アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 15日

知らなかったことなど/ How Things Work In New Zealand


e0310424_19412621.jpg


工事現場からの景色がきれいだったからと、夫が携帯から送ってきた写真です。

彼のはiPhoneではないので、ちょっと写真の質感が違うような…


The view from the house site. My husband took the photo with his phone.














e0310424_19423231.jpg


牛のことについて:

私たちのファームには牛が200頭近く居ますが、時々写真に載せているベージュや茶色の牛は乳牛で、お産のサポートから赤ちゃんの飼育まで、人間が世話します。

名前もつけて、可愛がって育てます。

食用の牛はほとんどが黒いアンガス牛で、ファームの奥の広々とした牧場で放牧し、羊と同じように子供も勝手に産んでいます。

もちろん、掛け合わせる時期などは、乳牛や羊と同じく人間が調整しますが。

バドさんはその専門家。


We have about 200 cows including a dozen dairy cows. Bud moves them from paddock to paddock measuring the amount and condition of grass in each area. He knows all about cows and sheep. He said he likes cows a lot more. Perhaps they are smarter and easier to handle.














e0310424_19420978.jpg


ニュージーランドには、5エーカーから20エーカーくらいのフィールド付きの家に住んでいる人も多いのですが、そういうのを「ライフスタイルブロック」と呼んでいます。

言わばミニファームで、大型都市に近ければ、田舎と都会の生活の両方を楽しめるという具合です。

ライフスタイルブロックに住むのは、リタイアしている人も多いですが、ファームとは別な仕事を持って両立させている人も居ます。

自家消費に必要なだけの家畜を飼って世話をし、その家畜を処理するときには、ライセンスを持った専門家に来てやってもらうわけです。

そんなミニファームには、だいたい菜園があって、卵を産む鶏が飼われ、羊や牛やアルパカなんかも居たりするし、馬を飼っている人も多いですね。


In the suburbs of big cities in New Zealand, there are many properties with 5 to 20 acres of land with a house and a barn. They are called "Life Style Blocks". Some people retire and buy those properties and enjoy the mini-farm life while still having the easy access to the nearby city. There are younger people who just prefers to live and raise their kids in the farm environment as well.














e0310424_19415513.jpg

先日、天に召された牛は、1頭だけだったので専門家に来て処理してもらいました。

サーロインやフィレやロースト用の肉というのは牛のほんの一部の部位でしかなく、残りの部位はサラミ工場でサンプル製作に使われます。

将来、工場がフルに動き出せば、もっとたくさんの牛が一度に処理場へと運ばれていくことになります。

オーガニックの牛だけを専門に扱う処理場というのがあるんだとか。

ストレスフリーの状態で天に召されるのだそうです。

もちろん、怖がらせるとアドレナリンが出て美味しくないお肉になるという、人間の勝手な都合もあるのですが…

量的には、うちの牛だけではとても間に合わないので、他所のオーガニック牛も購入しなくてはならないそうです。


The cow sacrificed the other day is going to be used in our factory for salami samples along with providing us of steaks and roasts. In the future, more cows will be shipped out to an abattoir to be processed for our factory. We found an abattoir specialized in organic cows, and they have a stress-free method to kill them for humane reasons as well as minimizing the adrenaline release.














e0310424_19424156.jpg


こういうこと、私もこれまで全く知りませんでした。

みんな新しいことばかり。



上は、パブロヴァを焼こうとしているところ。


Baking Pavlova, New Zealander's favorite dessert.















e0310424_19425167.jpg


これは、うちのお嬢さんが苦心して作ったレモンメレンゲパイ。焼く直前です。

なんだか、荒れてる大波のよう。


Lemon meringue pie my daughter made. The meringue looks like waves in the Pacific.














e0310424_19430257.jpg


ハロー、山羊さん。

ご近所の門の柱に、草刈り用として繋がれていました。

シンバは、相手がいったい何者だかわからず、硬直状態。

山羊って、羊と違ってまったく誰も恐れないんですよね。

動物もいろいろだわ。


Hi, Mr. Goat.
Simba didn't quite know what it is and froze.
So different from sheep, goats are not scared of anything.










[PR]

by BBpinevalley | 2018-07-15 22:19 | ニュージーランドの生活 | Comments(26)
Commented by ei5184 at 2018-07-16 05:28
ふ~ん、私も初めて知る事ばかりです。
そして所有されている面積が違いすぎます。
それでミニファームとは(笑)
しかも飼っているのが鶏、羊、牛やアルパカなんかも居たりする・・・
まるで、小さな動物園ですね(笑)
Commented by BBpinevalley at 2018-07-16 06:39
eiさん
オークランドはNZ最大の都市ですが、ちょっと外へ出るともう牛や羊の世界です。
10エーカーくらいでは、ファームごっこくらいしかできない。
だから「ライフスタイル」だけのファームとなるわけです。
もちろん動物を入れていない人もいます。
でも、入れないと草がぼうぼうになるんですよね(笑)
Commented by tamataro1111 at 2018-07-16 08:37
暑中見舞いもうしあげます
( 真逆でしたね )
一枚目の透明感のある風景良いですね。
ヤギさんよのワンちゃんの方が大きいのですね。。。\(^o^)/
Commented by akr24mtat at 2018-07-16 09:45
☆彡BBpinevalleyさん☆彡
人や動物たちの生きる生命力や愛情の接し方が
まじかに受けられるような気がします。
自然の美しさも、感動ももらえるようなところって
改めて味わうことが大切と知りました。
Commented by BBpinevalley at 2018-07-16 13:05
tamataroさん
こちらこそ、暑中お見舞い申し上げます。
お暑いのですってね〜
夫に、写真褒めてもらったと伝えました。
そう、うちのワンちゃん巨大なんです。私より10キロくらい重い。
Commented by BBpinevalley at 2018-07-16 13:07
異邦人さん
いつもありがとうございます。
人間て肉食のくせにペットとか飼って、勝手だなぁと思います。
ファームに来て気づくこと、多いです。
動物の「気」もたくさんもらってます。
これから羊の赤ちゃんが生まれる時期です!
Commented by unjaku at 2018-07-16 13:16
ファームの牛さんたち元気そう。
広い牧草地で、のんびり草を食んで。
羊の赤ちゃんが生まれる季節もやってくる。
考えてみれば、私たちはなんと彼らの恩恵を受けて
生きているのでしょう。
心から感謝と畏敬の念を持って心していただきましょう。
命が命へと受け継がれる連鎖。その不思議さを思いながら。
いつも素敵なお話をありがとうございます。
Commented by BBpinevalley at 2018-07-16 14:55
unjakuさん
羊の赤ちゃんたち、もう生まれ始めてるんですヨ。
会いに行かなくちゃ。
すごく簡単に、歩きながら落とすように産む羊もいます。
え?、なんか落ちた?って感じ。
自閉症の若いアメリカ人女性が、牛に恐怖を与えない処理法を編み出したんですヨ。
自閉症の人って、動物と特別なコミュニケーションの仕方をするんですってね。
私もそんな風に昇天したいものだと思うワ。
Commented by taekamede at 2018-07-16 19:23
広いですね~~200頭の牛!!(@_@)
こんな規模の大きいことをマネージしているんだから、
きっと小さな悩みごとなど考えないのではないでしょうか!?

今日も、お嬢さんのケーキが美味しそう♪
17歳はこんな凄いの作ってくれちゃうんですね~。
御母さまも料理上手と見ました!
Commented by BBpinevalley at 2018-07-17 06:28
taekamedeさん
私はファームのことは何もしていないので、他人事(?)です。
悩み事、いっぱいです(笑)
お嬢さんのケーキは、しばらく前のです。
このレモンメレンゲパイは、失敗の部類かな。
今朝はクレープを作ってくれて、美味しかった。
また写真載せますね。
Commented by voyagers-x at 2018-07-17 10:57
おはようございます!!
広大な大自然ですね
気候はカラッとしていますか?
日本のようにムシムシしていませんか?
山羊の赤ちゃん?
可愛いですね

Commented by BBpinevalley at 2018-07-17 15:23
voyagersさん
こんばんは。
日本ほど蒸し蒸しすることはないですね。
でも、カリフォルニアよりはずっと湿気があります。
火山灰で出来た地域で、土が粘土質だから、水分を抱いてしまうよう。
ヤギは、あれでも大人だと思います。
うちの犬がバカでかいだけ。
Commented by Photo-Lover777 at 2018-07-17 17:16
こんにちは。NZは自然が1番自然に残っているんでしょう?海も山も木々も人間に
荒らされずに残っているようです。昔、駐在していた米国ネブラスカ州は大平原に
小麦とコーン畑だけで、もっと殺伐としていました。東部や西部の人たちからは、
Nothing to Do だから、ネブラスカ州立大学のカレッジフットボールは強いんだ〜
と、ちょっと小馬鹿にされていました・・・・・、でも、それがお国自慢でした。
Commented by chantake123 at 2018-07-18 06:16
乳牛さんと肉牛さんで飼い方が違ったり、
ライフスタイルブロック、専業ファームさんから兼業ファームさんまで、読んでいてなるほどと思うことばかり。
かつてNZ旅行で見た景色を思い出しながら、NZの人はそんな生活を送っておられるのだなと思いながら、
楽しく拝見しました♪
Commented by BBpinevalley at 2018-07-18 07:28
Photo-Loverさん
おはようございます。
アメリカは広いし各州が独立しているから、多面的ですよね。一言じゃ言えない。
ネブラスカの大平原など、開拓時代を彷彿させるものがあるでしょうね。
ニュージーもまだまだ人口がまばらですし、自然はいっぱい残っています。
うちなんて、オークランドまで1時間弱ですが、普段は何もすることがありません。
私も若ければ、気がおかしくなってたと思います(笑)
Commented by BBpinevalley at 2018-07-18 07:36
chantakeさん
おはようございます。
住んでみなければわからないことって多いですね。
私たちは、以前、ライフスタイルブロックに住んでいました。
羊などの動物は、ただ草を食べてもらうためだけに飼っていました。
でないと、ぼうぼうになりますものね。
飼う方も飼われる方も、のどかなものです。
Commented by kitaoni at 2018-07-18 07:51
ライフスタイルブロックですか!
理想的は生活スタイルですね〜 そう言う暮らし方に憧れます。
Commented by BBpinevalley at 2018-07-18 18:57
kitaoniさん
都会からちょっと出れば、緑の田舎に突入するニュージーならではのシステムですね。
東京なら、脱出するのに時間がかかりすぎ(笑)
牛や馬を飼ってる家からチョイト都心に通勤だなんて、考えられないですものネ。
Commented by umi_bari at 2018-07-19 18:34
優しい旦那様ですね、雄大な自然にバグースです。シンバちゃん、山羊に負けないでね。
Commented by BBpinevalley at 2018-07-20 07:07
アラックさん
シンバ、普段は怖くて吠えつくのに、ひょうきんなヤギには首を傾げてました。
動物にもいろんな性格があって、面白いですね。
Commented by arare719 at 2018-07-21 20:24
こんばんわ☆

ストレスフリーで、天に召される方法を編み出したのが、
自閉症の女性であること、感銘しました。
辛さを知る繊細な感性とアイデア。日本の醤油会社が開発した、羊の毛を刈らなくていいクリームと同じぐらいに、明るい未来を感じました。

山羊さんの笑ってる顔、とっても、可愛い〜です♡
Commented by BBpinevalley at 2018-07-22 12:27
arareさん
こんにちは。
暑中お見舞申し上げます。
牛の最期から恐怖を取り去った自閉症の女性のことは、映画になっています。
とても良い映画でした。
しかし、羊の毛を刈らなくても良いとすると、ウールとはおさらばですね。
刈らないでも、毛が伸びないクリームなのかしら。
Commented by arare719 at 2018-07-22 15:34
映画になってるんですね、観てみたいと思います!

バイオロジカル・ウール・ハーベスティング(BWH)と呼ばれる技術で、高価なものを、ヒゲタ醤油が、実用可能にしたそうです。
ニットの仕事をしているので、最近目に止まった記事でした。
Commented by BBpinevalley at 2018-07-23 19:25
arareさん
映画の名前は"Temple Grandin"『テンプル・グランディン』といいます。
Claire Danesという女優さん主演です。
BWH、面白いですね。
調べてみます。
Commented by hjkig at 2018-07-28 18:59
初めまして。
ご訪問・イイネを頂きありがとうございます。

私は外国のことは良く分かりませんが、動物、特にヤギやヒツジ・牛はとても好きな被写体で一人で動物園に出かけることもあります。

プロフの画像にも☆☆☆です。
Commented by BBpinevalley at 2018-07-29 10:36
hjkigさん
ようこそ。
ここは、ヤギ、羊、牛がそこら中にいる外国の田舎です。
私も、彼らが大好きになりました。
どこがガイコクだか分からなくなりましたが、日本の生活が見られる写真が大好きです。
どうぞよろしく。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< チェリモヤをご存知?/ &qu...      いよいよ本当のファームかも/ ... >>