニラをボールに入れ、電気かくはん機で3分間、滑らかになるまで混ぜる。

② バナナを入れて、さらに少し混ぜる。

③ 粉、重曹、塩を混ぜ合わせたものを②に加え、中くらいのスピードで1分間混ぜる。

④ ナッツを入れて、木べらで混ぜ合わせる。

⑤ バターを塗ったローフ型に入れ、170〜180度で50分ほど焼き、串を刺して焼き具合を確かめる。

Combine eggs, oil, sugar and vanilla and beat with an electric mixer on medium speed for 3 minutes, until smooth and creamy
Add mashed bananas and mix well
Add flours, baking soda, salt and mix on medium speed for one minute
Add chopped nuts and combine
Pour into greased loaf pan and bake for ~50 minutes at 350 degrees, until toothpick inserted into center of loaf comes out clean.




e0310424_427146.jpg


とっても簡単で、失敗しようの無いレシピです。

慣れてくれば、材料は他のもので代用することも出来ます。

上は、バナナ2本に熟した柿を加えて、残っていたリンゴとレーズンを入れました。 見た目は変らないわね。

One of the easiest and most useful recipes from my repertoire.
Once you get the hang of it, you can substitute some of the ingredients with whatever you have.
Here I used 2 bananas and 1 very ripe persimmon, some leftover apples and raisins.











パインバレーでは、結婚式が2日続けてあったようです。 その1日目の写真が届きました。

今度は、ネイビーブルーがテーマだったのね。 おめでとうございます!

I just received some photos from the recent weddings at Pine Valley. Congratulations!

e0310424_4452181.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
e0310424_4454122.jpg

[PR]

by BBpinevalley | 2014-02-26 05:11 | アメリカ生活 | Comments(24)
2014年 02月 20日

アメリカの光と影/ The Brights and Darks of America



e0310424_10463391.jpg


いきなりこんな写真でスタートするのも気が引けますが、これは私が毎日目にするシーンでもあります。

寛容な民主党支持者が多く、気候も温暖なサンフランシスコは、確かにホームレスが集まりがちな都市ではありますが、それにしても多いのです、その数が・・・・・

This is not an unusual site in San Francisco, unfortunately. It is one of the most attractive cities for homeless people because of the weather and it's politically progressive and tolerant residents.










e0310424_4282814.jpg


時々話しかけられることも有るから、彼らとはコンタクトもあるんですよね。 特に犬を連れていると、犬好きが多いホームレスには、シンバへの褒め言葉を頂くことが多いです。

中には、かなりインテリジェントな方々も居て、なかなか面白いことを言います。

勿論、ドラッグでメロメロになって、ポリスに連行されてくシーンも日常です。 あ〜あって感じ。

警察も、苦情を受けなければ取り締まらないんですけれどね。

Many homeless people own dogs who are their absolute best friends. Being dog lovers, they often give me praises on Simba how beautiful he is or words of that nature. Some homeless people are quite intelligent.
Of course, there are hopeless druggies whom you see being taken away by the police sometimes. But most of the time, unless there are 'insidents', SF police don't even bother with them.











e0310424_119391.jpg


とにかく、人生の光と影を、まざまざと見せつけられるところです、アメリカと言うのは。

しばらく、ホームレスなんて殆ど居ないニュージーランドで、忘れさせてもらっていました。

You see the distinct contrast of brights and darks in America. It is getting too much lately, I think.










e0310424_4355992.jpg


法を犯さず、国に謀反を翻さなければ何をしても良い国、アメリカ。 やる気の有る者、努力を惜しまない者には、どんどんチャンスが与えられる国。 でも、一旦つまずくと、どこまでも転落して行く・・・・・

I cannot help feeling for their cold nights, loneliness and all that misery whenever I see them .......... Whatever the mistakes they made, the weakness they had, do they amass to that much of punishment, I wonder.











e0310424_10474298.jpg


きれいな町並みを歩いていても、どこかにその緊張感を感じるのがアメリカです。

If you live in America, even when you are in an absolutely beautiful part of the country, you feel a certain tension, a possibility of severity.










e0310424_4442476.jpg


これは、モクレンの一種かしら? ちょうど半年前のニュージーランドのように、今、モクレンが満開です。

Is this a variety of Magnolia? Like exactly half a year ago in New Zealand, Magnolias are in full bloom here now.



にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2014-02-20 10:40 | アメリカ生活 | Comments(36)
2014年 02月 13日

雨の合間に/ Between Rain


e0310424_13193112.jpg


今週末は、また雨だそうですが、少し戻って来た晴れ間を縫って、歩いています。

サンフランシスコのダウンタウンが、ドロレスパークの向こうにきれいに見えます。

I am taking Simba for walks between rain. They say it's going to rain again this weekend.
I could see the downtown San Francisco clearly this day over Dolores Park.










e0310424_1323677.jpg


このドロレスパークの上手には、MUNIと呼ばれる市電が走っています。

住宅と公園の間を、フェンスも無く、走ってきますから、ちょっと危ない感じ。 でも、景色には溶け込んでいますね。

This is a MUNI train running along the top edge of Dolores Park.












e0310424_1658484.jpg


時々、これに乗ってダウンタウンまで行きます。 駐車するのが面倒な時は、とても便利です。

Sometimes I take MUNI to downtown when I don't want to drive and to be bothered with parking. Quite convenient.











e0310424_13375632.jpg


今日の車は、モリスのマイナーです。 1950年頃のスタイルですよね。 素敵!

ワタシ、意外とクルマ好きで、美大に通っていた頃、男子生徒と代わり番こに車の細部デザインを描いては、どの車の何年モデルかを当て合いっこしたりしていました。

その頃、LAの有名美大に、とても優秀な日本人が居て、車のデザイナーに成りそうだと噂されていましたが、なんとフェラーリの主任デザイナーにまで成られたとか。

日本では、有名な方らしいですよね。

Today's car is this one; Morris Minor, '50's model. Beautiful.
When I was in art college, we used to draw certain parts of cars and try to guess which car each of us are drawing. At that time, there was this Japanese boy in one of the art school in LA, who was so famous for being an excellent designer that he was rumored to go into the car industry. Well, he did, and he ended up designing Porsches and Ferraris.
He writes interesting essays now in Japanese which I enjoy a lot.











e0310424_13501147.jpg


サンフランシスコは、アメリカの中でももっとも「美味しい街」と言われ、レストランの数は星ほど有ります。

中でも、うちの近所には、ヒップで話題のレストランが集中していて、カジュアルからフォーマルまで、なんでもござれ。

私たちも、昔、周りのムードに引き込まれて、レストランをやったことが有るのですが、難しいですよね〜、あれは。 二度とやりたくないかな。(レイジーな私向きではありません。)

There are so many restaurants and cafes in our neighborhood. San Francisco has been the kitchen of the US for quite a long time. We had a restaurant some time ago, but boy, what a difficult business that was. I must say that I don't miss it.












e0310424_1444641.jpg


レイジーと言えば、こういう雨の日に、犬を散歩させるのってイヤですね〜。 ウンチの始末はしなくてはいけないし、辛いなー。

今から思えば、広いドッグランに入れて、ファームドッグとして飼っていたニュージーランド時代は、楽でした。

Here is the scene of a dog park one rainy day. This is not an easy job either. Looking back, having Simba stay outside as a farm dog was much easier.












e0310424_16115614.jpg


でも、シンバは、家の中に入れてもらって、とっても幸せそう。

But Simba is happy to join us in the house, which makes us happy.












e0310424_14115660.jpg


話しはアチコチヘ行きますが、今日はサクラメントまで遠出して、新しくなったベイブリッジを渡ってきたので、写真を撮りました。

サンフランシスコは、南から北へ伸びている半島の先端に有るので、内陸(東へ)へ向かうには、このベイブリッジを渡ります。

日本と戦争している間に建造したと言うこのベイブリッジは、全長7.18キロ有る鉄の塊ですが(日本がなべカマまで溶かして弾を作っていた時に、こんなモノ造っていたんですね〜)、もう古くなったので、一部新築されました。

私がニュージーランドに行く前から建設していましたから、ものすごく時間がかかったみたい。

左側に見えるのが古い方で、今解体しています。 新しい橋をドライブしたのは、初めてでした。

Today, we went to Sacramento crossing the new Bay Bridge. The new section of the bridge was finally complete in the end of last year. This is the shot I took on the way back. You can see the old one on the left which they are dismantling piece by piece now.
This was my first time on the new section.



にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2014-02-13 16:09 | アメリカ生活 | Comments(18)
2014年 02月 08日

相変わらずのお散歩三昧/ Thoughts along my Walks



e0310424_3372183.jpg


ここのところ、どんよりと小雨の振る日が続いていますが、それでも近くのデリの入り口には、きれいなお花が並ぶようになりました。

まだ春色とは言えないけれど、色目が増えた感じ。

It's been drizzly and dark for the last few days, but some colorful flowers have started appearing in front of the stores nearby.










e0310424_3431576.jpg


相変わらず、シンバのお散歩に明け暮れていますが、ご近所を知るにはこれが一番ですね。 身体にも良いし。

もう、ウメの花はあちこちで満開。 

ここら辺りのお家は、1870〜80年あたりに建てられたお家が多いようです。 こちらのお家には、1880年とのプレートがはめられて居りました。

I am getting used to the routine of walking with Simba these days. This is the best way to know the neighborhood and is quite healthy.
Plums are in full bloom everywhere.
You can see many houses around here are built around the 1870's to 80's when you look at the plates on them.










e0310424_3485561.jpg


そのお隣のお家のプレートです。 1874年とあります。 明治の初めですね。

私の前夫のイーストコーストの実家など、1774年のプレートが入っていて、時々歴史探訪のグループが見学に来ていました。

ウェストコーストは、その点、新開地であります。

This house has the plate which says 1874. Many Japanese were still wearing Samurai outfits then.
My ex's parents' house in Rhode Island was built in 1774, where they occasionally received historical tour groups. I suppose the West Coast is a "New Frontier" in that sense.










e0310424_3555388.jpg


可愛いヴェスパ。 新旧が並んでいました。 都会では便利ですよね、こういうの。

Cute Vespas, old and new. They are really useful for parking in a crowded city like SF.










e0310424_431635.jpg


こちらも、小さなスペースに駐車するにはもってこいの、フィアット500 (チンクェチェント)。

可愛いですよね〜、なんとも言えないカーブ。 そして色目の良さ。

車もイタリアものはセクシーです。

Here is my favorite, FIAT500. So cute. Beautiful color, too. I am destined to fall in love with anything Italian.










e0310424_410818.jpg


ところで、トレーダー・ジョーズって、ご存知ですか? 日本にも在るのかしら? 

洒落っ気なんて皆無なんですけれど、すごく便利なスーパーで、オーガニックもの、冷凍食品、適度なカットの魚肉、粉/ナッツものなどが充実していて、しかもリーズナブル。

アメリカの都会に住んで居られる方なら、誰でもおっしゃると思いますが、この店なしにはやっていけない!!

写真は、先日トレーダー・ジョーズでみつけた、ミントチョコのケーキミックスです。

Is there a Trader Joe's in Japan? It is one of my absolute favorite shops in America. Nothing fancy, just down right good in the selections and operation. I can't live here without Trader Joe's.
This is my new find, Mint Choc Cake Mix.










e0310424_418359.jpg


ご覧の通り、今日のデザートもイチコロー。

Vois La!











e0310424_4201642.jpg


夫が、シンバの爪が床を傷つけるとウルサイので、ブーツを履かせました。 階下にスタジオを構えているアーティストからのプレゼントです。

「いかが〜?」  (ひどい写真なのにデッカくなっちゃった)

"How do you like my new booties? Daddy worries that my nails scratch the floor too much."


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2014-02-08 06:17 | Comments(24)
2014年 02月 03日

パンケーキのレシピです/ Here is My Favorite Pancake Recipe


e0310424_614891.jpg


今朝ほどから、待望の雨になり(時雨程度ですが)、少し温度が下がったので、暖炉に火を入れました。

天井が高過ぎて、これだけで温めるのは無理ですが、気持ちがとっても暖まります、香りもいいし。

With much anticipated rain this morning, the temperature came down a little bit. We lit a fire for the first time since we have arrived.
The ceiling in this house is too high for the room to get warmed up only by this fire, but I can just feel the warmth and love the scent.










e0310424_6184639.jpg


日本は、ここのところしばらくパンケーキブームだそうですが、私が今一番気に入っているレシピをご紹介します。

アメリカでは、パンケーキと言えばバターミルクを使うのですが、いちいち買って来るのも面倒だし、買っても他に使い道の少ないバターミルクは、どうしても冷蔵庫に居座りがちです。

で、その代わりに、普通のミルクにお酢を入れて代用します。

上は、お酢を入れて2〜3分経ったときのミルク。 これで充分バターミルクの代わりになるんですよ。

I heard that the Japanese are into pancakes these days, but here is my favorite recipe to share.
You use vinegar to substitute buttermilk. It works.










e0310424_631084.jpg


4人分のレシピは以下の通り:

3/4 cup milk ミルク

2 tablespoons white vinegar お酢(単なる蒸留酢がいいです)

1 cup all-purpose flour 小麦粉

2 tablespoons white sugar お砂糖

1 teaspoon baking powder ベーキングパウダー

1/2 teaspoon baking soda ベーキングソーダ

1/2 teaspoon salt お塩

1 egg たまご

2 tablespoons butter, melted 溶かしバター


作り方、Directions

① ミルクとお酢をボールに入れ、5分間置く。
Combine milk with vinegar in a medium bowl and set aside for 5 minutes to "sour".

② 小麦粉、砂糖、ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、塩を、ボウルに入れて混ぜ合わせる。
Combine flour, sugar, baking powder, baking soda, and salt in a large mixing bowl.

③ たまごとバターを混ぜ、サワーミルクと一緒にして、②を加え、ダマが無くなるまで混ぜ合わせる。
Whisk egg and butter into "soured" milk. Pour the flour mixture into the wet ingredients and whisk until lumps are gone.

④ 大きめのプライパンを温め、クッキングスプレーをかけて(私はバターを使いますが)、1/4カップづつの③を流し入れて、気泡が出て来たらフライ返しでひっくり返し、焼き色がついたら出来上がり。
Heat a large skillet over medium heat, and coat with cooking spray. Pour 1/4 cupfuls of batter onto the skillet, and cook until bubbles appear on the surface. Flip with a spatula, and cook until browned on the other side.












e0310424_6565320.jpg


お好みで、バナナやブルーベリーを入れてもいいですね。

ベーキングソーダがなければ、ベーキングパウダーを少し多めに入れれば大丈夫。(ベーキンソーダの方が強いですから、ベーキングパウダーだけなら2さじ入れて下さい)

すごく簡単で、美味しいですよ〜。





e0310424_11532398.jpg


召し上がれ〜〜〜 BUON APPETITO!




にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2014-02-03 07:06 | アメリカ生活
2014年 01月 25日

サンフランシスコでの生活が始まりました/ Starting a New Life in San Francisco


e0310424_3502028.jpg


e0310424_3504945.jpg


毎日、シンバの散歩に明け暮れています。

ニュージーランドでは広いドッグランも有ったし、デッキで寝かせていたファームドッグだったのですが、大した庭も無い都会の家では、家に入れる他ありません。

夫は、床や家具をとても心配していますから、シンバが「お粗相」をしないように、一日に何度も散歩に連れ出しています。

でも、シンバは、ずっと私たちと居られるのが、とても嬉しそう。

We are walking Simba all the time. Now that he is a house dog, he needs to be walked all the time. At least that's what my husband says.
Simba seems quite happy, though, to be able to be with us all the time.











e0310424_0442517.jpg


先週、アメリカに着いたとき、シンバをカーゴ倉庫に迎えに行ったら、私たちと分かるなり、世にも悲痛な鳴き声をあげました。

鳴き続けるシンバを運んで来てくれるカーゴのおじさんも、「長旅だったからね」と同情してくれました。

When we arrived at SF airport last week and went to get Simba at the cargo dock, he let out such an excruciatingly longing cry as soon as he recognized us.
Even the cargo guys were sympathetic for his ordeal.












e0310424_4222019.jpg


出る二日前から預けていたし、初めての飛行機旅で、気の弱いシンバは恐怖の連続だったのだと思います。

Simba had to stay at the Auckland airport pet hotel for 2 nights before our departure due to our busy schedule, then the scary first airplane ride, he must have thought that this may be his end.












e0310424_423294.jpg


お風呂に入れてさっぱり。 これからは家の中に住むのだから、きれいにしてもらわないとネ。

At home, bathed and groomed. Now that he is a fancy city dog, he should stay clean and groomed.












e0310424_4253818.jpg


古巣とは言っても、これからしばらくの生活をセットアップするのは、やっぱり大変。

娘の学校のこと、手続き、車の購入、駐車場の確保、税務署とのやりとり ・・・・・ 都会生活の煩雑さにヨロメイテいます。

Quite a bit to do to restart a life here in the city.
School stuff, car purchase, parking issues ......... a lot to take care of and sort out.












e0310424_4333829.jpg


娘は、1年飛ばしてハイスクールに途中入学できることになりそうですが、それもなんだか心配です。

ティーンドラマに出て来るような、エッ、これが高校生?と言う感じの子がウヨウヨ。

先生もファーストネームで呼び捨てで、フォーマルなニュージーとは大違いです・・・・・ 

私はアメリカの高校には通っていないので、ようワカリマセン。

My daughter may be able to go right into High School, skipping a year. I don't know if it is a good idea but she really wants to do so instead of home schooling till September.
I have never been in high schools in this country, but kids here sure look tough and matured.
Very different from the uniformed, polite, protected girls schools she was in in New Zealand.










e0310424_4512870.jpg


翻訳にも、やっと手をつけ始めました。

1章目の真ん中くらいまで出来た。

Finally, I was able to start the translation as well.












e0310424_4525816.jpg


カリフォルニアはまったく雨の降らない冬で、1月だと言うのに暖房はまったく不要。 夏より良いお天気です。(サンフランシスコの夏は寒いので有名ですが)

もうすぐ、水の使用量に規制がかかるかもしれません。

We have a drought here. It only rained an inch this winter.
We may soon have the water restriction.




にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2014-01-25 05:23 | アメリカ生活 | Comments(32)
2013年 04月 28日

カリフォルニアでの日常/ Our Days in California



e0310424_16204713.jpg


お友達を招いたり、招かれたり・・・典型的なアメリカ生活に浸っている今日この頃です。

写真は、シリコンバレーの奥、ロス・ガトスの森の中に住む友人に、ランチによばれた時のデザート。

Americans love to invite and get invited, which we are doing exactly these days here.
Photographed, the delicious torta di frutta, seaved at our friends get-together lunch.












e0310424_1621215.jpg


友人宅は、カリフォルニアを代表する建築家、メイベックが、1910年頃建てた木造建築です。

一見何気なく見えますが、アメリカ赤杉葺きで、窓からの光が巧妙に計算された、素晴らしい建物です。

Our friends live in the lovely Maybeck house, built around 1910 in the deep forest of Los Gatos.
A very private and beautiful property.











e0310424_16214211.jpg


キッチンと居間が、それぞれ別棟に配置されている変ったデザインで、その間は藤棚の通路になっています。

夏は良いけれど、冬は不便なので、キッチンのある方の棟に籠りがちだと話していました。

The house is divided into 2 buildings with the kitchen in one and the livingroom in another.
It is all right in the summer but not so great in the winter, they said, that they tend to stay in the side with the kichen in winter time.
I don't blame them.













e0310424_1621586.jpg


でも、カリフォルニアのこの時期、良いですね、暑からず寒からずで。

デッキで食事するのが気持ちがいい。

Well, it was absolutely wonderful to have our lunch on the deck in this weather.













e0310424_16235214.jpg


家に帰りまして、これは高兄弟の "Miss Mao" と云う作品。

中国へは入国禁止になっている作品だそうです。

Back to our house; this is a piece called "Miss Mao" by Gao Brothers.
This one is officially prohibited to enter back to China now.













e0310424_16242513.jpg


夫の会社の庭師のおじさんがアレンジした、多肉とサボテンの鉢植え。

こちらもアートですよね。

Our left wing gardener, Chris planted this.
Beautiful.












e0310424_16245132.jpg


私の車はついに売ってしまったので、アメリカでは足が無く、娘も私も仕方なく夫のトラックに便乗。

行きたいところに送ってもらうには、別に行きたくないところへ寄り道させられるのが常。

I don't have a car in the States any more and my husband often drives me and my daughter around.
Consequently, we have to go to many places and wait for him to finish whatever he needs to do before we get to our destination.












e0310424_1631152.jpg


娘は、最近、行く先々にバイオリンを持参して、練習を終えてしまうと云う手を使っています。

かしこい、かしこい。

My daughter now brings her violin with her everywhere and finishes her practice while waiting.
Clever girl.


B&Bパインバレー
http://www.pinevalley.net.nz/

Facebook
http://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2013-04-28 17:49 | アメリカ生活 | Comments(25)