アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 17日

戻った国は、春たけなわ/ New Life Starts in Spring



e0310424_06081536.jpg


ニュージーランドに戻ってみると、春になっていました。

ファームの枇杷の木は、枝もたわわ。

果実は日本のよりもずっと小ぶりで、見かけもイマイチですが、とても甘くて美味しいのです。

高いところに生ってるのは、全部鳥さんに食べられちゃう。


We've been back for a few days in the country where Spring is roaring.
On the woven tray are our Loquat fruit. They are small but sweet and flavorful. There are a huge amount of fruit on the tree, the top part of which are for the birds and the lower reachable part for us.












e0310424_06143207.jpg


庭のスモモの木には、満開の花が咲きこぼれていました。


The plum tree is in the midst of peak bloom.













e0310424_06144879.jpg


これが全部実になったらタイヘン。













e0310424_06150289.jpg


旅行前に収穫して食べたアヴォカドも、すでに蕾をつけていました。


in early August, we harvested our precious 7 avocados. Now the tree is covered with new buds.













e0310424_06151446.jpg


これは月桂樹です。

かわいい小さなピンクの花をつけています。


Dainty pink and cream color flowers are blooming all over our old Laurel tree.













e0310424_06153055.jpg


庭のマカダミアナッツの木。

すだれのような蕾がいっぱい。


Curtain-like buds on Macadamia tree.













e0310424_06154437.jpg


開き始めている花もありました。


Some of the buds are starting to open.













e0310424_06160683.jpg


まだ昨年の実が落ちないで残っているというのに…


While there are nuts still hunging on the same tree. We did not harvest the nuts this year again.















e0310424_06162875.jpg


友人に預かってもらっていたシンバ。

引き取りに行くと大喜びしましたが、すぐに私たちの車の周りを走り回り、娘を探していました。

「あの子はね、遠いところに行っちゃったんだよ。君にはしばらく会えないのヨ…」


While we were away, Simba was visiting his best (and only) friend, Theo.
When we went to pick him up, Simba was, of course, very happy to see us jumping up and down, but soon after greeting us, he went to look for our daughter rounding up our car.
Sorry, Simba, your sister now lives far away and you probably won't see her till next year.














e0310424_06165528.jpg


この冬は雨が少なかったそうで、牧草が不足しています。

サイレージ(牧草のお漬物)を買い足さなければならなかったそう。


The farm view from the new house site.
As there wasn't excessive amount of rain this winter, we had to buy some silages from another organic farm, we were told, while we were away.













e0310424_06172837.jpg


「うちの子たち、カメラを向けるとこっちを見てくれるのよね」ってバドさんに自慢すると、

「ちがうよ、牧草を貰えると思って寄ってくるだけさ」だと。


When I approach our Angus cows, they all come and greet me. …so I thought, but, according to Bud, they are just thinking that I would give them silage.













e0310424_06180078.jpg


自分の机の上に、庭からの切り花を生けると、嗚呼、ニュージーに帰ってきたなって思います。


So nice to just go out into garden and cut flowers for the house.













e0310424_06181648.jpg


特にこれからの時期、お花には困らなそう。


More and more varieties as Spring matures.














e0310424_06183794.jpg


娘の料理好きで、すっかり前線から引き下がっていたお母さん、

これから元のコック仕事に戻らなくては。


I'd had the full benefit of having a daughter who likes to cook for the last 10 months, but now I have to get back to work.














e0310424_06184915.jpg


パンを焼いただけで、どっと疲れた。

この歳で前線復帰はキツイです〜

これは敗けイクサかぁ…


I made some bread sticks, but that exhausted me.
I need to pump up some cooking muscle first…















[PR]

by BBpinevalley | 2018-09-17 08:41 | ニュージーランドの生活 | Comments(26)
Commented by the-noir-119 at 2018-09-17 09:11
ニュージーランドは春ですか!
これからお花が咲き誇る季節なのですね。
広大な自然の中での暮らしに、人間らしい営みを感じます。
いいなぁ〜♡ 笑
Commented by BBpinevalley at 2018-09-17 09:18
the-noir-119さん
ひと月ほど都会生活を送って帰ってみると、やっぱりホッとしました。
都会人間だと思っていた自分ですが、やっぱり歳のせい?
人生、その時々によって、世の中も違って見えますね。
成長したと思いたい(笑)
Commented by ayayay0003 at 2018-09-17 10:21
春のニュージ―いいですね~
こちらは、秋だから、ちょっと近い気温?(笑)
やっぱ春は寒いかな?
こちら、ようやく涼しくなりホッとひと息ついています~ヤレヤレ・・・
自然いっぱいのニュージ―のお花、フリージア、アマリリス?カラ―が素敵です♡
そちらのお花見てたら日本はちまちました小さいお花が多いと気が付きますネー☆
前線復帰、御苦労様です(^^ゞ
パンが美味しそうです~焼き立て最高(^_-)-☆
Commented by mamako48722 at 2018-09-17 11:15
美味しいフルーツのなる木が色々と有るのですね。
ニュージーランドの暮らし、素敵です。
私は、トロントに戻ってコンドミニアム暮らしになってから、田舎での暮らしがとても恋しくなっています。でも、体力的に田舎暮らしは無理、諦めが肝心、と自分に言い聞かせています。

Commented by akr24mtat at 2018-09-17 11:49
☆彡BBpinevalleyさん☆彡
時差ボケなど大丈夫でしたか。
それに春になっているとはねぇ~。
花も沢山あって、気分もうららかになりますね。
手作りのパン最高ですね。
Commented by BBpinevalley at 2018-09-17 15:37
アリスさん
そうね、あと3週間も経てば、日本と同じ気温になるでしょうか。
ニュージーは日本よりも朝晩の気温差が激しいですが。
少し涼しくなって良かったですね。
ニュージーは、球根のお花が良く育つみたいです。
火山灰からできた土壌からでしょうか。
パンは、フォッカチア種をスティック状にしました。
こんなので疲れてたら、先が思いやられます(涙)
Commented by BBpinevalley at 2018-09-17 15:45
mamakoさん
田舎暮らしには体力が要りますね。
夫はここに家を建てていますが、さていつまで住めることやら。
小さな菜園でも、やることは際限なくあります。
アシスタントでも居ないと、私には完遂することは難しいかも〜
Commented by yo at 2018-09-17 15:50 x
こんにちは

お久しぶりです。
先週末、シェリービーチに行ってました。
実は初めてだったんですが家から40分くらいでした。 ビーチはもちろん行くまでの道も素敵ですね。
しばらく"ニュージーランド"っていう風景を見ていなかったのに気付きました。

ビーチの隣のリノベーション中のお家気になりました。笑
ボートも沢山出ていて夏のような日でした。

早速、新作に取り入れました良い絵になるといいなぁ🤗





Commented by BBpinevalley at 2018-09-17 18:16
異邦人さん
NZとカリフォルニアは、丸一日に近い時差があります。
なので、あまり時差ぼけは感じません。
日本とNZもあまり時差がありませんヨ。
季節が違うだけ。
暖房も朝晩しか要らなくなりました。
Commented by BBpinevalley at 2018-09-17 18:19
yoさん
こんばんは。
お元気そうで何よりです。
シェリービーチには入れ違いでしたね。
途中、うちのファームを通り過ぎられました?
ビーチの隣でリノベしている家は、レストランにするつもりだったそうです。
でも、パーキングが無いとかの理由で、許可が下りなかったとか。
自分でこつこつリノベしている、変わった人です。

新作、見てみたいです。
Commented by yo at 2018-09-18 05:58 x
急に思い立って出かけたのでメインの通りしか通ってないんです。
ビーチでピクニックしたくらいで他に何も。。。😅 ファーム見てみたかったです。



新作は今年の個展ようですのでぜひ。
まだ完成には程遠いですが。。。11月なのに1作品しか納品してないのでギャラリーからせっつかれてマス。

仕事します~ 笑





Commented by BBpinevalley at 2018-09-18 07:05
yoさん
シェリービーチへは一本道なので、途中、ファームを右手にして走るしかありません(笑)
木で覆われているので、気づかれなかったのでしょう。

作品制作、大変ですね。
でも、楽しそう。
アートに満ちた旅をしたので、私も何か作りたくなってマス〜
Commented by unjaku at 2018-09-18 09:02
おかえりなさい。
シンバが喜んだでしょうね。でも最愛のお嬢様がいない。
しばらくの間、シンバには理解できない出来事でしょう。
犬って愛おしい。
牛さんたちも帰りを待っていた?長閑な牧場の風景。
花の風景。
私もだんだんツインズのパワーに勝てなくなりました。
Commented by BBpinevalley at 2018-09-18 10:17
unjakuさん
これからですヨ、ティーンのパワー。
しっかりバックルを締め上げて、挑んでください(笑)
私は、皆さんに「寂しいでしょう」なんて言われますが、そうでもありません。
もう知〜らナイって、肩の荷が下りた感じ。
苦しめられましたからね、ティーンには。
その点、シンバはシンプルでいいわ(笑)
息抜きが必要になったら、NZにどうぞ。
Commented by voyagers-x at 2018-09-18 10:36
おはようございます!!
あー、1枚目はびわ?
季節は春なのですね
素敵な季節に始まりですね
日本はこれからやっと落ち着いて秋を迎えられそうです
台風の一段落かな
大きな被害を今年は沢山日本は受けました
シンバ、可愛いですね
ワンコは顔を舐めるのが好きなのでしょか
僕はワンコにいつも好きなだけ顔を舐めさせてあげます笑
僕の顔も舐めてくれるかな.......顔に蜂蜜でも塗っておくか笑

Commented by taekamede at 2018-09-18 14:24
お帰えりなさいませ(^^♪
旅している間に、すっかり季節が変わってしまったんですね!
しかし、宝の島ですね~!琵琶にアボガド梅・・
浦島太郎を思い出してしまいました。
いきなりパンを焼きだすところから私とは違いますね!
さすが、お嬢のお母様です。

Commented by katananke05 at 2018-09-18 15:34 x
ああ やっと N. J に 帰られたのですね〜
そこは すっかり春の風情〜
果物の花も ナッツの花も みんな きれいですね〜
マカデミアの花が 美しくてびっくりです〜 良い香りがしそう〜
こちらは やっと 夜の冷房がいらなくなり
そちらはやっと 暖房がいらなくなり、、
真逆で 地球は せまいのか ひろいのか、、  ??
Commented by BBpinevalley at 2018-09-18 16:59
voyagersさん
こんばんは。
やっと秋ですか。
鈴虫の声など聞こえるのかな〜
こちら、今日は雨ですが、寒々しい感じはなくなりました。
日本もアメリカも災害が多く、フィリピンの台風で弟も足止めを喰ってるようです。
前にパグを飼われていたのですネ。
確かに、ワンを飼うには、預かってくれるところの確保が大切ですね。
シンバは親友のところに行けるから幸せです。
ハイ、いつもイヤと言うほどなめてくれます(笑)
Commented by BBpinevalley at 2018-09-18 17:02
taekamedeさん
こんばんは。
宝島ね。
確かにそうかもしれません。
食べるものには困らなそうなところです。
いきなりパンといっても、タネはホームベーカリで作りました。
だから、形を作って焼いただけ。
それでもどっと疲れるんだから、情けない。
Commented by BBpinevalley at 2018-09-18 17:06
katanankeさん
こんばんは〜
マカダミアの花、とても可憐ですよね。
とてもあんなに堅い実が生るとは思えない。
香りはしないような気がします。
しかし、何もかも咲き出して、花粉症で参ってます。
そう、狭いようで広く、広いようで狭い地球ですね。
Commented by umi_bari at 2018-09-19 19:06
可愛い枇杷ですね、アラック大好きなんですよ。
もう、春一色ですね。
ワクワクしますね。バグースです。
パン作りお疲れ様でした。
シンバちゃん、早く娘さんに会えると良いね。
元気で待っていようね。
Commented by touseigama696 at 2018-09-20 08:15
「春めいて」から「春たけなわ」までの旅行
おかえりなさい!
といっても我が家と我が家の間の出来事
凄いですね・・(笑)

お嬢さんを探してウロウロするシンバの様子
目に見えるようです
今更この歳でそんなことって言われそうですが
シンバがもの寂し気に車の周りを探す風情の
そのエモーションは脳の中のどんな信号で
始まるんでしょうかね 英語で考えているんだろうか
本能だとしたらきっかは何なんだろう?
淋しそうなウロウロと・・お腹減ったのウロウロは
信号上ではどう違うんだろ?(笑)妙なこと考えています
牛がこっち向いてくれるのも同じかな?

これからはお二人の生活とか
我が家など・・
もうそれを30年もしてきましたよ
多少大変ですが・・頑張ってください!
仕事が一番かな・・ご活躍を祈ります
Commented by BBpinevalley at 2018-09-22 22:01
アラックさん
私もビワ大好きです。
アメリカでは誰もビワを食べなくて、リスが全部食べてしまいます。
いつも悔しく見ているだけでした。
娘が居なくなって、一番がっかりしてるのはシンバです。
ちょっとかわいそうなくらい…
Commented by BBpinevalley at 2018-09-22 22:21
桃青窯さん
ご無沙汰しました。
今回のアメリカはなかなか忙しく、ブログも携帯から。
アップするのが精一杯で、どちらにもお伺いできませんでした。
アメリカは、まったく広いですね。
ダサい街の代名詞みたいだったピッツバーグが、意外と素晴らしくて驚きました。
鉄鋼業が栄えて、その昔はindustrial cityだったそうです。
その後衰えたのですね。
でも、荘厳な高級住宅街がありました。
SFに比べると、きっとびっくりするほど安いのだと思います。
ギャッツビーが出てきそうな家々でした。

シンバ、本当にがっかりしています。
娘と一緒に寝ていたので、帰りを待ちわびていたのでしょう。
娘はスカイプでシンバと話したいと言いますが、かえってかわいそうな気がします。
娘の声とわかったら、混乱するかも。

夫と二人の生活、意外と平和です(笑)
来月末から中国と日本に旅します。
Commented by woodlandnotes2010 at 2018-09-24 14:18
こんにちは、コメントをありがとうございました。

すっかり秋の気配です。昨日少し遠出をしたので今日はストーブに火を入れてゆっくりしています。
天狗党の乱については、ブログに色々書きたいことはありますが、ネットで検索していただいてそれで十分と思い、
私個人の考えを述べることはしませんが、命の大切さを思うとやりきれない気持ちになります。
しかも、現在も茨城ではわだかまりが解けていないという話も聞いています。

杉原千畝のことは映画化もされて、若い人でも知っているようです。
ただ、敦賀との関係は通過ビザを持ったユダヤ人が短い滞在をしたというだけで
杉原千尋との関係はありません。
ご存知のようにかつては定期航路もあり、ソ連から木材などが敦賀に揚ったときは
敦賀の町にロシア語の会話教室がいくつも開かれていたといいます。

先週と昨日は芭蕉が杖を措いた地として敦賀
天狗党の乱の終焉の地としての敦賀を巡る旅をしましたが、
観光目的だけでない旅は長く思い出に残って楽しいものです。

                  シェーン


Commented by BBpinevalley at 2018-09-27 11:23
シェーンさん
こんにちは。
今年の日本には、秋があっさり来たようですね。
こちら、三寒四温で、また寒くなりました。
昨晩から暖炉に火を入れています。

杉原千畝さんのことは、アメリカで大きく取り上げられてきました。
サンフランシスコでは、彼の遺族の表彰式もありました。
日本にも素晴らしい人がいたのだと、誇らしく思えました。
敦賀や舞鶴は、日本の玄関でもあったのですね。
勝手口くらいかな。
確かに、目的のある旅は心に残りますね。
そういう意味では、仕事が絡んだ旅も、その土地の思いがけない面が見られる気がします。
観光だけでは、絶対に掘り起こせないような面など。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 夕焼け、畑、サラミ、マフィン/...      NYで「お誕生日おめでとう」/... >>