人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 09日

シンバ のお気に入り、夕暮れの散歩/ Simba Loves the Walk to the Beach


e0310424_09535583.jpeg


庭に勝手に生えてくるスミレ、とても綺麗です。

大好き💕












e0310424_09555719.jpeg


ファームにも増やしたいので、少し引っこ抜いて、エンザイム水に浸けています。

しばらくしたら植えよう。













e0310424_09585602.jpeg


シンバは、ファームに散歩に行くのがあまり好きではありません。

彼が好きな行き先は、シェリービーチです。













e0310424_10010611.jpeg


途中、あるサマーハウスのフェンスが、私はとても気に入っています。

陽にさらされた残り物みたいな板を、無造作に建て付けたようなフェンス。












e0310424_10044952.jpeg


苔みたいのが生えていて、また趣を加えてる。












e0310424_10064083.jpeg


ビーチ近くの家にはどこも、海釣り用のボートが停められています。

このボートはホームメイドみたいですね。すごい。

この辺りには、週末やバカンスにだけ利用している「バッチ」と呼ばれる別荘も多い。

別荘というほど大げさなものではありませんが。











e0310424_10150656.jpeg


シェリービーチには、大して美味しくもないひなびたカフェがあって、私たちは大抵ワインとフレンチフライを注文します。











e0310424_10183953.jpeg


これが、シンバがシェリービーチに来るのを好む理由です。

いつも冷ましてから、7〜8個放り投げてやります。

滅多にミスりません。



実はいま眼科に来ていて、瞳孔が開く目薬を刺され、しばらく運転できなくて足止めを喰らってマス。

携帯投稿なので、英語ナシ。











by BBpinevalley | 2019-05-09 09:45 | ニュージーランドの生活 | Comments(34)
Commented by umi_bari at 2019-05-09 10:53
シンバちゃん。ポテトフライが狙いだったのですね。でも、嬉しいよね。バグースな散歩だね。
Commented by voyagers-x at 2019-05-09 11:10
おはようございます ! !
庭に勝手に生えてくるスミレ.......自然のものは美しいですね
ポテト、美味しいですね
カロリーが高そう
子供は時々食べるのを我慢しています
そろそろ年頃なのか、最近体重を気にし出しています ^^;
Commented by mozura-gogo at 2019-05-09 11:12
こんにちは!
スミレの色がアヤメのようでとても綺麗で印象に残りました
けっこうパンジーみたいに大きな花びらですね
味のあるフェンスですね、不揃いなのがまたいいです!
Commented by ryuboku2 at 2019-05-09 12:22
シンバ君、ナイス キャッチ!!

スミレの花の美しい色に見入っています。
発根を促す液体なのでしょうか。
その姿そのものが絵になりますね。

目の治療!私も体験したばかりです。
お気をつけてお帰りください。
そして、お大事になさってくださいね。
Commented by p-bluepaper at 2019-05-09 14:01
フレンチフライが美味しそう。
私もシンバと一緒にそのコースを歩きたいわ。
スミレ、ところ変わればですね。
ずいぶん大きくて美人な感じ、我が家の野生のスミレとは大人と子供の差があります。
Commented by NT-patientless at 2019-05-09 14:28
シンバ殿下の口元に青いバンドみたいなもんが巻いてあるように見えるのは光の加減ですやろか?
その下の写真では、フレンチフライをキャッチしようとしっかり口開けてはるんで
口輪とは違うみたいやし・・・なんなんやろ?て訊いてみたなって🤔
Commented by taekamede at 2019-05-09 15:25
お芋がホクホクした丁度いい感じにあがっていそうで美味しそうですね~!
投げられてら私も口を開けて走りますよ(*^。^*)
白いフェンスも素敵ですね素朴で健やかで眺めているよ癒されますね~。

Commented by cool-witch at 2019-05-09 15:36
瞳孔を開く薬、あれ嫌なもんですよね?
しばらくもやがっかったみたいになるし、まぶしいし。
お大事に!
Commented by BBpinevalley at 2019-05-09 16:36
アラックさん
シンバは食べ物には目がないのです。
りんごとにんじんは嫌いですが。
ファームに行くと待たされるし、何ももらえないから嫌いみたいです。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-09 16:49
voyagersさん
スミレが大好きです。
中でも、こういうシンプルな野生のが好き。
シンバは、フライドポテトに目がありません。
大体の食べ物は好きですが。
お嬢さま、そろそろ体重が気になるお年頃なんですネ。
娘もそうでした。
最近は、エクササイズに余念がありません。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-09 16:53
mozura-gogoさん
こんばんは。
スミレの直径は2.5センチくらいでしょうか。
そう大きくもありません。
フェンス、いい感じでしょ。
苔に似た地衣類が生えていて、味を出しています。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-09 16:58
ryubokuさん、
こんばんは〜
シンバのシアワセショットです。

スミレのねを浸けた水の中に、根を育てるための酵素を入れました。
挿し木するときに使うものです。

ryubokuさんも眼科に行かれたんですね。
こちら、眼科はタダなのですが、結構熱心に診てくださいます。
瞳孔がなかなか元に戻らず、スーパーで1時間半ほど時間をつぶしました。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-09 17:01
おかきさん、
スミレ、大きいですか?
直径にすれば、2.5センチくらい。
色がきれいで、摘むときにも嬉しくなります(単純でしょ)
シンバ、フライドポテトを貰って,シアワセそうでした〜
Commented by BBpinevalley at 2019-05-09 17:23
NT−Patientlessさん
よくぞ訊いてくださいました。
あれは、ジェントルリーダーと言いまして、鼻から顎、そして頭の後ろに廻ってるリードです。
シンバは私より体重が6〜7キロ多くて、首輪につける普通のリードでは、私が引っ張られてしまうんです。
ジェントルリーダーを付ければ、犬の顔を簡単に自分の方に向けられて、犬の暴走を防ぎます。
犬って、顔が向いてる方向にしか走れないらしいです(人間もかナ)。
これで、命拾いしてます、ワタシ。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-09 17:27
taekamedeさん
アハハ、お芋、投げたら走ってくれますか😂
シンバは、目をくるくるさせて行儀よく座り、ずっと投げてもらうのを待ってます。
時々ヨダレ垂らしながら(笑)
フェンス、いい感じでしょ。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-09 17:31
cool−witchさん
ありがとうございます。
ホント、瞳孔を開く薬、いやですよね。
車の所まで歩くにも、眩しくてたまりませんでした。
サングラスのままスーパーで2時間近く時間をつぶしましたヨ。
Commented by watmooi at 2019-05-09 20:33
すみれ、かわいいですよね。
道端に咲いているのも健気でかわいいし、
すごいな、って思います。
世界中のどこにでもあるのでしょうか?
叡山すみれ、
アフリカすみれ、
ドイツすみれ、
など以前の家の庭にもいろいろ咲いていましたが、
持ってきた鉢に忘れずにちいさなお花を咲かせてるのを見るとうれしくなります。

シンバくんかわいい〜。
期待してついてくるのもかわいいです。
Commented by january_4stars at 2019-05-09 21:08
こんばんは。
いつも楽しく見させていただいております。

こんな綺麗な花が勝手に生えてくるなんて、
いいなあ、と羨ましく思いました。

「大して美味しくもない」って・・・(笑)。

最近読んだ山崎豊子さんの小説「沈まぬ太陽」の中で、
「シンバ」というのが
アフリカに住むライオンのことだと知りました。

・・・まあ、全然どうでもいいことなのですが・・・。

ありがとうございました、
またお邪魔させてください。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-05-10 08:24
サマーハウスのフェンス、魅力的ですね。
一朝一夕にはできない面構えです。
紫外線にさらされ、風雨に彫琢された素晴らしいテクスチャだなあ♪
ボートをけん引するトラクターもしかり。
古いマッセイファーガソンかな・・・
新品には出せない味わい深い趣があります。^^
Commented by pebble at 2019-05-10 09:27 x
初めまして。西宮市に住んでいます。
ニュージーランドが大好きで、今までに5回行っています。いずれも2月に1ヶ月滞在しています。シェリービーチも一度行きました。top10に泊まりました。海岸の小さな貝殻がとっても素敵でした。
もう一度、行ってみたいです。
Commented by niwanoamaririsu at 2019-05-10 11:09
日本語が嬉しいsiiraです。昨日はハクチョウさんのこと、ありがとうございました。
フライドポテトは私も好きです。ふとるぞ~!!って声が聞こえますが^^
Commented by BBpinevalley at 2019-05-10 12:28
watmooiさん
スミレ、いろんなのがありますネ。
お店で売ってるパンジーが野生化したみたいなのもあります。
また、違った種類が混じってしまったようなのも。
スミレの世界も進化しているんですね。
けっこう強い花だと思います。

シンバは食べること=生きること、のようです😄
ファームに行くと、大工さんやバドさんに吠えたり、羊に吠えたり、
本人も神経をすり減らしているよう。
やっぱりビーチでフライドポテトが良いようです。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-10 12:37
january_4stars
ようこそ。
詩がお上手ですね。
私は今、俳句にチャレンジしようとしてるのですが、なかなかです。
湧き出るものがないのか…

シンバとは、アフリカの言葉でライオンのことですよね。
スワヒリ語?
ライオンキングのお話の中にも出てくるとか。
娘がつけた名前です。
シンバはローデシアン・リッジバックという犬種で、ライオンが利用の犬です。
その割に、シンバは気が弱いです。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-10 14:11
黒顔羊さん
さすが黒顔羊さんですね、
陽にさらされたもの、年季の入ったものがお好みで(笑)
海の近くの家々は、潮風にもさらされていますから、
ペンキも剥げますし、味わい深いです。
ボートって物入りですね。
引っ張る牽引車も必要で。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-10 14:14
pebbleさん
Amebaからきてくださったんですね。
ようこそ。
シェリービーチにも来られたことがあるとは!
top10というのはホテルでしょうか?
今度お出での際には、ぜひお立ち寄りください。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-10 14:18
siiraさん
こんにちは。
こちらにも白鳥がいますが、黒鳥もいます。
とても綺麗ですね。
シンバはダイエット中だから、フライドポテトはよしたほうがいいですね。
Commented by albany05 at 2019-05-10 16:24
こんにちわ

ほんと、なんてきれいなスミレでしょう。
茎も真っすぐであまりいたことがありません。
静かな環境ですね。目はどうされたのですか?
体調が戻って、お元気そうで嬉しいです。
Commented by marucox0326 at 2019-05-10 16:26
こんにちわ。

すみれ、やっぱり日本のとは少し違いますね。
花の形も色も。そして朽ちかけた木の囲い
このような塀が続く田舎道…どこかアイルランドや
イギリスの片田舎をイメージしてしまいます。
と言ってもコッツウォルズしか行ったことないのですが、
映画などでよく見かけるのです。

「フィオナが恋していた頃」というアイルランド映画
ご存知かしらん。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-10 17:03
albanyさん
こんばんは。
このスミレ、清楚な感じで好きです。
色もいいし。
目は、緑内障を患っているので、定期検査に行きます。
家系のようです。
風邪は、アレルギーと一緒になっていたみたいです。
最近は、アレルギーのお薬で症状を抑えています。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-10 17:08
marucoxさん
こんばんは。
スミレ、日本のと違いますか?
ニュージーランドは、イギリス人やアイリッシュが作った国ですから、
やっぱり似ているでしょうね。
原生林を倒し、緑の芝を植えて、杉や松を植林しました。
この辺りでも、杉や松の隣にバナナの木が生えていたりして、奇妙です。

「フィオナが恋していた頃」という映画、調べるとThis is My Fatherという原題なのですね。
あまりにも違う題名。
私は観たことがありません。
おススメですか?
Commented by marucox0326 at 2019-05-11 13:29
再びお邪魔します。

「フィオナが恋していた頃」
ロマンティックな邦題は興業戦略なのでしょう。
20年くらい前に見た時は涙した映画です。

父を知らずに育ったジェイムス・カーン扮する、仕事も息子との関係にも
行き詰っていた教師が、アイルランドからアメリカに来て一人で自分を生んだ
今は寝たきりの老母フィオナの秘密、そして自分のルーツを探るため
アイルランドに行き、彼女と父親との因習に阻まれた悲恋を知るというスト―リ―。

アイルランドの荒涼とした風景、こんな塀のある田舎道、
そして若かりし頃の父を演じたエイダン・クイン
(自身もアイルランド移民)の哀しげな目が印象的でした。
DVDが出ているようですが、もしご興味あれば^^
Commented by gaku0107boo at 2019-05-11 16:41
こんにちわ!
この度はワタクシの拙ブログにお越しいただいてありがとうございました。^^
ワタクシ、海外には出たことが殆どありませんでしたので、日本にはない情緒を楽しく拝見させていただきました。

ワタクシも定期的に眼科で「眼底検査」をしておりますので、あの眩しさ、強烈ですよね。
どうかお大事になさってくださいね。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-11 18:15
marucoxさん
なんとなく、この映画のこと覚えています。
ジェームス・カーンが、ラジオでこの映画のことを語っていたような。
彼はユダヤ人なのに、アイリッシュの役を演じたとかナントカ。
ギャング映画とかで有名なカーンにしては、変わった役ですね。

ニュージーランドには、とてもアイリッシュ系が多いのですヨ。
『風と共に去りぬ』を見てもわかるように、気性の激しい人が多くて、苦手だという人もいます。
人それぞれですけれどネ。
アメリカでは、ボストンがアイリッシュの街ですね。
なかなか熱い人たちです。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-11 18:24
gakuさん
こんばんは。そして、ようこそ。
写真がお上手ですね。
お仕事で撮ってられるのでしょうか?
今日のページを拝見すると、実にたくさんのカメラを整理されていましたね。

近頃白内障の毛もあるのか、ただでさえ眩しいのです。
一昨日は、眩しすぎて、3時間近く車を運転できませんでした。


<< 絵を観る/ Viewing A...      オリーブを摘みました/ Wee... >>