人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ
2019年 06月 10日

アート、それにまつわる思い出/ Mishmash of Art We Collected


e0310424_10000502.jpeg



私たちのアートコレクションには、さしたるテーマが無いような…

旅先で買う場合が多いです。

どの作品にも、旅の思い出が宿っていて、私にはそれが楽しい。(夫は純粋にアートに囲まれていたいんだと思いますが)

上の油絵は、新婚旅行で中国へ寄った際、北京の中央美術学院で教鞭をとっていた平画伯から買いました。

強烈な色彩で苦手な方も多いかと思いますが、私には結婚する二人の嬉しさ感じられて、好きな絵の一つ。














e0310424_10085648.jpg



これは、夫がパリで買った絵。

これを観て、私は彼が内蔵するワイフへの理想像を垣間見たように思いました(怖)














e0310424_10074234.jpg


中国の近代絵画の中堅どころ、Guo Weiの作品。

11ヶ月だった娘をもらい受けに成都へ行った際、彼と一緒に食事したり成都を巡ったりした思い出があります。

その時に食べた四川料理の辛かったこと!














e0310424_10301250.jpg


これは、サンフランシスコのアーティスト、Jaq Chartierの作品で、幅のある木製の箱に描かれたもの。

うちのギャラリーで何度かショーをしたので、オープニングパーティのことなど、思い出します。

じっと見ていると、目の焦点が合わなくなる感じ。














e0310424_10325619.jpg


北京のある有名な批評家が、「彼には才能がある」なんて言って連れて行ってくれた画家の家で、10分くらいで描いて貰った私たちの肖像。

その画家は、政治的な理由で刑務所に入れられていたとかで、看守に殴られた頭の傷を見せてくれたのが忘れられません。

それほど才能があるとは思えなかったけれど…













e0310424_10314851.jpg



これは、数年前に夫がプレゼントしてくれた絵。

ファームらしくて大好き。

もう亡くなりましたが、アメリカの画家、Mary Porter Brokowskiの作品。














e0310424_12313066.jpg


この2作、家族でイタリアのレチェという街に滞在した折、気に入って買いました。

とても好きなので、寝室に飾っています。













e0310424_10312861.jpg


レチェでの夏は楽しかったので、この絵を見ると、いつもそれを思い出します。

イタリアの住宅街の昼間と夕暮れ、その感じがよく出ていると思います。














e0310424_10421931.jpg



e0310424_10422809.jpg


ここからはベトナムシリーズ。

弟がハノイに駐在していた頃、2007年に家族で訪ねて行きました。

近代絵画に良いものがなかったので、ホー・チ・ミン時代の絵を探しました。

いずれも『労働』を表現する絵で、動きがあります。














e0310424_10492762.jpg



作者が母を描いたという絵、くしゃくしゃでしたが、伸ばして額装。

ベトナムの母の強さが滲み出ているよう。














e0310424_10522956.jpg


好きな女性像です。

日本画にも通じるものがありますネ。













e0310424_11025989.jpg


中央2点がベトナムの絵。

や、お花が枯れていましたネ。












e0310424_11031984.jpg


これは、中国の画家で、まだ50代だと思いますが、面白いリトグラフを多数製作しています。

才能ありだと思うのですが、批評家などを揶揄する作品も多く、イマイチ飛ばなかった。

これは、成功と利益と名誉欲で分けた、彼なりの世界地図。













e0310424_11033798.jpg


ピアノの後ろに飾られているのは、香港市場でよく売れているアート写真家の作品です。

写真家の名前は…












e0310424_11041099.jpg


この人。

読めません。













e0310424_11040054.jpg


いろんな役に扮した自分を撮って合成し、アートにする人。

この場合の彼は、海外のスターになっているつもりらしいですネ。













e0310424_11043006.jpg


これは、『解放軍晩餐』と題された作品。

どれもご本人の表情がユーモラスで、製作の過程を想像すると、笑ってしまう。

どの作品も、全体に流れているテーマは、「共産中国の秘めたる西洋への憧れ」のパロディ?













e0310424_11045311.jpg


これは、30 x 40 くらいの小さめの油絵ですが、夫がどこかの古物市で見つけてきたもの。

でも、私はこの絵が大好きです。

夫には、掘り出し物を見つける、奇妙な才能があります。












e0310424_11050514.jpg


私も負けじと40ドルで買ってきた水彩画。

うちのビーチの風景に似てるので、クリスマスに夫にプレゼントしました。














e0310424_14552386.jpg


今回の最後は、かなり昔、新婚時代に、夫とミラノに行って買った鉛筆画。

D'Apice氏の作品。

ちょっと見えにくいですが、目隠しをされた石像のヘッドバンドには "ETHIKA" の文字。

ギリシャ語のようですが、倫理、モラル、礼儀、みたいなことを言いたいのかナ…

滑車の意味は?

とにかく「紙」の好きな人で、日本の特攻隊員が母親に宛てて書いた手紙を収集していて、私に読んで欲しいと言われたのには困り果てました。


長くなってしまい、見返すと、英語で書く気力が萎えました。

英語しか読めない人、写真だけで我慢してくだサイ。










by BBpinevalley | 2019-06-10 12:21 | Art | Comments(38)
Commented by ei5184 at 2019-06-10 16:22
凄いコレクションですね~
私もあの船の絵が気に入りました、
船の速度よりもどうやら風の方が強いのですよね!
そのギャップが面白い・・・
Commented by rabbitjump at 2019-06-10 16:49
う~ん、(うなります^^〉すごいです!
沢山のコレクションですね。
私も寝室に飾ってあるという2枚の絵が好きです。
色がいいな~と思いました。
女性の絵も確かに日本画のような雰囲気のある
ステキな絵ですね。
それにしてもこれだけの作品を
収集出来るとは、羨ましい限りです。
Commented by umi_bari at 2019-06-10 17:32
旅の想い出が絵画とは、実にロマンチックですね。ご夫妻で眺めて楽しみが広がりますね。お見事バグースてす。アラック、お酒を飲みながらかな。
Commented by BBpinevalley at 2019-06-10 19:16
eiさん
やっぱり、あの船の絵、お好きですか?
世の中には、隠れゴッホみたいな人が居るものだと、感心しました。
船から光が漏れてる具合とか、人影とか、
空の色もオドロオドロしくて。
ストーリーを感じます。
Commented by BBpinevalley at 2019-06-10 19:23
rabbijumpさん
唸らないでください(笑)
これはほんの一部で、まだまだあるのです。
イヤになります。
新居に飾り付けたら、残りは処分してもらいたい。
レチェで買った2枚の絵は、なんとも落ち着く絵です。
飽きない絵。
期待して行ったベトナムの近代絵画は、意外と商業向なものが多く、驚きました。
同じ共産国でも、中国は凄いのに…
そんなところに、歴史や文化の差が出るのでしょうか。
Commented by BBpinevalley at 2019-06-10 19:27
アラックさん、
もう改めて眺めることもないですが、生活の一部になっています。
壁に何もなかったら、ちょっと当惑するかも。
お酒を飲みながら、もイイですね。
Commented by tad64 at 2019-06-10 22:57
どう表現すれば良いのか言葉が見当たりませんが、本当に素晴らしいですね♬
私は余り絵心が無いのですが、二枚目のご主人がパリで買い求められた絵画と
BBpinevalleyさんが40ドルで買い求められてご主人にプレゼントされた水彩画
の二枚が目に強く残りました! このような絵画に囲まれて生活されておられる
なんて何と素晴らしい事でしょう!!
Commented by cafe-moco-cafe at 2019-06-11 00:06
BBpinevallyさん(*´∀`)♪
内蔵するワイフへの理想像…(怖)に思わずニヤリ(笑)
365日この姿を期待しないまでも
素敵な奥さまには、何役もこなして欲しいーという理想像だったりするのかも!
いやはや、ご自宅がギャラリーのようで素敵です★
モコ
Commented by BBpinevalley at 2019-06-11 06:32
tadさん
おはようございます。
アートをご紹介すると、皆さん違った反応で、とても楽しいです。
居住権をとるためにB&Bをしていた頃、館内のご紹介として、絵を載せたことがありました。
引っ越したら、また改めて「アートシリーズ」をやりたいと思います。
ところ変われば、絵も違って見えるかも。
私が買った海辺の水彩画、お好きでよかったです。
Commented by BBpinevalley at 2019-06-11 06:36
cafe-moco-cafeさん
おはようございます。
いつもケーキのアート制作に熱意を入れておられますね。
喝采です。
家に絵がいっぱい掲げられてると、「絵描きさんですか?」と言われたりします。
「そうだとイイんですけど」とお答えするしかありません。
やっぱり一番楽しいのは、自分で制作することだと思います。
Commented by shata3438 at 2019-06-11 07:54
おはようございます。
素晴らしいコレクションです!驚きました。
Commented by voyagers-x at 2019-06-11 10:04
おはようございます ! !
たくさん絵がありますね
絵って.......毎日見たくなるものとか、楽しく見れるものがいいですね
1枚目の絵、あーこんな絵は毎日楽しく見れそう
見るたびにニコニコしてしまいそうです
元気が出る絵ですね
Commented by blackfacesheep2 at 2019-06-11 12:50
おお、素敵なアートが盛りだくさん♪
自分の好きなアートに囲まれて生活するって、とてもぜいたくだと思います。
我家にもいろいろあります・・・油絵、リトグラフが多いかな。
透過光ふぇちなので、ガラス製品に弱く、アール・ヌーボーのエミール・ガレのガラス製品を2点持っています。

香港の写真作家さんの作品、面白いですね。
昨今のアートフォトグラフ、こういう仕込み写真がすごく増えました。
昔のドキュメンタリー志向の写真とはまるで違いますね。
私は大好きなんですが、苦手だというフォトグラファーが多いですね。
Commented by BBpinevalley at 2019-06-11 13:27
shataさん
バラエティーをとりとめなく並べてみました。
これは一部で、本当はもう少し一貫性があります(笑)
近代絵画がメインです。
Commented by BBpinevalley at 2019-06-11 13:30
voyagersさん
こんにちは。
こちらには置いていませんが、サンフランシスコの方には、大嫌いな絵もかかっています。
娘も嫌ってる。
でも、夫は取り外してくれないのです。
結婚式の絵は、なんだか楽しいですよね。
しっかり手をつないでいて。
色もカラフルで自由な感じ。
Commented by BBpinevalley at 2019-06-11 13:36
黒顔羊さん
やっぱり絵がお好きなんですね。
写真も二次元アートですものね。
ガラスは、イタリアの近代モノが多いです。
あとは、夫の両親から受け継いだティファニーランプくらい。
自分で演じてモデルになってるアーティストは、写真家とは言わないかもしれませんね。
写真はメディアでしかなくて、全体に表現したいことのあるアーティストなのでしょう。
しかし、ベースになる風景画など、よく見るとなかなか良く撮れています。
うちのギャラリーのマネージャーは写真が好きでしたから、面白い写真展もたくさん有りました。
Commented by ryuboku2 at 2019-06-11 15:24
》英語しか読めない人、写真だけで我慢してくだサイ。
と、日本語だけなところがいいですねー(^。^)

ベトナムの母、のお顔は亡き義母によく似ていて懐かしくなりました。
BBpinevalleyさんの息がかかると枯れたお花もアートの一部に見えます!

そして私も船の絵が大好きです。
進行方向と煙の方向が何故か気になり、ずーっと見つめているところです。

お宅が美術館そのものなのですねー。
Commented by taekamede at 2019-06-11 15:54
見ごたえたっぷりでとても楽しませて頂きました(^^♪
BBさんご夫婦の絵に対するかかわり方が伝わってきて憧れてしまいます!
くしゃくしゃにされ未完成の絵を伸ばして飾ったのも気になります。
たしかに素敵な絵ですね。
Commented by BBpinevalley at 2019-06-11 16:11
ryubokuさん
英語しか読めない人に、日本語でメッセージって?😆
そういう人、問題なくFacebookにコメント入れてくれてたので、イイとしましょ。

船の絵、波が強くて、汽船のスピードが遅いのですよね。
どのくらい古い絵なんだろうなって思います。

美術館というのは大袈裟です。
でも、次の家は、人間のためというより、アートを入れるための家のようです。
私たちの寝室は、裏に建てるログハウスだそうだから(笑)
Commented by BBpinevalley at 2019-06-11 16:15
taekamedeさん
お妹さんの絵も、とっても素敵ですよね。
展示会とか、されるのですか?
前に、B&Bをしていた頃、館内の紹介として絵を投稿したことがあります。
前のブログの時だったかな。
また引っ越したら、載せますね。
Commented by touseigama696 at 2019-06-11 19:54
かなりな確率での予感ですが
ご主人様はご自宅建設の後
ファームに美術工芸ミュージアムを
設計建築のプランがありそうですね
館長はあなたが就任かな(笑)
レストランつきでね
もしそうなったら館蔵してもらえるよう
頑張って代表作作らねば・・ヒソヒソ(笑)
でも実現性大きいんじゃないかな?
広大なのは敷地だけでなく お二人の
ライフスタイルも夢もなにしろ
壮大ですもんね 


Commented by enjoy-kay at 2019-06-11 19:55
うっとりと朝から鑑賞させて頂きました!
中国で買われた平画伯の絵の楽しい躍動感を感じられて好きです。
絵画を飾る時いつもその場所に合ったテーマで飾るのも悩みの種。
とても上手にコーディネートされていて素敵!

偶然にも昨日ベースメントで絵画の箱と戦ってました。笑
うちのは、オットの父、祖母が描いたのが多くて飾る場所も
ないので困ってます(^^;;
Commented by BBpinevalley at 2019-06-12 07:13
桃青窯さん
いえいえ、家自体が、人間用と言うよりアート用みたいです。
私たちの寝室は、裏に建てるログキャビンみたいだし(笑)
居間以外の部屋はあまり広くなくて、何故かなぁと思ったら、
廊下をやけに広く取ってるからデシタ。
廊下で何する?
走る?
代表作、期待しています!
地震は来ないので、海を見下ろす向きに大切に展示。
私たちのライフスタイルは、すっかり農民風になりました。
夫のジーンズは泥々、私も毎日長靴。
Commented by BBpinevalley at 2019-06-12 07:19
enjoy−kayさん
結婚式の絵、お気に召して良かったです。
楽しくなりますよね、見ていて。
今の家は、ファームに付いてきた家で、適当な壁面が十分じゃありません。
仮住まいと思いながら、4年以上住んじゃいました。
ご主人のご両親は絵描きさん?
ご主人にも才能がお有りかも?
私も、絵を始めたいと思いつつ、まだ何も手をつけていません。
Commented by mitiko-aran at 2019-06-12 08:36
おはようございます
絵に囲まれた生活、私も同感です
仕事柄、付き合いで買いますが、飾る気に成れない物が
多くて、
思い出に繋がらないからでしょうね
透明水彩絵の具でも仕事ですから
油絵に憧れます
絵って、旅や、思い入れが無いと、豪華な作品でも
飾れないですね
素敵な作品を見せて頂きました
ありがとう~~(^^♪
Commented by maikoscts2019 at 2019-06-12 08:56
凄いコレクッションですね。
しかもユニークなコレクションがいっぱい。
我が家にあるのは、版画家の友人作品が数点のみ・・・

Commented by yo at 2019-06-12 09:16 x
こんにちは

私はベトナムの絵が好きです。
スタディのような軽い空気感の絵が最近の好みです。

うちも絵だらけですがほとんど自分たちの物です。
これは取っておこうというものでひとつひとつその時がよみがえってきてぼーっと見ていたりします。
その代わりよくある家族写真がないので最近写真家にお願いして撮ってもらいました。
女性の方で素敵な空気の作風なんです。
今選んだ何枚かをプリントお願い中ですが楽しみです。

いつかコレクションを拝見させて頂けたら嬉しいです。😊





Commented by BBpinevalley at 2019-06-12 11:23
mitiko-aranさん
こんにちは。
わざわざ壁にかけるのは、なんらかの思いがあるからですね。
壁紙やペンキ以上のもの。
いつも可愛い鳥を上手に撮られますが、飾ったりされますか?
鳥の写真は難しいでしょうね。
道具も要るし。
ニュージーランドには、ここの自然を描く画家も多いです。
そのうち、好きなアーティストに巡り会えるかなと、期待しています。
Commented by BBpinevalley at 2019-06-12 11:25
maikosctsさん
こんにちは。
ここでご紹介したのは、ちょっとまとまりがないですね。
引っ越したら、メインのコレクションを、もう少し上手に撮ってアップしたいです。
アートの写真、難しいです〜
Commented by BBpinevalley at 2019-06-12 11:31
yoさん
こんにちは。
皆さん、それぞれお好きなのが違って、すごく楽しい。
なるほどね、と思うコメントも。

ご自分の作品には、パートし難いものもあるでしょうね。
私なら、みんな残しておきたくなると思う。
それじゃあ食べていけませんね(笑)

家は春になれば落ち着くかと思いますので、ぜひお立ち寄りください。
9月はアメリカですが、月末には戻ると思います。
Commented by katananke05 at 2019-06-12 18:22 x
船の絵が やはり 木にカカkる、、というのは
進行方向は 舟は左へ行ってるのではと 思うけど
煙は右でなく 左に たなびいている、、
船は 右に進んでいるのでしょうか??
我が家息子が アメリカの 芸大を出てるので
息子の絵しか 飾ってないけど(他には少々 私の描いた絵皿)
色々 思い出のある 絵というのも素敵です、、
私は 大人しく 最後の絵が ホッとしますが、、
Commented by BBpinevalley at 2019-06-12 21:34
Katanankeさん
船は汽船でスロー、
空は荒れ模様だし波は荒く、風も強いんでしょう。
で、後ろから来てる風が煙を前へ押しやってる。
船は確かに穂先きの向いてる方に進んでるんだと思います。
漁船かしら。
後ろにも似たようなのがいるような。
最後の絵がほっとするというのは、さすがですね。
かなり主張のある絵だと思いますが。
ご子息が芸大を出られてるだけありますね。
Commented by katananke05 at 2019-06-12 22:48 x
↑ 慌てて 訂正〜
あはは、、です 🤗 わたしがホッとするのは 最後から2枚目の
静かな絵でした〜 よくある 一般好きのする絵です〜
ただ 息子は 最後の絵を 好きだというと思います〜
ボルトや バイクの部品だけで ガスマスクの絵を
描いたことがあります〜 息子の絵に 傾向がとても 似ておりますです〜
Commented by BBpinevalley at 2019-06-13 06:29
katanankeさん
息子さんの絵、拝見してみたいです。
絵を仕事に?
アメリカのどこでお勉強されたんでしょうね。
私が40ドルで買った絵、今回なかなか人気がありました(笑)
夫も、もらった時、喜んでました。
フリだけかもしれないけど。
Commented by francana at 2019-06-14 17:08
立派なコレクションですね~ これで一部なのですか!
ジャンルが多岐にわたっているので、誰もが好みの一枚を見つけられそうです。
ベトナムの絵はどれも見ていて懐かしいような、アジアだからでしょうか。
BBpinevalleyさんがご主人にプレゼントされたという水彩画もすてきです。
「解放軍晩餐」という作品、背景がパリのオペラ大通りに見えるんですけど・・・
Commented by BBpinevalley at 2019-06-14 19:25
francanaさん
こんばんは。
恥ずかしいことに、本当に一部です。
いい加減処分しなきゃと思いますが、SFにもワンサカ有って困ります。
引っ越して飾り付けたら、また絵画シリーズをアップしてみます。
さすがですね、『晩餐』の絵の背景はオペラ座の通りです。
彼は写真家というより、写真をメディアとして使ったアーティストですネ。
Commented by tokidokitasu at 2019-06-15 21:30
お集めになった絵と思い出がリンクしていて、
拝見していてとっても興味深かったです。
私はベトナムの女性の絵が好きかな・・・
汽船と浜辺の絵も好き♪♪
家に絵を飾るっていいですね。
Commented by BBpinevalley at 2019-06-16 10:44
tokidokitasuさん
投資目的だけでアートを買う人もいますが、ちょっと味気ない。
目に楽しく、思い出などあると、インテリアが温かく感じられる。
引っ越したら、またアップしたいと思います♡


<< 雨上がりの夕暮れ/ After...      重宝なもの、便利なもの/ My... >>