アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 18日

サンフランシスコの早春、総集編/ A Few of My Favorite Things


e0310424_11093394.jpeg


サンフランシスコ滞在、最後の日の朝食です。

家のすぐ近くにある "Craftsman and Wolf" (職人と狼)という名前のカフェで、簡単な朝食を取りました。


Our last breakfast in San Francisco on this stay was at the nearby Craftsmand and Wolf.
















e0310424_11110221.jpeg


外のテーブルに座ったので、こんな外観を見上げながらの朝ごはん。


The upward view from our table.

















e0310424_11102425.jpeg


お目当てはコレ。内部に半熟卵が入っているマフィン。

この日のスペシャルはキムチ入りだったので、それにしました。

もっちりフンワリ、卵は見事に半熟で、感動モノ。

どうやって作るのかしらね。


This was what I wanted to try before leaving town. A savory muffin with a whole egg inside.
The special flavor of the day was kimchi.
It was excellent.
The egg was cooked perfectly inside the muffin. I don't know how they do it.
















e0310424_11110843.jpeg


「職人と狼」さん、今回も、お世話になりました。

美味しかった。


It's one of our favorite bakery cafes on Valencia Street.














e0310424_11123109.jpeg


朝もまだ早かったので、ヴァレンシア通りには通勤を急ぐ人たちが大勢行き交っていました。

自転車通勤も多くて、ビュンビュン。

フォードも、貸自転車業を始めたんですねぇ。


It was still early in the morning, and there were many people on bicycles on the street heading to work or school.
Ford seems to have started a rental bike company. I've seen a few of these bike stations around town.















e0310424_11113932.jpeg


ご近所でお世話になったと言えば、この"Bi-Rite"❗️

市内に2件しかないのですが、素晴らしいデリを内蔵するお店。

ひとっ走りすれば、ワインからチーズ、野菜、パン、お肉…なんでも最高の品が揃う。

Bi-Riteがあるから、ここに住んでられるんだっ!と言っても過言ではないくらい。

もう観光メッカになっていて、週末は大変な混雑なので、カニのように横歩きしながら店内を移動しなければなりませんが。


This is the original "BI-Rite", our favorite neighborhood grocery store.
Though, for many, it's a destination spot, and so crowded on the weekend that
you have to walk sideways like a crab inside.
Still, it's great to have such a nice store so close by.













e0310424_11115223.jpeg




e0310424_11121239.jpeg


そのBi-Riteのすぐお向かいにある、コミュニティーのための料理イベントスペース。

この日も、お料理教室の準備が着々と進められていました。

次回の滞在では、面白そうなクラスに参加してみたい。


Across the way from Bi-Rite, there is a cooking event space called "18 Reasons".
There are some interesting cooking classes held here.
Someday, I should check it out.













e0310424_11225408.jpg


バレンタインには、娘から赤いバラを1ダースもらいました。

シアワセ💓


My daughter gave me a dozen of red roses on Valentine's Day.













e0310424_11232150.jpeg


一月ほどの滞在の間、夫が先にニュージーに帰ってしまったので、しばらく娘と二人でした。

でも、おかげで、母子のクォリティタイムが過ごせた感じ。


My husband left for New Zealand earlier in the month, I spent the rest of the time with my daughter. It reminded me of the year two of us were living in Auckland during weekdays so that she can go to Epsom Girls School. The only difference is now she is coming of age and getting ready to leave her nest.















e0310424_11232909.jpeg


ヒーリングな時間でした。


We had some good talks.















e0310424_11233609.jpeg




e0310424_11234729.jpeg


のんびり二人でショッピングも楽しかった。

途中ブラブラと、サンフランシスコの美しいヴィクトリアンを眺めては、iPhone撮影。

カメラも持参したのですが、撮りたいときには持ち合わせず。


It was fun shopping and taking walks together as well.
San Francisco is a very walkable town compared to other cities in the US.













e0310424_11243523.jpeg


うちの近くのドロレス寺院、

ずーっと上の方を見上げると、あら、誰か見下ろしてるゥ!

と思ったら、司教さんの像でした。


Looking way up at Mission Dolores, I found someone looking down.
It seems like a statue of a priest.














e0310424_11240206.jpeg




e0310424_11241104.jpeg



e0310424_11242163.jpeg


ヴィクトリアン建築の様々な形、色、ディテール…、見ていて本当に楽しい。

建てられた時期や、建てた人の懐具合によって、随分とバラエティーがあるのです。

ヒーリングのお陰か、日常と化していた周りのものが、やけに輝いて見えた滞在でした。


Looking at houses and buildings is my favorite thing to do when I take a walk. It is especially fun in San Francisco because there's such a variety of Victorian houses to see. They vary in workmanship and materials, as well as the times they were built.
I'm looking forward to my next trip back in April.












[PR]

by BBpinevalley | 2018-02-18 19:17 | アメリカ生活 | Comments(12)
Commented by umi_bari at 2018-02-18 20:41
どの一枚を見ても、日本とは異次元の世界ですね。
こうやって見させていただいてありがとうございます。
バグースです。
お洒落な街ですね。
Commented by BBpinevalley at 2018-02-19 06:40
アラックさん、
なかなかお訪ねできずに、スミマセン。
サンフランシスコって、アメリカの他の都市と違うでしょ。
楽しいところですヨ。
美味しい街でもあります。
Commented by voyagers-x at 2018-02-19 10:29
おはようございます ! !
サンフランシスコ、天気もいいし気持ちのいい素敵なところですね
旅の終わりはセンチメンタルな気持ちになりますね
帰らなくてはいけないけど、帰りたくないなと
毎回どこかへ旅行行くと、今だに小学生のように帰りたくないなと寂しい気持ちになります ^^;

Commented by arare719 at 2018-02-19 21:55
こんばんわ☆

サンフランシスコって、こんなに素敵な街なんですね〜♪
赤いブリッジとフィッシャーマン.ワーフしか知らなくて…。
ビクトリア調の建物の綺麗なこと、可愛いヨーロッパの街並みを見ているようです。
カメラ目線、さすがです!
半熟卵入りのマフィン、参りました!
キムチは苦手なので、近所のDEEN end DERIKAにリクエストしてみようかしら。
サンフランシスコ、行ってみたくなりました。
Commented by surgeon24hrs at 2018-02-20 00:38 x
おはようございます。

お、これから秋に入るNZに向かわれるのですね。お気をつけてどうぞ。
こんな朝食、いいですね。1日元気に過ごせそうです。
Commented by BBpinevalley at 2018-02-22 10:43
voyagersさん
お返事おくれて、ごめんなさい。
確かに、旅の終わりはおセンチになります。
楽しんだ旅ほどそうですね。
voyagersさんは、とても繊細な方ですね。
女性の気持ちがわかる男性って感じです。
Commented by BBpinevalley at 2018-02-22 10:55
arareさん
こんにちは。
お返事、遅れました。
サンフランシスコのヴィクトリア建築は、19世紀のゴールドラッシュ時に始まりました。
アメリカ人の旅行先としても、とても人気のある場所です。
他のアメリカの都市と、ちょっと違っているからかな。
Dean and DeLucaがお近くに?
いいですね〜
Commented by BBpinevalley at 2018-02-22 11:00
surgeon先生
NZに帰ってきています。
機内から具合が悪くなり、どうも風邪のVirusでもいただいたようです。
アメリカでフルーショットしたんですが… (フルーじゃないかもしれないけど)
今年は効かない場合も多いようですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-02-23 08:15
"Craftsman and Wolf" さん、素敵なお店ですね。
半熟卵の入ったマフィン・・・う~む、どうやって焼くんでしょう。
長時間オーブンの中に入っていたら、固ゆでになっちゃいそうな気がします。
企業秘密なんでしょうねえ、きっと♪
アメリカはさまざまな国から移民がやってくるので、デリで売られているものもバラエティ豊かですね。

それにしても、ビクトリアンな眺めが美しいです。
サンフランシスコはゴールドラッシュの際に栄えた街・・・納得です。
1849年と言えば、英国ではビクトリアンゴシック最盛期ですもんね。^^
Commented by BBpinevalley at 2018-02-24 08:32
黒顔羊さん
最近は、オンラインで何でも調べられますから、このマフィンの作り方も分かりましたヨ。
作ってみた人が載せていた。
企業秘密も何もあったもんじゃないですねー、今の世の中。
確かに、アメリカは多民族社会なので、いろんな味が楽しめます。

ゴールドラッシュの時代は、どんな感じだったんでしょうね。
スタンフォード大学のオーナーも、シエラの山で泥にまみれて金を掘っていたわけです。
みんなガンを持って、怖かったんだろうな〜
Commented by Photo-Lover777 at 2018-02-25 14:02
こんにちは。SFは、やはり中西部とは雰囲気が違いますね。欧州とラテン風がミックス
された感じで、歴史と文化を感じます。勿論、NZの大自然も人の気持を和ませてくれる
ので、日本を含めて、3つも故郷があるなんて羨ましい・・・・
Commented by BBpinevalley at 2018-02-25 18:53
Photo-Loverさん
こんばんは〜
ゴールドラッシュの頃は、景気の良い人たちが大勢この街に押し寄せたのですね。
それ以来、加州の金融の中心になりました。
その前はスペイン領だったので、地名にはスペイン語も多く、味わいがありますね。
NZは、まだ故郷という感じがしません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ニュージーランド、緑の夏/ B...      2月、初夏の陽気のサンフランシ... >>