人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2019年 04月 01日

渋皮煮と格闘しました/ Candied Chestnuts Giapponesi


e0310424_19191867.jpg


栗の渋皮煮、初めて挑戦しました。

大変な労働量ですね、これは〜

疲れました。


I made Japanese style candied chestnuts.
It was so labor intensive. I am exhausted.












e0310424_19194799.jpg


B&Bをしていた頃、宿をマネージしてくださっていたアキコさんが、渋皮煮をとても上手に作られていました。

病みつきになるお味でした。

しかし、こんなに手間と神経のかかるものだったとは…


You have to prep them and peel them in a particular way in order to keep the inner skin intact. Then, you need to cook them in baking soda and wash them extra carefully several times over, as the skin being extremely astringent.
I need to go get a massage tomorrow.












e0310424_19200459.jpg


延々と栗を剥いているあいだ、B&Bをしていた頃のこと、ニュージーランドに来て間もなかった頃のこと、いろいろと思い出しました。

窓の外からは、あの頃と同じように、トゥーイやブラックバードの歌声が聞こえてきて、

なんだかしみじみと、ニュージーランドに来てよかったなと思ったのでした。













e0310424_19201353.jpg


夫が芝刈りした後、庭に出て外敵を偵察するシンバ。

いったいどんな敵から守ってくれているんだろう。

ご苦労様。














e0310424_19202727.jpg


ママも疲れましたぁ〜

渋皮煮さま、降参ですゥ〜〜













by BBpinevalley | 2019-04-01 19:52 | ニュージーランドの生活 | Comments(30)
Commented by umi_bari at 2019-04-01 20:25
渋皮煮は大変ですよね。
お疲れ様です。
美味しくバグースになりましたよね。
シンバちゃんもご苦労様です。
チャンス、20歳と二か月、よぼよぼ
していますが、今日は元気でしたニャ!
Commented by otenbasenior at 2019-04-01 22:24
渋皮煮、とても手間がかかりそうですね。
さぞかし美味しい品になったことでしょう。

ニュージーランドのそちらの生活、ブログから楽しませて頂いていますが、トランプが当選した当時引っ越していたらと反省しています。
あれ以来、新聞キャンセル、テレビニュースも滅多に見ません。
Commented by tokidokitasu at 2019-04-02 00:09
たくさんの渋皮煮、おつかれさまでした
大変だけどおいしいでしょうね~
シンバくん、偵察お疲れ様です。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-02 08:02
アラックさん
フランスのマロングラッセもこんなに大変なのですかネ?
誰が考えた…
しばらく、苦労を思い起こしながら、ありがたくいただきマス。
チャンスって、いい名前ですね。
生きてる私たち、みんなチャンスをもらった訳ですものね。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-02 08:13
otenbaseniorさん
作った渋皮煮を前にし、苦労がフツフツと湧き、味見どころではありません(笑)

トランプが当選した時ほど、大量のNZ移住お祝いメールを頂いたことはありませんでした。
しかし、トランプがバカで恥知らずなのは前々からですが、あれを支持する人口の多さには驚愕。
アメリカにつくづく嫌気がさしたのは、そこです。
どうします、再選されたら?
Commented by BBpinevalley at 2019-04-02 08:15
tokidokitasuさん
まだ制作の疲れが残っていて、味がわかりません(泣笑)
シンバ、頑張るでしょ。
健気な奴です。
Commented by rabbitjump at 2019-04-02 08:48
渋皮煮、手間がかかって
大変だけれどその分、美味しいですね。
私もよく作ります。
シンバちゃん、お役しっかりしているのですね!(^^)!
あなたの優しい穏かなお顏に癒されましたよ。
Commented by voyagers-x at 2019-04-02 10:45
おはようございます ! !
変な言い方ですけど........
僕には特別なことが起こらないことが幸せにこの頃感じます
楽しいことは大いに大歓迎ですけど ^^;
栗は皮むき大変ですね
僕は食べる専門です......目の前に出てくるのを待つだけ ^^;

Commented by ryuboku2 at 2019-04-02 11:24
そちらは栗拾いの季節なのですね!
美味しい栗の渋皮煮も、鬼皮を剥く作業の大変さで年々量が減り、遂に昨シーズンは知らんぷりしました。
こんなにたくさん!!本当に頑張りましたねー。
美味しいお茶の時間を何度も何度もお楽しみください。

(シロップを煮詰めてブランデーを垂らしたものに漬け込んでも美味しいです)
Commented by 40ansparis at 2019-04-02 15:20
側から見ているだけだと、美味しそう!と気楽にいられますけれど、栗拾いから全て自分でするのは本当に手間と時間と労力がいる仕事ですよね。
私の親類にも、大きな農場を持っている家族がいるので、良く分かります。
収穫だけでも、それぞれの果物や野菜がなる時期が重なったりすると、もう収穫だけでも人がいくらでも居てくれた方が助かりますしね。そんな事言っている私はいつも、たまにしかお邪魔しない、頼りにならないお手伝いですけど、笑。
それでも、フランスのマロングラッセは、さらにもっと手間と日数がかかる気の遠くなるお菓子です。だから一粒でも高いんですよね。最初に考えた人が凄いです。
それにしても、広大な自然を前にすると、シンバくんも伸び伸びと仕事のしがいがありますね。疲れても嬉しそうです。パリのゴミゴミした街中にいる犬猫さん達よりずっと。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-02 15:40
rabbitjumpさん
渋皮煮、マロングラッセよりずっと好きです。
甘さが優しいですね。
作るのが大変ですが。
シンバは、お役目に生きています(笑)
余計な時に吠えますが、それはまぁ仕方がないと、大目に見ています。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-02 15:46
voyagersさん
本当に、幸福はなんでもない日常に隠れ潜んでいるものですね。
そして、他愛もないことに笑えるのが、真の楽しさ。
腰が痛くなる栗拾いも楽し。
気が遠くなるような渋皮煮作りも、また良い思い出になります。
食べるの専門というのも、お幸せですネ。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-02 15:50
ryubokuさん
こんばんは。
本当は、栗、もっとあったんですヨ。
例の変な機械が、30%ほどダメにしてしまいました。
イタリア人から教わって、キノコと一緒にパスタに入れたら、美味しかったです。
お抹茶でも立てて、渋皮煮を楽しみたいと思います。
夫はアイスクリームに載せていました。
なるほどネ、漬け込んでもいいんですね。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-02 16:02
ラパンさん
こんばんは。
生り物は、一度に出来るので、収穫や処理が一仕事。
うちは酪農の方なので、生り物はオマケですが、それでも無駄にはしたくないですよね。
トマトソースやバジリコ、ジャムやプリザーブ、順序良く調理して貯蔵すれば、お店で買うものも激減です。
マロングラッセ、もっと大変なんですネ。考えられナイ。
パリのペット達はカフェにも入れる特別クラスじゃないですか?
昔、遠藤周作さんが、パリジャンににアート心があるのは、あの大量のペットの糞が乾いて蒸発したのを吸ってるからじゃないかと言ったんですヨ。
子供心に、このオジさん、アタマおかしいんだなって思ったの、覚えています(笑)
Commented by touseigama696 at 2019-04-02 17:17
無性に食べたくなって
むき甘栗を買ってきて
食べながらこれを書いています
それが庭に溢れるほど落ちてるなんて
まるで財布が落ちてるみたいです(笑)羨ましい(笑2)
シンバに頼んで拾っておいてもらいたいです 
よろしくお伝えください!
Commented by BBpinevalley at 2019-04-02 18:35
桃青窯さん
いえいえ、栗はうちには無いのです。
近くの栗園に拾いに行きました。
お財布が庭中に落ちていたら、それこそ大変ですね(笑)
マカダミアナッツも、落ちるに任せていますから、お財布を拾わずにいると同じ。
もったいない〜〜
シンバねぇ、収穫のお手伝いができるとイイんですが----
でも、栗だと肉球が痛いかな。
Commented by touseigama696 at 2019-04-03 00:13
そかそか 別の果樹園さんでしたね
でもそもそもニュージーランドがあなたのお庭
みたいなものですから(笑)
国民ひとりひとりが一坪にあくせくしない
日々の広さを感じさせてくれるお国柄
境界の10㌢を問題にする狭い日本からは
羨ましい世界です

シンバの肉球のこと 失礼しました
お詫びしといてください(苦笑)

Commented by BBpinevalley at 2019-04-03 06:36
桃青窯さん
シンバを働く犬として教育しなかったのは残念。
この辺りのファームドッグと比べると、いかにも見劣りします。
ライオン狩犬のDNAが感じられるのは、猫に遭遇した時だけ。
あとは、まるで私有のサバンナにでも居るが如く、寝るだけです。
栗どころか、水溜りさえよけて通りますから😂
Commented by albany05 at 2019-04-03 16:38
一度だけ作った経験がありますが、爪も真っ黒になって
大変でした。少しならやっぱり買うことにしましたが
沢山あれば、作りたくなりますよね。シンバ君?の様子で
お疲れのことがよくわかります。
Commented by enjoy-kay at 2019-04-04 04:14
お疲れさまでした。イタリアでよく栗拾いに出かけてました。
立派な栗で美味しそう! 作る過程が大変だけど^^;
色々の国の方達と一緒に楽しまれていて羨ましい限り!
シンバ君もお仕事お疲れ様〜。愛くるしい目に癒されます(*^^*)
Commented by unjaku at 2019-04-04 13:21
出遅れました。 毎日バタバタなのです。
渋皮煮、好きです!
二度ほど作りました。
でもそれ以後、十分な量の栗が手に入らないのです。

シンバ殿下 お勤めご苦労様です。
殿下が元気だと私もうれしい。
Commented by kitaoni at 2019-04-04 17:06
其方は秋なんですね〜
わかっていながらも不思議。
渋皮煮は鬼皮剥くので指が痛くなりますよね〜
此方は花冷えの日々です。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-04 19:46
Albanyさん
作ってる間は、もう二度とやらないと思いました。
でも、喉もと過ぎればナントヤラです。
今度は、重曹を使わないレシピでやってみたいです。
シンバは何も手伝えなくて、見てるだけです。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-04 19:49
enjoy−kayさん
やっぱりイタリアではよく栗拾いされたんですね。
どんな栗のお料理を作られたかしら。
興味津々です。
ニュージーでは、ダンテソサエティーに入会したので、イタリアの友人が増えました。
シンバ、たまに家に入れると喜びます。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-04 19:52
unjakuさん
こちら、栗拾いに行かなくとも、栗は今の時期よく売られています。
中国人やヨーロピアンが好きみたい。
栗拾いの場所にも、中国語の看板が出ていました。
グルメですね、彼ら。
シンバ、寝てばかしですが、家に入れてやると喜びます。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-04 19:53
kitaoniさん
しばらく寒い日が続いているようですね。
桜の写真からも伺えます。
そう、こちらは栗の時期。
イチジクは、そろそろ終わりです。
Commented by yoko1x at 2019-04-05 22:12
出来上がったときの達成感がなんとも気持ちよくて渋皮煮は毎年作ります。
下手すると徹夜作業になったりしますが「おいしい」と褒められると
ますます調子に乗ります(^^)
Commented by BBpinevalley at 2019-04-07 11:49
yoko1xさん
ほんと、徹夜になりかねませんね。
苦労する分、自己満足度も高くて、美味しく頂いています。
大変さも、喉元過ぎればナントヤラで、また違うレシピで作りたいです。
Commented by fujimotosan1979 at 2019-04-10 08:33
渋皮煮は本当に手間がかかるんですよね。でも手間がかかった分美味しいですよね。
この手間が面倒になってしまいもう数年渋皮煮は作っていません。
久しぶりに食べたいなと思うけれど、こちらはあと半年は待たなければ。
私の田舎は栗の産地なんです。栗拾いで靴で毬を開けるのも意外に得意なんですよ。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-10 08:54
fujimotosanさん
こんにちは。
栗の産地にお住まいだったんですね。
気候の温暖なところを好む木なのでしょうか。
渋皮煮は大変だから、上手に瓶詰めにする方法を学ばねば。
靴でイガイガを開けるの、面白いですよね。
取り出す時に、少し針で手をやられてしまいましたが。


<< 今頃わかった、あの歌の意味/ ...      栗拾いに行きました/ Ches... >>