人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

2019年 06月 10日 ( 1 )


2019年 06月 10日

アート、それにまつわる思い出/ Mishmash of Art We Collected


e0310424_10000502.jpeg



私たちのアートコレクションには、さしたるテーマが無いような…

旅先で買う場合が多いです。

どの作品にも、旅の思い出が宿っていて、私にはそれが楽しい。(夫は純粋にアートに囲まれていたいんだと思いますが)

上の油絵は、新婚旅行で中国へ寄った際、北京の中央美術学院で教鞭をとっていた平画伯から買いました。

強烈な色彩で苦手な方も多いかと思いますが、私には結婚する二人の嬉しさ感じられて、好きな絵の一つ。














e0310424_10085648.jpg



これは、夫がパリで買った絵。

これを観て、私は彼が内蔵するワイフへの理想像を垣間見たように思いました(怖)














e0310424_10074234.jpg


中国の近代絵画の中堅どころ、Guo Weiの作品。

11ヶ月だった娘をもらい受けに成都へ行った際、彼と一緒に食事したり成都を巡ったりした思い出があります。

その時に食べた四川料理の辛かったこと!














e0310424_10301250.jpg


これは、サンフランシスコのアーティスト、Jaq Chartierの作品で、幅のある木製の箱に描かれたもの。

うちのギャラリーで何度かショーをしたので、オープニングパーティのことなど、思い出します。

じっと見ていると、目の焦点が合わなくなる感じ。














e0310424_10325619.jpg


北京のある有名な批評家が、「彼には才能がある」なんて言って連れて行ってくれた画家の家で、10分くらいで描いて貰った私たちの肖像。

その画家は、政治的な理由で刑務所に入れられていたとかで、看守に殴られた頭の傷を見せてくれたのが忘れられません。

それほど才能があるとは思えなかったけれど…













e0310424_10314851.jpg



これは、数年前に夫がプレゼントしてくれた絵。

ファームらしくて大好き。

もう亡くなりましたが、アメリカの画家、Mary Porter Brokowskiの作品。














e0310424_12313066.jpg


この2作、家族でイタリアのレチェという街に滞在した折、気に入って買いました。

とても好きなので、寝室に飾っています。













e0310424_10312861.jpg


レチェでの夏は楽しかったので、この絵を見ると、いつもそれを思い出します。

イタリアの住宅街の昼間と夕暮れ、その感じがよく出ていると思います。














e0310424_10421931.jpg



e0310424_10422809.jpg


ここからはベトナムシリーズ。

弟がハノイに駐在していた頃、2007年に家族で訪ねて行きました。

近代絵画に良いものがなかったので、ホー・チ・ミン時代の絵を探しました。

いずれも『労働』を表現する絵で、動きがあります。














e0310424_10492762.jpg



作者が母を描いたという絵、くしゃくしゃでしたが、伸ばして額装。

ベトナムの母の強さが滲み出ているよう。














e0310424_10522956.jpg


好きな女性像です。

日本画にも通じるものがありますネ。













e0310424_11025989.jpg


中央2点がベトナムの絵。

や、お花が枯れていましたネ。












e0310424_11031984.jpg


これは、中国の画家で、まだ50代だと思いますが、面白いリトグラフを多数製作しています。

才能ありだと思うのですが、批評家などを揶揄する作品も多く、イマイチ飛ばなかった。

これは、成功と利益と名誉欲で分けた、彼なりの世界地図。













e0310424_11033798.jpg


ピアノの後ろに飾られているのは、香港市場でよく売れているアート写真家の作品です。

写真家の名前は…












e0310424_11041099.jpg


この人。

読めません。













e0310424_11040054.jpg


いろんな役に扮した自分を撮って合成し、アートにする人。

この場合の彼は、海外のスターになっているつもりらしいですネ。













e0310424_11043006.jpg


これは、『解放軍晩餐』と題された作品。

どれもご本人の表情がユーモラスで、製作の過程を想像すると、笑ってしまう。

どの作品も、全体に流れているテーマは、「共産中国の秘めたる西洋への憧れ」のパロディ?













e0310424_11045311.jpg


これは、30 x 40 くらいの小さめの油絵ですが、夫がどこかの古物市で見つけてきたもの。

でも、私はこの絵が大好きです。

夫には、掘り出し物を見つける、奇妙な才能があります。












e0310424_11050514.jpg


私も負けじと40ドルで買ってきた水彩画。

うちのビーチの風景に似てるので、クリスマスに夫にプレゼントしました。














e0310424_14552386.jpg


今回の最後は、かなり昔、新婚時代に、夫とミラノに行って買った鉛筆画。

D'Apice氏の作品。

ちょっと見えにくいですが、目隠しをされた石像のヘッドバンドには "ETHIKA" の文字。

ギリシャ語のようですが、倫理、モラル、礼儀、みたいなことを言いたいのかナ…

滑車の意味は?

とにかく「紙」の好きな人で、日本の特攻隊員が母親に宛てて書いた手紙を収集していて、私に読んで欲しいと言われたのには困り果てました。


長くなってしまい、見返すと、英語で書く気力が萎えました。

英語しか読めない人、写真だけで我慢してくだサイ。










by BBpinevalley | 2019-06-10 12:21 | Art | Comments(38)