アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 22日

夕焼け、畑、サラミ、マフィン/ Back to Work at Aotea Organic Farm


e0310424_20032880.jpg


今日の夕暮れの空です。

オレンジ色の雲!

右上の白いポツンは月ですが、写真に撮ると実際よりもずっと小さく見えます。


Today's sunset.














e0310424_20034427.jpg


デッキのシンバも夕暮れ色に。


Simba is died in pink, too.














e0310424_20040288.jpg


さて、ファームですが、これがビワの木です。

毎年大きくなっている感じ。


This is the Loquat tree at the farm. It is getting bigger every year.















e0310424_20043279.jpg


ファームの畑では、美味しそうなものがそろそろ出来上がってきました。

このブロッコフラワーは少し小さめだけど、もう食べごろかな。


At the farm's veggie garden, vegetables are growing rapidly now.













e0310424_20053345.jpg


作物の間に植えているアフリカンデイジー。

これは気をつけないと広がっちゃうから、用心しよう。


I planted a few flowers amongst vegetables.
African daisies can spread quickly, so I should watch out.














e0310424_20044715.jpg




e0310424_20045756.jpg




e0310424_20051658.jpg


いろんな種類のアーティチョークも少しづつ大きくなってきました。


Different types of artichocks are growing as well.















e0310424_20064131.jpg


サラミ工場では、サンプル作りが進んでいます。

とにかく、燻製するのに時間がかかるので、サンプル作りも大変です。


At the salami factory on our farm, a new batch of salami samples are getting cured.















e0310424_20065920.jpg


ラグビーボール型のサラミ。

I liked the rugby ball salami.














e0310424_20055464.jpg


近くのカフェで食べた梨とチョコレートのマフィン。

スプーンでバターをこそげて添えているのが、ニュージーランドらしい。


The pear + chocolate muffin that I liked in a near-by cafe.















e0310424_20062695.jpg


家では、昨冬に冷凍したブルベリーを使ってマフィンを作ってみました。

ワシントンポスト紙のレシピで、どんなタイプのマフィンにも応用できます。

ビデオ付きなのでわかりやすいですヨ。


I made blueberry muffins at home using a step-by-step recipe on Washington Post. You can click the blue letters above to get to the recipe page.














e0310424_20061711.jpg


今日は街までドライブして、お友達とランチしました。

そのあと、中国人経営のカフェで、こんなに美味しいものをいただきました。

お善哉と黒ごま汁が半々になっていて、お餅が入っています。ナッツみたいなものも。

ほんのり甘いだけなので、いくらでも食べられて、お餅が逆に甘くて美味しかった。

しっかりランチしたあとなのに、別腹で完食しました。


This is a Chinese dessert made with Adzuki bean soup, black sesame soup and sweet rice cake. It's much less sugary than the Japanese version (Japanese ones are way too sweet) and I was able to finish the whole thing, even after a big lunch!










[PR]

# by BBpinevalley | 2018-09-22 21:55 | ニュージーランドの生活 | Comments(14)
2018年 09月 17日

戻った国は、春たけなわ/ New Life Starts in Spring



e0310424_06081536.jpg


ニュージーランドに戻ってみると、春になっていました。

ファームの枇杷の木は、枝もたわわ。

果実は日本のよりもずっと小ぶりで、見かけもイマイチですが、とても甘くて美味しいのです。

高いところに生ってるのは、全部鳥さんに食べられちゃう。


We've been back for a few days in the country where Spring is roaring.
On the woven tray are our Loquat fruit. They are small but sweet and flavorful. There are a huge amount of fruit on the tree, the top part of which are for the birds and the lower reachable part for us.












e0310424_06143207.jpg


庭のスモモの木には、満開の花が咲きこぼれていました。


The plum tree is in the midst of peak bloom.













e0310424_06144879.jpg


これが全部実になったらタイヘン。













e0310424_06150289.jpg


旅行前に収穫して食べたアヴォカドも、すでに蕾をつけていました。


in early August, we harvested our precious 7 avocados. Now the tree is covered with new buds.













e0310424_06151446.jpg


これは月桂樹です。

かわいい小さなピンクの花をつけています。


Dainty pink and cream color flowers are blooming all over our old Laurel tree.













e0310424_06153055.jpg


庭のマカダミアナッツの木。

すだれのような蕾がいっぱい。


Curtain-like buds on Macadamia tree.













e0310424_06154437.jpg


開き始めている花もありました。


Some of the buds are starting to open.













e0310424_06160683.jpg


まだ昨年の実が落ちないで残っているというのに…


While there are nuts still hunging on the same tree. We did not harvest the nuts this year again.















e0310424_06162875.jpg


友人に預かってもらっていたシンバ。

引き取りに行くと大喜びしましたが、すぐに私たちの車の周りを走り回り、娘を探していました。

「あの子はね、遠いところに行っちゃったんだよ。君にはしばらく会えないのヨ…」


While we were away, Simba was visiting his best (and only) friend, Theo.
When we went to pick him up, Simba was, of course, very happy to see us jumping up and down, but soon after greeting us, he went to look for our daughter rounding up our car.
Sorry, Simba, your sister now lives far away and you probably won't see her till next year.














e0310424_06165528.jpg


この冬は雨が少なかったそうで、牧草が不足しています。

サイレージ(牧草のお漬物)を買い足さなければならなかったそう。


The farm view from the new house site.
As there wasn't excessive amount of rain this winter, we had to buy some silages from another organic farm, we were told, while we were away.













e0310424_06172837.jpg


「うちの子たち、カメラを向けるとこっちを見てくれるのよね」ってバドさんに自慢すると、

「ちがうよ、牧草を貰えると思って寄ってくるだけさ」だと。


When I approach our Angus cows, they all come and greet me. …so I thought, but, according to Bud, they are just thinking that I would give them silage.













e0310424_06180078.jpg


自分の机の上に、庭からの切り花を生けると、嗚呼、ニュージーに帰ってきたなって思います。


So nice to just go out into garden and cut flowers for the house.













e0310424_06181648.jpg


特にこれからの時期、お花には困らなそう。


More and more varieties as Spring matures.














e0310424_06183794.jpg


娘の料理好きで、すっかり前線から引き下がっていたお母さん、

これから元のコック仕事に戻らなくては。


I'd had the full benefit of having a daughter who likes to cook for the last 10 months, but now I have to get back to work.














e0310424_06184915.jpg


パンを焼いただけで、どっと疲れた。

この歳で前線復帰はキツイです〜

これは敗けイクサかぁ…


I made some bread sticks, but that exhausted me.
I need to pump up some cooking muscle first…















[PR]

# by BBpinevalley | 2018-09-17 08:41 | ニュージーランドの生活 | Comments(25)
2018年 09月 11日

NYで「お誕生日おめでとう」/ Happy Birthday, Frank!


e0310424_13311695.jpeg


ワシントンD.C.から北へ4時間ほど走り、ニューヨークにたどり着きました。









e0310424_13342707.jpeg


ビルの谷間は暗いほど。










e0310424_13354894.jpeg


ニューヨークにやって来たのは、長年来の友人の70歳のバースデーパーティーにお呼ばれしたため。

しかし、ここも暑い😵💦










e0310424_13442854.jpeg


ニューヨークも駐車が大変なので、車はホテルに置いたまま、ひたすらウーバーを利用。

まずはMOMA(近代美術館)に行きました。











e0310424_13510864.jpeg


アート鑑賞の前に、最上階のカフェでランチ。

夫は昔のように強行軍で旅しなくなったので、助かってマス。

歳のせいでしょうね。










e0310424_14002079.jpeg


このコーンスープが、とっても美味しかった。

ワイルドライスやシソの双葉が乗っていて、少しサフランの香りもしたような。










e0310424_14062583.jpeg


夫とシェアしたチーズケーキも美味でした。

ダークチェリーとチーズケーキの組み合わせは、やっぱり最高。










e0310424_14144513.jpeg


下の階で展示の準備をしているのが見えます。

この建物は、2004年に谷口吉生氏がデザインしたもの。

近代アートを「見せる」スペースとしては最高だと思います。

鑑賞する人の流れもスムーズで和やか。









e0310424_14240099.jpeg




e0310424_14242671.jpeg




e0310424_14245439.jpeg


教科書に載っていたような絵画も続々と。










e0310424_14262740.jpeg




e0310424_14270668.jpeg




e0310424_14273541.jpeg




e0310424_14275636.jpeg


アートを観るのも面白いけれど、そのアート観ている人たちを鑑賞するのも楽しい。

さすがニューヨーク、実に色んな国の色んな人たちがいますネ。










e0310424_14311857.jpeg




e0310424_14315770.jpeg



このバスキアの絵、けっこう好きでした。

この街の雰囲気に合ってるのか----












e0310424_14354186.jpeg




e0310424_14360579.jpeg


このヘリコプターもビューティフルだと思った。

見事な機能美です。











e0310424_14374570.jpeg





e0310424_14381707.jpeg


大うけだったのは、中庭に展示された雪だるま。

冷凍庫に入ってるんですよね。

アートですね(笑)










e0310424_14404481.jpeg


で、いよいよパーティに。

その日は、まずはローワーマンハッタンのジャズバーで集合。










e0310424_14425552.jpeg




e0310424_14432476.jpeg


バースデーボーイ、70歳とは思えない若さでしょ。










e0310424_14453672.jpeg




e0310424_14462806.jpeg




e0310424_14473288.jpeg


音楽で始まるパーティー、すごくいい。










e0310424_14502146.jpeg


このピアノの彼が、若いのになかなか渋かった。










e0310424_14511788.jpeg


喝采するバースデーボーイ。










e0310424_14534631.jpeg


それからアップタウンまで場所を移動して、ディナー。











e0310424_14551770.jpeg


手際よく料理を準備するケータラーたち。









e0310424_14563115.jpeg


ブイヤベースがとっても美味しかった。

おしゃべりが楽しすぎて、後のご馳走は撮り忘れ。










e0310424_14584191.jpeg


皆さん、この暑さで海や山に避暑してたのか、日焼けしてる人が多いのが印象的でした。

冬の国から地球を半周して参加したのは、さすがに我々だけだった。

懐かしい人たちにも会えて、大いに笑って飲んで食べて、本当に楽しいパーティでした。

エンプティーネストだなんて萎んでいないで、遊ぶ老人になる意欲が出てきた(笑)













e0310424_15045943.jpeg


楽しかった旅も終わり、最後にクリーブランドでお嬢の顔を見てから、サンフランシスコに戻りました。

上の写真は、私たちが呼んだウーバーではないので、ご安心を-(笑)







[PR]

# by BBpinevalley | 2018-09-11 13:25 | アメリカ生活 | Comments(26)
2018年 09月 04日

ワシントンD.C.にて/ In the Nation’s Capital


e0310424_07575406.jpeg


ワシントンD.C.に来ています。

暑いですね〜、蒸し暑い。










e0310424_08011266.jpeg


1885年に建ったB&Bに泊まっていますが、家具もその時代のままだそうで、19世紀の雰囲気に満ちています。












e0310424_08081573.jpeg


さすが首都ですね、レストランも種々多数で、うまく選べば美味しいものには事欠きません。










e0310424_08111493.jpeg




e0310424_08132654.jpeg




e0310424_08141201.jpeg


古い住宅街は味わい深く、緑も多くて、スーツ姿の似合う外交官が今にも出て来そうなドアが並びます。










e0310424_08190129.jpeg


4泊くらいでは周りきれない数の美術館や博物館があります。

スミソニアンだけでも周りきれない。

写真左の建物は、今一番人気のアフリカンアメリカン美術館ですが、予約制なので行けないかも。










e0310424_08245039.jpeg


スミソニアンからいったん離れて、昨日訪ねたフィリップス美術館は、なかなか洗練されたコレクションでした。









e0310424_08284659.jpeg


私設の美術館ですが、フィリップスさんの個人宅だったという建物も素敵。

かつては音楽会もたくさん催されたそうで、なんと、かのグレン・グールドがここでアメリカデビューを果たしたのだとか。








e0310424_08341495.jpeg




e0310424_08345393.jpeg


グールドが弾いたというピアノ。(フィリップ・グラスなんかも弾いてます)

触るなと書かれてたけど、触りました。

これが触らずにおれるものかっ











e0310424_08375502.jpeg


ちなみに、これがその日のプログラム。

音楽好きな方用に。











e0310424_08395933.jpeg


こちら、スミソニアンのアメリカンアート館。

人物画館にも続いています。










e0310424_08423069.jpeg


人物画館に向かう前に、おバカな私は、自分たちのセルフィーを。

見えるかしら?












e0310424_10350182.jpeg




e0310424_10353239.jpeg


ポートレートというのは、本人が選んだ画家だったり、本人の注文が入ってたりするので、ひどい絵も多いですネ。

上、二番目の写真は、食についての著書で有名なMFK フィッシャー。

好きだった絵の中から2点。












e0310424_11062753.jpeg




e0310424_11071091.jpeg


ここからは、大統領のポートレートです。

オバマさんのは良かったけれど、ミシェル夫人はあまり似ていませんでした。










e0310424_11091147.jpeg


ノーマン・ロックウェル画のニクソン。











e0310424_11100768.jpeg


JFK

これもイマイチだった。











e0310424_11112797.jpeg


My Man, Teddy Roosevelt.

やっぱり、特別な親近感を感じてしまう。











e0310424_11151369.jpeg


ジョージ・ワシントン










e0310424_11161045.jpeg




e0310424_11173352.jpeg


ワシントンご夫妻の肖像画は、描き終えられなかったのも展示されていました。

これがなかなか良い感じだった。










e0310424_11212710.jpeg




e0310424_11221542.jpeg




e0310424_11225578.jpeg




e0310424_11233529.jpeg


新旧がバランスよく同居する建物群。

ステンドグラスも綺麗でした。

中庭だったスペースには大屋根が張られ、巨大な空間に。

最近、美術館を拡大する時に、よく使われる方法みたいですね。











e0310424_11303042.jpeg


歩きすぎてグッタリ。

お宿でくたばってマス。


携帯から投稿してるので、英語はお休みしています(タイプするのがタイヘンすぎる)








[PR]

# by BBpinevalley | 2018-09-04 07:51 | アメリカ生活 | Comments(25)
2018年 09月 01日

アメリカ東部の旅/ From Cleveland to Pittsburgh

e0310424_05001164.jpeg


東部の大学で勉強することになった娘を連れて、サンフランシスコを出たのは6日前。

荷物が多かったので、車を降りたところでチェックインしてしまいました。

とても便利なサービスです。











e0310424_05271413.jpeg




e0310424_05301329.jpeg


着陸したクリーブランドからレンタカーし、到着した大学はと〜ってもグリーン。









e0310424_05353446.jpeg


しかし暑い。

冬のようなサンフランシスコから来た私たちはぐんにゃり。

でもまぁ、これが普通の夏なのでしょうが----

(有名な政治家が亡くなったので、どこも国旗が半旗です)











e0310424_05400032.jpeg


学長サンにもお会いできて、フツツカな娘をしっかりお願いして来ました。












e0310424_05460576.jpeg


この日初めて会ったルームメイトと、大はしゃぎで部屋を準備するお嬢。

(ルームメイトは、大学側が決めます)











e0310424_05492099.jpeg




e0310424_12473813.jpg



e0310424_05502759.jpeg


出来上がり〜〜


翌日、娘にサヨナラして、私たちはちんたらとニューヨークまでドライブの旅に出ることに。

お嬢、元気でがんばるのだヨ。

クリスマスにサンフランシスコで落ち合おう!












e0310424_05532745.jpeg


クリーブランドは大きな都市ですが、周りはコーン畑が広がる田舎。

西海岸では見られない景観が楽しい。











e0310424_06091677.jpeg



e0310424_11352896.jpg


住宅や商店も、とてもトラッドな感じ。

アメリカの国旗がそこらじゅうに。

共和党員が多いんだろうな。











e0310424_06124119.jpeg


Medinaという街の広場で、シェークスピア劇のリハーサルをするグループ。












e0310424_06153887.jpeg


クリーブランド市内では、草間彌生の展示をする美術館へ。

草間さんは、今や世界の人気者ですね。











e0310424_06214002.jpeg


ここで、大学からクリーブランドツアーに来ていた娘にばったり会いました。

どこにでも現れるヤツだ。











e0310424_06333606.jpeg




e0310424_06340416.jpeg


よく似た顔の人たちを知ってる。

今も昔も、人の顔ってあまり変わってないんですね。











e0310424_06390859.jpeg


これは、紀元前3000年の女性の彫像。

こういう人は知らないなぁ。

でも、冗談抜きにモダンですよね。5000年前のものとは思えない。











e0310424_06422473.jpeg


その後、南東に2時間半ほど運転して、ピッツバーグにやって来ました。

思いのほか、雰囲気のある街です。












e0310424_06461674.jpeg


かつてYMCAだった建物を改造したというホテルを取りました。












e0310424_06511637.jpeg




e0310424_06514890.jpeg




e0310424_06525807.jpeg




e0310424_06542452.jpeg


ちょっと若向きだけど、なかなか可愛いホテルで、満足。










e0310424_08420443.jpeg


体育館だったスペースが、イベント会場になっていて、いい感じでした。

レトロですよね。












e0310424_08471983.jpeg


鉄の街として栄えたピッツバーグは、一時は廃れていたということですが、大きな川にいくつもの鉄橋が渡り、なかなか味わいのある街です。

フォトジェニック。絵になる。











e0310424_09154226.jpeg


ピッツバーグでは、このアーティストの美術館に行きました。

さぁて誰でしょう?

ピッツバーグ出身の人です。











e0310424_09185155.jpeg


この人です。

アンディ・ウォーホル。

今日は、アレサ・フランクリンのお葬式だったので、彼女のポートレートで。












e0310424_09223560.jpeg


剥製の好きな夫は、ウォーホルがだいじにしていたというライオンの剥製に見とれてる。











e0310424_09240470.jpeg




e0310424_09242845.jpeg


いろんなアーティストとのコラボも多く、58年の人生で膨大な作品を残したようですね。

なかなか見ごたえのある美術館でした。












e0310424_13125464.jpg


ピッツバーグには2泊し、今朝、ワシントンDCに向かって出発しました。











e0310424_10252633.jpeg


途中、かの有名なフランク・ロイド・ライトのフォーリングロックの家を見学に行きました。

すごい田舎にあるのでびっくり。











e0310424_10290836.jpeg


意外と小さな家ですが、相当メインテナンスのかかる建物。

元のオーナーが寄付してしまったのもうなずけるのデシタ。


ワシントンからニューヨークにかけての旅は、次回のアップで。









[PR]

# by BBpinevalley | 2018-09-01 04:56 | アメリカ生活 | Comments(28)
2018年 08月 25日

寒〜いサンフランシスコの夏/ The Usual Chilly Summer in San Francisco


e0310424_06475001.jpg


サンフランシスコに戻ると、どうもブログが途絶えがちになります。

やっぱり都会生活は忙しいですね。

社交にもショッピングにも、時間がかかる。


It's hard to find time to write blogs in San Francisco. We tend to shop more, socialize more and waste time on watching cable newsmore.














e0310424_06565086.jpg


お嬢の大学生活の用意もあって、お買い物にもなんども出かけました。

やっぱり全てオンライン注文というわけにもいかない。


写真は、ケーブルカーが終点に接近しているところ。

手前の円の中に乗り入れ、車掌さんが手動で電車を逆方向に向けます。


We are particularly busy this time to prepare for our daughter's departure.















e0310424_06581823.jpg


ここのところ曇りがちで、涼しいというよりも寒い日が続いています。

この写真を撮った日など、襟にファーがついたコートを着て出かけました。


It's been cloudy and cold these past several days. I was wearing a winter coat when I shot this photo.















e0310424_06570741.jpg


朝から霧が張っていて、家の中でも灯りをつけています。

ちょっと散らかっていますね。

でも、ここはまだ良い方で、他は娘の引越し荷物でもっとひっくり返っています。


So gloomy outside. I have to turn on the light from the morning.















e0310424_06575162.jpg


アメリカは、トランプの身辺が総崩れになってきて、騒然としています。

ニュース速報が多すぎて、こちらも落ち着かない。


There are so many breaking news lately and my phone keeps beeping. It is really an amazing situation the US is in at the moment.















e0310424_06580734.jpg


それにしても、あんなヤクザみたいな大統領を、未だに支持
している人たちが40%もいるという事実には、驚嘆せずにはいられません。

アメリカの民主主義の政治機構は、もう作動しなくなっているのか…


A mobster-like man is sitting as our president, and 40% of the population is supporting him. It is a stunning and very sad reality.














e0310424_06582554.jpg


夫が到着したので、車は治してくれたのですが、便利なので相変わらずウーバーを利用しています。

この日の運転手さんはヨーロッパ訛りで新米さんだったのか、娘がAPPの使い方や近道を教えたりしていました。

しかも、リンカーンのナビゲーターという豪華な大型車を運転していて、これじゃガソリン代が嵩むだろうなぁなんて、心配になりました。


My husband arrived a few days ago and he had the car fixed. But my daughter and I are still using Uber quite a bite because it's so convenient.
Usually Uber cars are small to midsize, energy efficient cars, but we had a rare Lincoln Navigator picked us up the other day. The driver, who had a European accent, didn't seem to know how to use the Uber App very well nor the road.















e0310424_06572004.jpg




e0310424_06573237.jpg



裏のくるみの木が、たくさん実をつけています。

秋には、美味しいくるみがいっぱい出来そう。


The walnut tree in the back has so many fruit this year. It reminded me of our farm…















e0310424_06584397.jpg


お嬢のケーキで締めくくり。

レモンシフォンケーキの季節フルーツ乗せ。


Lemon Chiffon cake with seasonal fruit. My daughter made it, as you correctly guessed.















e0310424_06585145.jpg


こちらも、同じレモンシフォンケーキがベースです。

6月にNZまでオペラを見に来た友人が夕食に誘ってくれたので、これを持参することに。

あのオペラで主役を演じたぺネさんもいらっしゃいます。

楽しみ。


She made it with only strawberries today.
We are taking this to a dinner party tonight.









[PR]

# by BBpinevalley | 2018-08-25 09:15 | アメリカ生活 | Comments(26)
2018年 08月 19日

メガネ、なくしちゃった〜〜/ Oh, No, I Lost My Glasses


e0310424_07470726.jpg


飛行機の中にメガネケースを忘れてきてしまい、読書中毒者としてはメガネなしには夜も寝付けない始末。

ニュージーランド航空の落し物係は、電話にも出てくれなくて最悪です。あとで苦情を言うつもり。

というわけで、昨日は朝から眼科に行ったり、メガネ屋さんに行ったりで1日を過ごしました。

メガネのJ!NSがサンフランシスコにもできて、便利です。


I left my eyeglass case which housed 2 pairs of my everyday glasses on the flight from Auckland. As I cannot go to sleep without reading, I was in trouble immediately from the night we arrived in San Francisco. I spent the next day calling Air New Zealand's office of lost and found, but they didn't even answer the phone. Terrible. I am determined to complain to their main office in Auckland.
Anyway, I had to buy two new pairs of glasses, which I did. We now have an excellent eyeglass store called "J!NS" from Japan, where they can make your prescription glasses in 30 minutes.















e0310424_07495542.jpg


夫の会社に停めてあったスバルは、バッテリーが上がっちゃったのか動かず、夫が来週戻るまで車なしで過ごすことにしました。

最近、ウーバーがあるので、車なんて無い方が楽かも。


Also, my car which was parked at my husband's office didn't start. It must be the battery.
I decided to leave the car there until my husband arrives here next week. We can use Uber.















e0310424_07491378.jpg


なので、テクテクとよく歩いています。

時差ぼけには、①日光に当たる、②運動する、③水を飲む、のが良いそうだから。

(上の写真:別に歯医者に行ったわけではありません。古めかしくて、可愛い歯医者さんだなと思って)


My daughter and I are walking a lot. Getting excercise and sun is the best remedy for jet lag anyway.















e0310424_07485516.jpg


歩道に座り込んで、子犬に話しかける坊や。

どちらも可愛いね。


A boy talking to a pup on the street.














e0310424_07474098.jpg


ブーゲンビリヤとネムの花が咲く通り。

ちょっと写真がまずかったわネ。


Beautiful bougainvillea and silk trees.















e0310424_07475235.jpg


車がないので、ショッピングも近所の青空市で。

サンフランシスコはオーガニック天国。

市内でも、農家から直送のものが買えます。


Organic products are big in San Francisco. You can buy beautiful vegetables and fruit fresh from nearby farms.















e0310424_07481522.jpg




e0310424_07482661.jpg


ニュージーランドドルに換算すると「高いな〜」って思いますが、でも美味しい。

オーガニックで、よくこんなに綺麗に作れるものダ。

感心。


I must say they are expensive especially when converting to the New Zealand dollar, which is quite weak at the moment.
But they are so pretty and delicious. Impressive.













e0310424_07483694.jpg


娘が作ってくれたヘルシー・ランチ。

バジリコとチーズのスコーンとエアルーム・トマトです。


My personal chef (my daughter) baked pesto-cheese scones for lunch.














e0310424_13543370.jpg


ずーっと昔、夫と知り合った頃にパリで買った絵。玄関にかかっていました。

アルジェ近くの港の絵で、幅は1メートルほど。

前に来た時に、夫がかけて行ったのでしょう。

しまい込んでいたのか、存在すら忘れてた。

なんだか、古い友達にバッタリ出くわしたような気分でした。


An oil painting depicting a port scene in Algeria in the early last century. We bought this painting long time ago in Paris and hung it in our house on Townsend Street. After we sold that house, my husband packed it somewhere and I'd forgotten about it till I saw it this time in the foyer of our synagogue house. My husband must have found it and hung it last time he was here.
I felt like I had run into a dear old friend who had long been lost.











[PR]

# by BBpinevalley | 2018-08-19 12:48 | アメリカ生活 | Comments(30)