アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ニュージーランド ( 256 ) タグの人気記事


2017年 11月 02日

カラフルなお寿司、👌でした/ "&Sushi" in Auckland


e0310424_07400750.jpg




e0310424_07114893.jpg


先週ですが、娘がオークランドのニューマーケットにあるお寿司屋さんに連れて行ってくれました。

たぶん韓国系のお店だと思いますが、『&Sushi』と言います。

テークアウトとケータリングが中心のようだけど、お店の中でも食べられます。


&Sushi, in New Market in Auckland.
My daughter took me there last week.
















e0310424_07120682.jpg




e0310424_07115627.jpeg


こういうの、日本でもあるのかしら?

韓国には独自に発達した寿司文化があるようで、ニュージーランドではご本家顔負けの成功を収めてマス。

韓国のお寿司が主流って感じ。

とにかく、ニュージーの韓国人人口が多い。

日本人の10倍は居るでしょうね。


Seems like it's a Korean operation.
Koreans have their own Sushi culture, and it's quite big here in New Zealand.
















e0310424_07122905.jpeg


私がいただいたセレクション。


My picks.
















e0310424_07121829.jpeg


お嬢は早速インスタ。


She is busy instagramming.
















e0310424_07123862.jpeg




e0310424_07401699.jpg


店内も明るくてこざっぱり。

2枚目の写真は、お店のサイトから借りました。


Small but simple and comfortable interior.
I heard that they do a lot of catering and takeout business as well.
















e0310424_07402538.jpg


この写真もお店のサイトから借りたのですが、こういうお丼ものもあるようです。

アジアンフュージョンで、美味しいらしい。

次はコレかな。


Above 2 shots are borrowed from the restaurant's website.
They also offer delicious Asian Fusion Danburis to which my gourmet daughter gave thumbs-up.













[PR]

by BBpinevalley | 2017-11-02 08:21 | ニュージーランドの生活 | Comments(30)
2017年 10月 31日

10月の終わり、春らしくありません/ Where is Spring?



e0310424_06124869.jpg


春だというのに、あまり春らしい日がありません。

今日など、風が強くて曇り空…

なんだか寒々しい感じです。



最近、アレルギーがひどいので家にこもりがちでしたが、昨日庭に出てみて、コデマリの花が満開なのにびっくり。

コデマリって、知らない間に咲いて、知らない間に散る?


It hasn't been very spring-like these days. Windy and cloudy with occasional splash.
Yet, I've been suffering from spring hay fever lately, and pretty much grounded at home.
















e0310424_06131115.jpg


今日は、ハローウィンね。

サンフランシスコは大騒ぎでしょうが、ニュージーは全く静か。

最近は、日本の方がハローウィンで盛り上がっているようで…


Today is Holloween, but it doesn't seem to mean much to New Zealanders.
Perhaps Japanese are embracing this strange American custom much more.
















e0310424_06133116.jpg


アメリカ生活では、ハローウィンが来ると、それから雪崩のように年末へと転がっていきます。

ハローウィンの後は感謝祭、その後はクリスマス、新年と、休む暇もない感じ。

でも、忙しくて浮かれてるし、膨大な買い物もするし、何かと言えばパーティーで、一年の幕が閉じる感傷に浸っている暇なんて皆無。


In America, after Holloween, things start picking up speed like avalanche towards the end of year.
Soon after Holloween, there is Thanksgiving, then Christmas, and New Year. There is no time to look back the year and feel sentimental, because you have to book flights, buy gifts, prep for parties, and go to shows & theaters.
















e0310424_06134361.jpg


その点、ニュージーランドにはな〜んにも無くて、ただ毎日がトコトコと同じペースで進む感じ。

日本は、どうだったかな…

このお人形のように、おお寒〜って縮こまる日も近くて、火鉢を出し、炭を注文?

そんなんじゃないんですよね、今は。

ヒーターのスウィッチオンでOK。

いいものですけれどね、火鉢に寄りかかって手を温め、風がガタガタとガラス戸を揺らす音を聞きながら、代わり映えもしない世間話。

このお人形を見ていたら、そんな遠い日の日本の情景が思い浮かびました。


In New Zealand, there are none of those. Yeah, perhaps there are a few get togethers but nothing too special.
There is no Thanksgiving, and Christmas is not as big a deal like in America. Definitely not as commercial.

Looking at my old doll, my thought traveled back to my childhood, when things were simpler and more organic.
I see my grandmother already had her Hibachi out and leaning to it with her hands on the warmth of the coal.
I can hear the old glass windows rattling with wind.
My old house was very cold, when I think back…
Things have much changed since.










[PR]

by BBpinevalley | 2017-10-31 11:05 | ニュージーランドの生活 | Comments(10)
2017年 10月 26日

家、売ります/ House For Sale


e0310424_20221798.jpg


ニュージーランドの選挙では、労働党が勝ち、女性の総理大臣になりました。

で、急に国の方針が変わって、来年早々から、ニュージーランドに家を買えるのは、居住権を持っている人に限られることになるんですって
。(今までは外国人でも簡単に買えたのに)

これまでニュージーランドには外国からの投資がかなり入っていて、経済が潤う理由の一つだったので、先行きが見えなくなったと世界から判断されたのか、ニュージーランドドルが落ち始めています。


As you may know already, the labor party led coalition government was established and we have a female prime minister now.
She is going to make a major change in the land purchase policy by foreigners. Starting next year, no foreigners without residency can purchase real estate in this country. At least, that's the plan.
The inherently volatile NZ dollar reacted downwards to the Labor's victory and the sure-to-come changes.
Some predict it will go down to 50 cents to the dollar.















e0310424_20224414.jpeg


ということは、今から来年の頭にかけて、外国人がニュージーランドに家を買いたがるでしょうね。

だって、滑り込みセーフで、今後希少になる物件を買える上、為替で得をするから安い。

そして、落ち着いたらNZドルは上がるに決まってるから、物件の価値も上がる。

ならば、そんな外国人に、この仮住まいの家を売ってしまおう、と夫が言い出しました。

どなたか要りませんか?


My husband says, there will be a rush of real estate purchases by foreign money.
"Let's not wait and sell our current house now!"

















e0310424_20235949.jpg


カイパラ湾に近く、海や山の幸に恵まれ、気候は穏やか、オークランド市内にも一時間以内、空港にも一時間ちょっとです。

庭にはいろんな果物が一年中生り、全てバイオダイナミックですよォ〜

(夫が宣伝しろというのです。
私のブログに、何万人もの読者がいると勘違いしてる)


It's close enough to Auckland city, the world's eighth best place to live, yet surrounded by gorgeous nature with fruticious abundance of both sea and land.
He told me to advertise the sale on my blog.
Somehow he thinks that I have millions of readers (huge mistake).
















e0310424_20280282.jpg


ファームに建つはずの新居は、建築許可がやっと降りて地ならししたばかり。

まだクイしか建っていないみたいだけど、家を売っちゃったらどこに住むの?


Our new house plan has just received the final permit to build, and there is nothing but flattened land and sticks pounded into the area of the house site.
If, by chance, this house was sold quickly, where are we going to live???

















e0310424_20260540.jpg




e0310424_20261578.jpg




e0310424_20232406.jpg


どうせ来年、年が明けたら売り出す予定でいた仮住まい。

家なんて、そんなにそそくさと売れるはずもないけれど、万が一すぐに売れてしまったら、新居ができるまで買い手から借りるか、ファームのバーンかコッテージに越してしまえばいい、と夫。

そう簡単に言うけどね〜


My man says, "Not to worry. We can move to the barn or cottage at the farm. Or, the new buyer may want to lease the house back to us for a while"
He is forever easy going. Totally upbeat. Does anything discourage or worry this man ever?















e0310424_20283362.jpg




e0310424_20263298.jpg


散々オーバーバジェットしたプロセスセンターは、やっとこの12月に出来上がるんだそうです。

やれやれ。


The immensely over-budget processing plant at the farm is finally getting completed in a month or two, after numerous permits and weather related delays.
















e0310424_20285577.jpeg




e0310424_05580822.jpg


買いたい方は、いつでもご連絡くだサイ。

ブロ友のよしみで、お安くします(ダイコンじゃないんだからッて)


If, by any chance, you or your friends are interested in our current house, let me know.
You'll get a blog discount!












[PR]

by BBpinevalley | 2017-10-26 06:27 | ニュージーランドの生活 | Comments(22)
2017年 10月 24日

夕焼け空に虹/ Rainbow at Sunset


e0310424_18352172.jpg


夕焼け空に大きな虹。


Big rainbow at sunset.
















e0310424_18000983.jpg


みるみるうちに、空の色が変わっていく…


The color of the sky changes every minute.
















e0310424_18002460.jpg


うっすらとダブル。


There is a faint double on the left.
















e0310424_18003746.jpg


これはボケボケ写真。

でも、色が好き。


Totally out of focus.
But I like the color.












[PR]

by BBpinevalley | 2017-10-24 00:01 | ニュージーランドの生活 | Comments(15)
2017年 10月 21日

不眠症と読書癖/ Insomnia and Book Addiction

e0310424_17271921.jpeg


お友達の書いた本を読みました。

もう10年以上会っていないお友達ですが、偶然にもニュージーランドに共通の友人が居て、彼女が貸してくれました。

この本は、ライターの岩瀬幸代さんが、2008年に膠原病と診断されてからの闘病の記録です。

と言っても、トラベルライターらしく、ユーモアや批評を軽快に織り込んで、決して楽ではなかった病気との旅を、実に勇ましく書き綴ったもの。

私は数年前に、膠原病のお子さんをそうとは知らずに預かった経験があり、病気の大枠は理解していましたが、その難病ぶりに改めて驚愕しました。

ステロイドとその副作用との戦い…

アーユールヴェーダの自然で穏やかな治癒を紹介してきた作者が、まさかこんな病気で、薬との七転八倒を繰り広げることになるとは。

二日で読み終えてしまいました。私も一緒に戦った気になって、大勝を収めた気分です。
















e0310424_17273225.jpeg


元来寝つきが悪いワタシ…、更年期でそれがさらに悪化し、今ではかなりの不眠症。

本がなければ眠れない❗️という依存症にもなってるので、とにかく本は必需品。

こちら、また別の友人に借りた本ですが、同じく医療関係の本でした。

第二次大戦の軍医の経験談がオムニバス式に記録されていて、広島、樺太、満州など、軍医の目を通した戦争の悲劇が、切々と語られていました。

昭和ものを読み始めると、戦争は避けられないテーマですから、実にいろいろ読みましたが、軍医の目線にはまたちがったリアリティーがありますね。
















e0310424_17274551.jpeg


そして、こちら、最近足が抜けなくなっている「藤沢周平」ものです。

もうほとんど制覇して読むものがなくなってきているのですが、このシリーズはタッチが軽く、楽しく読めます。

藤沢周平という作家は、お話の設定を、はじめの3行くらいで書ききってしまうから驚きです。

それがまたサラリと、いとも簡単(そう)に、これでもかというイヤ味もなく、品良く収めてしまう。

どういうんですかね。

まさか、自分がチャンバラ小説に凝るとは思っていなかったけれど、最近とっても好きです。ヤメラレナイ〜〜


白状すると、大阪のヤクザのことを書く作家にも凝ってしまって…

次回、紹介します。

これ、最高に面白い。


それに、国際金融小説というのも好きです。

(結局、活字なら何でもいいのか…)











[PR]

by BBpinevalley | 2017-10-21 00:02 | ニュージーランドの生活 | Comments(24)
2017年 10月 18日

紅いパンケーキ/ Dishes We Tried Lately


e0310424_06353179.jpeg


田舎にこもっているとは言え、たまには外食して息抜きしています。

写真は、娘と行ったシティーのベトナム料理店「Sen」

娘の大好きな生春巻き。

ライスペーパーが透き通るように薄くて、美味しかった。


My daughter and I love to eat out.
This is a Vietnam restaurant called "Sen" where we visited about a week ago in the city.
Wrapped in paper thin rice paper, the fresh spring roll was very tasty.















e0310424_06354436.jpeg


アペタイザーにとったミニのフォーも、お出汁が美味で、満足でした。

シェアーしないで、一人づつ注文すればよかった。


We loved their Pho so much, that we regretted we ordered the mini version as appetizer.
We should've at least gotten one for each of us.
















e0310424_06370668.jpeg


ここは、シェイキングビーフで有名らしいですが、ステーキの気分ではなかったのでチキンを。

ガーリック味とスパイスが程ほどで、正解でしたヨ。


They are known for the Shaking Beef apparently, but we didn't feel like red meat that night, so we ordered chicken.
It was excellent with just the right amount of garlic and spices.
















e0310424_06361024.jpg


早い時間に行ったので、ほとんど誰もいませんでしたが、インテリアも素敵でした。

150年ほど経った古い石の建物を改造した二階建てのインテリアで、シンプルながら味がある。

パーティーに貸し出すことも多いそうです。


As it was very early in the evening, we were the only guests in the beginning.
The building is quite old with stone walls and wooden beams, which was very nicely remodeled into a comfortable two story restaurant space.
They said it is rented often for events and parties.
















e0310424_06362473.jpeg


こちら、娘が連れて行ってくれたカフェ "Hello Friends + Allies" の朝食。

学校の近くなんですが、学生に人気があるとか。

これは彼女が注文したメニューですが、健康的な感じ。

手前の白いのはポーチドエッグです。


This is a cafe called "Hello Friends + Allies" which is located near my daughter's school and it's her current favorite.
My daughter ordered a very healthy looking dish.
















e0310424_06364480.jpeg


フルーツとヨーグルト。

実にカラフル。


So colorful.
















e0310424_06365542.jpeg


これは、私が注文したパンケーキなんですが、驚きの色。

金髪みたいなのが載ってて一瞬引きましたが、メープルシュガーの綿菓子だと判明。

半信半疑で食べ始めたものの、美味しかったんです、すごく。

量が多すぎて、全部食べられなかったけど…


Mine was amazing looking. It's a huge pancake with bacon and fruit.
Somehow the pancake was red and there was a bunch of blond hair (?) on it.
No, it was a maple sugar cotton candy.
Despite the look, it tasted more than normal, actually good.















e0310424_07054246.jpg


食べ物の色に驚いて、内装の写真を撮るのを忘れたので、サイトからお借りした写真です。

明るくて、居心地の良いスペースでした。

学生さん、好きそう〜


I forgot to take photos of the interior, so here is the borrowed shot from their website.














e0310424_06371650.jpeg


こちら、女子会のときに食したフレンチトースト。

私、甘いものばかり食べてますね。

自分で作るフレンチトーストが好きなので、私の点数は辛いのですが、これは期待以上ではありました。

もう少し、長くパンを浸してから焼いて欲しかったかな、贅沢言えば。


This is a French Toast I got at a girls breakfast a week ago.
Yes, I do love sweets.
This was a very rich version with mascarpone, creme anglaise and rhubarb sauce, but I liked it.















e0310424_06373118.jpeg




e0310424_06373807.jpeg


晴れたと思ったら曇る、いつものニュージーランドですが、はや泳いでいる子供もいて、びっくりでした。


It's getting wormer little by little everyday, with ast cloud coming and going.
Still, I was a bit surprised to see a few kids swimming in the ocean at Shelly Beach.


















[PR]

by BBpinevalley | 2017-10-18 08:02 | ニュージーランドの生活 | Comments(20)
2017年 10月 15日

バナナ、勉強、アイリスと薔薇/ Scenes from Spring Holiday



e0310424_19131232.jpg


今年もできた見事なバナナ。

バドさんが搾乳場の近くに吊るしました。

その下でちょこんと座るバーンキャットのローリー。


We got gorgeous banana crop this year again.
Bud hung a cluster near the cow shed.
















e0310424_19132166.jpg


娘は、試験前の勉強で大変ですが、黒いマスクをしているのは風邪を引いたからではありません。

爪を噛むクセが治らず、最後の手段でマスクとなった〜


My daughter is studying a lot preparing for the year-end exams.
The reason why she is wearing the mask is not because she's got a cold.
She is trying to undo her habit of biting her nails.
















e0310424_19132919.jpeg


先日、初めて髪を染めてもらったのですが、美容院でも勉強。

さすがにここではマスクなし。

髪を染めたことはパパに内緒ですが、どうやらパパは気づかないようです。


She was studying at the hair salon, too.
It's a secret to her Dad that she had her hair dyed.
Luckily he doesn't seem to notice.
















e0310424_19133650.jpg


お向かいのキャロルさんに、とても綺麗なアイリスをいただきました。

なんかこう、バレリーナが両手を上げて踊っているような…


My neighbor gave me a beautiful iris.
















e0310424_19134337.jpg


その下には、可愛いくて良い香りのピンクのバラ。

生け方が悪くて、一緒に写真が撮れませんでしたァ〜


These fragrant roses, too.
So pretty.












[PR]

by BBpinevalley | 2017-10-15 00:05 | ニュージーランドの生活 | Comments(24)
2017年 10月 12日

レディのお歳、間違えて失礼〜🙇/ Pardon Me, I Got Your Age Wrong


e0310424_19192162.jpg


フィリスの年齢、間違えていました。

ブラシしてやってて、お尻の方の刻印が見えてくると、なんと1997生まれ。

だからまだ二十歳だったわ。

失礼しました、レディーのお年を間違えて、27歳の老馬だなんて言っちゃって。

エライ違いだったわね。


While we were brushing Phillis, we found her birth year tattooed on her backside.
She was born 1997, so is still 20.
Pleae excuse me, Phillis, that I said you're 27.
My big mistake.
















e0310424_19191279.jpeg




e0310424_19190083.jpeg


鞍を付けて、娘と優しいひと時〜


Suddle on and bonding with my daughter…
















e0310424_19184091.jpg


乗りました。
















e0310424_19194382.jpeg


とても素直で乗りやすい馬だそう。


Phillis likes to be ridden. She is a calm and sweet horse.
















e0310424_19195364.jpg


娘も穏やかだから、相性が良さそう。

先生にもそう言われていました。


The teacher praised my daughter for being calm and confident.
They seemed to be a good match.
















e0310424_19200232.jpeg


最後には洗ってあげて、ご褒美のリンゴもあげました。

ご苦労様。

楽しかったよ、フィリス。


After the ride, we sprayed her to cool her off.
Phillis was also rewarded with apples, her favorite food.
Thank you, Phillis. It was a lot of fun.










[PR]

by BBpinevalley | 2017-10-12 00:01 | ニュージーランドの生活 | Comments(20)
2017年 10月 09日

指輪とカズオ・イシグロ/ Anello Boom and Kazuo Ishiguro



e0310424_19332886.jpg


先日、イタリアンフェスティバルで、マルチェッラから買った指輪です。

ハンドモデルは、うちのお嬢。

お母さんの手も昔は綺麗だったんですけれどね〜

歳はとりたくないものだ。















e0310424_19333855.jpg


緑の石はジルコニアだと思います。

普段は、あまり大きなリングなどしないのですが、カーブが綺麗で、石がキラキラして、見ていると欲しくなって買ってしまいました。
















e0310424_19343832.jpg


そういえば、カズオ・イシグロさん、ノーベル文学賞を取られましたね。

私の大好きな作家さんです。

ずっと昔、バークレーでお会いしたことがあります。

最初に有名になった "Remains of the Day" という本にサインしていただいて、日本語で話しかけたら、

「あなたのおっしゃることは分かるのですが、英語でお答えしていいですか? 日本語を話すのが苦手です。4歳の時にイギリスに連れて行かれたものですから…」と、恥ずかしそうにおっしゃったのが印象的でした。


上の写真は、夫が作ったミニ洗面所です。

洗面器の部分は、お菓子を作る時などに使う銅のボールです。

バーンの各部屋に設置しました。









[PR]

by BBpinevalley | 2017-10-09 00:01 | ニュージーランドの生活 | Comments(32)
2017年 10月 06日

マジ、疲れました〜/ I'm Exhausted



e0310424_17201926.jpg


雨の日、ファームにも行けないから、気になっていた銀食器磨きをやりました。

すごく疲れる作業ですよね、これ。

くたびれました。

こういうの、イギリスの貴族ドラマなら、白いエプロンのメイドさんが、地階のキッチンでせっせとやる仕事ですよね。


On a rainy day, I decided to polish our tarnished silverware. It started out okay and I was even enjoying the process and the sparkly results, but soon the excitement wore out. It is just too repetitious and boring.
I started imagining myself being a white aproned maid in a British "Upstairs, Downstairs" type of drama.
















e0310424_17202884.jpg


いや、綺麗になった。気持ちがいい。

でも、これは三分の一の量です。全部終えるのに、ずいぶん時間がかかってしまいました。

アメリカの家では、モダンなステンレスのものを使っていますが、あれが正解ですね、現代生活には。


It sure was satisfying to see them shiny but it was exhausting. They just kept coming out from my drawers.
















e0310424_04570820.jpg


この日は、バドさんがファームのミルクを5リッター近くも持ってきてくれたので、再度、モツァレラチーズ作りに挑戦。

今度はめでたく成功しました。

しかし、これも骨の折れる作業だった〜


In the afternoon, I challenged mozzarella making again as Bud had given me nearly 5 litres of milk.
I succeeded this time.
But this was also a lot of work.















e0310424_17205233.jpg


5リッターものミルクには、かなりのクリームが浮いていたので、それでバターを作りました。

これがまた疲れる仕事。

洗い物も大変。

最後には、写真を撮る元気もなく、バターの写真はありません。

この日の教訓:① メイドさんも居ないのに、銀食器を使うのは止めよう。 ② モツァレラチーズは、お店で買おう。


I also made butter from the cream-top of the milk. Another hard labor.
As in cheese making, it was quite messy and produced a huge amount of dishes.
I was so tired that I didn't even think about taking photos of the butter.
Certain things are better to buy, I think.









[PR]

by BBpinevalley | 2017-10-06 00:01 | ニュージーランドの生活 | Comments(22)