人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2020年 01月 16日

友人たちの来訪、そしてその後/  During And After Our Friends' Visit


友人たちの来訪、そしてその後/  During And After Our Friends\' Visit_e0310424_12262010.jpg


セレブ犬、シンバを撮っているのは、左からお嬢、Kちゃん、Tさん。

ちょっと可笑しい写真ですよネ。


Simba is treated like a celebrity here.














友人たちの来訪、そしてその後/  During And After Our Friends\' Visit_e0310424_12103972.jpg


Kちゃんと私は、アメリカ1年目からのお友達。

彼女は1年で東京へ帰ってしまったのですが、その後もずっと仲良くしています。

Tさんはエンジニアの旦那さま。

彼ら、2度目の来訪です。


My good friend Kyoko whom I've known for more than 40years visited us from Tokyo with her husband.













友人たちの来訪、そしてその後/  During And After Our Friends\' Visit_e0310424_12131380.jpg


ほとんど遠出もせず、ほぼファーム内で過ごしました。

トレールを歩いたり、果樹園の方まで四駆を走らせたり、お料理したり、という具合。


As this was their 2nd visit to our farm, we did not do much sight-seeing but stayed mostly at our farm.














友人たちの来訪、そしてその後/  During And After Our Friends\' Visit_e0310424_12170102.jpg


トレールの中、12月までカラリリーの咲いていた場所には、こんな綺麗なお花が咲いていました。


In the trail.














友人たちの来訪、そしてその後/  During And After Our Friends\' Visit_e0310424_12171178.jpg


何て言うお花でしょうね。

ファーム内の他の場所にも生えてきて、鮮やかな朱の花を咲かせています。

玄関先に生けました。


I don't know the name of these flowers. They are blooming everywhere at our farm now.














友人たちの来訪、そしてその後/  During And After Our Friends\' Visit_e0310424_12185764.jpg


今回のKちゃん御夫婦の来訪では、お互いとにかく写真を撮り忘れて、ほとんど記録がありません。

おしゃべりに夢中になっていたんだと思います。

これは、うちのラムをご馳走した時の写真。

1年を少し過ぎたラムで、若すぎるラムよりも味わいがあります。

菜園の野菜を添えました。


We served them our lamb one night.
It's a little more than a year old lamb which they call "hogget" in New Zealand.
We think it is a little more flavorful than a young lamb.














友人たちの来訪、そしてその後/  During And After Our Friends\' Visit_e0310424_12291888.jpg


あっという間にKちゃん御夫婦との時間は過ぎ、昨日ご帰還。

写真は、先ほどワタクシ目がちゃっちゃと準備したプラムとブルーベリーのタルト。


Our friends left for Japan yesterday and now we are threesome again.
I made an easy plum and blueberry tart.














友人たちの来訪、そしてその後/  During And After Our Friends\' Visit_e0310424_12293220.jpg


焼き終えてお皿に移し、ちょっとよそ見しているあいだに、もう食べた人がいる。

なんと云うすばしこさ。


After it's done, as soon as I put it on the plate and looked away, someone ate a piece of it!
So quick.














友人たちの来訪、そしてその後/  During And After Our Friends\' Visit_e0310424_12294527.jpg


何かと客人の多いホリデーでしたが、ちょっとひと段落ついたので、お片付け。

暮れにアメリカから持ち帰った荷物をやっと開けました。

これは、いつだったか父から貰った、三つ組の菓子器です。

池田泰真作と銘打たれ、それぞれに漆の印が入っています。


I finally was able to unpack the stuff I brought back from our SF house.
These three piece boxes were given to me by my late father long time ago.













友人たちの来訪、そしてその後/  During And After Our Friends\' Visit_e0310424_12295448.jpg


貰った時にはまったく意に留めず、「アラ、どうもアリガト」とアメリカへ持ち帰りました。

数年後に、夫とロンドンのテートだったかヴィクトリア&アルバートだったかの美術館を訪ねた時、なんとガラスケースの中によく似たものが展示されているではありませんか。

家に戻って作者の名前を確かめ、同じ作家だと知った時には驚きました。

良いものだとは分かっていたけれど、美術品とは知ラナンダ、という訳。


A few years after that, when my husband and I were walking through a museum in London (either Tate or Victoria & Albert), we came across a very similar item in a display case with a familiar writing on it.
We re-examined the boxes after our return, and it was sure enough done by the same artist.
I didn't know I was given a museum quality object!














友人たちの来訪、そしてその後/  During And After Our Friends\' Visit_e0310424_12300947.jpg


それでも美術品扱いしないところが、私の良さ(?128.png

父母の家を片付けた時、ごっそり出てきた絵葉書の束を入れてあります。

ちょうど良い大きさなのです。

絵葉書は、弟と私が留学や出張や旅行やらで行った世界の国々から父母宛に出したもの。

改めて読み返してみて、ああ、あの頃にはこんなことを考えていたんだ、こんな風に父母に便りしていたんだと、感慨深く思い起こしました。

葉書を書いた寮の部屋、学生街のカフェや出張先のホテル、当時の悩みや喜び、出会った人や種々の出来事など、とうに忘れてしまっていたことが次々と鮮明に思い浮かんで…

人生、過ぎたことの記憶は、絵葉書の表裏におさまって収納されるようなものなのネ。


Still, I don't treat them like a museum quality items.
I store a whole bunch of postcards which my brother and I had sent to our parents from all these countries we traveled to. It was interesting and reminiscent to read some of them, recalling the details of the trips that I'd long forgotten.













友人たちの来訪、そしてその後/  During And After Our Friends\' Visit_e0310424_12302349.jpg


この器、最近購入したお気に入りアイテムです。

20世紀初頭〜中期の英国製。

ガラクタ市で、1ドルで買いました。

日本円にしたら、70円くらいかナ。

目が利くでショ。


Here is my favorite purchase of this year so far.
A small plate, made in England in the earlier half of the last century.
I found it in a opportunity shop for $1.

















# by BBpinevalley | 2020-01-16 14:40 | ニュージーランドの生活 | Comments(29)
2020年 01月 11日

ようやく夏らしくなってきました/ Finally Getting Warmer In New Zealand

ようやく夏らしくなってきました/ Finally Getting Warmer In New Zealand_e0310424_08373924.jpg



ある夏の日(ニュージーランドの夏の日)、私のお誕生日祝いに、オークランド市内まで食事に出ました。

もう祝うような歳でもありませんが、とりあえず『節目』ということで。


One cool summer evening, three of us drove to Auckland to celebrate my birthday.











ようやく夏らしくなってきました/ Finally Getting Warmer In New Zealand_e0310424_08382628.jpg


”Depot”というカジュアルなレストランにしました。

ニュージーランドでは名の知れたシェフのレストランですが、まぁまぁかナ。

ダウンタウンのお家賃の張りそうな場所だし、人件費は高いし、コストを下げるのに必死なのがお料理に表れてる感じでした。

つい昔の癖で、レストラン分析してしまう…(笑)


We had a early dinner at Depot on Federal Street.
The dinner was so so. It's a very commercial place, but not even succeeding in being one.












ようやく夏らしくなってきました/ Finally Getting Warmer In New Zealand_e0310424_19172478.png


 機嫌よく三人で乾杯したあとは、記念撮影。

お嬢が履いているのは、本物のドック・マーティン。

私が履いているのは、ザーラのドック・マーティン風。

娘のお下がりデス。

これが結構歩きやすい。


Still, we toasted happily and moved on to take B-Day photos.
My daughter is wearing a pair of real Doc Marten. The pair I'm wearing is a look-alike from Zara, which used to belong to my daughter until she bought the real Doc.













ようやく夏らしくなってきました/ Finally Getting Warmer In New Zealand_e0310424_08385713.jpg


夫からバースデーにもらったのは、お金のなる木。


My husband gave me a "Money Tree" for my birthday gift.













ようやく夏らしくなってきました/ Finally Getting Warmer In New Zealand_e0310424_08390568.jpg


全部で200ドルありました。

何をさせても変わってる人(夫のこと)。


He must have struggled to come up with this idea.













ようやく夏らしくなってきました/ Finally Getting Warmer In New Zealand_e0310424_08393645.jpg


お金がなってたのは、パパイヤの木でした。

実がたくさんついているし、これは嬉しい。


It was actually a Papaya tree.
I love Papaya.













ようやく夏らしくなってきました/ Finally Getting Warmer In New Zealand_e0310424_08542982.jpg


お嬢からのプレゼント。

”Best Mom" だって。

これも嬉しいワ。


These are from my daughter.
So cute.














ようやく夏らしくなってきました/ Finally Getting Warmer In New Zealand_e0310424_08545652.jpg


昨日は、仲良しのKさん家にランチにお呼ばれ。

いつも綺麗なオードブル風。

とっても美味しかった。


Yesterday, my daughter and I were invited to K's house for girls lunch.
She always makes beautiful lunch.












ようやく夏らしくなってきました/ Finally Getting Warmer In New Zealand_e0310424_08551293.jpg


皆さんが持ち寄られたスイーツがまた美味しくて。

これはとても軽い歯触りのプラムスクエア。

真ん中にプラムが挟まれています。


Everybody brought some sweets. These are plum squares.













ようやく夏らしくなってきました/ Finally Getting Warmer In New Zealand_e0310424_08552668.jpg


ラムに漬けられたドライフルーツ入りの生チョコ。


Chocolate truffle with dried fruit in rum.













ようやく夏らしくなってきました/ Finally Getting Warmer In New Zealand_e0310424_08553478.jpg


kさん作、ほうじ茶のムース。


Hoji-cha mousse.












ようやく夏らしくなってきました/ Finally Getting Warmer In New Zealand_e0310424_08551933.jpg


なんと、桜餅まで!

この方の桜餅、最高に美味しいのです。


Japanese Sakura-mochi.
So beautiful and yummy.













ようやく夏らしくなってきました/ Finally Getting Warmer In New Zealand_e0310424_08555484.jpg


手前のは、お嬢の定番、プラムトルテ。

お喋りも豪快なら、ランチも豪華でありました。

Kさん、ありがとう〜〜


Thank you, K!! You are a wonderful hostess. We had a great time.













ようやく夏らしくなってきました/ Finally Getting Warmer In New Zealand_e0310424_08563808.jpg


今朝の窓からの景色。

牛たちが「おはようさん」

今日から気温が上がるようです。


The view from our kitchen window this morning.
It was a lot warmer today.













# by BBpinevalley | 2020-01-11 20:26 | ニュージーランドの生活 | Comments(38)
2020年 01月 08日

赤い空、グラスハウス、ログハウス内装/ Orange Sky, Glasshouse, Log Cabin Interior


赤い空、グラスハウス、ログハウス内装/ Orange Sky, Glasshouse, Log Cabin Interior_e0310424_19105805.jpg


二日ほど前、午後3時過ぎごろから、空が変な色になってきました。

夕焼けには早過ぎる時間。


A few days ago, the sky started turning orange in the afternoon.













赤い空、グラスハウス、ログハウス内装/ Orange Sky, Glasshouse, Log Cabin Interior_e0310424_19110611.jpg


オーストラリアの火災の煙が、風向きで飛んできたのだというニュースが入りました。

お隣とは言え、飛行機で3時間半もかかるところですが、よほど凄まじい火災なのですね。


Australian smoke in our New Zealand sky














赤い空、グラスハウス、ログハウス内装/ Orange Sky, Glasshouse, Log Cabin Interior_e0310424_19111705.jpg

本当に不気味な感じでした。

オーストラリアの人たち、お気の毒に。

早く鎮火しますように。


End of the World, preface today











赤い空、グラスハウス、ログハウス内装/ Orange Sky, Glasshouse, Log Cabin Interior_e0310424_19113340.jpg


その日に撮ったグラスハウスの写真。

今、中国から買ってきた例の石を敷く作業をしているのですが、電気をつけないことには見えないと夫。


Needing the lights on to lay stone at 4:00













赤い空、グラスハウス、ログハウス内装/ Orange Sky, Glasshouse, Log Cabin Interior_e0310424_19122506.jpg


翌日、綺麗に砂を入れて平らにしたところ。


Floor prepared.











赤い空、グラスハウス、ログハウス内装/ Orange Sky, Glasshouse, Log Cabin Interior_e0310424_19155592.jpg




赤い空、グラスハウス、ログハウス内装/ Orange Sky, Glasshouse, Log Cabin Interior_e0310424_19123485.jpg


半分は、必要なサイズに切り分けたとのこと。

また夫とロビンさんの熟年チームです。


Our stone from China cut and ready to lay











赤い空、グラスハウス、ログハウス内装/ Orange Sky, Glasshouse, Log Cabin Interior_e0310424_19121032.jpg


お嬢も、平均年齢を下げるため、手伝わされています。

なかなか上手に出来てる。

夫いわく、これをやり終えたら、日本の神社で雇ってもらえるだろう(?)


Seems like weeks of work to lay 400 square meters













赤い空、グラスハウス、ログハウス内装/ Orange Sky, Glasshouse, Log Cabin Interior_e0310424_19162389.jpg


弟が泊まっていたログハウス、やっとお掃除にかかりました。

私がアメリカに行っている間に夫が飾り付けたので、その出来栄えを見るのは初めてでした。

なかなかシブい。


Cabin ready for us











赤い空、グラスハウス、ログハウス内装/ Orange Sky, Glasshouse, Log Cabin Interior_e0310424_19163846.jpg


お掃除後。

いい感じ。


Hum.......










赤い空、グラスハウス、ログハウス内装/ Orange Sky, Glasshouse, Log Cabin Interior_e0310424_19165529.jpg




赤い空、グラスハウス、ログハウス内装/ Orange Sky, Glasshouse, Log Cabin Interior_e0310424_19413522.jpg




赤い空、グラスハウス、ログハウス内装/ Orange Sky, Glasshouse, Log Cabin Interior_e0310424_19412484.jpg





赤い空、グラスハウス、ログハウス内装/ Orange Sky, Glasshouse, Log Cabin Interior_e0310424_19170264.jpg




赤い空、グラスハウス、ログハウス内装/ Orange Sky, Glasshouse, Log Cabin Interior_e0310424_19171179.jpg


今夜から、私たちも時々ここで寝ることにしました。


Tom Dixon lounge











赤い空、グラスハウス、ログハウス内装/ Orange Sky, Glasshouse, Log Cabin Interior_e0310424_19173632.jpg


フィンランドの夢が見られそう。

Ready











# by BBpinevalley | 2020-01-08 00:01 | ニュージーランドの生活 | Comments(36)
2020年 01月 05日

鈴なりのプラムでスタート、2020年/ Plums Are The Taste Of January In New Zealand

鈴なりのプラムでスタート、2020年/ Plums Are The Taste Of January In New Zealand_e0310424_17085877.jpeg


プラム(スモモ?)が鈴なりです。

そうそう、1月はプラムでスタートするのでした。

ニュージーランドの年初めのお味です。


Our plums started to ripen all at once. It’s a good harvest again this year.











鈴なりのプラムでスタート、2020年/ Plums Are The Taste Of January In New Zealand_e0310424_17121086.jpeg


熟した実は、枝からぽろっと取れます。

木の下にいると、緑のカーテンで囲まれたよう。


Those completely ripened fall to the ground unless picked.












鈴なりのプラムでスタート、2020年/ Plums Are The Taste Of January In New Zealand_e0310424_17184757.jpeg




鈴なりのプラムでスタート、2020年/ Plums Are The Taste Of January In New Zealand_e0310424_17194450.jpeg


さくらんぼのような色のプラムもあり、とっても可愛い。

しかし、とても食べきれない量だから、ほとんどは鳥たちに提供することになりそう。

ニュージーの鳥は幸せネ。


All the fruit start green, but some varieties turn deep red, others turn orangish pink when ripened.
There is no way we can consume all those plums, so we have to offer most of them to birds.
NZ birds eat well.











鈴なりのプラムでスタート、2020年/ Plums Are The Taste Of January In New Zealand_e0310424_17253351.jpeg




鈴なりのプラムでスタート、2020年/ Plums Are The Taste Of January In New Zealand_e0310424_08204153.jpeg


今年もお嬢が、プラムタルトを作ってくれました。

例のニューヨークタイムス紙の一番人気のレシピです。

以前、レシピを載せた時の投稿をリンクしておきますネ。

アメリカらしい簡単なレシピなので、どうぞお試しを。


My daughter baked the plum tart this year again using the popular NY Times recipe.
I’ll link my past blog page with the recipe below.














鈴なりのプラムでスタート、2020年/ Plums Are The Taste Of January In New Zealand_e0310424_17471661.jpeg


先日、娘とシティにお出かけした時、新しくできたモールの中のケーキ屋さんで、こんなケーキを発見。

ムースケーキだそうです。


Can u guess what those are?











鈴なりのプラムでスタート、2020年/ Plums Are The Taste Of January In New Zealand_e0310424_17513454.jpeg




鈴なりのプラムでスタート、2020年/ Plums Are The Taste Of January In New Zealand_e0310424_17530130.jpeg


可愛いけど、変わってますよね。

最後のなんてリアルで、ちょっと食べる気しないナ。

台湾系のケーキ屋さんでした🍰🎂


They are “ mousse cakes” from a Taiwanese cake shop in Auckland. Amazing looking.
The doggies are too real to eat, though.













# by BBpinevalley | 2020-01-05 00:01 | ニュージーランドの生活 | Comments(45)
2020年 01月 02日

ハッピーニューイヤー/ Happy New Year

ハッピーニューイヤー/ Happy New Year_e0310424_05153589.jpeg


新年のお慶びを申し上げます。

皆さま、どうぞ健やかに、笑み溢れる2020年をお迎えください。

本年も、何とぞ宜しくお願い申し上げます。


Happy New Year, Friends!
It’s a new chapter in our lives. Let’s get things straightened out and start fresh.(let’s get rid of those grifters in the White House, too)
Wishing you all the best for 2020 from Down Under.



BBpinevalley
+
Aotea Organic Farm













# by BBpinevalley | 2020-01-02 04:39 | ニュージーランドの生活
2019年 12月 30日

我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End

我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_18205300.jpeg


アメリカからニュージーランドへの移動や、弟の来訪などで、少しブログをご無沙汰しました。











我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_18224402.jpeg


今年もあと1日!

いろんな事がありましたが、過ぎ去ってみれば、絵本のページを繰るように呆気ない。













我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_19084887.jpeg


前の投稿のあと、21日の夜遅くに、東部の大学から帰って来た娘を空港に迎えに行きました。

国内線のチェックインカウンターは人でいっぱい。

ユナイテッド航空だけでこれです。

とてもゲートまで行けないので、バゲージ回収のところで待っていました。












我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_19160651.jpeg




我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_19170103.jpeg


翌22日はニュージーランドに帰る日。

フライトは夜なので、まずは近くのカフェで朝食を取りました。












我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_19195262.jpeg


前回、夫と来て気に入った、フレンチベーカリーのカフェです。

東部の田舎で寮住まいだった娘は、久々の都会の味に大喜び。












我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_19241351.jpeg


それからダウンタウンに繰り出して、慌ただしくクリスマスショッピング。













我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_19254485.jpeg


なんとか時間内に、お気に入りのものが見つかりました。

ティファニーでお買い物したわけではありません。

来年はネズちゃんの年なんだなぁと思って撮った写真。













我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_20170902.jpeg


バイバイ、サンフランシスコ。

夕日がダウンタウンのビルに当たってオレンジ色に輝き、とても綺麗でした。













我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_19305212.jpeg


22日の夜にアメリカを出ても、日付け変更線を通り越して、ニュージーに到着するのは24日の朝。

弟はすでに前日に、出先のソウルから到着していました。












我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_19343897.jpeg


たった二週間足らずの間に、ブドウもこんなに大きくなっていてビックリ‼️











 
我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_19372568.jpeg


翌日はもうクリスマスで、ラムローストのディナーの後には、アンのお手製のフルーツケーキを。











我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_19403551.jpeg


プレゼント交換もして、無事クリスマスを終えました。

写真は、日本のいとこから届いた焼き物のアート。

ありがとう〜〜

とっても素敵。

思わず私も手を合わせてしまう。












我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_19450854.jpeg




我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_19503295.jpeg


クリスマス後は、ニュージーランド風にまったりとリラックス。

グラスハウス横で、ピッツァパーティーもしました。











我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_19480863.jpeg




我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_19485764.jpeg




我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_19513554.jpeg


弟も、初めてにしてはなかなかのピッツァ職人ぶり。











我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_19532925.jpeg


ピッツァをハサミで切り分けるというのが大ウケでした。

フランスでは皆んなそうするのだとは、あるフランス人の言。










我ら遊牧民の年の瀬/ Our Nomadic Year End_e0310424_19565796.jpeg


そして今日も暮れて行く。

弟は、お昼近くの便で、元気にソウルに帰って行きました。

年明けには一旦マニラに戻り、そのあと今度はモンゴルのウランバートルに行くのだそうです。

我ら遊牧民家族の旅は、来年も続きそうです。



今年も、ブログを通してのフレンドシップ、心から感謝しています。











# by BBpinevalley | 2019-12-30 18:06 | 旅行 | Comments(44)
2019年 12月 20日

バークレーの丸亀製麺/ Udon Restaurant In Berkeley

バークレーの丸亀製麺/ Udon Restaurant In Berkeley _e0310424_16045493.jpeg


今週はもう2度もバークレーへ行って、毎回アメリカのママとランチし、クリスマスショッピングをしてきました。

写真は帰りのベイブリッジの上で、運転しながら撮ったもの(危ない)


I went to see my American family twice this week and had lunch at a Japanese Noodle restaurant both times. We did some Christmas shopping afterwards.












バークレーの丸亀製麺/ Udon Restaurant In Berkeley _e0310424_16090167.jpeg




バークレーの丸亀製麺/ Udon Restaurant In Berkeley _e0310424_16102257.jpeg


バークレーのダウンタウンに、なんと丸亀製麺が出来ていて、2度ともそこでランチしたのです。

ママはおうどんが大好き。


The restaurant is a well known chain in Japan.










バークレーの丸亀製麺/ Udon Restaurant In Berkeley _e0310424_16141506.jpeg


私はおうどんに詳しくなくて、かけうどんて何?とか、釜揚げは?とか訊かれても答えられず、とにかく盲目的に注文。

だからもう一度行って、今度は別なものを注文しようということになりました。


As I don’t know much about udon noodles, I couldn’t give enough advice on the menu. We just randomly chose whatever looked good in the photos.












バークレーの丸亀製麺/ Udon Restaurant In Berkeley _e0310424_16192087.jpeg



バークレーの丸亀製麺/ Udon Restaurant In Berkeley _e0310424_16201152.jpeg


こういうものを戴きました。

ちょっとぬるかった以外は、美味しかったです。

最初の写真の揚げ物は、巨大なズッキーニのフライです。


Other than the fact the soup wasn’t hot enough, it tasted pretty good.










バークレーの丸亀製麺/ Udon Restaurant In Berkeley _e0310424_16235573.jpeg


カリフォルニア大学バークレー校は、アジア人がとても多い大学ですから、丸亀製麺のお店も半分くらいはアジア人でした。

アジア人は食べ方を知っているけれど、他の人たちはメチャクチャ。

さっさと食べないから麺が伸び伸びだったり、狐うどんにパクチーを乗っけたり、中には指で麺をつまんでレンゲに移しながら食べてる女性も。

まったくミテラレナイ。


The restaurant being housed in a University building (Psychology department), there were many students dining there. About half of them were Asian students.











バークレーの丸亀製麺/ Udon Restaurant In Berkeley _e0310424_16355605.jpeg




バークレーの丸亀製麺/ Udon Restaurant In Berkeley _e0310424_16361773.jpeg


今日も散々クリスマスのショッピングをして、人混みに揉まれ、疲れました。


We drove around to various shops to finish quite a bit of Christmas shopping, which was a relief to me.












バークレーの丸亀製麺/ Udon Restaurant In Berkeley _e0310424_16384366.jpeg



これは先日サンフランシスコで撮った写真ですが、高くそびえて咲いてる花、何だと思われますか?


By the way, what do you think this tree with red flowers is?










バークレーの丸亀製麺/ Udon Restaurant In Berkeley _e0310424_16404516.jpeg


なんと、ポインセチアなんです。

地面に植えると、こんなに育って木になる?

それとも、カリフォルニアだから育つのか----


It’s poinsettia!
It’s planted on the ground and has grown so tall that it looks like a tree.
I want to try planting it in NZ, too.














# by BBpinevalley | 2019-12-20 15:58 | アメリカ生活 | Comments(44)