アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 14日

十冝屋さん、素晴らしいお宿でした/ Had a Splendid Stay at "Jeugiya", Kyoto



e0310424_07203460.jpg


三泊四日の中国の旅から日本に戻り、京都は祇園のお宿、十冝屋さんに宿泊しました。

一棟貸切りのお宿で、まるで別荘に戻ってきたよう。


Ater the 3 night trip to China, we came back to Japan and settled into Gion, Kyoto.
The hotel we reserved was far beyond our expectation. Beautiful, tasteful, spacious, super clean, and full of history.














e0310424_07211760.jpg




e0310424_07213688.jpg


明治から大正にかけて建てられた建物で、それを現代人にも快適に使えるように改造されたとのことでした。

明治から陶器の海外輸出を営んでこられたそうで、其処此処に、素敵なオブジェが置かれています。


The building, well more than 100 years old, with masterful renovation to combine the modern convenience and original architecture, instantly wraps you within Japanese comfort and aesthetics.













e0310424_07293851.jpg


私のカメラでは撮りきれなかったので、ウェブから拝借したのと混ぜて載せています。


The owner's family had been in the business of dealing in ceramics and antiques since Meiji period (since late 1800). The house isaccented with beautiful objects everywhere.















e0310424_07274063.jpg




e0310424_07230872.jpg


お玄関を入ったところに洋間があり、そこから中庭を経て(濡れ縁を通り)、居間に向かいます。

広いの。


The owner is present but somehow invisible most of the time. They don't give us the key, but they will be there to geet us whenever we come back.
Entering the house, there is a western style sitting room which looks out to the small inner garden. Then you go outside again onto a corridor looking at the garden to your left, and enter back inside to the totally Japanese style living rooms which is again surrounded by a larger back garden. The house is quite spacious.














e0310424_07222885.jpg


羽のお布団も、とっても心地よかった。


They prepare the feather futon beddings every night.














e0310424_07281379.jpg



居間の周りを囲むように、またお庭があるのです。


The surrounding garden.













e0310424_07283485.jpg


来る前には結構お高いお宿だと思いましたが、来てみて、これは破格のお値段かと…

いいのかしら、このお料金で泊めていただいて。













e0310424_07284582.jpg




e0310424_07292653.jpg


とにかく、すべてが美しい。

和建築の好きな夫は、感嘆するのみ。

この一ヶ月で、私が初めての日本人の宿泊客と聞かされて、またびっくり。














e0310424_07285662.jpg


お庭には、秘密のドアがあって…


There is a hidden door to outside.













e0310424_07294936.jpg


なんと、裏のせせらぎに続いているのです。

秘密のドア、あの塀の中にあります。見えるかな。

これは、もちろんお借りした写真。

いま桜が咲いてるわけもなく…



The door opens to a quiet stream outside. The door is burried in the wall to be hidden from outside as well.
Obviously I borrowed this photo. There is no way cherry trees are blossoming in autumn.













e0310424_07301894.jpg


ヒノキのお風呂も大きくて、全く天国でした。

岩をくり抜いたお風呂を中国で注文してきたばかりなのに、やっぱりヒノキにしようかと夫が言いだす始末。

お掃除が大変そうなので、妻としては反対(お掃除係もつけてくれるならハナシは別)。


The Japanese Cedar bath was wonderful. The tub was quite large and deep.
My husband, so charmed by it, almost changed his mind from the stone tub we ordered in China to this kind. But I persuaded him not to because it requires a lot of care.













e0310424_07300300.jpg


これもお借りした写真ですが、雪のお宿もいいものですね〜

冬にも来てみたいナ。


I borrowed this photo as well because it's so pretty.
I'd like to come back in winter some day.....














e0310424_07304213.jpg




e0310424_07302843.jpg


毎朝、こういうご馳走ですから、食べ終わるとクラクラしてました。

ごちそうさまでした。

十冝屋のご主人、奥様、ご子息は、この上もなく親切で温かい方々で、お部屋もさることながら、素晴らしいおもてなしに感激いたしました。

またお目にかかれるのが、本当に楽しみです。


The breakfast was amazing. We were overwhelmed.
The owner's family was very kind and sweet. We'll definitely cme back to this place.













[PR]

# by BBpinevalley | 2018-11-14 09:40 | 旅行 | Comments(10)
2018年 11月 10日

まずは大阪に半日、そして廈門へ/ Half A Day in Osaka, Then to Xiamen

e0310424_08554937.jpg


今回はフライトの関係で関空に一泊し、翌日の廈門便が遅かったために、時間が空きました。

おかげで、ブログでお友達になったPhoto Loverさんとお会いすることができ、大阪をご案内いただきました。

以前からカメラのことを色々とご教授いただいていて、今回もヨドバシカメラに連れて行っていただき、カメラの不調も解決しました!

やはりバッテリーチャージャーのせいでした。


We had a layover for an entire day in Osaka, a part of which we decided to use to meet my blog friend, Mr. O, who kindly offered to show us around. You can go to his blog page site by clicking here














e0310424_13331032.jpg


久しぶりに使い始めて設定が間違っていたのか、少し暗い写真が続きます。アシカラズ。


Osaka's street food. Osaka is known for its food and vibrant street scene.
















e0310424_08562452.jpg


大阪は不案内で地理感がないので、ご案内いただいて大助かりでした。

絵の具箱をぶっちゃけたような道頓堀近辺の写真など、載せたかったのですが、うまく撮れていませんでした。


Mr. O is an avid photographer of street scenes and knows the front and back of this city. It was wonderful to be able to see so much in one afternoon. He also took me to the right shop to have my camera fixed so that I could use it on this trip.














e0310424_08572869.jpg


その上、ランチまで馳走になってしまいました。

とっても美味しくて綺麗で、さすが食い倒れの街、大阪ですね。

夫も大感動。


On top of that, he took us to this wonderful lunch. It was very tasty. We were in heaven.














e0310424_08571328.jpg


鯛のあら炊きですが、梅が入っているんです。

とても美味しかった。

重ね重ね、有難うございました、Photoloverさん。

写真が上手じゃなくて、ごめんなさい。


Thank you so very much, Mr. O! It was so nice to meet you.
You gave us a great start to our trip.















e0310424_09255727.jpeg


さて、廈門(アモイ)に着いたのは、飛行機が遅れたせいもあって夜中近くでしたが、石材会社からこのモニカさんと、もう一人のエイミーさんという方が迎えに来てくださっていました。

花束まで頂いてしまい、びっくりするやら恐縮するやら。

中国の歓迎は徹底していますね。

慌てて出てきたので廈門のロケーションも定かではありませんでしたが、台湾と同じくらいの緯度に在るようで、暖かいです。

持参した洋服は、ほとんど不必要でした😣


As the flight to Xiamen was an hour late, it was near midnight by the time we arrived. Amy and Monica from the stone company kindly waited for us at the airport to take us to our hotel. They even gave me a gorgeous bouquet of flowers! So sweet of them.













e0310424_09261040.jpg


翌朝はすぐに石材工場へ。

廈門市から車で30分ほど走ったところです。


The next morning, Monica and Amy drove us to the town where their factory is, about 30 minutes north of Xiamen city.












e0310424_09261987.jpg


ワイン畑の支柱の石材を売ってくれた会社です。

壁の雰囲気なんかが中国らしい。

一昔前の北京はこうでした。


We bought the stone pillars for our vineyard from them 2 years ago.















e0310424_09272226.jpg


大きな石の塊を、ここで様々な形に切り分け、磨くので、すべてが石の粉に覆われています。


They cut and slice a huge stones into slabs and pieces and shape them into products. Everything is covered by fine sand.














e0310424_09285076.jpg


常に水を出しながら石を切断します。

水は、モーターがオーバーヒートしないために使うのだとか。


Stone cutter with water splashing.














e0310424_09273990.jpg


働いている人の半分は女性です。

夫婦で会社に隣接する寮にすみこみ、働いているのだそうです。


Surprisingly, many of the workers were female. They live at the factory and work long hours.













e0310424_13354249.jpg



e0310424_13374191.jpg

懸命に働いている様子で、偉いなぁと思いました。

就業時間も結構長いそうです。

女性は仕上げの仕事が多いようでした。


They work quite hard. Their part is mainly in finish-ups, a physically taxing job.














e0310424_09281938.jpg


オフィスのサンプル室に戻り、石を選びます。

新居のフロアーと、お風呂の湯船、温室とパティオの床材などを選びました。


After we saw the factory, we went into the office and started selecting the samples.














e0310424_09283696.jpg


だいたいこんな感じかな。


Our first choices.














e0310424_09291784.jpg


街へ繰り出し、其処此処で見る石のオブジェで気に入ったものをパチリ。

この長い石の池、藻の間を金魚が泳いでいて、可愛かった。


The next day, Monica showed us around Xiamen city.
We saw many nice stone objects that we may want them to produce for us.














e0310424_09375698.jpg


こんな感じの植木鉢もいいですね。


I liked this potting vessel.














e0310424_09424749.jpg


その後、廈門の街を案内していただきました。

気候も良く、果物で有名な廈門市は、中国人のリゾートとして人気らしいのですが、外国人はあまり見かけませんでした。

白人は、夫を含めて、3日間で3人しか見なかった(笑)


Xiamen is a port city, located in the south-east of China across a strait from Taiwan. Some parts of it have an air of resort, but I saw a few foreign travellers.














e0310424_13385045.jpg


古い町並み。


It felt like Beijing 20 years ago.














e0310424_09482357.jpg




e0310424_09421159.jpg



20年前くらいの北京が彷彿としました。


The weather is good (quite warm) and people seems relaxed.













e0310424_13395612.jpg


果物だけでなく、海に面しているのでシーフードも豊富。

見事なロブスターですね。


Xiamen is known for its fruit and seafood.













e0310424_10142906.jpg


ここはラスベガスか?みたいなダウンタウン。

光の海が延々と続くのです。

これは昨年出来上がったばかりだそうです。


The downtown was just rebuilt into a Vegas style shopping streets.
We didn't like it.














e0310424_10145366.jpg


先日載せたこの写真、釣り船と近代高層ビルの新旧のコントラストが面白いと思ったのですが、ビルの片方はコンラッド・ホテルです。

ここに泊まろうかなと思ったけれど、お部屋の写真を見ると、ガラス張りで空に浮いているようなので、怖くなってやめました。

物価は北京より断然安いので、コンラッドも高くありません。


I took this photo because I like the juxtaposition of the ultra modern building and the fishing boat.
One of the tower is Conrad Hotel which was just finished. Hotel prices are very reasonable in this town.













e0310424_10153721.jpg


で、日本人の建築家がデザインしたという「ホテル・ウィンド」にしました。

街の雑踏から離れた、海辺の高級住宅街に在ります。


We stayed at Hotel Wind, away from the busy downtown area. It was apparently designed by a Japanese architect.














e0310424_10160470.jpg


デザインは良く、お部屋も広いのですが、ところどころ仕上げに首をかしげる建物でした。

英語を話すスタッフもほとんど居ませんでしたが、まぁそれは異国情緒のオマケということで。(私が中国語が話せれば問題ないんだものネ)


Very spacious and comfortable room. Though, the building had a questionable finishes here and there.
Only one person spoke some English, which was fine as we like being mime artists.













e0310424_10161674.jpg


それでも、皆さんとても親切で、初々しい感じの良いお宿でした。

廈門の人々は、北京の人と違ってゆったりしている感じです。

また来る機会があれば、ユネスコ世界遺産に指定されたコロンス島にも足を伸ばしてみたいです。


People in Xiamen are nice and friendly, seemingly enjoying life.
If we have a chance, we'd like to come back and visit Gulangyu Island where UNESCO has listed as a world heritage site last year.











[PR]

# by BBpinevalley | 2018-11-10 13:05 | 旅行 | Comments(28)
2018年 11月 07日

もうすぐ戻ります/ Back in 12 hours


e0310424_19355657.jpeg




e0310424_19342526.jpeg


中国は廈門に、日本は京都に滞在しました。

今、飛行機を待っていますが、なんだか名残惜しいです。

パソコンを持参せず、携帯から投稿しようと思っていたのに、多忙でダメでした。

帰ったらゆっくり写真を整理して投稿したいと思います。


We visited Xiamen in China and Kyoto in Japan on this trip. Xiamen was very interesting and Kyoto was wonderful as usual. I will sort all my photos once I’m back in NZ and upload them. We are getting on board soon.








[PR]

# by BBpinevalley | 2018-11-07 19:31 | 旅行 | Comments(20)
2018年 10月 28日

ゲン君、牛になりきれないみたい/ Hard to be a Cow

e0310424_07063133.jpeg


夫とこの四輪車に乗って、ファームの奥に探索に行きました。


We took our quad bike to the deep end of our farm.








e0310424_07075776.jpeg


良いお天気。


Beautiful day.







e0310424_21523631.jpeg


向こう側に、鳥類保護区が広がります。

ファームをオーガニックに保つのに役立っています。

You can see a bird sanctuary spreading next to our farm. It helps to keep our farm organic.









e0310424_21533033.jpeg




e0310424_21535303.jpeg


ニュージーランド原生らしい植物も多いです。


Some plants in this part of the farm look different. They must be New Zealand natives.










e0310424_21543260.jpeg


サルノコシカケのようなものが----


Unusually shaped tree fungus.









e0310424_21550766.jpeg


鹿のウンチだ。

野生の鹿が増えすぎて困っているのです。

牧草や花木を食べてしまうので。


Deer droppings.
One of the reasons my husband wanted to come out here was to inspect the volume of the wild deer traffic. They consume too much grass and natural growth, and there may be well over one hundred.











e0310424_21555796.jpeg


鹿の跡を追っていたら、はるか下の背の高い草の中を、雌鹿が跳躍しながら逃げて行きました。

息を呑むほど綺麗で、写真なんてすっかり忘れてた。

しかし、夫は撃たなくちゃと言ってる。

当たらないで、驚いてみんな逃げてくれるといいんだけど----


As we were tracing the evidence of deer, one female leaped out of the grassy area far below and ran away in huge strides.
My husband said that he has to come back to shoot some of them.









e0310424_07115129.jpeg


帰り道、この人に会いました。


On the way back, we saw Gen.











e0310424_21574109.jpeg


明らかに人じゃありませんね。

でもそう思いたくなるほど、額にハートマークを付けたゲン君は、パーソナリティに満ちているのです。

撫でてェ〜と寄って来る。


As soon as he recognized me, he came running to greet me. He laid his heart marked forehead down and asked me to pet.











e0310424_21584384.jpeg


ホントに牛なのかね、君は。

ちょっと浮いてるでしょ、このグループから。


He seems to be still standing out from the rest of the crowd. Color wise as well.











e0310424_22160480.jpeg


他の牛はアンガス牛で、人に慣れていませんが、ゲン君は乳牛から生まれた男の子で、私たちがミルクを飲ませて育てました。

いったん人間に慣れちゃうと、なかなか牛の世界には入り込めないみたい。

ちょっと可哀想----


Gen is a male dairy cow who was hand raised by us. Though it’s been more than a year and half that he lives with Anguses, he still seems to relate to us better than his own kind.











e0310424_22002102.jpeg


「もう帰っちゃうの?」

そんな目で見ないでよね。

仲良くするのよ、他の子と。

Bye, Gen. see you soon. Try to get on with your mates.












e0310424_07164671.jpeg


夫の甥っ子が遊びに来てくれました。

お医者さんの卵🥚

親族が訪ねて来てくれたのは初めてなので、夫は大喜びでした。


My husband’s nephew has been visiting us. The very first one from his side of family. So exciting.











e0310424_07563688.jpeg


彼は、これから南島に向かいます。


After the farm visit,!he departs to explore the South Island.











e0310424_07581543.jpeg


私たちは中国と日本の旅へ。

最近、旅はほぼモノトーンで決めてマス。

コーディネートが楽で身軽。

すべて面倒になってるワタシです。


And we are heading To China and Japan.
More to follow.










[PR]

# by BBpinevalley | 2018-10-28 07:04 | ニュージーランドの生活 | Comments(27)
2018年 10月 23日

村の公会堂で音楽を楽しみました/ Fun Music at Kaukapakapa Community Centre


e0310424_12073791.jpg


良いお天気が続いています。

ファームとしては、一雨欲しいところですが。


It's been very nice lately.
The farm will soon need some rain, though.













e0310424_12083486.jpg


先日、友人に誘われて、ここから30分ほどの田舎街に音楽を聴きに行ってきました。

Kaukapakapa(カウカパカパ)という面白い名前の田舎街の、さらに奥まった村の公会堂で開かれた音楽会です。

こちらは若者3人のグループ。

リーダーの女の子はアメリカ人のようでした。


Our friends who live in Kaukapakapa, which is about 30 minutes from our place, invited us to a live music event held at their villege's community hall. The hall is apparently one of the only 2 community funded & operated hall in the nation.
Here is a young threesome. The lead singer seemed to be American.














e0310424_12085241.jpg


こちらは渋いオジ様グループ。

バイオリン奏者も居て、熱が入ってマス。


And this is the seasoned male group.














e0310424_12090408.jpg


なぜか離れて隅っこで頑張るドラマーのオジさま。

ベレー帽が似合ってました。


Their drummer looked chic in his bellet hat.













e0310424_12100733.jpg


みんな一緒でも演奏しました。

なんでも、どこかのギグで一緒になり意気投合したとかで、今回の合同演奏会となったそうです。

若者とオジ様衆が意気投合できるなんて、音楽の威力はさすが。

聴衆も老若男女、和気あいあいでした。


They met at one of the gig in the city, and hit it off. That's how it came to this joint concert.













e0310424_12091981.jpg




e0310424_12112322.jpg


オリジナル曲から、ディランやスプリングスティーンやS&ガーファンクル等のオールディーズまで、いろんな曲が楽しめて、なかなか楽しかったです。

ライヴならではの臨場感、気分が高揚しました。


The event hall, small and intimate in the middle of nowhere, was a perfect venue for the music and our evening with friends.














e0310424_12491361.jpg


会場は、100年以上も続く村直営の公会堂で、小さく素朴ながら味があり、雰囲気満点。

大英帝国の傘下にあった時代の名残か、女王陛下のお写真が掲げられていました。


This community hall was established more than 100 years ago. New Zealand was very much under the Great Britain then.















e0310424_12242723.jpg


その翌朝には、夫とバドさんが湾にボートを出し、お魚をいっぱい釣ってきました。

バドさんはヒラマサも釣り、少しおすそ分けしてもらった。


The next day, my husband and Bud went out fishing on our boat in the bay and caught many snappers. Bud also got a king fish and a kahawai.













e0310424_12244482.jpg


一尾はシンクからもはみ出す大きさ。

ワタシ、お魚をさばくのって苦手なんですよねぇ〜

こんな生活が続くのなら、築地に修行に出なくちゃ。


So big, one of them barely fitted into my sink.
I'm really not good at filleting fish. If they are gonna keep giving me fish lke these, I better go and get trained.













e0310424_12245554.jpg


尻尾も見事にピンとしてる。

お刺身と焼き魚になんとか形を整え、美味しくいただきました。

翌日は、シンバにもあげました。


Tail fins of wild fish are beautiful. They must have fought hard when caught.
I managed somehow to make one into sashimi and the other grilled. As there were more than we could eat, Simba got some, too. He absolutely loved it.











[PR]

# by BBpinevalley | 2018-10-23 21:37 | ニュージーランドの生活 | Comments(14)
2018年 10月 19日

時間があると、やる気も起こる/ When Not Pressed For Time, You Do More


e0310424_10190006.jpg


娘も巣立ち、仕事も引退すると、時間がたっぷりできますね。

こういうのダメっていう方も居られると思いますが、ワタシ好きです。(歳を取ってもイイことってあるんだ!)

アレもしなくちゃコレもしなくちゃ、って思うの、苦手です。

お天気の良い日は、夕方になると夫とシンバと連れ立ってお散歩します。















e0310424_10191361.jpg


お嬢さんが大学に行かれてお寂しいでしょう、なんて言われるのですが、それが一向に……😅

彼女も楽しくやっているようだし、元気でさえ居てくれればクリスマスには会えるし、みたいな感じです。



この乳牛(もう名前もこんがらがって分からなくなりました)、とってもフレンドリーで、私とシンバを追いかけてきます。

白いロープには電流が流れているので、こちらには来れないのですが。















e0310424_10192809.jpg


ファームの入り口に、新しい郵便受けを設置しました。

一つはバドさん用、一つはロッジ用、もう一つは私たちの新しいお家用です。














e0310424_10194061.jpg


土台にした木は、うちのビーチに埋もれていた流木です。

かなり古いものだと思う。















e0310424_10201031.jpg


この逆光の写真、仮住まいのキッチンからの眺めですが、こんなに海が見えるようになりました。

海沿いに高い木が連立していたのを、新しくその土地を買った人が伐採してしまったのです。

この日は、白い雲を写して海も白くなっていますが、普段は蒼く綺麗な海が見えるようになりました。















e0310424_10203927.jpg


その海沿いの土地に、お散歩に行ってみた(知人なので、勝手に入れてもらちゃった)。














e0310424_10205542.jpg


右側のこんもりした木々の向こうが、我々のファームです。

海風が気持ちがいい。















e0310424_10211662.jpg


時間があると、お料理でもしようかって気になりますよね。

夫の好きなポピーシードケーキを作ってあげることに。

いつもならミックスにちょっと手を加えてホームメイド風にするだけですが、今日はイチから真面目に。















e0310424_10213070.jpg


このレシピ、やけに量が多くて、こんなに出来ちゃいました。

一つはバドさんに、もう一つはご近所に?














e0310424_10220852.jpg


グレーズなんて、甘いし面倒だから滅多にかけないんですが、今日はそれも。

ケーキ自体にはレモンジュースとおろし皮を入れましたが、グレーズにはオレンジの皮を入れました。















e0310424_10223541.jpg


こんな風にかけてみたりもして。














e0310424_10230379.jpg


オレンジの花が咲き始めて、その香りの良いことと言ったら!

香りだけはリンクできないですものね〜

残念。













[PR]

# by BBpinevalley | 2018-10-19 11:13 | ニュージーランドの生活 | Comments(22)
2018年 10月 12日

雨の日の過ごし方/ How To Spend A Rainy Day


e0310424_12195944.jpg


イエ〜ィ、雨だ。

待望の雨。

先日、ワイン畑に肥料を撒いたばかりなので、この雨が栄養を地面にたたき込んでくれるでしょう〜


Hooray, it's raining.
We've just finished fertilizing the vines. This rain will carry the nuturition down to their roots. Great timing.














e0310424_12194811.jpg


ここ、トイが詰まっているようです。

枯葉かな。

お掃除しないと。


It seems like there is a blockage in the gutter there. I have to tell my husband.















e0310424_12202292.jpg


雨の日には、まずベーキング。

コーヒーケーキを作っています。

コーヒー味なのではなく、パウンドケーキにシナモンクランブルが乗っかったようなモノ。

コーヒーと相性がいいからそう呼ばれるのかしらネ。


My favorite thing to do on a rainy day is baking.
I'm making a coffee cake.














e0310424_12182705.jpg


庭のマンダリンオレンジももう最後。

使ってしまわねば。

収穫も終わりの方になると、とても甘くなります。

ほとんどはジュースにする。


We had a huge crop of mandarins this year. They are so sweet. I have to hurry up and squeeze the remaining ones.














e0310424_12184667.jpg


今日のお花は、白いシャクナゲとカエデの葉。


A new arrangement on my desk.














e0310424_12190361.jpg


春になると、まずマジェンタ色(濃いピンク)のが咲き誇り、終わる頃にこの白が満開になります。

続いて、大ぶりの薄桃色のが咲き始める。

その後、NZ種なのか、香りの素晴らしい白いのが、11月ごろ満開になります。


It's a Rhododendron season now in New Zealand. In my garden, the magenta ones bloom first, then white, then pale pink.
Beautifully scented ones bloom last, usually in November.














e0310424_12203494.jpg


ランチは昨夜の残り物のピッツア。

ちょっとあっため過ぎた。


Leftover pizza for lunch. I heated it too much. (I put it in the oven and have forgotten about it, as usual)













e0310424_12204628.jpg


蒸したアーティチョークも食べました。

食べ散らかすのは、美味しかった証拠。


Our spring artichokes are so good. Scrumptious.














e0310424_12205945.jpg


一休みして、携帯でオンラインニュースを読む。

今日も驚くべきニュースがいっぱい。

トルコのサウジ領事館内でジャーナリストが殺されてバラバラにされたというハナシ、どうやら本当みたいですね。

トルコ政府がオーディオとビデオの証拠を持っているとか…

オソロシ----


In the afternoon, I sit down on my favorite chair and read online news.
It says that the Turkish government has audio and video recordings of that prove Khashoggi was killed inside the Saudi Consulate!
Amazing news every day.













e0310424_12244837.jpg


 アメリカ東部の旅で買った古いオルゴールボトル。

調べてみると、16世紀から続くオランダの酒造所製で、オルゴール部分はフランス製なのだそうです。

ストラウスの『青きドナウ川』に合わせて、バレリーナがくるくると回りながら可愛い踊りを見せてくれます。


We bought this old music bottle in a country antique shop near Cleveland. Made by an old Dutch liquor company using French music box mechanism from 1957 to 1978, quite many of them were apparently sold in Europe and the US. This one plays "Le Bleu Danube" and the ballerina dances to the music. Very sweet.













YouTubeで見つけたので、リンクします。

昔懐かしいオルゴールの音色、バレリーナの可憐な動き----

雨の日の午後、ぼうっと聴いているのにちょうどイイ。















[PR]

# by BBpinevalley | 2018-10-12 14:07 | ニュージーランドの生活 | Comments(29)