人気ブログランキング |

アメリカからニュージーランドへ

bbauckland.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アメリカ生活( 138 )


2014年 01月 25日

サンフランシスコでの生活が始まりました/ Starting a New Life in San Francisco


e0310424_3502028.jpg


e0310424_3504945.jpg


毎日、シンバの散歩に明け暮れています。

ニュージーランドでは広いドッグランも有ったし、デッキで寝かせていたファームドッグだったのですが、大した庭も無い都会の家では、家に入れる他ありません。

夫は、床や家具をとても心配していますから、シンバが「お粗相」をしないように、一日に何度も散歩に連れ出しています。

でも、シンバは、ずっと私たちと居られるのが、とても嬉しそう。

We are walking Simba all the time. Now that he is a house dog, he needs to be walked all the time. At least that's what my husband says.
Simba seems quite happy, though, to be able to be with us all the time.











e0310424_0442517.jpg


先週、アメリカに着いたとき、シンバをカーゴ倉庫に迎えに行ったら、私たちと分かるなり、世にも悲痛な鳴き声をあげました。

鳴き続けるシンバを運んで来てくれるカーゴのおじさんも、「長旅だったからね」と同情してくれました。

When we arrived at SF airport last week and went to get Simba at the cargo dock, he let out such an excruciatingly longing cry as soon as he recognized us.
Even the cargo guys were sympathetic for his ordeal.












e0310424_4222019.jpg


出る二日前から預けていたし、初めての飛行機旅で、気の弱いシンバは恐怖の連続だったのだと思います。

Simba had to stay at the Auckland airport pet hotel for 2 nights before our departure due to our busy schedule, then the scary first airplane ride, he must have thought that this may be his end.












e0310424_423294.jpg


お風呂に入れてさっぱり。 これからは家の中に住むのだから、きれいにしてもらわないとネ。

At home, bathed and groomed. Now that he is a fancy city dog, he should stay clean and groomed.












e0310424_4253818.jpg


古巣とは言っても、これからしばらくの生活をセットアップするのは、やっぱり大変。

娘の学校のこと、手続き、車の購入、駐車場の確保、税務署とのやりとり ・・・・・ 都会生活の煩雑さにヨロメイテいます。

Quite a bit to do to restart a life here in the city.
School stuff, car purchase, parking issues ......... a lot to take care of and sort out.












e0310424_4333829.jpg


娘は、1年飛ばしてハイスクールに途中入学できることになりそうですが、それもなんだか心配です。

ティーンドラマに出て来るような、エッ、これが高校生?と言う感じの子がウヨウヨ。

先生もファーストネームで呼び捨てで、フォーマルなニュージーとは大違いです・・・・・ 

私はアメリカの高校には通っていないので、ようワカリマセン。

My daughter may be able to go right into High School, skipping a year. I don't know if it is a good idea but she really wants to do so instead of home schooling till September.
I have never been in high schools in this country, but kids here sure look tough and matured.
Very different from the uniformed, polite, protected girls schools she was in in New Zealand.










e0310424_4512870.jpg


翻訳にも、やっと手をつけ始めました。

1章目の真ん中くらいまで出来た。

Finally, I was able to start the translation as well.












e0310424_4525816.jpg


カリフォルニアはまったく雨の降らない冬で、1月だと言うのに暖房はまったく不要。 夏より良いお天気です。(サンフランシスコの夏は寒いので有名ですが)

もうすぐ、水の使用量に規制がかかるかもしれません。

We have a drought here. It only rained an inch this winter.
We may soon have the water restriction.




にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

by BBpinevalley | 2014-01-25 05:23 | アメリカ生活 | Comments(32)
2013年 10月 12日

10月のアメリカな日々②/ October Days in America, Part 2


e0310424_14264614.jpg


こちらに着いてしばらくは、サンフランシスコにしてはやけに暖かい日夜が続いていたのですが、インディアン・サマーだったみたいです。

夜でもそぞろ歩きが出来て、とても気持ちが良かったです。

It had been quite warm in San Francisco after we arrived to the point that we could enjoy evening walks without sweaters. It was the Indian Summer. I forgot that we had it in October.










e0310424_14305738.jpg


サンフランシスコのインディアン・サマーは、たいていは10月にやって来ます。

1週間ばかり、とても暑い日が続いたかと思うと、急に冷え込んでハローウィンになだれ込む、というのがいつものパターンです。

After about a week of these warm days, all the sudden it cools off and dives into the Halloween weather. That is how it happens every year.










e0310424_14425623.jpg


スーパーなどでは、ハローウィンの飾り付けが目立って来ました。

We started seeing Halloween decorations in various stores in town.










e0310424_14443455.jpg


あちこちの家々でも、思い思いの飾り付けが始まりましたが、こちらのお家のは、よく見ないと分からないほど控えめ。

マチガイ探しみたいですが、どこに飾り付けがあるか、見えますか? 2つ有ります。

In front of houses also.
This one is so subtle that it is like the Waldo game. Can you find the 2 scary decorations?











e0310424_14491136.jpg


こちらは、別にハローウィンだからというのではなく、動物の骨や剥製などを専門に売るお店です。

他にも自然界で採取できる変ったものがいっぱい陳列されています。 直ぐご近所なのですが、娘の大好きなお店です。

写真は、ボブキャットの頭蓋骨。

This one is not a Halloween decoration.
They were on a shelf of a store which sells all kinds of elements from nature, like stones, minerals, shells, bones, etc.
There are many stuffed dead animals as well.
This store near my house is my daughters favorite store.










e0310424_1454545.jpg


夫の会社の近くで、この巨大なバナーをみつけ、娘が興奮して「ここのお店に入りたい!」と言いました。

Near my husbands office, my daughter spotted this gigantic banner on a building and got all excited. She said that she wants to go into this store.










e0310424_1457750.jpg


なんでもゲームソフトのお店だということで、入ってみたのですが、なんだか様子がちがいます。

お店ではなくて、ゲームソフトの会社のオフィスだったんですね。 Zyngaと云う会社の本社だったみたい。

サンフランシスコには、コンピューター関係の会社がひしめいています。 Zyngaのお向かいにはAdobeの本社がありました。

She thought it was a store which sells game soft.
It turned out it was the main office of a software company called Zynga, not their store.
There are so many IT related companies in San Francisco. In front of Zynga, we saw the main office of Adobe.










e0310424_1541764.jpg


私は、コンピューター関連のことには疎いのですが、それでも毎回サンフランシスコに帰るたびに、この街のIT度には驚かされます。

IT産業に関係していない人は居ないんじゃないかと思えるほどです。

つい先日も、中華を食べに行ったら、マーク・ザッカーバーグの奥方が来ていたんですよ。

もちろん、それが誰なのか、あとで説明してもらうまで分からなかったワタシですが・・・・・・

Everyone in San Francisco seems to be in the IT industry except for myself. Almost everyone I meet has something to do with it.
The other night at a Chinese restaurant we went, Mark Zuckerberg's wife was dining.
Of course, I had no idea who that is, until my husband told me.










e0310424_15381640.jpg


娘の部屋にかけられたこの絵、1906年のサンフランシスコの大地震を描いたものです。 街中焼け野原。

私たちが住む元ユダヤ教会の家は、1908年に建てられたものですから、この地震のすぐあとに出来たのですね。

なんだか、時の移り変わりを感じます。

This painting in my daughters room depicts a scene from San Francisco's 1906 earthquake.
The old synagogue house we live in now was built in 1908, 2 years after that quake.
I feel the passing of time.










e0310424_15344829.jpg


もちろん、木曜日のファーマーズマーケット、欠かさずに行っています。

このお店は人が並んでいて盛況ですが、看板を見て呆れました。 Onigilly ・・・えっ? オッニギリー、「おにぎり」のこと?

副題に「サムライ・スナック」・・・なるほど、おにぎりはサムライのおやつだったのね。

I diligently shop at farmers markets whenever I can.
This booth was very popular with a long line of young people, but can you read the sign above?
Onigilly? Samurai snack? It's Japanese rice balls, they sell.











e0310424_1536514.jpg


そろそろインディアンサマーも終わりですね。 少し肌寒くなって来ました。

The Indian Summer is over now. It is getting chilly suddenly.


B&Bパインバレー
http://www.pinevalley.net.nz/

Facebook
http://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

by BBpinevalley | 2013-10-12 17:22 | アメリカ生活 | Comments(28)
2013年 10月 05日

10月のアメリカな日々/ Ocotber, Days in America


e0310424_0541461.jpg


アメリカに来ています。

サンフランシスコは秋口ですが、気温はあまり夏と変わりません。

夏が寒すぎるのですが、朝夕など、夏に来た時よりも暖かいように思います。

We are in The States, right now.
It is fall here, but the temperature is not much different from July when we were here last.
It feels even warmer in the morning and night.












e0310424_473625.jpg


来年の9月から、娘をアメリカのハイスクールに入れようと思い、まず面接などに行ってきました。

ちがいますね〜、アメリカの学校は。

あのずらーっと並んだロッカーを見ると、ハイスクールミュージカルなんかを思い出してしまいました。

シニアの学生など、先生と区別がつかないほど大人っぽくて、先生にも「ハーイ、トム」なんてエラそうに声をかけています。

ニュージーランドでは、制服を着て女子ばかりの学校にノンビリ通っている娘 ・・・・・ 大丈夫ですかねェ。(不安)

My daughter may start going to a high school in San Francisco, and she had an interview in one of the highly rated school.
My husband and I were waiting nervously and looking around the campus.
The school looked just like the ones from TV shows with the long sequenced metal lockers.
Some of the senior students seemed so matured (at least in their appearances) and was casually addressing their teachers by their first names.
I hope that my daughter can adjust to this ...............










e0310424_1362784.jpg


娘とチーズケーキを作りながら、来年の学校のことなど話していたのですが、本人はまったく不安など感じていない様子。

強いよね。

She and I were making a cheesecake together and discussing about the school, but she does not seem to have any concerns or hesitations.
She said that she likes the fact that she can wear her own clothes to school. (She has to wear a uniform at her NZ School.)










e0310424_1455420.jpg


家の中には、また見慣れぬものが、其処此処に・・・・

これは、面白い肖像(画?)ですよね。 写真と絵画を合わせて立体化したものですが、20世紀前半に流行したものらしいです。

I see some new objects here and there in my house, this time again.
This is a really nice portrait of a couple from the early last century. It is a composite of photography and painting in slightly three dimensional form.










e0310424_292341.jpg


e0310424_1504384.jpg


"Aquarelle" と彫り込まれた箱に、昔の水彩画の道具が入っています。

フランスのものでしょうか。 いったい誰が愛用していたんでしょうね。

In a beautiful wooden case engraved "Aquarelle", I found a set of old water colors and brushes.
Perhaps French. It made me wonder about the person whom this box belonged to, long time ago........










e0310424_2142816.jpg


上から見ると、陸上競技のトラックのような形をした、飴色のボウルです。

分厚いガラス器を造るのは、とても難しいそうですね。

A very thick oval shaped glass bowl. Someone told me that it is very difficult make thick glass like this.
I like its dreamy amber color.










e0310424_2175262.jpg


こちらもガラスですが、カタマリです。

ムラノ島でよく見るような模様ですね。 よく見ると金や銀のパターンが織り込まれていて、とてもきれい。

サクラメントの場末のガラクタ屋でみつけたそうです。

夫はこんなオブジェを、あちこちからみつけて来ます。 病気ですね、一種の。

This one is also a lump of glass. Many colors and patterns are layered in, it reminded me of glass pieces from Murano Island.
My husband said that he found this in a junky antique shop in Sacramento.










e0310424_225335.jpg


昨夜は、もう30年もジャムセッションを続けているという音楽好きの中年(老年?)グループの集まりに、家族でおよばれしました。

Last night, we were invited to a weekly music jam session at our friends studio. They said they have been doing this for the last 30 years!









e0310424_2282047.jpg


なんだか良い香りの煙なんか漂って来て、いったいここは70年代で固まってしまったままなのかと言う場所でした。

夫も、タイムスリップしたかと思ったと言っていました。

でも、いいですよね、音楽好きな者同士集まって、ノールールで楽しめるなんて。 30年続いているんですからね、なんたって。

With some fragrant weedy smoke in the air, the room seemed to have been shipped over in a time machine from the 70's. Only the members seemed to be slightly aged.










e0310424_2401296.jpg


いつものファーマーズマーケットにも通っています。

We pay our homage to the usual neighborhood farmers market as well.










e0310424_2315070.jpg


このおじさんがトラックで売りに来るローストチキンが気に入っていまして、木曜はローストチキン・ディナーと決めています。

おじさん、メキシコ人らしくて、スペイン語でも通じるんですよね。 スペイン語の方が、と言った方がいいのかな。

チキンはローズマリーの利いたお味で、小さめのローストポテトも美味。 頼むと、ハラペーニョを入れてくれます。

This roast chicken truck is our favorite and we had decided on their chicken dinner every Thursday.
The old man seems Mexican (or Central American) and he was speaking in Spanish even to us.
His chicken is nicely accented with Rosemary and Oregano, and the small roasted potatoes are heavenly. If you ask, he will add a piece of Jalapeno.










e0310424_2415583.jpg


今週の麦太です。 可愛過ぎるぅぅぅ〜〜〜〜〜〜 クルシイィィィー

Here is this weeks Mugita. Isn't he the cutest thing on the earth?







B&Bパインバレー
http://www.pinevalley.net.nz/

Facebook
http://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

by BBpinevalley | 2013-10-05 03:56 | アメリカ生活 | Comments(40)
2013年 07月 28日

サンフランシスコの休暇、その2/ San Francisco Holiday 2


e0310424_1617322.jpg


今回のアメリカ滞在は、従姉妹や友人がはるばる日本から泊まりに来てくれて、いつにも増して楽しい時が過ごせました。

アッという間に過ぎてしまって、名残惜しい気がします。


Our San Francisco holiday this time was so much fun. I was able to spend time with my Japanese cousin and old friends with whom we visited many exciting places. Too bad that we have to go now.










e0310424_1641359.jpg


アメリカの友人とは、呼んだり呼ばれたりのパーティー三昧。

静かなニュージーランドの暮らしとは、まったく程遠い日々でした。

アメリカ人がパーティー好きなのか、NZ人が引きこもり好きなのか・・・


We had many lunch and dinner parties with friends. We invited them and they invited us. Sort of an endless cycle.
Quite a different life style from New Zealand.










e0310424_16504720.jpg


娘も、幼い時からのお友達と久しぶりに会えて、とても楽しそうでした。

上の3人は、保育園や補習校が一緒だったので、2〜3歳の時から一緒に遊んでいたんですよ。

小さい頃に大好きだったメリーゴーランドに、今また一緒に乗っている姿を見て、つくづく大きくなったものだと、親同士で感動イタシマシタ。


My daughter had her share of socializing.
They are on the merry-go around which they used to frequently ride since they were toddllers.
They looked like giants on those horses compared to the cute little things we remember.











e0310424_1212388.jpg


e0310424_1261135.jpg


e0310424_1263933.jpg


サンフランシスコは、増々潤っているように見受けました。

アメリカ全体の景気は、まだ「軌道に乗った」とは言えないのでしょうが、サンフランシスコに限っては順調な様子です。

ソーシャルメディアの大手が、こぞって市内に引っ越して来たこともあるのだと思います。


The US economy may not be completely recovered yet but San Francisco by itself seems quite healthy.
Probably largely due to the fact that those major social media company moved in.











e0310424_1202052.jpg

上は、Facebookの子会社が借りてくれているスペースですが、ご覧の通り、普通の会社のオフィスとは大分違います。

大学生のような格好をした若者が、スケートボードや自転車で通勤して来るのですから、呆れます。


The gallery space above is currently rented by the subsidiary of Facebook.
Mostly young workers wearing jeans and hooded sweats come in and out on either skate boards or bicycles.
It is the new era for office workers.











e0310424_1716273.jpg


サンフランシスコの平均年齢も下がったのではないかと思います。

自分が年取ったせいもあるかもしれませんけれど・・・


The average age of San Franciscans are lower, isn't it?
Or, they just seem that way relative to me..........












e0310424_1723393.jpg


気持ちだけは若い我が夫は、次から次へとプロジェクトを抱え込んで、いっこうにニュージーランドへ来られそうな兆しがありません。

11月には、ニュージーランドの居住権が晴れて永住権に変る訳でもあり、来年は1年アメリカに帰ってみようかと話しています。


My husband, who is very young at heart, he is still working on new projects one after another. I don't see any possibility that he can move to New Zealand any time soon.
We started thinking perhaps we should come back here, now that we are finalizing the permanent residency in NZ at the end of this year.










e0310424_1728391.jpg


ユダヤ教会の家のご近所とは、とても仲良くなって、持ちつ持たれつのお付き合い。

上は、カルロおじさんが、娘の「お手伝い」のご褒美にと持たせてくれたお手製のクッキーです。

さすがプロ。 とっても美味しかった。(そう、お母さん、食べちゃったんですよね、娘のなのに。)


We are now very good friends with the neighbors of our synagogue house.
The photo shows amaretti and choc chip cookies. A thank you from Carlo next door to my daughter as she helped him sort out his music records.
It was de-licious. (Yes, I ate them. Couldn't help myself.)











e0310424_1184586.jpg

例のチェロケースは、本当にくつ箱に成っていました。

左翼の庭師、クリス爺さんが、中に棚を作ってくれたんだそうです。

ろくな靴が入ってなくて、チェロケースがお気の毒な感じ。


The French cello case was remodeled into a shoe case as my husband had planned.
The left-wing gardener/ carpenter, Chris, made shelves inside.
It deserves better shoes to be put in, I think.


B&Bパインバレー
http://www.pinevalley.net.nz/

Facebook
http://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

by BBpinevalley | 2013-07-28 17:38 | アメリカ生活 | Comments(25)
2013年 07月 22日

サンフランシスコの休暇/ My Holiday in San Francisco 



e0310424_2372190.jpg


e0310424_2373981.jpg


アメリカに戻って来て10日ほどになります。

今回の休暇は、従兄弟や友人たちが次々と泊まりに来てくれたので、あちこち観光できて最高です。

まさに旅行者気分。


It's been about 10 days since we've been back in America.
I have been sightseeing a lot and having a lot of fun on this trip since our friends and relatives are visiting us one after another.












e0310424_2312615.jpg


ナパバレーには、ムスタングのコンバーティブルでくり出しました。

We drove up to Napa in a Mustang convertible which our friend rented.











e0310424_15385540.jpg


e0310424_1311530.jpg


e0310424_1544895.jpg


ファーマーズマーケット巡りも楽しいです。

カリフォルニアは、とにかく農産物が豊かですね。どのブースも、目の覚めるような鮮やかさです。


We visited many farmers markets as well.
Beautiful vegetables and fruits were there. So fresh and colorful.











e0310424_15453762.jpg


あいにく、ゴールデンゲートブリッジは霧っていました。

夏の間は、サンフランシスコ湾内から内陸にかけての温度が上がり、そこへ太平洋上の湿気を含んだ冷たい空気が流れ込んで、濃い霧が発生します。

ロンドンやミラノの様な、しっとりとした優しい霧ではなくて、まるでナイアガラの滝のように流れ込んで来る強力な霧です。

日中は泳いでいたとしても、夕方になって霧が出ると、寒くて凍え上がってしまいます。

1日のうちに経験するこの気温差は、尋常ではありません。


Unfortunately, the Golden Gate Bridge was foggy, which in summer, is quite common here.
The difference in the temperature between the inland and the coast causes this powerful flood of fog in the morning and evening.
You may be able to swim in the day, but may have to wear a heavy coat to go to dinner.










e0310424_15462925.jpg

カリフォルニアの首都であるサクラメントにも出かけてみました。

こちらは、オールドタウンにある、昔ながらの鉄道の駅です。


We took our friend to Sacramento one day.
This shot was taken at the old railway station there.










e0310424_2314512.jpg


サクラメントは沿岸から1時間ほども内陸ですから、サンフランシスコのような霧は出ません。

ドライですけれど、40度以上にも気温が上がることがあります。


The weather in Sacramento is totally different from San Francisco.
The temperature can go up to more than 40 Cº in summer and stays quite warm at night.












e0310424_231992.jpg


e0310424_15475091.jpg


カウボーイが出て来そうなオールド・サクラメントでは、ちょっとしたアメリカーナが楽しめます。

手品師のおじさんには人だかり、コスチュームショップは、ハローウィンでもないのに大盛況。

We enjoyed the atomosphere of Americana in Old Sacramento.
The magician on the raised walkway was really talented, the costume shop was filled with unique accesories and clothing.










e0310424_15483025.jpg


若かりし日に長く住んだバークレーにも行ってみました。 なつかし〜〜〜

上は、グルメゲットーと呼ばれる通りの中心にあるチーズショップ "The Cheese Board".


I took my cousin to Berkeley where we spent our years together when we were young.
It felt so nostalgic.
This is "The Cheese Board" in Gourmet Getto.












e0310424_2342670.jpg


アリス・ウォーター女史が君臨するシェ・パニース。

カリフォルニア料理はここから発祥したと言えるのでしょうね。

ガーリックで編まれたピースサインが、さすがバークレー。 かつてのヒッピー精神が、未だに息づいているんですねー。

Here is Chez Panisse, the fortress of Alice Water. It seemed totally recovered from the recent fire.
I really liked the peace sign made with woven garlic bulbs.











e0310424_232353.jpg


ベイエリアは、アメリカの中では最も「美味しい街」だと思います。

ニューヨークをかなり越えていると思う。

とにかく素材が豊かで、人々の「食」への興味と知識が旺盛ですね。

人種が入り交じっているせいで、フュージョン・エネルギーもすごい。


Bay Area is definitely the most edible corner of America.
Restaurants are everywhere and people are so much into food.
It is a nice break from New Zealand, I have to say.











e0310424_15501734.jpg


いつも行く近所の人気レストランン「デルフィーナ」のアイスクリーム、とっても美味しかったです。。

Our neighborhood restaurant "Delfina" offers light ice cream now.
It was delicious!



B&Bパインバレー
http://www.pinevalley.net.nz/

Facebook
http://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

by BBpinevalley | 2013-07-22 17:34 | アメリカ生活 | Comments(35)
2013年 05月 03日

古巣に帰って思うこと/ Thoughts in My Hometown


e0310424_4595967.jpg


私たちが住むミッション地区は、少し前はかなりガラの悪いところでした。

ラテン系の移民の多いエスニックな街だった。

今もエスニックだけれど、おしゃれな店やレストランがどんどん建ち並んで、シーク・エスニってかんじかな。

地価も高騰して、家々は改装されて塗り替えられ、これからどんどんエスニの部分が剝がれて行くのでは・・・・


We live in Mission district in San Francisco.
It is getting trendier and fancier everyday with many interesting new stores and restaurants.
It is perhaps the most popular destination for young people in San Francisco right now.
Hard to believe that we used to hesitate to step into this section of town several years ago.













e0310424_521792.jpg


昨年、引っ越してきたこの家は、1908年にユダヤ教会として建てられ、45年ほど前に共同住宅として改装されたものですが、今でも正面は重要文化財なので、手を加えることは出来ません。

前に住んでいたところからも近くて、けっこう便利。


My husband found this converted old Jewish temple in Mission which was originally built in 1908. (2 years after the big quake.)
It was desanctified about 45 years ago and now has 4 interesting apartments and an art studio.
Its facade is registered as historical, hence we cannot touch it.















e0310424_501229.jpg


サンフランシスコのあるベイエリアは、私にとって、やっぱり「ふるさと」なんだなぁと思います。

子供の頃は日本だったけれど、若かりし日々の殆どを過ごしたこの地・・・やはり HOMETOWN と云う言葉がぴったり。

ニュージーランドの居住権を取る為にアチラに引っ越した時、娘はまだ8歳だったから、こうして私よりも背が高くなった彼女と並んで歩いていると、つくづく時間の経ってしまったことを感じます。

取るんですね〜、人間、年を!!!


Not my childhood but I spent most of my youth here, I guess I can say that Bay Area is my hometown.
My daughter was only 8 when we moved to New Zealand and now she is taller than me.
It feels strange to walk side by side with her in this town.













e0310424_7201251.jpg


娘と歩いていたのは、他でもない、ここへ来るため。

このアイスクリーム屋さん、ご近所で見つけたのですが、一見普通でしょ。


Well, we were walking to come here.
Ice cream shop on Valencia Street.











e0310424_511657.jpg


ところがちょっと変ってるのね、こんなものがショーウィンドウに飾られていたりして。

バニラビーンズの束を塔にしたもの。

はるばるタヒチから輸入しているらしいです。


Do you know what this is in their show window?
A tower of vanilla beans!
They import vanilla beans from Tahiti.














e0310424_513453.jpg


自家製のオーガニック・アイスクリームを出していて、もちろんバニラもたっぷり。

お味の種類も特別ユニークで、ブラウンシュガーバナナクリームにチョコチップとか、タヒチのココナッツクリームにバニラビーンとか、柿やイチジクのバニラクリームとか・・・

それがみんな美味しいんですー。

サンフランシスコにお越しの際は、バレンシア通りの Xanath(ザナス)へどうぞ。


They serve homemade organic ice cream and of course it has tons of vanilla.
Unusual flavors as well, like Brown Sugar Banana Cream with Choc Chips, Tahitian Coconut Cream with Vanilla, Fig and Persimmon etc ......
The shop is called Xanath, on Valencia near 20th.












e0310424_515354.jpg


アメリカの都市としては人口密度の高いサンフランシスコ市では、駐車がとても困難で、最近車に乗らない若者がとても増えています。

自転車が大流行り。 

自転車に発するファッションも大流行りで、皆さんバイクメッセンジャーバッグやハイブリッドのバイクウェアなどを着てらっしゃいます。

でも、私は、こんな坂の多い街で、とてもじゃないけど自転車をこぐ気はしないので、バスにしました。

そうしたら、車椅子用の自動ステップが引っ込まなくなっちゃって、途中で全員降ろされちゃった。

友人との待ち合わせに、すっかり遅れてしまいました。



しばらく会わないお友達と、近況報告に花が咲きましたが、皆さんそれぞれ「人生」で、山あり谷あり崖っぷちありで(私も含めてですが)、ここでもまた「時間が経った」ことを実感したワタシです。


Bikes are so popular in San Francisco.
Anything to do with bikes are in fashion, like messenger bags, stretchy hi-brid clothes, Knee length pants with numerous pockets....
I know it's healthy to bike but I'm not convinced to join the crowd when I see the steep SF hills.
I took a bus to go and see my friends at Japan Town.
Only the bus broke down. The electric wheelchair lift got jammed and did not fold back in.
Well, we all had to get out and wait for the next bus to come, so I was quite late for my lunch.

Anyhow, we had a great time exchanging our news and stories.
Here again, I keenly felt the passage of time, yielding myself to be guided through the ups and downs and even some cliff hungers of their life dramas.
Yes, time has passed and it's still ticking.


B&Bパインバレー
http://www.pinevalley.net.nz/

Facebook
http://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

by BBpinevalley | 2013-05-03 07:08 | アメリカ生活 | Comments(19)
2013年 04月 28日

カリフォルニアでの日常/ Our Days in California



e0310424_16204713.jpg


お友達を招いたり、招かれたり・・・典型的なアメリカ生活に浸っている今日この頃です。

写真は、シリコンバレーの奥、ロス・ガトスの森の中に住む友人に、ランチによばれた時のデザート。

Americans love to invite and get invited, which we are doing exactly these days here.
Photographed, the delicious torta di frutta, seaved at our friends get-together lunch.












e0310424_1621215.jpg


友人宅は、カリフォルニアを代表する建築家、メイベックが、1910年頃建てた木造建築です。

一見何気なく見えますが、アメリカ赤杉葺きで、窓からの光が巧妙に計算された、素晴らしい建物です。

Our friends live in the lovely Maybeck house, built around 1910 in the deep forest of Los Gatos.
A very private and beautiful property.











e0310424_16214211.jpg


キッチンと居間が、それぞれ別棟に配置されている変ったデザインで、その間は藤棚の通路になっています。

夏は良いけれど、冬は不便なので、キッチンのある方の棟に籠りがちだと話していました。

The house is divided into 2 buildings with the kitchen in one and the livingroom in another.
It is all right in the summer but not so great in the winter, they said, that they tend to stay in the side with the kichen in winter time.
I don't blame them.













e0310424_1621586.jpg


でも、カリフォルニアのこの時期、良いですね、暑からず寒からずで。

デッキで食事するのが気持ちがいい。

Well, it was absolutely wonderful to have our lunch on the deck in this weather.













e0310424_16235214.jpg


家に帰りまして、これは高兄弟の "Miss Mao" と云う作品。

中国へは入国禁止になっている作品だそうです。

Back to our house; this is a piece called "Miss Mao" by Gao Brothers.
This one is officially prohibited to enter back to China now.













e0310424_16242513.jpg


夫の会社の庭師のおじさんがアレンジした、多肉とサボテンの鉢植え。

こちらもアートですよね。

Our left wing gardener, Chris planted this.
Beautiful.












e0310424_16245132.jpg


私の車はついに売ってしまったので、アメリカでは足が無く、娘も私も仕方なく夫のトラックに便乗。

行きたいところに送ってもらうには、別に行きたくないところへ寄り道させられるのが常。

I don't have a car in the States any more and my husband often drives me and my daughter around.
Consequently, we have to go to many places and wait for him to finish whatever he needs to do before we get to our destination.












e0310424_1631152.jpg


娘は、最近、行く先々にバイオリンを持参して、練習を終えてしまうと云う手を使っています。

かしこい、かしこい。

My daughter now brings her violin with her everywhere and finishes her practice while waiting.
Clever girl.


B&Bパインバレー
http://www.pinevalley.net.nz/

Facebook
http://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

by BBpinevalley | 2013-04-28 17:49 | アメリカ生活 | Comments(25)
2013年 04月 21日

春のサンフランシスコ/ Springtime (Not for Hitler) and San Francisco



e0310424_15425257.jpg


カリフォルニアに帰って参りました。

春のカリフォルニアですが、既に初夏の陽気です。

サンフランシスコは、そもそも4月から10月頃まで快晴の続くところで、暑からず寒からず。

自然のエアコンとは、よく言ったもので。

しかし、今の時期、花粉がすごくてたまりません。


Back in San Francisco.
Beautiful here but I'm bogged down by bad allergy ........











e0310424_15431474.jpg


写真は、サンフランシスコ発のアウトドア・ウェアメーカーのショップですが、近ごろの流行で、駐車場にいきなりドーンとコンテナが運ばれてきて開店です。


The above 2 shots are ; the pop-up store of Aether, a new outdoor wear brand started here in San Francisco.












e0310424_1544170.jpg


外へ出ると、くしゃみが止まらないので疲れます。今日は外へ出たくない感じ。


I didn't feel like going out today because of my incessant sneezing.












e0310424_15443169.jpg


今日は、一日中、家でU-tubeを観まくって楽しんでいました。

グレン・グールドの演奏と「しゃべり」にはまり込んでしまッたのですが、知れば知るほど面白い人ですね〜、彼は。

(上2枚の写真は、アクリル等身大のキャンデラブラで、窓からの光を通して七色に光り、周りにも七色を放ちます。 元ユダヤ教会のスペースには、ふさわしい感じのオブジェです。)


I was on U-tube all day, following the life and music of Glenn Gould. My God, he was talented. So funny, too, he was, really.
(Above 2 photos are : the acrylic candelabra which shines in multiple colors when hit by natural light. Sort of an appropriate object in the old Jewish temple where we live now.)













e0310424_1545677.jpg


夫は、また、私の居ない間にアレコレ買い集めたようで(コレクター魔です、ここまで行くと)、あちこちに見慣れないものがあります。

これは、おフランスものの古いチェロケースだそうで、くつ箱にするんだそうです。(?)

This is an old french cello case which my husband is intending to use as a "shoe storage". (?)













e0310424_15462082.jpg


これは、どうみても日本のものですねー。 いったい価値が分かって買ってるんだろうか・・・不安。

These are obviously Japanese. I hope that he paid the right price.















e0310424_15464272.jpg


これは、なかなか楽しい色目のカップ&ソーサーですよね。 その向こうで睨みを利かせてるおじちゃんも、なかなかイケルかも。

I like these cup and saucers. Nice shape and color.
Go well with the guy smiling (somewhat) over there.












e0310424_15492215.jpg


正体不明、国籍不明。

ホラ貝を入れるものでないことだけは確か。


I have no idea what this tray (dish?) is for but nice. It's okay.













e0310424_17201442.jpg


それでも夕方には、勇気を出してジャパンタウンまで買い物に出かけました。日本のお米が買いたかったの。

ジャパンタウンでは、桜祭りなるものが開かれていましたが、くしゃみの連続で写真を撮る元気も無く、買いたいものだけ買って帰ってきてしまった。

築地で買って来たワカサギのからめ煮。 これを実に白いご飯で食したかった訳です。

ごちそうさまでしたー。


Still, I collected my courage and went out to Japan Town to buy some rice.
The Sakura Festival was going on threre, but I did not feel like staying even to just take photos, since sure enough my sneezing restarted.
I just wanted some Japanese rice to eat with this candied fish which I brought all the way from Tsukiji Market in Tokyo.
Yummm.....



B&Bパインバレー
http://www.pinevalley.net.nz/

Facebook
http://www.facebook.com/PineValleyBedandBreakfast


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

by BBpinevalley | 2013-04-21 17:18 | アメリカ生活 | Comments(14)