人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 17日

5月、春、サンフランシスコは雨模様/ Rainy and Chilly San Franciscoh


e0310424_10330073.jpg


昨日、サンフランシスコに戻りました。

今朝は、急に思い出した眼科のアポにウーバーで駆けつけましたが、帰り道に雨が降り出した。


I arrived in San Francisco yesterday.
This morning, I had to rush to my ophthalmologist appointment which I'd almost forgotten.














e0310424_10331383.jpg


みるみるうちに本降りに!


Watching rain from my Uber ride on the way back.













e0310424_10332945.jpg


ニュージーランドを出た夕暮れは、こんなに爽やかだったのにネ〜


It was such a beautiful fall day when I left Auckland the day before.















e0310424_10335492.jpg


サンフランシスコの家には、また新しいオブジェが…


A new object at home.














e0310424_10352191.jpg


ドイツ製のデスクランプです。

なかなか良い感じ。


Nice lamp. I like it.
It's German.














e0310424_10353349.jpg


非常に写真に撮りにくいオブジェですが、動かしてみるとオソロシク重い。

ドイツのものはしっかりしていますネ。


It's extremely heavy, though.
German things are so solidly made.














e0310424_10360188.jpg


雨が上がったので、夫と仲良くお散歩に出ました。

時差ぼけには、運動が一番。


After the rain, we went out for a walk, my husband and I.
It's the best remedy for a jet lag.













e0310424_10363210.jpg


青空市に来てみると、美味しそうなアプリコットが!


We walked to the Thursday farmer's market on the 23rd Street.













e0310424_10364123.jpg


すぐさま一山買った夫。

アプリコットは彼の大好物。


My husband bought one bunch right away.
Apricots are his favorite fruit.














e0310424_10370935.jpg


イチゴもまだ出ていますね。

みんなオーガニックです。


Beautiful flowers and strawberries.













e0310424_10372908.jpg


まさか全員彼女のお子さんじゃないですよね。


Are they all hers?













e0310424_10371712.jpg


チェリーも買いました。

1ポンドで6ドルでした。

キロからポンドに頭を切り替えなくちゃ。


Cherries were $6 per pound.














e0310424_10374223.jpg


顔をしかめながら、懸命にリブにナイフを入れるおじさん。

ここのローストは美味しいのです。

私たちはローストチキンとポテトを買いました。

サラダを作れば、今晩のディナーの用意は完了。

これが都会の良さですネ〜


We bought his roast chicken and potatoes both of which are fantastic.
Now with some green vegetables, our dinner is complete.













e0310424_10382106.jpg


帰り道、パパの肩の上で上機嫌に歌う女の子をパチリ。

お嬢もこんなだったなぁと思い出して、温かい気持ちになりました。


A happy girl who was singing away on her Dad's shoulder.
She reminded me of my girl when she was around that age.













by BBpinevalley | 2019-05-17 13:22 | アメリカ生活 | Comments(20)
Commented by unjaku at 2019-05-17 14:09
え!?いつの間にサンフランシスコ?
凄い早業!私がごろごろしている間に、あっという間に移動したのね。

大きなイチゴ、ポピーや薔薇の花、そしてチェリーもアプリコットも!
あ・・チキンをゲットしたんですね。
今度はお嬢様も合流?
幸せそうな肩車。チャイルドカーも。

どうぞ楽しいサンフランシスコ時間をお過ごしください。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-17 15:57
unjakuさん
ハハハ、身軽なオバサンでしょ。
夫が先に出てしまい、一人旅でした。
着いた翌朝、携帯に眼科のアポのお知らせが入ってて大慌て。
すっかり忘れてたんですが、夫が私の車で外出してしまい、さぁ大変。
でも、ウーバーという便利なものがあるのを思い出しました。

娘はいつも夫の肩の上に乗っていたんですヨ。
今日見た子みたいに、大声で歌ったりしていました。
思わず頬が緩みました。
Commented by francana at 2019-05-17 17:03
サンフランシスコはいつ見ても町がきれいですね。
皆さんの服装を見ると、さほど暖かいという気温ではなさそうですが・・・
こちらは5月半ばとは思えないほど寒いです~
市場がたのしそうですね。果物は色つやがよくて、ローストチキンもおいしそう。
キロからポンド、メートルからマイル、切り替えがたいへんそうですが、これも慣れでしょうか(笑)。
ベビーシッターさんでしょうか、これまたおもしろい乗り物!
Commented by ryuboku2 at 2019-05-17 21:32
素敵なワープですね!!

サンフランシスコ......あの街に住めていたら、日本には戻らなかったかも知れない、と何度も思ったものでした。
フェリービルディングに、そしてマリンカウンティに、、、宜しく。
私はその街に心の一部を置いてきてしまったようです。
夏に向かう日々をお楽しみくださいね。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-18 02:40
francanaさん
サンフランシスコは、アメリカの西海岸にしてはキャラクターのある街です。
でも、最近は良さが減ってきました。
シリコンバレー民族の参入で、気質が変わったというか…
年中さほど変わらない自然のエアコン温度ですが、夏はとても寒く感じるところです。
アメリカの食文化を変えた街なので、食材は素晴らしいですね。
ホームレスとビリオネアが共存してる、奇妙な街です。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-18 02:43
ryubokuさん
おはようございます。
LA派だと思ってましたが、サンフランもお好きですか。
私にとっては人生の大半を過ごした故郷です。
しかし、最近、変わってきましたねぇ〜、シリコンバレーのおかげで。
ハイ、サンフランの寒〜い夏を満喫したいと思います(笑)
Commented by voyagers-x at 2019-05-18 09:47
おはようございます ! !
サンフランシスコも雨が降るのですね笑
当然雨もあるわけですけど、どうもサンフランシスコはいつでも快晴で気持ちいい季節というイメージを勝手に持っています
雨の写真もいいですね
雨を楽しく眺めることのできる窓辺が我が家にはなかなかないのですけど
ドイツ製の製品、デザインが素敵ですね
無駄を省いたシンプルな感じだけど、見るからに素敵です
Leicaもドイツ製なのです ^^;

Commented by BBpinevalley at 2019-05-18 10:13
voyagersさん
おはようございます。
サンフランシスコの雨季は冬場です。
歳によって違いますが、3ヶ月ほど、降ったり止んだ理の時期が。
でも、5年ほど干ばつだった時もありました。
普通は、春から夏、秋にかけては、全くと言って良いほど降りません。
雨の写真は、ウーバーの車の中から撮りました。
ドイツのもの、なんでも正確にどっしりと出来ていますね。
建物のドアも重くて、びしっと閉まります。
Commented by taekamede at 2019-05-18 11:47
こんにちは
車の窓越しから見る雨の中の都会の街並みって素敵ですよね。
疲れた時に飲むコーヒーのように時々心み、好きな景色です。

アプリコット、見るからに美味しそうです。あまり食べたことないけど
薄甘くて私の好みな味がするんじゃないかなって想像します。

↓前回の記事のハイビスカスのあの赤い色!!引き込まれますね~。
血の色、って言ったらあまり表現じゃないかもしれないけど、
そのくらい強い言葉で表したくなるようなミステリアスさを感じました(^^♪
Commented by otenbasenior at 2019-05-18 13:15
今晩は〜
N Z の秋からSFの春に、季節的にはそんなに違和感ないのではないでしょうか?
ただ、こちらは今の所一週間ほどお天気が悪そうですね。
全くこの先どうなるのか不安な天候です、去年もこんな風に5月は寒かったですが。
でも果物はしっかり初夏ですね、アプリコットやチェリー、これからだんだん美味しくなっていきます。
ドクターはN ZよりSFの方が良いのでしょうか?
Commented by arare719 at 2019-05-18 22:56
ニュージーからサンフランシスコ、結構近いのかな?と見てみたら、
おお、日本からヨーロッパの距離感とほぼ同じ⁉︎ 凄い〜身軽さ…ですね。
サンフランシスコの果物、どれも、みずみずしく美味しそうなこと!カブリとやりたいです。顔をしかめながら奮闘するおじさん、大好きなパパの肩車でご機嫌の女の子、生き生きした人々の息づかいが聞こえてくる写真の数々、BBさんの優しい人柄が伺えますね。 で、何故ニュージーでオーガニック牧場を?
Commented by BBpinevalley at 2019-05-19 00:44
Taekamede さん
おはようございます😃
車の窓越しに撮った写真、夫にけなされたんですヨ、ひどい風景だって。
雨模様の街を見せたかっただけなのにね〜〜

アプリコットは、実は私はあまり好きではありません。
おっしゃるように、味が薄くて、熟れるとぐちゃっとした感じがダメ。
夫は、子供の時に庭に生ってたとかで、きっとノスタルジーを感じるのでしょう。

紅いハイビスカス、すごい咲きっぷりですよね。
まさしく血の色〜〜
蕾で切ってから、花瓶の中で開いたのですが、花びらの艶も見事壮観でした。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-19 04:22
otenbaseniorさん
サンフランシスコの方が寒い感じです。
昨夜、人気のピザレストランに行ったら外に座らされて、寒かったです〜
ニュージーお医者さんや医療システム、悪くありません。
なんと言ってもタダですから。
カナダのシステムよりもさらに良いと、カナダ人の友人は言います。
ヨーロピアンの移民も多く、私の主治医はイギリス人で、あちらの医大出。
非常な難病にかかったら、USの方がいいかもですが、もうそこまでして生きていたくもないかも?
Commented by BBpinevalley at 2019-05-19 04:32
arareさん
NZ—US間は、距離はありますが、往復ともナイトフライトで、寝てれば着きます。
時差はほぼ丸一日なので、ヨーロッパ行きよりラクな感じ。
ニュージーで牧場という運びになったのは、端的に言えば夫の趣味。
私的には、意外な展開でした(笑)
政治的にアメリカが嫌になった、というのもあります。
子供を育てるにも、ニュージーは良いところでした。
Commented by saitamanikki2008 at 2019-05-19 05:11
こんにちは。
多くのサンフランシスコ写真、これまた新鮮に見てます。
サンフランシスコは、半袖シャツのイメージが強いですが、
結構 着込んでおり、予想外でした。
綺麗なアンズの実が。。。アンズは、私も大好きなんですが、
狭い日本の庭事情で数年前ですが伐採しなければなりませんでした。
お~ 乳母車に幼児 6人、流石 アメリカ 大きいです !!
Commented by BBpinevalley at 2019-05-19 07:38
saitamanikkiさん
こんにちは。
カリフォルニアは縦に長い州で、北部に位置するサンフランシスコは、結構寒いです。
暖流と寒流がぶつかるところで、霧が発生するとか。
夏が寒いので有名です😨
杏の伐採は残念でしたね。
乳母車の6人は、全員が彼女の子供でしょうか--?
ベビーシッターさんかもしれません。
Commented by surgeon24hrs at 2019-05-21 06:16 x
こんばんは。

SFにお戻りなのですね。
娘がバークレーの小さな広告会社で働くことになりました。もれからは娘にかこつけて、たくさんSFに行けます!
楽しいな。
Commented by albany05 at 2019-05-21 19:26
こんにちは

お目はどうされました?前回拝見した時にもチラッと書いてありましたが・・・
でも大丈夫そう。サンフランが第二の故郷なのですね。まさに国際派。
娘がバークレー近くのalbanyに住んでいた頃、連れて行ってもらった懐かしい都市です。サウサリートに行ったのも思い出です。素適な坂の街、大好きです。
羨ましいBBさんの人生です。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-22 05:29
surgeon先生
こんにちは〜
お嬢様、ご就職、おめでとうございます!
サンフランシスコは、広告業でも中心ですものね、ITで霞んでしまいましたが。
サンフランシスコですれ違ってしまうかもですね。
これから、たくましいお御足に目を配ることにします。
Commented by BBpinevalley at 2019-05-22 05:36
albanyさん
こんにちは〜
私は数年前から緑内障を患っています。家系みたいです。
日本人の持病なんですってね、緑内障って。
バークレーとSFは、私が一番長く住んだところで、確かに第二の故郷です。
弟やイトコも住んでいたせいもあります。
最近は、やっとニュージーに落ち着きモードになってきたので、帰るのが少し億劫ですが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< レモンパウンドケーキと『銃』/...      5月、秋、とりとめなく/ Wa... >>