人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 20日

人生、これで何度目の引越し?/ How Many Times Have You Moved in Life?


e0310424_19215082.jpg


すっかりギャレットにはまってしまって、リンゴを足したり、ルバーブの量を変えたりして、毎日のように作っています。


My daughter and I are hooked on making galettes these days. We are experimenting with different crusts and fruit and sweetness.














e0310424_19225272.jpg


今回のは娘との合作で、彼女が美味しいパイ生地(全粒粉が半分)を作ってくれたので、中身は私が。

美味しかったので、半分はバドさんにあげました。


This one is our collaboration. My daughter made the crust with 50% whole wheat, and I made the fruit part.
It was so good that we gave half of it to Bud.













e0310424_19230424.jpg


こちらも、合作といえば合作。

私が作ったピスタチオ・パスタのソースが残っていたので、娘がカルボナーラに混ぜ込みました。

すごくリッチなお味。(濃厚という意味です)


I suppose this one is a collaboration, also.
My daughter cooked Carbonara but she added some of the pistachio pasta sauce I made,
Very rich and tasty.














e0310424_19233919.jpg


そろそろ、引越し荷物を作り始めようと、箱を準備したものの、片付け始めるとすぐに『モノ』に引っかかってしまうのがワタシです。

今日は、アクセサリーのところでつまずきました。

イヤリングをつけてみたり、銀を磨いてみたりしていたら、夫が帰ってきて、「また遊んでる」と言われてしまった…


I started packing for the move but soon got sidetracked. I have trouble getting things done when I pack things, as "things" often put a spell on me.














e0310424_19235123.jpg


すぐ横道に逸れてしまって、物事をサッサと片付けてしまえない性格です、残念ながら。

写真は、昔、好きでよく使っていたネックレス。

ティファニーのハートや、ヴェニスで買ってきたガラスビーズをチェーンで繋いで作りました。

しばらくビーズ遊びもしていません。


The pictured is the necklace I used to wear a lot. I threaded a Venetian glass bead, a Tiffany heart and others with a chain.















e0310424_19240753.jpg


初っ端からつまずいていたら、引越しも先が思いやられます。

引越しと言えば、これで私は何回めの引越しだろう?

日本人は人生で4〜6回引っ越すそうですが、アメリカ人は12回だって。


As the way it's going, it will be a long process for us to move.
I wonder how many times I have moved in my life?
I heard the average Japanese move 4~6 times in their life time, whereas Americans move upwards of 12 times.














e0310424_19241866.jpg


私は学生時代に引越し魔だったので、それも入れれば優に20回は超えてるかも。


I used to be addicted to moving when I was a student.














e0310424_19242894.jpg


ニュージーランドに本拠を変えて以来、これが4度目の引越しです。

これが最後になるかも。

養老院に引っ越さなくてもよければネ。


In New Zealand, this is the fourth move.
Hopefully this will be the last.














e0310424_19574970.jpg


そんなことにはお構いなく、のんびりお昼寝のシンバ殿下。

荷造りする荷物も無いしね。


Simba can't care less. He has almost nothing to pack.












# by BBpinevalley | 2019-07-20 00:03 | ニュージーランドの生活 | Comments(17)
2019年 07月 17日

霧雨のファームとミニコンサート/ Misty Farm & Violin Duet Concert

e0310424_19215327.jpg


雨の日は気温が上がり、晴れると冷え込みます。

雨の日でも、ずっと降り続けることは珍しいですね。

だいたい、降ったり止んだり。


When it's sunny, the temperature goes down, and when rainy, it gets warmer.














e0310424_19213134.jpg


マフィンみたいな夕暮れ雲。(夫は、ゾウさんがピンクの雲を担いで座ってるようだと…)

よく見ると、そのマフィンの下だけ雨が降っています。


Doesn't the cloud look like a muffin? Or an elephant sitting under an orange cloud?
When you look closely, it was raining only under that cloud.













e0310424_19220865.jpg




e0310424_19225297.jpg


霧雨が降っていて、光があちこちに跳ね返ってる。

このあたりでは典型的な冬の景色。


I like misty winter views like these.














e0310424_19231036.jpg


南島からオーガニック農場を経営してられるご家族が遊びに来られ、ファームをご案内しました。


A family who owns an organic farm in South Island arrived today to stay at our cottage for a few nights. We took them around to show our farm.














e0310424_19232773.jpg


だいぶ出来上がってきた家にもご案内。

焼き杉の外壁も完成していました。

雨のあとで、かなりぬかるんでいましたが。


We took them to show our new house nearing completion.
The outside walls were already cladded with burnt cedar.














e0310424_19243426.jpg


フロアーの石板も敷かれ始めていました。


The stone floor was in the process of getting set.















e0310424_19244454.jpg





天井からぶら下がってるのは、暖炉です。

回転して、オープンファイヤーを好きな方向に向けられるそう。

オーストラリアで作られている暖炉だそうです。


The thing hanging from the ceiling is a fireplace. It turns














e0310424_19250946.jpg



e0310424_19252307.jpg


外に置かれて雨風にさらされていた石板は、少し濡れていました。

乾くと、もう少し白い色になるそうです。

石板は重そうだし、タイル職人さんたちは大変だと思います。


As the stone pieces had been sitting outside, they were still damp from rain. They will turn into lighter color when dried.













e0310424_19255748.jpg


さて、こちらは、お嬢が昨夜作ってくれたディナー。

パパが狩りしてきた鹿肉のソーセージを、飴色にソテーした玉ねぎと、スープで蒸したキャベツに合わせたもの。

キャラウェイシードの味が効いていて、美味しかったです。

そのお嬢は、今日、無事にミニコンサートを終えることができました。


This is a dish my daughter cooked for us last night.
Deer sausages (my husband hunted the deer) with caramelized onions and soup infused cabbage. It was very tasty.
Today, the concert my daughter put together with her friend, Kenny, was a success.















e0310424_19261508.jpg


ハイ、フォトタイムだから眼鏡を取りましょう。


Photo time. Let's take off the glasses.













e0310424_19350563.jpg


ケニー君、なかなかハンサムボーイですね。


The duo.














e0310424_19345390.jpg


緊張が緩んで、可笑しな顔してるお嬢。


They seemed satisfied with their performance.














e0310424_20061191.jpg


ミニコンサートにミニハイティー。

とても美味しくいただきました。

Dusky Rose Tea & Antiqueさん、どうもありがとうございました。


Thank you, Shizue at Dusky Rose Tea & Antique.
The mini high tea was scrumptious.














e0310424_20062462.jpg


お母さんが緊張しても仕方ないのですが、久しぶりにハラハラしました。















# by BBpinevalley | 2019-07-17 00:15 | ニュージーランドの生活 | Comments(30)
2019年 07月 13日

嵐の前の静けさ?/ After a Calm Comes a Storm


e0310424_15361038.jpg


うちのニワトリは冬でもけっこう卵を産んでくれるので、卵には困りません。

朝ごはんに、デザート作りに、フレッシュエッグは活躍しています。


Our chickens lay eggs in the midst of winter.
We have a supply for all of us.














e0310424_11224505.jpg


そのニワトリの世話をしてくれていたマイユール君、三ヶ月のステイを終えて、今朝、元気に帰って行きました。

写真は、彼のお兄さんが撮った彼らの故郷、南フランスの風景。

お兄さんはハンターなのだそうです。

プロヴァンスって、綺麗なんですね〜〜


Mayeul, who had been in charge of taking care of the chickens, finished his scheduled 3 months and departed this morning for his homeland.
The photo was taken by his hunter brother, of Provance, France where they are from.
So beautiful.















e0310424_11225979.jpg


夢のよう。

It's dream-like.














e0310424_11055195.jpg


8月になれば、毎日引っ越しで大変になると思います。

のんびりできるのは今だけ。

嵐の前の静けさ。


We are expecting a horrific moving task ahead in August.
But for now, days are calm enough for us to take occasional walks to the beach.















e0310424_11055940.jpg


毎日、違う顔を見せてくれる海。


After a calm comes a storm.















e0310424_11031154.jpg


虹もしょっちゅうかかります。

この日は、よく見ると何重にもかかっているような…


We have rainbows often.
This one seems to have faint layers around it.















e0310424_11221747.jpg


これ、アップしようと思いながら忘れていましたが、昨年の暮れ、京都で買ってきたのでした。

お侍さんの道中着だそうです。

寺町通の古布を扱うお店で買いました。


I meant to upload this Samurai traveling-coat I bought in Kyoto, and have completely forgotten about it.
It's made of heavy cotton and totally lined.













e0310424_11222886.jpg


とても状態が良くて、何度も着た様子はありません。

それでも、ちょんまげを結ったお侍が、これを着て東海道など歩いたかと思うと、想像が膨らみます。

新居の壁にでも飾るか、もしくはパーティーの時に夫に着せるか…(笑)


Beautifully hand sawn, the coat is in an excellent condition though it's at least 150 years old.
It's fascinating to imagine a samurai had worn this and travelled on foot in feudal Japan.
We may display it on the wall of our new house, or let my husband wear it at an occasion.
It may look good on him over t-shirt and jeans.














e0310424_11231361.png


お嬢は、仲良しのケニー君と、アルバニーのカフェで小さなコンサートを開きます。

”Dusky Rose Tea & Antique”という素敵なカフェで、ミニ・ハイティーが出ます。

曲目は、ヴィヴァルディの2台のバイオリンのための協奏曲A-Minor、ショスタコーヴィチのバイオリンデュエット組曲、コレリのラ・フォリア、そしてドヴォルザークのヒューモレスクです。

私を通過しますと、ハイティーがお友達価格になりますので、ご連絡くださいネ。



My daughter is going to have a small concert this coming Tuesday at a cafe called Dusky Rose Tea & Antique in Albany.
She is going to play a duet with her good friend Kenny Li, pieces by Vivaldi, Shostakovich, Corelli and Dvorak.
Please contact me for reservations.















# by BBpinevalley | 2019-07-13 14:35 | ニュージーランドの生活 | Comments(26)
2019年 07月 09日

サーモン、我が家風/ Grilled Salmon à la Maison


e0310424_11174473.jpg


先日三人でオークランド市内に出た時、こんなベントレーを見ました。

つや消しのカモに塗りつぶすだなんて、よほどお道楽な人でしょうね。

ナンバープレートは消しておきました。


We saw a Bentley painted in camo on Ponsonby Street in Auckland.













e0310424_11180303.jpg


そのあと、ダンテと言うお店に美味しい炭焼きピッツァを食べに行きましたが、そこで知人に出会ってデリシャスな噂話を聞かされ、食事はそっちのけに成ってしまいました。

従ってピッツァの写真もないわけですが、お嬢だけは熱心に食べていました。


We were on the way to a wood-fired pizza place nearby.
But we ran into a friend who subsequently told us an amazing story about someone we know, and our attention flew away from the pizza. We ended up with no photos of the pizza, but our daughter seemed to have enjoyed the dinner.














e0310424_11210090.jpg


娘が帰ると、いつもよりお客様の出入りも多くて、いただきものも多いです。

この蘭、窓際に置いたら、どんどん咲きます。


Since our doughter has joined us, we have more guests than usual.
One of those guests gave me this pretty orchid, which keeps blooming happily at the windowsill.














e0310424_11211975.jpg


お庭に咲いたからと、ご近所から頂いた椿。

少し咲ききってしまいましたが、色といい花弁の重なり具合といい、とても愛らしい。


Our neighbor gave us some beautiful camellias from her garden.
Lovely color and shape.













e0310424_11214540.jpg


こちら、お客様をした時に、お嬢と一緒に作ったサーモンのグリルです。

右側にべったりと乗せたのは、四川味ピー(わさびピーみたいなの)をスタンドミキサーで砕いたもの。

わさびピーだと代わり映えしないので、四川ピーにしてみました。

スパイシーすぎてダメな人がいるかもしれないので、半分はレモン乗せ。


The other night we had a good-bye dinner for Mayeul and invited some of our neighbors.
They loved this grilled salmon with crushed spiced peas (Asian snack peas with sichuan spices).
We had salmon with crushed wasabi peas but this is an altered version.














e0310424_11215500.jpg


大成功で、皆さん舌鼓を打ってられた。

上が、その四川スパイスピーです。

中華マーケットで見つけました。

花胡椒や唐辛子の味が効いていて、おやつとしてもナカナカです。

お試しあれ。


It was a big hit.
The photo shows the bag of spiced peas. You can find them in any Chinese market. They are quite good as is and with beer.














e0310424_11145757.jpg


お天気、相変わらず、降ったり止んだり晴れたり。

上の写真は、雨のすぐあとにデッキから撮りました。


It's been chameleon-like weather, sunny for 10 minutes, then pouring with rain.
The above photo was taken right after one of those rains.














e0310424_11142853.jpg


お友達のY子さんとお嬢と三人で、マイユール君からフランス語を習っているのですが、思った以上にムツカシイ〜

大学で一学期だけ取ったのなんて、まるっきりお頭に残っていません。

イタリア語は、少なくとも発音やスペルが簡単。

フランス語は、口がひん曲がりそうです。


My daughter and I, along with my friend Y have been taking French lessons from Mayeul, but our progress is slow.
Not only is the grammar complicated, the spelling and pronunciation are also super difficult.
We need a mouth and brain massage straight after each lesson.













e0310424_11144626.jpg


これはちょっとシュールな感じの写真ですが、お嬢がマイユール君とデル嬢を散歩させた時に撮ったもの。

ファームの一番奥のパドックです。

夕暮れになるとフェアリー(妖精)が茂みから出てきて踊り出すとの言い伝えがあって、『フェアリー・パドック』と名付けられています。

見てみたいものです、その妖精たちのダンス。


This photo is of our end paddock called the "fairy paddock," which borders the bird sanctuary.
My daughter took Del for a walk with Mayeul and took this picture.
The name "fairy paddock" comes from folklore that fairies appear at dusk from the bush and dance around.
I wish I could see the sight like that.















# by BBpinevalley | 2019-07-09 13:44 | ニュージーランドの生活 | Comments(28)
2019年 07月 04日

アオテアロアの愉しみ方/ Life in Aotearoa, July '19

e0310424_11381455.jpg


こういう雲を見ると、『アオテアロア』というマオリ語の国名は当たってるなぁと思います。


The Maori name for New Zealand, "Aotearoa", means "the land of long white cloud".














e0310424_11383045.jpg


マオリ族の人たちが小舟でこの島にたどり着いた時、きっとこういう雲がたなびいていたんでしょうね。

(注:アオテアロアとはマオリ語でニュージーランドのこと。『白い雲がたなびく国』という意味です)


The cloud formation is beautiful here.
When the first Maori people arrived here, the clouds like these must have been floating on the blue sky.














e0310424_11385629.jpg


ファームでは、グラスハウスの建設が始まっています。

前のB&Bに建てたものより、面積的にはずっと広そうです。

三棟続きになっていますが、花や野菜を育てるのは一棟だけで、あとは憩いの場になりそう。


At our Aotea Organic Farm, the construction of the glasshouse has started.
Three houses are lined up and connected by openings inside. It is scheduled to be completed bu the end of this month.















e0310424_11392347.jpg


お嬢は、相変わらず美味しいものを作ってくれます。

朝起きると、こんな朝食が待っていたり。

でも、お母さん、こんなに食べられないワ。


We have been blessed with our daughter's cooking everyday.
We wake up to delicious breakfast every morning like this.















e0310424_11395681.jpg


最近のデザートのヒットは、ココナッツタピオカ。

上にかかっている緑色のは、パセリではありません。

ライムの皮のおろしたの。

爽やかで、とっても美味しかったです。

お父さんもお母さんもタピオカが大好物なのデス。


We loved the coconut tapioca pudding.
The sprinkled lime rind gave such refreshing flavor to the dessert.















e0310424_11401877.jpg


昨日から、娘の高校時代の仲良しが7人も来ていて、コッテージでお泊まりのガールスナイトだったので、久しぶりに夫と二人になりました。


Seven of my daughter's high school friends arrived at the farm yesterday and they had a sleep-over at the cottage.














e0310424_11411613.jpg


お料理の仕方を忘れそうになってたお母さん、久しぶりにデザートを作りました。

菜園のルバーブに、冷凍していたお隣のブルーベリーを混ぜ、うちのマカデミアナッツペーストを加え、市販のパイシートで包んでギャレットを作りました。

お砂糖の量などはテキトー。

コーンスターチを少し入れたかな。


I had to remind myself how to cook last night♡
I made an easy fruit galette with rhubarbs from the farm and blueberries that I froze last summer.













e0310424_11414553.jpg




e0310424_11442349.jpg


いい加減に作った割には美味しかった。


It was pretty good.













e0310424_11443111.jpg


キッチンには楽しいティータオル。 ワンがぬっと現れて「こんにちは」って言ってくれる。

私は、旅先でティータオルを買うのが好きです。


I love this tea towel. The dog says hello to me when I'm cooking.














e0310424_12225797.jpg




e0310424_12230816.jpg


相変わらず、晴れている時にはトレールを歩いています。

食べ過ぎですので、運動しないとネ。

いくら食べても太らないはずだったワタシも、ついにお腹が出てきた感じ。

歳には勝てない。


I am eating too much good food and getting fat.
Walking on the farm trail is the perfect exercise to burn off the calories that I'm consuming.















e0310424_12232161.jpg


トレール歩きでは、行くたびに面白い写真が撮れます。

これはマングローブの根っこ。


Often I bring my camera because I like taking pictures of nature.
This is a root of mangrove on our beach.














e0310424_12224615.jpg


森の中の光も、いつも違っています。


Simba loves the trail, too.















e0310424_12233203.jpg


冬でも生ける花には困りません。

いつでも何か咲いてる。

もうすぐコブシが満開で、椿も各種開き始めました。


Even in winter, there is always something blooming.
Soon our ribbon magnolia will be in full bloom, and various kinds of camellia have started opening their petals.













e0310424_12234068.jpg


これは、iPhoneに入っていたスローシャッターというAPPを使って撮りました。

こんな機能があったなんて、知らなかった(もう何年になる、このiPhone?)


I took this photo using the application called "Slow Shutter" on my iPhone.
I didn't even know I had this app.













e0310424_12235942.jpg




e0310424_12241054.jpg


面白くて、乱用しています😃


It's kinda fun.














# by BBpinevalley | 2019-07-04 00:01 | ニュージーランドの生活 | Comments(34)
2019年 06月 30日

今年も折り返し地点ですネ/ The Year Reaches Midway Point


e0310424_18135220.jpg


週末は、最近には珍しく、通して晴れでした。


It was nice to have a sunny weekend for a change.













e0310424_18140379.jpg


やっぱり晴れると気分も高揚。

冬でも外に出たくなります。


The air was clear and crisp.














e0310424_18385468.jpg


ファームでは、サラミや薫製肉のお味見会がありました。

コンサルタントのウィルヘルムさん(左)と、プロダクション係のバンケッジさん(右)です。

私と娘も招かれて、甘いの辛いのと、心置きなく品評させていただきマシタ。


At our farm's salami factory, my daughter and I were invited to the tasting session.













e0310424_18474972.jpg


ラムの薫製したの。

とても美味しい。


It takes a long time to make sample salami because they have to be smoked and cured for many months.
I hope some of our opinions will help.














e0310424_18400221.jpg


鴨肉のパテ。

これも美味しかったですね〜

娘は肝類はダメだからパス。

そろそろ注文も来始めているようで、スタートは順調のようです。


Besides salami, there were cured lamb and duck pâté.
They were very tasty as well.














e0310424_18141657.jpg


お味見会のあとは、いつものようにシンバを連れてトレール歩き。

草の中に、こんなキノコを発見。


On Saturday, I walked the trail with Simba.
I found a pretty mushroom in a grassy area.














e0310424_18142315.jpg


蹴っても崩れず、楚々とした綺麗な形をしていました。


It didn't crumble when kicked but came off the ground.
It had a long stem.














e0310424_18143555.jpg



e0310424_20081827.jpg


これは、シダの新芽でして、ニュージーランドのシンボルのひとつ。

伝統的なアートやデザインによく登場します。

クルッと巻いている先端の直径は10センチ近くありました。

食べられるものもあります。


This is a new growth of NZ's native fern. Depicted in many native arts, ferns are the symbol of New Zealand.
The diameter of the top round part of this shoot was almost 10 cm.












ずっと以前、このブログを始めた頃、森で採取したものをお料理して食べる会の様子をご紹介したことがあります。

自然の中には、採って食べられるものが、意外とたくさんあるからびっくり。

お時間があれば、クリックしてご覧になってください。













e0310424_18321732.jpg


森の奥、原生林のシダは巨大で、2階建ての建物ほどの高さのも有ります。


Some of the giant ferns in our forest are as high as 6~7 meters.














e0310424_18360543.jpg


トレール歩きの帰り、道路沿いに家に向かってシンバと歩いていると、すぐ近くでガサガサと物音。

見ると、真横に牛たちが。

目が合っちゃって、シンバも唖然としていました。


On the way back home on Shelly Beach Road, Simba and I ran into a group of young cows grazing alongside of the road.














e0310424_18362277.jpg


まだ若いボーイズたちですね。

お向かいのファームの子。

可愛いな、って思うのは私だけかしら?

ファームに来てから、牛フェチになってるワタシです。


They are the young boys from the farm across the way. They are curious and very cute. Simba must have thought so, too, as he didn't bark at them at all.














e0310424_18393426.jpg


どこに焦点が合ってるのか分からない写真ですが、ファームで採ってきた水仙を机の上に飾ってみました。


Hard to focus on delicate flowers like these.
Paperwhites started opening its petals here and there at our farm.














e0310424_18364200.jpg


これだけで、香りがムンムン。

居間からキッチンまで、その香りに制覇されてます。


The scent is incredibly strong. It dominates the entire living room.













e0310424_13483779.jpg


一夜明けた後、もうこんなに開きました。

匂いでクラクラしてます。

今年のターニングポイントは、この香りでキマリました。


They bloomed this much overnight.
It's the scent of winter.
















# by BBpinevalley | 2019-06-30 20:40 | ニュージーランドの生活 | Comments(28)
2019年 06月 27日

雨量、高橋レオ君、羊、バドさん/ Rain Fall, SailGP, Sheep, Bud


e0310424_19155831.jpg


先日、庭の木から少し採ってみたマカデミアナッツ、ほとんどどれも口を開きました。

中に見える茶色い殻が、恐ろしく硬いのです。

緑の外皮を剥がして、硬い殻を乾燥させてから、トンカチで割ろうかな。


Almost all the macadamia nuts that I harvested from my garden have cracked their green shells open and are now showing their hard brown hull.
After some more drying, I shall perhaps hit the hull with a hammer.














e0310424_19162728.jpg


最近よく雨が降っているように思いますが、やはり今年は、例年の雨量に追いついていないようです。

秋口にまったく降らなかったからネ…


It's been raining quite a bit lately, but we are still way behind the annual rain fall rate. The dry autumn is the dragging factor.














e0310424_19164497.jpg


こんな風にお天気の良い日は、シンバとデッキでまったり。

向こうに見える海が青い。


When the weather is nice, I stay on the deck to enjoy the sun with Simba.














e0310424_19165953.jpg


しかし、どんな物音にも反応して、すぐに身構えるシンバ。

番犬の役目だけは果たしてくれています。

とにかく吠え声が凄まじいから、こんな犬の居る家に、悪さをしに来る人が居ようはずもなく。


But he reacts to any unusual sound or sight to diligently guard the house and to protect us.
He is a good guard dog. (not that we need such guarding in the countryside like this)














e0310424_19204838.jpg


ニューヨークで開催されていた、オラクル社の主催するセイルGP(SailGP)で、日本チームが優勝しましたね!

100キロもスピードの出るカタマラン型のスーパー・ヨットで競う、ダイナミックな競技です。


Team Japan won the SailGP race which was held in New York a few days ago.
SailGP is a yacht race of ultra high performance catamarans; the brainchild of billionaire Larry Ellison of Oracle.














e0310424_19205562.jpg


仲良しのKさんの坊や、レナード君が最年少メンバーとして参加しているのです。

左から二人目の長髪のイケメンがレナード君。

小さい頃から娘とも同じ学校だったので、家族で大興奮して応援しています。

来年のオリンピック選手候補でもある。


The youngest team member is Leonard Takahashi (Fry), son of my good friend K, and schoolmate of my daughter. Leonard, second from the left in the above photo, was always good at any sports he tried growing up and won numerous awards. Now over 6" 3' (193cm), he is also a strong candidate to represent Japan for the Olympic yacht race.













レースの模様はここで。

ニューヨークの摩天楼を背景に、ハドソン川でのエキサイティングな試合の様子が観られます。

小さい時から、何をやっても優勝してしまうレナード君でしたが、ついに世界の舞台に乗り出しました。

日本では、『高橋レオ』と呼ばれているよう。

皆さん、応援してくださいネ!


You can view the summary of the game here.
It is so exciting to see him on the world stage. Can't wait for the next race.














e0310424_19173377.jpg


さて、私と娘は、昨日はファームのお手伝いでした。


Back at the farm, my daughter and I helped a bit yesterday.













e0310424_19174425.jpg


道路脇に隠れて、待つことしきり。


We waited off the road in front of our house, hiding...














e0310424_19175317.jpg


なかなか来ないから、綺麗なお花の写真など撮って時間を潰す。














e0310424_19192493.jpg


あ〜、来た来た。やっと来た。

羊さんを半分ほど、お隣さんの果樹園に移動させるのに、途中で脇道に逸れないように私たちがガード役を務めたのです。


Finally, they came.
Some of our sheep needed to be moved to our neighbor's orchard for grass. We stood at the mouth of a small street off the main road to prevent the sheep from straying.












e0310424_19194301.jpg


ところが、私たち二人を見つけるなり、怖がって全員停止。

羊はものすごく気が弱くて怖がりなの。


But, as soon as they saw us they stalled, fearing us. They are very scared animals.













e0310424_19195741.jpg


固まっちゃってる様子が可笑しい。

何をするにもみんな一緒だから可愛い。


These are their frozen moments.













e0310424_19202695.jpg


ところが、また急に走り出した。


Then they suddenly started running again...













e0310424_19203740.jpg


それは、この人、バドさんに後ろから追われているからでした〜

デル嬢を後ろに乗せて、颯爽と四輪で走るバドさん。

引き続き、お嫁さん募集中です。

条件は、60歳以上ということデス。


...because they were driven down by Bud and Dell from behind. They looked very stylish on their quad bike!
Bud is a highly eligible bachelor on Shelly Beach Rd.
He is looking for a cheerful and nature-loving mate of over 60.













# by BBpinevalley | 2019-06-27 01:01 | ニュージーランドの生活 | Comments(46)