アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

タグ:旅行 ( 3 ) タグの人気記事


2017年 08月 12日

弟あり、遠方より来たる/ Receiving Worldly Travelers


e0310424_10053250.jpg


弟夫婦とそのお友だちご夫妻が、ファームに泊まりに来てくれました。

弟たちはマニラから、お友だちご夫妻はソウルから。

オークランドで合流して、ダニーデン(南島)へペンギンを観に行き、そのあと我がファームへ到着。

みんな暑いところから来たので、ニュージーランドの冬の空気が気持ちが良いと。


My brother, his wife, and their friends from the World Bank (all retired from the bank now) came to visit us at the farm for a few nights.
My brother and his wife came from Manila, their friends from Seoul, both being quite tired of the hot and steamy summer, were rather welcoming the crisp New Zealand winter air.
















e0310424_10054392.jpeg


弟とBさんは世界銀行の同僚でしたが、今はどちらも世銀をリタイヤー。

みんな旅慣れた遊牧民です。

Bさんの隣に居るのはゲン。

大きくなっちゃったでしょう〜


Having lived and visited many interesting countries, they are the true World Trotters.
It is the worst season in NZ, rainy, muddy and cold, nonetheless, both couples seemed to have been enjoying themselves.















e0310424_10062193.jpg


ファームの奥の方まで歩いたら、アンガス牛の群れが食事中で、ちょっと怖かったけれど、実は牛たちのほうが我々を恐れているようでした。

種付け用の雄牛以外は、みんな結構マイルドですね。


We walked almost to the end of the farm, when we encountered a herd of Angus cows having lunch.
They are so black that it's hard to read their expression. I felt slightly alarmed by their numbers but soon realized it's them who were shy and intimidated.
















e0310424_10064470.jpg


たった二泊三日のステイだったのですが、朝食と夕食時の会話が盛り上がって、楽しかったです。

これは、クメウという街にあるワイナリー経営のレストラン、"Tasting Shed"


Their stay was short, but we enjoyed all the dinners and breakfasts with them as we had a lot to talk about.
This is "Tasting Shed", a restaurant run by a winery in Kumeu.
















e0310424_10063627.jpg




e0310424_10065249.jpg


上がラムのロースト肉、下はキングフィッシュ(ヒラマサ)のフィレです。

とても美味しかった。


The top: Lamb Roast, below: King Fish.
Both were very good.
















e0310424_10065969.jpg


弟たちの来訪に備えて、バーンやコッテージを大掃除していたので、しばらく大忙しの日々でした。

ちょっと一息、の週末。

今年も、紫色のクローバーが芝生の間に現れました。


I'd been actually very busy preparing for their arrival, as the barn was not in a nice state and needed a good clean-up.
So, this weekend is the first days to relax after our return to NZ.

The photo is of the purple clover which reappeared on our yard.












[PR]

by BBpinevalley | 2017-08-12 12:47 | アオテア・オーガニックファーム | Comments(12)
2013年 04月 28日

カリフォルニアでの日常/ Our Days in California



e0310424_16204713.jpg


お友達を招いたり、招かれたり・・・典型的なアメリカ生活に浸っている今日この頃です。

写真は、シリコンバレーの奥、ロス・ガトスの森の中に住む友人に、ランチによばれた時のデザート。

Americans love to invite and get invited, which we are doing exactly these days here.
Photographed, the delicious torta di frutta, seaved at our friends get-together lunch.












e0310424_1621215.jpg


友人宅は、カリフォルニアを代表する建築家、メイベックが、1910年頃建てた木造建築です。

一見何気なく見えますが、アメリカ赤杉葺きで、窓からの光が巧妙に計算された、素晴らしい建物です。

Our friends live in the lovely Maybeck house, built around 1910 in the deep forest of Los Gatos.
A very private and beautiful property.











e0310424_16214211.jpg


キッチンと居間が、それぞれ別棟に配置されている変ったデザインで、その間は藤棚の通路になっています。

夏は良いけれど、冬は不便なので、キッチンのある方の棟に籠りがちだと話していました。

The house is divided into 2 buildings with the kitchen in one and the livingroom in another.
It is all right in the summer but not so great in the winter, they said, that they tend to stay in the side with the kichen in winter time.
I don't blame them.













e0310424_1621586.jpg


でも、カリフォルニアのこの時期、良いですね、暑からず寒からずで。

デッキで食事するのが気持ちがいい。

Well, it was absolutely wonderful to have our lunch on the deck in this weather.













e0310424_16235214.jpg


家に帰りまして、これは高兄弟の "Miss Mao" と云う作品。

中国へは入国禁止になっている作品だそうです。

Back to our house; this is a piece called "Miss Mao" by Gao Brothers.
This one is officially prohibited to enter back to China now.













e0310424_16242513.jpg


夫の会社の庭師のおじさんがアレンジした、多肉とサボテンの鉢植え。

こちらもアートですよね。

Our left wing gardener, Chris planted this.
Beautiful.












e0310424_16245132.jpg


私の車はついに売ってしまったので、アメリカでは足が無く、娘も私も仕方なく夫のトラックに便乗。

行きたいところに送ってもらうには、別に行きたくないところへ寄り道させられるのが常。

I don't have a car in the States any more and my husband often drives me and my daughter around.
Consequently, we have to go to many places and wait for him to finish whatever he needs to do before we get to our destination.












e0310424_1631152.jpg


娘は、最近、行く先々にバイオリンを持参して、練習を終えてしまうと云う手を使っています。

かしこい、かしこい。

My daughter now brings her violin with her everywhere and finishes her practice while waiting.
Clever girl.


B&Bパインバレー
http://www.pinevalley.net.nz/

Facebook
http://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2013-04-28 17:49 | アメリカ生活 | Comments(25)
2013年 02月 28日

東京です



法事で東京に来ています。

まだまだ寒くて、オドロキました。

からだが「夏モード」になっていたのか、ウェアの準備が悪かったのか、少し歩くと凍り付きそうでした。



e0310424_22444082.jpg


精をつけようと、友人が始めた「熟成肉」のお店にくり出すことにしました。

中勢以という小石川にあるお店です。

モダンな内外装で、とっても落ち着く雰囲気です。








e0310424_10239.jpg


ロゴも素敵でしょう。












e0310424_103164.jpg


こんな風に、まずお肉を選びまして、その牛の血統書が提示されます。

出所のしっかりした、お血筋の良い牛さんだったわけです。










e0310424_10173676.jpg


小さなカップに美しい色の野菜スープが出されたあと(美味しくて、写真撮りを忘れました)、

見事な「お肉」のアペタイザー。

リンゴやお野菜といただく、薄切りの塩漬け肉やおさしみが、最高に美味。

さっぱりとしていて、ヘビーな感じがまったくありません。

お肉って、美味しいものなんですねー。










e0310424_1083334.jpg

白菜にポークが巻き込まれていて、上品な柚子胡椒の風味。

添えられていたソースでいただくと、また格別でした。









e0310424_10303998.jpg

こちらは、里芋のマッシュで極上のひき肉がサンドされています。

カラッと揚げられたところに、スープが敷かれているのが絶妙。

ぜひ、うちでも再現してみたいと思いました(できるかしら・・・?)









e0310424_10354841.jpg

そこへ、先ほど選んだお肉が焼き上がって参りました。

音を立てそうな焼き上がりかた。

右が油の乗っている方で、左がリーンな方です。










e0310424_10383137.jpg


切り分けるのは、お隣に座られていたオーナーのIさん。

さすが、手慣れていらっしゃる。


「中勢以」、本当に美味しくて、感激しました。

何よりも、良い材料を使って居られるのが明瞭で、野菜も近隣農家からの直通だそうで、日中はマルシェにもなっています。

店内は、入ったところがお肉屋さんのようで、お肉の冷蔵陳列棚があり、香料やソースなども売られていて、その奥の、一見厨房へつづくのかなと云う開きを開けてレストランへ進みます。

なんだかお肉屋さんの食卓へ招かれたようで、コンセプトも最高。


皆さんも、お肉を食べたい、精をつけたい、うんと美味しいものを、と思ったらここですね。

次回は、肉好きの夫を是非連れて来なくっちゃ、とつくづく思いました。


中勢以
〒158-0085 東京都 世田谷区玉川田園調布 2-8-1
電話:03-5755-5678 Fax:03-5755-5699 http://www.naka-sei.com




B&Bパインバレー
http://www.pinevalley.net.nz/

Facebook
http://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
[PR]

by BBpinevalley | 2013-02-28 10:56 | 旅行 | Comments(13)