人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2019年 04月 08日

死んでもエコライフ/ Die-Hard Ecologist


e0310424_08543161.jpg


週末、雨模様ではありましたが、オークランドで開かれた『グリーンエキスポ』なるものに行ってきました。

エコ商品の展示会です。


We attended a show called "Green Expo" at ASB show ground in Auckland. It's New Zealand's largest green living and sustainable lifestyle show.














e0310424_08544891.jpg


ニュージーランド人は、エコやオーガニックに無関心かと思ったら、意外とそうでもないみたい。

会場は人でいっぱいでした。


We were pleasantly surprised to see quite a large crowd.
It is nice to know that Kiwis are getting interested in green living.
Perhaps we can have a booth introducing our salami next year.















e0310424_08551084.jpg




e0310424_08551919.jpg


食べ物が圧倒的に多いですね。


80% of them are either food or food related.













e0310424_08553429.jpg




e0310424_08563631.jpg


液体窒素を使って、その場でアイスクリームを作ってくれるお店、"Flossy's" のワゴンショップ。

可愛いワゴン車ですね。


Very cute mobile shop.













e0310424_08565475.jpg




e0310424_10322029.jpg




e0310424_10323003.jpg


ニュージーランドは、オーガニック商品の規制が厳しく、簡単にオーガニックを唄えません。

それが、オーガニック商品が貧困で割高になる原因を作っています。

日本も同じですね。

少しハードルを低くすることで、新しい市場が花盛りになったりするのにね。


New Zealand government is setting a high bar for the eco/ organic products. It may be a little too high. There seems to be a plenty of interests which would support a vigorous new market.













e0310424_08573699.jpg


こちら、私の大好きなフルーツ、フィジョアから作ったお酒を売るお店。


This is a feijoa wine and liquor producer.













e0310424_08574836.jpg


ワイン、リキュール、ジュースなどありましたが、リキュールを2本購入。

オンザロックで食前食後に楽しみたいデス。


I love feijoa. I like everything with feijoa taste.
We bought 2 bottles of feijoa liquor which is very good on the rocks.













e0310424_08582390.jpg


そしてコレ、最初は子供用ベッドかな、とか思ったんですが…


What are these? Kid's bed?












e0310424_08584312.jpg


なんだか意味ありげな看板。













e0310424_08591904.jpg


お察しの通り、棺桶です。

死して尚、エコに徹する!

火葬にしてもらうからいいワ、と思っても、火葬場までやっぱり何かに入ってなきゃいけない?

そうね、フタをされると息苦しい感じだから、やっぱり一番上のにしようかしら…、などと真剣に考えてしまった。


They were coffins.
If you are a true ecologist, you must prepare a proper biodegrade container to decay with!
I suppose you can be cremated.
Well, hmmm…, you still bave to be laid in something during the funeral and while being carried over to a crematory…













by BBpinevalley | 2019-04-08 11:05 | ご紹介します | Comments(14)
Commented by unjaku at 2019-04-08 12:23
棺桶もエコですか?
そうね、どうせ燃えてしまうんなら、
布の袋でもいいや。
モーッツアルトも貧しさの中で亡くなって
袋に入れられ共同墓地に葬られたんですものね。
いまだに場所が特定できない、という話も聞きました。

エコ・・これは多少コストがかかっても、
どうしても取り組まなければならない世界中の問題ですよね。
しゃべり始めるときりがないので止めておきます。
NZから意識の変化の波が押し寄せるかもしれません。
いいことです。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-08 14:08
unjakuさん
夫も袋に入ってればいいんじゃない?なんて言ってました。
なんだか、洗濯物みたいで、ちょっとイヤかな…
モーツアルトもですが、ヴィヴァルディもほぼ乞食同然だったと。
シューマンは、自分で精神病院にチェックインして亡くなったそう。
エコの見本市に行って、思いがけないことに悩んでしまった。
現代人、変にチョイスがあるのも良くないですネ。
宗教にも帰依していない場合、ああでもない、こうでもないと考えちゃって。
日本の葬儀屋さんはお断り!
それだけは書き記しておこうと思いマス。
Commented by naochann0922 at 2019-04-08 16:46
はじめまして。
数年前に南島に家族で旅したことあります。
壮大な自然ですよね。
エコの棺桶、良いのでは~と思いました。
これから、ちょこちょこ遊びにきます~。
Commented by NT-patientless at 2019-04-08 19:07
日本では10年程前から籐(ラタン)で編んだバスケット棺桶が出始めましてんでぇ
けど自治体によっては、籐の棺桶での火葬は拒否ったはるとこもあるそうですわ
Commented by blackfacesheep2 at 2019-04-08 20:52
NZは、さすがに環境に対する意識が高国ですね。^^
環境保全に対する国民の意識、日本とはまるで違うように感じます。
日本の「意識高い系」ってのは、格好だけだったりしますからね。
学校教育のみならず、コミュニティでの教育や家庭教育でも徹底してるんでしょうか。
NZを始めとして、キリスト教国では火葬は少ないのでしょうかね。
日本では、土葬はほぼなくなってしまったような気がします。
宗教感の違いなのでしょうね。
Commented by touseigama696 at 2019-04-08 20:56
BBpinevalleyさんと同じ一番上にしてもらって
海に浮かべ火を点けて送り出し
燃え尽きる頃そのまま海にってのがいいな
地の底より海の方が広くて少し明るいから
滅入らないで済むかもしれません(笑)
Commented by voyant-art at 2019-04-09 00:03
御無沙汰しております。
やっと頂いたコメントのお返事を書きました。
シンバでしたっけ?
元気な姿を久しぶりに見て嬉しかったです。
彼?彼女?も御苦労なさいましたからね。
あれを乗り越えただけでシンバに拍手ですヨ。
もの凄く愛しいです。

何でもないような日常に実は政治が絡んでいますよね。
だから研ぎすまされた感性は必要。
BBさんのブログの視点と感覚が面白いです。
いつも共鳴同感しながら刺激を頂いております。
感謝!
Commented by BBpinevalley at 2019-04-09 05:34
naochann0922さん
ようこそ。
私たちは、在住10年目にして始めて2月に南島を訪問しました。
とても雄大で綺麗ですね。
最後まで準備良く、したいですネ。
またお邪魔させていただきます。
どうぞよろしく。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-09 05:36
NT−patientlessさん
籐の棺桶、どうして焼いてもらえないんでしょうネ?
焼けにくいとか?
サイズ的な問題もあるのかもしれませんね。
ゆりかごみたいで良さそうですが…
Commented by BBpinevalley at 2019-04-09 05:55
黒顔羊さん
ニュージーランド人のエコ意識は、それほど高くありません。
人口がまばらで、危機感を感じていない感じです。
消費生活がアメリカや日本ほど発達していないので、結果的にエコだというのはありますが。
しかも、国がオーガニック基準を非常に厳しくしているので、オーガニック市場が貧困です。
酪農や農業主がアソシエーションを作って政治的に影響力を持っているのも、小さな業者を殺す理由。
キリスト教徒もユダヤ教徒も、基本的に土葬ですね。
でも、最近は、火葬も増えていると聞きます。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-09 06:02
桃青窯さん
私、あまり上手に泳げないので、海はちょっと…
灰に成ったら、美しい野原に蒔いてもらって、可愛い野草に成って生まれ変わっていきたいですね〜
綺麗な花の咲く木を植えてもらってもいいし。
鳥や蝶と遊んで暮らしたいです。
景色の良いところもいいですね〜〜
だんだん注文が増えますが。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-09 06:09
ボヤントさん
おはようございます。
この頃、具合が良くなくて、ブログも前より頻繁に書いています。
(私にしては)
シンバ、もうおじいちゃんですが、元気にしています。
彼は、ニュージーが大好きなようです。

私はあまり政治人間ではないですが、今度のアメリカ政府があまりに酷いので腹立ちます。
夫など、もう怒りまくってますから。
でも、なんでもドラマ化する報道は、もう無視することに。
ニュースの源を選んでマス。
バカバカしい。
実際に自分にできること、例えばエコなどに努力したいデス。
Commented by SBM0007 at 2019-04-09 12:46
ニュージーランドは行ったことがないです。自然とか、きれいなんでしょうね。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-10 05:42
SBM0007さん
ようこそ。
ニュージーランドは緑の多い綺麗な国です。
牧畜や乳業以外に、これといった産業もないので、空気もきれい。
地球の果てで、海の真ん中ですから(笑)


<< 4月の花、牛、バナナ、景色/ ...      今頃わかった、あの歌の意味/ ... >>