タグ:ローデシアン・リッジバック ( 11 ) タグの人気記事


2017年 03月 16日

シンバ、エリザベスカラーをつけるの巻/ Simba's Wearing an E-Collar



e0310424_14375067.jpg


完全に逆光ですが、シンバの顔のシルエットがおかしくて、修正しませんでした(修正不可能?)

傷が治り始めて痒いのか、舐め始めたので、獣医さんに連れ戻してエリザベスカラーを着けてもらいました。

図体が大きいので、まるで傘のよう。


Who do you think this is?
It was totally against the sun, but I thought it's funny.
Simba started licking his wound, so I had to put an Elizabeth collar on him.















e0310424_14380287.jpg


そこらじゅうにぶつかって、ご本人はイライラ。

あるよねー、何もかもうまくいかない時って。


As he bumped into virtually everything with it, he wasn't very happy.















e0310424_14381504.jpg


かわいそうなので、家の中に入れてやりました。

少し明るい表情に。


I felt sorry and took him inside. He seemed much happier staying by my side.















e0310424_14524795.jpg


家に差し込む日差しが、なんだか秋めいてきました。


夫は、昨日から春のサンフランシスコへ。

トランプ政権は何をやってもダメ状態になってきたので、夫は上機嫌でニュースを伝えてきます。

トランプ、自滅って感じですね。

ザマーミロって言いたい。


I feel autumn all of a sudden in the light coming through the windows.
The temperature in the morning and night dropped quite a bit, too.
My husband is now in SF and already totally immersed in the US politics.
He sounded quite happy about all the troubles Trump's facing now.
I just dream about the day that I don't have to hear the name, Trump.











[PR]

by BBpinevalley | 2017-03-16 16:16 | ニュージーランドの生活 | Comments(14)
2017年 03月 14日

シンバ、縫われるの巻/ Simba Got Stitches


e0310424_19302941.jpg


シンバちゃん、マイナーですが手術を受けました。

痛々しいでしょ。

ホクロみたいなのができていて、大きくなってきたので取ってもらうことにしたのです。


Simba got stitches.
It was a little mole but was getting bigger. So we asked the vet to take it off.

















e0310424_19304194.jpg


そんなに痛いわけじゃないと思うのですが、シンバはただでさえ情けなそうな顔をしているので、余計かわいそうになります。


I don't think it was hurting much but he looked kind of miserable. Maybe I was just reflecting my reaction to the wound.
















e0310424_19311375.jpg


それに、獣医さんに「太り過ぎ」と言われてしまいました。

絶対に5キロは減量しなくちゃダメと。

踏んだり蹴ったりのシンバでした。


The vet said that Simba is 5 kilos overweight.
Now he has to go on a diet.
Poor Simba… Must have been one of the worst day for him.









[PR]

by BBpinevalley | 2017-03-14 19:49 | ニュージーランドの生活 | Comments(34)
2016年 06月 22日

水ぽたのイイ男/ He is a Looker



e0310424_16500630.jpg


庭のイチョウの落ち葉が綺麗だから写真を撮っていたら、いきなりシンバが現れてポーズ。


When I was about to take a photo of the beautiful fallen Ginkgo leaves, Simba appeared and struck a majestic pose right in front of me.

















e0310424_16501915.jpg


「水も滴る、とはオレのこと」と言わんばかり。

この8月に8歳になりますから、いいオジさんのはずですが、人間ほどにはシワが目立たなくてイイですねぇ〜


He is almost 8 years old but still looking pretty hot.

















e0310424_17004084.jpg


今日は、降ったり止んだりのお天気になってきました。

膨らみかけたこぶしの蕾も雨に濡れています。


Kobushi Magnolia buds are already opening in my garden.


















e0310424_17063094.jpg


スミレも発見。

こちらも冬至を過ぎましたから、これから日が長くなっていくはず。

でも、冬はこれから、という感じです。


I love these wild violets.

















e0310424_17065067.jpg


裏のパドックでヤケに可愛い鳴き声がするなと思って見てみると、なんと、子羊を発見!!

(遠くからの写真を引き伸ばしたので、ちょっとボケボケですが。)


I thought I heard some high picthed cries in our back paddock last night, and sure enough, I found a couple of newborn lambs threre today.


















e0310424_17065966.jpg


きゃっ、茶色い子もいる。

これから出産ブームが始まるみたいです〜


Here is a brown one.
They flee if I approach, so I had to shoot the photo from far.
There will be a baby boom on our paddock soon.










[PR]

by BBpinevalley | 2016-06-22 19:23 | ニュージーランドの生活 | Comments(20)
2016年 05月 29日

お犬様/ Our Royal Highness


e0310424_07183413.jpg


娘に洗ってもらったシンバ、デッキでリラックスです。

犬のスパかと思いますよね。

お犬様です。


Our Royal Highness is sunbathing after his bath.


















e0310424_07191079.jpg




e0310424_07185236.jpg


でも、よく見ると、割と情けなそうな顔をしています。

シンバはお風呂が大嫌い。

つながれて、石鹸まみれになり、シャワーを浴びせかけられている間じゅう、下を向いて縮こまっています。

やっと終わってタオルに包まれ、「あ〜、ひどい目にあった」てなところでしょうか。


He actually hates baths.
The whole time he is getting soaped and showered, he cowers in the corner.
Now all finished, you can see the mixture of misery and relief in his expression.


















e0310424_07193202.jpg


そのシンバを連れて、先日、シェリービーチの埠頭のところまでお散歩に行きました。

相変わらず、晴れたり曇ったり、急に降り出したりのお天気です。


A few days ago, I took the still smelly Simba to the wharf on Shelly Beach.


















e0310424_07201700.jpg

シェリービーチのマオリ名は「アオテア」。

白い雲という意味。

シンバが引っ張るので、携帯写真がぶれる〜


The Maori name of Shelly Beach is "Aotea" meaning "White Cloud".


















e0310424_07203329.jpg


海岸にはマングローブが生い茂っている場所もあり、面白い風景です。


Mangroves are growing all around the Kaipara Harbour.


















e0310424_07204473.jpg


マングローブの林の間から湾を眺めたところ。

嵐の後で、水が濁っていますね。


The bay view between the mangrove forests.

















e0310424_07210718.jpg


帰り道、海岸近くの古い家に、こんな可愛い寄せ植えを発見。

船の名前は「釣りキチ」

写真を撮っていたら、シンバがそこの犬に吠え始めたので、早々に退散しました。


A cute plant bed.
A good use of the loved and now retired fishing vessel.
As I was trying to take the photo, Simba started barking at the dog of the house, so I had to run.










[PR]

by BBpinevalley | 2016-05-29 08:06 | ニュージーランドの生活 | Comments(22)
2015年 10月 26日

再会を果たしました!/ We are Finally Reunited



e0310424_18231144.jpg


シンバ、ついにニュージーランドに戻り、私たちと再会できました!


We are finally reunited in New Zealand!

















e0310424_18233215.jpg


オークランド空港近くの検疫所へ迎えに行き、サンフランシスコの空港施設に預けてから2週間ぶりに会うことができました。

いろんなところに預けられたり、怖い飛行機に乗ったりで、シンバは不安の連続だったのだと思う。

もう、ちぎれそうなくらいシッポを振っていました。


We went to pick Simba up at the quarantine facility near Auckland airport around 3 this afternoon.
It's been exactly 2 weeks since we dropped him off at San Francisco airport.
He must have been confused and scared, staying at strange places and flying long hours.
He was wagging his tail so hard that I feard it may come off.



















e0310424_04544549.jpg


シンバを積んでニュージーランド - サンフランシスコ間を往復した木枠クレートを、トラックに運び入れました。


Simba's wooden crate successfully housed him and made the round trip between Auckland and San Francisco.


















e0310424_18241116.jpg




e0310424_18243092.jpg


シンバは、車に乗っても興奮気味。

私たちに頭を擦り付けてきます。

生まれ故郷のニュージーランドに帰ってきたんだって、分かってるのかなぁ。


Even after he got in the truck, Simba was still excited and rubbed his head onto us constantly.


















e0310424_18245699.jpg


うちに着いてからは、庭を駆け回り、とっても元気。

仮住まい、気に入ったみたいです。

やっぱり空気とか匂いとか、動物には分かるのかもしれないわね、帰ってきたって。


We all got home after more than an hour trip. Simba immediately started checking his new place, running around the yard.
He seemed to like this temp house.
He may know that he came back to his native country.
Animals have their own way of knowing things by sensing the air, smell and sound.





















e0310424_18261241.jpg


うちの子たちです。


Our kids.


















e0310424_18264746.jpg


これで、やっと三人と一匹の生活に戻れる。

嬉しい嬉しい一日でした。


Today was a very happy day for all of us.










[PR]

by BBpinevalley | 2015-10-26 19:58 | ニュージーランドの生活 | Comments(34)
2015年 09月 29日

9月末、春休みになりました/ Spring Holiday in September


e0310424_05035640.jpg


エルニーニョのせいで、春から雨が降らないという予報でしたが、今のところ、適度に降ってくれているように思います。

上は、シェリービーチの海岸にお散歩に行った時のもの。


Some said, we cannot expect much rain this Spring because of El Nino, but it is raining all right so far.
The above photo was taken from the quay at Shelly Beach.





















e0310424_05042050.jpg


牧畜や農業は、言うまでもなくお天気次第。

逆に言えば、お天気まかせな訳だから、憂に備える以外はあきらめるしかない商売ですね。


上の写真は、釣りから戻った人がボートをトラクターにつないでいるところ。

このあたりの人は、たいてい皆さん、ボートとトラクターを持っておられますが、作業を眺めながら、「僕も欲しいなぁ」と、夫。


Obviously, agriculture business depends greatly on weather.
Besides preparing for the bad times and hard work, there isn't much we can do about it.
I suppose it is same with fishermen as well.
Watching the local fisherman getting ready to go home, my husband fancied the idea of buying a little boat some day.
















e0310424_05042939.jpg


ニュージーランドは海岸線が長い島国で、人口も少ないため、一人当たりに3メートルくらいの海岸線があるのだとか。

海釣りを覚えるのも悪くないかも…


We walked around the beach and enjoyed the natural beauty of the Kaipara Harbor.
According to my husband's calculation, there are 3 meters of coastline available for each New Zealander.
Most of those are as gorgeous as this harbor.

















e0310424_05463093.jpg


ファームでは二度目のタッギング(耳にタッグをつける作業)があり、今度は牛さんの右耳にタッグがつけられました。

みんな慣れてきて、前回よりも数倍スムーズに運びました。


Back at the farm, there were another cow tagging session last week.
This time we put the tag on their right ear. It went twice as smoothly as the last time as we all got the knack of it.


















e0310424_05051895.jpg


そのニュージーランドを後にし、昨日、カリフォルニアに戻りました。

Then yesterday, we arrived in California for a 2 weeks stay.

















e0310424_10420484.jpg



e0310424_05454173.jpg


シンバとも感動の再会を果たして、家族揃ってめでたく家に戻り、シンバは私たちにまとわりついてます。

彼は、ニュージーランド再入国のための準備がやっと整い、この度、晴れて飛行機に乗れる予定。


We reunited with Simba after nearly 8 months separation.
Simba is almost all done with his required treatments for his re-entry to New Zealand, and we can finally send him back to his native land, New Zealand.

















e0310424_05043770.jpg


着いた途端、ランチはヴァレンシア通りのメキシカン。

飢えていました、この味。


After the arrival, we rushed over to a Mexican lunch on Valencia Street. Something we really missed.

















e0310424_05045952.jpg


バリバリのオーガニックスーパー、ホールフーズ・マーケットでは、ずらりと並ぶ商品に一瞬オロオロ。

田舎生活にどっぷり浸かりすぎて、資本主義経済の頂点のようなアメリカ生活は、旅疲れの脳には刺激が強すぎる感じです。


Then we went to the Whole Foods to get our basic needs.
Coming from the countryside of New Zealand, the choices at this market were a little overwhelming.

















e0310424_05050518.jpg


逆さまの季節から来て、トマトにはしばらくご無沙汰していたから、思わずごっそり買ってしまった。

甘くて美味しい〜

バッファロー・モツァレラとバジルの葉に、ナパのオリーブオイルをたっぷり垂らして食しマシタ。


Coming also from the opposite season, I was so happy to see all these sweet organic tomatoes.
I bought the fragrant basil and buffalo mozzarella along with them to make Caprese.
Yummmm~









[PR]

by BBpinevalley | 2015-09-29 13:00 | 旅行 | Comments(20)
2014年 11月 26日

年末恒例のクラクラが始まりました/ End of Year Dizziness Has Now Started

e0310424_10001067.jpg



娘は、この大窓の下で毎晩眠っていたのですが、サンフランシスコは地震のあるところだし、危険だなと思って別の部屋に移しました。

本人は、ここが気に入っていたようですが……

しかし、ずいぶんと冬らしい光が差し込んでくるようになりました。

My daughter used to sleep right under this stainedglass window every night. But the Napa quake made us realize that it may not be such a good idea, and she was promptly moved to another location, though she was sort of fond of sleeping there.
The light coming through this window wearing a wintery tinge more and more as the days get shorter.










e0310424_04545578.jpg

シンバは太陽の光が大好きなので、窓から射す陽を追って、寝場所を移動します。

Simba loves sunbathing and he follows the sun as he finds his spot.










e0310424_04550151.jpg

でも、それよりももっと好きなのは?……言わずと知れたこと。

どうです、この真剣な眼差し。

But of course, there is something he loves more.
Look at his dead earnest stare.











e0310424_04550880.jpg

学校から戻った娘は、これを見るなり「ぎゃっ、気持ち悪い!」と叫び、怖い夢を見るからよそへやって欲しいと言いました。

さすが子供。知性よりも感性が勝っている。

どうもこれは、亡くなった子供を偲んで描かせたものらしくて、要は、水子供養のような絵のようです。

18世紀の中頃のもの。

My daughter, when she came back from school, screamed immediately as she looked at this painting. She said she hates it so much that she will have a nightmare.
She seems to have sensed the feelings embedded in this work, as it was most likely painted for the remembrance of a deceased baby some two hundred years ago.










e0310424_04551647.jpg

感謝祭の七面鳥を注文しましょうと、ホール・フーズ・マーケットに行ったら、駐車場からの入り口にもうクリスマスツリーがドドーンと並んでいるの。

モミの良い香りに急襲されて、クラクラしたくらい。

またクリスマスの季節なんですねェ〜、たったこないだクリスマスの記事をアップをしたような気がするんですが……

そう思うともっとクラクラして、ふらついた足取りで階段を上がりました。

I was greeted by rows of Christmas trees at the entrance from the parking garage of Whole Foods Market.
The scent was so strong (perhaps they were organic) as to have whirled my head a little. As I was walking up the stairs realizing an entire year had passed since the last Christmas, I felt even dizzier.










e0310424_04552175.jpg

買い物を終えた帰りに駐車場で目に付いたのはこれ。

電気自動車の充電て、なんだかコンピューターにチャージしているみたいですね、青いランプなんかついちゃって。

もう何回かクリスマスを過ごした頃には、行き先をインプットすれば、あとは景色を見ながら乗っていればいいような車が、ここでチャージされてるのかな。

世の中、どんどん進んで行きますね。クラクラ〜

After the shopping, what caught my eyes at the parking lot was this electric car. It looked just like a computer getting charged, with that blue light at the port. If I spend a few more Christmases, I may see some smart looking self-driving cars getting charged here.
More dizziness seems to be on its way……







[PR]

by BBpinevalley | 2014-11-26 07:59 | アメリカ生活 | Comments(12)
2014年 07月 19日

癖になります、iPhone投稿/ So Easy, iPhone Blogging

e0310424_02250907.jpg


携帯からの投稿は、ホントに簡単ですね。癖になりそう。

シンバは、大興奮で私たちを迎えてくれました。

預けた先でとても大事にされて居て、ひょっとしたら私たちよりもたくさん遊んでもらって居たから、もう帰りたがらないかと思ったんですが^_^






e0310424_02345581.jpg


大した時差ぼけもなく、私も夫もすぐに仕事に突入。

娘も、毎日のルティーンに戻って、🎻に、宿題にと励んでいます。

ますます、パインバレーの冬が夢だったように感じられます。暖炉に火をくべて居たなんてねー

昨日は、ファーマーズマーケットの日だったので、お決まりのローストチキンを買って、上の黄色い円盤ズッキーニを食しました。

蒸して、潰して、オリーブオイルを垂らし、塩胡椒すると美味しいんですよ。

普通のズッキーニでもいいかも。オイルはバターでもOK

ではまた。
[PR]

by BBpinevalley | 2014-07-19 02:19 | アメリカ生活 | Comments(18)
2014年 06月 16日

人生は短し/ Life is Short


e0310424_1612184.jpg


この頃お気に入りの海沿いのドッグパークに、野性のベリーが実をつけていました。

まだ色づいていないブラックベリーなのかしら。

ちょっと違うような気もするし・・・・・

I found some wild berries at Stern Grove's dog park. I was not sure if they are yet to mature black berries, or something else.










e0310424_17403285.jpg


シンバは、痛み止めが効いて、お陰さまでかなり元気になりました。

パインバレーの時のように、全速力で走り回るというのではありませんが、お薬を飲む前よりはずっとマシ。

精神的なものもあるのでしょうか・・・・・・ 意外と繊細なのかもね。

Simba came back to life after taking the pain killer for 10 days. He is not quite as active as when he had been at Pine Valley, but much better than a few weeks ago. He used to run like a mad dog once in a while in New Zealand, but I have never seen him do so here..... Perhaps, it's all mental. Maybe he misses New Zealand too much.











e0310424_1614498.jpg


しかし、もう6月も半ばなんですね。 2014年も半分すぎようとしている・・・・・

月並みですけれど、本当に月日の経つのが早くて、気持ちばかりが焦ります。

これはもう、年を取っている証拠で、自分の人生が残り少なくなって来たのを、身を以て感じているからですよね。

Tired of saying this but "it's already June!" Half of the year has almost passed.
It's been a while since I started feeling left behind by the speed of time passing. In theory, I am part of the "time", but it sure feels like detached from myself.











e0310424_16145713.jpg


何でもふんだんに有る時には、惜しげもなく使うけれども、残り少なくなって来ると、どうにも心細くて、残りの数ばかり数えてしまうようなもの。

要は感じ方の問題だと思って、子供の頃のように時間を長〜く感じるにはどうしたら良いかしら、などといろいろ工夫してみたりしました。

When you have abundance, you think nothing of spending it, but when things are running out, you get nervous and start counting. I'm sure that is all. Nonetheless, I have tried all kind of tricks so that I can feel the slowing of time.










e0310424_17412752.jpg


いくら工夫してみても、気がつくと、時間の発つスピードには衰えがないのですね、実に。

逆に速くなっているくらい。

ところが、先日、ついにピンと来たんです!

No use what's so ever. Time even goes faster than ever. But, suddenly, the other day, I had an explanation.










e0310424_16153313.jpg


なんてことはない。 人生なんて、実際、とっても短いんだ、って気がついた訳です。

人間が地球上に現れて200万年。

私が80歳まで生きられたとしても、そんなの人類の歴史の長さに比べれば、微々たるものですよね。

この200万年という時間の長さが、急にド〜ンと理解できたのです。

平安時代の人たちなんて、そう遠い昔の人たちではないのよね、よく考えてみると。

どうしても、西暦紀元でモノを考えてしまう癖がついていて、イケマセン。

少しでも洒落っ気のある衣服をまとっている人たちは、みんな現代人だと思わなくてはね。

Our lives are short. It's not me who feels that way for some dysfunctional reason, but our lives are, in fact, extremely short.
Humans appeared on the earth some 2 million years ago. My life of, possibly, 80 years is nothing compared to the enormity of that time span. Absolutely nothing. Mere moments. All the sudden, the sheer length of 2 million years dawned on me.
It is a bad habit we have of looking at history through Christian years. Romans are not the most ancient people. Lucy is.










e0310424_16155047.jpg


子供はバカだから、頭の中に白紙の部分が多くて、時間を長く感じられるだけで、私が感じている時間がホントなのよ、きっと。

(上の写真ふたつは、ダウンタウンに現れた「クレム・ブルレー」の屋台と、そこで娘に買ってあげたクレム・ブルレーです。)

Kids have emptier heads, that's why they can feel the time goes slower, but I am feeling the time AS IS.
(the above 2 photos are of Creme Brulee vendor in downtown and the dessert. It was good.)










e0310424_1747824.jpg


時間をなんとか引き延ばさなくては、と焦るだけでもストレスになるので、この発見で、ずいぶんラクになりました。

焦っても仕方のないことですものね。 焦らない方向で納得しなくちゃね。

I felt much better. Al least I don't have to chase the time any more. I'll just let it happen. So what if time flies.










e0310424_1617293.jpg


ティーンに突入したとは言え、まだまだ母と過ごす時間の長い娘ですが、彼女との時間をゆっくりと味わうのも、時間を長〜く感じるひとつの手です。

彼女は、空手をやりたいと言い出しまして、ジャパンタウンの道場に見学に行きました。

Plus, I do have some times when I can feel the time goes pretty nice and slow. My daughter entered into teen years but I still spend a lot of time with her, and some of those times are exceptional if I can manage to see things through her eyes.
My daughter is getting interested in learning Karate, so we went to visit the class.










e0310424_16172559.jpg


なかなか厳しそうなクラスでしたが、娘はやる気満々。

バイオリンを弾く手に影響がなければ良いと思いますが・・・・・

She is all excited to start learning. I hope it is not too harsh on her violin fingers.










e0310424_16174126.jpg


シンバを遊ばせて、公園で過ごす時間も、ゆったりまったり流れる時間のひとつです。

そんな時に、ボーッと植物を見やるのですが、またまた謎の植物ハッケンです。

何でしょう、こんな実を付けて、ナスの花のようで、キョウチクトウの葉のような植物は?

The time with Simba flows nice and mellow, too. It gives me the opportunity to study the vegetation on the road and around the park.
Here is another mysterious plant with green tomato-like fruit, eggplant-like flower and Oleander-like leaves. Anyone knows what this is?










e0310424_1618187.jpg


e0310424_16181836.jpg


弟が、仕事先のラオスのルアン・プラバンから送ってくれた写真です。

ユネスコの世界遺産に指定されているそうで、まだ観光や開発の手にそれほど荒らされていない処女地だとのこと。

一度、NHKの特集で観て、行ってみたいなぁと思っていましたが、弟は絶賛していました。

また、弟夫婦と一緒に家族旅行をしてみたいものだなぁと思います。

My brother who travels around the world in his business sent me these photos from Laos.
It is Luang Prabang, UNESCO's world heritage town, rich with Lao Buddhist temples and traditions.
I always wanted to visit there ever since I saw a program on it. Perhaps we should plan another family trip together with my brother and his wife. That would be wonderful, a slow trip to Laos.


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2014-06-16 17:24 | アメリカ生活 | Comments(43)
2014年 06月 01日

もうすぐ夏休み/ Summer Holiday is Around the Corner


e0310424_1125162.jpg


前回、ご存じない方が多かった「ブラシの木」のクロスアップです。

このまま、キッチンでボトルブラシとして使えそうですね。 今、サンフランシスコでは花盛りです。

This is the close-up shot of the Gray Bottlebrush tree which received so many comments on my last blog. They do look like a bottlebrush, don't they? They are in full bloom right now.











e0310424_11281883.jpg


ニュージーランドに行っていた2週間半、シンバはドッグシッターに預けていたのですが、そこで可愛がられ過ぎたみたいで、太ってしまいました。

今、せっせと歩いていますが、本人は歩いたくらいでは痩せないですね。こっちが痩せてしまいそう。


写真は、お散歩の途中で見つけた花ですが、変っていますよね。 初めて見る花です。

While we were in New Zealand for a few weeks, Simba was staying with a very nice dog-sitter who we found online, but he came home with 6 pounds added to his mass. We put him on diet, but it is not working well because he does not exercise enough.

The above photo is a mysterious plant I found on my walk with Simba. Does anyone knows the name?












e0310424_1128387.jpg


これは、ポピー、ケシの花かな。 朝のお散歩の時見つけたのですが、開いたばかりという感じで、きれいだなぁ〜って思いました。

This is a poppy, isn't it? It looked like it just popped open.












e0310424_1129537.jpg


花屋さんでは、豪華なシャクヤクがたくさん出回っています。 バラにも劣らない華やかさですねー。

I see many peonies in flower shops now. They are as grand and gorgeous as roses.












e0310424_11293669.jpg


シンバを連れているので、全体像が上手く撮れなくてザンネンですが、花で木全体が紫色になっているジャカランダ。

目が覚めるようです。

I could not take a better photo because Simba was pulling me, but these Jacaranda trees are in full bloom right now in San Francisco. The flowers are so abundant on the tree that they dye the tree and the whole area around in purple.












e0310424_17254763.jpg




娘の新しいバイオリンの先生は、大変な論理派で、娘の弾き方を大解体して、今、再構築中です。

こうしないと難しい曲は弾けないそうで、なるほどねェ〜と、分からないワタシまで感心してしまいます。

この世界も、奥が深そう。

My daughter finally got a new violin teacher who is an amazing theorist. He is reconstructing her posture and fingerings altogether so that she can play harder more complicated pieces.












e0310424_1131389.jpg


先生に言われて、マエストロと言われるバイオリニストの指使いを、娘と一緒にYouTubeで観ているのですが、YouTubeって、本当に便利なものですね。

すっかりハマってしまって、私は横道にそれまくりで、グレン・グールドの古いフィルムなどを観て、楽しみました。

こんなことしていたら、一日くらい、すぐにつぶしてしまいそう。

The violin teacher assigned my daughter to watch several maestro's fingerings on You Tube which is very useful. You can find on You Tube such rare videos of old masters performances and watch as many as you wish. I can spend days on You Tube moving from one amazing video to another.












e0310424_11312424.jpg


シンバは、時々歩きたがらないときがあって、まだ六歳にも成らないのに「神経痛」かしらと、心配しています。

海辺のドッグパークに連れて行って放してやっても、私達の側を離れないんですよね。

心配・・・・・

I am worried about Simba because he sometimes does not want to walk or run. He may be developing some kind of arthritis even at his young age of 6. When we took him to this seaside dog park last week, he kept close to us and did not run like other dogs.












e0310424_11315930.jpg


純血種の犬は、比較的弱いと言いますし、一度、獣医さんに見せた方が言いかもね〜。

Pure breds tend to develop more problems than mixed dogs or mutts. I may have to bring Simba to the vets if he does not improve.












e0310424_355779.jpg


シンバは、ローデシアン・リッジバックという犬種で、20世紀の初めに、当時のローデシア(今のジンバブエ)で、ライオン狩り用に混ぜ合わされた犬です。

リッジバックとは背中の毛の峰のことで、これがはっきりしている犬ほど珍重されます。

Rhodesian Ridgebacks were bred in Zimbabwe in the early last century to hunt lions. You can see the distinct ridge along his spine.












e0310424_314386.jpg


峰の上の方(肩甲骨の上あたり)には、こんな風な左右対称の渦巻きがあります。

The ridge starts with 2 symmetrical swirls on his shoulder blades.











e0310424_11332481.jpg


なんだか元気が無いような気がして、私は心配なのですが、夫は大丈夫だと言います。

私にはワガママが言えるのか、歩きたくないと、足を踏ん張って動かなくなるのですが、夫にはそんなことは全然しないみたいです。

犬でも、人を見るのかしらねぇ・・・・・

Simba obeys my husband much better than anyone else, and never refuses to walk, no matter how far. But unlike how he behaves with my husband, he does let me know when he is not in the mood or even occasionally in pain.












e0310424_1134522.jpg


今日の多肉です。

普段は何でもない多肉なのですが、夏になると、急にコスモスの様に長い茎を伸ばして、きれいなフューシャピンクの花を咲かせます。

Today's succulent is this one. Again, I don't know the name but it shoots up stems for flowers like cosmos do.












e0310424_11342554.jpg


iPhoneでは、どうも赤系統の色が飛んでしまいますが、仕方ないわね〜。

iPhone does not photograph reddish color very well, but the fuchsia pink of this succulent was very pretty.


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2014-06-01 16:47 | アメリカ生活 | Comments(54)